徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    税金が足りない。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には活き活きと未来を見据えて欲しいし、本来ならば努力している人が報われる、真面目に生きている人が報われる社会であって欲しい、そう願わずに入られないほど政治家と官僚の腐敗や横暴や搾取は止まりません。

    民間企業は営利目的なので経費の無駄使いなんて許されませんし、ましてや企業を私物化するなんて株主だけではなく社員の為にもできるわけがありません。 それが株式会社の仕組み~引いては社会の仕組みと言うものですが役人(政治家)は違います。

    自分が天下りたい先に金を流して肥やしておいて、そこに天下りで入社して多額の報酬を濡れ手に粟で貰えます。 箱物事業などの無駄遣いは役人の天下り先を肥やす為にあるだけで、国民の税金を無駄使いしてなんとも感じないのが役人(政治家)です。

    今月は消費税をあげるかどうかを決める月のはずですが、果たしてどうなることやらと思いますが、消費税は上げなくとも財政再建はできるのにやらないだけで、財務省は立派な大学を出ている割にはアンポンタン、そして政治家は操り人形なのかとなのかと思います。

    この部分が日本の政治は官僚主導と言われる所以ですが、政治家と違って官僚は「落選」しないから自分から止めない限り永遠です。 政治家は期限はあるけれど落選もあるので変わりますが、官僚はせっせと天下りの日に向けて日夜努力している、ようは自分の私服を肥やす為だけにあるのが官僚=役人と言うことです。

    例えば、無駄な税金の典型として「国家公務員宿舎法施行令」に基づく、公務員専用マンションの建設がありますが、2010年に完成した36階建てのタワーマンションの建設費用「141億円」です。

    これは全て税金で賄うくせに「一部の官僚・役人」しか住めない役人専用のマンションで、しかも周辺の家賃相場が「3LDKで1ヶ月が約30万円」もするのに対して、「4万3610円」で住めると言うありえない条件です。 (注:1LDKなら1万5千円)

    こんなマンションが「衆議院赤坂議員宿舎」など、国会議事堂や霞ヶ関の周辺にはゴロゴロ存在しているので、政治家と官僚は強欲な餓鬼の集まりと言ったところで、向こうからすれば「一般市民の分際で何を言う」と、まさに悪代官かバカ殿様として厚顔無恥のままで平気です。

    では、東京だけなのかと言えば大阪も同じようなものですが、大阪の場合は市民も税金の無駄使いに一役買っているような面があり、それはボケと突っ込みと言う文化から来るのかもしれません。

    例えば、大阪の高槻市の救急車ナンバーは「119」に統一されていますが、どうして「119」に統一されているのかと言えば、救急車に乗った市民から文句があったことが原因です。

    「生死の境を彷徨っている時に4250=死にGOと言う、縁起の悪い番号の救急車に乗せるのは何事か!」とお叱りがあり、それから救急車のナンバープレートは全て「119」になりましたが、大阪府では希望のナンバー取得に1台=¥4100ほど掛かる為、今度は「税金の無駄遣いだ!」と文句が出ています。

    助けて貰ったのに文句を言い、それに配慮すれば更に文句を言う、「だったら、どうすればいいのか?」となりますが、こんなボケとツッコミができるのは大阪の功罪とも言えます。

    他にも「なにわの海の時空館」と言う大阪市の外郭団体が運営する海洋博物館、ここは総工費176億円を掛けて2000年に建設、財団法人大阪港振興協会が当初は運営、2002年には英国構造技術者協会から特別賞を受賞している建物です。

    ただし、税金であるなら表彰されたとかはどうでも良い話で利益が出ているかどうか、開業しても客足は伸びず年間60万人の入場者予測に対し、初年度20万人⇒01年度14万5千人と惨憺たる状況で、結局のところ今は閉館と言う税金の無駄使いです。

    では、どうすれば税金の無駄使いを減らせるのか、それは簡単だけど既得権益に守られたい役人(政治家)がするわけがありません。

    世界でも稀な自治体2元制(首長と議員の2元選挙)を廃止、都道府県知事や市町村長を廃止すれば税金の無駄遣いが減ります。 国会議員も不要な人が多いけれど実は県知事や市長の弊害も大きく、官僚が首長に権限を持たせて全国津々浦々まで自分達の言いなり行政をさせているとも言えます。

    ヨーロッパ諸国のように議院内閣制や執行委員会制を設け、政治家が役人を完全コントロールするようになれば、選挙の結果がストレートに反映されることになり、地域住民が疑問視する役人のワガママは減ります。 (注:市民の声⇒選挙結果⇒反映、これはスウェーデンが良い例です。)

    「大切なのは何が必要で、何が不要か」の見極めで、治安悪化を防ぐ公務員の警察は増やした方が良いし病院関係も必要不可欠なものですが、その一方で不要なもの数多くあり外国人の特権や生活保護は日本人には必要ありません。

    税金を取られるのが「多いか、少ないか」ではなく、それが正しく必要な場所へ使われているかどうか、それが国民にとって納得できるかどうかへ繋がるのです。

    そして目に見える税金ではなく目に見えない税金も大切で、日本で何かを輸入したら必ず国家が運営する団体を経由、これは一見すると税金には見えませんが、国家の運営する独占企業を通ることは税金と同じです。

    こういう団体では黙っていても年間で40~50億は利益があり、こういう団体に天下りがいて1人あたり年間1億以上の給与です。 つまり、国会議員の給与&経費の全額が約1000億円なのに、天下りの役人には年間で約20兆円前後も支払っている、これがなければ消費税は0%で良いことを官僚は知っているはずです。

    ただでさえ、国会~県議会~市議会議員などは数が多いのに加えて、海外視察で豪遊して遊ぶ金を税金から捻出、更に議員年金で優遇、政治家は日本全体で47人いれば充分、後はその政治家の秘書が手足となって働けば充分です。

    「税金が足りない」と言う前に削るべきものはたくさんあり、先日も生活保護減額反対のデモがありましたが、この暑い日差しの下で声を張り上げてデモ行進できるなんて、こういう方々は元気で健康で体力が有り余っています。

    あなたは税金が足りない、それを信じていますか?

    <(_ _*)>

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop