徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    STAP細胞。

    おはようございます。 今日のブログは残念な内容に付いてで、日本人は嘘を吐かないのが国民性や美徳の一つですが、朝日や毎日などマスコミは本当に大嘘吐き揃い、おかげで世界における日本人研究者と日本における女性研究者の立場が危うくなりました。

    私は新しい医学系のことが発表されたらすぐに解説していましたが、今回の「STAP細胞」に関しては沈黙を守ってきました。 その理由は朝日などマスコミが大々的に取り上げているからで、山中教授のiPS細胞を馬鹿にしていたマスコミが、STAP細胞は大きく取り上げて賞賛するからおかしいと感じていました。

    このSTAP細胞とは「刺激惹起性多能性獲得細胞」で、動物細胞に特定の外的刺激(ストレス)を与えて分化多能性を持たせた細胞のことを言います。

    これはマウスの細胞を弱い酸性の溶液に入れて刺激を与え、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力(分化能)が生じる現象を言い、これまでの学説では役割が定まった細胞が刺激で万能細胞になることはありえないとされていて、本当なら生命科学の常識を覆す発見です。

    しかし、複数の疑義や問題点が指摘され共同研究者の一人が、「研究データに重大な問題が見つかり、STAP細胞が存在するのか確信がなくなった」と言い始めました。

    この理化学研究所のSTAP細胞と山中伸弥教授のiPS細胞の違いですが、マウスSTAP細胞の作成方法と未開発のヒトSTAP細胞のそれとは異なる可能性があり、iPS細胞作成に使用される四つの遺伝子は「山中因子」と呼ばれます。

    STAP細胞はiPS細胞では作ることができない胎盤を含む全ての細胞に分化でき、STAP細胞を胚盤胞に移植するとキメラ個体を形成など神の領域を凌駕する万能細胞で、極論すればSTAP細胞により地球上に病気は存在しなくなる筈でした。

    そして日本のマスコミは何故か「STAP細胞の方がiPS細胞より優れている」と、全てが上回るかのような論調で報道していました。 ニセモノiPSの森口氏を大きく取り上げてノーベル賞の報道を邪魔したり、マスコミ各社はノーベル賞の山中伸弥教授のことが余程嫌いと思えます。

    まず、生後1週のマウス脾臓のリンパ球を使用してSTAP細胞となる確率は7~9%ですが、iPS細胞の1%未満より凄いと報道していますが今のiPS細胞の作成効率は大幅に上昇しているので大差ないか、もしくはiPS細胞の方が上です。

    そしてSTAP細胞の作製期間は2~7日で、iPS細胞の2~3週間よりも大幅に短縮、iPS細胞よりも短期で作成とマスコミは報道していますが、既にiPS細胞を7日で作成したグループも現れて今では大差ありません。

    また、STAP細胞はiPS細胞に比べて癌化のリスクが低いと報道していますが、今のiPS細胞は発癌に関連する遺伝子(c-Myc)を発癌性のない因子に置き換え、iPS細胞の発癌性は大幅に減少しているのに、半数以上の細胞が死滅するようなストレスが細胞にかかる、STAP細胞の安全性について誰も検証していないのが現実です。

    前述したようにマスコミは「STAP細胞はiPS細胞より凄い」と過熱報道ですが、どうやらマスコミお得意の捏造と嘘がばれてきたようで、検証云々以前に全てが捏造か嘘である可能性が高くなってきました。

    まず、最初の疑惑が画像データで、論文に不自然な画像データが使われていると指摘があり、Nature掲載論文や以前に著した論文に多くの問題点が指摘され、研究所に対して迅速な調査結果の公表と、今後の規範となるような適切な対応を求めているようですが、一切返事が無いのが現状です。

    また、論文が掲載されたNature誌の出版元の広報担当者が、この問題にネイチャーは関心を持って調査していると語りましたが、研究者へ博士号を与えた張本人の早稲田大学は、「疑惑があったとしても博士論文の趣旨に影響しない」と発表しました。

    そもそも論文の内容を精査せずにコピペしていた疑惑や、文章の一部が別の論文とほぼ同じなど、これでも博士号を与えるのが早稲田大学と言う学び舎で、博士号の称号が欲しければコピペを早稲田へ提出すれば誰でも博士号が取れることになります。

    このままでは博士号と引き換えに、教授たちと夜の勉強会をしたと勘ぐられても仕方が無く、元を辿れば早稲田はスーパーフリーと言うサークルができる土壌の大学で、夜のお勉強が100点満点ではダメだと思います。

    私は知恵遅れと言われていたので分かりませんが、早稲田大学・東京大学・同志社大学は本当に大学と言えるレベルなのかどうか、そのレベルが私はアホだから分かりません。

    同じくハーバード大学も名前だけが一人歩きして、本当にハーバード大学は凄いのかどうか、今回の疑惑に早稲田とハーバードはもの凄く関与している、その事実に知らん顔を続けるなら卑怯で恥ずかしいことです。

    このような事態になってもマスコミはリケジョなど持て囃したのに知らん顔、森口氏や佐村河内氏は攻め立てるのに自分達が持て囃した女性研究者は擁護する、そんなマスコミには倫理観も責任感も無くジェンダーフリーに逆行しています。

    STAP細胞はマスコミが異常に褒め称えていたことや早稲田大学が絡んでいるから、まるっきり信用できないと思っていましたが案の定、最初から無かったものを100年に1度の大発見とやるなんて、ここまでくれば手違いや誤解ではなく詐欺や捏造です。

    これに付いて寄付の神様に聞いたところ、「病気で苦しんでいる多くの患者さんの為にも本当であって欲しい」でしたが、世の中には病気で苦しんでいる人が大勢いる、そういう人に希望を持たせておいて突き落とす、そんな真似のできるマスコミは本当に酷いです。

    また、STAP細胞が捏造(嘘)なら更にまずいことがあり、それは該当分野で日本人研究者がノーベル賞を取ることが難しくなった点と、今後は女性研究者がリーダーや主任となることが難しくなった点です。

    何故なら、「日本人研究者=捏造・嘘吐き」のイメージをひっくり返すことは困難、中韓が日本を貶める嘘を言って世界が信用しているのを見れば事の重大さが分かる筈で、早稲田やハーバードはどのように責任を取るのか、日本人研究者の未来を閉ざす重大事件です。

    そして今回の件により女性研究者も批判の目にさらされてしまい、「やっぱり、女はダメだ!」と言う声を封じ込めることが難しくなった点でも大罪で、今後は女性が博士号を取得しても裏技を使ったと色眼鏡で見られます。

    あなたはSTAP細胞、本物だと思いますか?

    チャウ(-д- 三 -д-)チャウ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時
    関連記事

    PageTop