徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    セッティング。

    おはようございます。 時間は戻せないからこそ大切にしないといけない、未来と言うのは今が作るからこそ今を大切にしないといけない、予備校のセリフじゃないけれど「いつやるの、今でしょ!」と言うのが開運の秘訣です。

    基本的に占い師でもスピリチュアルカウンセラーでも、「未来を見ることが出来ても、未来を変えられる訳ではない」のが、痛し痒しと言うか歯がゆい部分でもあります。

    1+1=2と言うほど簡単なこと、こうやればああなると言うことが分かるが故に、やらないで時間を浪費するだけの未来を勿体ないと感じてしまうのですが、自分が動かなければ未来は変わらない、動くとすれば今しかないのが未来を変えるコツです。

    私も時間を取り戻したいと言うか、過去の失敗を取り戻したいと思うことはしばしばありますが、タイムマシンでもない限り昔へは戻れないから反省しつつ同じ失敗をしないように、前を向いて歩くしかないのが人生です。

    誰しも「あの時に戻れたら。」と思うことはありますが、誰もが思うけれど誰もが戻れないのが過去であり、過去を取り戻すには相当な労力や時間や犠牲を払わなければ難しいのです。

    私も過去を取り戻そうとすることは度々ありますが、上手いこと時間を巻き戻せるかどうかはかなり怪しいから、どうにかしたいけれど手が出せないもどかしさは常にあります。

    例えば、お守りプレゼントでは時間が短いので余り関係性はできませんが、新年会だと一緒にいる時間があるので参加者同士が友人知人になりやすいのですが、人間関係は1対1で終わることもあれば、周りを巻き込んだり波及したりと様々な変化があります。

    例えば、2010年の新年会には16人が参加されたのですが、その時に8人ずつのテーブルが二つでしたが、その席順と言うのはかなり運命的に縁があると言うか、その後を指し示していた席順でもあります。

    席の並びは入口側から4人ずつ座り、Aテーブルには[K・S・I・山~N・I・I・M]で、もう一つのBテーブルには[Y・K・N・O~I・H・H・O]と言う感じでしたが、2010年へ参加した人で2013年にも参加したのは、[K・S・山・NとH・N・I]で、この7人は2010年から全て参加しています。 (注:全てイニシャルで表記、Hは現K。)

    この並びは意外と運命を指し示しているのですが、時間の長い新年会では意味のある席順も多いのですが、それを活かせるかどうかは本人次第で誰も操作はできません。

    AさんとBさん⇒お互いが全く気付かなかった、CさんとDさん⇒何度か出会ったけれどお互い無視、このように色々なパターンがあるけれど、結局のところは「声を掛ける⇒返事をする」と言う、受け答え以外に関係性が出来上がることはありません。

    視ていて「仲良くできる未来があるのになぁ」や、「これは近付かない方が良いのになぁ」など、そういうことが分かると口出ししたいけれどできない、大袈裟に言うと口出しするのは人間性の肯定や否定にまで繋がるし、全員のことを視ていると一度に大量になるから神経が持ちません。

    それに過去のパターンから考えると私が間に入るとロクなことにならないケースが多く、おまけに私が間に入るとうるさく感じる人がほとんどで縁が切れてしまうから、結局のところ何もしないのが最善の方法となりました。

    未来が視えるのと未来を変えられるのは違うこと、未来は必ず過去の行動が決めるので、過去にロクでもないことばかりや筋を通さないことばかりしてきた人が、未来で急に良いことばかり起こるなんてあり得ないのです。

    誰かと誰かを引き合わせる=セッティングする時に、余計なことまで口を挟まない~運命に逆らない~人として道を間違えない、そういう部分を大切にできるようになるとセッティングのミスも少なくなります。

    なお、男女の出会いをなるべく上手く行かせたい、AさんとBさんを引き合わせて成就させたい、そういう時は引き合わせる場所も重要になります。 男女の組み合わせに寄りますが引き合わせる時に、「どのように記憶へ好きを刻み込ませるか?」は非常に有効な方法です。

    例えば、AさんとBさんを引き合わせる相談を受けた時に、紹介者の自宅で引き合わせるようにして貰いました。

    それは男性が家庭的雰囲気を欲していたことや、そろそろ身を固めたいと考えていたことや、転職したいことで未来に不安を抱いていたことなど、落とすキーワードは「家庭」だったからです。

    それ以外でも運命のセッティングの方法はありまして、これを数学的に表すと「(1=A∩B)≈(2=C∩D)」=運命となります。 世間では「二兎を追う者は一兎も得ず」と言いますが、運命から見ると二つを追うことで一つはダメでも一つはOKとなります。

    それを利用して行くと前述のABとCDがどちらも上手くいかないことの保険として、1と2も同時進行しておけば、実はABとCDだけでは無く12と言う保険が隠れている時もあります。

    これは気付かない人は気付かないままで、目の前に男性が二人いるのにどちらも取り零してしまうことがあるので、それを避けるには自分が気付くしかないのです。

    「え~、教えてくれたらいいのに?」と思うかもしれませんが、その種明かしをすると意識して上手くいかなくなることが多く、それを避ける為に自然と保険を掛けるようにしているのですが、保険の有効期限に気付かず失効させてしまう人がいるのは痛し痒しです。

    もしも保険を掛けているかどうかを知りたいならお答えはできますが、聞いてしまうと意識して上手くいかなくなる、この辺は人間である以上は避けられないから人は禅など精神修行をしてしまうのだと思います。

    今日のブログを読んで「もしかして、私、保険が掛かっている?」と気付いた人は、それが失効してしまわない内にAB~CD~12と、隠れている恋の花を咲かせて頂ければと願うのですが、どうしても分からない時には鑑定へ来てもらうしかありません。 m(__)m

    あなたはセッティングを、どのように考えていますか?

    ヾ(@°▽°@)ノ



    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    軽天屋。

    おはようございます。 今日は月曜日なので活き活きと仕事へ行っている方も多いはず、それが素敵なあなたの未来を作る第一歩です。 コツコツでもゆっくりで毎日着実に同じことを繰り返す、それは同じに思えても決して同じでは無く少しの変化が未来を作る為に起きています。

    歴史とは過去の積み重ねで今までしてきたことが今の自分となり、今の自分がしていることが未来の自分を作り上げるので、今と言う時間を大切に生きて行くのは非常に重要な第一歩なのです。

    これは私が思うだけで全ての人に当てはまる訳ではありませんが、一般的にお金の無い経営者ほどお金の話を良くします。 そして人脈の無い経営者ほど有名人の名前や人脈を口にして、如何にも友達のようなふりをするけれど実は使えない人脈ばかりです。

    また、気の小さな経営者やできない経営者ほど上から目線で態度が大きい、それがいざと言う時には何もできずに逃げ回り、焦ってくると嘘を混ぜつつ口が軽くなり、更に大言壮語となり自分で自分の首を絞めるようになります。

    私は県北に生まれたことが今となっては幸せで、だからこそ素敵なお客様に出会える霊視カウンセラーとして人生を過ごすこととなり、県北の経験があるから嘘吐き・詐欺師・犯罪者などに対して、対処が凄く簡単にできるから運命は無駄な時間を過ごさせることは無いと思うのです。

    地獄に感じた建設現場時代も色々な経験ができましたが、その時にある男性600人と一緒に仕事をしたことがあり、その期間があるからこそ普通の人よりも未知の体験ができ、今日はまさに「This is Offing Rope」の面目躍如の話です。 (英文は直訳のみ可)

    以前にも少し書きましたが、建設現場時代に現場で天井へ電気器具の墨出し作業をしたことがあり、墨出しとは図面を見ながら天井へ照明器具や非常灯などの位置を記して、更に後で器具を取りつけられるように開口部を作っていく仕事です。

    社長が儲けを増やす為に私が1人だけ派遣されたのですが、その時に来ていた「軽天屋(けいてんや)」が▼▼県の●●工業です。 その会社には700人の軽天職人が所属して仕事を分け合い、1ヶ月に100人ずつ交代で岡山へ出稼ぎに来ていました。

    つまり、軽天の工事期間が半年間だから1ヶ月に100人×6ヶ月=600人となり、▼▼県の男性600人と一緒に仕事+食事+寝泊りをしていた時期が半年あります。 (この●●工業については、N市のIさんも聞いたことがある会社のようです。)

    この軽天とは一番分かりやすいのは、デパートやスーパーへ行くと天井が白い石膏ボードで出来ていますが、あれを作るのが軽天屋と言って「軽量天井(軽量鉄骨)」とも言います。

    この軽鉄工事とは亜鉛メッキ鋼鈑の材料で天井や壁を造作することで、軽天とは建築関係しか馴染みがありませんが、材料の鋼鈑の厚みが一般材で0.5㎜しかなく軽いので、「軽い天井=軽天(軽鉄)」と呼ばれ、職人さんを軽天屋(けいてんや)と呼びます。

    また、軽天材料の事を「LGS(エルジーエス)」と言い、LGSは「Light gauge steel・ライトゲージスチール⇒軽量鉄骨造」の略で、昭和50年頃より以前は建物における全ての内装は材木で大工さんが造作していました。

    しかし、「防火の検査が厳しくなった・工事のスピ-ドが早い・工事単価が安い」などの理由により、現在ではコンクリ-トのビルや鉄骨住宅などに軽天工事が使用されています。

    この軽天屋さんは何故か知らないけれど切れやすい凶暴な人が多く、天井は高い位置にあるから工事の時には足場を組むのですが、その時に電気・水道・防災など各業者も軽天屋さんと一緒に仕事をします。

    ところが足場へ乗ると大激怒、私は目の前で見ていますが水道屋さんがスプリンクラーの取り付けをしていると、軽天の親方が「おまえら、勝手に使うな」といきなり足場を崩し、水道屋さん達は床に叩きつけられ足場の下敷きとなり骨折して3人が病院送りでした。

    それで現場監督が軽天屋と話し合い作業を手伝うことで足場使用の許可を取りましたが、足場は元請けの準備したモノで軽天屋のモノじゃないのに、100人と言う巨大勢力に加え「バールで殴る&ドライバーで刺す(殴る蹴る)」など、凶暴性もあって誰も逆らえませんでした。

    そんな人たちを相手にヘタレの私が仕事するのは恐怖の連続で、現場に行くのが嫌で仕方がありませんでした。 そして何とか平穏に過ごせていた200X年7月13日夜7時30分頃のこと、休憩中に軽天屋の親方が子どもの写真を出して、「おい、これ、俺の子供、可愛いだろ?」と聞いてきました。

    ここで「可愛くない」と言える勇気は無く「可愛いです」と答えたら、「俺が子ども作ったら、こんな可愛い子になると言う見本、だから俺がやってやるから、お前の女、連れて来い、連れて来なかったら、殺す。」と、▼▼の軽天屋より命令されました。

    私が情けないヘタレだったこともありますが、ガタイが良くて凶暴な100人の男性に囲まれて「殺す」と言われた時に、「相手の要求を断れるかどうか」を考えると日本全国でも数は少ないはずで、私もヘタレながらに拒否できただけでも良しと思います。

    ただし、「彼女はいません。」と正直に言っても「嘘、吐くな」とボコボコで、大怪我をしなかったのは不幸中の幸いです。 あの半年間に軽天屋が岡山でした数々の出来事は▼▼県民全てでは無く、たまたま600人の男たちが「こうだった」と言うだけで深い意味はありません。

    他にも現場監督のホンダ・レジェンドを納車1週間後でボコボコにして廃車、監督はすぐに中古の軽四を手に入れて通勤していました。 朝10時頃に来て昼2時頃に帰る▼▼▼ータイム、傷害(勝手に倒れた)~婦▼暴行(誘われた)~窃盗(借りた)など、数々の事件も気にせずあっけらかんでした。

    基本的に建設現場は「事故はあっても事件は無い」ので、何があろうとも表に出ることは稀だから少々のことは内々に処理されます。

    ふと感じたのですが、去年は4575億円で今年は3000億円を受け取りながら「少し貰ったくらいじゃ~。」と言い放ち、東北の復興費用を減らしてでも金をよこせと追加要求できる人たちならば、運勢レベルが同じだからこの600人の男たちと渡り合えるような気がします。

    あなたは軽天屋さんを、御存じでしたか?

    うふふっ(*゚v゚*)

    PageTop