徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    KISS。

    おはようございます。 東京出張(19日)では千葉県の幕張メッセへ行ってきましたが、東京駅から約40分+徒歩10分と言うのには参りました。 あんなに長く電車に乗るとは思わずチケットを取りましたが、今回の来日が最後かもしれないと思い「KISS」のコンサートへ行きました。

    「KISS(キッス)」は1973年1月にアメリカで結成されたハードロックバンドで、特徴的な白塗りの化粧と奇抜な衣装でハードロックを演奏、巨大なロゴを中心にした大規模なステージセットで、炎やパイロテクニクスを多用することでも有名、彼らのファンはキッスアーミー(KISSARMY)と呼ばれます。

    キャッチフレーズは、「You Wanted The Best!? You Got The Best! The Hottest Band In The World, KISS!!(最高を求めていただろう!? お前は手に入れた! 世界一熱いバンド、キッス!!)」で、1975年のライヴから現在にかけてオープニングアナウンスとして使用されています。

    簡単に説明しますと、ジーン・シモンズの元にポール・スタンレーが加わり「ウィキッド・レスター(WICKED LESTER)」と言うロックバンドが誕生、当初は「レインボー」でしたが2回目のライヴを行った後に同名のバンドがいたので改名、それでもウィキッド・レスター名義のライヴは2回のみでした。

    エピック・レコードに契約拒否されたことでバンドを脱退するメンバーも現れ、そのままの形でウィキッド・レスターを継続することが困難となりました。

    シモンズとスタンレーの2人はギタリスト募集のオーディションを行い、リードギタリストとしてエース・フレーリーが加入、1973年にスタンレーの発案によりバンド名を「KISS(キッス)」に改名、当初シモンズはインパクトを求めて「Fuck」と言うバンド名を考えていました。

    日本において1970年代後半を代表するバンドとして、エアロスミスやクイーンと共に大人気、この頃からバンド内部の衝突も起こり始めて数々の代表曲を歌うポール・スタンレー、火吹きや吐血などの視覚効果で世間の認知度が一番高かったジーン・シモンズ、更にピーター・クリスにエース・フレーリーの4人とも自己主張を始めました。

    それでもシモンズ&スタンレー、クリス&フレーリーに別れるのが常でした。 意見を反映しにくいクリスとフレーリーのいらいらは頂点に達し、成功により大金を手にした彼らは酒やドラッグに溺れて、その結果として二人はグループを脱退します。

    1978年春に2度目の日本ツアーを行うも、楽屋では物を投げ合い摑み合いの喧嘩が行われ、この時のバンドの人間関係は最悪な状態で、日本から帰国して煮詰まったバンド内の人間関係を修復し現状を打破すべく、各メンバーがそれぞれソロアルバムの制作を発表、グループは人気絶頂でありながら当分のライブ活動休止を宣言しました。

    スタンレー曰く、「ソロアルバムを発表して落ち着かなければKISSは確実に解散していた」と、インタビューに答えているほどですが、結局のところ二人は脱退してシモンズ&スタンレー以外は入れ代わりが激しいのが現状です。

    そしてKISSは各メンバーがメイクした姿はペルソナと呼ばれ、それぞれ名前とキャラクター設定が与えられています。

    ジーン・シモンズは「DEMON」で地獄からやって来た悪魔の設定、獣の咆哮をあげて空を飛び炎を吐きます。

    ポール・スタンレーは「STAR CHILD」で愛の戦士と言う設定、他人の心を読むことができて星の右眼から光線を発します。

    エース・フレーリーは「SPACE MAN」でジェンダル星出身の宇宙人と言う設定。瞬間移動能力を持ち、両手から光線を発する。エースのみSPACE ACEと表記されることもある。

    ピーター・クリスは「CATMAN」で猫の怪人言う設定、両腕の鋭い爪が武器で1998年にファンタジーコミック化した際は敵として登場しましたが、パンダやタヌキと誤認されるケースが多いです。

    エリック・カーは「FOX」で、狐の怪人と言う設定以外の詳細は不明です。

    ヴィニー・ヴィンセントは「ANKH WARRIOR」で、エジプトの戦士と言う設定以外の詳細は不明ですが、魔術師と言う設定も考えられていたようです。

    さて、KISSはデビュー当時から顔面白塗りの奇抜なメイクをしていることで有名で、特に日本の初期のヘヴィメタルファッションに多大な影響を与えて、KISSがいなければ聖飢魔IIやX JAPAN以降の、ヴィジュアル系バンドは存在しなかったとも言われます。

    そしてメンバーの移り変わりも割と激しく、初期オリジナルメンバーは全員が正式メンバーでしたが、ピーター・クリスとエース・フレーリーが脱退して以降のメンバーは契約メンバーです。

    法律上は創立メンバーの、ジーン・シモンズとポール・スタンレーの2人のみが一貫して正式メンバーで、ジーンとポール以外のメンバーは入れ替わりが激しく、2人の方針に沿わないプレイヤーは才能があっても容赦なくお払い箱でした。

    KISSが他のバンドと違う真似できないところは、「KISSはオリンピックの様なものであり、薬物やアルコールの過剰な摂取は許されない。」と言う、ジーンのコメントに全てが凝縮されていると思います。

    KISSを見に行ったのは今回が最後になるであろうと言う思いでしたが、何しろジーン・シモンズが61歳でポール・スタンレーが64歳ですから、さすがに次は無いだろうと思いました。

    しかし、幕張メッセで見たKISSはとても60代とは思えない迫力と動きと肉体で、「これは、次もあるかな?」と思わせるほどでした。 MCも素晴らしく日本を好きだと伝わってくる内容で、更に驚いたのはKISSが「君が代」を演奏したこと、これは非常に勇気がいることで尊敬が無いとできないことです。

    つまり、ステージで君が代を演奏すると日本嫌いのうるさい国が、どのアーティストであろうとすぐに抗議してくるので、うるさい国へ行く気が無い~もしくはうるさい国が嫌いと言うアーティストしかやりません。

    あなたは本物のロックバンド、KISSを見てみたいですか?

    ゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオォォ☆゚・:*☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop