徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    やなせたかし。

    おはようございます。 12月も半ばを過ぎまして、どんどんと残り少なくなってきましたが、年内で済むことは来年に持ち越さず年内に済ませる、そうして来年は今年よりも良い年にする、そうしてどんどんと未来を明るく変えて欲しいと願うのです。

    今年は残念なニュースが一つあり、2013年10月13日午前3時8分、心不全により順天堂大学医学部附属順天堂医院にて、やなせたかし先生がお亡くなりになられました。 (94歳でした。)

    死去後のニュースでは2013年6月にアニメ製作のスタッフらに、「来年までに俺は死ぬんだよね。 朝起きる度に少しずつ体が衰弱していくのが分かるんだよね・まだ死にたくねぇよ。 面白いところへ来たのに、俺はなんで死ななくちゃいけないんだよ。」と、発言するやなせ先生でしたが、元気でユニークな感じで発言したのでスタッフの反応は「笑い」でした。

    「やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩)」とは日本の漫画家~絵本作家~イラストレーター、そして作詞家~歌手~詩人とマルチな才能の人です。 「アンパンマンの生みの親」と言えば分かると思いますが、東京都北区で生まれ高知県香美市で育ちました。

    終戦後しばらくは戦友らとともにクズ拾いの会社で働き、そして絵に興味が出て1946年に高知新聞に入社、漫画や表紙絵などを手掛けていましたが退職して上京しました。

    1947年に結婚しましたが東京での生活が確立されていなかった為、三越に入社して宣伝部でグラフィックデザイナーとして活動、三越の社内報はもとより新聞や雑誌でも作品を発表しました。

    なお、三越時代の代表的な仕事は包装紙「華ひらく」の「mitsukoshi」のレタリングです。 ちなみに1961年に発表された「手のひらを太陽に」の作詞もやなせ先生で、この曲は教科書に載るほどのスタンダードな曲です。

    そして1969年に「アンパンマン」が初登場しましたが、このアンパンマンは今の皆さんが知っている物とは大違いの作品で、ヒーロー物へのアンチテーゼとして作られた大人向けの作品でした。

    しばらくしてからアンパンマンを子供向けに改作した「あんぱんまん」を発表、同作は当初評論家や保護者や教育関係者からバッシングを受けていましたが、何故か幼児層に絶大な人気を誇るようになっていきました。

    1988年にテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の放映が日本テレビで開始、TV業界ではかなり不安視されてスポンサーが付かず、関東ローカルの放送などと逆境を余儀なくされましたが、まもなく大人気番組となり日本テレビ系列で拡大放映になりました。

    その後は数々の賞を取りまくりましたが、名声が高まるにつれて官庁や地方自治体、そして公益事業や業界団体などのマスコットのキャラクターデザインを懇請され、そのほとんどを無償で引き受けていたことは意外と知られていません。

    公務員は自分のことしか考えていないのか、やなせ先生のデザイン料は0円で払わないのに、そのキャラクターを利用しての莫大な利益は全部自分達の懐へ入れていたと言う話で、自治体~公益事業~業界団体はやなせ先生にはお礼の葉書1枚で終わりだったそうです。

    自治体~公益事業~業界団体はやなせ先生のキャラクターで儲けていたにも拘らず、やなせ先生が亡くなった時に香典は愚か弔電すら出さなかった、こういう人たちが同じ日本人とは信じられません。

    2011年頃に膀胱癌を患い後に肝臓へ転移、その他にも白内障や尿管結石など数々の病に冒され漫画家引退を考え、この時期に詩人として死を意識した作品が増加しました。

    しかし、東日本大震災直後に「アンパンマンのマーチ」が、復興のテーマソング的扱いされたり、「笑顔を失っていた子供たちがアンパンマンを見て笑顔を取り戻した」など、良い話がやなせ先生の元へ届いたことから引退するのをやめましたが、以下のエピソードがやなせ先生の心を打ったそうです。

    震災後に仙台の女の子から、「私は怖くない。 アンパンマンが助けに来てくれるから。」と手紙を貰ったことを明かし、そういう手紙に励まされていると述べて病魔と闘いながら活動を続けていました。

    被災地向けにアンパンマンのポスターを制作したり、奇跡の一本松をテーマにしたCDを自主制作するなど、震災の時に大活躍して復興を手助けした偉大な一人です。

    なお、やなせ先生には家族や親戚がいなかった為、莫大な遺産(推定400億円以上)はアンパンマンミュージアム(高知県)と、アンパンマンスタジオ(東京)に回されたようですが詳細は不明です。

    やなせ先生のお墓はお墓は生家のあった出身地の、県香美市香北町朴ノ木に造られることになりました。 今は無くなってしまったご実家の跡地に公園を整備して、自筆の詩を刻んだ石碑を置くようですが、2014年2月に完成予定で3月に納骨式を行なう予定らしいです。

    あなたはやなせたかしを、ご存知でしたか?

    アリガトウゴザイマシタ(*- -)(*_ _)ペコリ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop