徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    関係性。

    おはようございます。 素敵なお客様には運命の御加護がある、それは生きている限り避けられないモノですが、その御加護と言うのは鍛えてくれる壁としてなのか、それとも北風と太陽に示される太陽としてなのか、その差があるだけで必ず何かの暗示はあるはずです。

    昔から人と人との出会いは他生(多生)の縁とも言われますが、人と人が出会うことにより起こる化学反応みたいなモノが、魂の学びとなって磨き上げることになるのかもしれません。 誰しも同じことですが、良い人と会うと良くなるし、悪い人と出会うと悪くなります。

    例えば、県北時代は同級生や建設現場など犯罪者に会うのは簡単でしたが、今はかなり難しくほとんど出会うことはありません。 「飛行機で犯罪者を移管」する時や「捕まっていない犯罪者とたまたま遭遇」など、偶然に出会う場合を除くと天女のように素敵なお客様にばかりお会いできて本当に天国です。

    その天女のような素敵なお客様の未来を拝見していると、「勿体無い」と言う言葉がよく浮かぶのですが、目の前にチャンスがあるのに動かないと言うのが非常に勿体無い、何でチャンスを活かさないのかと思える時があります。

    人と人との出会いはチャンスを招くので、女子会を友好関係を築く言う意味では概ね否定しませんが、恋愛や結婚に限定すると否定せざるを得ない時もあります。

    それは何故かと言うと恋愛運が悪い人と恋愛運が良い人が女子会を開くと、明らかに恋愛運の悪い人(負のパワー)の方が強く、恋愛運が良い人や彼氏ができる未来の人の運勢を捻じ曲げる(吸収・侵食)と表現できるのですが、ほとんどの場合が恋愛の邪魔をするようになります。

    恋愛運が悪い人と言うのは元々が悪い訳ではないのですが、生き方を間違えて悪い方へ行ってしまうことはよくあります。 多いのは相手を裏切ること~人を騙すことなどで、筋を通さない生き方をしている人で恋愛運が良い人なんて見たことがありません。

    逆に筋を通す人で運勢が悪くなっていく人も視たことがないのですが、紹介で会った時には紹介者へお礼に行く、新年会やパーティで会ったことがきっかけなら主催者へ報告に行く、そういう基本的なこができない人がスムーズに行く未来は無いし、仮に上手く行ったとしても一時的で必ずお釣りは来ます。

    ここまで読んだら思い返して頂きたいのですが、女子会をしている時に「彼の愚痴を言う」~「別れた彼の悪口を言う」など、自分のことを棚に上げて相手のことを言い続ける人がメンバーにいたなら、その人とは残念ですが縁を切らないと運の悪いことが自分にも降りかかってきます。

    恋愛とは基本的に二人だけの秘め事であり無関係な人にペラペラ話すことではない、そういう恋愛のルールが守れない人に運命が味方する訳がなく、自分の非を隠して相手の悪いことだけ言う、それでは次の恋が始まることは無いし上手く行くこともありません。

    年間で二千人以上鑑定していると不思議なことが見えてくるのですが、女子会に限らず女性が知人友人になるのは、世間的な解説をすると思想や行動が一致しているからです。

    ボランティアに興味のある人はボランティアに関心のある人とくっつく、映画に興味のある人は映画に関心のある人とくっつく、そういう同じ趣味や同じ行動をしている人だから仲良くなれる、それは間違いではないけれど~それだけで終わっては霊視カウンセリングになりません。

    ここからが霊視や運命的な話で素敵なお客様を視ていると気付いたこと、ほぼ間違いなく100%に近いくらい当てはまりますが、それは「○○○が同じ女性同士が仲良くなる」で、これは不思議に思うけれど今まで当てはまらなかった女性同士は余りいません。

    だから女子会メンバーが変動する時と言うのは、思想や行動が違ってきた場合だけに起こるのではなく、○○○が違ってきた時にも明らかに変化が起こるのですが、これを言うとほとんどの方が異議を唱えるか~賛同するか、どちらか真っ二つに分かれます。

    例えば、今年の新年会で仲良くなった4人の女子会メンバーがいるとして、仮にA(接客業)~B(接客業)~C(看護師)~D(看護師)とします。 この4人は仲も良くて定期的に女子会をしていますが、女子会では無く二人で会うとなれば「A&B・C&D」に分かれます。

    これは「ABが接客業」で「CDが看護師」と言う理由では無く、○○○がA=B(A<B)だからで~同じくC=D(C<D)となるから、4人だと仲が良いけれど2人だと微妙になります。

    つまり、A=BとC=Dは成り立つのですが、「A=CD・B=CD・C=AB・D=AB」は成り立たないはずが、女子会となれば4人で会うことになるから関係性が中和されて、A=B=C=Dが成り立ちますが、○○○は明らかにA<B<C<Dと言う下地の元に存在します。

    これを数値化して説明すると「A=15、B=25、C=75、D=100」となり、AとBでは差が10だからOK、CとDも差が25だからOK、ところがCとAやBは差がありすぎてNG、同じくDもAやBとは差がありすぎてNGとなります。

    しかし、A+BならばCとは35の差になるのでABCの3人ならばOK、そしてABCの合計は115だからDとの差は15なのでOK、だから女子会では仲良くできるのに個別に二人で会うとなれば微妙な関係になるのは、○○○の差がABCDの関係性に影響していることが分かります。

    ○○○の差が人間関係に影響するとは嘘みたいですが、これは女性にはほぼ当てはまります。 男性にも当てはめてみたのですが当てはまらないことが多く、そういう人もいるし~そうでない人もいる程度で余り関係性は見られません。

    あなたは関係性について、どのように感じていますか?

    ヾ(゚0゚*)ノアレアレー?



    お知らせ:出張の為、ブログの更新は4日(木)から再開しますが、予約の受付は遠慮なくお気軽にお申し付けくださいね。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    海上保安庁。

    おはようございます。 生きるとは命の炎を削りながら残りの火がどれだけかと確認するのと同じで、何を優先するかの前に決断して行動をしなければ、いつまで経っても考えるだけで何もせずに命を削るだけになります。

    命は一人に一つだけで予備は無い、その大切な命を誰の為に燃やすのかと言えば色々な答えがあるはずで、自分の為~親の為~子どもの為~人の為など、どれも正解で間違いと言う答えはありません。

    ただ、無償の愛と言う言葉があるように「誰かの為に生きる」と言うのは、間違いなく心に充実感を得られるのですが、自分が誰かに必要とされる未来は少なくとも心に栄養を与えます。

    明日も生きている保証がないのは先日の反日デモで、「日本人を皆殺しにしろ!」との横断幕が出たように、いつ何があるか分からないことを認識して、「やりたいことは生きているうちにやる」が正解です。

    中国から攻撃されている尖閣諸島だけでは無く、尖閣諸島みたいに沖縄も同じ目に遭う未来だから海上保安庁は大忙しで、最近よく聞く海上保安庁~略して海保は何なのかを解説したいと思います。

    これは海上の安全と治安の確保を図ることを任務とする行政機関で、実は「国土交通省の管轄」で海難救助・交通安全・防災及び環境保全・治安維持が任務、現実には海洋権益の保全(領海警備・海洋調査)も任務です。 (つまり、国土交通省だから、強気に出られない面もあります。)

    早い話が外国の艦艇への対応は海上自衛隊、民間船舶への対応は海上保安庁が担当となっていますが、海上保安庁法第25条で軍事否定の条文があり所属が純粋な行政組織だから、「海の警察」と表現されます。

    海上保安庁の職員数は約1万2千人で予算規模は約1800億円、その中の940億円(52%)が人件費で、職員の大部分は海上保安大学校や海上保安学校で専門教育を受けた生え抜きです。

    ただし、長官や次長や一部の管区海上保安本部長等は国土交通省や他省庁の官僚が海上保安官に転官して就いているので、実戦経験も何も無い官僚が形の上では上司だからイザと言う時に弱腰なのです。 (2011年現在では合計451隻の船艇、72機の航空機、5369基の航路標識を保有しています。)

    尖閣諸島問題での海上保安庁は非常に危険な任務、何故なら中国漁船と言いつつ乗っているのは民間人では無く軍人だったりするので、発砲や砲撃に対して海保の職員は丸腰で立ち向かえと言うのだから話になりません。

    向こうが攻撃してきても反撃したら日本のマスコミは海上保安庁を叩くので、日本を守っているのに日本のマスコミが叩くと言う理不尽さ、マスコミは日本に自制を求める論調を書く前にあちらへ自制を求める論調を書くべきです。

    今後も海保の役割は非常に大切で、中国が仕掛けてくるからと同じ土俵でいきなり戦艦を投入はできないし、漁船も表向きは民間人なので撃沈する訳にも行きません。 尖閣諸島へ上陸した中国人が自称民間人である限り、機関銃やロケットランチャーを持っていても、民間人に銃を向けるのは政治的に難しく職員が撃たれても日本は注視するだけです。

    そんなわけで海保の増強が必要と言う結論になるのですが、昨今は法改正が昔よりは行われるので、海上保安官が上陸した外国人にも対処できるようになりました。 それでも今の法律では不十分なので、海上保安庁にも陸上部隊が必要です。

    どこの国でも島嶼防衛には陸戦を行える装甲車など軽歩兵部隊が必要で、中国の侵略行為の激しさを見ると海保にも専門部隊を乗せて、必要に応じて上陸できるようにして重武装した自称民間人に対処しないと危険です。

    人員と装備は陸上自衛隊から移管、国境警備隊として在外公館の警備を任せれば文句はでません。 海保の陸上部隊の中に在外公館警備専門の部署を作り、一括して在外公館の警備をしなければ、隣国より「どれだけ嫌がらせを受けるか」は明白で、アホな政治家に年間で一人6千万円も出すよりも命がけで日本を守る海保の予算増加を願います。

    ただし、海保も官僚組織なので無駄遣いが多く予算執行を見直す必要もあり、特に船と航空機の間には大きな垣根があって、これが効率的な装備調達の障害です。 おまけに装備調達が閉鎖的で警察同様にOBが天下った企業が最優先、効率的な装備調達を妨げて高くて悪い製品を買う場合もあります。

    命がけで日本を守る海保を少しでも理解して頂けたらと思いますが、海保で一番厳しいのは「第十一管区(沖縄県那覇市、沖縄県(尖閣諸島含む)」で、ここがニュースに出たら日本を命がけで守っていると思ってくださいね。

    台湾でも反日デモが起こり中国と連携して日本の侵略を阻止と言い始め、更に台湾巡視船は領海侵犯に加え放水攻撃を仕掛けたことは、台湾は中国の領土と自ら認める行動だから止めた方が良いのに、頭に血が上っているから無理なようです。

    「友好国が有効国」と言う言葉が日本の目指す未来で、昔は犯罪地帯でしたが今は違うタイ・ミャンマー・ラオスの「ゴールデン・トライアングル」が、日本を助けてくれることを日本企業は学ぶべきで、政治家や官僚を当てにしてはいけません。 (進出するならゴールデン・トライアングルです。)

    あなたは海上保安庁のこと、どれだけ知っていましたか?

    グッ!! ( ̄ε ̄〃)b

    PageTop

    不満解消。

    おはようございます。 天女のように素敵なお客様の笑顔が毎日続いて行く、時には嫌なことがあるかもしれないけれど、それでも大半の日々は平穏無事で良いことがある、そういう状態が続くことを信じています。

    運の良し悪しと言うのは意識の持ちようでも変わるのですが、雨が降ったとしても雨が降ったことで植物が潤う、他にも新しいレインブーツを履くことができる、そういう考えになると晴れじゃなくても幸せを感じることができます。

    運が良いとか悪いとかにおいて改善できるのは些細な意識の部分ですが、それでも大局的に考えると運の良し悪しは意識以外の部分も影響はあります。

    例えば、いくら意識していたところで飛行機や新幹線が動かなくなる~地震や災害に遭う、そういうのは明らかに意識する以外の部分の運の差が分かれ道で、たまたまとか偶然と言うのは日頃の行いがモノを言うのは仕方がないと思います。

    悪いことをしている人の運が良くて~良いことをしている人の運が悪ければ、それでは何の為に良いことをしているのかと嫌になる人が続出します。

    ただし、だからと言っていつも運が良い状態をずっとキープするのも不可能で、どこかで運の悪いことがあるから運が良い状態を保つことができるのも一つの真実です。 大きくなりすぎた風船はいつか破裂するし、昇らぬ太陽は無い代わりに沈まぬ太陽も無いのです。

    それを防ぐ為に日本では未完と言う方法があり、それについて有名なのは徳川家康公から続く徳川幕府で、家康公には天海僧正と言う今で言う風水師や陰陽師や占い師を合体させたようなスーパーマンが付いていました。 何かあれば相談していたのですが、江戸城や東京の地形に限らず日光東照宮にも色々な仕掛けがしてあり、日光東照宮の陽明門にわざと未完成部分を残してあります。

    魔除けの逆柱とも言うのですが門をくぐり終わる所の左側の柱のことを指しまして、グリ紋の向きがこの柱だけ異なっているのがその証です。

    「建物は完成した瞬間から崩壊が始まる」と昔の人は考えていたので、1ヵ所だけ仕様を間違えて建物はまだ未完成であるとして長持ちさせる為の工夫であり、これと同じ逆柱が本社の拝殿と本殿にも1本ずつあり徳川幕府の周到さが伺えます。

    このようにワザと一ヵ所だけ間違いと言うか未完成と言うか、運で言う悪い部分を作り出すことで良い部分を守る、それも一つの護身と言うか運の良い状態をキープする手段でもあります。 運の悪い部分を作り出すことで運の良いことをキープと言うのは、意外と色々なやり方や使い方があるのですが、家を建てる時なんかは覿面に効果が出ます。

    これはどんな占い師の先生でも防げないのですが、「家を建てると病気になる」~「家を建てると転勤する」など、家を建てる~家を買うなどをするとかなり運の悪いことが起きるのですが、家だけでは無くマンションも同じで防ぐことはほぼできません。 (軽くはできますが防御は無理です。)

    家やマンションと言う人生の中でもかなり大きい良いことがあるのだから、それに対して起こる悪いことを徳を積むなど過去の行いで帳消しにできるなら何も起こりませんが、そうでない限りは個人の差に寄りますが、病気や事故や転勤や失業や倒産など何かが起こります。

    だから家を建てる時は時期や状況により見極める作戦もあり、若い時に建てるなら若さや回復力などにより病気に対抗、歳を取って建てるなら金銭面で何か余計な出費があっても対抗、そういう風に対抗手段が生まれてから建てるのも一つの作戦です。

    残念ながら人生には自分ではどうにもできないことと言うのが数多く存在しますが、家を建てることは誰もが夢見ることだけれど誰もが何らかの痛い目に遭うのが不思議なところで、それもほとんどの場合が当家の主に災難が降りかかります。

    つまり、御主人が病気や事故や転勤や失業など何らかの痛手を負うことで、家を建てたことに対する厄が落ちたという考え方もできます。 そのことから家を建てない(買わない)限り、何も不幸なことが起こらないと言う裏返しでもあります。

    ようは家を建てるから病気や借金など色々なことが起こるのですが、家を建てない(買わない)ことにより不満がある間は、その不満が生まれる分だけ他のことで良いことが起こっていることに気付かないと、運命が助けてくれていることを無にして感謝の気持ちが無くなります。

    他にも例を出すと商売をしている人が家を建てると急に風向きが変わり、何故か仕事が入らない~売り上げが減る一方など、自分では何もしていないのに家を建てるだけで運命が大きく変わってしまい、「持ち家がない」と言う一つの不満を解消してしまったが故に、未完成が完成となって崩れゆく人生へ変わり、何をやっても上手くいかなくなることは多いのです。

    これは会社でも同じことですが、仕事が忙しくて社員を雇いたい⇒そして補充した場合、雇用した瞬間から仕事が少なくなって遊ばせるだけになる、これも社員が足りない状況だから仕事がどんどん増えているのに、その社員が足りないと言う不満を解消したが故に未完成が完成となり、あっと言う間に没落して行くのが非常に怖いです。

    年間2千人以上鑑定していると、これらの現象を何十回も見て恐ろしさが充分に分かっているから、家を建てる~マンションを買う~会社の人員を増やすなどは、調子の良い時に腰を折るような真似をしてはいけないと止めることが多いけれど、御相談に訪れる方で納得いかずに強行して没落と言うのはよくあります。

    人は何もかも揃った状態では無く不満がある程度は存在する方が幸せで、それを視ているからこそ不満解消をしない道を勧めるのですが、人は痛い目に遭わないと理解できないことも多く最初は否定されることが多いのですが、その後で痛い目に遭うと不満があった方が良かったことに気付けます。

    あなたは不満解消により、お釣りが来ることが平気ですか?

    (≧ω≦)b OK!!

    PageTop

    愚痴。

    おはようございます。 今日もウキウキしている気持ちを抑えながら、一日の始まりを迎えていることと思います。 ワクワクを想像すれば楽しいこと、どんよりを想像すれば嫌なこと、人は自分の人生は自分で作り上げているのです。

    TV東京で「とっとこハム太郎」と言うアニメがありましたが、主人公のハム太郎を飼っているロコちゃんが番組の最後に必ず、「ねぇ、ハム太郎。 明日はもっと良いことがあるよ!」と話しかけるのですが、良い台詞だなぁと思っていました。

    嫌なことばかり考えると、嫌なことを自分に引き寄せる。
    良いことばかり考えると、良いことを自分に引き寄せる。

    これは誰しも分かっているのに、なかなか思いをコントロールすることができないから、ついつい不平不満を頭に思い浮かべてしまうのです。

    恋愛が上手く行かない人は男女共によく考えないといけないのですが、「自分が良いと思うことは相手も良い」と言うのは間違いで、自分が良くても相手は嫌かもしれないのです。

    ある時のこと、インド人の彼を持つ日本人の女性が御相談に来られましたが、彼からの連絡がドンドンと減ってきて、いつの間にか疎遠になってしまったのです。

    当事者に取っては切実な御相談でしたが、その理由は周りから見ると馬鹿馬鹿しいと言うか微笑ましいと言うか、相手のことを愛するが故の理由でした。 その時に示した解決方法は彼の気持ちをほぐすとか、彼に対して優しくするとか、そんなことではなく解決方法は彼の為に「カレーを作らないこと」でした。

    視ていて問題なのは彼の食生活で、彼は日常において365日ほとんどカレーを食べないのです。 食べないと言うことは嫌いと言うことですが、彼女は「インド人=カレー好き」だと思い込んでいたのです。

    彼は優しい人だから彼女に対して「カレーが嫌い、カレーは食べたくない」と言うことが言えず、カレーを作りに来てくれる彼女と徐々に距離を置いていたのが真相でした。

    彼は彼女のことが好き、彼女は彼のことが好き、そういう二人でもボタンの掛け違いはあるので、先入観で物事を言わないこと、見た目や思い込みで行動しないこと、それができないと思わぬ行き違いを生んでしまうのです。

    このように人の想いは善意であったとしても、知らない間に相手へ迷惑を掛けている時があります。

    私自身は霊視カウンセラーとして人の話を聞くことは平気ですが、通常は相手の話を聞くと言うのは大変だと思います。 女子会などをするのは良いけれど、それが女子会ならぬ愚痴会になってしまうと、言う方は良いけれど聞かされる方はたまりません。

    愚痴を言っていると負のオーラが身にまといつき、いつの間にか負のオーラを常時身にまとうようになり、知らない間に運を悪くするとか「男近寄ってくるなオーラ」を出してしまうのです。

    そうなると恋愛運が悪くなり出会いは減るし、出会ったとしても外れの男ばかり、「いつになったら王子様に会えるの?」と、自分の不運を嘆くようになってしまうので、こうならないように気をつけないと危険です。

    ただし、危険と言っても色々な段階があるのですが、特に危険なのが「相手を悪く言っているつもりはないのに、相手のことをボロカスに攻撃している」で、こうなると相手に嫌がられていることすら気付かないパターンで、これが続くと異性どころか同性からも距離を置かれてしまいます。

    例えば、私は素敵なお客様よりブログの感想や鑑定のお礼~プレゼント企画の応募、お守りプレゼントや新年会のお礼や感想など、年間を通じて色々なお手紙を貰うのですが、その中に気持ちは分かるけれど普通の人なら誤解する内容のお手紙もあります。

    私は予測しながら読むので気になりませんし、どういう状態で書かれたかも分かるので仕方が無いの一言で済ませられるし、お手紙を頂けるだけでも嬉しいです。

    しかし、普通は相手のことを色々と重箱の隅をつつくように指摘して、自分の愚痴を書き連ねて悪いのはお前だと取れる内容の手紙だと、そこで人間関係が終わってしまいます。

    普通の男性は気が利くとか相手の中身を読んで行動することは難しく、目の前にいる女性の行動や言葉でしか判断できない、それを認識していないと分かってくれているはずと言う思いこみが悲劇を招きます。

    相手を不快にさせると言うのは、それだけで幸せが一つ逃げるのですが、自分のことしか考えずに生きていると、愚痴や不満を聞かせる日常が当たり前で感謝すら無くなってしまいます。

    あなたは知らないうちに、愚痴を吐き出していませんか?

    オッケー☆⌒c(*゚ー゚*)

    PageTop

    残したモノ。

    おはようございます。 晴れ渡った青空の元には全てが公平、不公平に見えたところで歩んできた過去が今であり、何かを一生懸命にやってきたなら良し悪しは別にして、何かの結果が出て更に前へと進めるはずです。

    2012年も9月下旬となり残すところ10~12月の3ヶ月となりましたが、2013年の手帳やカレンダーなどが発売されている時期です。 今年のやり残したことや来年にやりたいことなどを考え始めている人もいるし、残りに向けてラストスパートの人もいると思います。

    運命は選んだ結果としてのことはでるけれど、その選んだ結果が自分に取って良いか悪いかは分かりづらく、悪く見えても後で良い場合もあります。 そうなると「どれを選んだらいいのかわからない?」となりますが、やりたいこと全てをやると時間もお金も無限にないので無理です。

    だからこそやりたいことや欲しいモノなど一本に絞らないといけないのですが、1つに決める前には誰しも色々な迷いがあると思います。 そんな時にこそ本当は自分が何を望んでいるのか、それが事前に分かったらすごいと思うのですが、それについて心理テストをやってみると意外に感じたり納得したりと様々です。

    私がやった結果は後述しますので、遊び感覚で次の質問に答えてみてくださいね。

    あなたが山にある祖父母の家へ遊びに行き、品物を4つ頂きました。 それを帰り道で3人の門番に1つずつ渡さないと、道を通してもらえず家に帰れません。 そこで質問ですが「あなたは、何を、どの順番で、渡していきますか?」と言うモノで、どの順番で4つの品物を渡すか、そして最後に取っておくのは何なのかを、まずは書いてください。

    A:甘くておいしいお菓子
    B:美しい仮面
    C:キラキラの金貨
    D:不思議な羽飾り

    では、これでなにが分かるかですが、「あなたが人生において大切だと心の奥底で思っているモノ」と優先順位がわかり、最初に手放したのはあなたにとって余り必要のない品物です。 そして最後に残った品物はあなたが人生において大切だと思っている品物で、それが何をあらわしているのか、それについての解説です。

    A:「甘くておいしいお菓子」を残したなら、「愛情」が一番大切と考えています。

    お金や仕事がなくても愛に生きる、そんなふうに思って、愛情を感じて生きていくことを望んでいるので、仕事や勉強に無理をせず恋人や家族との愛情を感じられる時間を確保、そういう生き方が向いているかもしれません。

    B:「美しい仮面」を残したなら、「プライド」が一番大切と考えています。

    心の奥では社会的ステータスや品格を大切にしているかもしれないので、資格取得やマナー教室に行くなど自己投資がオススメです。 プライドが大事=悪いイメージを持たれがちですが、人間は誇りを持って生きていくことも大切だから胸を張って自分磨きをして下さいね。

    C:「キラキラの金貨」を残したなら、「お金」が一番大切と考えています。

    どうこう言っても大切なのはお金で、お金があれば何とかなることが多いと言うのもあながち嘘ではありません。 余暇はアルバイトやサイドワークなど、金銭に直結した行動が満足を呼びそうです。

    D:「不思議な羽飾り」を残したなら、「自由」が一番大切と考えています。

    何よりも大切に思っているのは自由で、ふわふわとした羽は自由の象徴です。 お金や愛情を捨ててまでも、いつでも軽やかでいたい~好きな時に飛び立ちたいとの願望が眠っています。 束縛されない環境を作り上げることから、会社や家族などに干渉されない時間を確保して、気の赴くままに過ごすと心に平穏が訪れます。

    そして私がやった結果は「C⇒B⇒A⇒D」の順で、最後に残ったのはDの不思議な羽飾りでした。

    これは簡単な心理テストで深い意味があるかどうかはやった本人のみぞ知るですが、人生において何を大切に思っているか、それがわかれば自ずと選ぶべきモノと手放すべきモノが見えてきます。

    自分自身の深いところで大事に思っていることは、意外と自分では分からないことが多いので、こういうことであぶり出すことにより何かのヒントに繋がるのではないかと思います。

    今年はどんな年で終わらせたいのか、来年に向けて何をすればいいのか、 このような自問自答に対するヒントになればと思います。

    あなたが最後に残したモノ、それは何でしたか?

    ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

    PageTop

    視え方。

    おはようございます。 人が生きていくためには毎日の生活の中で必ずメリハリが必要ですが、それは単調な生活の繰り返しだと飽きてしまうことが多く、更には精神的に何も無いのに疲れが溜まることもあります。

    同じことの繰り返しは生活リズムとしては非常に良いのですが、それでも時には崩すことをしないと生活の単調差に精神が病んでしまいます。 そうなるときちんとした生活をしているのに、逆に身体の不調を訴えることになりかねません。

    そうならない為にもたまには何かの楽しみが必要ですが、大袈裟なことでは無くとも通勤経路を変えて見るとか、ワザとビジネスホテルへ泊まってみると言うのでも少しは違います。

    私は毎日鑑定していて疲れることはありませんが、それは毎日違う人と違う内容で会っているからで、同じ人と365日会って鑑定していたらさすがに疲れると思います。 それに今は倉敷だけではなく東京でも鑑定しているので、それにより気分転換になることも多いのです。

    霊視と言うのは精神集中が必要ではあるけれど、やはり視え方と言うのは個人差がありまして、何でも手に取るように分かる時もあれば~さっぱり分からない時もあります。

    なんでもかんでも視えると言う人がいたら逆におかしいと思いますが、本人の体調不良だけではなく相手の意識もあり、無防備な時に視るのは簡単だけれどロックやガードしている時には視えにくい、鑑定へ来ているのに視せないようにする人は結構います。

