徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    美味しいお店。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様にお会いできるのは、本当に感謝でありがとうございます。 毎日を恙無く過ごせるのはありがたいことで、今後も倉敷と東京で鑑定を続けていけるよう精進して参りたいと思います。

    さて、人は食べないと生きていけないから食に関することは大切ですが、それは食材を無駄にしない~出された物は好き嫌いせず食べる、そういう部分でのことで美味しい食材を不味く料理するなんて論外で、キチンとした味覚を持っていないと不味いや美味しいが分からなくなります。

    暑くなると食欲も無くなってくると思いますが、キチンと食べていないと体力が続かなくなり体調不良も引き起こしますから、美味しいモノをキチンと味わって食べるのも大切です。 自炊できない東京出張では外食中心ですが、「東京で美味しいお店は?」と言う質問が割にあるので、渋谷と恵比寿を中心に女性向けのお店を御紹介したいと思います。

    ただし、美味しいかどうかは人の好みにもよるので取り敢えず体力負けしないよう、肉食中心のお腹がキチンと膨れて美味しいと思われるお店を中心に御紹介で、美味しいかどうかは味覚の差だと思って御勘弁くださいね。

    例年、新年会で「量が少ない・不味い」など御意見を頂くので、飲食店の紹介は難しいと感じています。 その為、飲食店関係は余り書かないようにしていますが、今日は暑い夏を乗り切る為に女性向けの感じで御紹介したいと思います。

    では、最初はつけナポリタンのお店で、「ライオンのいるサーカス(渋谷区恵比寿南2-3-1 パーザ恵比寿301)」と言いますが、定休日は不定休で開いているかどうか運任せのところもあるけれど、おおむね開いている時が多い感じです。

    ここを一番に御紹介したのは女性が中心のお店だからで、何がライオンなのかは分かりませんが男性向けとは言い難く、男が一人で行くのはちょっと勇気がいるかもしれません。

    続きましてはローストビーフのお店で、「櫻月(渋谷区恵比寿1-20-4恵比寿TYビル1F)」は年中無休でしたが今は不明、ここもローストビーフと言いつつ量は少なめだからお腹が重くなる(食べきれない)の心配は無く、女性でも気軽に行けるような感じがします。

    そして女性向けと言えばイタリアンのお店として、「カルネジーオ(渋谷区恵比寿西1-1-3 第一ビルB1F)」は日曜日が定休、どちらかと言えばお酒が飲める人向けかもしれません。 お酒が飲めて楽しくガッツリ食べたい時には、こちらのお店で女子会が良いかもしれません。

    同じくイタリアンのお店ですが、「ビルーチェ(渋谷区恵比寿3-28-12 ATYビル2F)」は日曜定休で女性向けのお店、フルーチェと言うお菓子とは勿論無関係で、イタリア語だと「2つのひかり」の意味になる単語から来た店名で、ここは6~8名ほどのお洒落な個室があったはずなので女子会向きかもしれません。

    そして好みが割れるとは思いますがネパール料理で、「ネパリコ(渋谷区桜丘町30-18メイサ南平台1F)」は日・祝が定休日、こちらは好き嫌いが分かれますがハマル人はハマル味だと思います。

    そして一服としてラーメン(角煮つけ麺)ですが、「すずらん(渋谷区渋谷3-7-5大石ビル1F)」です。 ここは定休日と営業時間が怪しいお店で、その理由はスープが無くなり次第終了だからで、個性的な自家製麺が食べられて美味しいけれど渋谷ではハイプライスなので、財布に余裕がある時に行くお店です。

    では、肉系に戻り文字通り豚肉のお店、「東京トンテキ(渋谷区渋谷2-22-10タキザワビル2F)」は年中無休ですがたまに休み、店名から見ても分かるようにトンテキ(豚のステーキのこと)で、どうせ食べるならトンテキの特大を注文して、女性なら2~3人で食べるのも悪く無いと思います。

    ここからはしつこくならないよう簡単にご紹介で、「ミオテゾーロ(渋谷区神泉町7-14 1F)は月曜定休、オシャレなランチですがハイクオリティ+ハイボリューム=ハイプライスです。

    「梅蘭(渋谷区道玄坂2-9-10 松本ビル1F)」は無休で、ここは「梅蘭焼きそば」と言う周りの麺はカリッと揚げられているのに、アンが中に閉じこめられている珍しいタイプの焼きそばです。

    「レッグオンダイナー(渋谷区東1-8-1 K HOUSE 1F)は不定休で、行ったとこ勝負の感じですが、渋谷から徒歩10~15分ほどの分かりにくい場所にあり、口に入るようなサイズでは無く豪快にかぶりつきと言う感じのハンバーガー店です。

    半熟エッグのトロトロ感とまろやかさ、肉肉しい感じありありのビーフを引き立てるようにバランスよく纏めてある、その絶妙なコンビネーションは美味しさを更に増していきます。

    私は中央区・千代田区・港区・台東区・江東区が主なテリトリーですが、パワースポットへ行く時は恵比寿駅を利用したり、明治神宮も原宿駅や明治神宮前駅を利用するのでお店を発見しましたが、東京は栄枯盛衰が激しいので閉店していたら申し訳ありません。 m(__)m

    では、最後にランチの超穴場ですが「丸の内線・霞ヶ関駅・B3出口」からすぐ、農林水産省の社員食堂へ一度は行ってみて下さい。 今は「手しごと 咲くら」と言う名前に変わったはずですが、ここは農林水産省の社員食堂で平日のお昼だけの営業ですが一般の人も入れます。

    農林水産省だけあって食材は厳選された純国産品、しかも今は珍しい鯨肉が食べられます。 全て純国産の味はいかなるものか、普段はどれだけ外国産を食べているかがよくわかる食堂です。

    飽食の時代になり世間の評価は基準が無くなり、値段の高いお店が美味しい=お金だけで判断の証拠、安くて美味しいお店を探すのが本物です。 ダメなお店のヒントは、マスコミによく登場する・ランチが1万円以上・ミシュランに掲載、この3つが揃うと間違いなく嫌な目に遭い損した気分になります。

    更に付け加えるなら銀座の並木通りなどイメージ先行の場所にあるお店は要注意、自称世界一と言うプライドから何でも思い通りになると勘違い、お客様を馬鹿にするお店が多いので注意した方が嫌な思いをせずに避けられます。

    あなたは美味しいお店、どう見分けていますか?

    ☆ヾ(-Θ-:) オイオイ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は28日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop