徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    半沢直樹。

    おはようございます。 素敵なお客様は仕事へ行く時に明るい顔でいけるのか、それとも暗い顔で行ってしまうのか、私は素敵なお客様のお仕事へ対する姿勢を尊敬しているので、きっと誰かの役に立つ素晴らしい足跡を今日も残せると信じています。

    仕事と言えば「やられたら倍返し」と凄む、堺雅人さん主演のドラマ「半沢直樹」が高視聴率をマークしていますが、仕事をする上で共感を呼ぶので確かに面白いドラマだと思います。

    バブル期に都市銀行へ入行した主人公が、色々な圧力に立ち向かい跳ね返していくドラマで、自分と重ね合わせて会社の人事を理不尽と感じる人などからも支持があり、「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と言う半沢の言葉も胸が透くようです。

    ドラマの中で半沢が、「プレッシャーのない仕事なんかない」~「世の中の矛盾や理不尽と戦え」や、「だったら、お前が変えろ」~「どこに行かされるかは知らないが、行ったところでベストを尽くす」など、自分に置き換えてモチベーションが上がるかと思います。

    しかし、現実に半沢直樹の真似をしたら出世は終わり、半沢のような銀行マンは現実にはいないと、それに付いて書いてみたいと思いますが、ドラマの原作者と脚本家は借金で苦しんだ経験が無い&世間の裏側を知らないからこそ、ストーリーに人の良さが滲み出て心地良く感じると思います。

    まず、メガバンクに入行(入社)したら「このクズが、お前なんか辞めろ!」と、支店長が部下を罵り憂さ晴らしするのが毎朝続くのは日常茶飯事、それも朝礼など全員の前でやられますが罵倒された部下は耐えるしかありません。 メガバンクの支店長は「天皇」と呼ばれ、どうこう言っても人事評価を握る者が誰よりも権力を持ちます。

    銀行とは人事評価が全て、給料だけではなく出世できる位置や銀行へいられる期間、そして将来の出向先のグレードや貰える年金の額など、その銀行へ就職した総決算とも言える人生の全てが左右されるので、実際には上司へ楯突くのは不可能です。

    そして銀行員ならば気になる最重要課題が銀行での序列、これは入行時から決まっていると言うか決め方があります。 銀行により多少の差はありますが、一番目の関門が入行前査定で、そこで入行時の序列が付いて配属先が決められます。

    つまり、10段階評価の1~10までの背番号が付いた状態で新人は入行、そして1店舗目⇒2店舗目と配属され篩いに掛けますが、実は2店舗目までの評価で銀行内における勝負は決まり、その評価が銀行にいる間は一生付いて回り以後の逆転はほぼありません。 (注:頭取&役員の身内と結婚した場合を除く。)

    序列や肩書や派閥を最も大事にするのが銀行員だからこそ、どこの銀行も吸収や合併されてメガバンクへ再編される中、どこの銀行が主導権を握るかは生死を分けた戦いで、吸収された旧銀行は人事の持ち点は0点となりズタズタ、吸収された方の出世は無くなります。

    その良い例として三菱銀行と東京銀行が合併した時は主導権が三菱だった為、東京銀行の行員は多くが辞めました。 更にUFJ銀行と合併する際も東京三菱銀行が主導権を握り、UFJ出身者が頭取になるのは無理と言われます。

    ただし、厳しい世界と言いつつ仕事の有無に関わらず高級取りで、三菱東京UFJ銀行の場合は「30代半ばで年収は1千万円、支店長なら40代前半で1500万円、本部の部長なら2千万円以上」で、濡れ手に粟で既得権益に守られた銀行は楽な商売とも言えます。

    そしてドラマと違い銀行は金融庁の天下りを受け入れて護送船団方式、だから潰れることもなく銀行マンの考えた作戦で会社が持ち直すなんてドラマだけ、そんなことは天と地が引っくり返ってもありません。 (金融庁と銀行は仲良しで、査察の日も事前に連絡があります。)

    私は棺桶か刑務所だった人生から生まれ変われたので、今後の人生は世の為人の為に生きる所存ですが、仮に銀行マンと対峙するなら狙いはエリート銀行マンで、メガバンクの銀行マンは自分が世界で一番偉いと信じているから、刺し違える覚悟があれば詐欺に掛けるのは難しくありません。

    では、エリート銀行マンを引っ掛ける方法を書きますが、あくまでも一つの方法論で実行してはいけません。 御主人や彼が銀行マンなら多少は参考になるはずですが、どこで足元を掬われるか分からないと言う暗示でもあります。

    詳しく書くと真似されるといけないので暈しますが、まずは移転登記に必要な書類を偽造して他人名義に所有権移転登記をします。 移転登記は真実の所有権者の登記済権利証がなくても保証書で登記(不動産登記法44条)はOK、次に所有者の住所を勝手に他の市区町村に移転、転入届の際に別な印鑑を登録して本人名義の印鑑証明書を発行を受けます。

    この場合の印鑑証明書は本物で、これは裁判所でもどうにもできない公的書類となり、今度は所有者に年齢や格好が似ている者が真実の所有者本人に成りすまし、銀行マンを現地へ案内して信用させます。

    そして登記簿はバインダー式なので閲覧中に登記所の職員の目を盗んで、登記簿原本バインダーから外して登記所の外に持ち出し、他人に売却して所有権が移転したように記入してバインダーに戻して返却、この後で改めて登記簿謄本を請求します。

    これで下準備は終わり、後は正規の所有者から融資を受ける等の何らかの理由を付けて預かった印鑑や委任状の字句を訂正、それを用いて土地の売買をします。

    こうなると売買契約や抵当権設定契約には真実の所有者が関与していない為、契約は無効で所有権移転登記や抵当権設定登記も無効、その登記簿を信頼して抵当権の設定を受けた銀行マンは、その不動産の所有権や抵当権を取得できないので、真実の所有者は不動産の所有権を失わないけれど銀行は金銭を騙し取られます。

    これは簡単に説明しただけで本当はもっと手の込んだやり方でやるから、いくら防ごうとしても落とし穴に気付かず落ちてしまうので、世間知らずのお坊ちゃま君の集まりだと盲点が見えないのです。

    ここを読んでいる銀行関係者の方々の頭によぎる不安、それは「俺がしている融資の案件は大丈夫なのか?」ですが、早いとこ融資取り消しをしないと痛い目に遭う彼や旦那様がいるかもしれません。

    最後に余計なヒトコトですが、半沢直樹を裏切るのは渡真利(ミッチー)と言われていますが、実はタミヤ電気へ出向している近藤(半沢の同期)が裏切るタイプです…。

    あなたは半沢直樹、楽しんで見ていますか?

    (´゚ω゚):;*.:;ブッッたまげ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop