徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    第四弾へ泊まる。

    おはようございます。 今日の青空は素敵なあなたの為にある、世界を変えるにはあなたの力が必要、それは大げさなことではなくほんの少しのことで、笑顔で挨拶するだけでも笑顔の連鎖が平和な世界を作りますから、素敵なあなたが生まれてきたのは必要とされているからです。

    昨日も無事に東京より帰って参りましたが、大雪の為に検証できない状態だった不思議な宿の第四弾はようやく撮って来れましたが、デジカメの小部屋と合わせて御覧頂くとより分かりやすいです。 ただし、大雪の影響で倒木など通行止めの場所も多く、完全版とは言えないのは御了承くださいませ。 m(__)m

    こちらの最寄り駅はレトロな感じですが、それはさておき第一のパワスポである御神木へ向かって進み、途中には山や熊等の情報が見れる場所もあるので、そこで色々と情報収集しても楽しいと思います。

    前回の大雪とは違い歩く道すがらのお土産物屋さんも、今回は開いているので色々と見ることができましたが、前回は全てのお店が閉まって(雪に埋まって)いたので、何も見ることができませんでした。

    御神木は真っ直ぐに天まで続くかのように伸び、神社へ向かう道からもよく見えます。 何で道のすぐそばにあるのかと言えば、昔は駅から御神木まで全てと言う広大な境内を誇っていましたが、国道などの建設により境内が分断されました。

    その影響で境内の端に位置して、国道や脇道へ面するように聳え立つ御神木となりました。

    この御神木はデジカメの小部屋を見ると分かるように天まで伸びる感じ、幹の太さは7.5メートルで樹高は50メートル、樹齢は700年以上とも言われ○○で1~2番目と思いますが昔過ぎて詳細は不明です。

    そして脇道を歩くと神社の境内へ入れますが、前回も書いたように1150年以上前に作られた神社で、ここも元々は目の前の○○山が□□神(御神体)とされて自然石を祀っていましたから、山が御神体でもあることは第一弾の宿と同じです。

    この神社が建っている場所の意味自体は創建が古すぎて、諸説入り混じっているのでどれが正しいのかは誰にも分かりませんが、この神社の遥か先には○○の□□市があり、この神社と名前が似ている神社が二社あります。

    そして近くを流れる川の名前が似ていて、前述のA神社と接点があることを示している感じですが、このA神社を参拝すると自動的にZ神社を拝めるよう、本殿の遥か先がZ神社になるよう建立されています。

    順を追って説明すると画像にあるA神社に参拝すると、Z神社までの間にB神社⇒C神社と似た名前の神社が一直線に並んでいて、A神社に参拝するとお願い事がB神社⇒C神社を通過して増幅されながらZ神社へ伝わる、そんな感じで設計されているとも言えます。

    つまり、A神社の本殿へ御参りすることは色々な神社を通して祈願がZ神社へ届く、そういう壮大な遥拝所へ参拝するのと同じで、お願い事が増幅されつつ最後のZ神社へ伝わるなんて夢がある話、何となく御利益がありそうな感じがします。

    そして吊り橋の横にある階段を下りていくと川原へ出ますが、2本の川が合流する場所は大きなエネルギーの発生するパワースポットで、雨や雪なら危険ですが好天ならば間近で合流地点のパワーを感じてみてくださいね。

    画像を見て頂いても水の綺麗さが分かると思いますが、そばで見ても綺麗ですが橋の上から見ても底が見えるほど綺麗、その透明度も現地へ行ったらよく分かると思います。

    デジカメの小部屋にて私がぐるりと周囲を写している地点が龍口水に一番近く、まさか水の中へ入っていくわけにも行かないので、くれぐれも近付き過ぎて落ちないよう無理はしないで下さいね。

    そして宿に到着してお風呂へ行って帰ると部屋にオーブが来ていたので、毎度の如くオーブを写してきましたが、素敵なお客様方より「山崎さんが写したら、どこでも写るんじゃないんですか?」と聞かれましたが、そうかも知れないし~いる場所を狙っているから撮れるとも言えます。

    オーブの方からすると遊んでいるかもしれないし、この宿も何かいるので泊まったら夜中に色々と楽しめるかもしれません。 なお、この宿には普通なら有るものが無いのですが、この宿の部屋にはカーテンがありません。

    何故なら、夜になると真っ暗で何も見えないからで、最初に泊まった時は本当に真っ暗闇の中にいる感じで、さすがに小さい明かりをつけて寝ました。 (ここに泊まったら、よく分かると思います。)

    ようやく神社や吊り橋や龍口水など画像をお届けできましたが、今回から特に注意しているのが「宿の人間性」で、第四弾の御主人は第一弾の御主人とは正反対の温厚な方ですが、油断せず気を引き締めていきます。 (宿へ行ったら分かりますが、ある意味で仏様に似ています・・・?)

    今までの開運できる宿の定義は、1=宿自体がパワースポット、2=パワースポット近くに宿がある、この2つは勿論ですが3つ目に「宿の御主人や仲居さんたちの人間性」も、重要だったと本当に反省しております。

    第一弾の宿が部分的な開運だったのも、宿の人間性に問題あり~宿泊客が何か悪いことをしたかもしれないなど、今となっては不明ですが良い場所(宿、パワスポ)を壊す人がいるのは残念です。

    特に緑風荘ファン(宿泊体験者)は、私の発掘する宿やパワスポに関わらないよう願っております。 欲(金)に目が眩む人や鑑定に来ない無関係の人が悪いことをして場を壊す、それを防いで素敵なお客様方にこそ開運して欲しいと願います。 m(__)m

    第四弾に関しては宿泊日の候補をいくつか提示して頂き、最適な日を打ち合わせる方が良い気がしています。 宿泊する人が増えていけば色々なことが判明するので、素敵なお客様方が宿泊した感想をお待ち致しております。 m(__)m

    最後に春のパワスポ巡りですが、4月12日(土)の朝8時に明治神宮の南参道入口にある鳥居前に集合、デジカメの小部屋の最後に待ち合わせ場所の画像があります。 事前申し込みは不要ですが、集合写真を撮ってHPに掲載OKが参加条件です。

    あなたは第四弾へ泊まり、不思議体験してみたいですか?

    (/。’(ェ)’)よろしクマ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop