徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男性の言葉。

    おはようございます。 素敵なお客様にはいつも明るい太陽が降り注ぐ、そして何不自由ない自由が目の前にある、目標でも夢でもやろうと思えば自由にやれる、それは本当に素晴らしい一日の始まりです。

    その喜びを倍にする為にも、素敵なあなたの人生へ振り掛ける調味料で効果的なのは、何と言っても恋愛と結婚で、どんな人でも恋愛と結婚により人生が変わるのは、運命的にも避けられません。

    だからこそ人は色々と悩んでしまいますが、「この人でいいの?」は女性ならば誰しも思うことで、今日は男性が言う言葉から垣間見える人間性と運命の関係についてです。

    付き合うとマズイ~結婚したら痛いなど、後から後悔するのは見た目では分からない人間性で、付き合いが長くなると人はいくら取り繕っても内面にあるどす黒い部分を、かなり意識して押さえ込まないと、ついつい出てしまうのが世間で言う「地が出る」です。

    これから御紹介する特に要注意の3つの言葉だけでも覚えておくと、男性の人間性が垣間見えると思います。 分かりやすくする為に少し大袈裟に誇張していますが、全く同じ言葉ではなくとも準じた言葉であれば、それは付き合ってはいけない男性とも言えます。 (A~Cの3つを覚えて会話すると、男性の本音が見えてきます。)

    A:「わしゃあ、地のもんじゃけぇ!」は危険で、これを訳すと「私は地元の人間だから、逆らったら、痛めつけるぞ!」です。 自分の言うことを聞かない奴は許さない横暴な面と同時に、地元以外では何もできず小さくなる内弁慶が見て取れます。

    俺がルールだと決め付けることで、自分が今まで相手にどんな悪いことや酷いことをしてきても、逆に自分が一つでも嫌な思いをしたら大激怒、自分のことを棚に上げて相手を攻撃しまくります。

    これは分かりやすいから「あるある」と頷く人も多いと思いますが、親がお金を持っている二代目や昔から住んでいる古参(老舗)など、割と裕福で我慢の聞かない男性に多く「長く住んでいる⇒偉い」と言う考え方で、自分より偉い者はいないと言う井の中の蛙タイプに多いです。

    このような男性と結婚したら「主従関係=結婚生活」は確定だから、「夫の言うことは絶対⇒妻の言うことは却下」となり、話し合いをしても理解して貰えないままのループに入ります。

    年間二千人ほど鑑定していると夫婦間の問題のほとんどは、「一方通行で話が通じないこと」が一番の問題で、話し合えば分かり合えると言うのは事実ですが、それは「会話の中身が理解できる相手」と言うのが大原則です。

    B:「わしじゃけぇ、許したるんど!」も危険で、これを訳すと「私は気分を害したから、許して欲しければ謝罪しろ、それでも許さないけど、謝り続けたら、いつか許すかもしれない。」で、自分だから許してやったと恩に着せて見返りを求める、そして永久に「根に持ってやるから二度と逆らうな」も含まれます。

    このような男性は謝れば謝るほど図に乗るので謝罪よりも別れる選択が大正解ですが、どうしても別れたくなければ「親・上司・恩師」など、圧力の掛かる人より言って貰うのが効果的です。 常に自分が上と言う意識が根底にあるから、最初から命令と言う形でしか話ができません。

    C:「わしゃあ、あいつに、言うたったんじゃ!」は危険な内弁慶タイプで、これを訳すと「私は相手が誰であろうと、自分の思う通りにしない人には文句を言います。 ただし、強い人には言わないけれど、弱い人には徹底的に言って苛めまくります。」で、ワンマンな裸の王様タイプに多いです。

    このような男性は自分より偉い者はいないと言う考えなので、誰の忠告にも耳を貸さず自分がやりたいようにするだけで直ることはありません。 唯一、もしかして直るとすれば落ちぶれた時で、借金や病気など自分が駄目になって誰にも相手にされなくなった時、万が一の可能性ですが聞き入れる場合もあります。

    長々と解説しましたが以上の3つだけでも覚えておくと、酷い男性と縁ができて辛い恋や痛い結婚なんてことは減るはずです。

    社会に出れば誰かに何かを言われた時、自分が悪くなくても先に謝罪することも増えます。 それは謝罪して面倒にならない&余計な労力を費やさないようにする大人の対応で、本当は「謝罪できる男こそカッコいい」ので、きちんとごめんなさいが言える男性は少なくとも悪い人ではありません。

    運命は公平なのでA~Cのような言葉を平気で言う男性は、一時的には良いかも知れないけれど必ず痛いしっぺ返しが来るので、大人としての行いは徳を積むだけではなく修行と勉強にもなります。

    A~Cのような「文句をつける・嫌がらせをする・上から目線」などは、全て下から上に向かってすることであり、間違っても勝っている方が負けている方へすることではありません。

    社会で生きると言うのは色々なことがあり、それで嫌な思いをすることもありますが、「正直者は得をする(徳を積む)」と思って、その場は押さえておくのは長い目で見ると正解だと思います。 (注:ただし、緊急事態の時は、我慢が正解ではありません。)

    頭に来て相手に文句を言うことは、その場では「胸がすっとする(溜飲を下げる)」かもしれませんが、後で嫌な思いが残ったりします。

    思っている不満を言っただけなのに何故か自分の胸が痛い、そんな経験は未熟者の私もごまんとあります。 私も頭では分かっているのに実行できないのは未熟な証拠、運命的に見ると「言うと言わない」では言わない方が、長い目で見ると相手よりも自分の方が良くなっていることが往々にしてあります。

    最初は理不尽に思えても長い目で見ると好転はある、その好転が一週間後なのか~五年後なのかが分からないから不満になるだけです。 昔から「人は生まれてから死ぬまでにトントン」と言うのは、言いえて妙と言うか~鋭い分析で必ず悪いことの後には良いことがあります。

    そのことが理解できてくると「腹が立つ&頭にくる」が無くなって来て、私は嫌がらせをされても「あぁ、この人、可哀想なことになるけれど、自業自得だなぁ。」と思うだけで、先に謝っとけば後で運命がお仕置きすることが分かっているから、日頃の行いと言うのは過去の積み重ねで隠せないのです。

    あなたは男性の言葉に、注意していますか?

    ヽ(〃v〃)ノ ワ~イ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop