徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    同棲解消。

    おはようございます。 素敵なお客様が恋をして活き活きしている姿を視るのは、御相談をお伺いする中でも幸せを視ることなので、私としても本当に良かったと思えることが多いので嬉しいです。

    しかし、恋も進んでいくうちに必ず「恋愛⇒結婚」の流れは避けられませんが、もう少し詳しくすると「恋愛⇒同棲⇒結婚」と、同棲が含まれていることも多いです。

    この「同棲(どうせい)」とは一緒に住むこと、結婚していない男女が共に暮らすこと、ようは2人が共同生活を送っている点で、事実上の結婚関係と共通する部分も多く社会的にも結婚関係として認知される、「内縁関・事実婚」の場合も多いようです。

    日本でも自然と同棲や半同棲を始めるカップルも多く、この場合だと妊娠を機に結婚する時も多く、昔と違い社会常識的にも咎められることは少なくなりつつあります。 (日本で同棲は合法ですが、アメリカなどは州により法律で禁止。)

    さて、今日は普通とは違う切り口で「同棲カップルが別れるにはどうしたらいいか」で、同棲は基本的に女性が損するシステムなのでお勧めはできませんが、どうしても同棲するなら短期間で結婚すること、それができないなら同棲は間違いなく女性が損します。

    同棲は生活を共にする為、お互いに依存があります。 別れ話においても気持ちの問題だけではなく、ある程度の期間を一緒に過ごした以上は別れに至る理由は様々あると思いますが、できるだけ穏便にことを荒立てずに済む同棲解消の為に、言葉の選び方やタイミングなど基本的なポイントを抑えないと危険です。

    まず、別れ話を切り出す前にしておくことですが「次に住む場所を決める」で、別れ話をした後は速やかに出て行くことが重要で、別れを切り出した後に生活を共にするのは普通の神経をしていたら、相手にも自分にもキツいので別れ話が完了したら「別れたいと思っている方が速やかに出て行くこと」です。

    もしも、住む場所見つからない時や金銭的に難しい場合は、実家に戻るか~友人宅に泊まるなどして、同棲相手と一緒に寝泊まりする環境を即座に断ち切ること、そうで無いと色々と厄介なことになります。

    次に「すぐ荷物をまとめる」で、別れ話を切り出した日から同じ家に住まない為に、荷物はその日のうちに纏めて相手の意見は無視して即座に纏める、別れ話の後に時間を長く共有するとトラブルが起きるので、迷わず直ぐに業者を頼んででも出て行くことです。

    そして多くの方が悩むのは「別れ話を切り出す時」ですが、これは間違いなく「休日前」しか無く躊躇してはいけません。 本来は気持ちが固まった時に別れ話を切り出すのが普通ですが、同棲は生活が伴うことなので、別れは精神的なダメージだけではなく危険も伴うことがあるので要注意です。

    自分が出て行く場合も相手が出て行く場合も、それなりの準備が必要になるので翌日が仕事より、翌日が休みの日を選んだ方が安全です。 同棲が終わる喪失感は大きく別れを切り出された方がダメージ回復の時間を取る為に、少しでも多く休める時間を持つ為にも相手の休日前がベストです。

    また、「別れ話は家の外でする」べきですが、同棲していると家はお互いのテリトリーで、何でも正直に感情を出していたスペースではあるけれど、それが感情的なトラブルを起こしやすくします。

    別れ話が拗れても大事になるのを避ける為に、お互いが理性を保てるファミレスなどを選び、家の外で話すことにより出て行く為に纏めた荷物などを相手に見せずに済みますし、別れを切り出された方も出て行く準備や課程を見るのはかなり辛いものがあります。

    その時に「別れ話を切り出す方が下手に出る」は大原則ですが、同棲はお互いの意思でスタート⇒継続は間違いないことで、その間は二人で未来を作る期待があった筈ですから「期待に添えなかったこと」は、別れを切り出す方が謝罪するのは筋道ではあります。

    もし、解消理由は圧倒的に相手が悪いとしても、そんな相手を選んだ自分+生活を継続できなくなった、そういう意味も含めて同棲解消後に相手に負担を与えないよう、別れを切り出す方が家を出て行くのが原則です。

    最後に気をつけたいこと(要注意事項)として「ケンカになっても激情しない」で、別れ話が拗れて喧嘩になったとしても冷静でいること、罵倒されても強い意思を保てば同棲は解消されます。

    その場の感情に任せて激情してしまうと相手を傷付けるだけではなく、別れた後にもトラブルが起きる場合も多いので、不本意なことを言われても同棲をした以上は最後のお勤めとして罵倒を受け入れる方が得策です。

    それを乗り越えたら「情に流されない」できちんと解消できますが、同棲をしていると愛情以外の人情を持ちやすく、相手が悲しんだり落ち込んだりして別れを引き止めた時、更には「もう1週間だけ一緒に」などの条件を懇願されると、心が揺らいでしまうのは一度は好きになった人だから仕方がありません。

    しかし、これは終わりの無いマラソンでキリがないこと、別れを切り出した方は相手に期待させないのも「優しさと責任」で、人情に流されず強い意思を貫き通してきちんと解消して、別々の人生を歩んでいかないと時間は有限です。

    同棲の場合はお互いの共有する部分が大きいので、別れを決めたからには「綺麗に分かれる」と言うのは間違いなく無理な話で、多少の傷どころか殺し合いレベルになるのも少なくありません。

    それを防ぐ為にも、相手が心の傷を負うことになるレベルを少なくする、相手の心が癒えるまでの時間短縮になる取り計らいをする、相手が早く立ち直れるようにする、そういう別れがひいては自分の為にもなるのです。

    最後に同棲に入る前に考えておかないといけないことを一つ、「惚れた男をいい男にするのがいい女」で、「惚れた男のいい女でいるのは都合のいい女」だから、「いい女と都合のいい女」のどちらになるかは自分次第です。

    あなたは同棲解消を、どのように考えますか?

    (o・´_`・o)ノ))Bye Bye~☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop