徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の悪い人。

    おはようございます。 今日は三連休の最終日ですが休養に充てるも良し、最終日だからと思い切り遊ぶのも良し、有意義な時間をお過ごしくださいね。 私は今日も事務所にて鑑定中ですが、人生が変わる瞬間を与えてくださるのは素敵なお客様で、本当にありがとうございます。

    あなたと言う素晴らしい天女とお会いできるのは人生の大いなる喜びで、生きていて良かったと思えるほど気持ちの良い毎日です。 今までに2回自殺を考えたけれど死ななくて良かった、死んで花実が咲くモノかと言う言葉が今はとてもよく理解できます。

    運の良し悪しは生まれ持ったものもあるのですが、自分で日頃の積み重ねが物を言う場合も多く、イザと言う時の分かれ道はホンの少しの差に思えても埋めようがないほどの差だから、大きな差となって結果に表れているのです。

    「物事には原因と結果がある」と言うのは良く言われることですが、いじめられるにはいじめられるだけの理由があると言うのも、あながち間違いではないけれど当事者は気付かないことが多いのです。

    どうして気付かないかと言えば、一つには人生経験が足りないから自分の中に修正するだけの答えや知識が無いからです。 熱いヤカンに触ると手をやけどする、それによりヤカンは熱いと認識して次からは触らないようにする、このような「回避行動」が出来れば良いけれど、それが出来ないからこそますますいじめられるのです。

    もう一つは未成年である時はどうしようもないけれど、成人して自分で動けるようになったら解消できること、それは環境によるいじめであり「地域や風習」と言う変えようの無いことは、誰がどう言っても変わることはありません。

    そうなったら場所を移動する、いじめられっこが引っ越しにより転校したらいじめられなくなった、こういう場合は本人ではなくいじめる側にほとんどの原因があった証拠です。 残念ながら転校してもいじめられるのは本人に原因があるので、その場合は環境ではなく自己責任です。

    運と言うのは本来あるべき天運と言うのは誰も変えようがないけれど、それ以外の運は自分の行いや考え方によりかなり改善できます。

    例えば、平成23年のANA遅延欠航率は6%=100回に6便、これは飛行機の運航として悪い数字ではなく自然が相手の場合だから普通の数字ですが、SKYだけは6%どころじゃ無く国土交通省から勧告が入るくらいです。

    つまり、単純計算で行くと飛行機に100回搭乗したなら6回は遅延や欠航により移動できない、もしくは予定通りの到着や行動は出来ないことになります。

    東京での鑑定は2008年から定期的に始め、現在は5年目に入り移動は全て飛行機なので、一年間に50回前後乗るから、丸4年間で200回は搭乗しています。 札幌出張も定期的にしていた時期があるし、今も1年に1回は北海道で鑑定しているので合計すると約200回程です。

    これを先ほどの遅延欠航率に当てはめると約12回は遅延や欠航により、予約を遂行できないはずですが過去に遅延&欠航は1回のみです。 この1回の欠航については経過と事情を後日書きますが、200回に1回と言う確率は素敵なお客様のおかげです。 (注:この1回は自分の馬鹿さ加減によるもので、かなり凹みました。)

    素敵なお客様の為に私の人生はある、私の人生は素敵なお客様により助けて頂いている、その思いを運命が裏切る訳が無いから天が味方するに決まっている、だから私が移動することを天変地異も含めて邪魔される訳がない、災難の方が避けて行くと信じていることもあります。

    運の良し悪しは改善できるけれど、自分の努力以外で運が悪くなるのは何と言っても「人」です。 これはお勤めをしていると避けられないことが多いのですが、一緒に居るだけで運が悪くなる人は存在します。

    不思議なことに運の悪い人と一緒に居るだけで、確実に運が悪くなり防げません。 ここで問題なのは運の良い人と一緒にいて運のお裾分けを貰おうとしても、残念ながらレベルが違いすぎると効果が薄いので、運のお裾分けが貰える位置にいないとダメになります。

    ところが運の悪い人は何があろうと運の悪い色に染めてしまうので、それを避けるには近づかないようにするしかありません。 俗に言う「さげまん(まん=運)」は男女に関係無くいるのですが、さげまんに出会ったら確実に運が悪くなり、それが1日なのか~1週間なのか~はたまた1ヶ月なのか、ろくでもないことばかりが続きます。

    いくら霊視で運の良し悪しが分かって近づかないようにしても、相手が近寄ってきたら避けようがありません。 人として無視はできないので挨拶程度はしますが、なるべく早く遠ざかるようにしていても、劇薬みたいな人だとかなりのダメージです。

    ある時、プレゼント企画の郵便物を出しに郵便局へ向かうと、西ビル郵便局の手前で以前いたフロアの社長さんに遭遇、挨拶だけしてすぐに郵便局へ行きました。

    時間にして1分ほどだったのに以後24時間内で起きたことは、予約電話ゼロ⇒翌日は事務所のドアの前に大量のゲロ⇒翌日に大量のドタキャン発生⇒宅配便が日にちを間違えて配達⇒倒木で電車が止まり40分ほど立ち往生、このように「負のパワー」とは恐ろしいので近付いてはなりません。

    ここ最近は最高に調子が良いので落とさない為にも余計なことをしない、人は良い状態だと更に良くなりたいと思うものですが、その欲は運が急降下する前触れなので大人しく良い状態を長く保とうとしている最中です。 (苦笑)

    あなたは運が悪い人と、どのように接していますか?

    (>▽<)b OK!!
    関連記事

    PageTop