徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ウクライナ情勢。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様の笑顔が世界を変える、周りの人をほっとさせる思いやりにより、多くの人々へ優しさが芽生えて明るい未来が構築されて、争いの無い状態が続けば平和な日々が続いていくことになります。

    しかし、世界には戦争が金儲けとばかりに戦争ばかりしていますが、下手するとかなり大きくなりそうなのがウクライナ情勢で、これはマスコミが的外れな見当違いの報道をしています。 今回ばかりはプーチン大統領に分があり、欧米諸国は勿論のこと中韓よりのオバマ大統領は滅茶苦茶な感じです。

    では、どうしてウクライナがこんなになったのか、それは東西で異なる思惑があるからで大まかに分けると「西側が親欧米・東側が親露」です。

    西側は旧ポーランド王国時代があり東側はソビエトに占領、西側は古くからユダヤ人問題をかかえ、ポグロム(市民によるユダヤ人迫害)やホロドモール(ソ連政府による計画的飢饉)を経験しています。

    東側はロシア系住民なので民族主義的な感情は余りなく、ロシア帝政時代にウクライナコサックがいましたが絶滅政策に遭い、あれからはロシア系住民が移入して入れ替わりましたので厳しい民族経験を持ちません。

    また、東西の立地格差も問題の根っこにありますが、東側は地下資源が多く豊か~西側はチェルノブイリ原子力発電所があり、ウクライナの国家予算の1割をかけてキープしています。 (つまり、東側は独立したいけれど西側は認めたくない。)

    そして2004年の選挙頃より欧米の干渉がみられ、大統領候補の顔が変形するなど怪しさ満点の大統領選挙では親露が勝ちましたが、オレンジ革命(反政府運動)で政権転覆&再選挙となり親欧米政権が樹立しました。

    さて、肝心のロシアとの関係ですが旧ソ連諸国に国債相場の5分の1程度で天然ガスを供給、ところが親欧米政権のウクライナはヨーロッパへの市場開放を公然と主張、激安の天然ガスを流されると価格破壊になるロシアはガスの値上げを決定しました。

    しかし、ウクライナは未払いになったのでロシアはガス供給を減らし、パイプライン下流のイタリアやスイスへの供給が不足、協議して再開されましたが再びウクライナの未払い状態が継続、支払わないなら渡さないと言う資本主義では当たり前のことをしたロシアですが、ウクライナは冷たくされたと感じて反ロシアの感情が残りました。

    ウクライナの財政が悪化すると2010年の総選挙で親露政権が樹立、親欧米だった前政権は不当な価格でロシアとガス供給契約を結んだ罪などで逮捕拘束、欧米は政治的な逮捕だとして反発しました。 (真相は不明)

    さて、今回の火種は2013年11月頃から首都キエフで欧米派のデモが始まり、既に親露政権が選挙で成立していましたが、民族主義的勢力が火炎瓶を投げるなど暴徒化してテロに発展しつつあります。

    デモ隊は武器庫から弾薬を盗むなどして反政府活動は過激化、2月24日に政府機関と地域党本部などを占拠しました。 この時に欧米諸国は弾圧を非難していましたが、こうなる前に押さえておけばここまで広がりませんでした。

    大統領と閣僚は東部地域へと逃亡したと報じられていますが、東西の独立や内戦への発展が懸念、このまま欧米よりになるとどうなるのかと言えば…。

    欧米は「IMFによる支援」がよいと盛んに主張、これはウクライナの財政を破たんさせてIMFの管理下に置くことを意味し、それはウクライナ国民がギリシャ同様に緊縮財政に晒されます。

    ウクライナの借金はほぼロシアに対するもので欧米はウクライナが破たんしても痛くない、ウクライナにロシアへの借金を踏み倒させて市場を欧州に開放させ、ウクライナ国民に緊縮財政をしくと「欧米諸国は儲かり、ロシアにダメージを与えられる」が本音で、世界と言うのはずるい駆け引きばかりで自国の利益が全てです。

    今の状態は冷戦時みたいなもので西側と東側で報道内容が大きく異なり、ロシアは欧米のシナリオ通りに進めたくないから批判的な声明を出すの繰り返し、まさに冷戦時代のような感じになってきています。

    欧米諸国は軍事行動への抗議のみを繰り返しソチサミットへの欠席を示唆するなど、対話拒否して時間稼ぎする動きですが、これは欧米による挑発が繰り返されているのと同じでロシアは軍事行動以外の選択肢がなくなりつつあります。

    ウクライナ新政権はIMFへの支援要請を始めるので、それによりIMFの破たん処理がなされると、それはロシアの債務踏み倒しを意味しますからロシアも黙ってはいられません。

    また、5月に予定される選挙で親露政権が再度樹立されると欧米は困りますが、ロシアはウクライナ経由でヨーロッパに天然ガスを供給している為、今後も引き続き外交カードとして用いられる可能性があるので、外交~経済~軍事での駆け引きは熾烈を極めます。

    ここまで読んでお分かりのように「世界の国々は自国の利益が一番」で、「自国に都合の良い大義名分をかざす」もの、アメリカは世界各地で戦争へ介入していますが、それは自国の利益の為で平和の為ではありません。

    アメリカはイラクに大量破壊兵器があると言い切り戦争を始めたのに、「やっぱりありませんでした、えへっ!」で終わらせた国ですから、今回はどうみても内政干渉に加えてロシアに大義名分があり、欧米諸国は自分達の利益になるからロシアを攻撃&非難しているだけです。

    日本の立場としてはロシアの味方までしなくても良いから非難せず中立の状態を保ち、プーチン大統領へ恩を売るだけでも北方領土交渉などがやりやすくなりますし、中韓の味方ばかりするオバマ大統領を相手に恩を売っても意味はありません。 (実はオバマ大統領の来日中止は、日本に取って朗報で来なくてラッキーです。)

    あなたはウクライナ情勢、どのように考えますか?

    ∩゙ヽ(。・ω・。)へぇ~

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop