徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    2011年3月11日。

    おはようございます。 今日は4月の11日ですが同じ11日でも3月の11日は大騒ぎするのに、今日は全く何も騒がないと言うのがマスコミの悪いところで、視聴率が取れたらなんでもありの低俗さは人として間違っているけれど、それにすら気付かないのがマスコミと言う極悪集団で恥ずかしい限りです。

    それと同じくなんでもかんでも「3月11日」に結び付ける人が多いので、私はあえて3月11日には震災関連は更新しませんでした。 まるで記念日であるかのごとく大騒ぎするのに、それを過ぎばあっと言う間に忘れてしまうのは少し違う気がするので、時期をずらして今日11日に東日本大震災へ触れてみます。

    時間の流れるのは早いもので、あの日から3年と言う月日が流れましたが、今でも津波や地震や原発の光景が脳裏に浮かびます。 3月11日の東日本大震災があった日、私は倉敷事務所にいましたがヤフーを見ていた時に地震速報、その後は地震速報などの情報が次々と入ってきました。

    私は東京出張から帰った週でしたが、日本は地震大国ですから地震が多いのは当たり前、日本で生きていく以上は地震が付き物と言うくらい地震が多いのが日本の特徴で、その時点では多くの人がそれほど危機感を抱いていなかったと思います。

    そして福島など東北地方は車も電車もストップして、現地では異常な地面からの唸り声や揺れが襲ってきて、今まで感じたことの無い大きな揺れと共に恐怖感が襲ってきたことを、その時は誰も知る由が無かったと思います。

    しかし、情報が入れば入るほど見えてくるのは瓦礫と化した数々の建物、尋常ではない何かが起きた様子、それだけで終わらず津波まで襲ってきたから、余計に東北地方の方々は恐怖と不安が入り混じった状況だったと思います。

    携帯電話で各方面へ連絡を取ろうとしても、どこの携帯電話も繋がらない不安の中で、誰もが疑心暗鬼と言う感じで誰も何も分からないまま、一夜を過ごしていたら第三弾として原発事故まで起こり、「日本は、もうだめだ!」とまで言われました。

    あの時のTV番組などマスコミの醜態を回想して頂きたいのですが、ヘルメットを被って視聴者に安全確保を訴えるアナウンサーの姿、それはどこか笑っている感じが見え見えの低俗なレベル、「視聴率が取れて美味しいぞ!」といやらしさがTV画面より滲み出ていました。

    私は倉敷にいましたが素敵なお客様方の無事を祈りながら眠れぬ夜となり、自分に何ができるわけでも無く悶々としていました。 (注:分かる範囲で素敵なお客様方へ、電話など安否確認はしていました。)

    そして長い長い一夜が明けてTVなどに映し出される光景は、崩れた家と言うよりも瓦礫と化して何か分からない状態、家の前で泣き崩れる人が大勢いて、亀裂の入った道やスーパーやコンビニへ群がる人の山がいて、それは目を覆いたくなる様な惨状でした。

    あの時は何もできない自分に歯がゆい思いでしたが、無力感を感じながらも鑑定があるので私にできることは鑑定を続けること、素敵なお客様が鑑定へお越しになったら変わらぬ態度で鑑定を続けること、そして東京出張も予定通りに行くこと、それが自分にできる唯一のことでした。

    あの時は私も憤りを感じていたと言うか、考えが浅はかだったと思いますが、我先にと自分だけ逃げる人たちを見て、「自分だけ助かれば良いのか!」と憤慨していました。 それも今となっては人にはそれぞれの事情もあるし、避難することを誰が責められるのか、極限の状態では自分だけが可愛いのも仕方が無いと、ようやく理解できるようになりました。

    そして翌週は東京出張でしたが当時は民主党政権だったので、震災にも原発にも何一つ効果的な手が打てず、放射能が東京を襲うかもしれない状況でしたが、予約を受けている以上は自分の都合でキャンセルすることは絶対に無い、必ず素敵なお客様の待つ東京へ行くと行動あるのみでした。

    私のHPを見れば東京出張の日程も分かるし、ブログにも震災や原発関連のことを毎日書いていたので、東京へ行くのを止める電話も掛かってきました。 私の身を案じてくださるのはありがたいことですが、東京へ行くことで死ぬならそれでも構わない、私が行く以上は東京で何も起こらないと根拠の無い確信もありました。

    それに素敵なお客様が不安でいるのに私が東京へ行かないなんてありえない、ここで行かなければ私は単なるヘタレで一生後悔するし、そんな卑怯でずるいことをしておいて占い師を続けるなんてできない、いざと言う時に頼りにならない占い師なら生きている価値はありません。

    あの時は東京事務所で素敵なお客様を出迎えると異口同音に言われたこと、「本当に来たんですね?」と私が約束を守ったことを驚く言葉でした。 あの時は飛行機も東京⇒岡山は満員ですが、岡山⇒東京はガラガラで数人しか乗っていませんでした。

    今となっては仕方が無いこととは思いますが、占い師やスピリチュアルカウンセラーなどほとんどの先生方は東京を逃げ出し、鑑定どうこう以前に肝心の先生方が東京から姿を消していたので、その分が流れてきて東京では全く空きが無いほど鑑定をしていました。

    一つだけ生意気なことを言わせて頂けるなら、素敵なお客様方を見捨てて逃げた先生たちと、逃げなかった私が同じ占い師と言うカテゴリーで一括りにされるのは違和感があります。 危険な時は見捨てて逃げておきながら、安全になったら舞い戻ってきて平気で鑑定をする、そんな占い師が人様の未来を鑑定する資格はありません。

    あの日、あの時、あの場所、あの出来事を乗り越えて、素敵なお客様は誰一人欠けることなく、無事に今と言う時間をきちんと生きています。 2012年からの新年会は、震災を乗り越えた人々が年に一度、お互いの素敵な笑顔を会わせる場所でもあります。

    私が「できることなら新年会へ参加して欲しい」と繰り返すのは、震災を乗り越えた素敵なお客様方が「心の繋がりを確認する場でもある」と、この思いがあるからこそ参加して欲しいと思います。

    「新年会? アホか!」や「占い? 馬鹿か!」と言う人が参加する場ではなく、お互いが震災を乗り越えた同志として集まる新年会は「生きている証」であり、それが2012年からの新年会に隠された本当の意味で、今まで吐露することはなかった思いです。

    あれから3年と言う月日が経ちましたが、今も大変な生活を送る人達が大勢います。 私は何か出来たのか、私は霊視カウンセラーとして、もっと何か出来たんじゃないのか、霊視カウンセラーだからこそ、やらなければならない何かがあったのではないか…。

    過去のことは風化されて行くものですが、私の中で震災が風化されることはなく、3月11日が来る度に思うことがあります。 「私は、あの日、本当は何かするべきだったのに、本当は逃げていたんじゃないのか?」と…。

    あの日の自分の行動に疑問や不備を感じる時もありますが、一つだけ実行できたのは「最後まで逃げない」で、あの時に逃げなかったからこそ堂々と東京出張ができますが、これからも胸を張って日本中の人達を鑑定して行く、それが震災からの復興のお手伝いにもなると信じています。

    あなたは2011年3月11日、本当に覚えていますか?

    (*´;ェ;`*) うぅ・・・

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は16日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop