徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    挨拶。

    おはようございます。 素敵なお客様の笑顔は多くの人々を幸せにする、それはあなたと会うことで心が安らぎ、未来へ進む為にほんの少し勇気が出る、そういう力が素敵なお客様の笑顔にはあるからこそ、挨拶をすることで多くの人の気持ちを癒して欲しいと思います。

    朝でも夕方でも挨拶をして、それに答えて挨拶が返ってくるのは気持ちの良いことですが、無視されたり~怒ってモノを言われたり~不機嫌そうに素っ気無くされると、挨拶した内に入らないどころか知らん顔して素通りされた方がましだったりします。

    イジメも最初は無視することから始まるのですが、「おはよう!」と言っても無視、何かを話しかけても無視、マザーテレサが生前に言っていた一つに、「人間に取って一番辛いのはお金が無いことではなく、無関心で、誰にも愛されない、誰にも感謝されない、誰にも気付かれない、それは本当に辛いことです。」と言う感じの言葉があります。

    明るい笑顔で挨拶するのは善徳の一つで、少なくとも相手を気分悪いと思わせることは無いし、もしも明るく挨拶されて怒るような人は運が良いどころか、誰にも相手にされない寂しい人生になる人だから、挨拶をして無視や怒る人をまじめに相手にしなくても良いんです。

    そもそも「挨拶」は何の為にするのかを考えてみると、まずは自分がきちんと「挨拶」できているかどうかに突き当たり、社会人で挨拶がきちんとできない人が意外と多いのに気付けると思います。

    挨拶は人間関係を円満に築く為の基本的なことで、人間関係がうまくいく人はコミュニケーション能力が高い、円滑に勧める能力があるからこそ男女関係もうまくいくから、男女に限らずモテル人は美男美女ではなく、「気持ちの良い挨拶ができる人(自分から声賭けをする人)」がモテます。

    たかが挨拶と思うのはダメで、その挨拶で人柄や人間性が見えたりしますし、普段の生活態度が現れたりもします。 きちんとした誠実な人は誠実な挨拶をしますし、ルーズな人は挨拶もそれなりにルーズです。

    挨拶の大切さ(第一印象が大切)とはよく言われる話ですが、その第一印象の中には挨拶も含まれていて、話している時の表情や声の大きさや言葉遣いなど全てが第一印象に入ります。

    いくら身嗜みに気を使っていても挨拶が満足にできないなら、その時点で相手に好印象を与えることはできません。

    挨拶は基本的な礼儀でコミュニケーションの入口、小さい頃から「きちん挨拶しなければ」と言われてきたと思いますが、初対面の人に「はじめまして、○○と申します。」や、日常でも「おはよう・こんにちは・お疲れ様でした」などがあります。

    「いつもお世話になります・申し訳ありません」や、「お願いします・ありがとうございます」など、普通に社会生活をするならきちんと挨拶はするようになる筈ですが、文部科学省や教育委員会の最大の間違いである、「ゆとり教育世代」には通じないのであしからず…。

    人間は一人では生きてはいけないからお互いに助け合い~支えあい~励ましあい、時には迷惑や心配をかけたり恩恵を受けることもあります。 そこで潤滑油として挨拶さえきちんとできていたら、大筋で人間関係は円満とまでは言いませんが損なわれるほどではないと思います。

    挨拶は相手に対する気遣いでもあり、「あなたの存在を大切に思っています」とのメッセージです。

    自分に置き換えて考えた時、友人や彼が自分の言いたいことだけメールで送って来て、あなたのことを無視したら答える気がしないはずで、その時の気持ちを分析すると「相手の為に真剣」になれないからです。

    家族関係でさえ希薄になっている時代ですが、社会から孤立していることに気付けないとかなり危険です。 人は誰しも周りにいる人たちから元気や勇気など、色々なエネルギーを貰ったり与えたりしながら生きていますが、それにより癒されたり安らぎを感じることもあります。

    しかし、貰ってばかりではなく誰かの役に立つと言うこと、周囲の人に元気や勇気を与えることになると、逆に自分に対して力が沸いてきます。

    その為にも「笑顔で挨拶」が必要で、挨拶の時に必ず相手と目を合わせてさりげない笑顔で挨拶する、仏頂面で挨拶されても相手に不愉快な思いをさせるだけ、笑顔は高価なプレゼントよりも一番心に残る最高のプレゼントです。

    楽しい時に笑顔になるのは誰でも簡単にできますが、苦しい時や悲しい時に笑顔で相手に接することができることこそ本物で、最初は無理をして笑顔を作ろうとしてもぎこちなくなりますが、いつしか本物の笑顔が自然とできるようになります。

    楽しいことがなくても毎日笑顔でいるとなんとなく楽しい気分になってくるので、一人でいる時に「ありがとう」と言っているだけでも笑顔を作れるようになります。

    「ありがとう」と言う時に怒って言うのは難しいし汚い言葉を笑顔で言うのも難しい、感謝とは笑顔で無いとスムーズにできないからこそ、「ありがとう」の言葉を大切にしていると自然に笑顔ができてきます。

    ただし、自分が上にいると勘違いしている人ほど挨拶をしないのに、自分が挨拶されないと怒るのが人間社会の習わしみたいなもので、昨年の岡村隆史さんVS久米宏さんが良い例かもしれません。

    2013.5.10のラジオ番組で岡村隆史さんが久米宏さんに挨拶をしても無視されたと激怒、番組中でネチネチ悪口を言いまくり、その後は関係者が話し合い収まりましたが大人気ない話です。

    その岡村隆史さん自身が挨拶しない(スタッフや一般人)のは有名な話、久米宏さんを庇う訳ではありませんが東日本大震災の時に、「寄付金ゼロの岡村隆史さんと、2億円を黙って寄付した久米宏さん」では、黒が白に文句を言うのは筋違いで信用性がありません。

    あなたは挨拶について、どのように思いますか?

    (・´з`・)ぷぅー

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop