徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    先入観。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には良いことがある、その思いがある限りは良い方へ物事が転がり続けて、更にはもっと良いことが起こる正の連鎖があるならば、未来はきっと明るいから心配はいりません。

    しかし、先入観(偏見や思い込み)があると間違った方向へ行きやすく、人は間違った考えを信じてしまうと先入観は固定化されて疑うことすら無くなります。 人類は太古の昔より先入観(偏見や思い込み)との闘いですが、人間社会に先入観(偏見や思い込み)が齎す影響は凄まじいレベルです。

    過去の歴史上だけではなく一般社会でも同じこと、会社などにおけるコミュニケーションなどにも影響が大きく、その人の思想や哲学や価値観は会話の中で端々に、どんなに隠そうとしても滲み出てしまいます。

    短期的には「装う(取り繕う)」ことはできても、長期的には必ずその人の本質は滲み出てくるので、その中でも特に気を付けなければいけないのが「先入観・偏見・思い込み」です。

    膨大な情報が猛スピードでネットなどを通じて入手できる情報化社会だと、その情報の質は玉石混合で本物も偽物もあります。 人は自分が探し得た特ダネは真偽とは別に信用しがちで、特に日本では一方的に流されるTVの情報をまともに信じてしまい、ブログなどで流布してしまう事件が後を立ちません。

    例えば、アメリカなどは占いをはじめとした非科学的な情報をTVで提供する時、かなり厳しい規制が敷かれていますが、日本だと占いどころか「やらせ・偏見・極論」がやりたい放題です。

    TVの霊視は占い師が相談者役の人と一緒に打ち合わせして台本通りに演技、「凄い占い師(霊能力者)がいる!」と大々的に放送してもお咎めなし、経済学者が10年も20年も前に論破されている見解を垂れ流したり、文献的にも歴史的にもありえない見解を議論の機会すらなく断言などやりたい放題です。

    ここで先入観(偏見・思い込み)の怖さが出てくるのですが、「TVに出ている専門家が言うから本当」と、そんな風に受け取る視聴者が日本には数多くいるからこそ、TVなどマスメディアは情報の提供を行うからには、最低限の客観的な視点と日本人としての良心は持ち合わせて欲しいです。

    TVに出てくる霊能力者やスピリチュアルカウンセラーは、オーブ一つまともに写すことができないのに視えるなんて大いなる矛盾で、TV番組も霊がいるとか座敷わらしがいると言うなら、オーブを撮ってくる程度のことはできて当たり前のレベルです。

    先入観(偏見や思い込み)に満ちた考えでコミュニケーションを取り続けると、相手をする方は困惑(疲れる)する人が多いと思います。 ましてや、その先入観(偏見や思い込み)に満ちた見解をTVなどで得た人が、普段から得意げに語っていると周囲は呆れ果てるようになります。

    TVはいい加減で誤った情報や偏った情報に満ちているのですが、「最近は、このような事件が多いです。」などの報道をすれば、日本全体の中でほんの一部でも極端な事例に過ぎないのに、日本全体がそうだと先入観で話す人がいます。

    「TVで今、LCCが流行っている」や「雑誌で読んだけど、楽天がスゴイ人気ある」など、その話を真面目に聞くと小さな規模の話や企業の記事広告などのいい加減さです。

    あの凄かった■流ブームも広告代理店が自作自演で大ヒットに見せ掛けましたが、実は広告代理店の電■が仕掛けただけです。 あれを真に受けてビジネス(韓国料理店)などを始める人もいて、ブームの筈が誰も来ずに潰れる憂き目は自己責任です。

    先入観(偏見や思い込み)はTVだけではなく、自分の経験上からも更に強化されてしまいがちなので、自分が見たり聞いたり体験したことを客観的に見るのは自己否定にも繋がります。

    たまたま起こった特殊な条件化での経験もあるので、その経験が汎用性があるかどうかは分からないし、自ら体験したと言って先入観(偏見や思い込み)を過信(盲信)して、それを正論として押し付けるのは危険で会話をする相手は困惑します。

    特殊な条件での一つの事例にしか過ぎないのに、どうしてそんなに強く意見を主張するのかと思われます。 場合によっては思い込みに固執した偏狭な人のレッテルを貼られるので、先入観(偏見や思い込み)には注意しないと人生が暗くなります。

    最後に先入観(偏見や思い込み)の悪い例として、「ネット至上主義・ネットは万能」が潰れる会社やお店を増産しています。

    何故なら、ネットショップを出せばすぐに億万長者、ネットで塾を開けばすぐに億万長者、ネットの情報は全て正しい、こういう人が激増して耳を傾けないのは先入観(偏見や思い込み)が原因で、ネットが万能の神と信じたら未来で待つのは倒産や借金など痛い目に遭うだけです。

    もの凄く多いのが「ネットを見た」を勘違いした経営者で、これは誰かからお店や会社のことを聞いてHPやブログを見たと言う意味です。 ネットを見たから注文や予約を入れた訳ではなく、クチコミで聞いて注文や予約を入れる前の確認でネットを見たが正解です。

    つまり、「誰かから聞いた⇒HPやブログがある⇒ネットで確認⇒注文や予約」で、HPやブログが無ければクチコミだけで連絡していた可能性が高い、それを「ネットで見た」の一言に勘違いして、ネット戦略に力を入れている経営者の多いことには驚きます。

    アホな経営者にならない為にも、お店や会社を繁盛させたいなら、「お客様を大切にする」以外に方法はありません。

    その為には良心的で心に感動が残るサービスや製品を提供、その辺が理解できていない経営者はいつまで経っても成功とは無縁で、「ネットで億万長者」の幻想が脳内に蔓延している経営者の末路は痛いです。

    あなたは先入観を、振り払えますか?

    ホッ(〃 ‘ o’)(〃 ‘ O’)ホー

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は27日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop