徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    マグロ漁船~前編。

    おはようございます。 そろそろ春のパワスポ巡りの時期ですが今回は明治神宮の予定で、4月12日(土)の朝8時に南参道入口にある鳥居前に集合です。 ここはJR原宿駅の表参道口を出て神宮橋を渡ると見えるので、参加を御希望の方は遠慮なくお越し下さいね。 m(__)m

    さて、週末のブログは普段には書かないような内容が多いのですが、今日も普段なら全く関係ない上に就くことも無い職業に付いてで、旦那様でなりたい人はいるかもしれないけれど、その詳細は誰も知らない謎の職業であるマグロ漁船の解説をしたいと思います。

    元気がない時でも美味しいものを食べると気分も晴れたりしますが、それは満腹中枢がどうのこうのと難しい話をするよりも、「美味しかった~!」となればそれで良し、心が晴れやかになって元気が出るなら小難しい話はどうでもいいのです。

    それなのに薀蓄を語って食材にあれやこれやと文句を言う人たちがいるのですが、それは寿司職人など料理人たちと、芸能人や評論家などマスコミ関係者たちと、更には日頃の憂さ晴らしに匿名で悪口ばかりの無責任なグルメブロガーたちです。

    「このマグロは~」とせっかくの食材を貶している姿は情け無い限りですが、自分では何もできない人たちほど上から目線で、こういう人たちはマグロ漁船に乗せて漁の大変さを分からせるのも良いと思いますが、口先だけの男たちは漁船に乗ってもすぐダウンしてしまいます。

    マグロ漁船へ乗るには色々な方法があり、漁業組合によっては積極的に若者を採用しているようですが、インターネットなどを活用して調べてもいいし、漁師町に出向けば採用の話が転がっていることもあり、そこで熱意を見せれば受け入れられる可能性は高いです。

    一昔前のヤクザの脅し文句でよくあるのが、「金、返せないなら、マグロ漁船に乗せるぞ!」で、特別な事情で乗船する人もいる⇒決して望んで乗る人ばかりではありません。

    しかし、このような脅し文句が出ると言うことはマグロ漁船に乗ると、多額の借金が返せる証で稼ぎも良いとの計算も成り立ちますが、実際にマグロ漁船に乗った人物を探すのは割と難しく、その実態は誰も知らないと言うか都市伝説になっていたはずです。

    私は建設現場時代に「2年乗っていた」と言う作業員のおじさんがいましたが、普通の生活をしていると意外にマグロ漁船に乗ったことがある人にはたどり着けません。

    さて、建設現場でおじさんに聞いた現実的な話をしますと、遠洋マグロ漁船に乗る人たちの前職とは「沿岸漁師、カツオ漁船」と言う人もいますが前述のように「犯罪者や借金返済」もいます。

    では、よく言われる割に誰も知らない不思議なマグロ漁船の実態に付いてですが、今と昔では時代が違うの一言に集約されてしまいます。 昔の1970~1990年代頃なら借金のカタで乗る人は多かったようですが、今は借金を背負って返済の為に乗る人は少数派になっているようです。

    何故なら、今は日本人を乗船させて働かせるよりも、外国人を雇った方が安くて一生懸命働くということらしく、インドネシアやフィリピンやコンゴなど多種多様になっているようで、会話もチグハグで意思の疎通が難しい場合もあるようです。

    ですから、今はマグロ漁船に乗船しているのは日本人漁師と外国人の下手間の作業員と言う感じらしいのですが、これで終わっては「なぁ~んだ」となるので更に深く掘り進めて見ます。

    やはり、人数が多くなればなるほど色々な人が集まってくるようですが、仮に50人の乗員がいるなら、そのうち2~3人は事情があることも多いようで、それは船長やオーナーによって中身が違って来ます。

    つまり、ヤクザと繋がりの深い船長やオーナーだったら、当然ですが借金のカタに引き受けることもありますが、それも頼まれたらと言う条件付となることが多いです。 それは雇う側としてみれば当たり前ですが船に乗せられる人数は決まっているので、同じ載せるなら素人より経験者の方がいいので、正直言うと引き受けたく無いのが本音です。

    前述のように1970~1990年代頃なら借金のカタに乗る人は多かったようですが、それは単純に「人手不足だから」で、バブルなど景気が良い時にマグロ漁船に乗ろうなんて人は少なく、仕方無しに「借金・夜逃げ」など訳ありの人々をマグロ漁船に乗せていました。

    ただし、TVドラマのように船の上で殺して保険金、こんな割に合わないことはしていません。

    なお、遠洋マグロ漁船に乗ると日本を出航して「いつ頃戻れるのか?」ですが、これは船により事情が違うのですが、船体に冷凍庫がついているタイプだと一杯になるまで漁を続けるので、「長ければ1年、短くて10ヶ月くらい」となります。

    そして漁をして世界各地の港へ卸して行くタイプの漁船だと、定期のルートを回り終わるまで、早い話が世界一周して地球をぐるりと回って来たら日本へ戻れると言うことになります。

    そして気になるマグロ漁船の収入ですが真面目に働くと仮定して、会社で言う平社員なら年収600~1000万ぐらい、船長など役が上がると2000~5000万円くらいで漁の実績により違ってきます。

    船に乗ってる間はお金を使うところがないので貯金のみ、船内のバクチでやられない限り乗船の度に貯金は増えていくので、10年間ほど遠洋のマグロ漁船に乗ると6~7千万ほど貯まりますが、そんなに長く働ける人はいないので家を建てるだけ貯めたら降りるなど、ある程度の期間を働いたら辞める方が圧倒的に多いです。

    長くなるので、明日へ続くです。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop