徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    フィンガーボウル。

    おはようございます。 今日も明るい一日になる、楽しくワクワク、嬉しくてドキドキ、そんなことが起こる、そう考える方が人生は素敵だと思います。 暗いことを考えると暗くなる、嫌なことを思い浮かべたら嫌なことが起こる、言霊と言う言葉があるように人生は明るく考えた方が得策です。

    私も県北のことは良い経験だったと思えますし、私の捻くれた嫌な性格を少しは矯正してくれたのではないかと思います。 建設現場時代があるからこそ今は助かることがあるかもしれない、工場時代があるからこそ救える何かがあるかもしれない、そうやって良い方へ考えるのも大切だと思います。

    その当時はH班長の下で働くのは嫌で嫌で仕方が無かった、ところが時間が経つにつれてH班長の下で働いたのは幸運、そう考えることもできるかなぁと心境の変化もできました。

    今までもH班長のことは鑑定時間の余りに楽しんで頂こうと、時間が来るまでお話ししていたことばかりですが、それが意外と受けると言うか笑って頂けるので、それじゃあブログにも更新して見よう、そう思い立ったのが始まりでH班長シリーズが勝手に始まりました。

    このシリーズを更新し始めてから、「H班長の下で働いたおかげで、日本全国の人がブログを読んで笑うことが出来る、それは多くの人の心を和ませているから、結果的にはよかった。」と、こういう意見を頂いたことで前向きになることもできました。

    確かに、このような経験は余りできないかもしれませんが、H班長シリーズは全て実話と言うのがミソで、県北の男性やH班長と結婚したらすぐに体験できます。 (゚∇^d) グッ!!

    さて、工場のラインで夏の懇親会をした時のことですが、いつもならば河原でバーベキューと野性的なはずが、何を間違ったのか県北の野性集団が県南の岡山国際ホテルでディナーと、まるっきり場違いな洒落た真似をした悲劇(喜劇)のお話しです。

    ディナーが決まってからH班長が、「オメェら、ホテルへ行くんじゃから、ちゃんとした格好で、けぇよ。」とH班長が言い、その後もホテルで出される料理についてのウンチクを語り始めました。

    H班長は「オメェらは、スパゲッティとパスタの違いも知らんじゃろが。」と言い、「まずな、昔はスパゲッティが食事でパスタがオヤツじゃったんじゃ。 じゃけぇ、具が中心に乗っ取るんがスパゲッティ、具が混ざっとるんがパスタじゃ。」と言いました。

    更に続けて、「ようは、ソースと混ぜ合わせたんがスパゲティ、そうじゃねえんがパスタじゃ。」と、皆に説明していたら工場の人たちはが「さすがH班長!」と感動しましたが、こんなデタラメでアホなことを信用されても困るので正解を書きます。

    「パスタ」とは小麦を練り成型したモノでスパゲティやマカロニの総称、「スパゲッティ」はパスタの一種で中が空洞でない筒状の細長いモノ、太さは様々ですが主に1.6~1.9mm のモノをスパゲッティと呼びます。

    ついでに「フジッリ」は螺旋状に捩った形のパスタで、ソースやスープとよく絡むタイプです。 「アマトリチャーナ」はローマ北部にあるアマトリーチェの名物で、トマトソースをベースにしてパンチェッタやタマネギなどを加えたモノ、「タリアテッレ(フェットチーネ)」は平打ちパスタです。

    そして懇親会の当日にホテルは4人掛けのテーブルが会場にたくさん配置されて、普段とは違いかなりお洒落な感じでしたが皆は作業服やジャージなどが多く、ホテルの人も困ったのではないかと思います。 H班長は奥様と娘さんの3人で来たから、自動的に独身の私が同じテーブルに座らされました。

    そしてコース料理が始まったのは良いけれど、テーブルマナーなどさっぱり分かる訳も無く、工場の人たちは飲むの何のワインもビールもごちゃ混ぜで、ホテルの人に悪いし恥ずかしかったです。

    そうこうするうちにフィンガーボウルが運ばれてきたのですが、これは食事中に卓上で指先を洗う為の小鉢みたいな器へ水が入っているモノで、消臭の為にレモンなどを入れることもあり、エビやカニなどを素手で食べる時などに使われます。

    それが運ばれてきた時に、いきなりH班長の娘さんがフィンガーボウルの水をストローで飲み始め、私が驚いて「あっ、これは飲むものじゃ…。」と言いかけたら、H班長の奥様が「この子ったら、もう、こうやるのよ。」と、スプーンで水をすすり始めたのです。

    奥様まで水をすすり始めたから私は慌てて、「違うんです、これは飲むもんじゃ…。」と言いかけたら、「山崎、こいつらは田舎もんじゃけぇ、分からんのじゃ。 おまえら、これはのう、こうやるんじゃ。」と言って、H班長はフィンガーボウルを掴んで直接、口を付けて飲み始めたのです。

    私は「もう、勘弁して…。」と恥ずかしくて、早く懇親会が終わることを祈り~参加したことを悔い改めました。 私は社員旅行は勿論のこと、忘年会も懇親会も参加しない方ですが、参加したらこうなるのは目に見えていたからです。

    更に恐怖は続きますが、こういうコース料理の時は運ばれてきたら料理の説明があり、魚料理が運ばれてきた時にホテルの人が「スズキです」と言ったら、H班長が「おう、Hじゃ」⇒奥様が「Hです」⇒娘さんが「H…」と、「スズキ」の皿を置いて説明する度にホテルの人へ自己紹介していました。

    H班長一家はホテルの人が「スズキです」と料理の説明をしているのを、「鈴木です」と自己紹介していると思いH班長も気取って自己紹介、魚に自己紹介するH班長一家なのでホントに早く帰りたいと恥ずかしかったです。

    あの時は岡山国際ホテルの方々には大変ご迷惑をお掛けしたと思いますが、ホテルの方も予約を受ける前に「人か? 獣か?」の確認をした方が良いかと…。 m(__)m

    あなたはフィンガーボウルの、使い方を知っていましたか?

    ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop