徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    家庭内の問題。

    おはようございます。 今日は土曜日なのでアクセスが減る為、普段は書かないようなことを書いたりしていますが、余り興味を抱かれないであろう話題なども土曜日に更新することがく、今日は誰も興味が無いであろう話題でつまらないこと確定のような気がします。

    今日は12月末に安倍総理が靖国神社へ参拝したことについてで、中韓どころかアメリカまでうるさく文句を言いますが、アメリカが戦争に付いてあれこれ言う資格は無い、そして韓国も靖国神社で日本へ文句を言うことはできない、その明らかな根拠も後半で説明します。 (ここからアメリカを、米国と日本語表記にします。)

    まず、米国が安倍総理の靖国参拝を攻撃するのは自国の正当性を疑われるからで、世界中が神話の時代はどこの国も相当悪いことをして今がある訳ですが、歴史がある国は神話の一言で片付けられて過去の悪行もなかったことにできます。

    ところが米国は建国300年未満で過去の悪行は隠せない、インディアンを殺して土地を奪う~各地で因縁をつけて戦争開始、その戦争でも民間人に拷問や爆撃をしたこともある、日本へ原爆を落とした上にベトナム戦争では枯葉剤など恐ろしい化学兵器を使用、上げていくとキリが無いほど数々の悪行は被害国からすれば「最近のこと」です。

    それに米国は黒人差別も酷く黒人兵にはライフルをもたさず、丸腰で戦場へ出していましたが、それは黒人が鉄砲の撃ち方を覚えると自分たちの身が危ないからで、素手で機関銃と戦わせる国がフェアとは言えません。

    何とか差別が減ってきたのは80年代ぐらいからで、南アは1994年に黒人大統領が誕生したけれど米国は2009年のオバマ大統領が最初、これだけ遅れていても民主主義=正義としなければ米国のアイデンティティが崩壊してしまいます。

    だから世界中で悪人に見える人物を攻撃して自分たちは善人と言う理論ですが、米国が世界中の戦争に関係している本当の理由は米国が軍事産業で成り立っているからで、兵器&武器&弾薬が次々と使われなければ国力が失われるから、世界各地で紛争があるよう国同士が小競り合いする状況を残しておいた方が良いのです。

    ですから第二次大戦も正しかったと言うことに少しでも異論を唱えると、その人は米国で二度と出世できないと言われるほど神経質で、米国人が一番嫌がるのは「アンフェア(卑怯・不公平)」と言われることですが、実際には卑怯なことを山ほどやっているので「米国=卑怯」です。

    しかし、それは米国の歴史の中でなかったことになっているので、正義と言う名のもとに行ってきた数々の卑怯者ぶりが表に出ることは、自分達のプライドを傷つけるから非常に嫌なことなのです。

    では、前フリ終了で靖国神社に付いて本題ですが、A級戦犯合祀は問題と言われるのは仕方が無く、望まぬ戦争で戦死した人間と負ける戦争を始めた上層部は分祀するべきで、「捕虜になるなら死ね」と言っていた当人たちが捕虜として生き延びたのは卑怯です。

    私が生まれる前のことですから見た訳ではありませんが、戦前の戦争も自衛の戦争もあれば軍部の都合でやった戦争もあり、日華事変なんて陸海軍上層部は予算が増えるから楽しいばかり、現場の兵隊は気分次第で戦争を起こされたんじゃたまりません。

    第二次大戦も上層部が現実を分析せず適当にやれば勝てるで開戦、石油の備蓄も管理できていない適当さなのに米国に勝てると思ったのは、いい加減極まりないことです。

    このようなA級戦犯の合祀に問題があるのは確かですが、だからと行って安倍首相が参拝するのがダメ、そんなことを他所の国にとやかく言われる筋合いはございません。

    何故なら、家庭内の問題(国内問題)だからで、中韓はもとより戦後日本の基礎を作った米国が文句があると言うならば、「アーリントン国立墓地から人種差別主義者と戦争犯罪者を完全に排除してから言え」と、外務省は米国国防省とオバマ大統領へ強く言うべきです。

    こういう知識すらないから「東大(東京大学)は馬鹿の集まり」と揶揄されますが、官僚は東大卒が多く東大卒が一番偉いと言われていて、派閥も多く東大が一番と妄想している人が多い為です。

    同じくドイツが四の五の文句を言う前に、ドイツ人がユダヤ人に何をしたか、ヒットラー総統が何をしたか、ネオナチや人種差別を片付けてから日本に文句を言えと言いたいですが、これも外務省に知識があるならきちんと言い返せる筈ですが、先ほどと同じく東大卒官僚は何もできない人の集まりです。

    それから韓国が靖国神社参拝へ文句を言うのはおかしな話で、日本人とマスコミの大部分が勘違いしていること、それは「日本と韓国は過去に一度も戦争をしたことは無い」で、日本は米中露とは戦争をしましたが韓国とは一度も戦争をしたことはなく、日本と戦争をしたと言うのは捏造された歴史です。

    おまけに日本のメディアが火を点けるまで靖国参拝へ中韓は一度も文句を言わなかった、中曽根総理までは何十回も参拝しているのに日本のマスコミが捏造して騒ぐまで、誰も何も言わなかった事実があり、それに付いて中韓は説明できないまま騒いでいます。

    20年ほど前まで日本人は生魚を食べるから野蛮と言われていましたが、欧米の常識では火を通さないのは料理じゃないからで、だからと言って外国から野蛮と批判されたら刺し身や寿司を食べるのを止めた日本人はいません。

    私はユニクロや楽天のようなアホなことは言いませんので、日本人は日本語が大切だと思いますが、英語やフランス語が理解できると日本のマスコミの低俗さと卑怯度が分かるし、実際に海外の人と話をすれば分かることがあります。

    それは世界中で「中・韓・米が、どれほど嫌われているか?」で、それに比べると日本の評判は良い方で、日本は素晴らしいと天狗になるのは問題ですが、概ね好かれているので世界の嫌われ者に嫌いと言われても、気にする必要はなく無視するのが一番です。

    そして米国(オバマ大統領)にお灸を据える方法ですが、「舐めたら、やっちゃうよ、あんた!」と、一番効果的なのが米国のF-35(戦闘機)ではなく、欧州のユーロファイター(戦闘機)を「購入するぞ!」と言うことです。 (日本はお得意様の上、値引きも要求しない上客です。)

    つまり、軍事産業で成り立っている米国に対して、戦闘機調達(共同開発)に関して日本は米国以外と手を組むこともあると意思表示、すると世界中へ日本にやられた米国のイメージを植えることができ、他の国々も米国へ厳しく要求や意見を開始します。

    実は日本が買わないと他国は買わない暗黙のルールがあり、靖国神社参拝へ文句を言うなら米国のF-35の調達は「白紙にするぞ!」と、米国の国防省(オバマ大統領)へ厳しく通達すると同時に、アホなマスコミを使って言った言わないレベルで情報を流しておく、途端に米国は謝りはしないけれど沈黙します。

    「米国は今後一切、家庭内の問題(国内問題)へ、二度と余計な首を突っ込むな!」で、そう言えるだけの外務省であって欲しいし、東大卒は頭が良いと信じられているので少しは実力を見せて欲しいと思います。

    あなたは家庭内の問題を、他人にあれこれ言われたいですか?

    (●・´艸`・)、;’.・ ププゥ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop