徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    流行らないお店。

    おはようございます。 日に日に寒くなりますが、素敵なお客様は体調など崩されないよう、今日も活き活きと快適にお過ごし下さいね。 毎日を幸せに生きている実感があるならば、それは生きていることを感謝できて誰かの役に立つことにつながります。

    年末になると嫌でも勝ち組と負け組のような雰囲気が街中で目に付き始め、今にも倒産しそうなお店や夜逃げしたお店も目立ち始めますが、私は両親が年末になると借金で大喧嘩していたので年末が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

    人間社会では年末までに集金しようとお金が動き始めるのですが、年内に一年の支払いをきちんと済ませるお店や会社は少なく、大抵は払いきれずに下請けを泣かせたり仕入れ業者を泣かせたりなど、未払いのまま年越しになります。

    ただし、「払えない経営者」ではなく「払わない経営者」もいますが、そういう汚い真似をして浮かせたお金で車を買い替えたり海外旅行へ行ったり、人を泣かせたお金で贅沢できる傲慢さがあります。

    本来は社長たるもの社員の幸せの為に年末のボーナスを弾むとか、それができなくとも年始には額の大小に関わらず気持ちとしてお年玉を渡すなど、「社員たちのワクワクを生み出す」のが経営者です。

    自分が儲けることからスタートして最後に寂しい思いのまま人生を終える人が多いけれど、あの世までお金を持っていける訳じゃないので皆に分け与えて、人の思いに答える為にやっていることが自分の喜びだったと気付かないのは、何歳であろうとも恥ずかしい歳の取り方です。

    岡山県知事や岡山選出の国会議員、岡山県内の中小企業の経営者、それこそ星の数ほど高所得者はいるけれど「誰一人として寄付しない(もしくは小額寄付)」から、少し寄付すれば必然的に上位になるので、仮に私が岡山県で寄付№1と言っても嘘にはなりません。

    つまり、高所得者のほとんどが、「自分の為ならいくらでも使えるけれど、寄付するのは一円でも嫌。」だから、私のような若造に何を言われても「わしの方が偉い、ふん、たかが占い師のくせに!」と、矛先をかわして逃げるのが精々の寂しい人生しか過ごせません。

    それも個人の生き方なので否定も肯定もしませんが、歳を取れば取るほどいやらしい顔つきになるのは、はっきり言うと「人間がずるい」からです。

    人類である以上は歳を取るのは避けられませんが、良い顔つきで良い雰囲気で歳を取るのは良い人生だからです。 それはお金持ち~家柄が良い~学歴がある~会社で出世など、そういうことを言っているのではなく人間として生きてきた証、それはずるい生き方をしていないからです。

    分かりやすく会社やお店で例えると、流行らない原因が何かと言えば「楽してお金を儲けたい」からで、お店の暖簾分けなど止めた方がいいのに楽して儲かるとの思いから、暖簾分けで独立したはいいけれど「儲けを巡って師匠と喧嘩」が関の山、欲ボケしたずるい考え方はどこまで行っても欲ボケしたままです。

    同じくTVや雑誌で紹介されて流行っているように見えるお店も「ずるい」で、マスコミにお金を渡して取材して貰ったところで中身のないお店が続く訳もなく、一時のブームが終わればあっと言う間に閑古鳥が鳴き、流行るのは一時的ですぐに終了です。

    年末になると勝ち組と負け組に分かれるのは一年間にしてきた結果で、紛れも無く自分の実力が証明された結果は誰のせいでもありません。

    そんなずるい(流行らない)お店がすることと言えば流行るお店を貶すこと、暇だから朝から晩までネット(掲示板やブログなど)へ悪口を書き込み、更には来る人来る人へ相手の悪口を言いまくる、そんなことをするからますます人が来なくなる悪循環に気付かないのです。

    それを改善して人に奉仕する喜びを体験して欲しくて、私がやるお守りプレゼントや新年会のような感謝イベントを提案しても、「そんなことしたら人が来すぎて大変なことになる(大赤字になる)」と、ほとんどの経営者が言います。

    これはネタで言っているのか~本気で言っているのか、もしも本当に大変なことになるほど人が来るなら、売上減で悩むはずがありません。 人が来なくて困っている、それを忘れて「大変なことに~」と、矛盾した考え方に気付けないのです。

    あるラーメン屋さん(A店とB店)に、「大晦日の夜12時を過ぎたら、朝6時まで無料でラーメン」と、そういう企画を提案したら「A店=ばかばかしい・B店は=やってみよう」で、その結果は「A店は流行らないまま・B店は年間通じて大繁盛」です。

    運は先払いで開運したければ自分が先に施し、自分は後回しで誰かの為に動く、自分が損して相手に得させるから開運、その原理が分からない人は人生が変わりません。

    なお、よく聞かれる繁盛店(美味しいお店)の見つけ方ですが、簡単なのはTVや雑誌で取り上げられた繁盛店や有名店のすぐそばにある、同じお店(仮にピザの有名店ならピザ)を探すことです。

    近所にTVなどで取り上げられる有名店がある、それなのに平気で営業できているのは本物だからです。 本当にTVで言うほど凄いお店なら周りの同業他店が潰れる筈ですが、TVに出ているお店より出ていないお店の方が繁盛しているのが現実です。

    タウン情報なども同じで掲載されているお店より掲載されていないお店の方が、遥かに忙しくて繁盛しているのが真実で、マスコミに出るのは暇だから取材のフリした宣伝活動に勤しむだけ、実際はどうにもならない儲け主義のつまらないお店ほどTVや雑誌に登場します。

    それから鑑定へ来られている方はご存知の通り、新年会にはある法則が存在して参加するなら連続参加の方が開運、ある条件下において1回不参加だと翌年までの2年弱が●●など、参加するまで●●が続くと言う不思議な現象が起こります。

    なお、昨日の午前中の時点で新年会への応募は13名、本日届く分が最後になると思いますが人数発表は今日まで、果たして当日は何名参加になるかお楽しみに…。

    あなたは流行らないお店、見分けられますか?

    (-ω- )o< フムフム

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop