徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    視え方。

    おはようございます。 人が生きていくためには毎日の生活の中で必ずメリハリが必要ですが、それは単調な生活の繰り返しだと飽きてしまうことが多く、更には精神的に何も無いのに疲れが溜まることもあります。

    同じことの繰り返しは生活リズムとしては非常に良いのですが、それでも時には崩すことをしないと生活の単調差に精神が病んでしまいます。 そうなるときちんとした生活をしているのに、逆に身体の不調を訴えることになりかねません。

    そうならない為にもたまには何かの楽しみが必要ですが、大袈裟なことでは無くとも通勤経路を変えて見るとか、ワザとビジネスホテルへ泊まってみると言うのでも少しは違います。

    私は毎日鑑定していて疲れることはありませんが、それは毎日違う人と違う内容で会っているからで、同じ人と365日会って鑑定していたらさすがに疲れると思います。 それに今は倉敷だけではなく東京でも鑑定しているので、それにより気分転換になることも多いのです。

    霊視と言うのは精神集中が必要ではあるけれど、やはり視え方と言うのは個人差がありまして、何でも手に取るように分かる時もあれば~さっぱり分からない時もあります。

    なんでもかんでも視えると言う人がいたら逆におかしいと思いますが、本人の体調不良だけではなく相手の意識もあり、無防備な時に視るのは簡単だけれどロックやガードしている時には視えにくい、鑑定へ来ているのに視せないようにする人は結構います。

    震災以後はTVを見ることが激減しましたが、東京出張にて素敵なお客様より「ミディアムは面白いですよ、霊能関係ですから。」と言うので、それから見るようになったのですが海外のドラマは面白いとハマりました。

    私も長く使っていたブラウン管TVとおさらばして、ようやく地デジ対応TVに買い替えると無料の衛星放送がいくつか見れるようになり、何故かFOXが無料で見られたので今年は海外ドラマにハマりましたが、欲を言えば吹き替えじゃない方が好みで英語のままの方が聞きやすいです。 (吹き替えは苦手です。)

    ただし、そのFOXも10月から有料で見られなくなるのは残念です。

    海外ドラマにハマるキッカケは「ミディアム 霊能者 アリソン・デュボア」で、アリソンと私では能力が違う部分もかなり多いし、実際は警察や検事局が捜査の協力を依頼なんてあり得ません。 それでもTVドラマとしては個人的に面白くて、今はシーズン4を見ているところです。

    そして能力的なことで言うとミディアムの中の番宣で紹介された、「リスナー 心を読む青い瞳」と言う番組の主人公、トビー・ローガンの方が近いと思いました。 このドラマも面白くてハマってしまい、今はシーズン3を見ているところです。

    余りに面白いからレンタルで借りてきて、シーズン1からちゃんと見ようかと思いましたが、「あっ、DVDプレーヤー、持ってねぇ~!」と思い、極貧生活の私はDVDが見られないので、1年以内にポータブルDVDを買うのが目標です。 (苦笑)

    ミディアムのアリソンは夢で見たことが現実化する予知夢+霊と話すことが主体で、事件に関する夢を見て~霊と話すことで解決する能力です。 そしてリスナーのトビーは相手の目を見ることで情報や近未来が分かる能力なので、どちらかと言えばアリソンよりもトビー寄りかもしれません。 (←ここまでやれたら神様です。)

    ついついドラマの話が長くなりましたが、相手のことを視やすいと言えば電車が意外と視やすい場所です。 何故なら電車に乗ると人はボ~とするか、ケイタイをいじるか、本を読むか、この3つがほとんどで意識にロックやガードが掛かることは少ないからです。

    「そんなのできるの?」と思われるでしょうから通勤電車内で視たことを御紹介すると、私は大江戸線の六本木駅を利用することが多いのですが、朝の通勤ラッシュではミッドタウンへ流れる人が多く、何故ならヤフーやコナミやファーストリテイリングなどが入居のオフィスビルがあるからです。

    ただし、このビルへ入居している会社の方々は以前から申し上げているように、「俺様は偉い」と言う特権階級意識が強い方が多く、地下鉄の車内で携帯通話を普通に「俺、33Fだけど」なんて会話しています。 (偉い会社の方々なんですから、どうか電車内での通話は御遠慮下さいね。)

    こんな感じだから情報管理は非常に無防備で、今はどんなことを研究しているのか、今はどんな戦略を立てているのか、同じ会社の色々な人を視比べると色々なことが分かります。

    霊視だから誰も信用しないし証明もできない内容ですが、ユニクロは2014年までの出店計画を変更、店舗数を更に増加させて早く世界へ浸透させようと焦っているのと、世界~世界と言う割に国内店舗の増加と店舗面積拡大へ戦略変更、今後は国内を次々と充実させつつ日本人の雇用は減らす戦略です。

    更に大きな戦略変更は低価格の為に中国の約70ヶ所にある生産委託工場についてで、年間に生産する衣類の約85%を中国で生産して、店舗も中国で出店加速させるほど中国寄りでしたが、この大切な生産拠点を移す計画中です。

    取り敢えずバングラデシュやベトナムで生産の後に、アフリカ大陸各地で大規模生産工場と言う戦略で中国生産に見切り、これは現在進行中でメキシコでの生産も考えているようで、中国に悟られない&刺激しないように中国離れを加速中です。 (これらは証明できない霊視の話です。)

    あなたは視え方が、気になりますか?

    (A゚∇゚)ハテッ?ナノラ
    関連記事

    PageTop