徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    SMAP。

    おはようございます。 相変わらずB787機はトラブル続きのようですが、無事に帰ることができたのは素敵なお客様のおかげで、私の人生は素敵なお客様がいるからこそです。 本来ならば棺桶か刑務所だった人生を好転させて頂いた感謝の気持ちは、これからも未来永劫生きている限り続きます。 本当にありがとうございます。 m(__)m

    さて、今回はSMAPのコンサートへ行ってきましたが、SMAPとはジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、前身であるスケートボーイズの中からチョイスされてできたグループで、名前の由来は「Sports Music Assemble People(スポーツや音楽をやる為に集められた人々)」の頭文字S・M・A・Pより命名されました。 (東京ドームとSMAPは同い年です。)

    スケートボーイズは光GENJIの「ガラスの十代」のバックで、スケボーをやるグループとして初登場、それから各アイドル誌にて主要メンバー12名で正式に初お披露目でしたが、誌面に出なかったメンバーもいるので正式には20名近くいました。 (そのメンバーの中には、TOKIO国分太一とV6坂本昌行と反町隆史がいました。)

    SMAPには5年ごとに何かが起こるジンクスがあり、1991年のファーストコンサートは香取が骨折で不参加、デビュー5周年の1996年は森の脱退、10周年の2001年は稲垣の不祥事、15周年の2006年は草彅と香取のインフルエンザ、木村の副鼻腔炎に中居のはやり目&肋骨の疲労骨折&肉離れ、20周年の2011年は東日本大震災によりコンサートツアー中止と起きています。

    デビュー当時はCDの売り上げが芳しくなく3作目では全員事務所に呼び出され、「お前らは、何で売れないんだ」と説教、12作目の「Hey Hey おおきに毎度あり」で初めてオリコン1位を達成、それからヒット作品を連発と言う遅咲きです。

    ブログを以前から読んでいる人は御存じですが昔はミーハーで芸能人大好き、東京出張を始めた2008年頃は芸能人を見掛ける度にウキウキ、それが徐々に裏の顔が見え始めてから興味は激減、ダメ押しは昨年の東日本大震災です。

    ファンを置き去りにして逃げる芸能人や義捐金を一円も出さない芸能人、そして義捐金を懐へ入れたり~支援を金儲けに利用する姿はアホらしく、震災直後の東京出張で関係者が多数予約、直接関わりのある方々から聞いた話の数々は呆れる内容でした。

    その芸能界の大御所であるジャニーズ事務所は色々と言われるけれど、寄付やボランティアは素直に評価されてもいいと思うし、震災の時も代々木体育館へ集結して汗だくで義捐金を集めて全額寄付、かなりのメンツがマジで活動していたのを素敵なお客様より伺っています。

    また、SMAPの5人は個人的に4億円以上を日本赤十字社に寄付、SMAPとしてではなく5人がプライベートで別々に寄付したもので、「SMAP×SMAP」の出演料も全員が全額赤十字に寄付など、物心両面で被災地の人々をサポートしています。

    今はバレテいるから書きますが、SMAPの中居さんは個人的に何回も炊き出しへ、本人は「プライベートで行ったことだから」とノーコメント、それでもファンとしては本人の口から聞きたいところです。

    ラジオの「Some girl' SMAP(ニッポン放送)」宛に寄せられた、多数のハガキに根負けする形で中居さんは口を開き、「もうなんかね、炊き出しのハガキしか来ないんだけど(笑)。皆さんご存知の通り、僕は天邪鬼と言うことで、それに関しては一切しゃべりません。」との言葉で番組スタートでした。

    本人は「野球の話がしたくてしょうがない。 野球以外は何も話したくない」と言いつつ、「ハガキ、たくさんありがとうございました。 その中にはね、『よくぞ』みたいな話もありましたけど。 この間も言った通り、義援金が高いとか、炊き出しに行ったとかっていうのを評価されんのは、タレントだけなんですよね」との言葉でした。

    更に続けて「もっと普通の人たち、例えば自衛隊の人とか、役所の人とか、ボランティアをやってる人とか、それに現地の病院の人たちとか、毎日やってるわけじゃん。 そういう人にやっぱり『よくやってくれた』とか『ありがとう』ってもっともっと言ってほしいですね(略)。」

    「ボクのことは知ってるからいいけど知らない人たちにも、こういう感謝の気持ちを届けられるような人になりたいよね。」と、募金の額やボランティア活動について「テレビに出てる人だけが評価されるのはおかしい」との言葉、何もしない芸能人や日本の経営者たちへ聞かせたいくらいです。

    そしてチケットプレゼントの御報告ですが、時間限定でブログに書いて募集したSMAPのチケットは御二人の方に決まり、お渡しした証拠写真はデジカメの小部屋に掲載してあります。 (台風の関係で交通機関が怪しい為、千代田区と港区の東京ドームから近いところへ住んでいる方へ進呈しました。)

    今回は○○○席と言うのもありまして、途中までHey! Say! JUMPやKis-My-Ft2がすぐそばの席で一緒だったことと、SMAPの5人や木村拓哉さんが目の前まで来たこと、これは素敵なお客様に対してGIFT of SMAPに相応しいGIFTになったのであれば嬉しいです。 (ただし、より多くの方にプレゼントする為、今回の当選者は次回より抽選対象になりません。)

    なお、SMAPのコンサートツアーは、次回は早くて2014年の秋~遅ければ2015年の夏頃までは無いので、取り敢えず小休止前のツアーに行けて良かったです。 関係者によるとスケジュール多忙の為、2年ほどツアーはお休みしますが単発なら可能性ありのようです。

    しかし、最後の最後で意外だったのはSMAPのマネージャーである飯島女史が多忙になった為、代理で色々している「通称:つーこ(本名:つるこ)さん」がド迫力だったことです。 女性の方ですが面と向かって話(交渉)ができる男は、岡山県内にはゼロと断言してもいいくらいのド迫力でした。 (あのドスの利いた話し方は、ちょっとビビりま~す。)

    あなたはSMAPのコンサート、行ってみたいですか?

    ありがとう♪(#^ー゚)v
    関連記事

    PageTop