徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    移住。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことが山のように降り注ぐこと間違いなし、天女のように気高き精神の方々には良いことが次々と起こり、周りへ幸せな笑顔を振り撒けるようにしてくれる筈です。

    それを突き詰めると「幸せとは何も起こらないこと」で、毎日を平穏無事に過ごせるのは幸せなことだと感謝の気持ちが、更に自分自身の未来を明るくしてくれます。 元気で過ごせるからこそ「楽しい・嬉しい」など、前向きな気持ちが芽生えるだけで何も無いままで過ごしていくのは本当に幸せです。

    ところが人間心理は不思議なモノで、普通の状態なら分からないことでも病気になると健康が恋しくなり、急に「酒、飲みすぎかな?」や「仕事、無理しすぎかな?」など、病気になって幸運だと考えられる人は少ないと思います。

    「身体を休めなさいとの暗示」や「休養できたから良かった」など、病気になったことを前向きに考えることもできますが普通は無理、何もなく普通に過ごせるのは幸せとは誰にでも当てはまることです。

    人は幸せの基準がそれぞれ違いますから必ずや絶対は無く、お金が欲しい人もいれば誰かの役に立ちたい人もいます。 その人の人生に何が良いことなのか(何が幸せ)は、それぞれの心の中にあるもので決め付けられるものではありません。

    だからこそ自分の人生は自分が主人公であることを自覚して、誤った判断をしたならすぐに修正、それにより被害は最小限になるどころか逆転して大いに活躍できたりします。

    私は基本的に県北へ住むことはお勧めしていませんが、どうしても県北へ住みたいなら止めることはありません。 私の話が実話かどうか分からないと言う意見もありますし、県北は良いところで酷くないと言う意見もあります。

    私が県北で酷い目に遭ったからと言って誰も彼もが酷い目に逢うとは限らないし、嘘か本当かは県北へ移住すれば分かることなので遠慮せず移住すれば、もしかして住めば都となる天国かもしれません。

    最近は田舎ブームや農業ブームで自然回帰の方々も多いし、もっともらしく田舎暮らしを勧めるTV番組や雑誌のもありますし、便利な生活から不便な生活へスイッチしてみるのも良い勉強です。

    岡山県で2月に大雪が降った時はJRも止まって交通機関がほぼマヒ状態、岡山ではタクシー会社が全く対応しないのに、東京ではタクシーが呼んでもすぐに来てくれる、こういうインフラ整備の面でも接客サービスの面でも差があるのに、表面的なことに憧れて田舎暮らしをするなら甘い考えで痛い目に逢うだけです。

    2~4月の時期は転勤や引越しの御相談が増えますが、先ほどは話の文脈から県北へ住みたければ止めはしないと言うスタンスでしたが、ネタではなく真面目な話をするなら県北へ移住するのは100%考え直した方がいいと思います。

    県北の話を更新した時に異論や反論も当然ですが、それは県北在住で幸せな生活を送っている人だけが反論できます。 県北出身でも県南で生活している人や県外へ移住した人、ようは私と同じく脱北した人が「県北最高!」と言う資格はありません。

    残念ながら間違った移住では苦境に耐えて貰うしかありませんが、旦那様が転勤で県北へ移住なんてことになったら迷わず転職か単身赴任が最善です。

    例えば、愛知県名古屋市に35年間在住の人が、36年目にして全てを捨てて県北へ移住して残りの人生を過ごす、これは間違いなく後悔するから止めた方が良いです。

    会社の転勤命令は仕方無いかもしれない、収入や地位を考えると踏み切れないかもしれない、それでも退職して第二の人生を送った方がましです。 特に男性は今の地位や収入を捨てて行動するのは辛いことですが、それでも精神的苦痛を乗り越えてでも転職するべきです。

    何故なら、「名古屋から県北へ本社を移転と言う決断をする間抜けな社長に未来は無い」で、経営統合など色々な理由があるにせよ名古屋から県北へ本社移転なんて、それは人類史上に類を見ない余程の盆暗社長です。

    「生活圏が変わる=衣食住の環境が全てが変わる」で、これがどれくらい恐ろしいことかを甘く見すぎ、大人には「して良いことと悪いこと」があります。 百歩譲って自分の考えで動ける大人は良いけれど、子供は周囲からどのような悪影響を受けるかを考えて欲しいです。

    現に名古屋から県北へ移住した方々の子供達が日に日にガラが悪くなり、食事のマナーは悪くなる~万引きなど素行不良も平気、そういう悪影響を受けているのを親として見過ごしてはいけないのです。

    なお、2月17日のブログに書いてある県北における天満屋の知名度の凄さに付いて、「本当ですか?」と聞かれますが、嘘か本当かは名古屋から移住してきた人々が体験中です。

    名古屋の方々が県北へ移住して最初のお中元は、松坂屋の品物を配ったら御機嫌ナナメでした。 次に御歳暮は天満屋の品物を配ると「こんな良いものを!」と、ものすごく感謝されて少しだけ地域に溶け込めたそうです。

    県北で贈答品は天満屋岡山店が不動の№1、私も天満屋は1年に一度しか入れない超高級店と信じていました。 これは笑いごとじゃなくビル・ゲイツなど長者だけが入れる、そんな超高級店だから春秋二回の天満屋岡山店へのバスツアーがあります。

    この話を信用するかしないかは個人の自由ですが、仮に東京都調布市在住の女性が県北男子と結婚する、そんな御相談を受けたなら止めはしないけれど勧めることもありません。

    あなたは県北へ移住、してみたいですか?

    ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop