徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    行動の大切さ。

    おはようございます。 素敵なお客様の未来の可能性は無限、あなたがいるからこそ世の中は平和と幸せに満ちていますが、残念ながら誰しも時間に関しては有限で、短い人生の中でやれることは限られています。

    だからこそ悔いの無い人生を送らなければならないのですが、年配の方より御相談を受ける時に繰り返し耳にする内容があります。

    それは「あの時、もしも、あぁしていたら…。」と言う後悔の言葉で、人生に「もしも!」はありませんが、もしも時間を巻き戻すことができたなら「やっていた」が本当に多く聞かれます。

    TV番組はヤラセだから感動モノ仕立てでお涙頂戴へ持っていくようにしますが、人生とは出会いと別れの連続で誰もが別れを経験しています。 真実とは身近な日常の中にあるもので、決して特別な何かだけが感動になるわけではありません。

    その別れを芸能人だからと言って強調するのがTV番組で、子供が大きくなって留学~お嫁に行くなど親から旅立つ時は誰にでもあるのに、いかにも今生の別れの如く「最後までやり通しなさい・辛くなったら戻っておいで」など、単なる世間話を名言に仕立て上げるのはTVなどマスコミの汚いやり口です。

    世間にはいくつもの悲しい別れがそこらじゅうにありますが、ボランティアをしていると「ワンちゃんや猫ちゃんを里親へ出す・面倒を見ている難病の子供が亡くなった」など、辛い別れはリアルに目の前で起きています。

    医師や看護師も懸命に治療している患者さんが病魔と戦い続けている姿を見て、それでも救えない無念の中で仕事を続けなければならない、その無力さの中で辛い別れを何度も体験しながら医療に携わっています。

    これは分かりやすい例としてあげただけで、本当は事務でも営業でも製造でも同じこと、仕事をしている上で人と関わるのは日常茶飯事、昨日まで一緒に仕事をしていた人が転勤などでいなくなった、昨日まで生きていた人が事故で亡くなってしまった、こういう別れはどこでも誰にでもあります。

    だからこそ芸能人がお涙頂戴でやっているのは悪ふざけの嫌がらせでしかなく、TVカメラの前では「この子たちが可哀想」なんて泣いているのに、撮影が終われば「汚いから近寄らせないで」なんて芸能人だらけ、名前は出しませんが涙を金儲けに使う女優に心はありません。

    世の中に本音と建前があるのは仕方ありませんが、真実に近付けば近付くほど嫌なことも目にしなければならない、動物を虐待から救いたければ悲惨な目に遭っている動物達の姿を目にすることになるし、難病の人を救いたければ亡くなる姿を目にしなければなりません。

    真実に迫れば迫るほど現実から目を背ける訳には行かない、その悲しみを乗り越えて行ける人だけが人生経験を豊かにすると共に悟りを開けるようになります。

    「一歩、前に!」が運命を変えるには最適ですが、不平不満を言う人の多くは「自分が何もせずに周りが変われば良い」を開運と考えますが、それで運が良くなるなら占い師どころか神社もお寺も必要ありません。

    例えば、「子供が仕事もせず、家に引き篭もっている」と言う御相談の時、「お小遣いを与えない、家の手伝いをさせる、アルバイトをさせる」と、このような提案をしても返ってくる答えは、「お小遣いをあげないと可哀想、急に働かせるのは可哀想」などです。

    つまり、何もしなくても息子が出世して周りに自慢できるようになればいい、それを願う親が多い現実を知れば知るほど当たり前のことができたら、すぐに出世できる社会と言う真実も見えてきます。

    どうこう言っても「開運したければ行動する」で、恋愛したければ出会いの場所へ行くか、もしくは自分のレベルを上げて相手が近寄ってくるレベルになる、その他にも恋愛したいなら拒否を止めること、拒否は出会いから恋愛へ繋がらない要因の一つです。

    誰でも良い訳ではありませんが「仕事をしていて借金も無くマナーが良い人」なら、顔や身長や学歴や収入は無視して「食事に誘われたら行く」と行動したなら、「あれ、この人、意外に凄い人なのかも?」と違う一面が見えてくる時もあります。

    「誰でも良い訳ではない」と言う条件付きですが、食事などデートに誘われたらOKして相手の価値を見極めないと、何もせずに出会うことだけ夢見ていたなら結末は、「誰もいなくなり一人」~もしくは「誰も手を出さない外れくじ」と、そんな極論になる可能性が大です。

    例えば、世間のイメージと違う真実の一つが、「イイ男ほど誘わない・ワルイ男ほど誘いまくる」で、イイ男は女性に不自由しないので1~2度誘ってダメなら次へ行く、ワルイ男は断られると後が無いのでしつこく何度も誘う、これを読み違えると外れくじを引くことになります。

    つまり、1~2回は誘われたのに「何で、今は、誘われないの…?」は、大物(イイ男)を逃がした可能性が大で、イイ男は何度もアタックなんて時間の無駄はしません。 ワルイ男は「金・身体」など目的があるので何度もしつこく誘う、それを「私のこと、そんなに好きなの?」と勘違いしたらアウトです。

    「誰の時間も有限ではない」は大切なこと、年間で2千人を鑑定していると素敵なお客様の死に遭遇することもあり、病気(乳癌)や事故(車)で亡くなった現実を視ているからこそ、動かずに人生を過ごすのは勿体無いと断言できるのです。

    極端に嫌でない限りは誘われた船に乗る、昔から乗りかかった船とも言われるので、余りにも警戒しすぎていると大きなチャンスを逃してしまいます。

    お見合い(紹介)が嫌いな人、誘われることを警戒しすぎる人、周りにマナーの良い男性がいない人、頭がイイを勘違いしている人、イケメンや金持ちを良い男だと思う人、これに当て嵌まる人は外れくじの男性と痛い恋愛や辛い結婚生活かもしれません。

    人はいつ死ぬか分からない、人はいつ別れが来るか分からない、それなのに人は明日も変わらず訪れると思うから、行動せずに外れくじを引いてしまい、人生を終えて後悔することになってしまうのです。

    あなたは行動の大切さを、認識していますか?

    (。・´д`・。)エェ~

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop