徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    隠れたダメ男。

    おはようございます。 人は何かあるとできることなら、あの頃へ戻して欲しいと思ったりしますが、その気持ちは充分に分かりますし、大変な時期を乗り越えることも素晴らしいと思います。

    しかし、恋愛に関しては大変なことは充分に理解しつつも、見る目が無い~嘘と分かりながら騙される~寂しいから離れたくないなど、自分で自分を追い込んでいる恋愛の辛さは学んで失敗を財産として活かさない限り、同じことの繰り返しで辛いことが永久に続きます。

    その為にも「一見すると男らしいけれど、実はさっぱりダメな男」と言うのを、判別できるヒントを書き並べてみたいと思います。

    A:「喧嘩の強さが自己主張」で、残念ながら本当に強い人は喧嘩など必要がなく、精神力が弱い為に腕っ節の強さを、自分が強い男だと誇示する為の材料とします。 遥か昔にはヤンキー文化が大流行の時代もありましたが、今は2014年ですから遠い昔話です。

    「俺は! 昔! やんちゃしてたんだぜぇ!」なんて言うバカタレは、中学生の頃と価値観感が変わっていない⇒大人になりきれないから信用されません。 昔から男が手に入れたいと思っているのは「権力・財力・知力・腕力」の4つで、最初の3つを持っていない男ほど最後の腕力を誇示しますが、ありもしない武勇伝を語り腕力を誇示する男は他に取り柄がない証拠です。

    B:「バブルの頃のあぶく銭を未だに自分の価値だと勘違い」で、一度でも美味しい思いをしていると、実現しにくい今の世の中には嫌気がさします。

    貧しくてもやりたいことをブレずに頑張っている人は心が豊か、そうじゃない人は自分の自信を保つことが難しく、どうしても過去の栄光に頼りたがります。 「俺は、こんな男ではない!」と思いたいから、昔は「こんな車に乗っていた・一晩でいくら使った!」など切ない過去の自慢話は、誰しも余り聞きたい話ではありません。

    C:「働かなくても生活できるのはカッコイイと思っている」で、自分が働かず人に働かせて裕福な生活をすることがカッコイイとの考え方は、別に悪くはないけれどお金が無くなってもプライドが高くて働けなくなります。

    「今さら・この年で」など「今まで○○だった!」を言い訳に、なかなか動くことができずにいるけれど、それでもお金があるような生き方を止めることもできず、家族に経済的にも精神的にも大きな負担をかけてしまいます。

    男はプライドの塊で時には命よりも重く、事業の失敗や不祥事の露呈で自殺する男もいるほど、どうして男はプライドを守ろうとするのかと言えば、それは女性が望んでいる野も一因です。

    つまり、「課長よりも部長・軽よりもポルシェ」を選ぶ女性が多ければ多いほど、その為に男は意地でもプライドを守ろうとして借金をしてしまうのです。

    しかし、一番問題なのはプライドを引きずったまま仕事をクビになった男で、自暴自棄になりふてくされてしまうことも少なくありません。 あなたの彼や旦那様がそんな風になったら、是非とも「あなたが一番、信じているね!」と慰めると、男は肩の力が抜けて一から頑張れる時があります。

    D:「若いキャバ嬢と付き合うことがカッコイイと思っている」で、「こんなに若くて、たくさんの男を相手にしている、キャバ譲と交際している」と、優越感を感じる男が多いです。 キャバ嬢の本音も知らずたくさんの男の中から選ばれた、その勘違いが自分を支えているのです。

    E:「宵越しの金を持たないが男らしい」で、豪快で気前のいい自分のアピールはスゴい人だと思われたいのです。 そんな男がカッコイイとの価値観も悪くはありませんが、自分の裁量を超えるとアウトで、苦労するのは男の家族で宵越しの金を持たないのは迷惑以外のナニモノでもありません。

    宵越しの金は持たないと言うはお金がない人が、それをごまかす為に昔から言われているのでの、ただの強がりだからイイ男と言うのは無理があります。

    F:「パブ・ラウンジ・キャバクラなどで大金を使う」で、酒好き&女好きはもちろんですが、こういう行動に出るのは自慢をして女性に褒められて気分良くなりたいだけ、こんなお金の使い方できる人なんてカッコイイと言われることで、男としてのプライドを保っています。

    こういうタイプの多くが自分が一番でないと気がすまない性格なので、常に他の男と張り合っているので周囲はとても迷惑します。

    G:「連日、朝までハシゴして飲み明かす」で、この行動は基本的には飽き性でじっとしていられず、できるだけたくさんの人に自分をアピールしたい人です。 こういう男は一人の時間を過ごすことが上手ではなく、寂しがりやでとことんまで行き凄いと言われなければ気が済まないのです。

    H:「ヘビースモーカー」で、これだけ吸えない場所が増えてしまった今は、喫煙人口は必然的に減っていますが、ヘビーな喫煙者はタバコを吸うシーンが多く、ちゃんとしたマナーが見に付いていないことがあります。

    どうしても灰皿ではないところに捨てることになったり、人がたくさんいるところで吸ったりしてしまい、人が嫌がることを考慮できない自己中心的な人が多いです。 ビジネスシーンにおいてもタバコを吸うことのメリットは少なくなり、外国では既にタバコを吸うと出世コースから外れると言われます。

    経済的なことを考えても現代の日本でタバコを吸っている男は、自制心がないと思われても仕方がありません。 特に吸うなら見えないところや人に煙が行かないところ、そういう気遣いもできないなら最悪です。

    最後にソチ五輪に少し触れますが、2月18日のブログに書いたように浅田真央選手は4~8位が精一杯、これは日本のマスコミと審判員が■国の味方なので、実力以外の部分でやる前から勝負はついているので残念です。

    日本のマスコミは最低レベルの人間ばかりなので、邪魔されて実力を出せない浅田真央選手が気の毒、できれば引退撤回で4年後を目指して欲しいと思います。

    あなたは隠れたダメ男、見分けられますか?

    (;´゚Д゚)ゞ困ッタナ…

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop