徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    いじめ。

    おはようございます。 人は自分が生きていることには感謝できないけれど、目先の欲には感謝できる、その感謝できる先が巡り巡って自分へ返るから、感謝はいくらした所で多すぎることはありませんし、本来ならば有り難く思えないことほど有り難いと思わないといけない気もします。

    私は今が幸せで本当に感謝、その感謝は全てが素敵なお客様方のおかげで、素敵なお客様方に助けて頂けなければ今頃は棺桶か刑務所、それが視えていたから本当に感謝してもしきれない程のありがとうをお伝えしたいです。

    中学2年生の時に教室で首吊り自殺をして虐めている人たちに仕返しと思いましたが、実は県北の人たちは自殺した人を見て大笑いして酒を飲める人たちなので、そんなことをしたら同級生たちが私の死体をサンドバッグにして遊び、大笑いして馬鹿にすることが視えていたからやめました。

    大人になってからの自殺は踏切で待っている時、ついふらふらと線路に入り特急やくもに跳ねられようと思いましたが、線路内で待っていると特急やくもの迫力は相当なモノで、ビビりの私は余りの迫力に怖くなって線路から逃げ出して跳ねられずに今があります。

    今は生きていて良かったと思いますが、県南へ出てきて占い師になったのは、本当に奇跡と言うか巡り合わせと言うか、素敵なお客様方と出会える奇跡が無ければ今の私はありません。

    ただ、私はたまたま素敵なお客様方に助けて頂いたから良かったけれど、そうではなく虐めの後遺症で苦しんでいる人も大勢いる筈ですが、虐めとはその場だけで終わるものでもなく永遠に続くものであることを、虐めた方も虐めの傍観者も気付けないままです。

    子どもの頃に受けた虐めの影響は大人になってからも間違いなくある、県北の極悪な虐めの経験者である私が言うのですから、病名としても存在する虐め後遺症は嘘ではなく、小学校の時など過去に虐められていた人の60~70%が、大人になってからも日常生活に何らかの影響があるくらい、虐められた記憶や経験は抜けないモノです。

    知られていないだけで人は心に抱えている闇があり、虐められたことで対人恐怖症に陥ったり引き籠りになったり、虐められた記憶が蘇るとパニックになったり、過去の虐められたストレスが脳の形や機能に影響を及ぼす可能性もあると、最近の研究で分かってきました。

    虐めた方は「いつまで根にもってんの?」と思うだけですが、虐められた方は心の傷を負ったまま苦しい状態が続く、それを抜け出す為の苦労は虐めた方の1000倍は苦しい、虐めた方の苦労なんてゴミかチリより少ないです。

    虐める方の脳は人を虐めることで快になる構造で、虐めて悪いと言う意識自体が存在しないから、教育や教えればと言う問題ではなく、目には目を歯には歯をでないと気付けない、私が建設現場時代の後半から虐めがぴたりと止んだのも、あることがきっかけで虐めが収まり、以後はそれをすることで虐められなくなったのも、私の意識を大きく変えることでした。

    虐めは克服できる場合もあるけれど、多くの被害者は人知れず悩みながら生きていて、そんな思いの人は多いけれど吐き出す所が無い、そうなるとネットの掲示板に同じ思いの人はいないかと同士を求めてしまうのも必然です。

    ネットの功罪の中でも吐き出しの部分は良い方の例かもしれませんが、10年でも20年でも自分がされたことは忘れないしよく覚えているモノ、虐めをする側に問いかけても無駄ですが、それは虐めをしている意識が無いからです。

    虐められる側から虐める側に質問した所で、覚えていないか~覚えていても反省などしていない、この結論以外にはあり得ないのです。

    学校なら愛情表現やいじりや冗談としか言わないし、会社の上司なら教育とか教えてやっているとしか言わないし、ネットで叩く炎上も正義の味方としか思っていないから、虐める方に質問すること自体が無駄です。

    しつこく問いただしても「いつまで根にもってんの? 馬鹿じゃねぇの?」と、聞いた方が悪いみたいな言い方しかしない筈です。

    私はたまたま虐めた人間に会っても向こうが避けるからいいけれど、大抵の虐める側は再会しても基本が変わってないから、再び虐める関係になりやすいから近付いてはならない、それは人間と言うより人間の形をした別な生き物と思うしかありません。

    虐める側と大人になって同窓会などで再会して話しても虐め自体を覚えていないし、根に持つタイプやなとか、まるで虐めた方が正義みたいな言い方をする人が99%で謝罪する人などいませんから、虐めた人間の本質は全く変わらない悪魔か魔物としか言えません。

    唯一、1%の確率で悪いことしてしまったと反省している虐めの加害者もいるにはいるのですが、それは本当の反省ではなく渋々と言うことでしかありません。

    一番多いケースが親になって子どもが虐められて悩み苦しむことで過去の虐めを思い出し、あの時したことは虐めだったのかと思い出して、子どもを守りたいが為の反省であって本心からの反省ではありません。

    他にも小学校では虐めていた人が中学になって今度は虐められる側になり、それで悩み苦しむから反省したと言う人もいますが、それはあくまでも自分がやられて逃れる為の反省であり、楽になったら再び虐めを始めるので余計にたちが悪いとも言えます。

    忘れてはならないのが虐めの加害者は何も感じずにのうのうと生きていること、あくまでも自分自身が被害者になったり子どもが虐められたりが無い限り反省しない、それどころか大人になっても虐めを続けていることすらあるので、人間では無い何か他の生き物と思うのが正解です。

    よく虐めグループのリーダーに逆らえず、心ならずも虐めに加担してしまったと言う人の謝罪が美談になりますが、こんな卑怯者の言うことを美談に感じる方が間違いです。

    何故なら、私は県北で窃盗や集団虐めや賽銭泥棒や婦女暴行などに一切加わらなかったからです。 仲間にならないことで殴る蹴るの暴行や虐めを受けましたが、犯罪行為に加担することなく生きてきたから今がある、虐めに加担せず誰かを呼びに行くとか、助ける勇気は無くても他に方法はある筈です。

    だから、見て見ぬふりをするのは卑怯者、後で謝罪されても心の傷は消えない、何を言った所で後出しじゃんけん、私は卑怯者にはなりたくないから襲われていたら助ける道しか選びません。

    あなたはいじめ、どう思いますか?

    (≧ヘ≦) ムゥ

    東京出張:現在は9月の予約を受付中で、2~8月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    スピとの違い。

    おはようございます。 素敵なお客様方の未来は明るい、それは自分の道を自分で切り開いていくからで、自分の未来は変えられるからこそ努力できるけれど、もしも、未来が決まっているなら努力する意味が無くなります。

    私は霊視占い師系に分類されますが、スピリチュアルとは全くの別物です。 それを混同されがちなので今日はスピリチュアル(以後~スピ)との違いについてですが、スピのメインテーマは人よりも自分についてが基本です。

    よくある話として自分は何の為に生まれてきたのかで、自分の役割や使命を探し続けて~そして見つからないの繰り返しで、スピに傾倒する人は延々と自分探しを続けているケースが多いです。

    スピにおいては自分探しの旅にヨーロッパなど世界各地へ旅立ち、その先でも迷ってしまい日本へ戻れなくなっている状態の人もいます。 スピ・カウンセラーの場合、その先生の数だけ教えや魂の導きがあり、どれが自分に合うかで再びカウンセラー探しの旅まで始まってしまいます。

    スピは宗教ではない為、主義主張も様々ですが言ってる内容は同じになるのも当たり前、それは有名なスピ・カウンセラーが出て来る度に、その先生の教えがTVや雑誌で広まると主流になる、子が親を選んで生まれてきたと言う教えが好例で、これも不妊症の人からクレームが出ると引っ込んだのも教えは自由に変えられるからです。

    子が親を選んでについてですが、ある有名なスピ・カウンセラーが、子は親を選んで生まれてくると言って大ブームになりましたが、不妊症の方々から「それなら、私は子に選ばれない程、酷い人間なんですか?」と聞かれて、それで最近は昔ほど言わなくなったと言う裏話もあります。

    スピの場合、カウンセリングを受けに行くと大抵は、あなたはあなたのままでいいと認めるところから始まり、全ては自分の思考で作られる世界が始まると進み、それで納得しない人がいた場合は全て前世やカルマに話を持っていきます。

    これは決して悪いことではなく、スピにより心の重荷が取れるなら良いことなので何でもあり、今は生きて行くのが精神的に辛い時代でもあるから、心が軽くなるなら良いことだと思います。

    実はスピを突き詰めると矛盾が出て来るので、そういうことを追求していくとスピを楽しめなくなるから、楽しかったや心が軽くなったで終わらせるのも秘訣です。

    例えば、自分のダメな部分を改善する為に生まれ変わったのですから、ダメなところをとことん追求するのが学びなんてやると、自分のダメな所=嫌な部分=心の闇とも取れるので、そこを追求していくとポジティブになれる筈が無いのに無茶言うなとなります。

    スピは自己否定から入るので、「あなたが結婚できないのは、お母さんから愛されなかったから。」など、AができないのはBに原因がありCと言う結果しか出せない、それはあなたのせいではなく過去に原因があると言う方程式があり、祖r根井当てはめて心を軽くしていくのです。

    普通の人間なら親から○○されたなどの思い出は誰にでもあるから、親子関係に何かがあった、それも自分さえ覚えていない過去に何かがあった、それで心が軽くなるならありだと思います。

    こうなると自分のことを分かってくれたとなりますが、それで解決できない場合は自分自身の問題へ話を持っていくと、自分の中へ入り込んで自分の中において自分探しの旅が始まります。

    スピは心の拠り所になりやすいから人の為になっている素晴らしい部分も多いのに、それを悪用する先生方はお勧めできないから、傾倒するのはいいけれど限度を超えると危険としか言えません。

    先生によっては様々なので一概には言えませんが、あえて違いを言うなら、霊視=自分で努力すれば解決できる糸口を提示なのか、スピ=魂の修行と言う解決できない提示なのか、ニュアンスで言うとこんな違いになるかと思いますが、どちらが正解と言う訳ではなく好みの問題です。

    ただし、モノには限度があるので、魂の修行に15万円、第二段階へ進むには30万など、ここまでくるとやばい方へ進んで行くので考えないとダメですが、これだけの金額を出し始めるとすぐに100万コースになります。

    だから、素敵なお客様の御家族や知人友人がハイアーセルフとの対話が出来始めて、神の啓示により世界を救うなんて言い始めたら、止めるか~縁を切るかしないと巻き込まれます。

    霊視やスピに限らず占い師さんへ行く時に、その先生が良いかどうかの見極めは難しいと思いますが、自分に合う合わないがが一番ですけれど結局は好みに左右されます。

    私がお勧めする良い占い師さん選びの方法としては、その占い師さんの周りにどんな人が集まっているかを見る、良い人が多いなら良い占い師さん、素晴らしい人が多いなら素晴らしい占い師さん、人は違うレベルとは出会えないから占い師さんの求心力を見ると、その占い師さんの実力も分かります。

    人は人を幸せにすることで自分も幸せを感じる生き物で、その生き方に反する生き方をしているなら幸せを感じることは少ない、人の笑顔を見て自分も幸せになれるなんて素晴らしいことかと思います。

    最後に締めくくりますと、ここまで説明はしてきましたけれど世間から見たら霊視もスピも同じ、やっている方だって混ざっている先生もいますし、一概にどこがどうとは断言できませんが、霊視とスピが少しは違うのかなと何となく感じて頂ければと思います。

    あなたはスピとの違い、何となく気付けますか?

    ( ‥) ン?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    人間関係。

    おはようございます。 人が生きているのは使命云々の話ではなく、生まれて来たから生きているだけ、それを難しく使命とか生きる意味だとかに持っていくから、怪しい宗教に嵌ったり、怪しい占い師に全財産を持っていかれたり、そういうのが後を絶たないのも自分の使命や生きる意味を求めすぎだからです。

    人は生きているから生きている、そこに意味を求めるなら食事も睡眠もしなければいいだけ、使命とか生きる意味を言う人は衣食住が整っていて何不自由ない生活を送っている人が大半で、使命や生きる意味を求めるのはある意味で贅沢病とも言えます。

    使命とか生きる意味などと言わない人を見ると、知人友人が多い、周りに素晴らしい人が多い、寄付やボランティアをしている、仕事が楽しくて生きがいなど、時間を有効に使っている人は使命と言う前に行動しているし、生きている意味と言う前に楽しいことをして活き活きしています。

    希望~希望と~希望を追い求める人の顔を視ると希望どころか絶望が視える、そんな有様では使命や生きている意味の前に、自分が幸せなのかどうかを考える方が、よほど人生が素晴らしいと思えます。

    結局、人は人と関わることでしか生きて行けない、それなのに人とうまくやれないなら、いつまで経っても自分の人生に不平不満だらけとなります。

    人間関係は重要、それを分からずに生きてきた私は県北時代を不遇だと感じがちでしたが、県北に迎合できていれば工場の皆と仲良くやっていたから今の私はいない、それが良いか悪いかは別にして県北でうまくやれていたかもしれない、人間関係は本当に重要だと今になって気付きます。

    これは嫁姑問題でも同じですが違う家で育った二人が同居する、もしくは同居しなくてもちょくちょく顔を合わせる、それは人間関係の構築がうまく行かなければ家庭内がぎくしゃくするのも当たり前、これは誰しもが乗り越える苦難の一つとして存在します。

    当たり前と言えば当たり前なんですが、嫁姑問題に和解はあり得ないとは言え、訳の分からない主張をする場合はどちらかに原因があるとも言えますし、最初から無理な家庭を良くすることは不可能です。

    作り話で言うと、旦那様が刑務所にいるから仮釈放を狙って実家に同居する、これは情状酌量など印象改善を狙って犯罪者がよくやる手ですが、これの一番の原因は旦那が刑務所へ入るようなことをするからです。

    そんな親なのに子どもがニートで働かない、お金を祖母から貰って家にいるのが耐えられないと言ったところで、そもそも父親が刑務所へ入っているのに子どもに働けと言う、そんなの子どもだって聞く訳がありません。

    それに母親の方も正論ばかり吐いて相手のミスを絶対に許さない、相手が少しでも例え話や比喩表現を使おうものなら般若のような顔で睨み付けて、それは違うと相手の間違いを責め続ける、例えや比喩と言っても「違う!!」と怒鳴り付ける、これで人間関係がうまく行かないと言われても当たり前としか言えません。

    正論を言えば言うほど人は離れて行きますが、自分の旦那は刑務所~子どもは無職で祖母に小遣いを貰う生活、それで人に正論を言う方が間違いで、自分の旦那と子どもが人に迷惑を掛けているのに、人の些細な間違いや例えや比喩を罵倒しまくる、正しい正しいと叫ぶなら自分の旦那と子どもを正しく導いてからです。

    人間関係は些細なことから築けるけれど、些細なことから壊れていく、それをあれこれと相手の嫌がることを言っておきながら、うまく行かないのはなんでと思う方がどうかしています。

    夫婦関係でも同じことですが、好き同士で一緒になったのに相手のことを悪く言うのは間違いで、好きで一緒になったのなら相手のことを認める~尊敬する~赦すと、それができれば喧嘩することもないし幻滅することも無い、そういう基本的なことをちゃんとできていてこその人間関係です。

    旦那様が仕事ばかりで寂しいからと不倫をするのはどうかと思うし、奥様に飽きた浮気をするのもどうかと思うし、お互い様と言うのが夫婦の在り方で、どちらかが一方的に悪いのはあり得ないのです。

    なんで、どうして、こうやって旦那様を責めたてて刑事の尋問のように根拠や理由を求め続ける、そして無意識でしているから責めたつもりはないとか、ここではこうだけど他所ではやっていないなど、自分の正当化ばかりすると旦那様も疲れてしまいます。

    恋愛でも勘違いしがちなのが重いと言われて別れたで、これは嘘じゃないけど真実でもなく、男が重いと言う理由は「嫌いだから(好きじゃないから)」です。 男は好きだったら重いなんて言わないし、仮に広瀬すずさんがアプローチして重いなんて言う男はいないから重い=男の嘘です

    他にも男が疲れているから会いたくないなんて言う時も、本当に仕事で疲れている時か、別れ時を考えていて徐々に合う回数を減らそうとしている時かのどちらかで、男が本当に疲れている時は女性を求めるもので、これは子孫繁栄でDNAが自動的に女性を欲する状態を作ります。

    ようは人間関係において100%うまくやろうなんて無理な話、自分も相手もお互いに自分の正義や主張がありますから、それをすり合わせる作業の方が無駄な時間です。

    それよりは挨拶程度で近寄らない、カドを立てないようにする余り、余計に拗れるのが人間関係だから、まずは相手から離れることが一番の潤滑剤です。

    普通ならば嫌な相手でも相手に合わせるを、まともに社会生活を送れる人なら誰でもしていますが、この嫌なのに無理に合わせるをやめるだけで変われます。 相手を不快にさせない為に最初から壁を作る、うまい壁の作り方さえ習得すれば、必要以上に近寄られずに済むのに良い人であろうとしすぎると逆に疲れます。

    あなたは人間関係、どうしていますか?

    ( →_→)ジロ!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    捻くれた。

    おはようございます。 願いは全てが叶う訳ではないけれど、その先にある幸せの元を探すよりも、目の前にある現実が幸せであることに気付けば、そこから先は奇跡や贅沢と言う領域で、願いが叶うとは何かがあることが幸せではなく、何も起こらないことの方が幸せです。

    本当は事故や病気などが無いだけでも幸せ、それに気付けば動けることや目が見えることなど全てが幸せと思えるようになりますが、不幸に遭った人ほど普通を幸せに思えたりするのと同じです。

    私も以前は男性鑑定をほぼしていませんでしたが、今は男性鑑定をバンバンしていて良かったと思えます。

    それと言うのも女性に尊敬される男性がどんどんと増えて行かないと、まともな大人の紳士たる男性が増えて行かないと、一体誰が女性や子どもを守るのかと思うからです。 素敵な男性が増えて行かないと女性は誰と結婚すればいいのか、大人になりたくない男や少年のままの男は次世代への責任感が無いとも言えます。

    占いをしていると、高学歴の人ほど相手を馬鹿にして失敗したら人生終了と貶しますが、今の日本では学歴=出世ではなく人生は負ける方が多いので、100回負けたら101回目に勝てば逆転できる、負けから何を学ぶかが成功へ繋がるのに、負けを活かせないプライドの高さの方が問題です。

    自分を頭が良いとか天才とかできると言い切れる男は痛い、これが人の彼や旦那なら笑い話ですが、自分の彼や旦那なら恋は盲目だから痛い目に遭いがちです。 俺だってやればできるは口だけで、批判だって本人を目の前にして言えない情けない男が大半、対面できちんと話のできる男は少数派なのが今の時代の流れです。

    匿名なら強いけれど対面ではからっきし、その理由は自分を否定されるのが怖くて相手を認めない、頭も心も固くなって相手を批判しかできない、これは若くても年配でも関係なく自分のことしか認めない、相手を否定する前に少し配慮すれば分かりあえることを、否定するしかないから単なる分からず屋の人生になります。

    アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ曰く、「敵を許せ、しかし、彼らの名前は、決して忘れるな!」とあり、あなたを虐めた人や誹謗中傷している人は許す、その代わりに二度と関わらない、何があろうと絶対に近付かない、如何なる場合でも同情すら禁物です。

    俺は頭が良くて高学歴でイケメンで仕事ができると言う男がいたら、ニコニコと温かく聞き流すのが得策、自信はないよりある方がましと思ってあげる、20~30代は自分以外は馬鹿と言う天狗が多いのも時代の流れと思って相手にしないことです。

    人生は自分がしたことが自分へ返るので、俺が№1と思い込んでいる人も歳を重ねたら自動的に自分の実力の無さに気付く、そして愚かな自分に気付いた時には手遅れで、そのまま人生を終えるしかありません。

    悩みには考えても答がないことが大半ですから、悩んでも解決しないことは時間が経つのが薬、なるようになると思えないなら悩みを増やすだけ、余りにも自分に都合の良い答えを求めすぎると心が辛くなるから、素敵な人と美味しい食事する方が笑顔になれます。

    無いモノは無いので無い答えを探すよりも次の夢や目標に切り替える、人生は何度でもやり直せるから悲観的に考えるより明るい未来を想像する、どうしようもないことに悲観するより、何とかなることに楽観的になることが幸運の始まりです。

    本気で嫌われる男の思考は決まりきっていて、周りはつまらない奴ばっかりと馬鹿にしまくる、自分が偉くて付き合ってやっていると思い込む、気付かないうちに自分こそ愚かな世界に生息しているのに、自分のことしか見えてないから自分から変わることもできません。

    恋愛も同じで、いくら好きでも1~2年もしたら次へ目が向く、もっと良い人がいたら今までの人は忘れる、それは自分が今までとは違う位置にいる証拠、過去は取り返せないけれど、その分だけ未来を楽しめるなら過去は帳消しになる、目先の欲に捉われる人は未来の大切さが分からないのです。

    人生で苦労している人は自分で自分を悪くしているだけ、人生の苦労は誰もが同じ条件の筈で、恋愛も結婚も与えられた条件は同じ、それを悪く言い続ければどんな人でも嫌気が差すので、本当に恋愛や結婚をしたいなら自分の卑下や相手の悪口をやめることです。

    真に優しい人とは特別に家族を大切にはしない、勘違いしがちですが自分に優しくしてくれる人=優しい訳ではない、お金さえ出せばホストもキャバ嬢も詐欺師も全てを優しい人ですが、本当に優しい人とはマザーテレサのように不特定多数の人に優しくできる人のことです。

    ただ、私は人間ができていないので、相手がどんな人間であろうとも優しくできる自信は無く、暴力や借金や犯罪など人を泣かせる、そういう人に気を遣うのは無理なので人間としてはダメダメです。

    今は昔と違い働かなくても親や奥様や兄弟が面倒を見てくれる時代、いつまでも大人になる必要が無い時代ですが、今の恵まれた時代では負けた時の責任は自己責任が明確、今現在負けているのは全て自分自身に原因があります。

    世の中の大半は真面目な人ですから、思い詰めて自殺を選ぶ前に誰かが気付いて止める、引き返せるのに進んでしまうのを周りが止めるしかない、自殺する人を救いたいなら大丈夫だろうと過信せず、普通に見える人ほど気を配る必要があります。

    霊視で視ていて気付くのは周りが心配しない人ほど危険、周りが真面目で責任感があると思っている人ほど危険、仕事もせず家でゴロゴロしながらネットで誹謗中傷、こういう人は心配しなくても自殺する可能性は限りなくゼロで、逆に自分だけ得すればとしか思っていません。

    あなたは捻くれた行動、知らず知らずに取っていませんか?

    (*゚ー゚)vオハヨ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    思い通り。

    おはようございます。 素敵なお客様の未来は明るい、今朝、起きて顔を洗い歯を磨き、仕事へ行き昼食を食べて家に帰り、その生活ができることは奇跡、その素晴らしさに気付いたら幸せの本質がわかる、何も起きない毎日は楽しい、元気で健康でご飯が食べていける、それだけで幸せです。

    人は幸せになりたいと言うけれど、運命と言うか、神様と言うか、目に見えないモノは人間を幸せにしてくれている、最初から幸せなのに幸せを求める、この矛盾があるのが人ですが誰も責めたりはしません。

    ただ、気付いた人は幸せを感じ始めるし、気付かない人は幸せを探し続ける、そして最後には不平不満を言い続けて死んでいくのか、それとも幸せだったと喜んで死んでいくのか、誰も死と言う終着駅は避けられません。

    素敵なお客様がこの世に生まれてきたのは誰かを幸せにする為で、スピリチュアルに凝る人は使命使命とうるさく拘りますが、人が生まれてくる使命なんて誰かを喜ばす為でしかありません。

    TVを見過ぎたり雑誌に影響され過ぎたり、使命とは自分だけに与えられた特別なモノと考えて、その特別な何かを与えられた自分は凄い、そのように思い始めた人を増やしたのがスピリチュアルの功罪の罪の方です。

    自分だけは特別、凄いことを成し遂げる為に生まれてきた、そういう思想に傾倒させてしまったことで簡単な仕事を馬鹿にする人が増えました。 例えば、お茶汲みやコピーは誰でもできる仕事で企画会議は大変で偉い仕事、仕事に区別は無い筈なのに枠組みを勝手に作り馬鹿にしてしまうのです。

    お茶汲みやコピーを馬鹿にしていないと言う前に、馬鹿にしているからこそつまらないとか面倒と感じるだけ、私がお茶汲みを命じられたら席を離れることができて嬉しいし、美味しいお茶を入れて喜ばせることができたら嬉しいし、そう考えるから面倒どころか率先してやりたいです。

    コピー取りだって馬鹿にしていないと言う人程、面倒くさそうにだらだらとこなすだけ、私がコピー取りを命じられたら、いかに早くきれいに済ませるかを考えて、コピー中に内容を読んで覚える、そして自分のスキルアップに活かします。

    企画会議のコピーを30部と言われたら、会議にでなくても会議の内容が自然と手に入る、それを面倒なんて思う方がコピー取りを馬鹿にしています。

    人は目の前の仕事を淡々とこなしていくだけでも運命は違って来るのに、目の前の仕事を自分がするべき仕事ではないと文句を言うから、余計に運命はやりたくない仕事を持ってくるようになるだけ、どんな仕事でも喜んでこなしているからチャンスが来ます。

    ただし、間違った努力をしているのに夢や希望が叶う訳が無い、そこのところだけは勘違いして欲しくないのですが、漫画家志望なのに工場へ勤めて一生懸命機械の勉強をしても無駄、漫画家志望なら漫画を描く、いくらモノ作りを頑張っても無関係なことは努力の方向性が違います。

    努力の方向性が合ったことで目の前に来た仕事は不平不満を言わずにこなしていく、事務職で働いているなら事務の仕事は全て受け入れる、頼まれたことは素直にやればいいだけなのに、「この仕事、私がする意味を教えて下さい。」と言うのは損をしています。

    「私がする意味を~」と質問する人は、「こんな仕事、どうして、私がしなけりゃ~。」と質問形式の文句を言っているだけ、会社とは上がやれと言ったらやるがうまく回る秘訣なのに、あれこれ質問形式の文句を言って仕事を止めている、そんな社員が多い会社は業績も悪いと思います。

    人を妬み、人を恨み、そんなことをしても自分の人生は変わらない、自分が思い通りにならない時は相手も思い通りにならないのが満足、そんな生き方も否定はしませんが、相手の不幸は自分の幸せではない、相手の幸せは自分の幸せになる、この意味を不幸な人は理解できません。

    不幸な人たちは人が楽しそうにしていると頭に来る、だから悪口や嫌がらせをするしかない、そういう深謀遠慮のできない浅はかで薄っぺらな人たちは、その楽しそうにしている人が苦労せずに今を築き上げたと思うのは間違いです。 自分が苦しいからお前も苦しめなんて極悪な考え方は、猟奇殺人犯と同じレベルです。

    また、私は自分が知恵遅れと言われていたので、引き籠りの子どもの気持ちがよくわかりますが、子どもが外へ出たくなる方法を伝えても、親に覚悟が無い~親にやる気が無い~親が人のせいにする、そういう親が多いから間違いなく引き籠りは続く、そういう親のせいで子どもは益々引き籠ります。

    親が子どもを怒る時に大抵は親の思い通りにならないからで、自分の希望通りなら褒める~希望通りじゃないなら怒ると言う自己都合、自分が子どもの時に親が自分の気持ちをわかってくれないと泣いた夜を忘れて、今は自分も同じように怒るなんて最悪、子どもが引き籠るのは親の責任が大半です。

    親子から夫婦へ目を向けても、夫が朝早くから夜遅くまで忙しくしているなら、「お仕事、お疲れ様、私はあなたの代わりに仕事はできないけれど、あなたがしていることの応援はできる、そういう妻でいられることを誇りに思います、ありがとう。」と、こういう声掛けの方が男は嬉しいモノです。

    「どうして遅いの?」とか、「何で家事を手伝わないの?」とか、「休日なのに、どこへも連れていってくれないの?」など、助けようではなく奪い取ろうと言う形を変えた文句では、夫も別れたくなるかもしれません。

    精神力とは不思議なもので、10人中9人が敵でも味方が1人でもいれば救われる、100人中99人が敵でも優しい人が1人いれば慰められる、たった1人でいいから自分の救いや慰めになる人がいれば、今から人生は楽しいと思える、だから救いや慰めができる人は、人の命を助けていると思います。

    人生は思い通りにならない方が多いのに、思い通りにならないと自分で悩みを増やす人が最近は多く視えます。

    あなたは思い通り、それを求めすぎていませんか?

    ('-'*)アリガト♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    自分のこと。

    おはようございます。 今日も無事に倉敷事務所で鑑定しておりますが、それも全ては素敵なお客様方のおかげです。 何があろうとも予約時間には事務所にいてお迎えできる、それをするのが私の務めでもあり使命でもあり、インフルエンザで公演中止なんて歌手もいますが、自分の都合で予約を反故なんて人としてできません。

    素敵なお客様が私へ予約を入れて下さるのは私との約束、商法上では契約になるので守らないなど不履行は厳禁、予約を受けた以上は何があろうとも事務所にいる、それができないなら占い師なんてする資格がありません。

    占いに限らず生きているのは誰もが同じ、食べて飲んで体を動かし生命を維持とやることは同じ、それをやめたら死んでしまうので人は生きて行かなければなりませんが、その生きて行く方法において差が出ます。

    人は生きていると自分の都合だけで生きようとするもので、車を運転していても自分が車を停めて用事をしているなら駐車も平気なのに、自分が急いでいるなら駐車している車を見て邪魔に思う、これは自分の立ち場により都合が変わる典型です。

    人はいつ如何なる場合でも自分の都合でしかものを考えない、それを頭に入れておくとイライラが少しは減ります。

    仮にバーゲンで自分が欲しい物を誰かが先に買うと、それは私が買おうと思ったのにと思うけれど、他の人もそれが欲しいから買ったのに、自分が手に入れられないならどうしてと思うだけ、自分が手に入れた時は他の人が自分に対して同じことを思います。

    山岳救助でも同じ、山で遭難して助けて欲しいとは登った人の勝手な理屈、誰も登れと命令していないし、良い歳した大人が自力で下山できないのは計画が無謀とか自分を過信しすぎなど、何らかの要因があったからで自己責任なのに、人のせいにする遭難者が多いです。

    ある遭難者の救助で息子を助けられなかったと山岳救助隊を訴えた親がいて、当然ですが裁判では無罪判決が出ましたが、これにより同じ条件の時には助けに行かないルールができたので、今までなら助かったかもしれない命も助からなくなる前例ができました。

    これは訴えた親が全面的に悪い、第一遭難する様な息子を育てたのは誰なのか、次に助けてくれる山岳救助隊へお金も払わず文句を言ったこと、税金は国民のモノで個人のモノではないのに、登山しない人の税金まで使っている現実を考えない自己中、本当に人は自分のことしか考えられないのが普通です。

    私は占い師になってから少しずつ考え方が広がってきてはいますが、それでも未熟者なのは直らないから毎日が勉強であり修行であり、それを続けていくことで自分の都合ばかり考えない人間になれるのかなと反省します。

    年末年始はお守りプレゼントや新年会で忙しくしておりましたが、それ以外でも今までとは違う経験ができたので良かったことがあります。

    それは自分の至らなさを反省できた経験で、人は自分の都合でしか考えないと改めて気付かされました。 それは何かと言えば、人は自分の正義に従って動くだけで人のことより自分の思い、それが通れば満足することを感じました。

    例えば、TVで子どもが行方不明になると大騒ぎしますが、老人がいなくなった場合は騒ぎません。 行方不明は日本中で起きているのに、TVで報道された事件だけが可哀想と大合唱、それに協力しない奴は許せないと叩きまくる、それも相手の都合は一切考えずにです。

    警察だって一生懸命に捜索していますが、それだけが事件ではないから他にも事件や捜索はあります。 私だって行方不明の捜索依頼は山のようにあり、倉敷でも東京でも今は予約をお待ち頂いている状態なのに、TVの事件だけ特別扱いしてどうして予約を受けないんだ→冷たい奴だ→酷い奴だと喧喧囂囂です。

    予約を待っている方々は全ての悩みが同じ重さ、誰々のは大変ではないと他人が決めていい訳がありません。 行方不明の捜索の依頼は年末年始もあり、今か今かと居場所を見つけて欲しいと予約の順番を待っている方が大勢います。

    それらを後回しにしてTVで報道した事件だけ優先しろと騒ぐ人たちは、他のお待ちになっているご家族の思いはどうなってもいい、そう断言していることになります。 こういう人たちの考えは皆同じで、どこかで遺○が発見されたら、Aちゃんじゃなければいいのにとか、Bちゃんじゃなくて良かったなどと酷いことを言って平気です。

    AちゃんでなかろうとBちゃんでなかろうと一人の遺○が見つかった事実は重い、もしかしてCちゃんと言う家族が心痛な状態で待っている子かもしれないのに、Aちゃんじゃなくて良かったとは何て言い草なのかと思います。

    私は行方不明などの時にブログやTwitterで居場所を発信していますが、それはあくまでも善意でやることで、義務でも何でもありません。

    それにツイートを信用するもしないも自由ですし、視えたことを警察に言う義務もありません。 そもそも言った所で相手にされる訳が無く、倉敷の誘拐事件にて素敵なお客様方が警察へ情報提供しても、全く相手にされなかったことを御存じの方も多いと思います。

    誰かの為に動いたことが無い人ほど警察に言えと言うだけで何もしない、私は過去に何度もしてきているからこそわかりますが、本当に困っていて~本当に居場所を知りたいなら相談に来る、私のことを知っていて来ないのは、当事者が信じてないか~もしくは本気じゃないからです。

    また、素敵なお客様方は気付いていたと思いますが、12月11日22:03のツイートにて、「見つかった時の親御さんの反応を視ると、確実なことにならない限り、答えたくないから沈黙しています」と、最初から答え(見つかった時の結果)を出しています。

    発見された時のニュースを見れば一目瞭然、どこが外れているのか聞きたいくらいですが、それにも拘わらず予約を受けないのは冷たいとかインチキなど酷い言葉を投げかけて、しつこくしつこく絡んでくる人たちの多さは、すなわちTVに洗脳される人が多い証拠です。

    自動車事故の現場で生きている人と亡くなっている人のどちらを先に救出するか、山岳救助の現場で生きている人と亡くなっている人のどちらを先に救出するか、その判断が冷静にできない人は誰も救えない、冷たいと思われても生きている人を先に救出(優先)が正解です。

    あなたは自分のことだけ、どう思いますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    どれに。

    おはようございます。 素敵なお客様にお会いできるのは幸せ、朝起きて目が見えて自由に動けて、何不自由ないのは本当に奇跡、明日何が起こるか分からないし、生きている保障も無いのに贅沢を言いすぎ、日本以外の国ではありえない奇跡が毎日起きているのに、それに文句を言うなら日本から出て行くしかありません。

    私も自分を戒めないとすぐに贅沢を言ってしまいますが、困らない限り人は贅沢になる、健康な時は健康に感謝できないのに病気になった途端に健康が有り難く思える、そういう部分を戒めたり反省したりが人生の学び、私も自分を戒めたり反省したりの毎日です。

    さて、今日は2月1日でキリもいいので年間スケジュールの発表ですが、2018年2月より2019年1月末までに行われるイベントを、取りあえず発表となりますが、これはあくまでも予定なので日時等に変更がある場合もありますので、あくまでも目安としてお読み下さいませ。

    2018年2月11日=慰労会。 (非公開)

    これは新年会などお手伝いスタッフの皆様を慰労するモノで、私も含めてお手伝いの人に取っての新年会はこちらが本当で、参加メンバーはお手伝いスタッフ5名と私とH社長とゲスト数名の予定です。

    3月25日=誕生日会。 (18時開始)

    これは私が3月生まれなので誕生日会と言う名目ですが実際は懇親会で、昨年も10人程度で開催しました。 今回も8~16名の間に収まる予定で、初の試みとして合コンテーブル(最大4×4で最小1×1)と、ゲストテーブル(4~6人)に分けるなど、検討中ですが正式なことは後日発表(ブログやTwitterや鑑定にて)となります。

    4月15日=春のお茶会。 (午前8時45分集合)

    これは昨年まで行っていた春のパワスポ巡りの代用で、今までは神社などへ参拝して、その後に参加者同士てお茶会と言う流れでしたが、人数が多くなりすぎて参拝する神社にも迷惑な人数になりました。

    そこで最初からお茶会のみ、時間に集合して集合写真を撮って、いくつかのグループに分けてお茶会、知らない人との交流会&懇親会と言う感じです。

    5月13日=男子会。 (18時開始)

    これは私の所へ鑑定に来ている男性だけでの会で、女性がいないから気を使わなくていいと言う声もありますが、なかなか盛り上がるので楽しみな会ですが、これも大部分の方には関係の無い男性限定のイベントです。

    7月1日=慰労会。 (非公開)

    これもお手伝いスタッフの為のモノで、各イベントで細々お手伝いをして頂いているので、途中経過の報告と共にお疲れ様と言うイベントです。

    10月14日=秋のお茶会。 (午前8時45分集合)

    これも昨年まで行っていた秋のパワスポ巡りの代用で、春のお茶会と同じく最初からお茶会のみ、時間に集合して集合写真を撮って、いくつかのグループに分かれてお茶会、知らない人との交流会&懇親会と言う感じです。

    12月9日=内緒の忘年会。 (完全非公開)

    これは非公開で行うものでお手伝いの人すら存在を知らなかったと思いますが、H社長と私と後はその年に活躍した人や新年会に参加できない人のみで、2017年の忘年会のメンバーを知ったら女性は参加したかったと言うかもしれませんが、完全非公開なので内緒です。

    2019年1月1日=無料のお守りプレゼント。 (お昼12時開始)

    これは毎年恒例のお守りプレゼントで、元日に一年の幸せを願ってお守りを無料でプレゼントするモノです。 希望者は元日の昼12時までにお越し頂くだけで事前の予約などは不要で、2018年の様子はデジカメの小部屋に画像が出ておりますので、雰囲気などは画像を見て頂けると掴めるかと思います。

    なお、2019年のお守りプレゼントに関しては、2018年11月28日のブログにて、詳しい内容を発表しますので、そちらをお読みの上で遠慮なくお気軽に御参加下さいませ。

    2019年1月13日=開運の新年会。 (18時開始)

    これは毎年恒例の開運の新年会で、年に一度素敵なお客様が一堂に会する会ですが、ここで出会って結婚した御夫婦もいるので、知人友人伴侶を見つける可能性の場とも言えます。 2018年の様子はデジカメの小部屋に画像が出ておりますので、雰囲気などは画像を見て頂けると掴めるかと思います。

    なお、2019年の開運の新年会に関しては、2018年11月29日のブログにて、詳しい内容を発表しますので、そちらをお読みの上で遠慮なくお気軽に御参加下さいませ。

    不定期=10万カウンターごとの食事会。 (完全非公開)

    カウンターの進み具合により10万カウンターごとに、不定期イベントとして食事会を開催しておりますが、こちらは色々な御意見が届いた為、160万カウンターより全てを完全非公開にしております。

    また、170万カウンターの食事会も開催は決定済みですが、今は勉強の意味も含めて一人一つすべらない話を持ってきて貰い皆の前で発表、こういう学びの場にもなっております。

    以上が1年間の大よそのスケジュールと流れですが、いずれもお金は掛からないので、どれに参加するかは強制ではなく自由ですし、参加しないとの選択もあります。 あくまでも自由参加で強制ではない為、参加しないからと何も起こらないし、無理に参加しようとしなくても大丈夫です。

    参加した素敵なお客様方が楽しかったと喜んで頂ければ私も嬉しい限り、私は占いに関して営業電話や勧誘など絶対にしませんが、御守りや新年会に関してはお越し下さいませと言うのも、笑顔がたくさん溢れる場所には幸せがあり、その幸せが一杯の場所で笑顔が広がる光景は心温まるからです。

    あなたはどれに、参加してみたいですか?

    O(≧▽≦)O ワーイ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop