徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    占い師とは~中編。

    おはようございます。 占い師とは何なのかを語り始めると正解はどこにもないと思いますが、少しでも身近に感じて頂けたり「あるある」と思って頂けるように解説していますが、なかなか噛み砕いて誰にでも分かりやすくは難しいです。

    さて、占い師は御相談をお伺いするところからスタートしますが、霊視は名前も生年月日も聞かずにスタートするのが当たり前で、名前や誕生日を相手に聞いてから始めるのは霊視じゃなく占いですが、霊視と占いのどちらが上と言うことはなく占う方法が違うだけで、どちらも占いのカテゴリーで間違いはないと思います。

    そして人の話を聞くとはストレスを受け止めることでもあり、基本的に鑑定へ来るのは悩むからで負のエネルギーを受けることになります。 占い師さんはお客様の為に笑顔が基本ですが、占い師さんによっては仏頂面で機嫌が悪いのを出しまくりの人もいて、事務所にいる猫を壁に叩きつけるなど憂さ晴らしの先生もいます。

    私は素敵なお客様にお会い出来るだけでワクワクドキドキなので、疲れること自体が無い占い師です。 この辺は他の占い師さんとは意見が違いますが、ストレスで食事が増えて太る~ストレスで病気になって鑑定を休むなど、それは占い師としてあるまじき不摂生で体調管理が出来ていないことになります。

    普通の占い師さんは鑑定で受けるストレスが発散できないと、次の鑑定へ支障が出たり体調に異変をきたすと言いますが、そのストレス発散は食べることに走るか~受付やマネージャーに鑑定内容をばらすことに走るか、どちらにしても良い光景では無くまるで餓鬼のようになります。

    特に独立できずお店に勤めている占い師さんは、自分に予約を入れて貰おうと受付の御機嫌取りをしたり、「あのお客さんはね~」とお客様の秘密を話して受付を味方にしようとしたり、事務所を持てない占い師さんは裏で何をするか分からない怖さがありますが、そういうことをするから更に暇な占い師としていつの間にか消えていきます。

    占い師としてデビューする時はお店に所属して、それから独立開業と言う道を選ぶ人が約90%で、お店に所属する場合は「予約が入る⇔入らない」で収入に差がでるから、予約の入らない先生は交通費も出ない状態になります。

    だから占いのお店に所属している占い師さん同士は親の敵同然で、お店ですれ違っても挨拶はしないし無言で睨み合う、そして「人の客、取るんじゃない!」と喧嘩も日常茶飯事です。

    お金が絡んで来るとシビアになるのが人間で、本来なら癒やされたり励まされたりしてお客様が元気になれたが理想でも、お店の中は占い師同士のドロドロしたバトル全開で、お客様にさり気なく他の先生の鑑定批判や「あの先生は良い噂を聞かないけれど大丈夫?」と洗脳して、占い師同士でお客様を横取り合戦になります。

    表向きの占い師の顔と裏で取り合う餓鬼のような顔、相手の悪口を言って取ったお客様も洗脳から目覚めると、「もっと良い雰囲気のところへ行こう」と他の占い師さんへ行ってしまうことが多いです。

    占い師は鑑定で当たるかどうかも大切ですが、それよりも何よりも「相手を笑顔に出来る」が動物ではなく人間としての証で、相手を楽しませるのが野生ではない証拠です。

    お金を支払ってまで不快な思いをしたくない、そういう気持ちは当然ですが占い師さんの技量にも個人差があり、タロットでもカードの読み方は100人いれば100通り、カードの意味すら答えられない占い師さんだっているので、占いを舐めている占い師さんからは知性と教養が感じられません。

    霊視系でも視え方には差があるので、A先生は恋愛系が得意、B先生は仕事系が得意、C先生は物品売買が得意、そういう違いがある上に馬鹿正直になんでもかんでも話すと、必ずトラブルが発生するのは社会生活ではよくあること、霊視でも占いでも鑑定結果を全て正直に言っていいかどうかは別なのです。

    人は悩むと解決したくなって占いへ行きますが、占いは近い未来(2~3年後)が中心です。 この未来に対する考え方は占い師さんでも極端に違い、基本的に占い(四柱推命や姓名判断など)は「未来が決まっている」からこそ、「私の言う通りにしないと地獄に落ちるわよ!」となります。

    しかし、霊視系では未来が別れていて、右へ行くとAと言う未来だけれど左へ行くとBと言う未来がある、こういう感じで未来は変わるからどれを選択するになります。 もしも未来が決まっていたら「努力が無意味」と言う矛盾に突入しますから、勉強してもしなくても試験の合否が変わらないなら誰も勉強しなくなるのと同じです。

    進む道は本人の行動次第でいくらでも変わりますが、少しだけ変わると未来は小さく変わりますが、その積み重ねが大きく変わる未来になるから、最初は変わり始めた未来に気付かないことが多いのです。

    左が正解と言われても右へ進むと間違いだけれど楽しいかもしれない、自分の未来を占い師に全権委任しても順調に進む訳でもなく、現実的には神様では無いので全てが鑑定通りになる訳でもありません。

    例えば、受験に受かると言われて勉強せずに受験すれば失敗、鑑定と違うじゃないかと言われても勉強せずに落ちるのは当たり前ですし、浮気の相談で「旦那様は浮気中」と言われて信じ込み、旦那に「浮気してるでしょ!」と詰め寄り揉めて離婚となるのはやりすぎです。

    どの占い師さんの鑑定でも鵜呑みにして良い訳では無く、お店に勤務している・事務所を持てない・鑑定以外の販売などに熱心、宣伝や広告をする、こういう適当でいい加減な占い師さんの鑑定まで擁護することはできません。

    悩みは選択肢の部分において、自分で選んだ道を歩むのと他人に選んで貰った道を進むのでは違いますし、自分の人生のはずが他人任せで進んでしまうのは勿体無い話です。

    本日も長くなったので明日の後編へ続きますが、引き続きお読み頂ければ嬉しいです。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop