徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男の自信~後編。

    おはようございます。 モテル男性と付き合うとなれば浮気が心配かもしれない、されど全くモテナイ男性と付き合ったなら「何で、こんな人と…?」と、自分の判断における不安や人生の行く先が心配になります。

    だからこそ一生のパートナーを探す為には綺麗なアンテナを張り巡らせること、そしてアンテナを錆び付かせないように磨いておくこと、そうして心の満足する相手と巡り合えたなら人生の満足を感じるはずです。

    昨日の前編で述べたように男同士の格付けは支払いで永久に決まる場合が多く、何かの集まりで主催者の顔を潰すなど失礼が無い限り、さっさと支払っておくだけで永久的に序列が覆せないのなら安いモノです。

    それも気付かず得したと平気な男性は、そもそも自分が誰かの役に立ちたいなど考えないので、出世や成功は自分の為だから途中で止まるか~もしくは引きずり降ろされるか、どちらにしても誰かに感謝される人生とは無縁で寂しい人生となります。

    もしも、あなたが「彼や旦那様」に出世して欲しいと願うのであれば、Wデートなどの支払いは惜しげなくさせること、ケチの汚名は絶対に覆せないけれど「支払いが良い=気っ風が良い」となれば、後は何もせずとも勝手に良い噂が走るので同じく安いモノです。

    なお、「驕る時は4:6」も覚えておかないと、普通の男性は奢る時には勘定を持つ気持ちから、横柄になったり恩着せがましくなったりしますが、驕る時ほど目立たないように慎ましくしておかないと、驕られる方の気分を害することが往々にしてあります。

    お金を出して嫌われたんじゃ溜まりませんから、驕る時は平身低頭で気配を消して空気のような存在になる、驕って貰ったことを相手に感じさせないのもお金の使い方として必要です。

    そして次に「彼や旦那様」に対してすぐに実行できるのはお洒落で、彼や旦那様が着る服には細心の注意を払わなければなりません。 何故なら自分で自分の服を選べる人ですら、「女性が見て素敵かどうか?」の視点までは気が回らないので、奥様や彼女は服をきちんと「選ばせるお手伝い」が必要です。

    ここでのポイントは二つ、一つ目は彼や旦那様に「自分で選ばせること」で、少しのアドバイスはしても良いけれど自分で決めさせること、そして二つ目は「三着を一度に買わせること」で、最初は品数の多いお店やデパートの紳士服売り場など、どちらにしてもその場で三着が基本です。

    この自分で選ばせる意味は、自分で選んだと言う自信が付くことと自分が選んだ以上は着ることで、人が選ぶと着なくても良い&人が選んだ物だから気が向かないなど、言い訳させると何の意味も無くお洒落になりません。

    そして二つ目の三着を選ばせるとは、どんな人でも三着も買うと「自分が普段は着ない服を選ぶ」からで、いつも同じ格好で好みにより偏るのが人間の感覚ですが、その場で三着も買うなら「必ず普段とは違うデザインや色を選ぶ」ので、知らない間に自分の可能性を広げることになります。

    そして何度も書いているから御存じの方も多いけれど、スタバで珈琲を三回飲むくらいなら一流ホテルのラウンジで一回飲んでおくことで、同じお金を使うのに無駄金になるようなことを彼や旦那様にさせてはいけません。

    東京で言うなら、帝国ホテル・ペニンシュラ・マンダリンオリエンタル・ニューオータニ・ヒルトンなどで、窓際や奥座席など上席へ案内して貰えるかどうか、これははっきり言って見かけ(オーラや自信など)で案内される席は明らかに違います。

    新年会の時は必ず奥の壁際の席を取るようにしていますが、ここはキアヌ・リーブスがお気に入りの場所で、あぁ言う席を取れないなら二次会を帝国ホテルでやる意味がなく、毎年ヒヤヒヤしながら予約と席取りをしています。

    ここまでのように、支払いを持つことで格付けを決め、服を着こなしてオーラを変え、相手を気持ち良くさせ、ここまでやれたら相手に嫌われる方が難しいし、ここまでやっても相手に嫌われるなら最初からウマが合わなかった、以後の時間がもったいないからさっさと次へ行く方が運命は好転します。

    そして最後に女性へ向けてモテル男性が使うテクニックを御紹介ですが、これは口説きたい女性がいる男性にも参考になるし、女性は「あっ、この人は、かなりの女たらしね。」と気付けるヒントになります。

    モテナイ男性は必ず「ミスしないように」と思い込んで、お店も下調べに行く~道順も確認しておくなど、デートは全て完璧にしようと頑張りますが、こんなことをしている男性は間違いなく「良い人」で終わることが多いです。

    モテル男性はお店の下調べや道順の確認などはしますが、実は目的地へ着くまでに必ず1~2回のミスをします。 それは「ワザとミスをする」ことで、自分へ意識を向けさせるテクニックです。

    ワザと道を間違えて「あっ、ごめん、道を間違えた、キミのように、綺麗な人と歩いていると、緊張して間違えたかな。」と言われたら、女性も緊張が解けるからどれだけ救われるか、自分のミスを見せることで和やかな雰囲気にする、それが落ち着いて出来る男はかなりのモテ男です。

    それ以外でも「ロッカーへ荷物を入れて歩こう」とロッカーへ荷物を入れ、閉めて歩きだそうとした時に「あっ、ロッカーへ、財布を入れたままだ。」と、ロッカーを開けて「あ~、ロッカー代、損しちゃった。」などと笑顔で言われたら、そのミスが間抜けなはずなのに「親近感が湧く」はずです。

    以上の二つはいずれも「ワザと間違えている」のに、こうも堂々とミスをしたのに自信満々で立ち振る舞われると、逆に底の見えない不思議な感覚に陥ります。 こういう男性とデートする時は要注意で、これができる男は本当のミスをしないから難しい相手です。

    昨日と今日で男の自信について書きましたが、本当はもっと男がやるべきことはたくさんあります。 私は男性鑑定をしない訳ではありませんがドタキャン率が80%を超えたので、男性は自分を変えるチャンスを失っているのかもしれません。

    彼や旦那様の心のモヤモヤを取り除く、仕事に関する悩みを軽くする、それはホンの少しのアドバイスで大きく変わることもあり、素敵なあなたが意識を変えて行動することで手助けできることを、天女として輝く素敵なお客様に実感して頂ければと思います。

    あなたは彼や旦那様に、自信を持って貰いたいですか?

    (゚∇^d) グッ!!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は5日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    男の自信~前編。

    おはようございます。 素敵なお客様が毎日のように目にする男性の行動は、女性から見て不思議だったりおかしかったりするかもしれませんが、それは女性脳と男性脳が違うと言うのが原因で人として普通のことと、少しのことなら大目に見て頂ければと思います。

    女性がデパートなどを見て歩くと男性は待ち切れず怒る、これは恋人でも夫婦でもよくある光景ですが、男性は服でも何でも選ぶ時に余り拘らず買いたい物をさっさと買う人が多いけれど、女性は色々な服を一通り見比べてから検討する、そういう脳の仕組みが違うのを理解しないと喧嘩の元です。

    男性は右脳と左脳が切り離されてAはAでBはBと言う合理性や理工系的な感覚、女性は右脳と左脳が脳幹により繋がりAはAかもしれないけれどAだってBかもしれない、こういう文系的な感覚があります。

    女性が恋愛⇒結婚⇒幸福の流れに乗るには「良い男と出会う」のは必須条件で、私が鑑定の時にお話しする良い男は世間とは少し違い「頭が良くて尊敬できる」で、この二つを兼ね備えていれば学歴や職業や身長や顔など、あれこれ言わなくても痛い男性を除外できる可能性大です。

    世間で信じられているほど愛は強いモノではなく、脳科学で言うと愛は2年で消えて無くなるので、結婚してから離婚せずに仲良く過ごして行けるのは愛ではなく、一緒にいて「楽しいかどうか?」と「気を使わずにいられるかどうか?」が決め手です。

    愛に見えて愛じゃない例に挙げると、「いつ、どこで、誰と、何を~。」と常に相手を監視していなければならないのは、「好きだからでは無く疑い(欺瞞)」が心に満ちているからで、本当に相手を愛しているなら信頼があり、信頼があるならいちいち相手の行動を気にする必要がありません。

    本当は恋愛や結婚が幸せなのでは無く一緒に過ごす相手が素晴らしい人なら幸せで、それは一緒にいる時間の有無ではなく相手と心の繋がりがあり、お互いに思いやる=心に住んでいることが自他共に証明され、それが幸せな心の時間を作り出します。

    だからこそ相手の幸せを願うならば、女性ならば男性の出世や成功をお手伝いすること、男性が見落としがちな部分や足りない部分を補う、それにより内助の功として男性の人生を切り開く道標となるはずです。 (注:逆に男性は女性の出世を願うこと)

    男性と女性では脳が違うと言う前提で話を進めますが、素敵なお客様の彼や旦那様がサラリーマンの場合、社内での出世は必要不可欠ですが「正しいことをしたければ偉くなれ」で、権限も無いのに正論を吐いても誰も相手にしないし、地位も無いのに正しいことをしようとしても握り潰されます。

    自営業でも同じことですがお店や会社の規模に関わらず、繁盛すれば元気が出るし売り上げが落ちれば凹んでしまう、これは人である以上は避けられないので、どういう形でも出世や成功を無意識の中の意識に刻み込んであれば、誰とでも対等に話が出来るようになり、それが自信に繋がり周りに人が集まるようになります。

    だからこそ「男であればしなければならないこと」があり、まずはお金に関することで色々な議論の的となることですが、新年会へ参加したことがある人は御存じの通り、私は過去4回の新年会において一度も会費を集めたことはありません。

    これについて色々な御意見を頂きますが、男性側の意見として会費を全額支払うのは人生で失敗しない為の勉強代で、どうして勉強代なのかが理解できない人は人生の後半で失敗する可能性が大です。

    彼や旦那様に出世して欲しかったら必ず奢る側に回るようにさせることで、残念ながらお金の格付けは一瞬にして済んで死ぬまで変わらない、それを引っくり返すにはかなりの大仕事をやってのけない限りは無理です。

    例えば、あなたと友人AでWデートをして食事後の支払いを友人Aの彼が既に済ませていて、「今日は楽しい時間をありがとうございました。 また、御一緒させて頂ければ嬉しいです。」と、こう挨拶された時にあなたの彼が「それじゃあ、お言葉に甘えて…。」と言って平気なら、その友人Aの彼とあなたの彼の序列や格は一生変わりません。

    例えば、あなたの彼が取引先から接待を受けた時に、「お車代」と言われ1万円前後を受け取っていたら、それが習慣になりいつの間にか抜き差しならぬ間柄で、業務上横領などの汚名を着せられるかもしれない、そうなるとお車代も犯罪や失職へのカウントダウンの始まりです。

    以上の二例は、お金は得したかもしれないけれど人生では損、セコイやケチと言う評判は一生取れません。 ケチな人が名誉挽回に支払いを何度かしたところで、「あのケチが珍しいなぁ」とケチが主語につくからケチを取り去るのは不可能で、ケチやセコイは一生ついて回ることになります。

    お金と言うのはあるように見えればあるのと同じで、相手が勝手にお金持ちと勘違いするのは向こうの勝手で、常日頃からの立ち振る舞いが男性の行動を次々と変えて行くけれど、その根底にある部分を刺激するのは彼女や奥様の仕事(領域)でもあります。

    人は見かけに騙されるのでボロは着てても心は錦なんて見抜けないから、見かけがパリッとして見える方が扱いは上になります。 仮に「スーツを着たSMAPの木村拓哉さん」と「ジャージに健康サンダルで金髪のヤンキー兄ちゃん」が、全く同じことを言った時に「どちらの言葉に重みがあるか?」を考えれば答えはでます。

    長くなりそうなので明日の後編へと続きますが、本日も拙いブログをお読み頂き、本当にありがとうございます。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています

    PageTop

    珈琲を飲む時。

    おはようございます。 素敵なお客様の未来は明るいけれど、がむしゃらにやりすぎると息切れしてしまうので、その辺はバランスと休憩を取りながら突き進んで頂ければと思います。 時にはブレイクタイム、仕事の合間に休憩を取るのは悪いことではないし、休憩することで逆に効率が上がることもあります。

    昔ならお茶~今なら珈琲を飲む人が休憩時には多いかもしれませんが、街を歩けばスターバックスやドトールなどチェーン店系のカフェが花盛り、デパートもスーパーも判で押したようにどこもかしこもスタバを入れれば良いと考えるとは、そんな企画を立てる部署だと存在意義はありません。

    他所がやっているから自分ところもやるなんて、こういう人真似ばかりではなく「他所と同じことはしない」と、そういう気概が無いと色分けも棲み分けもできません。

    人真似をしないと言うのは文化でもあり、捏造した歴史や文化で恥ずかしいと思わないのは国民性にもよりますが、日本は基本的に人真似が上手いと言われていますが、それでも改良に改良を重ねて独自の文化を作り上げてきた歴史があります。

    例えば、歌舞伎は日本が発祥で長い歴史がありますが、韓国が世界中で「歌舞伎は韓国が発祥、日本が横取りした」と言い触らしていたとしても、本物と偽物はそれこそ歴史が本物を選んで偽物は駆逐されていくはずです。

    この偽物と本物の差は文化にも響いてきますが珈琲を飲む国の一つにイタリアがあり、ローマどころかイタリアにはスターバックス(Starbucks Corporation)が一軒もなく、「どうしてスタバはイタリアに出店しないのか?」と言えば、「出店しても儲からない」と言う企業論理があるからです。

    何故、日本では儲かってもイタリアでは儲からないのか、日本とイタリアの根本的な文化の違いの差もありますが、イタリアにはスタバはないけれど「BAR」があり、BARと言えば日本人なら「バー」と発音して飲み屋を想像しますが現地では違います。

    バールと発音するBARは昼間も空いていて酒も置いてあるけれどメインではなく、昼間に皆が飲むのはエスプレッソやカプチーノなどのコーヒーで立ち飲みが基本、これが安くて(1ユーロ=200円以下)上手い珈琲です。

    そして「BAR」にチェーン店は存在せず全てが個人経営、日本で失われつつある「個人経営」こそがポイントで、スタバは言うまでもなく「チェーン店」だから「個人商店」の反対概念として存在します。

    イタリアには「チェーン店」が少ない、強いて言えば目立つのはマクドナルドくらいで、スーパーでも百貨店でも同じ看板を見ることは稀で、コンビニすら見掛けることがありません。

    日本人の多くがイタリアへ旅行した時に、ホテル近くのコンビニを探すのに時間を掛けても見つからないことが多いのですが、日本にはチェーン店が増加しているのにイタリアでは個人商店が多いのです。

    国民性の違いと言うか気質の差でもあり、チェーン店系を好む日本人の根底にあるのは「せっかち&同気質」な部分で、日本人は待たされることが大嫌いな「せっかち」が増えています。

    仕事でも食事でも電車でもせっかちな人が増え、思い立った時に相手の状況に関わらず一方的に連絡をできるメールは日本人に受けますが、外国で携帯メールはそれほどでもなく、海外でメールを愛の告白に使う割合は少ないです。

    それから「同じ」を好む気質も変わりなく「学歴や大企業など人と同じ」が安心、そうでないと不安になる、満員電車は疲れるから嫌だけれど、それに乗れない人生は不安になってくるのです。

    こうなると「常にマニュアルに沿って画一的で効率的なチェーン店」が好かれるので、とにかく同じ文面の同じことを言われるのが安心となります。 1人でラーメン屋へ入り、1人で一つのラーメンを注文しても、「以上で注文はお揃いでしょうか?」と聞かれるのが良い例です。

    ところがイタリアのBARへ一人で行くと、店がヒマならほぼ話しかけられます。 「どこから来たの? 日本人? ローマはどう?」など、マスターもお客もフレンドリーで英語やイタリア語に戸惑わなければ、日本語でも何となりそうな愛想の良さがあります。

    イタリアではスタバの進出を全く恐れてなく、お客様がスタバより自分の店を選ぶと信じているし、お客様もスタバには行かない、守るべきモノは守ると言うプライドがイタリア人の良いところです。

    「いらっしゃいませ」では無く、お客様に親しみを込めて「こんにちは(元気かい)と言ってくれる、そんなマニュアルでは太刀打ちの出来ない空気がBARにある、せっかちや同気質では無い「ゆとりや個性」があるのです。

    デパートなどの企画部は判で押したようにスタバをテナント誘致、そんな考えだから現場で働く人たちが苦労するので、頭を使わないと真面目に働く人々が迷惑します。 機転を利かす、ニッチを見つける、人がいない漁場へ釣り糸を垂れる、そうでないと他所と同じでは売り上げも他所と同じです。

    最後に●タ●で気になることが一つ、●タ●CEOは著書でも社会貢献など素晴らしいと思いますが、倉敷の■■■2Fの●タ●は歩道へ看板を出しています。

    その看板に毎朝盲導犬が引っ掛かっている姿を見るのは心苦しいのですが、私に注意する権限はなくテナントを許可しているトップが何も言わない以上、盲導犬は今後も通りづらい毎日が続いて行きますが、それを改善できない自分の無力さに情けなさを感じています。

    黙っておこうかとも思いましたが、もう5年近くも毎朝盲導犬が立ち往生する姿に我慢できず、愚痴みたいなことをブログへ書いてしまいましたが、同じ珈琲を飲むなら善意もtaste(テイスト)として感じられるお店に行く、そういう思いの人が増えれば文化と社会性を作り上げて行くと信じています。

    思いやりのないお店には思いやりのない人が集まる、思いやりのあるお店には思いやりのある人が集まる、ならば霊視カウンセリング山崎には思いやりのある人が集まる、そういう場所であり続けたいと思います。

    あなたは珈琲を飲む時、どこで味わいたいですか?

    (゚∇^d) グッ!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    精一杯。

    おはようございます。 今日も元気に生きている、自由自在に動くことが出来て、御飯にも水にも困らない、そういうことが当たり前になっているからこそ、実は不自由を感じない贅沢が出てきます。

    人は悩みが出てくるのは困ったことが起きていない証拠でもあり、借金で困っていたら借金の返済で頭が一杯、それを片づけることに一生懸命だから他には目が向かないのですが、それが片付いたら次に何かが目に付き始めます。

    例えば、彼がいない時には彼が欲しいと思いますが、彼が出来たら彼の仕草や行動や考え方などに悩みが出てきて、更に付き合えば付き合うほど結婚するかしないかで悩み始め、そして結婚をすれば結婚生活や家族との関係に悩み始めます。

    人は悩みが片付くと次の悩みが出てくるようになっているので、仕事が暇な時には仕事が欲しいと思うのに忙しくなってくれば、人が欲しい~休みが欲しい~○○が欲しいなど、過去の痛みを忘れて目の前のことしか見えなくなっている社長は廃業した方が良い、それくらい人は人生において悩みを作り出してしまうのです。

    人生を真剣に生きていると面白いことばかりじゃなく、一生懸命にやるとはつまらない時や退屈な時や単調で変化の無い時を乗り越えること、それは真剣に生きているからこそ起こりうる現象で、台本があるヤラセならショーみたいなモノでいくらでも面白くできます。

    しかし、人である以上、やりがいのある人生が送れる可能性がある以上、誰かの役に立つ機会がある人生である以上、人は自分の人生を勝手にリタイアする訳にはいかない、命ある限り精一杯生きなければならないと思うのです。

    精一杯と言っても「目標が無い・夢が無い」と言う人は多いと思いますし、「世の中は金が全て」と言う人もいると思います。 それは個人の思想としては自由だけれど、少なくとも面白い人生や惜しまれる人生になることはありません。

    お金じゃない部分で大切なモノが人にはあり、「お金じゃないと言う気持ち」があるからこそ守れるモノがあります。 人はお金を失った時は諦めが付くのですが、人としての意地やプライドは落とした瞬間に後悔しか残らず、しかも取り戻すことが出来ないと言う悲しい現実があります。

    人としての魂を守り人間として生きる道を歩き続ける為には、常日頃からの迷いや心の緩みなどに打ち勝つ以外に方法はありません。

    少しでもチャンスを掴んだと思ったら少々無理をしても思い切っていく、そうしなければチャンスをモノにすることは出来ないのです。 人はついつい準備が整った方が良いと思いがちですが、この世に準備が整った完璧なチャンスが来るなんてあり得ないのです。

    最近の風潮でもありますがコツコツするよりもすぐにできる方が偉いと思い込む、和風と洋風だと洋風の方が偉いと思い込む、英語と日本語だと英語を喋れる方が偉いと思い込む、寄付するよりも寄付しないで講釈垂れる方が偉いと思い込む、こういう馬鹿にする風潮は大和魂と呼ぶべき日本人の魂では無いと思います。

    私は和風も日本語も寄付も素晴らしいと思うし、コツコツと積み重ねるのは素敵な人生だと思います。 簡単なことを一生懸命やるのが大事なんことで、学力・知識・技術などの部分が6割だったとしても、洞察力や交渉力など社会での頭の良さが勝負の決め手となるのは意外と多いです。

    根性や勇気は古臭い言葉かもしれませんが、人生と言う真剣勝負には良い意味で駆け引きも必要で、1回や2回どころか何回負けてもいい、そこから這い上がってくればいいだけのことで、一度や二度の失敗でシュンとする必要はありません。

    人には生きてきた歴史が必ずあり、その中で成し遂げたことが功績として残るのですが、いつまでも残るから功績と言うので、失敗したって負けたって無くなるモノじゃないのが功績です。

    一度や二度の失敗で無くなるような功績ならいらないと思えば良いだけで、成功する人生とは一時的にはカッコいいけれど、実は余りかっこいいモノではありません。

    何故、失敗するかと言えば挑戦するからで、成功ばかりなのは失敗しない道ばかり選んできた証、失敗を恐れて無難な道を歩いて来たから一時的な成功を手に入れることになった、けれど次にどうすればいいか分からないから没落していく、その良い例が失敗を恐れる2代目や3代目と言うお坊っちゃま君です。

    日本の会社は素晴らしい実力を秘めているのに、会長や社長と言う邪魔者が発展の目を潰しているのが重ね重ね残念です。 日本の社長はろくでなしが多いのですが、社員の方々がしっかりしているから持ち堪えているだけで、本当なら潰れているところを救って貰った感謝が社長と呼ばれる人たちにはありません。

    例えば、一見するとやり手に見えるマクドナルドの原田CEOは、ジョブズがいたAppleで社長では活躍できたからマクドナルドへ引き抜かれましたが、ジョブズのいたマックからジョブズのいないマックへ行った途端に手も足も出ない状態です。

    原田CEOは役員報酬だけで3億円以上を貰っているので、それを返納すれば社員を減らさなくともやれるはずですが、閉店&リストラの嵐と容赦はないので人情や思いやりと言う日本人の魂はありません。

    御年輩の方は自分を振り返って欲しいのですが、「最近の若い者はなってない」と言うのは良いけれど本当にそう思うのなら、それは若い者じゃなくお手本を見せるべき上の立場の世代がなっていないからです。

    親が良い背中を見せずに良い子が育つ訳がないように、社長が良い背中を見せないのに社員が育つ訳がありません。 これに対し「面白くないこと、言うんじゃねぇよ。」と思う社長・役員・教授・先生は多いけれど、図星を付かれたら面白くないのは当たり前で、相手に対して思いやりがあるなら、まずは自分を正すことが最初の一歩です。

    あなたは自分が精一杯やっていると、胸を張ることが出来ますか?

    ヾ(@^(∞)^@)ノ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    公衆電話。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様とお会いできるのは極上の幸せ、霊視と言うのは精神集中が大切ですが、素敵なお客様の場合は本当に心が安らぎ、今までもこれからも生きていたいと思える、そんな活力を与えて頂けるのは本当に感謝です。

    さて、好評のH班長シリーズと言っても勝手に言っているだけで、本当は不評なのかもしれませんがシリーズ化しています。 ブログにもH班長のカテゴリーを増やして読みやすくなったと思いますので、H班長の迷言や天才ぶりを楽しんで下さいね。 m(__)m

    このH班長が社員旅行の幹事をした時のこと、私が働いていた工場には社員旅行が2つありまして一つは会社全体での社員旅行、もう一つはライン(当時は4ライン)の社員旅行で、どちらも渡鹿野島へ行くことが多かったのですが、そうではない時もたまにはありました。

    そして私は社員旅行へ絶対に行かなかったのですが、ある時のことH班長に「参加しろ!」と3時間ほど説教されて帰らせて貰えない為、渋々とラインの社員旅行へ参加したことがあります。 (注:会社全体の旅行は、全て不参加でした。)

    そのラインの社員旅行はH班長の提案で、「いつも観光バスでは面白くない、今回は車を出して、乗り合わせて行こう!」と言う計画で一台へ4人ずつ乗り、あの時は確か20台ほどで行ったと思います。

    今から思えば旅館も大迷惑だったと思いますが観光バスを頼まなかった理由は二つ、一つは幹事のH班長がお金を浮かして自分が着服する為、もう一つは白のBMWを買ったばかりで皆に自慢したい、そうでなければわざわざ車を出して行こうなんてアホなことをする訳がありません。

    そして旅行当日に私が誰の車に乗ろうかと思っていたら、「おい、山崎、ワシの車に乗れ!」と言われ、H班長御自慢の白いBMWへ乗ることになりましたが、もう皆生温泉へ着くまで自慢タラタラでした。

    そして旅館へ着いたのはいいけれどネズミ男やネコ娘が出そうな旅館で、明らかに予算を浮かしたのが丸分かり、これはちょっとと言うくらいで少し怖い感じがしましたが、お風呂も部屋も味わいと言うより古いだけと言う旅館でした。

    そして部屋も6~8人ずつの部屋割りでしたが、私の勤めていた工場では遠慮したら負けと言うのがありまして、部屋の冷蔵庫は有料ですが全て呑み尽した者が勝ち、とにかくあるモノは全て食べる&飲むで、飲み足りなければ他の部屋へ行って飲み尽くして知らん顔していればOK、そして何も飲まなくともお金だけは取られるのが流儀です。

    そして鄙びた旅館なので携帯も通じず公衆電話が置いてあるだけで、H班長も凄いところ探してきたなぁと思いましたが、セコイことに掛けては天下一品です。

    さて、大広間での宴会も終わりまして各自ばらばらに行動する時間になり、工場の人たちに取って温泉街と言えばお楽しみの風俗へ向かう段取りとなりました。

    男が温泉街へ行く目的は90%が風俗で「会社の旅行で温泉」と言ったら、「浮気してくるぞ、仕事だから文句を言うな。」と同義語、反論する男がいたら「山崎が言った」でも「このブログを読め」でもOKですが、反論すると言うことは「真実の裏返し」だからです。

    工場など県北の人が風俗へ行く時に参加しない為、県北で「山崎はゲイ(ホモ)」と言われて苛められましたが、風俗が生きがい(目標)&渡鹿野島へ行くのが恒例行事、そんな男たちと一緒に行動すると言うのは自分の精神レベルが地に落ちると言うこと、そんなのに仲間外れにされても平気なので一切不参加でした。

    そして工場の人たちが風俗へ出かける準備をしていましたが、私は行かないのでロビーで新聞を読んでいると、H班長へ奥様から旅館へ電話がありロビーの電話へ繋いで貰いましたが、奥様も公衆電話だったようで電話が切れそうになりました。

    すると、H班長は私の方へ向いて「おい、山崎、10円、電話が切れそうじゃ!」と怒鳴るので、「あの、Hさん、何で、10円?」と言ったら、「あほぅ、はようせぇ、電話が切れる!」と言って、受話器の向こうの奥様へ「おい、こっちで10円、入れてやるから、待っとけ!」と言いました。

    私は何のことやら訳も分からず唖然としていましたが、実はH班長曰く「公衆電話が切れそうな時は、掛かってきた場合でも、こちらから10円を入れればOK!」と、そういう風に思っていたのです。

    それから間もなく電話が切れてしまいH班長は大激怒して私の胸倉を掴み、「このボケがぁ、何しょんなら、はようせぇ、言うたじゃろうが!」と、私を揺さぶって殴ろうとしたら旅館の人やロビーへいる人たちが間に入ってくれました。

    そして旅館の人より公衆電話の仕組みを説明されると、「わしゃあ、普段、使わんから、それならそうと、早く言えや!」と、またまた私に殴りかかろうとしたので再び旅館の人たちが止めてくれましたが、県北で過ごしていると公衆電話の使い方を知らない人は結構な割合でいます。

    当時の私は体重が47~48キロほどのガリガリでH班長にボコボコにされていましたし、H班長を崇拝しているO先輩にもよくボコボコにされていましたから、私は県北ではかなりのヘタレでした。

    なお、以前も書きましたが温泉の大浴場で県北の人たちが必ずやるイタズラ、ボディシャンプーやリンスなどの容器へ尿を入れて混ぜておくのですが、この時も湯船に浸かりながら尿入りシャンプーで洗っている人たちを、ニヤニヤしながら見ているのだから本当に懲りない人たちです。

    それから御質問があったので少し説明ですが、このブログになってから下の方へ「拍手」と書いたボタンがありますが、これは匿名で気軽に「読んだ・良かった」などの意思を伝えることができるモノで、押すだけで応援の気持ちを伝えることができる目的で作られたそうです。

    あなたは公衆電話、その使い方を知っていますか?

    о(ж>▽<)y ☆

    PageTop

    開業医の年収。

    おはようございます。 天女の如き素晴らしい女性である素敵なお客様には、必ず運命の助けがあるので心配ごとは無くなる、時間は掛かるかもしれないけれど無事に過ごせる毎日が必ず来る、お金やモノじゃない幸せの意味が分かる時は必ず来ます。

    占い師は守秘義務は勿論のこと、基本的に中立や公平なモノの見方が必要で、どちらかに偏った考え方は不適切です。 だからこそ片方からの上から目線と言うのは受け入れられませんが、どうしても上から目線になってしまう人もいて、それを世間では「特権階級意識」と呼びます。

    寄付の神様と知り合ってから医師に関する考え方がかなり変わってきましたが、精神レベルが素晴らしい医師と出会う度に、いやらしい考え方の医師の酷さも逆に目立って来るようになり、旦那様が医師と言うだけで自慢しまくりの奥様も目立ちます。

    例えば、開業医の年収は外から見ただけでは分からない訳でもなく、やり方さえ分かれば非常に簡単に概算が出ます。 開業医の奥様はかなりの上から目線で看護師や職員へ命令することが多いけれど、医師が偉いかどうかは知りませんが御主人が偉いから自分も偉い訳ではありません。

    脳外科の福島先生や上山先生、婦人科の安藤先生や心臓外科の天野先生など、自分が患者さんを助けなければと休みも無く手術している先生と、金儲けが目当ての開業医が同じ医師と言うカテゴリーでは括れません。

    では、一番単純な開業医の年収の出し方は「全職員数×250万円=年収」で、眼科や内科など診療科により違ってきますが、手術+薬の量+入院などの誤差を含めても職員が10人以上で6年以上経営している開業医は、ほぼ当てはまる計算法です。

    つまり、医師が1人で職員が30人いる開業医の場合、ざっと計算して年収が約7500万円前後となりますが、高収入だと引かれる所得税も約40%だから控除後は約4500万円前後、更に保険など色々な分も含めると低くなりますし、医師が2人なら単純計算で半額になります。 (実際は30人もいると、医師も2人は必要です。)

    申告は7500万円でも色々と引かれて手取りは少なくなるのは、自営業でもサラリーマンでも同じことですが、高収入だと色々なモノが引かれる割合が多くなるので、「職員数×250万円=年収」を更に「年収×0.35=手取り」と考えれば、開業医の当たらずとも遠からずの手取り金額⇒実際に使えるお金ですが、医師が複数なら医師の数で割ると1人当たりの年収が出ます。

    ただし、職員が10人未満の場合は税金の関係で帳簿上は、年収を1999万円以内に収めるようにする傾向が強く、特に歯科医が予約制なのは売り上げを計算して1週間の患者数を調整する為で、今の治療技術だと約90%が予約無しの1回で済むのにワザと何度も来院させます。

    どうして人はお金により人生が狂うのか、仕方が無いことですがお金があれば買えるモノが増える、旅行が出来る~良い生活が出来る~車~家~マンションと次々に手に入れるモノが増える、そういうモノが増えることが幸せの人には何を言っても分からないと思います。

    これは悪いと言う訳では無く~不正解と言う訳でもなく、お金が基準の人は年収で相手の価値を見るだけで、年収9000万円は年収3000万円を馬鹿にして良い、そういう考えでいるのは悲しい人間のエゴですが、欲ボケした医師と家族はお金が全てだと信じて疑わないのです。

    寄付の神様の父母はどちらも開業医ですが、経営者と言う面では母親の方が遥かに上です。

    母親の病院は入院施設も無いのに県下№1の薬の量で、製薬会社へかなりの意見が言えるレベルですが、ここはホントに路地裏で表からは見えないのに患者さんが引きも切らない、入院施設が無いのに職員が非常に多いです。

    それに比べて父親は商店街にある病院なのにそれほど多い訳でもなく、病院の利益は職員の給料や寄付に消えていきます。 家に生活費も余り入れて無いようですが、母親は御主人(父親)を尊敬しているから許されるのだと思います。

    ここで疑問の出る人もいるはずですが、病院の利益を寄付に回す生活なら「自分の給料はどうしているのか」で、それは週に2回ほど知り合いの病院で当直をして稼いでいます。 つまり、週に2回は徹夜をして寝ずに自分の病院へ出て診察をする、そんな生活を今もしているし、これからも死ぬまですると思います。 (注:現在60代です。)

    開業医が年収を自慢するのは良いけれど、お金以外に何も無い人生のまま死んでいくのと、寄付の神様の父親みたいに病院の儲けは寄付に回し~自分の給料はアルバイトで稼ぐ、どちらの人生が幸せなのかは考え方ですが、私は寄付の神様の父親みたいな人生の方がカッコイイと思います。

    なお、母親の病院では1日の患者数が決めている人数を超えた時に大入り袋を出しますが、繁盛しすぎて週に3~4日は大入り袋を出し、勤務年数により金額は違いますが大入り袋だけで家賃や車のローンが払えると言う話です。

    先ほどの自分の主人が開業医で年収が自慢と言う奥様だと、職員へ臨時の大入り袋なんか絶対に出さないし、自分の家や家族だけ良い生活が出来ればと言う考えなので、それの「どこが悪い!」と開き直るから説明に困ってしまいます。

    自分の金儲けばかり言わずに少しは寄付して下さい、もしくは全職員の待遇をよくして下さい、そうお願いしたいのですが餓鬼の如く欲の塊だから難しいかもしれません。

    「医は算術」ではなく「医は仁術」と言う言葉、古臭いかもしれませんが開業医とその家族は、よく頭に叩き込んで欲しいと思います。

    あなたは開業医の年収、弾き出してみたいですか?

    ヾ(@°▽°@)ノ

    PageTop

    殺人犯の心理。

    おはようございます。 人はそれぞれの人生でさまざまな人と出会い人格形成や師匠と弟子、更には恋愛や結婚など色々なことを学んでいくのですが、人との出会いを学びに出来なければ経験することはあっても財産として活かせることはなく、その経験を蓄えるだけでは無く活かせることが大切でもあります。

    県北で通った小中学校の出身者の中で、「殺人・強盗・傷害・婦女暴行・放火」に関与した人、こういう条件だと当てはまる人が多く同窓会は刑務所から誰かが出てくると誰かが入る、もしくは誰かが行方不明になるので全員が揃うなんてあり得ません。

    なお、万引きを入れると犯罪率が100%に近くなるので除外しますが、万引きはいたずらや冗談で犯罪とは思わない人が多いです。 同級生に限定すると殺人犯は約1名しかいませんが、あと1名は自動車で5人死亡の事故を起こしたのですが、賠償金を払わず逃げて行方不明です。

    そして工場時代は勿論のこと、建設現場で働いていた時は刑務所帰りが当たり前で、殺人犯は珍しく無かったから日本の占い師で殺人犯と接触した経験が一番、そう言っても過言ではないと思います。

    だからこそ分かるのですが殺人を犯す人の心理や感情や行動は、本人の置かれている状況に影響されますが、その影響と言うべきストレスの蓄積が自分の犯行の要因と考えがちですが、実はストレスの後ろに隠された基本的な問題があります。

    県北で殺人犯を数多く見てきた当事者として、その殺人を犯した人同士の会話を現場で聞いていると、そのストレスとなるべき要因は次のようになります。

    女性や親との関係・お金目的・結婚生活・友人知人との関係・子供・身体的な劣等感・法律や仕事の問題など、これらが殺人を犯す理由のほとんどですが、この中でも「女性と両親」は殺人の動機の主となります。

    犯行前の殺人犯の精神状態は「欲求不満・敵意・怒り・激昂・興奮」などで、心の苦悩による感情や兆候は少ない、これは犯行直前の殺人者たちが弱者の立場に共感する感情はないことを示唆して、極端に言うと弱い者いじめをする人たちは殺人予備群でもあります。

    また、県北で対面している殺人犯の多くは快楽殺人の側面が多く、TVとは違い殺人犯の約50%は意図的な犯行と自覚、残りの約34%も殺人を犯しやすい精神状態だったと意識、それは機会があれば殺してやろうとの自覚を約84%が保有、残りの約16%が衝動的なモノや自分の身の危険を守る為のモノです。

    つまり、殺人は意図的に行われるモノで「殺意はなかった」と言うのは真っ赤なウソ、刑を逃れる為の作り話を弁護士が吹き込んでいるだけです。

    そして殺人犯には事前パターンもあり、犯行の前日から1週間ほどの間に何らかの犯罪(暴力など)に関与、犯行の数時間前になるとターゲットを定め、女性を襲うなら通勤路の下見やどうやって殺すかのシミュレーションを始めます。

    殺人犯と話せば分かることですが、意外と景気付けに一杯飲んでから殺人をする傾向があり、アルコール(ドラッグ含む)が関係していることが多く、これは一杯も飲めない人であろうと殺人前には飲むことが多いです。

    殺人犯は頭の中で「あいつ、死んでくれねぇかな?」と空想をするけれど、そうそう死ぬわけが無いから殺人を実行に移すのですが、殺す時も計画通りに人は死んでくれないから誤算が起きます。

    それにより予期せぬ事態が起きて、抵抗が激しい時などは予想以上に暴力を振るうことで、その多くは暴力を振るうことで興奮して快楽を感じ、もう一度殺したい・殴りたい・首を絞めたいなど快楽を求めます。

    そして殺人犯は「自分が社会のルールを破り、人を殺したことに高揚を味わう。」ので、この高揚した快感が再び殺人へと駆り立てるので、彼らが反省することなどあり得ません。 (注:反省する少数派は、自分の行為が怖くなり警察に出頭します。)

    死体の処分方法も頭の中では完璧に仕上げても空想に過ぎず、「どれくらい早く、死体が発見されるか?」を気にします。 死体を「どこに遺棄するか?」も何らかの意味を持っているから、憎しみが強ければ強いほど死体は原形を留めないなど殺人犯の頭と直結します。

    殺人犯は犯行現場を去った直後に深い開放感を覚えることが多く、そのまま家に帰り夜もぐっすりと眠れたと語る殺人犯がほとんどで、人を殺したら眠れないと言うのは単なる作り話で実際はすっきりと眠る人ばかりで、工場や建設現場でも悪い奴ほどよく眠ります。

    前述のように同級生に限定すると殺人は1~2人ですが、先輩や後輩や工場や建設現場と広げたなら、ニュースを見る度に「あぁ、あの人、岡山市にいたのか。」など、県南や他県のニュースで懐かしい名前を聞くことがあります。

    6~7年ほど前に愛知県で女性を27人襲った強盗&暴行のとび職人が、同級生のN君だった時は「やっぱり」と思いましたが、彼は中学生の時に自分の姉の友人が自宅へ遊びに来た時に暴行した前科があり、この時は親が相手に謝罪して将来があるからと相手も被害届を出さなかった、そういう甘い考えが愛知県の女性達に凄い迷惑を掛けてしまったのです。

    県北にいると下手なプロファイリングの専門家よりも、犯罪者の心理は手に取るように分かります。 島根の女子大生バラバラ殺人事件も20~30代の複数犯で釣りが趣味の奴ら、犯行に使われたのは4駆で現場には釣りに関する品が落ちていたはず、こんなのは霊視じゃなくても分かります。

    工場や建設現場など犯罪者と一緒に仕事をしたら分かりますが反省する気はゼロ、単にイタズラをやり過ぎたと言う程度の遊び感覚で人を殺す、こんなのを相手にする警察は日々大変だと思います。 マスコミはすぐに警察を叩きますが多くの警察官は真面目で、市民の安全を日夜守ってくれているので本当に感謝の気持ちです。

    あなたは殺人犯の心理、身近で感じたことはありますか?

    ∑q|゚Д゚|pワオォ!!

    PageTop

    裏にある真意。

    おはようございます。 昨日は日経平均株価が1143円の大暴落とマスコミが安倍政権を叩いていますが、目先の一喜一憂を報じるマスコミは計算もできない程のアホで、今日は大口が買いに入るから損をするのはマスコミに騙される個人投資家です。

    1973年に日本沈没と言う小説がありましたが、2013年は中韓に飲み込まれて日本は暗黒期へ突入する寸前でしたが、ギリギリで政権交代したらあっと言う間に株高円安で企業収益改善など復調の兆し、まさに日本は八百万の神々の国に守られているのかもしれません。

    2012年12月まで民主党が中韓を助ける為、余りにも露骨で急激な日本潰しを仕掛けたから失敗しただけで、韓流ブームのようにじわじわと洗脳されていたら20年後には中韓の植民地になっていたはずです。

    だからと言って自民党が良い訳では無く、私は建設現場時代に自民党代議士と秘書が現場へ視察に来て、「おまえらみてぇなゴミは、死んでもえぇんじゃ!」と何度も言われましたが、アホな代議士が雁首並べている自民党の方こそゴミ掃除をすべきゴミ揃いです。

    そうは言っても今の内閣で大臣をやっている面々はかなりのツワモノで、「麻生・谷垣・菅」の3人が裏でしていることを中韓とマスコミは理解できていないのはチャンスで、このまま理解できない方が日本にとってはありがたいです。

    それの検証と説明ですが、麻生大臣が中韓抜きのASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との通貨スワップ協定、このニュースは「どうして今なのか?」がポイントで、ここから先は日本の為の内容で中韓とマスコミは読まないで下さいね。 (苦笑)

    米国連邦準備制度(中央銀行)FRBからドルの融通が利くのはアジアでは日本銀行だけ、通貨スワップの実態は最悪の時にはFRBからドルを調達して、日本が主体となって通貨危機の当事者を助けることになります。

    日韓協定では韓国の顔を立てて両国が対等な協定と大人の配慮をしていますが、リーマン以降の信用収縮に危機感を抱くASEAN諸国は通貨危機を繰り返したくない為、日本にTPPへの共同参加や通貨スワップ等の協力、そして投資の促進等を打診していました。

    日銀はASEAN+3(日本・中国・韓国)で、通貨危機から国家の破綻を未然に防ごうとしました。 その中身は日銀主体のドル融通ですが、このような協定を闇雲に締結すると逆に相手国の信用を落とす可能性がある為、タイミングを慎重に図る大人の配慮が必要です。

    ところが思わぬ事態が発生、韓国は国家倒産の実績があるので信用はASEAN以下、それでも大人の配慮として持ち上げていますが実際は余力がない、当然ながらプライドの高い韓国はASEANと同列に語られるのは屈辱で、日本の影響力が拡大する枠組など受け入れるはずがありません。

    大震災や円高で青色吐息の日本に対して韓国はサムスン等の躍進で強気、配慮や譲歩は勝利と考えるので反日世論に沸き立ち、「竹島・慰安婦・植民地・天皇陛下の謝罪」などを要求したのは記憶に新しいところですが、「日本が韓国に哀願してのスワップ延長を申し出た」との虚言も言いだしました。

    日本(日銀)は韓国の通貨危機を何度も救ってきたのに、韓国は日本に守られていることを当然として感謝も無く、民主党政権の中韓支援と相まって我が世の春を謳歌して日本に土下座を求めたのに、政権交代してから悔しくて仕方が無いのが今の流れです。

    そして韓国は日本との拡大スワップを延長せずに中国とスワップ協定を先行締結、日銀が構築しようとしていた枠組みをぶち壊しにしただけでは終わらず、韓国は「経済が弱まる日本は必要ない、日本はアジアで孤立している。」と、もの凄く馬鹿にして各国に「日本を仲間外れにしようと」とロビー活動をしています。

    つまり、「中国とのスワップを締結=韓国の基軸通貨は人民元と宣言」したことや、韓国の異常な日本潰しをASEAN各国の財務大臣(蔵相)はどう感じたのか、日本の支援を喜ぶ国は世界中にいくらでもある事実に気が付いていないのは中韓だけです。

    そして日本に神風が吹いたのか、韓国が叩き潰したはずの日本は震災による原発停止でエネルギーの輸入が増大して貿易赤字を計上、おまけにアメリカのシェール革命による景気回復が鮮明になり、通貨供給量を増やさない限りウォン高で円安となりました。

    民主党が倒れて安倍政権⇒麻生財務大臣の登板が決まり、アベノミクスが始まらないうちから株高円安が始まる事態になり、慌てた韓国は金融緩和をしようとする日本を猛批判したのですが誰も賛同しません。 (G7やG20で韓国と日本のマスコミは、日本と安倍政権を猛攻撃しました。)

    世界各国もアホじゃないので「韓国がウォン安誘導をしていた」のを知っていて、おまけに「事あるごとに日本批判」をする韓国は信頼されづらい国なのに、傍若無人な振る舞いでアジア各国の悲願である、通貨安定の枠組構築を韓国が不参加により破壊しました。

    それなのに韓国だけが日本や中国との通貨スワップで依然として守られている、それを他のアジア諸国が怒り心頭なのは余程のバカタレでない限り分かります。

    今年の靖国神社春季例大祭は過去に例がないほどの閣僚や国会議員が参拝、それを民主・共産・社会・公明などは国会で批判して安倍首相を猛攻撃、ところが許し難い暴挙と声高に批判しているのは中韓と日本のマスコミだけです。

    GW中は閣僚が中韓を避けて外遊しましたが靖国神社参拝で支障が出た国は中韓だけ、他の国々は温かく迎え入れてくれて友好関係を結ぶ為には寄り道せずに済みました。

    歴史認識に終始して未来を語れない国との外交は時間の無駄、日本抜きの包囲網を作ろうとする韓国大統領を見て麻生大臣も腹を括ったはずで、靖国参拝を目立たせておいて裏では中韓抜きの包囲網を作っているのが今です。

    つまり、相手にしない方針を世界へ示しているのに、中韓+日本のマスゴミは気付いていないし、「中韓と手を切るならウチと組もうよ」と近寄って来る国が多いから、中韓以外の国への投資が盛んになってくるはずです。

    韓国は対馬の仏像を盗んでおきながら「元々、我々の物だ!」と返す気ゼロ、先日も「広島と長崎への原爆投下は神の懲罰」と言い切りましたが、日本は大人の対応として静かに優しく、「中韓の物は買わない&中韓へ旅行しない」だけでOKです。

    本日は単なる空想物語(ファンタジー)として書きましたが、このような考え方が出来れば学生も就職に役立つはずで、企業の人事担当者よりも遥かに上の思考力を示すことが出来ます。

    あなたは裏にある真意、それを見抜いていますか?

    (゚∇^d) グッ!!

    PageTop

    叶える器。

    おはようございます。 このブログを読んでいると言うことは何も障害が無く、普通にPCやスマホや携帯からアクセスできているはずですが、何かがあれば「辛い・苦しい・嫌」などの感情や体験が行動を妨げるはずですし、その障害を解消する為にはブログどころでは無いかもしれません。

    人は何も無いから幸せ、人は恙無く無事に過ごせるだけで幸運、日本に生まれてきただけで世界中の誰よりも幸せ、それに気付けるのが幸せの為の第一歩になると思います。

    人は朝起きてから寝るまでに決断(判断)を2000~3000回はすることになり、それだけの決断や判断をするなら数が増えれば増えるほど脳や精神に負担が掛かるので、決断や判断を少なくして脳や精神の余裕を広げておくのは自分を守る必須条件です。

    風水や自己啓発本などでも「部屋を綺麗にしましょう」と書いてあるのは、部屋が片付いていないと決断や判断の数が余計に増えてくるからで、朝起きて物を避けて歩くだけでも決断や判断が10~20回は増えるので、それに伴いイライラが増えると更に自分の決断や判断に負担が増えてきます。

    その悪い例が家族愛と言う名の自己満足が出てくることで、「自分が、これだけしているのに、どうして、分かってくれないの?」と、如何にも良いことをしているのに相手が分かってくれない、そういう悲劇のヒロインになると離婚や別れは避けられなくなるかもしれません。

    本当は相手のことが大好きで相手の為には何でもしてあげたいと思っているのに、それが相手の負担になっているのは本末転倒なのに気付かないまま、自分の非には気付かず相手の非ばかり目立ってしまう、「好きだからこそ自分の思いを押し付けてしまう」のは、好きだからこそ気付かないエゴなのです。

    年間で2千人ほど鑑定しているから分かるのですが、身の回りの人の話だけ聞いていると仲の良い人の意見が必然的に多くなり、そうなると同意や共感が増えるので「自分は正しい」と思い込んでしまうのが人の怖いところです。

    そういう私自身も人間的にはダメダメ君ですが、素敵なお客様が私の師匠として君臨して下さっているからこそ、全ての素敵なお客様を師匠として見習い自分を高めていきたいと、自分の日常に努力と精進は欠かせないと心に刻み込んでいます。

    私も人間ですから心に怠け心が出てくる時もありましたが、今は怠け心が出てくる暇が無いのが正直なところで、人には限られた時間しかないのに「休みたい・疲れた・遊びに行きたい」など、そんなことを言っていたら人生が終了してしまいます。

    年間で2千人を鑑定すると10年で2万人だから30年で6万人しか鑑定できない、それは単純計算で日本の人口の0.0005%未満に分類されるほどの少数です。

    そういうことを分かった上で残りの人生を考えると、休みたい・疲れた・遊びに行きたいなどと言っている時間すら勿体無い、次から次へと鑑定して幸せな気持ちになる素敵なお客様が増えれば良いなぁと思います。

    人は人と出会うことでしか変われない、自分の意思で自分を変えることが出来たら楽なモノですが、ダイエットが難しいのは自分で自分を変えることの難しさを物語っています。

    しかし、好きな人の為にダイエットしよう、患者さんを救いたいから医師になろう、動物たちを助けたいから保護活動をしよう、こうやって誰かの為には自分の力以外の不思議なパワーが芽生えてくるものなのです。

    最初は「自分の為に」で良いけれど、そういうレベルを乗り越えたら「誰かの為」に生きている自分を実感する時が来るので、それまでに相手の思いを受け止められるだけの自分でいるように出来れば幸せです。

    人は良い師匠に巡り合えたら幸せですが、良い師匠に出会いたいと思うのであれば自分が良い弟子であること、良いパートナーに出会いたいと思うのであれば自分が相手に取って良いパートナーであること、片方だけがずば抜けて素晴らしい人格と言う師匠と弟子はいないし、片方だけがずば抜けて素晴らしい夫婦や恋人もいません。

    素敵な人に出会いたいなら自分が素敵な人になること、山登りでも最初は近所の山かもしれませんが、そのうち富士山へ挑戦したくなるはずです。 富士山へ挑戦すると言うことは富士山へ上るだけの体力や技術を高めている証拠、そうでないと富士山へ上るとすら思えないのです。

    私は世間からすれば占い師のカテゴリーに入りますが、世間の大多数の人々は占い師と言うだけで偏見があり馬鹿にすることが大半で、世間と言うのは職業や学歴など本人の実力以外で相手を判断して偏見を持つモノです。

    しかし、それは相手のレベルが学歴や職業で判断するレベルと言う証拠で、そういう偏見を持つ人には相手にされなくてもいいのですが、素敵なお客様やマザーテレサには相手にされるレベルでありたい、相手の思いを裏切るような占い師ではいけないと考えるのです。

    相手の思いを裏切らない為には自分が自分に嘘を吐く生き方をしない、人は嘘を吐かれたら嫌な思いが残るはずなのに、自分が自分に吐く嘘はいつでもどこでも平気で認めてしまう、自分が自分に嘘を吐くようでは自分の人生が嘘になってしまう、その心の痛みは自分の中から消し去ることはできません。

    例えば芸能人などは幻想を守るのも仕事の内で、ファンのことを考えたら軽率な行動はできないはずですが、女性を自宅へ連れ込み監禁する歌手や俳優、義捐金を寄付せず自宅や車に使う歌手や漫才コンビ、震災の翌日に長崎や鹿児島へ逃げてスタッフだけ東京へ居残りさせた歌手や俳優、これらはファンに対する裏切り行為です。

    自分の夢を叶える為には「自分が人の夢を叶えられる器」であること、その器でいる為には努力と精進を怠りなく遂行しないといけない、そうやって自分を戒める日々は自然と修行が出来ていると思うのです。

    あなたは叶える器を、兼ね備えていますか?

    ヾ(@°▽°@)ノ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    ミサ。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、それは素敵なお客様のおかげで本当にありがとうございます。 奇跡とは天女のあなたが起こすことだから、素敵なお客様の真摯な生き方を尊敬しています。

    さて、私は占い師と言うカテゴリーの関係もあり、神社仏閣に対する必要最低限の知識は持っておくのが当たり前の義務で、日本だけではなく外国の宗教に関しても勉強しておかないと話が出来ない時もあります。

    生きている以上は神様仏様に関係無く体験できることはしてみようと、教会を見学に行ったり~行くくらいならついでにミサも体験と、信者でもないのに信者みたいな顔して参加した時のことを御紹介したいと思います。

    ミサ(missa)がどんな感じかと言えば分かりやすいのは「ルパン三世・カリオストロの城」で、伯爵とクラリスの結婚式でルパン扮する大司教が大聖堂にいるシーンは、賛美歌なども歌っていたので似ていると言えば似ています。

    ミサはカトリック教会においてパンとぶどう酒を聖別して、聖体の秘跡が行われる典礼(祭儀)で司教(司祭)が司式して、信者全体が捧げるものとして位置付けられているカトリック教会で最も重要な典礼儀式です。

    ミサとはカトリック教会における聖体の秘跡にかかる典礼だけを指す語彙で、正教会及びプロテスタントでは「ミサ」と言う表記は使われません。 漢字で「弥撤(彌撤)」と中国や日本でも書かれることがありましたが、現代の日本のカトリック教会では漢字表記が使用されることはありません。

    カトリック教会においてミサは「感謝の祭儀」とも言い表され、「イエス・キリストの死と復活を記念し、その復活の恵みに与る、喜びに満ちた感謝の祭儀」を示し、ミサ式文の最後の部分では「感謝の祭儀(またはミサ聖祭)を終わります。」と司式司祭によって唱えられます。

    ミサはユダヤ教のシナゴーグで行われていた礼拝の形式(聖書の朗読と説教、祈り)に、最後の晩餐を記念して行っていた聖体の典礼と会食が組み合わされて出来たモノで、キリストは最後の晩餐の席でパンを取り、「これはわたしの体である」と言い~ぶどう酒を「これはわたしの血」と言ったことに端を発します。

    ミサは基本的に聖堂や教会堂において行われますが、特別な場合は屋外や一般の室内で行われることもあり、私が参加したのは大聖堂でやったミサなのでパイプオルガンや合唱などかなり大掛かりなモノでした。

    そして日曜日のミサを「主日のミサ」で、平日のミサを「週日のミサ」で、降誕祭(クリスマス)など特別な祝祭日のミサを「祝日のミサ」として、信徒は毎日曜日(主日)といくつかの守るべき祝日のミサが務めとされているようです。

    20世紀半ばまではミサの行われる時間が厳しく制限され、降誕祭と復活祭の前夜を除いて午後1時から夜明けの1時間前以前まで行うことができませんでしたが、今は土曜日の夕方以降に行われるミサも日曜日(主日)のミサとして扱うことができるなど、神様も現代社会の忙しさに対応してくれています。 (苦笑)

    一番前に陣取るのも厚かましい気がしたので後ろに座りましたが、ミサは長いのでお尻も痛くなるし祈りのポーズで跪くから膝も痛くなるので、素敵なお客様から何らかの要望が無い限り再度行こうとは思わなかったです。

    一通りの流れを大雑把に説明すると、司祭が入堂して祭壇に着きミサを開始、聖歌が歌われ、次に司祭と会衆の間で挨拶が交わされて祈りが唱えられ、次に悔い改めの祈りと司祭による集会祈願、続いてあわれみの賛歌(キリエ)が唱えられ、「栄光の賛歌」(グローリア)なども唱えられます。

    次に「ことばの典礼」で平日には2つ~主日と祝日には3つの聖書が朗読、朗読は第一朗読では旧約聖書、第二朗読は使徒の書簡、朗読後は「答唱詩編」として先唱者と会衆による章句の繰り返しと詩編の朗読、通常は歌われることが多いです。

    そして福音朗読に続き司祭(助祭)による説教、通常は福音や聖書朗読の解説がされることが多く、主日と祭日には説教の後で「信仰宣言」が行われ、その時に応じて意向で唱える「共同祈願」が唱えられたりします。

    これらが終わると「ホスチア(パン)とぶどう酒と水」が祭壇へ準備(奉納)され、次に司祭により「奉納祈願と叙唱」が唱えられ、会衆と共に「感謝の賛歌(サンクトゥス)」が唱えられます。

    次に司祭によって「奉献文」が唱えられ、司祭がホスチアとぶどう酒を取りキリストが最後の晩餐で唱えた言葉を繰り返すことで、ホスチアとぶどう酒がキリストの体(聖体)と血(御血)に変わると言うことらしいです。

    そして「交わりの儀」があるのですが、これを説明すると長くなるのに加えて未成年が読んでいると宜しくないので省略します。 司祭が拝領後の祈りを唱えて交わりの儀が終わり、これにより「神と人との交わりや参加者同士の交わり」は終了です。

    最後に「閉祭の儀」でミサの終わりにも「閉祭の歌」として聖歌が歌われることが多く、司祭と会衆との間に交わされる「最後の交唱」で終わりです。

    一応、勉強の為に参加したけれど1時間30分以上もあり、アーメンばっかりで飽きてきたのでソーメン・ラーメンなど遊んでいましたが、こんなことしたら怒られるので本当はダメです。 (私は宗教や神に拘りが無い無宗教なので、どこでも行けるのが強みです。)

    なお、聖書の朗読に付いていけるのか、祈りのポーズなどはどうするのか、これは周りの人を見て真似すればいいだけで、聖書の朗読は適当に言っただけですが何とかなります。

    デジカメの小部屋に行った時の画像をアップしてありますが、この大聖堂に関しては丹下健三作なので建築物としても一見の価値あり、上空から見ると十字架に見える建物で道の反対側にはお茶できる良いカフェもあります。

    ただし、パワースポットとしては「合う・合わない」が顕著な場所で、休日の散歩程度にしておいてミサには参加しない方が良い人もいると思います。

    あなたはミサに、参加してみたいですか?

    ((((*ToT*)†~アーメン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    ハゲタカ~後編。

    おはようございます。 雨が降っても幸せ、晴れになっても幸せ、どちらにしても生きているだけで幸せ、どちらになっても有り難く受け止める、そういう感謝の気持ちがあれば難しく考えなくと常に幸せのはずです。

    さて、昨日のブログで最後に投資会社のことを少しだけ書きましたが、この投資会社を知りたい人がいるかと言えば100万円が92万円になる状態、いわゆる損する状態なら知りたい人は少ないと思います。

    仮に投資するとしても、「いや、障害者や国内産業を助ける姿勢に共感するから損してもお手伝いをしたい」と、そのような気持ちなら長続きすると思いますが、「投資会社=悪いことしてお金儲け」や、「投資=儲かる」と考えるなら止めておかないと毎日お金の増減で神経が擦り切れると思います。

    ここから先はお金に付いてかなり真実を突いた内容になるので、自分だけが儲かればいいと言う考えの人なら「それがどうした、悪いのか!」と平気ですが、良識ある日本人~善良なる日本人ならば「心が痛む話になる」ので、それを心してお読み頂ければと思います。

    私は東日本大震災が起きた後から目に付いて気になるのは、日本人のお金に対するイメージですが、「日本人はお金が大好きで、なおかつ、お金に汚い」が本質なのかもしれません。

    世界で個人資産を比べた時に現金や預金の割合は、日本55.5%、アメリカ15.3%、フランス31.3%、イギリス32.2%、このように日本人の現金や預金での個人資産比率はずば抜けています。

    これから読み取れるのは「日本人はお金大好き」と言う事実で、日本の個人金融資産の総額は1400兆円ですから、この中で約800兆円が現金や預金として眠っているのです。

    そして更に良識ある日本人にとってはキツイ事実で、日本人はケチと言う点でも世界でトップレベルです。 年間の寄付金額(成人1人当たり)を国別で見ると、日本7000億円(2500円)で、アメリカ34兆円(13万円)で、イギリス3兆円(4万円)です。

    なんと日本人が個人でする寄付金額は年間で2500円、アメリカの52分の1と言う金額です。 これを言うと必ず反論されること、「アメリカはビル・ゲイツなどのお金持ちが寄付している」ですが、それは誤解で所得が少ない人も年収の4.2%は寄付している事実があります。

    これは文化の違いもありますが日本人はがめつい部分があり、もしも東日本大震災の時に日本人が個人金融資産の「たった1%」を寄付していたら、約14兆円ものお金が集まっていたはずなのに、実際には数千億円に留まっていたと言う事実があります。

    しかも氷室京介氏のように1人で6億円以上も寄付した人がいるなど、それから計算して寄付した人数を弾き出すと東日本大震災の時に寄付した日本人は少なく、おおよそを単純計算すると東日本大震災へ寄付した日本人は全国民の約8%のようです。

    ただし、日本の経営者で寄付したのは約2%ほどだから、約8%と言う数字はかなり高い数字に思えてきますが、それは日本人の経営者が余りにも寄付しない欲ボケした経営者ばかりだからです。

    この日本人の約92%は東日本大震災へ一円も寄付していないと言う事実は、意外でも何でもなく寄付やボランティアは同じ人が何度もしているだけ、しない人はいつまで経ってもしないと言う証拠であり、東日本大震災へ寄付した人は約8%の中に入る自分を誇りにして胸を張って欲しいのです。

    東日本大震災の時は、多くの素敵なお客様に御賛同頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    2007年頃にアメリカの投資会社が日本のブルドッグソースにTOBを行い、全株取得に乗り出したことがありますが、この時は持ち株比率を下げたり裁判までしたりで買収を回避しました。 この件についてアメリカの投資会社を「金の亡者だ」とか、「短期的に儲けることしか考えていない」など日本人は大激怒しました。

    ここまでの部分だと確かに正論かもしれないし、日本の会社が守られたと言うことなのかもしれませんが、それでは「アメリカがハゲタカで日本は雀なのか?」と言えば違います。

    数年前には日本人がブラジルの株式を大量購入していましたが、今はどんどんと引き上げて「次はどこにしよう、新興国のインドが良いかな」と、次の投資先を探しまくって~海外で円を使いまくり、これが円高要因の一つになっているのは皮肉な事実です。

    さて、この考え方の日本人と先ほどのアメリカの投資会社のどこが違うのか、正義を振りかざしてアメリカの投資会社を非難していた方々、特に中韓の味方ばかりするマスコミに教えて頂きたいのです。

    ブルドックへのTOBに対しては「短期で売り抜けるな」と言いながら、自分たちはブラジルなど海外の株式市場で同じことをして儲けました。 日本人には酷いことをするな、だけどブラジルやインドにはしても構わない、他国の会社や従業員のことなど知ったことではない、そういう考えが日本人の根底にあるのは事実です。

    私は「石の上にも3年」と言う言葉を馬鹿馬鹿しいと一笑に伏しますが、日本の投資信託などの平均保有年数は「約2.4年」ですから、若者へ辛抱が足りないと言う割に自分は約2.4年までしか辛抱できません。

    ようは「お金が心配で、一円でも損しそうなら、すぐに引き上げる」と言う、「金の亡者⇒ハゲタカ」と言う事実が日本の正体であり、特に50代以上の御年輩の方々に金の亡者が多いと言う事実は、色々な詐欺に引っ掛かっている年齢を見れば一目瞭然です。

    海外の投資会社がハゲタカと言う訳では無く日本人も同じくハゲタカの一員であり、世界のどこかの国の誰かを泣かしている現実、そういうことを知っているが故に私は寄付を続けて行きたいし、もっと多くの国々の恵まれない人々を救うお手伝いが出来ればと思います。

    家族愛により「自分の身内や周りだけ助かれば」と言う考え方と、人類愛で「世界中の人々が幸せに」と言う考え方と、どちらが良いかは人によりそれぞれで、正解かどうかを決めるのではなくどちらが気持ち良いか、それを自分が決めれば答えとなります。

    「惜しまれて亡くなる人生」と「ようやく死にやがったと貶されて亡くなる人生」の、どちらが良いかと言う答えにも繋がりますから選ぶのは自分、少なくとも私は惜しまれて死んでいく人生の方が良いと個人的には思います。

    あなたはハゲタカとは、誰のことだと思いますか?

    (゚∇^d) グッ!!



    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は22日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    ハゲタカ~前編。

    おはようございます。 ウキウキワクワクとは自分の将来へ何かが見えた時で、実はお金や物でウキウキワクワクできるのは一時的です。 末永く心の中に残るウキウキワクワクとは、自分が成し遂げたことや成し遂げるべき夢や目標でないと無理なのです。

    世の中は右を向いても左を向いてもお金お金でお金だらけですが、別にお金が悪い訳ではなくお金を使う人間に寄ってお金が汚くも尊くも見えるので、富を得たモノには責任があると言われる真の意味は、「お金の使い方」にあるのではないかと思います。

    振り込め詐欺が問題になりますが、詐欺と言うのは「欲な人ほど引っ掛かる」のが大原則で、「自分だけ」と言う気持ちがある人ほど引っ掛かりやすいのです。

    振り込め詐欺~オレオレ詐欺などが典型的な詐欺で、「あなたの息子さんが事故を起こしまして、示談にすれば表ざたにしないと相手が言っています。」など、こんな話に引っ掛かるのは「悪いことを内緒にしたい気持ち」があるからです。

    「あぁ、それならウチの息子を警察へ突き出して下さい。 悪いことをしたなら、ちゃんと罪を償わせるべきで、遠慮なく警察へどうぞ。」と、こう言ったら困るのは詐欺師の方で詐欺は成立しないのに「隠そうとする親」が多いから、振り込め詐欺やオレオレ詐欺は無くならないのです。

    それ以外でも「いくら使ってもお金が永遠に減らない」などの詐欺、「投資すれば100倍になってお金が返ってくる」などの詐欺、詐欺はあの手この手でいくらでも狙ってきます。 根本的には個人が欲呆けしないことが一番で、最近は「太陽電池関連」の詐欺が多いけれど、こういうのに引っ掛かるのは相当な○○です。

    守秘義務があるから詳しいことは申し上げられませんが、年間を通じて言うとかなりの人が詐欺に引っ掛かっています。 岡山~広島~香川~大阪~愛知~東京など地域差に関係無く、よくもこれだけの多くの詐欺に遭うなぁと感心するくらいの人たちが、日本全国で毎日~毎日~詐欺に引っ掛かっています。

    ここで多くの人が疑問に思うのは、「あれだけTVや新聞や雑誌などで報道しているのに、どうして引っかかるの?」と言う疑問は御尤もですが、自分だけは騙されないと思い込んでいる人が99%だからです。

    例えば、「殺人事件」は日本全国でもほとんどの人が、「関わることは無い」と思い込んでいますが、ニュースで殺人事件の報道は数え切れないほどありますし、自分が住んでいるところを中心として半径10キロ圏内と言う狭い地域でも、必ず殺人事件は起こっていることに気付いていないだけです。

    つまり、「自分だけは…。」と言う思いが根底にあるので、火の粉が降りかかってきたら「さぁ、どうする?」となった時に、いじめられた経験や酷い体験をしたことが無い人は動揺して、「金でカタが付くなら」と揉め事を嫌って内緒にしたがるのです。

    成人しているにも拘らず、「勝手に相手が持ってくる美味しい話は無いこと」が分からないのは社会勉強が足りない証拠で、厳しい言い方になりますが詐欺で財産を失うのは自業自得です。

    投資に関しても働かずにお金が儲かるなんてあり得ないのに、お金と言うのは汗水流して労働することの対価として頂くものなのに、寝ていてお金が儲かると言う話を信用する方がどうかしています。

    「今、投資すれば、お金が将来、100倍になりますよ!」との囁きに耳を傾けるのは、相当な世間知らずか~相当な欲ボケしている人たちです。 投資すればお金が黙って増える、そして自分の為に~自分のことだけに~人はどうなっても良いから、こういうことに意識や考え方が向くのは寂しいと思うのです。

    「儲からなければ投資じゃない」と世間の人は考えるのですが、そうとばかりも言えません。 ある投資会社の考え方は素晴らしいのですが、ここは全く儲からない投資会社です。 2008年に設立してから2012年3月頃までは損することが前提、100万円を預けたら1年間で92万円くらいに目減りする投資会社です。

    普通の人は「どうして損する投資会社に投資する人がいるの?」と思うはずですが、この投資会社は「支えなければならない会社へ投資する」ので、社会の為になるから心が満足するが答えだと思います。

    この会社は日本の伝統産業が中国製品の台頭で資金繰りに苦しんでいたら支援、それにより息を吹き返して日本の技や伝統が守られます。 また、障害者を積極的に雇用する会社が資金繰りに困っていたら支援、それにより障害者の雇用を維持できて会社が持ち直すことになります。

    こういう支援を繰り返しているから儲けるのは難しいけれど、助けるべき会社を提言できることも魅力の一つで、日本の未来は政治や官僚ではなく民間の力が作り上げると思います。

    この投資会社が支えている会社の一つは「株式会社エフピコ(広島県)」で、エフピコは2009年度の障碍者雇用率が8.49%で法定雇用率の1.8%を大きく超えているから、こういう会社を支える為には損失も覚悟しないとできません。

    損した分だけ気持ちが強くなる、損した分だけ心が清らかになる、お金だけでは無い何かが得られる気持ちの良い投資会社です。 寄付だと何に使われているのか不明な点も多いのですが、ここは投資先が公開されているし多少は戻ってくるので良い方かと思います。

    ただし、儲からないことが確定しているので会社名を出すことはできないし、基本的に投資と言うのは欲ボケした人が目の色変えてやるモノではなく、心豊かな人が誰かを助ける為にと言うのが本来の投資です。 (苦笑)

    では、明日はハゲタカの後半ですが、よろしければご覧頂ければ嬉しいです。

    (-ω-ゞラジャ⌒☆



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    怪しい占い師。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様がいるからこそ、もう一度人生を頑張ろうと思う人がいる、素敵なお客様に出会えることで運命が変わる人がいる、人は誰かと関わることで成長したり貢献したりの繰り返し、貰いっ放しの人生よりも与える人生で感謝を受け取る人生の方が晩年は幸せです。

    私は天女のような素晴らしい方々にお会いできて奇跡の真っ最中、今までの人生だとあり得ない美しい心の方々に出会えたことを奇跡と呼ばずに何を奇跡と言うのか、眩しい輝きのあなたがいるからこそ救われました。

    だからこそ自分に厳しく精進と努力を持って生きて行かなければならない、年中無休で鑑定して寄付をして、そんな人生のどこが楽しいのかと言われたこともありますが、疲れたとか休みたいなどと言う気持ちになることはありません。

    占い師のカテゴリー全体で言うと私のような考え方は少数派ですが、お客様を単なる金儲けの道具として次は何を売り付けようかと、そうやって地獄の餓鬼みたいな考えだからハンコやパワーストーンを売る先生が多いのです。

    残念ながら岡山県内はもとより日本全国でも鑑定だけでやっていける先生は少数派で、多くの先生方は「物を売る・お祓い・念を込める・占い教室・会社勤め」など、副業をしているからやっていけるだけで鑑定だけだと生活できない先生が多いです。

    では、そういう怪しい占い師に引っ掛からない為にはどうすればいいのか、怪しい占い師がカモにする為の危険なキーワードとして、詐欺師ならば必ず全部~もしくはどれかを使うので注意して下さいね。

    一つ目は「また、来て下さいね。」で、一見すると親切なようですがリピーターにする為に、「あっ、また、来てもいいんだ。」と敷居を低くするテクニックで、普通は自分から来て下さいとは言いません。

    二つ目は「このグッズで運気が上がる」で、これを買ったら運気が上がるは単なるマヤカシで、何も努力や行動をせずに物を手に入れることで「特別な自分になれる」と思い込ませます。

    三つ目は「人間のランクが上がります」で、鑑定へ来ることで神に近付ける~この石を持つことで霊的ランクが上がるなど、人とは違う自分になれると思い込ませる霊感商法は怪しさ満点です。

    四つ目は「霊が見えます」で、これは「自縛霊が憑いている・霊道になっている・生霊が憑いている」など、見えない世界のことを如何にも本当のように語ります。

    このパターンは二つが主流で「部屋に霊がいる」など「不安にさせる系」の場合、とにかく「霊道・生霊・呪い」など不安を煽ってお祓いやお札や仏像など、「これで大丈夫」と安心させるように話を持って行きます。

    次に「弁天様が憑いている」など「褒める系」の場合、「あなたの後ろには弁天様が憑いているから、あなたは特別な存在なのよ」と、他の人とは違う部分を煽り「弁天様の為に、このお守りを持った方が良い。」など、その神様や仏様に関する物を売り付けるのがワンセットです。

    以上の二つに当てはまる先生はどちらも怪しさ満点で、これらに引っかかった場合は御愁傷様です。 m(__)m

    良い占い師を見分けたいなら、「自分が聞いたことに対して、きちんと答えてくれる占い師」で、質問された時に「この石を持っていれば!」など商品を紹介するのは論外、キチンと知識も持ち合わせていながら、分からない時には分からないと正直に答える先生は信用できます。

    次に電話占いやメール占いも同じことですが、ほとんどがマニュアル通りの受け答えをしている素人なので、「当たる」と言っても100人に1人が当たれば当たると言う確率論だから、この2つを利用するなら遊び程度にしないと痛い目に遭います。

    今はネットの時代なのでお手軽感覚で詐欺に遭うのですが、主に「雑誌・インターネット・スパムメール・占いサイト全般」などから広告や勧誘を行い、ほとんどが興味を持った消費者が占いサイトに登録させる手口から始まります。

    その時に多い広告や勧誘に「登録無料・年会費無料・話題沸騰・鑑定無料」など、冷静に見ると如何にもと分かるはずのサイトや手口が多いです。

    このような占いサイトに登録すると大概は「お試し無料鑑定」など特典があり、雑誌やHPに掲載されている占い師に占って貰えますが、鑑定結果はメールで送られてくることが多く、受信する為にはポイントが必要とか~後半を読むには料金が必要などの手口が一般的です。

    肝心の鑑定結果は当たり障りのないことが書いてありますが、利用者の心境としては「悩みがあって、落ち込んだ現状をどうにかしたい」で、いつもなら引っ掛からないのに弱っていると簡単に信じてしまいます。

    また、「運気が低迷している・何をしてもうまく進まない・邪気に満ちている」などマイナス面を強調して不安を煽り、「今後、あなたが幸せになりたいならば、運気を高める為の開運や助言をします。」など、有料のサービスを継続するよう洗脳したり開運グッズを購入するように仕向けます。

    こういう占い師や占い会社は基本的に、私設私書箱やレンタルオフィス(バーチャルオフィス)を使い、実体を確認できないようにして身元を調べられない&すぐに行方をくらませる悪徳業者です。

    つまり、電話やメールだけで対面鑑定をしない、事務所を構えず喫茶店やレンタルスペースで鑑定する、他の職業を持ちながら片手間に副業でやる、これらは全て怪しいと言っても過言では無く痛い目に遭うのは自業自得とも言えます。

    私も人のことをどうこう言える身分じゃないので、間違っても自分のことを良い占い師とは言えませんが、誰かの為に役に立ちたい気持ちの占い師と金儲けが目的の怪しい占い師の、どちらに鑑定して貰って気持ちが良いかどうかは自分の行いや考え方が決めます。

    私は「占いへ行った」と周りの人へ胸を張って言えるよう、「山崎なら大丈夫」と周りから馬鹿にされない占い師として、人から信用される占い師として存在したいと思います。

    あなたは怪しい占い師に、引っ掛かったことがありますか?

    (^0^ゞ らじゃ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    カップ焼きそば。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様には感謝の気持ちで一杯ですが、素敵なお客様の御支援や御愛顧はなければ何の価値も無い人生だったと思います。 犯罪や消費と言う意味では価値があったかもしれませんが、そんな低俗で話にならない生き方にならなかったのは幸せです。 m(__)m

    人は自分だけで生きている訳では無く誰かの役に立つこと、それがあるからこそ心の充実度が違ってくるのであり、何かを探して生まれてきたのならば、その何かを探し当ててから死んでいくのも務めの一つだと思うのです

    さて、最近はTPPが損とか得とか喧々諤々の議論がありますが、そんなことは官僚と政治家に任せておいて企業がするべきことは海外への魅力ある品物作り、日本には海外で売ることのできる知恵と工夫の詰まった魅力ある商品が多いので、遠慮なく海外へ売り込んで行くのが民間の企業防衛にもなると思います。

    では、私が食品会社や商社へ勤めていたら、何で海外と勝負するかと言えば色々ありすぎて絞るのも困りますが、取り敢えずは「カップ焼きそば」が一番に来るかもしれません。

    「カップ焼きそば? アホか、そんなの売れるか!」と言われるはずですが、海外にはカップ焼きそばが無い国が多く、あったとしても電子レンジで作る超マズイ焼きそばもどきがあるだけ、しょうゆ味&ソース味のカップ焼きそばは海外で大ヒットすると思います。

    このカップ焼きそばとは日本発祥の焼きそばを模した品で、今日はカップ焼きそばに絞って解説したいと思います。

    通常のカップ麺と同じく熱湯を用意するだけで調理可能ですが、カップ麺なので実際には焼く過程がないから厳密には焼きそば風のカップ麺で、需要のある季節は春から夏にかけて売上が伸びる傾向です。

    スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯を注いで所定の時間が経過した後は蓋に設けられている湯切り口から湯を捨て、その後にソースや調味料を使用してかき混ぜて調理終了です。

    なお、カロリーは通常サイズでも500kcalを超えることが多く、300kcal台の同サイズのカップ麺に比べるとカップ焼きそばの方が高く、その理由はカップ焼きそばは内容量がカップ麺よりも約1.5倍から2倍ほど多く、それがカロリーに反映されているからです。

    1974年7月に発売された恵比寿産業の「エビスカップ焼そば」が日本初で、1975年にまるか食品が「ペヤングソースやきそば」を業界初の角型容器入りで発売、1976年5月に日清食品が日清焼そばU.F.O.を発売、翌1977年にピンクレディーをCMに起用して爆発的人気となり、当時のカップ焼きそばシェア60%超を獲得しました。

    その流れは今も続き2007年時点でトップシェアを誇る製品は日清食品の「UFO」で、日本国内だけでなく中国上海でも製造&販売されています。

    地域別の傾向は東日本(特に関東地区)においてはペヤングが1位、東北(信越地区)においては「マルちゃん 焼そばバゴォーン」が1位、北海道は「マルちゃん やきそば弁当」が1位、それぞれ抜群の人気を誇っています。

    意外と知られていませんがカップ焼きそばを作る時に普通はお湯を捨てて、ソースを混ぜて食べるのが普通に思われていますが、北海道においてはカップ焼きそばのお湯を捨てずに飲みます。

    「本当に?」と疑われる人がいるかもしれませんが、47都道府県の中で北海道だけはカップ焼きそばのお湯を捨てずに飲む、これは間違いなく本当のことでカップ麺のお湯をマグカップなどへ移して飲みます。 (最近は青森や岩手など東北でも、その流れがあります。)

    その理由は「やきそば弁当へスープの素が付いている」ので、作った残り湯で中華スープなどを作り再利用、やきそばと一緒に食べると身体が温まる保温効果もあります。

    同じ歩いていても疑問を持たない人は歩いているだけですが、同じ歩くなら色々なことへ疑問を持つのは非常に大切で、私は北海道出張をした時にコンビニやスーパーを見に行って、チョコパンではなく羊羹パンを見つけたり、その地域の特色と言うのは必ず隠れています。

    なお、県北にもタガメのから揚げやコオロギの素揚げなど、地域色豊かな食事があるのをデジカメの小部屋に掲載しましたが、私は好き嫌いが多かったのでカマキリやコオロギなど昆虫は食べません。

    話は戻りますが、北海道では1975年に「やきそば弁当」が発売開始になり、北海道のカップ焼きそばのトップブランドとして定着、それに対抗して日清食品は同様の商品の「やきそばできました。」を、2003年(平成15年)から北海道限定で発売しています。

    どうして東洋水産が北海道で強いのか、それは水産業の流通経路と物流網が北海道の隅々に確立、そこへ東洋水産の食品を導入したのがきっかけで他メーカーよりも早くシェア拡大に成功、他のメーカーが参入するには広大な土地柄もあり販売網の確立が困難で、ぺヤングなど撤退したメーカーも多く、既に販売網を整えていた東洋水産には対抗できません。

    このように日本のカップ焼きそばの技術力は世界一で、海外へ売りだせば必ず大ヒットすること間違い無しです。

    競合相手がいない時にやらないとパクられたら一巻の終わり、日本が開発したのに「ウチが開発した」と言い張る国が既に2ヶ国あり、あちらは海外で販売する計画を着々と進めているので日本メーカーはボケッとせず、早く海外での販売を始めないと先にやられたらアウトです。

    あなたはカップ焼きそば、食べてみたくなりましたか?

    о(ж>▽<)y ☆



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    会話。

    おはようございます。 今日は月曜日で仕事の方も多いと思いますが、今日も活き活きとして元気に明るく過ごせることを信じています。 きっと運命も素敵なお客様には味方するので、あなたのいる世界は素晴らしいと思います。

    しかし、それは県南へ出てきて素晴らしい方々にお会いできたから感じる話で、今も県北で暮らしていたらどうなっていたかと言えば棺桶か刑務所は間違いなく、同級生だけに限定しても殺人・強盗・傷害・窃盗・暴行・放火と、あらゆる罪状を取り揃えております。 (苦笑)

    私は子どもを県北で育ててはならないと言いますが、それは人間性だけではなく学力の低下が著しいからです。 県北ではマザーテレサを知らない先生や100人以上の婦女暴行を繰り返して逮捕された先生、更に音楽のM先生は「わしがB'zの稲葉に音楽を教えた」が自慢ですが、義務教育の音楽の授業だから音楽の意味が違います。

    そうは言っても県北で育ってしまった以上は仕方が無いのですが、工場ではH班長と言う県北一の天才と呼ばれた人と3年間も密接に仕事をして、社会勉強になったとも言えます。

    シナプスが一つの記憶から次の記憶を呼び覚ますことの繰り返しで、H班長と過ごした3年間の一言を思い出すことにより、あの時はどういう会話だったのかを正確に思い出せるのですが、3月頃から急に記憶が蘇って今はほぼ正確にH班長との出来事を思い出しています。

    だからH班長との関わりは膨大な記憶のストックがあるので、これからもH班長シリーズを続けようと思えばいくらでも続けることが出来ます。 (注:一緒に働いたのは3年間ですが、出世して夜勤をしなくなった時期も加えると少し増えます。)

    今日はH班長との会話集で、夜勤の時に朝日が昇ってきたからH班長に太陽が昇ってきましたねと話しかけたら、「おぉ、今日も左から太陽が昇ってきたのぉ」と言うから「?」となりましたが、よく考えたらH班長の家は南向きだから確かに南を向いていたら左から太陽が昇るかも…。

    それからH班長も含めて工場の人たちの夜勤明けは危険な運転も多く、「右に左折しろや!」と無茶ぶりしますし、私の地元では右へウインカーを出して左へ曲がるのは普通だから、県北へドライブする時は予測しながら運転して下さいね。

    そして以前にも書きましたがH班長はグルメと評判ですから、皆が「世界の三大珍味は何ですか?」と聞いたら、「ありゃぁのぅ、たしか、ドリフに、フォアグラに、なんじゃったかのぅ?」と言っていましたが、既にトリュフとドリフを間違えています。

    そしてH班長が「いや、あれは確か、キャ~、キャ~、キャタピラじゃ!」との答えでしたが、正解は「トリュフ・フォアグラ・キャビア」です。

    また、ファスナーなど工業製品のプレゼンの会議中に、H班長が「おい、おめぇら、ファスナーとチャックと、もう一つ呼び方があるけど、何か知っとるか?」と言うから、私は「ジッパー」と言おうとしたけど黙っていたら…。

    H班長が「オメェらは、ホンマに学がねぇのぅ、答えは、社会の窓じゃ!」と言うから、「そんなこと、プレゼンで言わなきゃいいけど…。」と思っていました。

    そして夜勤でなぞなぞが暇潰しに流行った時があり、Y先輩が「5+9+3=ごくろうさん、そしたら1+9+3は?」と言った時、H班長が「14じゃ!」と答えたら「いえ、一休さんです」とY先輩が言ったら、「あぁ、普通に計算してしもうたがな」とH班長、普通に計算したら「13」ですが…。

    その次のなぞなぞ(連想)もH班長らしい答えで、赤ちゃん⇒毛布⇒入れる物と来たら何を連想するかで、H班長は「そんなの簡単じゃ、コインロッカーじゃ!」と答えていましたが、私は「揺りかごでしょ!」と思いました。

    そして工場にはH班長の同級生も務めていましたが、H班長がプレス機の前で通りかかった同級生に、「おぅ、久しぶりじゃなぁ、おまえ、老けたなぁ、なんぼになった?」と聞いていましたが、同級生なら同じ歳だと思います。

    そして工場の人たちが韓国へ社員旅行で行く時のこと、韓国の風俗が目当てで工場の人たちは色めき立っていましたが、国内旅行では無いのでパスポートなど色々な申請が必要だからと申請用紙を書いていました。 (私は不参加でしたが、家で寝ている方がマシです。)

    そしてH班長が「おい、山崎、これでえぇか?」と言うから確認をすると、H班長のパスポート申請用紙の性別(SEX)の欄に「週五」と書いてあったので、「Hさん、ここのSEXは性別だから男と書いて下さい。」と言ったら激怒、「わしゃあ、正直もんじゃけぇ、素直に書いてしもうたんじゃ!」と逆切れされました。

    以前にも書きましたが倉敷市笹沖のマクドナルド、あそこのドライブスルーへH班長が自慢の白いBMWで初めて行った時のことです。

    所定の位置へ車を止めると「お待たせ致しました、ご注文をどうぞ。」とマイクから声、H班長は運転席からメニュー看板を指差ししながら、「これと、あれと、それの、3つじゃ。」と言ったらマイクから、「お客様、申し訳ありません、名前でお願いします。」と言われ、「わしはH、隣がO、後ろが山崎。」と名前を順番に答えました。

    ここのドライブスルーでは工場の人たちが色々しているのですが、2010年8月7日のブログへあるように工場の人たちが暴れた事件も含め、恥ずかしくて笹沖のマクドナルドへはいけません。 (笹沖のマクドナルドは夜勤明けに行くことが、ステータスとなる憧れのお店でした。)

    そして最後にイオンへH班長が行った時の話ですが、休日明けにH班長の新しいシャツをどこで買ったのかと聞かれて、「昨日イオンに行った時、シロクロで買うたんじゃ、よかろーが。」と、よく分からない答えで皆も愛想笑いでしたが、私は「そりゃ、ユニクロだよ!」と思いました。

    あなたはH班長と、会話してみたいですか?

    (?(。_。).。o0O??

    PageTop

    時間の過ごし方。

    おはようございます。 この土日に行う金箔入りラスクのプレゼントは新年のお守りプレゼントとは違い、そんなに人は来ないので慌てなくとも大丈夫だと思いますが、万が一にも10人以上の人が来た場合は数に限りがあるので入手できない時は、ごめんなさい。 m(__)m

    明日は雨が降らなければ良いなぁと思いますが、雨の日であろうと~晴れの日であろうとも、人は天気の良い日ばかりじゃなく嵐の方が多いかもしれないのですが、それを乗り越えなければならないのが人として生きること、人として生きるには他人に迷惑を掛けないのは当たり前すぎることです。

    しかし、人として生きるには人やモノや自然など色々な環境も含めた全てのモノへ、迷惑を掛けながら生きているのが人なのです。

    誰にも迷惑を掛けていないと言うのは単なる思い上がりで、自然環境に配慮していると言うのも単なるエゴ、自然環境保護団体がうるさく言うのもシー・シェパードが妨害活動をしているのも、自分たちの金儲けに過ぎないエゴの塊が正義の仮面を付けて詐欺を働いているだけです。

    こういう偽物が本当に地球のことを考えると言うなら人類滅亡が地球の為には一番で、約1万年ほどすれば地球の自然環境は元通りになり、自然環境も含めてあらゆる生命体がガラパゴス諸島のようになり、太古の自然環境を取り戻すことが出来ます。

    また、そういう如何にも正義と言う感じで上から目線になる方々と同じく、街中でも残酷極まりない人をよく見かけますが日本に限らずお金持ちは心の汚い人間が多く、その一つが毛皮を着ようなどと考えること自体が極悪非道です。

    毛皮と言うのは動物の身体中に栓をして空気を送り込み風船のように膨らませ、生きたまま皮を剥いで作ると言う事実を知っているのか、そして皮を剥がれた動物は血だらけで息も絶え絶えのまま、痛さなどの苦しみが続いたまま死んでいくのです。

    毛皮を着ている人は極悪非道と言えば必ずある反論が、「その事実を知らないかもしれないじゃないか!」です。 その反論をすること自体がオコチャマですが、良い大人が毛皮に付いて何も知らないのは恥ずべきこと、知性と教養の無さと言う人として恥ずべきことを身に付けていないオコチャマです。

    人が生きている時間と言うのは有限ですが、その生きている時間を有効に使うと言うのは色々な意味があります。

    人が過ごす時間が有限と言う意味は体感速度における時間の流れでも明らかですが、0~20歳の時間の流れを20年と計算した場合に、20~60歳の時間の流れは12年と感じることになります。

    光陰矢のごとしと言われるように時間の流れは誰にも止められないし、人が老いて行くのも神様以外に誰も止められません。

    それだけ貴重な時間にも関わらず人は時間が無限であるかの如く、湯水のように垂れ流して使う、消費と言うよりも浪費と言うべき時間の使い方が多いです。 本当はもっともっと大切にしなければならないのですが、生きている時に何も起こらないと不自由を感じない為、まだやもうが蔓延って時間を無駄使いしてしまいます。

    1日24時間の内でもそうですし、1週間でも1ヶ月でも同じこと、嫌な時間と楽しい時間と言うのは自分で作り出すことが出来るから、嫌な時間のはずが楽しい時間に変えることもできるのが人生です。

    例えば、親に内緒で外泊した時に外泊している時は楽しいはずですが、心の奥底ではヒヤヒヤしながら楽しむことになり、そして家に帰れば親に叱られて楽しくなくなります。

    しかし、外泊する前に許可を得ることで堂々と楽しめるはずですし、許可が出ずに外泊できなくても、今度は家族と過ごせる~勉強できる~1人の時間を過ごせるなど、自分で切り替えることで嫌な時間を楽しい時間へ変えられます。

    私は男性が恋愛相談で鑑定に来た時に必ず言うことがありますが、それは「目の前にいる女性を口説け」で、どうこう言ったところで目の前にいる女性は自分のレベルなど全てを表しているので、その女性を口説けないようでは男として情けないですし、目の前にいる素敵な女性を口説けない男に次は回って来ないのです。

    ここで勘違い男性から「僕はイケメンじゃない・僕は背が低い・僕はデブだから」など、数々の言い訳が質問形式で巻き起こるのですがモテル男とモテナイ男の違いは一つだけ、「女性に声を掛ける回数(人数)」が明らかに違うのです。

    どんな男性でもいいのですが100人の女性に勇気を出して声を掛けたなら、間違いなく一人は足を止めて話を聞いてくれます。

    時間の過ごし方と言うのは人それぞれですが、楽しく過ごす時間も正解だし、嫌な時間を過ごすのも正解だし、そこにあるのはどちらを選ぶのか、そしてどちらを選ぶ道を歩んで行くのか、それは自分で選んで行くだけのことで、誰かに強制されるモノではありません。

    空の青さを見た時に何も感じないような生き方ではつまらない、空の青さに目をやった時に気持ち良く受け入れられる、そして「今日も良い日になる」と思える生き方こそが、理想の時間の過ごし方のヒントだと思うのです。

    「やるとやらない」では流れる時間の中で何をしたのかと言う中身において、その後の人生にまで凄く違いが出てくるかもしれません。 (大袈裟な表現ですから、そこまで気にしないで下さいね。)

    同じ生きているなら「やらずに後悔するよりもやって後悔する」が、自分の人生に納得できる生き方になりうると思うのです。 愛しているなら告白する、就職したいなら電話してみる、こうやって行動を起こさないと何も変わらない、何も変わらないなら楽しくないのは当たり前です。

    あなたは時間の過ごし方、どのように受け入れますか?

    リョウカイッ!( ・Θ・)ゞピヨッ!!



    お知らせ:イベントを含む業務多忙の為、ブログの更新は5月13日(月)から再開します。 年中無休で鑑定しておりますので、いつでもお気軽に遠慮なくお越しくださいね。 いつも御支援と御愛顧いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    池田山公園。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、これもひとえに素敵なお客様のおかげです。 いつも御愛顧と御支援を頂くからこそで、今後も努力と精進を持って行きたいと自己を律していきたいと思います。

    そして4月28日のブログにある通り11~12日のお昼12時から、倉敷事務所にて開運のイベントを開催、「先着10名様×土日=計20名様」の用意があり、開運や話のネタに欲しい人は遠慮なくお越しくださいね。 (お昼頃には、デジカメの小部屋へ画像をUPします。)

    開運の為にお殿様や貴族が金を食べていたことに由来した企画で、過去に鑑定へ来たことがある、受け取り時に写真可、先着10名様、この3つの条件をクリアできる人なら誰でも参加OKです。 (お1人様に付き、1個のみです。)

    この日も通常通り鑑定しているので他の方の御迷惑にならないよう、土日とも午前11時30分より早く並ぶのは御遠慮下さいね。 午前11時35分頃より整理券を10枚出しますので、事務所の前に端から端まで順番に並んで下さいね。

    東京ではパワスポ巡りが多いので、倉敷で企画モノが多いのはご容赦下さいね。 m(__)m

    さて、今回は5月6日にパワスポ巡りを開催しましたが、まずは向かったのが「池田山公園」で東京都品川区東五反田にある品川区立の公園です。 (この様子もお昼頃には、画像をUPします。)

    この辺りは江戸時代に岡山城主池田公の下屋敷があった場所で、付近一体の高台は池田山と呼ばれ廃藩置県以降も池田氏の屋敷でした。 やがて池田山付近は宅地化され近辺も高級住宅地として分譲、邸宅が立ち並び池田山は山の手有数の高級住宅地になりました。

    その中の邸宅の一つに皇后美智子の実家の正田家邸宅があり、現在はねむの木の庭と言う小さな区立公園になって一般に公開されています。

    池田山公園は池田家の下屋敷の奥庭の部分で、品川区が庭園を保存すべく土地を取得し公園として整備、1985年に区立公園として開園、現在でも江戸時代の回遊式庭園が良好に整備・保存されて一般公開されています。

    徳川家康公や天海僧正などの話をすると長くなりすぎるので省きますが、ここがパワスポなのは「富士山から龍脈が流れていて皇居へ流れている通り道に当たるのが池田山公園」で、その為に風水的にも非常に良い場所だと言う意味合いが隠されています。

    公園は無料で入れますから気軽に行けますが、ここは不思議なことに猛暑でもヒンヤリしてくる場所で、自然が残ったおかげで生い茂る木々が灼熱の太陽をさえぎり、池を中心にした回遊式庭園のスタイルが涼しさを生み出しています。

    この公園には高低差があるので公園の高台からだと眼下の池を覗き込む感じになり、それゆえに「のぞき式」と呼ばれるのですが、その為に公園としては大規模ではないのに壮大なスケール感が生じて、池の鯉も亀も堂々とデカイ優雅なのが多く豊かな自然を表しています。

    パワスポのピンポイントな場所はデジカメの小部屋にありますが、高台のベンチから池を眺められる場所と、回遊式の池の一角と、∞の中心部と3か所ほどありますので、よろしければ足を運んで頂ければと思います。 (各30分ほどいればOKです。)

    そして次に向かったのは皇后美智子さまが育った実家であった場所で、花が咲く小さな公園でもある「ねむの木の庭」です。

    ここは元々皇后美智子の生家正田家の邸宅があったところで、昭和初期に建築された趣きある建物でしたが相続税の一部として国に物納され、2004年8月26日に「ねむの木の庭」として開園しました。

    名前の由来は皇后が高校時代に自身で作った詩の、「ねむの木の子守歌」に因んで付けられました。 公園は邸宅の跡地なので広くないけれど様々な樹木や草花で彩られ、公園内には皇后美智子様に因んだ「プリンセス・ミチコ(薔薇)」も植えられています。

    この二つへ行く時に「歩く」のも大切なことで、あらゆる開運法でも「お金持ちになりたければ、お金持ちの集まる場所に行け」と言われるのと同じく、この池田山は本物のセレブが住む地域なので、お金持ちになった自分をイメージしながら散策する最適な場所です。

    よくTVで「豪邸拝見」などとやっていますが、あれはTVに出たい成金オヤジレベルで、この池田山の豪邸の中を歩いていると感覚がおかしくなりそうなレベルばかり、交差点から交差点までが一つの家だったり、地下駐車場へ車が20台は停められる~マンションに見えるけれど個人の家など、普通では見ることのできない豪邸ばかりです。

    品川区の税金の30%は池田山の住民と言われているので、並大抵のお金持ちでは土地も家も買うことが出来ない場所で、セイコーの服部会長・ソニーの元CEO出井氏、オリックス宮内会長、貴乃花、桃井かおり、美智子様の御兄様、後は大使館など各国の要人がゴロゴロと住んでいます。 (この辺りは、一坪が約500万円です。)

    なお、ここは観光地ではなく閑静な高級住宅街なので多人数で騒ぐのは厳禁で、他人の家をジロジロ覗きこむなど不審人物とみなされると容赦なく警察に通報、もしくは防犯カメラにより警備員に連行、そういう地域だと分かった上で良識ある行動を取らないと大変なことになります。

    私は歩いて良い場所や危険な豪邸(家)が分かりますが、アホな男性が粋がって馬鹿ことをしたらタダでは済まされない場所なので、くれぐれも気を付けて行って頂ければと思います。

    そして今回のパワスポ巡りの参加者へ差し入れを頂いたのですが、JR五反田駅西口にあるロイヤルオーク五反田支配人のT様より御飲み物を頂きました。 こちらは東京出張の初期にお世話になった方で、お心使いを頂き本当にありがとうございました。

    パワスポ巡り終了後にお礼に伺いましたが、ご不在でしたのでお礼も言えず申し訳ありません。 参加者に以前ロイヤルオーク内で働いていた方がいたことが判明、T様が不在だったのは重ね重ね残念でした。 支配人のT様、いつもありがとうございます。 m(__)m

    あなたは池田山公園へ、行ってみたいですか?

    ヾ(@°▽°@)ノ



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    甘い罠。

    おはようございます。 GWも半分過ぎましたが仕事の方もお休みの方も、後半を無事につつがなく過ごせればと願っています。 素敵なお客様には運命も味方すると、私は常に天女の如く素敵なお客様を信じています。

    さて、GWなど休みに入るとブログへのアクセスは激減するので、普段とは違う内容になることが多いのですが、今日は少し経済的な感じで人の欲に付いて書いてみたいと思います。

    不景気になると目先の欲に走り本道を外れて、おかしな方向へ進み始める会社やお店が後を絶ちません。 自分の商売が上手く行かないのは自分のせいなのに責任転嫁して、「ピザ屋ではダメだけどラーメン屋なら」なんて破産へまっしぐらの危険な考えです。

    世の中には色々な詐欺が横行していますが、言葉巧みにされたとは言え引っかかるのは欲丸出しだからで、実はFC(フライチャンズ)制度も似たようなものです。

    FCとは「自己の商号や商標~開発した商品~営業ノウハウ(パッケージ)」などを提供、これに対してロイヤルティーを支払う約束により成り立つ事業契約で、日本ではコンビニ~ラーメン~クリーニング~ハンバーガーなどが該当します。

    簡単に言うと提供側がフランチャイザー(本部)で、受け手側をフランチャイジー(個人)と呼び、短期間で店舗の展開を進める目的で行われるので、フランチャイズチェーン (FC) と呼ばれることが多いです。

    世界初のフランチャイズはケンタッキーフライドチキンで、日本では1960年代に不二家~ダスキン、1970年代はセブンイレブンやモスバーガーなど外食産業が、フランチャイズ型の事業展開を始めています。

    同じ名前の店舗であっても全てがフランチャイズとは限らず、同じ名前の店舗で外見上は分からなくても直営店とフランチャイズ店が混在します。

    直営店は本部側がリスクを負うから厳しい経営管理を行うので、消費者にとって質の高い内容になりますが、本部にとってリスクの無いFC店舗はオーナーの経営管理により、レベルが変わるのでお勧めは直営店です。

    FCは基本的に元のフランチャイザーが儲かるだけで、受け手側のフランチャイジーはロイヤルティーを払った残りの中でやる為、資金のない人が始めるのは危険が伴いますが、フランチャイジーにとっては開業から実務に至るノウハウを短期間で身につけられ、初期段階から安定した経営が期待できる一応の利点があります。

    フランチャイジーにとって一度契約した以上は、問題があってもリスクは全てフランチャイジー側の、自分が自己責任として負うことになります。 契約内容にも拠るのですが、赤字だろうと容赦なくロイヤルティーは払い続ける義務があり、流通や事業展開などに制約があるので、オーナーのオリジナリティを発揮することは禁止です。

    冷静に考えると開業に必要な資金などは加盟料があるので、独自に起業する場合よりも多額の費用が掛かるのが普通で、この時点で気付けば救われるのに契約して地獄行きの人も多いです。

    フランチャイジーは全て本部の指示の元に動くので、何であろうとも本部から購入しなければならない契約で、実勢価格より高価な場合が多いからお金は出て行く一方です。 開店後の商品や材料の仕入れも本部よりの仕入れで、普通に仕入れるよりも割高になり搾取される一方です。

    フランチャイズは各店の統一性が強制され、全く自由の利かないことでほとんどの経営者は悩むことになります。

    以上のような理由が次々と襲い掛かるので、フランチャイジーになって出店したら圧倒的に低い収益率となります。 フランチャイズに手を出してはいけない理由の一つが、あくまでも個人経営なので売り上げが低くても自分が被らなくてはいけない点です。

    フランチャイザー側は事業拡大の為の資金は何一つ負担せず、店舗の資金負担は全て個人経営者が負う為、本部の経営リスクは非常に小さくオーナーから絞り取れるのです。

    本部側は事業拡大の為には資金提供してくれる人を見つけるのが仕事で、慎重なマーケティングや充分な加盟希望者へのリスク説明無しに勧誘する側面もあります。 専門知識や経験の無い素人がリスクを理解しないまま契約する場合もあり、経営が上手く行かずに大きな負債を抱え廃業するケースもあります。

    経営の安定性や高収入を前面に出して勧誘していますが、フランチャイズは加盟して事業を継続すること自体が自己責任の起業&経営で、それに伴うリスクが存在するのに理解していない人が多いです。

    注:フランチャイザーは専門的な知識を有しているけれど、フランチャイジーは素人同然なので十分な知識を有していることは少ないです。

    だから十分な説明を受けないまま相手の言うなりにフランチャイジーとなり、最後には赤字を抱えて裁判で争うところまで行きます。 日本にはフランチャイジーを保護する特別な法律はなく、契約はフランチャイザーに有利な内容でしているので裁判も勝てる見込みはありません。

    どちらにせよ、自分の利益や欲ばかりで動くからこうなるだけで、地に足の付いたことをしていれば損したり困ったりすることはないの、大火傷したくなければ素人がFCで儲けようなんて思わない方が賢明です。

    「本当に儲かるなら自分でする」と言う儲けの基本を分かっていれば、FCなんかに手を出すはずがありません。 コンビニでも何でも本当に儲かるなら本部が直接経営するはず、儲からないから人にやらせて自分たちはロイヤリティーで儲ける、その集金システムに組み込まれたら一巻の終わりです。

    あなたは甘い言葉の罠に、グラっと来たことがありますか?

    (_´ω`) アイーン



    お知らせ:出張の為、ブログの更新は5月9日(木)から再開します。 予約の方は受け付けておりますので、お気軽に遠慮なくお申し付けくださいね。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    逆。

    おはようございます。 素敵なお客様と誰かの縁が結ばれる、それにより更なる縁の広がりを見せる、そうしてどんどんと人と人との縁が広がっていく、それにより素敵なあなたと会うことで喜ぶ人も増えて行く、そういう幸せの出会いの連鎖があるのが縁結びの理想です。

    恋愛や結婚の御相談の時に、誰もが心配することだけれど誰もが勘違いしていること、それは「100点満点の人はいない」と言うことです。

    「出会いが無い」とう言葉は嘘じゃないけれど本当でもない、今の日本で出会いが無いと言うのは自分が部屋に閉じこもって動かないだけ、そこまで極端では無いにしても「動かない」と言うのは一つの真実です。

    何故なら、人と人との出会いはそこら中に転がっているのですが、通勤しているだけでも男女に関係無く色々な人と出会うはずです。

    しかし、そういうところで出会ったのは誰も計算の内に入れないのですが、どうして出会いの一つと数えないのかと言えば「存在証明が無い」が一番です。 芸能人がナンパ話をTVなどでしているのを真に受けて頑張ったところで無駄ですが、それは「イケメン・トーク力・お金」などの差ではありません。

    どうして芸能人ならナンパに成功するのか、それは無意識のうちに見たことがある人には親近感がわくので、「本当は知らない人なのに、知っているような感覚に陥る」のが、芸能人がナンパに成功する秘訣です。

    芸能人が自分のことを知っている一般の人に声を掛けて、そして相手が好意的な反応を示せばすぐに打ち解ける、その仕組みが無ければ芸能人は全くモテナイどころか、余程の盲目的なファンでない限り作られた虚飾と実像の差に唖然として、次に会う気持ちにはならないはずです。

    だから芸能人がナンパの数を自慢しているのを逆に考えると「長続きしない」が答えで、最低の人間性がばれてダメになり他に自慢することが無いから、ナンパの数を自慢しなければならない、「数を自慢する=相手にされてない」と同義語になります。

    これは一般社会でも同じく、「同じ地元だった・同じ学校だった・同じ人を知っていた」などの共通項があると、本当は知らないはずなのに知っている気分になり、相手のことを良い人だと勘違いします。

    こういう事実を基に考えて見ると、真正面から考えるよりも逆に考える方が良い人に出会えるのではないのか、普通の人が見ない部分を見るようにした方が素敵な相手に巡り合える、そう考えるのも良い相手と巡り合える方法の一つです。

    例えば、バツイチなどの離婚経験がある男性とのお付き合いを相談された時、必ずバツイチがダメと言う訳でもありません。 世間的にはバツイチ男性はダメだと言う風潮もありますが、バツイチだからこそ失敗した経験を活かして次の相手と上手くいく可能性もあります。

    離婚すると言っても「仕事が忙しくて家族の相手が出来なかった」などは、家族の為に働いていたのに「奥様と子どもに理解が無かった」とも考えられるので、逆に考えると意外に良い人だったりするかもしれません。

    それだけ働き者の男性ならば生活に困ることも無く浮気している暇も無いから、人生を一緒に過ごして行くことを楽しめる術を身に付けて、仕事でいない間は一人の時間を楽しめれば仲良く暮らして行けるはずです。

    つまり、離婚経験と言うモノを逆に考えて、「一度失敗しているから、次は上手くいくかもしれない」と、好意的に捉えると違う方向性も見えてきます。

    また、バツイチ男性と結婚する女性から多い相談の一つに、「彼は子供の養育費を払っているから、生活をやっていけるのかどうか?」は、生活をして行く上では心配な気持ちはよく理解できますが、ここでも逆に考えると意外な事実が見えてきます。

    日本人男性に限らず男は別れた奥様や子どもに対して、「養育費(生活費)」を支払い続けること」は珍しく、平均して1年半ほど払った後は知らん顔、その金額も毎月1~3万円が主流ですが、ここで重要なのは「ほとんどの男性は、途中で養育費の支払いを止める」です。

    つまり、「養育費を支払い続けている男性」と言うのは、逆に考えると別れた奥様や子どもを大切に考えている、そういう義理人情や責任や思いやりがある、そのように考えることも出来ます。

    仮に「再婚するから、もう養育費は払えない。」と開き直る男性ならば、それは再婚相手にも別れたら同じことをすると言うことで、そんな冷たい男性と再婚して上手くいくと考える方が間違いとなります。

    ただし、これはあくまでも参考例やヒントとしての話であり、無理にバツイチ男性と結婚しろと言う訳ではありません。 それにバツイチ男性の70%は「次こそは!」と焦っていることが多く、その気になれば小悪魔的な行動で軽く捻ることもできるので焦らなくとも余裕です。

    例えば、手法を一つ明かすと相手からメール(電話)が来ても無視して放置、しばらく経ってから「いきなりデートの誘い」をしたら、バツイチの男性は連絡が無かった分だけ期待して大喜びして、飛んで来るから手中に落ちたも同然です。

    物事は真正面からだけではなく逆から見ると、このように考えることもできると言う一つの指針です。

    ただし、男女の間には分かり会えない深い溝があるからこそ、表と裏から見た上で付き合えることは少ないのです。 自分のことばかり考えてお付き合いするのに、上手くいかないのは相手のせいと言う恋愛は、先ほどの100点満点の相手を探し続ける自分に行き当たるのかもしれません。

    あなたは逆に隠れた真実を、ちゃんと見分けられますか?

    (>▽<)b

    PageTop

    人が起こす奇跡。

    おはようございます。 素敵なお客様を見ていると神々しいばかりの輝きで、本当に素晴らしいと思えてくることがほとんどです。 あなたの未来が輝いているだけではなく、あなたと言う存在が素晴らしい毎日を作り出しているのです。

    あなたと出会える人の数が幸せを感じる人の数と同じ、そういう思いがあれば自分だけが良ければ良いと言う考えにはなりません。 自分はお腹一杯食べているのに、更に欲しいと食べ物を奪う、そういう考え方では県北と同じになってしまいます。

    食べ物だけじゃなくても同じことですが、自分がお守りを持っているにも拘らず更にお守りを手に入れようとする、自分の願いは既に叶っているにも拘らず持っていない人の分まで奪い取ろうとする、それでは痛い目に遭うのは当たり前なのに気付かない人が多いです。

    神様と言うのは公平と言う意味を勘違いしている人も多いのですが、神様が目の前に現れていきなり物事を改善してくれるなんてあり得ないのですが、そういうことを願い続けている時に少なくとも神様はチャンスだけはくれます。

    しかし、そのチャンスを潰してしまう人もかなり多いのですが、神様が起こす奇跡は認めるけれど人が起こす奇跡は認めないと言う考えが、チャンス自体を逃してしまうことになるのです。

    私は霊視カウンセラーとして素敵なお客様には幸せになって欲しい、そのお手伝いを出来る限りして行きたい、そう思うけれどなかなかできないことも多いのは反省するべき部分ですが、お守りプレゼントにしても私から受け取るからこそ効果があると思って頂ければ嬉しいですし、更にたくさんの人へお届けしたいと思います。

    不平不満、それがあるが故に幸せを逃している人が多いのですが、今の自分が不幸で不幸で仕方が無いと言う人ほど、実はそんなに不幸じゃないどころか贅沢そのものと言うことだってあります。

    例えば、30代・持ち家・子どもがいる・仕事もある、そして彼もできるけれど自分の思い通りにならないから別れるの繰り返し、それを運命へ責任転嫁して「バツイチ、給料が少ない、彼が出来ない、子どもが~。」と、現状へ不平不満ばかり強調しているだけでは不幸も自業自得です。

    結婚出来ずに悩んでいる、子どもが出来ずに悩んでいる、家を買えずに悩んでいる、そういうことを全部手に入れておきながら不幸と愚痴ばかりを周りに聞かせていると、それは巡り巡って自分に返ってきます。

    人が人を信じられないのは不幸の始まりですが、私も県北時代は人なんて信じられないどころか、まずは泥棒や強盗とみなして話をする必要がありました。 ところが県南では良い人ばかりと言っても過言では無く、頂いたお菓子へ農薬を入れてあったことは一度も無いし、いきなり鉄パイプで襲撃されたこともありません。

    人が人を信じることが出来るのは素晴らしいことですが、先ほどのように「自分だけが得をすれば良い」と言う考え方の人は、実は悲劇の主人公を演じながら周りの人を信用していない、相手を信用していないのに助けてくれと言うのは「助けてくれたら意地悪してあげる」と、このような感じになります。

    それを表現するのに良い例が「谷底の神父」と言う話で、ある谷底の村に教会がありました。 そこで神父さんは何十年も神に祈りをささげていたのですが、村に何百年に一度と言う大洪水が起こりました。

    すぐに村人が教会へ来て、「神父さん、山の方へ逃げれば助かります、一緒に逃げましょう。」と言いましたが、神父さんは「私は神様を信じているから大丈夫、神が奇跡を起こしてくれるはずです。」と言いました。

    しかし、水は一向に引く気配も無く増水する一方で教会の中へも水が来て、そこへボートに乗った村人が「神父さん、このボートに乗って下さい、危険ですから逃げましょう。」と助けに来ましたが、神父さんは再び「いや、神が奇跡を越してくれるから、私のことは心配しないで下さい。」と言いました。

    そして更に水は増えて神父さんは屋根の上の十字架まで逃げて祈りを続けたところ、村人がヘリコプターで助けにきて縄梯子を垂らして、「神父はん、マジで死ぬけん、はよう梯子に掴まれや、ホンマにあんたを助けたいけん。」と言っても、神父さんは「大丈夫やで、今はこんなやけど、きっと神はんが助けてくれはりま。」と言いました。

    結局、神父さんは死んでしまったのですが、何十年も祈りを捧げていたから天国へ行けることになりました。 納得のいかない神父さんは天国の入り口で神様に、「私は神様の為に何十年も祈りを捧げて来たのに、どうして奇跡が起きなかったんですか?」と聞いたら…。

    神様が答えました、「3回も助けをやったぞ」と…。

    この話はなかなか深い話ですが、これこそ幸せの為のヒントでもあり、目の前に助けてくれる人がいるのに、その人の言うことを聞かずに不平不満ばかり言って感謝しない、そんな当たり前のことすらできない人が「私ばっかり、嫌なことが起きる」とは、とんでもない勘違いだと思うのです。

    恋愛でも「彼の為と言いつつ、本当は自分の為」や、仕事でも「会社の為と言いつつ、本当は自分が楽をする為」など、実は自分に都合良く置き換えているのではないのかと、それをよく考えると恵まれている自分に気付けるはずです。

    神様を信じるのは決して悪いことではありませんが、あくまでも「奇跡と言うのは人が起こすもの」で、助け船が来ているのに拒否する生き方では本当の幸せが見えていないと思います。

    あなたは人が起こす奇跡、それを信じることができますか?

    ゙☆⌒o(*^ー゚) オッケー♪



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    資生堂。

    おはようございます。 素敵な一日の始まりは自分が気持ち良いと思う精神状態にあること、人の体と精神では精神力の方が重要で苦難を乗り越えるのは肉体よりも精神、気持ちが折れてしまわない限りは前に進んでいけることが多いです。

    その好例が今の日本で、円高でも日本を見捨てずにいた企業はどんどんと業績回復、日本のモノ作りや誇りを大切にした企業が報われる兆しは良いことです。 日本を見捨てて韓国へ行った企業は反日+円安+北朝鮮事情、中国へ行った企業は反日+円安+汚染と運命は公平です。

    そういう回復基調の中でシャープ・パナソニックに続く負け組はどこかと言えば、コスメのトップだった「資生堂」で、何をしていたのかと呆れるくらい本社の戦略ミスは大失態、そのシワ寄せが現場の美容部員たちへ来ているのは残念です。

    この資生堂は「大都市=百貨店、地方都市=化粧品専門店」で販売を拡大、2009年頃まで20%以上の2桁成長を続け、中国市場でも10%前後のシェアと言う押しも押されもしないトップブランドです。

    ところが最近は雲行きが怪しくなって、ムーディーズは資生堂の無担保長期債務の格付けを引き下げる方向で見直すと発表、続いて資生堂は2013年3月期の業績見通しを下方修正することを発表、そして今後2年以内に国内生産設備の1つを閉鎖、同時に人件費の削減策も来期から実施です。

    日本も今や海外コスメや日本の異業種からのコスメ参入で、今までにない熾烈競争となって販売チャネルも多種多様化して、百貨店・専門店・TV・ネットとなっているのに資生堂は乗り遅れた上に、中国と仲良くしていたつもりが反日デモの影響もあり資生堂神話は崩れました。

    資生堂の2012年度の4〜6月決算は30億円の営業赤字ですが、社長は今回の営業赤字は一過性のモノだから大丈夫、「今後は商品の絞り込みやネット戦略などで業績は回復する」と話していましたが、果たして本当にそうなのかと疑問に思います。

    何故なら今回の赤字の原因は資生堂の企業構造と、変化する化粧品業界で資生堂のブランド力の低下が顕著と言う根幹を見ていないからで、昔は化粧品と言えば資生堂を使うのが当たり前と言うほどの圧倒的シェアでした。

    資生堂の強みは何と言っても美容部員の対面によるカウンセリング販売で、前述したように商店街にある個人経営のチェーンストアや、スーパー&デパートへ美容部員を派遣して顧客との接点を築き化粧品を販売、この対面で詳細な顧客情報を分析できるのはかなりの強みで業界トップの地位を保てた要因です。

    また、昔から大量の広告を打ってきたことで資生堂の商品は安心&安全と、確固たるブランド力も作られ店頭に行けば何となく資生堂を手に取る人も多かった時代です。

    ところが今までの手法が通用しなくなってきているのですが、化粧品業界は他業種からの相次ぐ参入もあり、競争が激しく価格競争に陥っているから資生堂も例外では無く、カウンセリング化粧品を30%OFFなどで店頭販売せざるを得ません。

    しかし、資生堂の戦略は大間違いだったのですが、ディスカウントしたら小売店は全く利益が出ないと言うより赤字で、そうなると小売店が次々と潰れる&他社へ鞍替えで、自社製品の販路が狭くなると言う大誤算が起きました。

    資生堂の考えとしてはカウンセリング化粧品の安売りを客寄せパンダにして、他の商品で利益を上げようと言う戦略のはずですが、これをやると今までのブランド価値が著しく低下することに気が付いていません。

    高い物を買わなくても安くなるから「次も安くなるのを待てば良い」となり、既に30%OFFが定着して「この価格が当たり前」と消費者は考えて、「定価=買わない・30%OFF=買う」となっています。

    この価格競争で30%OFFしているにも関わらず、美容部員は今まで通り派遣することが何を意味するか、よほどのアンポンタンでない限り支出増で収入減の理屈が分かるはずですが、それが分からない資生堂本社の経営陣が無理やり推し進めた結果が今です。

    そもそもカウンセリング販売は商品価値を上げる為で、美容部員と言うコストが掛かっても利益率を確保してリピーターを確保する為、利益が見込めない商品を売り続けて美容部員のコストも掛かるジレンマに陥っています。

    そして更にアホな戦略にしたのがマキアージュやエリクシールなど、主力ブランドをオープン価格にする暴挙、自分のところが自信を持って価格を決めないなら価格下落は止まらないので、値下げしなければ他社商品を買われる流れになるだけです。

    資生堂は次にワタシプラスと言うネット販売を行い、店頭と連動してネットでカウンセリングをして顧客との関係性を強化しようとしましたが、資生堂のコアユーザーは年齢層が高くネットでカウンセリングに抵抗がある顧客も多く、そもそも資生堂を買う理由は地域密着で、気心の知れた美容部員と世間話をしながら店頭で買えたからです。

    ネットの空間はリアルじゃないので対面のような満足感を得ることができず、ネットを活用できる世代はコスメをネット上で比較検討して化粧品を買う為、ネットでのカウンセリング自体が不要の場合も多く、ネットの世界じゃ大企業のネームバリューが通用しません。

    資生堂本社はよく考えて欲しいのですが、店頭ならば棚のスペースの関係上でライバルメーカーは限られますが、ネットだと国内に加えて海外メーカーもライバル、ネット上だと無限に比較対照できるので、小売店の棚を自社製品で埋め尽くせばライバルを倒せた時代は終わりです。

    日本企業には頑張って欲しい、何とか復活して欲しい、シャープ・パナソニック・資生堂の盛り返しに期待したいけれど、資生堂も御多聞に漏れず「現場が一生懸命でも本社がアホ」の典型です。 (中韓寄りの企業と言う点も、上記の会社と同じです。)

    例え話ですが、資生堂の東京本社の社員たちは、「予約時間に遅刻しても平気、ドタキャンしても平然と取り直す、鑑定料金を払わない」など、人として基本的なことが出来ないのに上から目線、それでは周りにも運命にも助けて貰えないのは当たり前です。

    今日はメーデーですが、会社の社長・役員・本社社員が偉そうにするのは大間違い、現場で働く人を大切にして下さいとお願いしたいのです。

    あなたは資生堂が、巻き返すと思いますか?

    ヾ(~∇~;) コレコレ



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop