徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    自分のレベル。

    おはようございます。 素敵なお客様に似合うのは笑顔であり、きらきらと輝いているのは心が美しいからです。 難しい顔をして講釈たれるより、笑顔でありがとうと言う方がどれだけ気持ち良いことか、素敵なお客様には素晴らしい未来が待っています。

    人は一人では生きていけないのですが誰かと歩く人生、結婚が必ずしも幸せかと言えばそうでもありません。 結婚は24時間365日一緒にいるからこそ、一緒に歩くべき人により幸せかどうかは変化するので、結婚は誰を選ぶかと言うのは非常に重要です。

    その選び方も学歴や家柄や身長や年収や職業で決まる訳ではなく、一緒にいて心地良いかどうかが全て、ようは人間性が重要だからこそ「頭が良くて尊敬される」が基本中の基本で、選びと言うのは自分が何を重要視して選ぶのかと言うもの影響してきます。

    世間でよく言われることに「類は友を呼ぶ」と言う言葉があり、似たような人や同じような者同士が集まると言う意味ですが、これは学校でも会社でも同じことで仲が良いと言うのは似た物同士が集まるだけです。

    そのグループも色がそれぞれあって、同じグループの人同士はファッションから生活スタイルまで何となく似てきます。 ファッションが似ている=「これが素敵」と判断する基準が同じで、当たり前ながら考え方なども似ている人が集まっていることになります。

    派手なグループに地味な人が混ざることは少なく、職業の分野や生活パターンが違っていても根っこでは考え方が同じ、ものの捉え方が近い人や感覚が似ている人はすぐ友だちになれます。

    つまり、自分の周りに集まっている人は自分と同じところを持っているで、それは当然ながら外的環境だけではなく「目に見えないレベルも似ている」です。

    趣味は全く違うけれど話が合うなら同じ精神レベルにいる証拠、文句を言っている人には文句を言う状況が引き寄せられるように、友人知人も同等のレベルが引き寄せられています。

    相手の嫌なところが目についてしまうのは自分の中にも同じところがあるからで、周りにいる人は全て自分の合わせ鏡として勉強になります。 文句ばかり言っている人には文句ばかりの人が集まりますが、一緒に愚痴を言い合えるから友人として集まるだけです。

    世間は狭いなあと感じるのは世間ではなく自分の世界が狭いだけで、初対面の人でも交友関係を聞いていくうちに自分の親友と知り合いだったとか、親同士が知り合いなどと意外なところで繋がるのは、同じ交友範囲の中をグルグルしている感じですが、だからと言って交友関係を次々と辿れば全て繋がる訳でもありません。

    自分と価値観や世界が違うと日頃から思っている人とは知り合いの範囲が重ならない、その抜け出せない範囲や縄張りが自分と同じレベルの人たちに値します。

    ずいぶん前に知り合ったのにいつまで経っても仲が深くならないのは、その人と自分のレベルが違うからです。 その逆に初対面でも意気投合なら自分と同じレベルだからで、お互いに本音で話して話が合うのはレベルが同じだからです。

    結局のところ、自分の周りにいる人も自分次第で決まっているので、仮に裏切られた経験のある人は自分の中にも裏切る要素があり、思いやりのある人に囲まれているなら、本人が思いやりがあるからです。

    だからこそ「友人や知人を見れば、その人がほぼ分かる」と言えるのですが、まさに「類は友を呼ぶ」で良い友人を作りたければ自分が良い友人になる、それこそが「類は友を呼ぶ」を活用した友人知人作りになります。

    社会で生きていると腹が立つこともあり大変ですが、不幸な部分だけ切り取って自分の人生を卑下するのは間違いです。

    パッチアダムスと言う映画がありますが主人公の台詞に、「人生は楽しむ為にあるから、楽しくないことでさえも、楽しまなければならない。」で、そう考えられるなら人生は楽しいことだらけになります。

    年間で二千人の御相談を受けていると人は悩むモノであり、どうせ悩むなら楽しく生きていかなければ損です。 類は友を呼びますから人に好かれる一番の方法は、「相手が求めてるモノ(相手が好きなモノ)」を与えること、それに本当に気付けたら人生は意外と楽に生きられます。

    意地っ張りな人や強情な人や負けず嫌いな人に張り合って、例え相手を論破したところで誰の得にもならず相手も気分を害するだけです。 そういう人は自分を認めてほしいだけだから勝たせていれば良いだけで、負けるが勝ちと言う言葉もあります。

    「世界とは、自分のレベルに応じた姿でしか見えない」のだから、自分が面白く無い時は世界も面白くありません。

    世の中は確かに全てが公平ではないけれど、自分に有利なことは公平じゃなくても黙る人ならば、自分が不利なことにも黙るのが筋で自分が不利な時だけ文句を言うのは間違いです。

    例えば、お金持ちの家に生まれたら幸せと思う人は多いのですが、確かに貧乏な家に生まれるよりもお金持ちな家に生まれた方が、幸せなのは間違いではないと思います。

    しかし、幸せ=お金でもなく、お金があっても病気で動けないならお金より健康が欲しくなる筈ですし、お金があっても友人知人が一人もいなければ寂しいだけで、突き詰めると「幸せはお金で買えないけれど、ある程度の不幸は回避できる」です。

    お金持ちの家に生まれたら、貧乏な家の子が体験することは感じられない。
    貧乏な家に生まれたら、お金持ちの家の子が体験することは感じられない。

    私は県北で貧乏な家に生まれたからお金持ちの家に生まれた苦労は分かりませんが、貧乏な家に生まれた辛さと言う点で一つの例え話をするなら、お金で全てのモノが手に入る訳ではありませんが、普通にお金で買えるモノすら買えない辛さは心が惨めです。

    お金の為だけに動くとお金を手に入れたら燃え尽きてしまいますが、誰かを幸せにすることならいくらやっても燃え尽きることはありません。

    世界は自分のレベルに応じた姿でしか見えないのだから、自分のレベルを上げることで見えてくる世界も大きく変わる、それはパワースポットの効果が体験できる人とできない人の違いで、更には自分に私利私欲があるかどうかの違いなのかもしれません。

    あなたは自分のレベルを、どう考えますか?

    (σ`゚∀´)σォゥィェ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop