徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    オペラ。

    おはようございます。 素敵なお客様には信じられない幸運が降り注ぐ、それを祈っているのが本当に楽しいことで、誰かが喜ぶ顔や嬉しいことが起こる未来を想像するのは楽しいから、もっと多くの人々の役に立つ為にも更に精進していきたいと思います。

    さて、多くの人を魅了すると言う点ではオペラもその一つで、オペラとは舞台上で衣装を着けた出演者が演技を行う点で演劇と似ていますが、役柄の感情表現が歌手による歌唱で進められることを特徴とします。

    日本でのオペラの歴史については、1894年11月24日に東京音楽学校奏楽堂で、ハンガリー大使館職員によりファウスト第1幕が上演されたのが、日本で行われているオペラの原点と言われています。

    そして1903年に東京音楽学校&東京帝国大学の教師らの指導の下に、グルックのオルフェウスが上演され、1911年に創設された帝国劇場に歌劇部が併設されて、オペラの小規模な上演が行われるようになりました。

    この時代には日本人による創作オペラの作曲と上演が行われていましたが、日本人によるオペラには東儀鉄笛(1869年~1925年)の常闇(1906年・台本=坪内逍遥)や、小松耕輔(1884年~1966年)の羽衣(1906年・台本=小林愛雄)があります。

    帝劇オペラは帝国劇場との名前でしたが国営ではなく株式会社だったので、財政難から上演の継続が困難となり1916年に帝劇洋劇部は解散となりました。 この時期に来日して洋劇部の指揮者を務めていたジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシーは、自腹を切ってオペレッタ劇場ローヤル館を運営するも1年足らずで閉鎖となりました。

    その後は浅草で浅草オペラとして知られる公演が行われ、色々なオペラ劇団による公演が行われて大衆化に貢献、この浅草オペラも1923年の関東大震災による劇場の焼失で衰退して1925年には消滅しました。

    喜劇の榎本健一は浅草オペラで活躍して、その後の音楽性にあふれた軽妙かつ活動的な芸風は、浅草オペラの経験によるものと噂されているようです。

    1932年にヨーロッパで活躍していたテノール歌手の藤原義江が帰国して、藤原歌劇団の前身の東京オペラ・カムパニーを設立して本格的公演を行いました。 1939年には藤原歌劇団となり、1942年にはローエングリンを上演しています。

    第二次世界大戦後の1952年に東京音楽学校の出身者たちで二期会を設立、藤原歌劇団と共に戦後の日本オペラの中心的存在として、本格的なオペラ上演を展開していくことになりました。

    1956年に第1回イタリア歌劇団公演がNHKの招きで東京宝塚劇場で公演、これは主要歌手や演出家などのスタッフのみがイタリア人で、管弦楽団や合唱や舞台美術は日本人がイタリア人に教えを受けるタイプでした。

    海外渡航が難しくて円の力が弱い時代に本場のオペラを見ることで、日本のオペラの実力アップに繋がりました。 その後も他のオペラ団体が生まれたのですが、先程の二期会や藤原歌劇団を含めて専用の劇場を持っている団体はありません。

    1997年には日本初のオペラ専用の新国立劇場が誕生して、専属のオーケストラや歌手や音楽監督は存在せず専属の合唱団があるのみでした。

    地方を含めた多くの都市には地元のアマチュアの合唱団と、プロのソリストやオーケストラが共演する市民オペラが存在して、地方では地元の民話などを題材にした新作オペラが上演されることもあります。

    それでも主要都市が歌劇場を持って専属のプロの歌手やオーケストラ、合唱団や音楽監督が存在するヨーロッパとは大きな隔たりがあります。 ただし、日本にはヨーロッパほど自国団体のオペラ上演に対する需要がないので、オペラの盛況は発祥の地であるヨーロッパ特有とも考えられます。

    日本語によるオペラの発声法については確立されていないとも言え、日本語は母音が多いので誰が何を言っているのか同音異義語が多くてわかりにくいです。

    2002年に小澤征爾氏がウィーン国立歌劇場の音楽監督になりましたが、歌詞にウィーン訛りやイタリア語訛りの出てくるリヒャルト・シュトラウスのバラの騎士で、そうした訛りが聞き取れませんでした。

    この年になってこんなに勉強できるのは嬉しいと話していましたが、本来は音楽監督から学び取る、そして舞台を引っ張っていく存在であらねばならず、現在の日本人の限界があるとも言われています。

    なお、昔は移動に時間がかかりすぎて自由に行き来できなかったので、歌劇場と歌手が契約したら、その歌劇場で歌うのが原則と言う時代もありました。 (今は舞台装置など色々なことが便利になっているので、そんなことはありません。)

    マーラーがウィーン国立歌劇場に登場した当時、序曲を含むオペラ上演中の客席入場を禁じました。 それまでの歌劇場は上流階級の社交場でしたから、ドレスでロビーを彩り社交場の意味合いもありましたが、その為に開演時間を過ぎて客席に着くケースが多かったのですが、それをやめさせるようにして行ったのです。

    そしてカラヤン以後は字幕付き原語上演が主流になりまして、更にジェット旅客機などの交通機関が発達すると、世界のトップ歌手は劇場専属になるより有力な音楽エージェントと契約して、世界中の歌劇場にメインキャストで出演する為にジェット機で飛び回るのが主流になり、歌劇場専属は中堅歌手が主流になっています。

    一度はオペラを見に行きたいと思いつつも、オペラは上演時間が長いのでなかなか行きずらいのですが、ワーグナーの作品だと演出によって6時間ですから、15時から始まっても休憩を入れると終わりは22時なんてことになります。

    最後に、以前からの夢が一つ叶ったので嬉しくて御報告ですが、志村けんさんの留守電の応答メッセージは小泉今日子さんですが、私も同じようなことをしてみたいと思いつつ機会は無かったのに、ある方にお会いできたのでダメもとで頼んでみるとOKでした。

    今の私の留守電の応答メッセージはある方の声で流れますので、誰の声かは公表できませんけれど、興味のある方は昼間に電話したら留守電に切り替わるので聞けます。

    声の通り~滑舌~響きなどさすがプロと素人の私が言うのも失礼ですが、音源は綺麗な声ですが留守電になると再現できているか少々不安ですが、夢が叶ったので幸運のお裾分けです。

    あなたはオペラ、見たことがありますか?

    o(^-^)o ワクワクッ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は12月の予約を受付中で、6~11月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    新幹線。

    おはようございます。 今回も無事に移動できて倉敷事務所にてブログを更新していますが、こうやって何事も無く普通に過ごせるのも奇跡で、何も無いことを当たり前に思うのは贅沢そのものです。

    朝出勤してから彼や旦那や彼女や奥様が無事による返ってくる保証はない、いくら頭に来ていても喧嘩も一人じゃできないので、只今とお帰りが言えるのは素晴らしい日常です。

    6月9日午後10時頃に神奈川県内を走行していた、東京発新大阪行き東海道新幹線のぞみ265号の中で、30代の男性が刺されたと小田原市の消防に県警から通報がありました。 小田原駅で下車させて搬送しましたが意識不明の重体後に死亡しました。

    この事件は鉈(ナタ)で女性に切りつけた男を取り押さえようとして、勇敢にも立ち向かった男性でしたが本当に素晴らしい行いで、この男性がいなければもっと被害が広がって死傷者が増えていたと思います。

    こういうことがあれば女性を助ける為にも男なら行くべきですが、こういうことを言うと性差別だと怒鳴る人がいるので面倒くさい話ですが、だったら襲われても助けてと言わずに自分で対処すればいいだけの話、私は人が襲われていたら迷わず助けに入ります。

    デジカメの小部屋にある男子会の画像の中でも、画像に向かって最前列の右にいるH社長と最後列の左から二人目のAさんは、こういうことがあると喜々として犯人確保に行く二人ですが、このような犯人は弱者しか狙わないのが卑怯な所でゴツイのが行くと何もしないのです。

    さて、今日の本題ですが県北時代に地域や工場の人たちの車には、鉈とロープと手錠は常備していたので鉈など普通、そもそも虐められていたので鉈の背の部分で腹を突かれたりわき腹や肩を叩かれたり、脅しとして鉈を壁や机に叩きつけたりなどはしょっちゅうですし、近所のおじさんが喧嘩になったら相手の家の玄関を鉈で破壊など、鉈は日常で見ていたので珍しくも何とも無いです。

    しかし、素敵なお客様方曰く、「鉈なんか見たことが無いし使ったことも無い」と言う御意見が多いので、今日は「もしも、鉈で襲われたらどうしたらいいのか?」を解説していきたいと思いますが、新幹線で事件が多いので新幹線内で鉈を持った男が襲い掛かってきた、そういう状況と仮定して解説して行きますね。

    鉈を持った男が新幹線内に現れたらとにかく逃げるが一番、立ち向かおうとせず逃げるのが最適ではあります。

    しかし、逃げられないのであればいくつか方法を説明していきたいと思いますが、まずは車内では対処せず連結部分に逃げ込む、鉈は振りかぶるなど後ろや上に可動域が無いと威力が無い、だから連結部分にはトイレなど施設があって通路が狭くなっているので、少なくとも鉈を振り回せません。

    そこまで逃げられない時はどうしたらいいのか、取りあえずは身を守る為に自分も何か獲物(武器を獲物と言います)を手にすることです。 週刊誌(文春クラス)を固く丸めると、かなり固くて有効な武器になりますから鉈の一撃目を防ぐくらいはできますし、雑誌で相手の手を叩いたり威嚇したりくらいはできます。

    次に誰でも持っているモノで言うと500mlのペットボトル、この中身を3分の1くらいにします。 そして蓋を閉めて手に持つとあら不思議、物理として当たり前ですが中身が上下することで遠心力が働き、それで殴られると下手すると頭がい骨骨折もありうる武器となります。

    私は虐められていたので身を持って威力を知っていますが、この方法のペットボトルで殴られると痛いのなんの、顔面にヒットしたら目から星が出る程ですから、これは非力な女性でもかなり身を守るのには有効です。

    そんなこと言っても何も無い(逃げられないし武器も無い)と言う時は、思い切って相手に密着することです。

    相手に抱き着いてベアハッグを決める、そうすると鉈では攻撃できなくなるので、相手にしがみついたまま粘ること、実は密着されると鉈どころか殴る蹴るも出来なくなるので、密着して離れないと攻撃されても威力はないし致命傷にもなりません。

    そこで女性でもできる反撃は頭突きで、今回の犯人もメガネをはめているから頭突きは最適な攻撃で、ベアハッグを決めたまま後ろに頭を引いて思い切り相手の眉間を狙い、自分の額を打ち込むと女性の力でもノックアウトできます。

    それから言い忘れましたけれど、連結部分まで逃げることができたら消火器を取り出して、犯人に向かって噴射するのも有効です。 相手が粉塗れになろうが息ができなかろうが、相手は殺そうとして向かってくるのですから遠慮なしに顔に向けて噴射して下さい。

    そして誰かが立ち向かってくれたら援護射撃はできるので、犯人が馬乗りで攻撃していたら後ろからスーツケースで殴るも良し、後ろから首を絞めるも良し、せっかく立ち向かって助けてくれた人を見殺しにするのは男としていかがなものかと思います。

    後は緊急停止ボタンを押して新幹線を止める、そしてドアを開けて乗客を逃がすのもありです。 これをやると新幹線総合指令所が異常を検知、すぐに上下線共に新幹線は止まるので跳ねられる危険性も少なくなります。 (←お勧めはしません)

    なお、逃げ場も無ければ消火器も無ければ周りに人もいないと無い無い尽くしなら、地面に寝る方法もあります。 相手に対して仰向けに寝っ転がり近付いて来たら蹴る、とにかく屈伸させて近付いて来たら蹴るの繰り返し、そうすると足は切られるかもしれないけれど致命傷にはなりません。

    ここで説明したのはホンの一部で、他にも色々な方法があるけれど実戦は全てアドリブなので全てを説明は無理ですから、こういう現場に遭遇しないのも未然に防ぐ意味合いではいい方法です。

    以上はいじめられていた経験から来る実戦では有効なモノですが、あくまでも身を守る為にやることで、これをいじめに使うのはやめて下さいね。 (やらないと思いますが)

    スポーツ選手は後ろからタックルされた程度で警察が出てきて大騒ぎですが、いじめなら階段から突き落とされても警察は出てこないし次の日も学校へ行く、根性の違いで言うと「いじめられっ子>>>スポーツ選手」で雲泥の差、ルール無しの戦いはスポーツや武道や格闘技じゃ対処できません。

    犯人に立ち向かって命を落とされた勇敢な男性には国民栄誉賞を上げて欲しいですが、世の中に迷惑をかける犯人が生き残り大勢の人の役に立つ人が亡くなる、そういうことがあると残念で仕方がありません。

    あなたは新幹線の事件、どう思いますか?

    ; ̄ロ ̄)!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    Twitter。

    おはようございます。 今日も朝から素敵なお客様には感謝の気持ちで一杯ですが、素晴らしい出会いを与えて頂ける、更には色々なことを教えて頂ける、そんな素晴らしい毎日に感謝できないなら贅沢そのもので、私は毎日が幸せな時間だらけで本当にありがとうございます。

    しかし、その幸せな時間を得るには県北から県南へ出てきて、占い師人生が始まってからのことで、以前の私はろくでなしの生き方をしていたからこそ、本当に反省するしかない恥ずかしい生き方でした。

    だからこそわかるのですが、開運の為には悪口や不平不満を言う人とは関わらない、それが一番だと痛感しておりますが、今の時代はネットがあるので関わりたくなくても向こうから関わって来る時代です。

    例えば、Twitter(ツイッター)はSNSとして皆様も御存じかと思いますが、日本語は140文字以内のメッセージや画像や動画やURLを投稿でき、色々なことを呟いたりできるサービスです。

    このTwitterは英語で「さえずり・興奮・無駄話・なじる人・嘲る人」との意味で、日本語では「つぶやき(呟き)」と意訳されています。

    このTwitterを利用するには登録してアカウントを作ってスタート、難しいことも無くPCやスマホにてログインして、画面に出て来るツイートボタンを押してボックス内に140文字以内で入力して投稿のボタンを押すだけです。

    Twitterにログインしたら自分のホームにはタイムラインとして、自分の投稿やフォローしたユーザーの投稿が時系列順に表示されます。 他のユーザーが自分のことを投稿して更に他のユーザーがそれを見てリプライなど、コミュニケーションが生まれる感じです。

    Twitterへの投稿や閲覧は公式サイト上で行う他にも、iPhoneやAndroidなどスマートフォン用のアプリも公開されていて、色々な環境で使うこともできるので便利です。

    ただし、便利と言うことはそれなりに違う側面も生まれるのですが、Twitterでは簡単にやり取りができる為、芸能人や有名人に対する誹謗中傷が問題化していて、その芸能人や有名人のアカウントが炎上してしまうケースもよくあります。

    Twitterに書いた内容は基本的に全世界に公開していることになりますが、誹謗中傷を書かれたユーザーが書いたユーザーに反論をすると、エゴサーチとも呼ばれて悪く書かれた上に更に悪く言われることになります。

    そしてバカッターと言う造語もあるのですが、日本のインターネットにおいて誕生した利用者によるバカな行為を表すネットスラングで、見たらわかるように馬鹿とTwitterのかばん語からできています。

    基本的にTwitterは自由な使い方ができるのでツールとしては素晴らしいけれど、それを使う人間の方が品格やマナーなどを身に付けていないと、ツイートに内容の酷いものが多くなるのも自然な流れで、余りにも酷いのがバカッターと命名されたようで、Twitterへの投稿を通して自らの反社会的行動(ばかなこと)を世間に曝け出す行為を言います。

    このバカッターは個人名を出した上で犯罪自慢をする人も存在して、悪ふざけで投稿した文章や画像から炎上することもあります。 炎上後に事の重大性に気付いた時には既に手遅れで、投稿を削除してもキャプチャされた画像やキャッシュが半永久的に残り続け、第三者によって特定されて、実名や学校などの個人情報や誹謗中傷がネットに拡散されます。

    こうなると思わなかったことで有名人になってしまい、その人や周囲の人生を大きく変えてしまうこともありますが、日本は優しいので大半はお咎め無しとなっているので、いくら馬鹿なことをしても罰されないから何度でもやります。 常識の無い人は罰せられない=やってもいいと思うので、どうしようもないのです。

    特に2013年はバカッターに該当する投稿が数多くあって、バカッターの語がネット流行語大賞2013にて4位となりました。

    このように自らネット上で犯罪行為を告白するユーザーは、ネットを匿名だと思い投稿の公開範囲を理解していないからなのか、思い付きですぐに登校できるツイッターは便利ですから、内容に問題がないかを投稿前にプレビューすることは少ないように思えます。

    バカッター騒動により被害を受けた店舗が多額の損害を受けたり、最悪の場合は自主廃業となった例もありますが、その危害を加えたバカッターユーザーの方はほぼお咎め無しですから無法地帯でやったもん勝ち、損害賠償請求を検討する企業はほとんどありません。

    Twitterは素晴らしいtoolなのに使う人間が間違った方へ誘導する、Twitterは本来呟くだけですから現実で言う独り言、それを掴まえて説明しろと求める人は読解力が無いとも言えますが、140文字では文の簡素化により字足らずで誤解を受けやすいとも言えます。

    覚えている方もいるかもしれませんが、人気アイドルグループ『恵比寿★マスカッツ』の葵つかささんのツイッターに、襲いに行くなどと書き込んで脅したとして、パート従業員の49歳の男が逮捕されましたが、これは岡山市新見市の男性でした。

    Twitterは手軽に始められていくつもアカウントを作れるので、嫌なことを書き込まれてブロックしても何度でも別なアカウントで攻撃して来るので、粘着質でしつこいのは避けられないので、誹謗中傷されるのが嫌ならツイッターをしてはいけないとも言えます。

    Twitterをしていく上で、誹謗中傷は相手にせずブロックする、そういう人は何をしても嫌がらせをする人なので相手にしても仕方が無いし、ブロックしてもすぐに次のアカウントを作り直してやってくるので、永遠にブロックし続ける作業をするのがツイッターでもあり、芸能人などは嫌がらせを気にしているとTwitterはできないと言ってます。

    ただし、占い師など自営業の場合は少し事情が違いまして、粘着質で攻撃してくる人がいることで名前が売れる、方々で悪口を書きこまれることで知名度が上がるから、無料の営業マンと言う面もあるので悪口を放置できるなら、それはかなりお得なので悪口を書いて名前を広めて頂き、本当にありがとうございますとも言えます。

    あなたはTwitter、やってみたいですか?

    (-。-;)

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    面白いこと。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方は幸せな一日の始まり、何事も無く動けるのは幸せなことですから、もっともっと幸せにではなく今が幸せと気付けるかどうかで、自分の人生をつまらなくも面白くもどちらにでもできます。

    世の中には良いことも悪いことも毎日起こっているけれど、それを受け止める方が良い悪いを決めることもできます。 よく言われるコップに水が半分も、もう半分しかないと、まだ半分あるでは違う、それこそが受け止め方の面白い所です。

    自分のことを棚に上げて世の中がつまらないと思うのは昔の私そのもの、そう言いたくなる気持ちもわからないではないけれど、面白くできないのは自分のせいでもある、そう考えてつまらないを面白くに変える努力も必要ですし、まずは毎日が面白いと嘘でも思うことから始まります。

    極端な例ですと、ユネスコの世界遺産にどんな形でも決まって欲しいと願うのは、実は観光収入がアップするからと言う欲が根底にある、今までは誰も見向きもしなかったのに世界遺産に登録されただけで長蛇の列、そういう情報に振り回される世の中と言うのも面白い所です。

    そのユネスコの世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護の為、毎年5月に開催してきた現地大祭を中止にして原則入島禁止にしましたが、これくらいしないと観光マナーの悪さは予測できるし、女人禁制は差別だと騒ぐ時代ですから男女入島禁止は英断です。

    世界遺産に決まらなければ島に上陸できていたのに登録されたら入島禁止、これこそが観光目的の欲丸出しではない本当の遺産保護で、遺産を保護するのが目的で世界遺産を決めるのであれば、認定されたら立ち入り禁止にするのが本当なのに、観光目的=お金が欲しいだからできない相談なのが実情です。

    それから私が県北時代の食生活にて以前にもブログに書いた昆虫食、これは人の話を聞いているだけなら面白い筈ですが、地球上で食料が足りなくなってきている現在ではいよいよ本格的な調査も始まっています。

    実は国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食について色々と発表しているようなので、私は県北で食べられなかったので無理なモノばかりです。 昔は好き嫌いが多いと虐められましたけれど無理なモノは無理、カブトムシ・カマキリ・コオロギ・タガメ・ハチ・ミミズなど、私には絶対無理と言えます。

    できることなら昆虫を食べるのは遠慮したいけれど、このまま人口は増え続けると仕方が無いとなるかもしれず、未来では昆虫食も避けられないのかなと思いました。

    また、人は30代→40代→50代→60代となれば友人は次々に減っていくから、友人は常に作り続けなければ自然と減ります。 だからと言って無理な友人関係を作り続けると息苦しくなる、だから友人ではなく顔見知りや仲間にしておく感覚が自分を救います。

    人付き合いを大切にしすぎると息苦しくなり友人関係が重荷になる、友人ではなく顔見知りや仲間と言う輪の中にいるけれど交わらない、その感覚を作り上げると人生は楽になりますが、人付き合いが面白いと人生は凄く楽で楽しくもなります。。

    生きていて楽しいですかと聞かれて楽しいと答えられる人は、今現在が何不自由のない生活ができて悪口や嫌がらせとは無縁の生活、人の悪口を言う人は自分が幸せじゃないからこそ言えるのです。

    幸せな人に多いのですが自分で言わなくとも人が凄いなど称賛してくれることが多く、自分が凄くない人は自分で言わないと認められない、本当に凄ければ自分から言わないし言わなくても認めて貰えるから、結局は人の悪口を言う人たちは小物となります。

    なお、自分の不幸が他人の幸せではないので、自分を虐げることで相手を幸せになんて傲慢です。 まずは自分が幸せになることで余裕が生まれますが、問題なのは幸せになった後の行動に人間性や本性が出るので、その後が注意となります。

    悪口や嫌がらせをする人の怒りが好例で、しつこく何度も纏わり付く怒りは怒りに憑りつかれた人間の愚かさが見える筈です。

    残念ながら悪いことや嫌なことは吸引力が強く、良いことや素敵なことは吸引力が弱いからこそ人は悪いことに惹かれていきますが、悪い方へ行けば行くほど良い方からは遠ざかるので、良いと悪いのどちらに吸引されたいかは自分次第です。

    運の悪い人は自分の考えこそ絶対と考えて人を認めず自分を神と思う、運の良い人は自分の考えなどまだまだと学ぶ姿勢を見せる、それだけ違いが未来を大きく変えて10年後の自分を視た時、どちらが惨めな姿になっているかは火を見るより明らかです。

    世の中は急がば回れで焦っている人は大儲けを狙っては損をするからこその諺で、うまい話に騙される愚者はいてもうまい話を人に教える愚者はいないと言い、世間で騙される人の相場は自分だけ儲けようと言う心に原因があります。

    お金が人を変えるなんて間違いで、お金持ちになって傲慢になる人はお金持ちじゃなくても根が傲慢でお金とは無関係、良い人はお金が無くても良い人ですし悪い人はお金が無くても悪い人ですから、お金で変わるのではなく元々そういう人だからです。

    世の中には楽しいことや面白いことがたくさんあるのに、寄ってたかって自分より上にいるのが気に食わないと僻み妬み、そして邪魔して引きずりおろそうと企む暇な人が多く、温かで穏やかな人生を歩く人とは無縁ですから相手にしないことです。

    面白いことに遭遇したければあきらめないこと、努力が長続きしないのは自分の才能を信じていないからです。 自分の才能を信じられないから苦しい努力をしても結果など出ないとあきらめる、このあきらめは怠けると同じことで自分の才能を信じないことこそ無能と言います。

    口がうまければ得なんて言うのは気の迷い、仕事ができない人は大抵が話し上手の筈で、何故なら自分の正当性を主張する為に言い訳がうまくなる、自分は正しいと誤魔化す為には話がうまくなるものです。

    予定調和の道を歩いているなら予定通りのことしか起こらないのは当たり前、それを面白いことが起きないと文句を言う方が間違いです。 面白いことを体験したいなら人とは違う道を歩く、その冒険心の無い人には予定通りのことしか起こりません。

    あなたは面白いこと、起きていますか?

    アレレレ!?(・_・;?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    嫌がらせ。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せな毎日なので陰口なんて無関係だと思いますが、陰口の反対語は陽口(ひなたぐち)と言います。 人は自分を投影する生き物ですから、陰口を言う人は悪い状態、陽口を言う人は良い状態、それだけのことなので陰口を言う人を相手にしてはいけません。

    しかし、会社でも学校でも陰口や嫌がらせをする人はいるもので、この心理は嫌がらせをしない人に取っては理解できないと思います。 この嫌がらせとは基本的に幸せな人はしない、あくまでも不幸な人が幸せな人にするもの、どのように嫌がらせをやってやろうかと嫌がらせを楽しめる不幸な人はいます。

    では、どうして不幸な人は嫌がらせをするのか、一番には嫉妬心で誰かが成功したり出世したり、自分が手に入れられないモノを手に入れたり、自分が好きな人と付き合ったりなどが嫉妬心です。

    残念ながら自分がどうやっても手に入れられないとなれば、不幸な人は相手を称えることができないから、この野郎と憎しみを持ってしまうのです。 特に同性に対して思うことが多いのが人で、男性→男性&女性→女性で嫌がらせをしたいと思うのは嫉妬心がほとんどです。

    この嫌がらせは単なる八つ当たりで、自分ができないことや欲しいのに買えないものなど自分より相手が上と感じる状態が嫌、それよりは相手が困っているを見たらスカッとする、そういう自分の優位性が気持ちを喜ばせる仕組みです。

    男性は嫉妬心から嫌がらせをする場合に、ほぼ間違いなく自分の方が立場が下だからこそ嫉妬心が芽生える、自分が負けている時ほど嫌がらせをしたいと思うのです。 嫌がらせをして相手が嫌がれば自分が勝ったと思える、本来は負けっぱなしの相手の筈が嫌がらせにより勝ったと思うことができるのです。

    次に多いのは単純に相手の嫌がる顔が見たいで、実は本質的に相手の嫌がる顔を見るのが嬉しいと言う人がいて、そういう人は嫌がる顔を見たいと言う自己欲求を満たしたいだけで、嫌がらせ=息をする=お腹が減ったらご飯を食べる、このレベルのことです。

    嫌がる顔をみたいと言う変質者でサディスティックな性格とも言えるし、幼児を甚振る変質者と同様とも言えるし、そういう性癖とも言えるし、とにかく相手の嫌がる顔に喜びを感じてしまう、その欲求を満たす=嫌がらせと言うわけです。

    こういう人は嫌がる顔をみたいだけなので陰でコソコソ、危害を加える嫌がらせはしない代わりにしつこい、嫌がる顔をみたいだけだから2年3年と続ける代わりにナイフで刺すなど直接的な危害は加えません。

    なお、男性が女性に対して嫌がらせをするのは、相手の嫌がる顔が見たい心理から嫌がらせをするだけ、基本的に変質者タイプが多いです。 (←好きだけど相手にされな時も同様です)

    そして会社内で男性に多いのが周りからの評判を貶めたいで、これは自分が負けているから相手の評判を落としたいと言う単純な理由、嫌がらせをして相手の評価を落とそうと頑張るのですが、こういう人は周りへのゴマスリもうまいので、意外と嫌がらせの効き目があったりして、やられた方は残念ながら評判が落ちたりします。

    こういうタイプの人は策士が多いから、どうすれば効率的に火の粉をかぶることなく嫌がらせがやれるか、自分には被害が出ずに相手だけ苦しめると言う、まるでマジックのような嫌がらせを仕掛けていく卑怯さには歯が立ちません。

    後は人間としては誰にでも起こるのが、どうしても許せないことがあったからが多いのですが、憎しみから嫌がらせの心理が発生して、何とか仕返ししたいとなるのは仕方が無いと思いますが、だからと言って嫌がらせをしていい訳ではありません。

    どうしても許せないことがある人は、ずっと許せないと心に負のエネルギが溜まり続けて本人の為にも良くないけれど、負のエネルギーは元の道へ戻れないことがほとんどです。

    そして男性から女性に対して多いのが好意を持っているからで、好きな相手には嫌がらせと言う小学生並みの話です。 好きな人だから俺のことに興味を持って、そんな心理が嫌がらせとなります

    会社などで嫌がらせするのに多いのが自分に自信がないからするケースで、自分に自信がないと相手を下げて自分を上げる為に嫌がらせをして落とす、人に嫌がらせをした分だけ自分が優位に立った気分になるので、自分の自信のなさを嫌がらせによって埋めるのです。

    人間社会で多いのはストレスが溜まっているから嫌がらせで、ストレスが溜まると八つ当たりをしたい、ちょっとのことに腹が立つ、だから嫌がらせをしてストレス発散をするのはかなり多いです。

    上司が部下に嫌がらせなどが良い例で、悪いことをしていないのに些細なミスを無茶苦茶怒られたり、用事を山ほど言いつけられたりする上司の本音がストレス発散です。

    そして不安なことが心の中にある人も嫌がらせをしますが、人は不安なことがあると不機嫌な表情を出して不平不満を話すもの、不安は人を歪ませてしまうのです。 そんな気持ちを紛らわすには嫌がらせをして落ち着かせる、人に嫌がらせ=安心と言う心理が働いてしまう人もいます。

    嫌がらせをする人のケースや心理を説明してみましたが、嫌がらせは絶対にしてはいけないことですが、嫌がらせをしたくなる心理や人の思考はこんな感じです。 嫌がらせをしたくなる心理もわからないではないけれど、悪意を持った嫌がらせをしたいと思える心が、まともじゃないと言うことを理解して自分はやらないと決めて下さいね。

    人は嫌がらせをしたくなる生き物ですが、人と接している以上は仕方が無い感情、そんな心理になって嫌がらせをしようと思ったなら、嫌がらせは自分に跳ね返ってくると思い直す、自分がしたことが自分へ返ってくるので、占い的には嫌がらせはとても危険です。

    一時的にはすっきりするかもしれませんが、嫌がらせをしていると人間としてもダメになっていくから、絶対に嫌がらせはしてはいけません。

    あなたは嫌がらせ、受けたことがありますか?

    (((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    悪質タックル。

    おはようございます。 生きているだけで丸儲けと明石家さんまさんが言いましたが、故アイルトン・セナも生まれてきただけでチャンスなんだと言いましたから、日本に生まれただけで人類のかなり上位にいることができます。

    さて、その上位にいることのできる日本に生まれたにも拘らず、贅沢なことばかり言う人たちがいるのですが、それを大人(社長・役員・監督など権力系)と呼んだりしますが、その大人になると権力を手にして王様となってしまい、誰の意見にも耳を貸さずに我が物顔で突き進んで周りを嫌な思いにさせる人が増えます。

    最近、物議を醸しだして大ごとになっているのが日大アメフト部による悪質タックル問題で、その悪質タックルが起こったのは2018年5月6日の関西学院大学と日本大学の第51回定期戦で、日大DL(ディフェンスライン)から、関学QB(クォーターバック)に対する悪質なタックルがあったと言う事件(問題)です。

    簡単に説明すると、日大DLは関学QBがボールを投げ終わって約2秒後に背後からタックルしましたが、その時に日大DLはボールには一切反応せずに関学QBだけを目がけて突進しました。

    関学QBは明らかに力を抜いている状態で、その時の競技しているプレーとは全く関係ないところでタックルを受けましたが、これは関学QBを傷つける狙いだけとも言える行為で、明らかに意図的にやった危険で悪質な行為と言われて、今ではマスコミの格好のネタとなっています。

    そして2018年5月22日に日大DLの選手が顔と本名を公開して記者会見、坊主頭でスーツを着て弁護士同伴で会見にのぞみましたが、この行為自体はとても素晴らしいし立派でなかなかできることではないと思います。

    ただ、悪いことをして謝罪しただけで有名な経営者たちが挙って、「ウチに欲しい!」と言い始めたのはバカバカしい話で、最初から悪いことをしていない学生の方が遥かに素晴らしいのに、悪いことをして謝罪しただけで聖人君子の扱いには呆れます。

    そんなことより日頃から真面目に勉学に取り組んで、悪いことをしていない学生たちの採用枠を広げて欲しい、悪いことをした人にセカンドチャンスと言うのであれば、最初から良いことをしている人にはファーストチャンス、それが当たり前なのに流されやすい人に取っては、謝罪さえすれば悪いことをした人が善人に見える方が余程問題です。

    話は戻りますが、この悪質タックルは監督やコーチが滅入れしてやらせたと判明してきましたが、体育会系の良い所と悪い所の両面が出たとも言え、上からの命令は絶対で黒でも白と言えが出ています。

    そして更に酷いのは監督もコーチも知らん顔で知らぬ存ぜぬで押し通す、しかも全て選手一人の勘違いや勝手な行動と言わんばかりの態度、そして大学も同じように監督やコーチを庇う発言が目立ちましたが、大人がダメで学生がしっかりとあべこべの様子を呈しています。

    しかも被害に遭った方の選手も親も素晴らしい態度で謝罪は受け入れるし、逆に選手のことをおもんばかって庇う発言が多いし、人間的にもできた親子だなと思える感じですから、余計に逃げる日大との差が目立つと思います。

    なお、上から言われたからと言ってやるのはどうかと言う発言や意見もあるようですが、それを言う人に聞きたいのは「あなたは上からの命令に背けるのですか?」で、言われたことをする大人がほとんどの筈ですから、そんなことを言う人ほど加害者の選手を責められません。

    なお、この事件をいじめに例えるなら言い分は少し変わってきますが、ボールを投げたから無関係と言うルールは正しい、ボールを持っていない選手にタックルをしてはダメも正しい、それを踏まえた上でいじめられている子どもの意見を言うなら違った見方もあります。

    いじめの世界の言い分としては、いじめとは日常茶飯事で学校へ行けば常にいじめられる、いじめる方は気分次第でいくらでも攻撃してきます。

    後ろからタックルが悪質と言いますが、いじめでは後ろからタックルどころか、後ろから蹴るや物を投げるや体当たりは当たり前、後ろから攻撃は卑怯なんていじめの世界ではあり得ない、いじめの世界では後ろからの攻撃は楽しいや面白いになります。

    いじめの世界は常時戦場ですから気を抜いた方が悪い、ボールを持っていないから攻撃してはいけないなんてスポーツの世界の話で、反則行為があること自体がいじめの世界とは違う、いじめの世界にルール違反や反則行為はなく何をしてもいい、やられた方が悪いと言うのがいじめの世界です。

    私は休み時間に数人の同級生に後ろからいきなり抱えあげられて、そして2階の窓から投げ落とされましたが、それを見ていた同級生など他の生徒たちは大笑いして見ているだけ、たまたま校舎と校舎を繋ぐ渡り廊下の屋根に落ちたから今も生きていますが、もし地面に落ちていたら大怪我か、もしくは死んでいたをしていたと思います。

    しかし、これは油断していた私が悪かった、そしてやり返す勇気も体力も無かった私が悪かった、そう思うだけで狡いとか卑怯とか思うことは無いし、相手に謝罪を求める気もありません。 (岡山県北では当たり前のこと、やられた方が悪いとなります。)

    これでおわかりようにいじめの世界にルールなど無い、スポーツなら後ろからタックル程度で警察も動いて大騒ぎですが、日本中のいじめられている子どもたちの被害は甚大で辛い毎日、あのタックルが悪いなら日本中のいじめっ子は加害者として逮捕されるのが当然です。

    モノの見方とは色々とありますが、いじめの世界におけるいじめられている側から見ると、日大の悪質タックル問題も難しい話ではなくやられた方が悪い、スポーツの世界では悪質でルール違反と言うだけです。

    戦国時代にはどんな手を使ってでも勝てば官軍と言われましたが、戦に卑怯もルール違反も無い、それが戦と言うモノだと認識していますが、私が本気でスポーツを見ない理由がここにあります。

    表向きは爽やかと言いつつ裏では卑怯なことをしている、本当はスポーツ=何でもありの勝てば官軍を、いかにも子どものお手本としているのが納得いかないからです。

    あなたは悪質タックル、どう見ますか?

    σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop