徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    オーブ。

    おはようございます。 素敵なお客様が幸せになることこそ私の幸せで、お金や家や車などは私に取って幸せではありません。 素敵なお客様が元気でワクワクと毎日を過ごして、更に多くの人々が幸せになることが私に取って極上の幸せで、それこそが生きている実感として感動になります。

    生きている実感が沸いてくる暗示は誰にでもありますが、その暗示が人の口から伝えられることもあれば、何かを目撃して自分で感じ取ることもあるし、病気や事故などにより天啓とも言うべき閃きがあったりもします。

    その天啓の一つにオーブがあり日本語では「玉響現象(たまゆらげんしょう)」とも言われ、写真を写した時に白い玉が写る現象ですが、これはホンモノとニセモノが入り混じっています。

    オーブと言われる写真の90%はニセモノと言うよりも、デジカメの性能が向上したことで小さな物でも捉えることができる、更にフラッシュの光量も飛躍的に向上したなどが関係して、今まで写せなかった細かなモノを的確に移せるようになったことが原因です。

    地球上の空間においては空気中にかなりの塵や埃が舞っていて、多くの人は気付かず目に目にしているのですが、映画館で投影機の光の中にキラキラ光っているのを見た経験はあると思います。

    デジカメで撮影する時も映画館と同じく近くに塵や埃が舞っていて、フラッシュ撮影の場合などはフラッシュの光が塵や埃に反射して、カメラの方に戻って来ることがあります。

    カメラの至近距離にある塵や埃は写される時には当然ピンボケ状態で、しかも遠くの主被写体よりも強く光を反射する為、デジカメに写る時は丸くて白っぽい物体として記録されます。

    これは塵や埃のピンボケ画像で、この現象は和室で布団を敷いた直後に撮影すると、比較的容易に再現することができ、実際の撮影でも建築現場や工事現場など空気中に粉塵が含まれる場所でよく発生します。 また、降雨や降雪でも起こることがあり、フラッシュとレンズの位置が近い、コンパクトタイプのカメラで発生しやすい現象です。

    ここまでが構造的&科学的な現象としての説明ですが説明のつかない時もあり、照明が暗い中でフラッシュをたかずに撮影して、どうして白い玉が発光しているのか、もしくはフラッシュありでも塵や埃ならたくさん写るはずなのに、一つだけが移動しながら写るのは何故なのか、こういう説明できない10%がホンモノになります。

    TV番組のオーブの画像でたくさん白い玉が写るのは、ファブリーズを空中へ噴射してフラッシュでも写るし、他にも白い極小ビーズを反射させて写すなどのテクニックもあります。

    これで終わりでは占いとは何の関係も無く面白くも何とも無いので、霊視の観点からも解説してみたいと思います。 オーブは霊の一種と言われることが多いけれど霊格の高低が関係する訳でもなく、写るには何らかの理由があると言う認識でいいと思います。

    また、本当に霊視ができるならオーブを写すのは簡単で、視えているオーブを追いかけて写せばいい、TV番組に出ている霊能力者が写せないのは視えていないから、そういう単純明快な事実をごまかすのがTVなどマスコミの悪いところです。

    注:同じオーブを複数の人が同時に見ても人により違いますが、デジカメに写るのは個として瞬間を捕らえるので誰が見ても同じになります。

    では、ホンモノかどうかの見分け方ですがオーブ画像を見て背筋に何か走るなど、感じるものの違いで判断してくださいとしか言えません。 占い(霊能)の先生方はオーブが撮れたら鬼の首を取ったように、「オーブ写真が撮れた!」と自慢しますがプロなら撮れて当たり前です。

    私もオーブの写真はデジカメの小部屋へよく載せているし、素敵なお客様自身も撮ることができる人が多い為、根津神社へ合同参拝した時のように「いる場所を狙えば誰でも撮れる」ので、逆にオーブを写せない占い(霊能)の先生方がいる方が不思議です。

    ニセモノかどうかを見分けるのは難しいけれど、ある人が写したら写らないのに特定の人が写した時だけ写るなど、同じ場所を写しても特定の人だけに写るならホンモノの可能性大です。

    例えば、自分が写っている~もしくは写す写真にだけオーブが写る、大勢で撮った写真でも自分の周りにだけオーブがいるなど、日時や場所が違うのにオーブが写る写真が何枚もあるなら、それはホンモノの可能性が大きいと思います。

    ただし、ホンモノやニセモノを突き詰めすぎると夢が無くなり、何でもかんでも謎を解き明かすのがいいとは言えません。 もしかしてオーブは神様かもしれないし、何らかの暗示かもしれないし、ただの光の反射かもしれません。

    オーブをただの反射で割り切らず夢のある暗示と思えば、それは一つのワクワクドキドキとして存在する、不思議なモノの一つとして日常を豊かにしてくれるかもしれません。

    オーブの写真を会社でみんなに見せる⇒ホンモノかどうかの議論が始まる、そして一つのネタとしてちょっとだけ会社のみんなと仲良くなれるかもしれない、そうなるとオーブが結ぶ縁として話が広がるきっかけになります。

    注:TV局関係者の浅ましさやずるさでホンモノを撮るのは無理で、特にTV番組で霊能力者が写したと大騒ぎしているオーブは99%がニセモノです。

    また、■■風荘へ座敷わらしがいたのは本当でも見た人の証言は疑わしく、あそこへ泊まる人々は他人の幸せを祝福できない人々です。

    何故なら、■■荘にはプレゼント企画があって笛をプレゼントするそうですが、それが当たった人を祝福せず自分に当たらないことに文句ばかりで、こういう他人の幸せに文句を言う人ばかり集まる宿で開運成就できるとは思えません。

    最後に、2014年は宿で開運するべく次々と御紹介していくので、自分に合う宿を開運成就や浄化にご利用くださいね。 12月末に第二弾の開運できる宿をご紹介しましたが、これから5月までに5~6ヶ所は御紹介できればなぁと思います。

    なお、第二弾の宿の敷地内にある神社はお賽銭を入れるのが割と難しいので、自分が投げたお賽銭が外れるようだと今年の運勢も外れかもしれないので、狙いを定めてくれぐれも的確に投げ入れてくださいね。

    あなたはオーブを、見てみたいですか?

    .。.:*・゚(*ゝ∀・)。.:ィィ゚.+:。

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop