徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    デッドゾーン。

    おはようございます。 今日も暑い一日となりそうですが、素敵なあなたは良い日となって笑顔で過ごせると思います。 暗い顔をしていると不運を呼んでしまいますが、笑顔で居ると幸運を招き寄せることになります。 運(調子)の悪い時には、流行っているお店などに行って、運のおすそ分けをしてもらうのも効果的です。

    私はどちらかと言うと幸運を振りまいて行きたいと考えているので、私が立ち寄ったお店には人が来るようになると思っています。 お店や会社を経営している人は、私が立ち寄ると「ラッキー!」と思っていただけるように今後も努力したいと思います。

    さて、倉敷駅前のある場所を歩いていると完全に判断ミスと言うか、戦略ミスなんだろうなぁと感じる場所があります。 その場所は夕方の5時~7時の間に、余り人がいないのです。 (一応平日の話で、休日は別です。)

    私はこのフロアの奥にあるパン屋さんへ時々行くのですが、入り口からパン屋さんまで誰ともすれ違わないことがあるし、買った後に駅方面の出口へたどり着くまで誰ともすれ違わないこともあります。 夕方5時以降に誰ともすれ違わないことが1回でもあるのは、非常ベルが鳴り響いている状態です。

    しかし、そんな状態を招いているのに気が付かないで変更もできないのは、嗅覚やカンが働いていない証拠かもしれません。

    基本的にショッピングをする場所と言うのは「デッドゾーン」を作ってはいけないのですが、このフロアはデッドゾーンが多いので、その通路を通れば誰ともすれ違うことなく外へ出ることが可能です。 私はここを通る時に店員さんと目が合うと気の毒ですし、店員さんもすることがなくて大変だと思うのです。

    何故こうなったのかはデッドゾーンの位置関係や動線、さらにはお客様の心理状態を考えていないからです。 駅へ向かう道と言うのは人通りが多いから、その両脇へテナントを並べればいいだろうと考えるのは素人のすることです。

    駅へ向かう人の流れは通勤や通学など所用を秘めている状態で向かうので、余計なことをしている暇はないのです。 たまにはお店の品物に目を奪われることもあるでしょうが、それはパーセンテージが少ないと思います。

    しかし、買い物に来る人は通路脇だけではなく、取り合えず奥まで行って見極めてから買う人が多いのです。 このフロアを見ると一目瞭然なのですが、奥のテナントほど流行っていて通路側のテナントほど閑古鳥が鳴いています。

    注:なお、「デッドゾーン」とは「使われていない領域」と言う意味であり、デパートなどでは人が通らないとか寄り付かない状態を言います。

    実は、この「デッドゾーン」と言うのは人間の心の中にもあり、今まで一生懸命やってきたのに、もう何をやっても駄目だとか無理だなどと感じる時があります。 このことを心理学では「デッドゾーン」と呼ぶのですが、この状態になると義務と役割に縛られてしまい、燃え尽き感や達成感による抜け殻状態につながってしまうのです。

    デッドゾーンをわかり易く例えるなら、恋人関係における倦怠期と言うならわかりやすいと思います。 あれだけ好きだったのに、何か話もなく二人でいる意味もわからぬまま過ごしてしまう、なんとなく惰性で過ごしているむなしさを感じていることなどに思い当たるならば、それは心のデッドゾーンに突入していることを示しているのです。

    二人の間に愛を感じなくなりコミュニケーションも無くなったのに、「お別れしましょう。」とも言えずにズルズルと愛が死にかけているような関係は、デッドゾーンをますます広げてしまうのです。

    夫婦関係でも同じであり、お父さんとしてやお母さんとしての役割、さらには給料を持って帰る側と家事をする側の役割にはまりこんでしまい、愛を感じない夫婦になったりして、この先の夫婦関係に関してあきらめや絶望を感じてしまったりするのは、夫婦関係のデッドゾーンに入っているので、離婚したくなければ何とかしないといけないのです。

    仕事にも当然デッドゾーンはあり、今まで自分が一生懸命やってきた仕事だったはずなのに、急にやる気が無くなってしまい燃え尽きた感じがして、わけもわからず疲れと仕事への意味の無さを感じ始めるのです。

    「私はこの5年間を、なんで働いてきたんだろう?」と思い始めて、仕事に義務と役割を当てはめてただ従うだけの状態は、人生のデッドゾーンに入ってしまいます。

    こうなると人生におけるデッドゾーンを捉え始めた証拠であり、人生にあきらめや絶望を感じて、人生に意味のなさや疲ればかりを感じるのです。 そして、生きていく意味や生まれてきた意味を知りたくなり、 それがわからない時は生きることが辛くなったり投げやりになったりし始めます。

    誰しもデッドゾーンに入るまでには、なんとかしようと努力をしたりして余計に傷ついてしまうことの繰り返しです。

    これを防ぐ為に考えなければいけないのは、あなたはひとりきりで生きているわけじゃないと言うことです。 未来で出会う予定の人のことを、しっかりと思い浮かべていただきたいのです。 あなたに会うことで生きがいや人生の影響など、未来を作り上げるキッカケができる人も大勢いるのです。

    あなたが生きる道の先には素晴らしい人々が一杯いて、その人達と出会う為にも立ち止まるわけには行かないのです。

    あなたは自分のデッドゾーンの解消を、キチンと出来ていますか?

    ヾ(@^∇^@)ノ ダイジョウブ~!
    関連記事

    PageTop