徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    小平浪平。

    おはようございます。 今朝は知られていないけれど日本には素晴らしい人が大勢いることを御紹介で、世間では故松下幸之助氏が神様と持て囃されていますが、本当は小平浪平氏こそ日本の立役者で神様に相応しいです。 (以後、敬称略)

    この「小平浪平」と言う名前を余り聞いたことが無いと思いますが、明治7年に栃木県下都賀郡の素封家に生まれた人で、大学時代に遊びすぎて留年の危機もあったにも拘らず、全く反省しないと言う学生時代でした。

    明治33年に大学を卒業すると藤田組に入社して小坂鉱山の電気技師として秋田に赴任、当時の鉱山は殖産興業のトップランナーでした。 鉱山や工場は蒸気動力が主でしたがようやく自前の発電所を作ろうと言う時代、浪平の初仕事は小坂鉱山で発電所建設でしたが発電所、水路、変電所などを完成させたにも拘らず浪平は小坂鉱山を退職します。

    それは発電所作りに魅せられた故で、浪平は経験を積む為に広島水力電気に1年契約で就職、明治37年に浪平は念願の東京電灯に入社しました。 しかし、発電機がドイツのジーメンス社、変圧器は米国のGE社、水車はスイスのエッシャウイス社製、据付も外人技師の指導のもと、主要な事業はすべて外国製品で占められていました。

    浪平は痛切に外国の技術に頼らずに日本人の手で自主技術を開発したいと願いましたが、そんな時期に運命的な出会いが訪れ甲府行きの列車に大学の同級生の、渋沢元治(後の名古屋大学長)と偶然乗り合わせました。

    二人は猿橋の大黒屋旅館で夜を徹して語り合い、浪平は久原氏の誘いを受けて日立に行く決意を語ると、渋沢は「東京電灯にいれば、いずれ大きな仕事ができる」と諌めましたが、浪平は自主技術の夢を熱く語り日立鉱山へ行きました。

    そこでも素晴らしい仕事をこなして行きますが、それだけの仕事には人がいるけれど実習や工場見学でやってきた東京帝大電気工学科の学生たちが、浪平の魅力に接して続々と入社してきました。

    そして5馬力電動機3台が完成して鉱山で試用してみると性能もよく、続いて200馬力電動機も製作して成功、これに自信を得た浪平は電気機械製造事業の許可を申し出て大雄院から下った芝内に新工場を建設する運びとなり、それが今日の山手工場で浪平は国産の気概を込めて「日立」の社章を創案、これが「日立製作所」の創業と言われています。

    つまり、一般的には知られていないけれど「小平 浪平(おだいら なみへい)」とは、日本の技術者&実業家で「株式会社 日立製作所の創業者」です。

    この創業時代で特筆すべきは「最初から厳密な原価計算を行ったこと」で、少ない予算をやりくりして鉱山の施設作りを行ってきた中ら育まれたもので、人材教育にも力を注ぎ徒弟学校も早々に創設しました。

    浪平の凄い所は徒弟学校を出たのにライバル会社に入社した者がいた時に、これでは意味がないと社内で嘆く声が出ました。 それを浪平は「その生徒は農夫になったのではなく、技術を活かす道に進んだのだから無駄ではない」と言う懐の深さ、松下政経塾のような下らない学校ではなく技術者を育てるところが浪平の素晴らしさです。

    大正3年(1914年)は飛躍の年でしたが受注が増えたと言う点だけではなく、材料も不足しがちで粗悪な物も出てきた結果、故障が続いて詫状を書くこともしばしばだったので、それにより原因を徹底的に追求して実験を重ね信頼性を高めることが理念になりました。

    こうして順調に発展してきた日立製作所は、大正8年11月に日立(山手)工場の変圧器工場からの出火で、精鋭の装置や大型仕掛品の多くを失ったのです。

    しかし、火災現場を見回った浪平は、「諸君、思わぬ大火で私もほとほと途方に暮れます。 いっそ事業をやめようかとも思わぬでもないが、私はこの事業の前途に相当の自信を持っている。 これまで余りに順調にきたことのお灸だと思うから、大いに発奮しようではないか!」と従業員に語り、再起を目指して立ち上がると言う社長の鏡です。

    更に危機は続きまして、欧州大戦は大正7年に終結して不況の足音が聞こえ、久原商事が倒産して久原系企業として日立製作所を見る銀行の眼も厳しくなりました。

    しかし、原価主義に立脚した経営と好況時の収益を積み立ててきた財務体質が評価され、久原系の日本汽船笠戸工場を買収して電気機関車製造を開始、そして長距離送電が可能になったことから大型の水力発電所計画が動きだし本業も順調に発展しました。

    そこで再び大正12年9月の関東大震災が起こりましたが、競争会社の工場が壊滅する中で日立工場はほとんど無傷で残る奇跡もありました。

    そして戦争の傷跡とも言えるもので小平浪平に責任があるとは言えませんが、昭和22年に公職追放の指定を受けて社長を辞任しましたが、昭和26年6月に追放解除となり7月に日立工場を訪れて「以和為貴(和をもって貴しと為す)」と染め抜いた手拭を従業員に配りました。

    そして8月に家族旅行を楽しんだ後の10月に78歳の生涯を閉じたのですが、小平浪平がいなければ日本の発電事業はどうなっていたか、そして日本製品こそ世界一と言う気概で「物作りニッポン」の礎を作り上げた功績は素晴らしいと思います。

    会社で学校を作るのも浪平が最初で、企業の学校設立と言う観点から比べても、「技術者を育てた浪平」と「欲塗れの政治家を育てた幸之助」では大違い、松下幸之助が経営の神様なんてマスコミが作った虚言と妄言、本当は小平浪平こそ物作りの神様です。

    松下電器(現パナソニック)はマネシタ電気と呼ばれるパクリ名人、それを他社は苦々しく思って怒り心頭でしたが、「松下幸之助=パクリのキング」は60~70年代に技術者として働いた人なら誰もが知っています。

    もしもの話をしても仕方ありませんが、松下幸之助がいなければ日本はもっと発展していた、そして中韓は今よりもっと発展が遅れて日本の技術がパクられることも無かった、その迷惑な後始末をするには今後も長い長い年月が必要だと思います。

    あなたは小平浪平を、ご存知でしたか?

    *゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop