徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    花色。

    好きな人の気持ちを手に入れたいと思うのならば、それは表面的なものなのか~中にある本当の部分なのか、それを見極めないと始まらないのです。

    氷の中にあるハートマークは、見ることはできるけれど触ることはできない。 暖かな光で溶かしていくことで周りにある氷が無くなり、ようやく触れることができるのです。 彼の心が氷に包まれている時には、いくら問いかけても返事はありません。

    彼の返事を聞きたいのなら、氷を溶かす努力が必要なのです。 例えるならば…。

    今年のバレンタイン、チョコって甘くないと感じる時もあると初めて知った。 愛の告白の日にお別れを言われるなんて思ってもいなかったし、この日は仕事だって言う言葉を信じていた。

    アナタと過ごす時間の中で、どれだけ愛せるかと言うくらい短い時間しかアナタを愛することを許してもらえなかった。 手をつないでアナタと歩くのがとても嬉しくて、寒くても手袋せずに手をつないでいたの、わかってくれてたのかな?

    初めて手をつないだ時に、「キミの手を握ると、暖かいね…。」 彼が言ってくれたヒトコトが、わたしの心に響いてくる。 決して変わらない筈なのに、どうして心が彼の方を見てしまうのかな…。

    アナタには彼女がいると、ずっと思っていた。
    好きになっちゃいけない人だと、思っていた。

    でも、「えっ、今は彼女いないよ。」

    この言葉で、気持ちが揺れ動き始めた。 夢に見たアナタのシャツがまぶしく見えるのは、アナタへの気持ちを正直に出してイイってことなのかな。 本音の部分ではわからないけれど、わたしの前で彼女がいないと話してくれるのは、わたしにチャンスがあると教えてくれているの。

    彼の気持ちがわからない、いつだって迷わすことばかりで、正直言ってどうすればイイのかわからない。

    初めてつないだ手を離した時に、彼は反対側のホームで手を振っていた。 わたしも精一杯の笑顔で手を振っていたけれど、好きな気持ちをうまく伝えられなくてホントは泣いてたんだよ。

    一緒にいるだけで楽しいと感じてたんだけど、いつの頃からか一緒にいることが辛くなり始めた。 愛してるというヒトコトの意味が、ずっと胸の中を貫き続けたから、出会ったことさえ間違いなのかと考えたことすらあったの。

    アナタの横で、アナタのそばで、ずっとずぅ~っと、笑っていたかったんだけど、それはもう無理です。 苦しくて苦しくて、本当に好きだった分だけ苦しさが増していく。 この気持ちは、冬が終わり春がくる今でも雪と共に消えてしまいたいくらい切ないの。

    いくらわたしがあなたのことを想っていても、あなたはわたしのことを思うことすらしてくれないんですね。

    もっとしてあげたいことが一杯あったし、もっとして欲しいことだってあった。 もっと話しをしたいこともあったし、もっともっとアナタの話が聞きたかった。 わたしは欲張りだから、アナタをわたしだけのものにしたかったんだけど、アナタはわたしだけのものになりたくなかったんだね。

    どうしても、わたしじゃ駄目ですか?
    どうして、わたしじゃ駄目なんですか?

    わたしが悲しくて泣いている今、アナタの隣で誰かが笑っているなんて考えると、アナタが誰かの横で微笑んでいるなんて思うと、とても心が苦しくなるのです。

    もしかしたら、間違い電話のふりして「やり直そう」と言ってくれるかもなんて、淡い期待をしていたけれど掛かってこないTEL。 夢のような儚い期待だったけれど、夢は夢のままで終わりそうだから、この気持ちのやるせなさが夢であったならと思った。

    付き合い始めた頃は、アナタの為なら何でもできると思っていた。 本当に何でもしてあげようと思ったけれど、彼女のままでいることはできなかった。 アナタに似合う女性になろうと努力したけど、アナタが好きになる女性はわたしがなれない人ばかりだった。

    神様、お願いだから彼にとっての一番にしてください。 毎日毎日こうやってお願いしていたけれど、アナタの一番になることはできなかった。

    雪解けの水の流れのように、あなたの思いは儚く流れていったのかもしれない。 けれど、わたしは春になると花が開くように、恋に対する想いが素敵に咲き誇る日を持ちわびている。

    どんな素敵な想い出も心にしまっているうちに、いつの間にか消化できていると思うのです。

    あなたの恋は、どんな花色に咲き誇ると思いますか?

    グスグス (><。)。。
    関連記事

    PageTop