徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    時間の過ごし方。

    おはようございます。 この土日に行う金箔入りラスクのプレゼントは新年のお守りプレゼントとは違い、そんなに人は来ないので慌てなくとも大丈夫だと思いますが、万が一にも10人以上の人が来た場合は数に限りがあるので入手できない時は、ごめんなさい。 m(__)m

    明日は雨が降らなければ良いなぁと思いますが、雨の日であろうと~晴れの日であろうとも、人は天気の良い日ばかりじゃなく嵐の方が多いかもしれないのですが、それを乗り越えなければならないのが人として生きること、人として生きるには他人に迷惑を掛けないのは当たり前すぎることです。

    しかし、人として生きるには人やモノや自然など色々な環境も含めた全てのモノへ、迷惑を掛けながら生きているのが人なのです。

    誰にも迷惑を掛けていないと言うのは単なる思い上がりで、自然環境に配慮していると言うのも単なるエゴ、自然環境保護団体がうるさく言うのもシー・シェパードが妨害活動をしているのも、自分たちの金儲けに過ぎないエゴの塊が正義の仮面を付けて詐欺を働いているだけです。

    こういう偽物が本当に地球のことを考えると言うなら人類滅亡が地球の為には一番で、約1万年ほどすれば地球の自然環境は元通りになり、自然環境も含めてあらゆる生命体がガラパゴス諸島のようになり、太古の自然環境を取り戻すことが出来ます。

    また、そういう如何にも正義と言う感じで上から目線になる方々と同じく、街中でも残酷極まりない人をよく見かけますが日本に限らずお金持ちは心の汚い人間が多く、その一つが毛皮を着ようなどと考えること自体が極悪非道です。

    毛皮と言うのは動物の身体中に栓をして空気を送り込み風船のように膨らませ、生きたまま皮を剥いで作ると言う事実を知っているのか、そして皮を剥がれた動物は血だらけで息も絶え絶えのまま、痛さなどの苦しみが続いたまま死んでいくのです。

    毛皮を着ている人は極悪非道と言えば必ずある反論が、「その事実を知らないかもしれないじゃないか!」です。 その反論をすること自体がオコチャマですが、良い大人が毛皮に付いて何も知らないのは恥ずべきこと、知性と教養の無さと言う人として恥ずべきことを身に付けていないオコチャマです。

    人が生きている時間と言うのは有限ですが、その生きている時間を有効に使うと言うのは色々な意味があります。

    人が過ごす時間が有限と言う意味は体感速度における時間の流れでも明らかですが、0~20歳の時間の流れを20年と計算した場合に、20~60歳の時間の流れは12年と感じることになります。

    光陰矢のごとしと言われるように時間の流れは誰にも止められないし、人が老いて行くのも神様以外に誰も止められません。

    それだけ貴重な時間にも関わらず人は時間が無限であるかの如く、湯水のように垂れ流して使う、消費と言うよりも浪費と言うべき時間の使い方が多いです。 本当はもっともっと大切にしなければならないのですが、生きている時に何も起こらないと不自由を感じない為、まだやもうが蔓延って時間を無駄使いしてしまいます。

    1日24時間の内でもそうですし、1週間でも1ヶ月でも同じこと、嫌な時間と楽しい時間と言うのは自分で作り出すことが出来るから、嫌な時間のはずが楽しい時間に変えることもできるのが人生です。

    例えば、親に内緒で外泊した時に外泊している時は楽しいはずですが、心の奥底ではヒヤヒヤしながら楽しむことになり、そして家に帰れば親に叱られて楽しくなくなります。

    しかし、外泊する前に許可を得ることで堂々と楽しめるはずですし、許可が出ずに外泊できなくても、今度は家族と過ごせる~勉強できる~1人の時間を過ごせるなど、自分で切り替えることで嫌な時間を楽しい時間へ変えられます。

    私は男性が恋愛相談で鑑定に来た時に必ず言うことがありますが、それは「目の前にいる女性を口説け」で、どうこう言ったところで目の前にいる女性は自分のレベルなど全てを表しているので、その女性を口説けないようでは男として情けないですし、目の前にいる素敵な女性を口説けない男に次は回って来ないのです。

    ここで勘違い男性から「僕はイケメンじゃない・僕は背が低い・僕はデブだから」など、数々の言い訳が質問形式で巻き起こるのですがモテル男とモテナイ男の違いは一つだけ、「女性に声を掛ける回数(人数)」が明らかに違うのです。

    どんな男性でもいいのですが100人の女性に勇気を出して声を掛けたなら、間違いなく一人は足を止めて話を聞いてくれます。

    時間の過ごし方と言うのは人それぞれですが、楽しく過ごす時間も正解だし、嫌な時間を過ごすのも正解だし、そこにあるのはどちらを選ぶのか、そしてどちらを選ぶ道を歩んで行くのか、それは自分で選んで行くだけのことで、誰かに強制されるモノではありません。

    空の青さを見た時に何も感じないような生き方ではつまらない、空の青さに目をやった時に気持ち良く受け入れられる、そして「今日も良い日になる」と思える生き方こそが、理想の時間の過ごし方のヒントだと思うのです。

    「やるとやらない」では流れる時間の中で何をしたのかと言う中身において、その後の人生にまで凄く違いが出てくるかもしれません。 (大袈裟な表現ですから、そこまで気にしないで下さいね。)

    同じ生きているなら「やらずに後悔するよりもやって後悔する」が、自分の人生に納得できる生き方になりうると思うのです。 愛しているなら告白する、就職したいなら電話してみる、こうやって行動を起こさないと何も変わらない、何も変わらないなら楽しくないのは当たり前です。

    あなたは時間の過ごし方、どのように受け入れますか?

    リョウカイッ!( ・Θ・)ゞピヨッ!!



    お知らせ:イベントを含む業務多忙の為、ブログの更新は5月13日(月)から再開します。 年中無休で鑑定しておりますので、いつでもお気軽に遠慮なくお越しくださいね。 いつも御支援と御愛顧いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    関連記事

    PageTop