徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    七夕。

    おはようございます。 今日は七夕なので、これについて書いてみたいと思います。 あなたも素敵な伝説のパートナーに巡りあえる、そういう記念日になるかもしれません。

    七夕は、日本や中国などにおける節供の一つで、旧暦の7月7日の夜のことでした。 しかし、明治改暦以降は現代暦の7月7日か、月遅れの8月7日に七夕祭りが行われることが多くなりました。 昔は「棚機(たなばた)」と書いていたのですが、現代では一般的に「七夕」としています。

    元々は中国の行事でしたが奈良時代に日本へ伝わり、日本に存在した「棚織津女の伝説」と合体して出来た言葉です。 昔の日本では旧暦の7月7日~7月15日、旧暦のお盆前に行われる行事でした。

    なお、旧暦と現代暦の差についてですが、やはり旧暦の7月7日の方が夜空は綺麗なことが多いです。 現代暦では梅雨とまでは言いませんが、雨の日も多く月齢も安定しないので、晴れていても天の川が見えないことがよくあります。 旧暦では上弦の月となることが多く、晴れる確率も旧暦の方が高いです。 また、昔の人の洒落なのか、七夕に降る雨を催涙雨や洒涙雨と呼んで、織姫と彦星が会えない為に流す涙だと言われています。

    七夕のお祭り的な意味合いとしては、豊作祈願と針仕事の上達を願うのが合体したお祭りとしての意味合いもあります。 そして、笹は精霊(祖先の霊)が宿ると考えられていて、それに願い事を書いてぶら下げておけば、精霊が叶えてくれると信じられていました。

    ただし、七夕を特別な日とすることが、いつから起こったかは定かではありません。

    織女と牽牛の伝説が漢の時代に編纂された「古詩十九首」に文献としてありますが、7月7日との関わりは明確になっておりません。 南北朝時代の荊楚歳時記に牽牛と織姫が会合する夜であると明記されている上に、夜になると婦人たちが7本の針の穴に美しい彩りの糸を通して、捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を祈ったと書かれているので、先ほどの祈願が合体したことの裏づけとなります。

    日本語の「たなばた」の語源は古事記にアメノワカヒコが死んでアヂスキタカヒコネが来た時に詠まれた歌の「淤登多那婆多」や、日本書紀葦原中国平定の「乙登多奈婆多」に由来しているようです。 (また、萬葉集にも七夕に纏わる歌が存在しています。)

    こと座の1等星ベガが織姫となる星ですが言い伝え(設定)として、織姫は天帝の娘で機織の上手な働き者の娘でした。 そして、わし座のアルタイルが彦星(夏彦)で、夏彦も働き者だったので天帝は二人の結婚を認めました。 めでたく夫婦となった二人でしたが、夫婦生活が楽しくて織姫は機を織らなくなり~夏彦は牛を追わなくなりました。 このような自堕落的な生き方に天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離したのですが年に1度だけ、7月7日の夜に会うことを許されたのです。

    しかし、7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増して、織姫は渡ることができず夏彦(牽牛)も彼女に会うことができない。 そういう場合は2人を哀れんで、いつのまにか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋を架けてくれると言われます。 (星の逢引なので、七夕には星合いと言う別名もあります。)

    七夕の星の名称として正確なモノは過去の文献にも無く、織姫や彦星を正確に指す星については定かではありません。 以前の牽牛は牛宿のことであり、現在の牽牛すなわちアルタイルは河鼓(天の川の太鼓)と呼ばれる星座の一星なのですが、七夕伝説の発展によって相応しい位置に遷されたものとされています。

    近年では光害の影響によって月が沈んだ後でも、天の川を見ることができる場所は限られているのが現状です。 見ごろなのは午前1時頃で、天頂付近に主要な星が上って「天の川~牽牛星~織女星」の三つが最もイイ感じになります。

    肝心の短冊についてですが、短冊を笹に飾る風習は江戸時代から始まったモノで、日本以外では見られない風習です。 また、短冊に書いていいのは「芸事」が基本で、現代風に言うのなら、「仕事や技術」となります。 基本的に七夕は針仕事など技の上達を祈願する祭りであった為、恋愛ごとは書いてはいけないのです。 しかし、織姫と彦星の話しが一般的なので、恋愛系の願いを書いてしまうのは仕方の無いことです。

    願い事を叶えたければ、白黒青緑赤黄紫の糸を縒りあわせた糸で短冊をぶら下げる必要があります。 そして内容は、「商売繁盛」とか「出世したい」とか「資格を取りたい」など、「芸事」が基本になります。 (詳しいことが知りたい方は、お聞きくださいね。)

    七夕には、その地域だけという風習もあり、北海道では七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの行事が行われています。 台湾ではバレンタインデーと同様に、男女がプレゼントを交換する日とされています。

    各地の「七夕祭り」で戦後に始まったものは、仙台七夕をモデルとしています。 第一次世界大戦後の不景気に歯止めをかける為、商店街の有志により大規模な飾りつけが行われたのです。 すると、大勢の見物客で商店街は賑わったので、これをきっかけに「七夕祭り」がイベントとして認知されています。 なお、飾り付けのくす玉も、仙台七夕が発祥です。

    あなたも七夕の夜に、彦星のような人と巡りあえると思いませんか?

    (- .-)ヾ ポリポリ
    関連記事

    PageTop