徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    評価。

    おはようございます。 いつも素敵な奥様にはキラキラ輝く光が見えますが、それは特別な意味がある訳ではなく自ら放つ光、生きていることで誰かを助けることができる温かさのようなモノ、それをいつも身に纏い周りの人の心を温かくして欲しいと思います。

    「人を見かけで判断してはいけない」と言うのはよく言われることですが、残念なことに見かけをきちんとしている人の方が、まともな人である確率が高いことが多いのも事実です。

    ジャージに健康サンダルで素晴らしい人もいるし、スーツを着ていても詐欺師と言う人もいるので、必ず「こうだ!」と言い切れる訳ではありませんが、お風呂に入り~歯を磨き~爪を切り~清潔にして綺麗な服を着て身だしなみを整える、それは外出する時に周りの人へ知らない間に不快感を与えないと言う意味でも必要なことです。

    人を見かけで判断してはいけないと言う本当の意味は、「あいつは大学を出ていないからダメだ」とか、「あそこは町工場で小さいからすぐ潰れる」など、キチンと生活しているにも拘らず「世間における評価と比べて違うと異論を唱える」のは、人の評価を見誤ることに繋がります。

    どうして人は見せ掛けの物にこだわるのか不思議ですが、東大卒と言うだけで頭が良いと先入観を持ち言うことは何でも正しいと思い込む、東大卒の官僚や国会議員は日本を滅茶苦茶にしてしまった現実、それを見ているのに東大は頭が良いなんて勘違いを修正できません。

    東大のすぐそばにある根津と言う街には飲食店もたくさんありますが、ここには東大生や東大卒でそのまま住んでいるサラリーマンなどが大勢います。

    しかし、「いただきますとごちそうさま」が言えない、座敷では隣の人へ足を向けて犬食いをする、狭い通路をすれ違う時も身体を避けることも無く相手が避けるのが当然と言う傲慢な態度、これが東大生や東大卒のサラリーマンの常識的行動で、東大に思いやり&ボランティアと言う言葉を理解させるには100億年ほど掛かります。

    それでも東大を出ていると言えば凄いとなりますが、日本で一番卒業生が多いのは東大、日本で一番成果を出せないのは東大、日本で一番自営業を失敗しているのは東大、こういう内容を知ると評価が当てにならないことが分かります。

    人に人のことを聞くほど無意味なことはありませんが、人は自分が思ったようにしか人のことは言わないもので、人のことを公平な目で見ることができる人は、周りに人が多く集まり自然と人の輪ができているはずです。

    ティッシュペーパーをテーブルの上に1枚置いて「これは、何だ?」と聞いた時、ある人は「紙」と答え~ある人は「正方形」と答え~ある人は「パルプ」と答えました。 どの答えも正解ですが余程の変わった人でない限りは、「ティッシュペーパー」と答えるはずです。

    「大卒・公務員・持ち家」の人と「中卒・飲食店アルバイト・賃貸」の人、世間の評価はどちらが上かと言えば間違いなく前者ですが、後者が飲食店を経営して成功した瞬間に「あの人は苦労して、あそこまでになった」と、手のひらを返したように評価が変わります。

    これを身近で分かりやすく県北における山崎かずみの評価に当てはめると、「知恵遅れ、馬鹿、愚図、臭い、自分勝手、最低、etc…。」と言う評価、そして県北を脱出(脱北?)してからどう言われているかと言えば、その評価は「県南でホームレスをしている」です。

    では、実際に鑑定へ来て私と会ったことがある人は、以上の評価を当てはめた時に「どれだけ合致しているのか?」は、実際に会った人だけが判定できることで、鑑定へ来た人が感じたことが自分の評価となります。

    先ほど書いた県北での評価を私に当てはめて「違う」と感じるのであれば、県北の評価とあなたの評価は「どちらが正しいのか?」と言う疑問も生まれるし、当てはまらないと思うのであれば、人の評価がいかにいい加減で当てにならないかと言う証明にもなります。

    ただし、県北での評価が間違っているのかと言えばそうでもなく、知恵遅れと言うのもあながち間違いではありません。 中学での成績は60人中60番と言う成績で、どのテストも30~60点が多く成績は最低でした。 (どうしてなのか、その理由は長くなるので省きます。)

    そして世間の評価に影響されない人でも「影響される部分」はあり、人の評価は自分が頭の中で考える評価と一致した時に「凄い~素晴らしい」と言う評価になるので、その人が考える評価基準により人の評価は変動してしまうのです。

    恋愛相談の時に気を付けているのは、目の前にいる女性に取って「良い男」を選び出すこと、目の前にいる女性に取って「良い」と言う判断基準を素早く掴むこと、そういうことができないと自分の基準を押しつけることになり、それができなければインチキ占い師と同レベルになってしまいます。

    そう言えば昨日の午前11時50分ごろ県北で銀行強盗があり、刃物を持った男がカウンターへ行き「金を出せ! おら!」とやりました。 そこで銀行員は「お金を準備するのに時間が掛かるので、しばらくお待ちください。」と言ったところ、その銀行強盗は言われるままにカウンターで大人しく待っていました。

    当然ですが5分もしない間に警察が到着して逮捕されましたが、県北の男たちは頭に思い浮かぶとすぐに自分の欲望を満たそうと動きます。 その欲望を満たす行動力は100点満点でも、その後でどうなるかを考える点では一枚も二枚も落ちるのです。

    「そりゃ~、一枚どころじゃなく500枚じゃないの?」と言う人、「鋭い突っ込みなので座布団一枚!」と笑点みたいに書いていますが、これは正真正銘の実話で行動は素早いけれど思考力で○○な話です。

    これも素敵なあなたがどう評価するかと言うこと、人の評価は思いや考え方や見方でいかようにも変わるのです。

    あなたは人を評価する時、何を基準にしていますか?

    v('▽^*)ォッヶー♪
    関連記事

    PageTop