徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    株式市場。

    おはようございます。 素敵なお客様も今日から仕事始めの方も多いかもしれませんが、活き活きワクワクとして2014年を過ごせるよう、今日も一日笑顔で過ごしてくださいね。 素敵なあなたの周りには幸運がいくらでもあり、それに気付けば幸せは追いかけなくても大丈夫です。

    今日は大発会で株式市場の幕開けですが日本経済の未来も少しずつ明るくなりつつあり、2011年11月頃に衆議院の解散があれば、工場が生産停止⇒閉鎖⇒失業の流れがもっと少なかったのは疑いようの無い事実です。 一つの工場が発展すると周辺にも二次下請けが出来るから、その流れをもう少し早くしていればと無念です。

    政権交代してから早くも1年が経ちましたが、安倍晋三首相のアベノミクス発動で大きく上昇した日本の株価、これは他の国々は早くから自国の為にしていた政策で、民主党政権が余りにも何もしなかった~ようは中国や韓国を助ける政策をやり続けたから不景気なままでした。

    中韓よりの政策だった証拠に2013年7月の参議院選挙で、福岡から出馬する人を応援しようと力が入ったのか前政権の方々は、「今の円安&株高の流れを止められるのは私たちだけです」と、ついつい演説で本音をポロリと漏らしてしまいましたが、円安&株高の流れを止められたら日本が困ります。

    このような政党と議員達はどこの国の人なのかは知りませんが、福岡県は日本でも一部地域への輸出比率が高いので、県民の皆様が選んだ偉い議員様が韓国に盗まれた仏像を取り返そうともせず、放置しているのを誰も何も言わないのは不思議です。

    このアベノミクスには反対論が渦巻き、本屋さんへ行くと批判本がものすごく高く積まれています。 その急先鋒はH教授で「アホノミクス」と呼び、「アベノミクス批判論」を展開しています。

    日本株が上がれば悔しくて黙りこむのに、少しでも株価が下がれば叩きまくるのは大学教授やマスコミにまともな人がいない証拠で、日本の景気が戻ることを悔しがるとはどこの国の人なのかと思います。

    H教授やマスコミによると悲劇を生む政策らしいのですが、「もう日本は終わりだ!」と言う割りに日本で稼ぎまくるのは大いなる矛盾です。 日本のマスコミや大学教授たちは早く日本を出て自分達が安全と言い張る韓国や中国で暮らせばいいのに、どうして無理して嫌いな日本へ住むのか不思議です。

    こういう日本人の味方をしない人たちは論外で、日経平均は安倍政権発足後から大きく上昇、大納会では1万6000円を超えたのが現実です。 民主党政権時には7000円台だったのに、それを棚に上げてアベノミクス批判して金儲けするマスコミは無知な恥知らずです。

    さて、アベノミクスの発動で歴史的な株高と円安(円高是正)が短期間で起き、この劇的変化が企業業績や雇用など景気回復につながり始めました。 そうなると中韓大好きのマスコミは根拠もなく一方的に政策を批判しまくり、韓国と中国がうまく行かないのがマスコミは悔しくてしょうがないようです。

    H教授など経済評論家達はアベノミクスを猛批判していますが、まともな経済から言えば安倍政権が掲げるアベノミクスは世界標準の政策パッケージ、それなのに「アホノミクス」と揶揄するマスコミ(評論家)と大学教授たちは理解不可能です。

    今の株高と円高是正がもたらす経済への好影響を無視、国債市場で起きた金利変動のみを揚げ足取りで警鐘ばかりですが、まともな経済学を勉強していれば景気回復があると金利も上昇することは理解できます。

    名目として金利も上がりましたが経済活動に影響する実質金利は低水準、黒田東彦日銀総裁の一連の金融緩和政策は総じてうまくいっていますが、H教授を筆頭に大学教授たちとマスコミは日本の景気が良くなるのが憎らしくて、アベノミクスのネガティブキャンペーンです。

    その一つは「デフレ下のバブル経済化が起きる」ですが、これは野田佳彦前首相が安倍現首相との討論で述べた発言と同じく勘違いで、日本国民の年金原資は株式市場でも運用されていて、株高は年金制度の安定を通じて大多数の人々の老後を豊かにします。

    株高の恩恵が日本国民全体に及ぶ例は他にもいくらでもあり、そうした常識すら知らないのがマスコミと言う中韓の手先たち、更にはTVに出られるのが嬉しくてしょうがない低俗な大学教授たち、TV出演と引き換えに中韓擁護とはどこの国の大学教授かと思います。

    一度でいいからTVに出ている東京大学~早稲田大学~同志社大学の教授たちと、経済に付いてディベートをしてみたいのですが、大学教授たちのレベルが余りにも酷く未来ある学生達の知識と教養を台無しにしています。

    アベノミクスの本質は金融緩和策強化で脱デフレを目指すことが「第一の矢」で、政策パッケージだから余程の無知で無い限り、アベノミクスは標準的な経済学の視点から評価できるので、思い込みだけで経済を語る評論家や大学教授ではの手に余るテーマです。

    日本を有利にする円安も悪だとマスコミは叩きますが、株式市場は正直なモノでどんどんと日本経済を立て直すかのように株価上昇、マスコミの円安=悪と言う理論を信じたらとんでもないことになります。

    ドル円は11年10月の円の高値1ドル75円32銭から円安ドル高トレンドに転じたので、このトレンドが転換した以上は余計なことをしない限り円安が続く傾向にあり、リーマンショック直前の08年8月のドル円相場、あの時は「110円60銭台」だったのですから早く戻ればいいと思います。

    最後に毎年恒例ですが、1月4日までに届いた年賀状で個人情報の出ていない年賀状だけ、デジカメの小部屋にアップしてあります。 2014年もたくさんの方々より頂きまして、本当にありがとうございました。 m(__)m

    あなたは株式市場が、本当に生活と無関係ですか?

    (・´艸`・)

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop