徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    試験。

    おはようございます。 素敵なお客様が活き活きと働いている姿は嬉しく感じるのですが、清々しいオーラと共に周りへ輝きを与えている姿は、それだけで周りの人を幸せにできる力があります。

    今は入社試験(面接)や資格試験とも無縁の世界で生きているので、素敵なお客様より面接やテストの御相談を受けると、「あぁ、凄いなぁ」と尊敬や憧れの目で見てしまいます。

    勉強と言うのは学生だからするのではなく意欲があるからするのが勉強、人に強制されてするのは身に付くはずもなく、自分がやる気になっているからこその勉強ですが、資格試験は別としても入社試験はやる気になるまで待つと言う訳にも行きません。

    この入社試験とは企業が主に正社員を採用する為に行う試験で、その方法や過程は会社によって大きく異なり、日本企業の正社員採用は新卒一括採用が基本で、公務員試験や公務員試験の1つである教員採用試験も入社試験に該当すると言われます。

    これが個人商店になると、知り合いの伝手などにより午前中に面接⇒そのまま働くとか翌日から勤務など話が早いけれど、大企業の場合はプライドとメンツはあるのですが、判断力と決断力が無いので決めるまでに時間が掛かるのは仕方がありません。

    バブルの頃は学歴が最重要で採用でしたが、近年はエントリーシートや履歴書、筆記試験で少しは真面目に選考するようになっていますが、実際には色々なテクを使える学生が最優先で採用、それが日本の大企業が没落して行く理由の一つで、アホな人事部が支配する大企業に未来なんかありません。

    話は戻りまして最近の大企業では主な試験の流れは次のようになっていて、エントリーシート⇒筆記試験⇒面接⇒内定、もしくはエントリーシート→会社説明会→面接→内定、この二つが多いようですが、面接にはグループディスカッションなど、時事問題などをテーマに議論させるパターンもあります。

    そして前述したように色々なテクを有する学生の場合、OB訪問や友人知人の伝手により人事部や役員など権限を持つ人と社外で個人的に接触、その後も飲食店やホテルなどで個人的な面接を複数回、そして採用と言う流れがあるのは芸能人の○営業と同じです。

    ニュースで見た方も多いはずですが、個人情報など機密を漏らす、顧客をバカにしてネット上で公開など、大企業の看板を背負っている社員にしてはお粗末すぎる事件、これはテクを駆使して採用された学生に多く、こんな人材を優先的に採用する会社が発展して行く訳がありません。

    さて、日本の大多数を占める中小企業の方でもバブルの頃は、大企業を受けて落ちた学生をたくさん採用していました。 やはり学歴信仰から抜け出せないようで、大企業に入社出来ない高学歴の学生を取る、そういうところが中小企業のダメなところです。

    ただし、一部の中小企業では学歴に関わらずやる気があり、企業の求める人材であれば採用するように変わってきてますが、それでも多くは大企業と同じくエントリーシートを書かせて、ほぼ大企業に準ずる採用基準と流れです。

    企業の面接には色々なパターンがあり、最初は人事部だけのところもあれば、人事担当者と役員の2人が面接に当たることもあり企業により様々ですが、仕事ができる社員が面接に当たることはなく、窓際族や左遷される立場の人が面接を担当する場合が多いです。

    この入社試験の目的は受験者と企業が合うかどうかを見ると言うのが建前ですが、合否は面接までに決まっていることが多く、面接は最終確認するだけですが担当者に人を見る目は無く容姿かコネで決めます。

    実は入社に関しての御相談と言うのはかなりあるのですが、個人商店から中小企業まで採用に関しては「良い人材が欲しい」と言う言葉が多く聞かれます。 基本的に友人知人や縁故は不採用~最初から受け付けてはいけませんと言うのが、会社やお店を発展させる為には必要なことで、知り合いと一緒に仕事をしてはいけないのです。

    普通の入社試験では普通の人材になるので、過去に提案した入社試験を書いてみたいと思います。 どんな入社試験かと言えば、「面接を自社でして、面接中に仕事の依頼が入る」のは仕事を引き寄せる運がある証拠、他にも暇そうな喫茶店で面接して面接中に店の中が人で一杯になれば、「人を引き寄せる運の持ち主」だから運の良い証拠です。

    つまり、学歴など表面的なことではなく「運が良い」と言うことで採用を決める、そうすれば会社やお店が少々傾いても立ち直れるし、それ以前に傾くようなことになる前に何とかなると言う現象が起きます。

    私が考える入社試験と言うのは運が良いかどうかで決まる入社試験なので、これをクリアするのは学歴ではなく運、だから大企業の人事部からすれば「あほらしい・ばかばかしい」となりますが、性格も運も悪い人材ばかり取って潰れそうな一部上場企業よりマシです。

    入りたい会社は募集が無い~入りたくない会社は募集がある、良い会社は入りにくい~悪い会社は入りやすい、社会では大いなる矛盾が存在するのが難しいところです。

    このHPを管理してくれているフォアサイトも今は社員募集中ですが、不況でも伸びている過渡期だから募集しているだけで、落ち着いてしまえば募集は止まるので応募するなら今ですが、だからと言って誰でもかれでも入社できる訳でありません。

    あなたは入社試験、どうやってクリアしますか?

    、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)
    関連記事

    PageTop