徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    知の孤独。

    おはようございます。 今日から東京出張ですが私はバスで空港まで行くので、誰か行く人がいれば乗せて頂ければと思う時もあり、その理由はバスの本数が少なく1時間以上前に着くから無駄な時間が勿体無いです。

    羽田空港だとアクセスが良いので搭乗30分前に保安検査場を通過⇒搭乗口へ25分前に着く、これが通常のパターンで羽田を利用する時は無駄な時間はほとんどありません。

    さて、ずっと夢を見て安心したい気持ち、ずっと良いことばかり考えてワクワクしたい気持ち、それは誰しも同じですが人生には落とし穴があり、それに落ちないように気をつけないと、いつの間にか泥だらけと言うことになりかねないのです。

    人は乗り越えられる壁しか出現しない、自分と同じレベルの人にしか出会えない、そのように言われることが多いのですが、話をしていて相手に理解されない時は一抹の不安や孤独を感じてしまいます。

    哲学書を読んで我慢や耐えることを学んだのは、「ソクラテス(紀元前469年頃~紀元前399年4月27日)」の本の影響もあります。 この人は古代ギリシアの哲学者で正式に本を書いたことはないけれど、口述したことを弟子たちが後世に残したことから本となっています。

    その中でも結婚についての言い得て妙な言葉があり、それを分かりやすく現代風に翻訳すると、「取り敢えず、結婚してみよう。 もしもあなたが良い女を嫁にしたら、それはそれは幸せな結婚生活が待っています。 もしもあなたが悪い女を嫁にしたら、それはそれは立派な哲学者になれます。」と、ソクラテスは語っています。

    これは現代風に翻訳したので、原文はもっと短く簡潔に皮肉ってありますが、この文面の意味を理解できたら深いなぁとなるかもしれませんが、女のところを男に入れ替えたら男女のどちらにも言える内容です。

    人は人生において悩みや迷いが発生したら哲学書を手に取り、知識を得ることで心の穴を埋めることができる動物ですが、いつもいつも書物だけで心の隙間を埋めることは難しく、やはり最後には人と語ることで心の隙間を埋めることができます。

    なお、ソクラテスの奥様は非常に悪妻で、お金は使いまくるし~家事全般は一切しないし~悪態は付きまくるし、ある時は公衆の面前で口論となりソクラテスは頭の上から水を掛けられました。

    それでもソクラテスは落ち着き払い平然と、「雷の後には雨が降るモノだ」と言って許したそうです。

    その他にもエピソードにことかかないのですが、余りの悪妻ぶりを見かねた弟子の一人がソクラテスに、「先生。 どうしてあのような酷い奥様と別れないのですか?」と聞いたところ、「いやあ、あれでなかなか良い所もあるんだよ。 それに、あいつと一緒にいることができたら、この世界中の誰とでもうまくやれるからね。」と答えたそうです。

    そしてソクラテスは「結婚は良いものだ」とも言いきっているので、とにかく一度は結婚せよとも説いています。

    弟子が結婚しようかどうしようかと悩んで相談した時も、「結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる。」と言う名言を残しているので、頭の良い人の言葉はウィットに富んだ内容が多いです。

    他にもいくつかソクラテスの言葉をご紹介したいと思いますが、このような言葉を語り合える相手がいると知の孤独に陥らずに済みます。 自分は知っているけれど相手は知らないし興味もない、このような状況を知の孤独と言って知っているが故に孤独や恥を掻くことを言います。

    a、財産や名誉を得る事にのみ執心して、己の魂を善くする事に努めないのを恥とは思わないのか。

    b、金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼を褒めてはいけない。

    c、富は良心をもたらさない。 しかし、良心は富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にも、もたらすのである。

    d、生きると言うことだって、他のいかなることだって、正義と言う一大事にくらべれば、二の次だとしなければならない。

    e、幸福になろうとするならば、節制と正義とが自己に備わるように行動しなければならない。

    f、他人からされたら怒るようなことを、人にしてはいけない。

    g、いかなる財宝とくらべようとも、良友にまさるものはないではないか。

    h、書物を読むと言うことは、他人が辛苦してなしとげたことを、容易に自分に取り入れて、自己を改善する最良の方法である。

    i、一番大切なことは、単に生きることではなく、善く生きることである。

    これらの言葉はソクラテスによる名言のほんの一部ですが、心に響く言葉も多いのではないかと思います。

    あなたは知の孤独、楽しんでみませんか?

    (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は12日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop