徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    自殺。

    おはようございます。 素敵なお客様とお会いできることは極上の幸せ、お会いできること自体がすごく感動です。 恋に悩む人もいれば仕事に悩む人もいますが、そのお悩みを一緒に解決する~もしくはお手伝いできると言うのは人生に意味を与えてくれます。

    県北で生まれ育ち知恵遅れといじめられて自殺まで考えたのに、運命は死ぬことを選択させなかった、死ななかったからこそ誰かの役に立つお手伝いをしようと思えるのです。

    昔は物欲ありありで、家が欲しい~車が欲しい~時計が欲しい~お金が欲しいと、欲しいモノだらけで不平不満の塊、今から思えば恥ずかしい限りですが人の幸せはモノやお金じゃありません。 必要とされる人生が本当の幸せ、自分を誰かが必要としてくれる、それに気付いていなかったのが悔やまれます。

    世の中には道を誤った人がいるけれど自分に気付きがあれば元へ戻れる、間違っていることに気付けば今とは違う自分に会うことができる、それにより生きている世界が違って出会う人が変わり、未知なる体験へと一歩踏み出すことが更に人生を充実させます。

    やらずに後悔するよりもやって後悔する、一歩踏み出す勇気が人生を変えることはいくらでもあるのですが、その為には当たり前のことながら「生きていること」が必須条件です。

    日本の年間自殺者数は毎年約3万人を超えていますが、死んで花実が咲く物かと言うように死んでしまえば何にもならない、苦しくても辛くても生きて行かねばならないことが人に課せられた使命です。

    ただし、マスコミお得意の嘘に騙されてはいけないのですが、日本の年間自殺者数が3万人を超えていると大騒ぎ、政府が悪い~国民に思いやりが無くなったなど嘘ばかり並べていますが、年間3万人が自殺と言うのは本当でも「毎年3万人強で推移」と言うことには触れていません。

    つまり、自殺者は毎年3万人くらいと言うのは事実ですが、増加ではなく横ばいと言う事実を無視して、あれこれ糞文句を言うのはマスコミお得意の情報操作です。

    自殺する理由は人それぞれですが、全てを「国民に思いやりが無い~政府の支援策が無い」と声高に言うのは間違いで、そういうことを言う人が自分で身銭を切って助ければ良いのに、自分は避難するだけで寄付もボランティアも一切しないのは情けない話です。

    自殺した人を誰でもかれでも全員をひとくくりにして、自殺した人は全部正しいから助けるべきだと言うのもおかしな話です。

    例えば、働かずに「酒・タバコ・ギャンブル」と遊びまくり、借金だらけになりお金に困って「脅迫・窃盗・強盗殺人」などを犯して服役、そして出所後に楽して金儲けできないからと再び犯罪行為を繰り返し~どうにもならなくなり自殺、それを「税金で支援&周りが支えないのが悪い」と非難する方が理不尽です。

    本当に助けるべきなのは、昨年10月大津市のマンションで男子生徒が飛び降り自殺した事件で、この自殺の原因は同級生たちのいじめと教師の見て見ぬふり、更にいじめた事実の隠蔽と口止め、学校も市も加害者もいじめの事実は無かったと言い続け、加害者もいじめは無かったと徹底抗戦するなんて反省していない証拠です。

    いじめた人間はロクな大人にならないことは確定で、「そんなことはない、立派な大人になるかもしれない」と、アホな幻想を持つ教師や大人が多いけれど、学生の時に改心しない限り社会へ出て改心することは99%ありません。

    私をいじめていた県北の人たちは大人になってからもいじめを続けて、その内容たるや酷いと言うか鬼畜そのものです。 いじめをしている人は犯罪予備軍になりやすい、犯罪に手を染めた人は再犯しやすい、それは過去のデータから見ても明らかです。

    女性を襲いまくって逮捕された同級生の○○君、彼は出所してから岡山市○区に住んでいます。 この情報を読んだ瞬間に「もしかしてうちの近所…?」と懸念を抱いたり、「○区のどの辺?」と知りたくなったはずです。 (←いちおう作り話ですが、知りたい方は鑑定の時に…。)

    それは図らずも人間心理として、「また、やるかもしれないから、近所なら注意しよう(気をつけよう)」となり、いくら綺麗事を言っても自分に火の粉が降りかかったら、途端に「犯罪者を厳しく罰せよ!」と言い始めるのがオチで、被害に遭っていない人が綺麗事を言うのは間違いです。

    月並みですが生きていれば良いことがあるはずで、絶対に自殺をしてはいけないと思います。 岡山県には私がいじめられるのを見て見ぬふりした教師が大勢いるし、私をいじめたメンバーのA君が教育委員会に勤務とは、いじめの張本人がいじめを撲滅できる訳がありません。

    知恵遅れといじめられ続けても自殺しなかったのは死ぬ勇気が無かったのと、自殺したら県北の人たちが「自殺しやがった、嬉しい! やったぜぇ!」と、大喜びするのが分かっていたからで、いじめる思考回路は相手が死んだら喜ぶのが普通で反省はしません。

    大津で明らかになるいじめの実態は県北では普通、教師は見て見ぬふり~同級生も見て見ぬふり~県北の大人たちはいじめが存在しないと認めない、橋から川へ突き落とす~ファンタオレンジに尿を混ぜる~たこ焼きに兎の糞を混入~婦○暴行や放火、この程度はいじめじゃなく遊びか冗談と彼らは言います。

    それでも今から思えば過ぎ去った過去であり、どうこう言っても生きているからこそ幸せを実感できるので、県南へ出てきて素敵なお客様方の支えがあることに感謝、いつも御支援と御愛顧を本当にありがとうございます。 m(__)m

    最後に護摩の場所ですが東京の由緒あるお寺でやる為、お手伝いは現地へ早朝6時までに到着できることが条件となります。 残念ながら同級生の現役神主K君や僧侶の娘Tさんを見ていると、岡山の僧侶や神主はとても信用できません。 (←半分ネタ、半分本気…?)

    あなたは自殺に対して、どのような思いがありますか?

    (`◇´)ゞアイアイサー!
    関連記事

    PageTop