    震災以後はTVを見ることが激減しましたが、東京出張にて素敵なお客様より「ミディアムは面白いですよ、霊能関係ですから。」と言うので、それから見るようになったのですが海外のドラマは面白いとハマりました。

    私も長く使っていたブラウン管TVとおさらばして、ようやく地デジ対応TVに買い替えると無料の衛星放送がいくつか見れるようになり、何故かFOXが無料で見られたので今年は海外ドラマにハマりましたが、欲を言えば吹き替えじゃない方が好みで英語のままの方が聞きやすいです。 (吹き替えは苦手です。)

    ただし、そのFOXも10月から有料で見られなくなるのは残念です。

    海外ドラマにハマるキッカケは「ミディアム 霊能者 アリソン・デュボア」で、アリソンと私では能力が違う部分もかなり多いし、実際は警察や検事局が捜査の協力を依頼なんてあり得ません。 それでもTVドラマとしては個人的に面白くて、今はシーズン4を見ているところです。

    そして能力的なことで言うとミディアムの中の番宣で紹介された、「リスナー 心を読む青い瞳」と言う番組の主人公、トビー・ローガンの方が近いと思いました。 このドラマも面白くてハマってしまい、今はシーズン3を見ているところです。

    余りに面白いからレンタルで借りてきて、シーズン1からちゃんと見ようかと思いましたが、「あっ、DVDプレーヤー、持ってねぇ~!」と思い、極貧生活の私はDVDが見られないので、1年以内にポータブルDVDを買うのが目標です。 (苦笑)

    ミディアムのアリソンは夢で見たことが現実化する予知夢+霊と話すことが主体で、事件に関する夢を見て~霊と話すことで解決する能力です。 そしてリスナーのトビーは相手の目を見ることで情報や近未来が分かる能力なので、どちらかと言えばアリソンよりもトビー寄りかもしれません。 (←ここまでやれたら神様です。)

    ついついドラマの話が長くなりましたが、相手のことを視やすいと言えば電車が意外と視やすい場所です。 何故なら電車に乗ると人はボ~とするか、ケイタイをいじるか、本を読むか、この3つがほとんどで意識にロックやガードが掛かることは少ないからです。

    「そんなのできるの?」と思われるでしょうから通勤電車内で視たことを御紹介すると、私は大江戸線の六本木駅を利用することが多いのですが、朝の通勤ラッシュではミッドタウンへ流れる人が多く、何故ならヤフーやコナミやファーストリテイリングなどが入居のオフィスビルがあるからです。

    ただし、このビルへ入居している会社の方々は以前から申し上げているように、「俺様は偉い」と言う特権階級意識が強い方が多く、地下鉄の車内で携帯通話を普通に「俺、33Fだけど」なんて会話しています。 (偉い会社の方々なんですから、どうか電車内での通話は御遠慮下さいね。)

    こんな感じだから情報管理は非常に無防備で、今はどんなことを研究しているのか、今はどんな戦略を立てているのか、同じ会社の色々な人を視比べると色々なことが分かります。

    霊視だから誰も信用しないし証明もできない内容ですが、ユニクロは2014年までの出店計画を変更、店舗数を更に増加させて早く世界へ浸透させようと焦っているのと、世界~世界と言う割に国内店舗の増加と店舗面積拡大へ戦略変更、今後は国内を次々と充実させつつ日本人の雇用は減らす戦略です。

    更に大きな戦略変更は低価格の為に中国の約70ヶ所にある生産委託工場についてで、年間に生産する衣類の約85%を中国で生産して、店舗も中国で出店加速させるほど中国寄りでしたが、この大切な生産拠点を移す計画中です。

    取り敢えずバングラデシュやベトナムで生産の後に、アフリカ大陸各地で大規模生産工場と言う戦略で中国生産に見切り、これは現在進行中でメキシコでの生産も考えているようで、中国に悟られない&刺激しないように中国離れを加速中です。 (これらは証明できない霊視の話です。)

    あなたは視え方が、気になりますか?

    (A゚∇゚)ハテッ?ナノラ

    PageTop

    脈なし~女性編。

    おはようございます。 昨日は「脈なし」の男性編で、男性の言動や行動の裏に何が隠れているのか、それを読み取れるようになる為~引いては時間の無駄を省く為に、脈なしよりも脈ありへ突き進んで頂ければと思います。 m(__)m

    さて、今日は女性編ですが、友達や同僚など「このまま」でいたい関係が時としてありますが、告白されたら気まずくなるのに彼は今にも告白してきそうな雰囲気、「どうしよう?」と言うようなピンチに陥ることが女性にはあります。

    彼を友達として好きだからこそ仲良しの関係でいたい、そして「彼に気まずい思いをさせたくない」と言う優しさ、そういうことからも女性が直接的でも間接的でも「脈なし」を確定させている発言の御紹介です。

    今日の内容は昨日を読んでから今日の最後まで読む、それをしないと意味が分からないかもしれませんが、ここから書くA~Hは「脈なし確定」と言うべき一言で、全く猶予や考慮の余地の無い言葉だから、これを言われた男性は潔く諦めてくださいね。 これを言われても付きまとうのは迷惑行為、俗に言うストーカー行為になるので止めてくださいね。

    A:「最近、すっごく、忙しくて…。」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 好きな人には会いたいのが乙女心、どんなに忙しくても絶対に時間を空けます。 片思いならなおのこと、「忙しそうだから会うのやめる?」と言われないように必死です。

    つまり、「忙しくて…。」と誘いを断る時は確実に脈ナなしで、使いやすい上に拒絶が伝わりやすいので、その気の無い男性や付き合いたくない男性に連発すると効果的に拒絶出来ます。

    B:「そういうのは、ちょっと…。」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 距離を縮めようとボディタッチ、そういう時にすかさず「そういうのはちょっと…」と引き気味の表情で言いのがポイントです。

    雰囲気を壊したくないばっかりにひざ枕をしてあげたりだと、勘違いされても言い訳できなくなるので、きちんと嫌がることで「男として見ていない」と悟らせるのが狙いです。

    C:「それは違うと思うな」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 男にとって女性が「うんうん、そうだよね~。」と、自分の話を楽しそうに聞いてくれるのはとても嬉しいです。 つまり、彼の意見にことごとく反対すること、「でも・だけど・それは違う」の3つを駆使して、これも連発することで嫌われる威力が増す言葉です。

    D:「タバコ、吸ってきていい?」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 これはどちらかと言えば、あなたの外見や雰囲気だけに引かれてふらふら寄ってくる、そういうエロオヤジ系にビシッと突きつければ効果アリの一言です。

    正面から直視されて言われたなら、「えぇ~、こんな面があるの…。 俺じゃとても御しきれない。」と思わせ、甘い理想をぶち壊して夢から覚めさせること、その後にエロ男が付きまとうことを考えたら、「あいつ、タバコ吸うのか?」なんて言わせておけばいいのです。

    E:「しばらく、連絡とれないかも?」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 ちょっとした勘違いからデートの予定が立ちそうになってしまったら、すかさず「でもね、私、これからしばらく、連絡とれないかも?」と言いきることです。

    これは素早さがポイントなので理由づけは後回しにしてすぐに口に出すこと、デートをすると告白の断りづらさも増しますので何としてでも避けること、連絡が取れない理由としては「旅行に行く・山にこもる・世界一周に出る」などが有効で、デートに誘おうとした矢先に言われたら、よほどの鈍感な男でもなんとなく察してくれるはずです。

    F:「ごめ~ん、寝てて、電話出れなかった~。」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 これはメールするのに有効な一言で、電話をかけ直すのではなく翌朝にメールで返信してくださいね。 本当に好きな人の電話は夜遅くまで待つし、例えタイミングが悪く出られなくても、できるだけ早く電話をかけ直します。

    ここでキチンと、あなたにとって彼は「そういった手間をかけられない相手」だと悟らせること、これは後々まで可哀そうだと引っ張る方が可哀そうです。

    G:二人でいる時に「嫌いじゃないよ」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 これは本当に嫌いじゃない時もありますが、90%は「あなたとは付き合えないから、ごめんね」と言う優しい断り文句です。

    この言葉を裏返せば「御飯だけならいいよ」や「プレゼントは受け取るよ」など、「利用価値のある間は会ってもいい」が本音です。 男の悲しい心理として「嫌いじゃない=好きかも知れない」ですが、本当は「嫌いじゃない=好きじゃない」です。

    H:笑顔で「ずっと仲の良い友達でいたいね!」と言われたら、潔く諦めるのが男です。 これは意表を突く意味もあって、本心をズバッと笑顔で言いきるのも手です。 これを言われたら彼は何も言い返せないし、しばらくはダメージにより連絡が途絶えるかもしれませんが、気は合うのだから二度と会えないようなひどさにはなりません。

    ようは「友達以上、恋人未満」の関係にしておき、付かず離れずで楽しい関係を保てるようになるかもしれません。

    これを読んでいる男性へ一言、ここに上げた脈なしの一言は女性からの「告白しないで!」と言うサインですが、それはあなたを友達として大切に思う気持ちから発せられる一言で、優しい気持ちから出る言葉だと理解してくださいね。

    そして昨日書いたように「何故、女性向け?」についてですが、今日の「脈なし~女性編」には二つの意味があり、一つ目は「ストーカー防止」で脈なしを確定させることで諦めて貰う為、付きまとわれないようにビシッと引導を渡すのも優しさです。

    そして二つ目は「男性と縁が無いのは何故か?」の防止で、A~Hのような一言を使っていたなら男性との縁が無いのは当たり前で、知らず知らずでも~悪気がなくても、今すぐに改めることで恋へ繋がります。

    明日から週末ですが9月はブログの更新を増やすと宣言しているので、この土日はブログの更新を引き続き行います。 よろしければ、明日も御覧くださいね。 m(__)m

    あなたは脈なし、そのサインを無意識に出していませんか?

    |||/( ̄ロ ̄;)\||| マジ~?

    PageTop

    脈なし~男性編。

    おはようございます。 素敵なお客様には恋の神様が幸運を運んでくる、それを受け取り行動に移すだけ、それこそが恋愛~結婚へと繋がる道筋のはずですが、恋と言うのはチャンスを逃したら次へ行くと言う変わり身の早さも時には必要です。

    その為には何をすればいいのかと言えば、「これは絶対に脈ナシ」と判断するべき時には判断することです。

    意中の彼があなたにどれくらい好意を持っているのか、もしも熱をあげているのがあなただけで彼の方は全く脈ナシだったり、あなたのことを単なる都合のいい女だと思っていたりしたら、残念ですが諦める方がいいかもしれません。

    そこで今日の本題は男性が女性に対して連続で使う言葉の意味、これが頻発するなら身を引くべしと言う三つのNGワードを、男の心の奥底にある深層心理から導き出してバラしちゃいたいと思います。

    では、一番に上がる脈なし言葉と言えば「忙しい」で、付き合っている彼や片思いの彼があなたに「忙しい」と言うフレーズを、何かに付けて使ったり会えない理由として発しているとやばいです。

    これが好きでもない男に「忙しい」と言われたところで、「それが何か?」と無視できるのですが、意中の彼がメールの返事をくれない場合に「ちょっと忙しくてね」などと言い訳された時に、「そうだよね。忙しいなら仕方がないよね。」なんて、ついつい自分を納得させてしまいがちです。

    ところがどっこい、男性が女性に対して発する「忙しい」の本音部分は衝撃に事実があります。 その「忙しい」を連発する男の本音とは、「おまえ(キミ)以外の女の為に忙しいからね~」が本音です。

    誤解のないように説明したいと思いますが、彼は合コン三昧と言う訳ではなく本当に仕事の予定が詰まっている時もありますが、男の本音で考えると仕事で忙しいと言うのは関係無いことが多く、「どんなに激務に追われていても、意中の女性の為には必ず時間と労力を割く」のが事実です。

    その良い例が売れっ子芸能人や飛ぶ鳥を落とす勢いのベンチャー企業社長などで、超過密スケジュールのはずなのに次々と熱愛が発覚するのは何故か、それが一つの答えとなっています。

    つまり、厳しい意見となりますが、「忙しい」と言う本音部分は「おまえに割くべき時間などない」と言う拒否サインの典型で、「そのうち暇になったら相手にしてくれるかも」との期待は脆くも崩れるので、残念ながら儚い望みは捨てさらないと辛さが倍増します。

    その次によくある脈なし言葉が「眠い」で、夜に彼と電話で話していて「悪いけど、もう眠いから」と話を打ち切られたことがあると、それはかなりヤバい危険信号の一つでもあります。

    確かに翌日も朝早くから仕事のある彼を長電話で夜更かしさせるのであれば、それは相手のことを考えないあなたの側に問題ありですが、そうではなく休日前にもかかわらず彼が眠気を理由に会話したがらない時は脈なしと見てOKです。

    そもそも男は女性と違って長電話には向いていない生き物で、女性の場合は相手と言葉を交わすことそのものを楽しめますが、男は会社の会議のように話す目的がない限り会話することが苦手です。

    そんな男が急におしゃべりになることがあり、それは女性を口説くと言う目的がある場合です。 先ほど書いたように男は目的のない会話が苦手なだけで、女性を口説くと言う目的が発生したらいくらでも多弁になります。

    どんなに仕事で疲れていてもお目当ての女性が相手ならば、男は夜を徹してでも話し続けることができます。 逆に「眠い」と言うのはあなたが相手では「脳内麻薬が出ない」と言っているのと同じことで、「疲れているんだから、ゆっくり寝かしてあげよう」との思いやりは虚しい結果となります。

    ここまで脈なし3つのNGワードの「忙しいと眠い」の2つについて、彼の本音を解説してきましたが、いよいよ最後の1つですが前述した2つよりも更にタチが悪い言葉です。

    では、その最悪の脈なし言葉は何かと言えば「予定がはっきりしない」で、最近は恋愛に消極的な男が増えているので、女性の方からデートに誘うことも珍しいことではなく、彼からデートに誘ってこないとしても、それだけで脈なしと判断するのは早計です。

    ただし、「来週の日曜日に○○~?」とあなたが誘った場合に、「その日は予定がはっきりしない」と返事があれば要注意で、草食男子に見せかけて実は二股男かもしれません。

    この場合はあなた以外に彼女候補の女性(仮にU子)がいると考えられ、しかも彼の心の中でU子の方があなたよりも遥かに順位が上で、「予定がはっきりしない」と言う本当の意味は、「U子がOKであればU子とデートするけれど、もしダメなら補欠のあなたとデートしてもいいよ」と言う意味です。

    この「予定がはっきりしない」が最悪だと言い切れるのは、忙しいや眠いなら拒絶の意思がはっきりしているけれど、「予定がはっきりしない」は、「No」ではなく「条件付きYes」で期待を持たせます。

    こうなるとはっきりした返事がもらえるまで自分の予定を空けたままにしておくのに、結局「ごめん、やっぱり無理だった~」と断られても、最初から「予定がはっきりしない」との条件付きだから責めることもできません。

    仮に百歩譲って彼が二股をかけていない場合でも、「予定がはっきりしない」のは何らかの用件とあなたとを天秤にかけていることは確定で、あなたと会うことを優先することは無いけれど「暇なら会ってもいいよ」が本音です。

    ここまでが「脈なし」の男性編で、明日は女性編をお送りします。 m(__)m

    どうして女性向けの内容なのに、「脈なし」の女性編が必要なのか、それは明日をじっくり読んで頂ければ意味が分かると思います。

    では、明日へ続く~です。

    マタネッ(*^-゚)/~Bye♪

    PageTop

    できる。

    おはようございます。 ■国へ海外赴任している素敵なお客様より、緊急のお問い合わせがあります。 かなりのデモになっているようなので応急処置として、必要もないのに外へ出ないこと、どうしても外へ出るのであれば帽子やメガネなど極力隠すことです。

    そして見つかってしまった時の対策ですが、「私は▼国人です」と言ってください。 これは笑いごとじゃなく真面目な話で、「私は日本生まれの▼韓国人です」と言えば襲われないので、取り敢えず29日頃までは身の安全を図ってください。 (29日が分岐点かも?)

    こういうことが起きると元気で健康で自由自在に動ける、それだけのことが何不自由ない幸せだと気付けて、次々と「あれも幸せ、これも幸せ」と色々なことに満ち足りた生活だと気付けるはずです。

    自分自身を振り返って見ても贅沢でしたが、県北でいじめられたと言っても殺された訳じゃなく、2階から投げ落とされたり~15人くらいに取り囲まれて殴る蹴る、自転車を壊される~石入りの雪玉をぶつけられるくらいで、死んでないから酷くもなかったと思います。

    世間では良いことがあった人に対して、「あの人は運が良い」~「運が強い」などと気軽に言いますが、その当事者は陰でもの凄い努力をしているのかもしれません。

    イ○ロー選手は天才と言われたらムッとすることで有名ですし、中田○寿氏に天才だからなんて言ったら恐ろしいほどの口撃か無視、どれだけ罵詈雑言や冷たい視線を浴びせられるかは二度と会いたくないほどで、天才=努力してないと思われるのを嫌がります。

    運の良い人は陰で努力をしているからこそ助けが入るだけで、日頃は何もしていないのに運が良いなんてあり得ません。 運命とは不思議なもので縁を辿って行くと知らないところで知らない縁が結ばれている、そんなことの繰り返しで何も無い人に何かが起こることはありません。

    運の良し悪しは短期決戦ではなく長期戦で、今したことが3年後~5年後に帰ってくると言うこと、今起きていることは短期的にした良いことではなく記憶にない程の昔にしている良いことの恩返し、それを理解していないと不平不満が溜まってしまいます。

    人は自分が腰を上げて行動すれば余程のことがない限り不可能はなく、なんでもかんでも可能でもないけれど「ある程度のことは可能」だと言い切れます。

    お店を出したいと思うのであれば、場所を決めて不動産屋さんと契約後に工事に入ればお店自体は完成します。 そのお店が流行るかどうかも自分の努力次第により決まるもので、運により繁盛するかどうかが100%決まる訳ではありません。

    例えば、親切&丁寧で美味しいタイ焼き屋さんがあれば、それは繁盛する可能性が高いと思います。 ところが運の悪い人に限って流行るお店の陰の努力には目が行かず、そのお店が「何かずるいことをしているから繁盛する」と思い、そこから誹謗中傷が始まり更に自分のところは閑古鳥が鳴くと言う悪循環です。

    今の日本なら行動すれば余りに無茶苦茶なこと以外は可能で、一歩踏み出す勇気と言うのが足りない時には、人は目の前に幸運がぶら下がっていても怖気付いたり、身体が動かなくなってチャンスを逃がしてしまうのです。

    運が良い~運が悪いと言うのは人と人との縁が要因として起こるのですが、運の悪い人と一緒に居れば運が悪くなる、運の良い人と一緒に居れば運が良くなる、極端に言うと~これが結論です。 ならば運の良い状態をキープして会うだけで運が良くなるように、素敵なお客様に迷惑をかけないようにしたいと言うのが占い師の基本です。

    占いとは当たる当たらないも大切ですが、それよりも大切なのは鑑定後に「運が良くなったかどうか?」で、いくら鑑定内容が当たっても辛い思いをするようではダメ、お帰りの時にはウキウキワクワクが正解です。

    半分はネタとして面白く言うことに、「東京から帰った時に予約を入れた方が、運が良いかもしれません」があります。 誰でも移動する時には色々な人と会いますし、鑑定で色々な人と会うこともあり、それにより運気が変わることも多い為です。

    東京出張で最近お気に入りのカフェにいたら、そこへSBIホールディングス・代表取締役執行役員CEOの北尾吉孝氏が来ました。 この人に今の日本で会えるのが何人いるかを考えると奇跡に近い確率で、偶然とは言え「おぉ、ツイテル!」と思いました。

    海外旅行へ行って気分転換も良し、国内旅行でバカンスも良し、勉強会やサークル活動で色々な人と会うも良し、何もしないよりは何かをした方が好転するのは明白です。

    そして更にレベルが上がってくると人格的にも上で人間性を学べる師匠、仕事のやり方や才能を学べるメンター、会うだけで元気にしてくれる開運の元となる人、そういう関わりが増えれば増えるほど見せ掛けではない人間力と言うべきものが出来上がると思います。

    素敵なあなたには無限の可能性があり、できるはずなのにできないと思い込んで力が出せないのは勿体ない、自分の可能性をもう少し信じても良いのではないかと思います。

    あなたはできるのに、できないと思い込んでいませんか?

    Ξ(*゚▽゚)ノ ウイッス!!

    PageTop

    解決。

    おはようございます。 昨日で三連休も終わり今日からお仕事の方も多いと思いますが、素敵なあなたにはワクワクドキドキするようなことが一杯起こる、そんな週の始まりとなるはずだと信じています。

    さて、本来はAKB48の八百長じゃんけん大会の暴露話(結果発表)か、夫婦として旦那様をどう見るかについてのどちらかを書く予定でしたが、反日デモが一向に収まらないので予定変更、日曜日に書いたように尖閣諸島で中国をやりこめるのは簡単なこと、国際社会に日本をアピールする絶好の機会です。

    まずは以前から言っているように中国と仲の悪い国と手を組んで中国包囲網を作るで、親日国家が中国と仲が悪いことに気が付くはずです。 ざっと並べて見ても、「チベット・東トルキスタン・モンゴル・台湾・ベトナム・フィリピン・インド」が、中国と仲良くできることはありません。

    領海や領土や弾圧など色々な理由で仲が悪く、敵の敵は味方と言うように手を組んで日本の良さを浸透させる方が得策で、他にも日本を好きな国と言うのは意外と多いのです。

    例えば、2004年末に起きたスマトラ沖大地(インド洋津波)は、未曾有の被害をもたらしました。 モルディブの首都であるマレ島は、海抜が1.5m程度で平坦な地形だから高潮の被害を受けやすく、過去に浸水の被害を繰り返し受けていました。

    それにも関わらず深刻な被害はありませんでしたが、それは日本の援助で島の周囲に建設してきた防波堤が、押し寄せる波の壁として島を守ったからです。 日本政府は1987年から2002年にかけて数回の護岸堤建設を行い、その日本政府の支援で建設された護岸が大津波からマレ島を守り、被害を最低限に食い止めたのです。

    それについて各メディアが取り上げてくれて、「日本のおかげで助かった」や「日本が作ってくれた、あの壁がなければ今頃マレはない」など、地元住民の方々の感謝の声がありましたが、こういう親日国家と付き合うのが日本の生き残るべき道なのです。

    中国各地で発生している反日デモは「中国政府が容認」で、言論や集会の自由を制限されている民衆が自由にデモを起こすことはなく、必ず政府主導で反日を口実に不満のガス抜きをしています。

    中国当局がデモを容認した背景ですが、一つ目は日本の実効支配が強化されたと言う認識が国内外へ広がっている点、二つ目は中国国内から弱腰外交と批判が出て首相など政府がメンツが潰された点、そして中国が一番危惧しているのは日本の政権交代により次の政権が反中の強硬派になる点です。

    中国における反日デモが拡大しているのは、激しい反応を示すことで次期政権を牽制する狙いで、中国共産党内部でも5年に1度の党大会を控えて権力闘争が激化、民衆の不満を外に向けさせガス抜きを図る思惑、それが証拠に中国国営の中央テレビが対日批判を毎日のように大々的な展開、国が反日感情をあおるからデモは拡大する一方です。

    山東省青島で日系のスーパーや工場が襲われましたが、その中でも激しく襲撃されたパナソニックグループの工場は、放火で焼け爛れた建物や壊された機械類が無残な姿で、工場襲撃の前にはジャスコ黄島店にデモ隊が鉄パイプで窓ガラスを割るなどして侵入、商品を奪ったり施設を破壊したりしています。

    ただし、パナソニックと言えば松下幸之助氏が設立した会社、松下幸之助氏と言えば松下政経塾を設立して民主党の基盤を作った人、だから運命的に見るとパナソニックに関しては因果応報とも言えます。

    しかし、不思議なのが反日デモは日本憎しで行うはずなのに、中国人が中国人の働くお店や工場を襲撃、同じ中国人の職を奪い~破壊や金品強奪をするなんて日本人ならやらないことで、同じ国の人間を憂さ晴らしで襲撃なんて県北みたいです。

    工場で働いていた多くの中国人の方々には、大切な家族がいる、結婚を控えている人がいる、出産目前の人がいる、家のローンを抱えている人がいる、それなのに幸せを奪うことを平気でするなんて、反日デモと言うより日本と仲良くして良い生活している奴らが許せない、そういう不満爆発にも受け取れます。

    2009年に政権交代して親中(親韓)に舵を切った結果、こんな非常事態になった結果を見て日本人も目を覚まし、自国の利益を守る考え方になって親日国家と付き合うようにするべきです。

    今の政権は放置か注視なので外務省の頭の良い方に提案したいのは、馬鹿のひとつ覚えみたいにサンフランシスコ平和条約を持ちだしても無駄で、次の作戦を実行して欲しいのですが、中国は先祖や家族を大切にする国だから、「先祖や家族の名誉や言ったことは守らなければならない」と言う、身内に恥をかかせてはならない部分を攻めるのが得策です。

    何故なら中国共産党の機関紙である人民日報の、1953年1月8日付の紙面に掲載されている記事に、「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」とあり、中国共産党自体が尖閣諸島は日本固有の領土と認めています。

    他にも中国当局が監修して発行された地図(53年~58年~60年~67年)に、「尖閣群島」「魚釣島」などと表記して日中境界線も明らかに日本領土を示している以上、「毛沢東氏や華国鋒氏の決めたことを覆すのか?」と、こう言えば先人の名誉を傷付ける訳にはいかなくなります。

    つまり、毛沢東氏や華国鋒氏が中国共産党の主席だった頃に、「1949年から1971年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」と言う事実を、何度もしつこく言い続けると先人のメンツ以外にも、毛沢東時代の再来を求める国民の不満が政府に向くことになります。

    これらの資料は外務省なら手元へあるか~もしくは入手は簡単なはずで、中国へ配慮している暇があるなら、さっさと国際司法裁判所へ訴えて侵略行為を世界へ訴えるべきですが、政府は何もせずに注視すると言うのは誰もが分かることです。

    なお、尖閣諸島の問題が長引けば日本企業は潤いトヨタや日産は増収増益確定、このままならどんどんと円安へ向かうので企業は一息つけるし、これで中国から撤退&移転の流れが加速するので短期的には日本の損、長期的には日本の得だから心配なのは政府の対応だけです。

    あなたは解決が簡単、そう思えましたか?

    (=v=)ムフフ♪

    PageTop

    田舎暮らし。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様はワクワクしている時の得が素晴らしい、その笑顔により周りの人を元気づけることができたなら、それだけで生きている意味と価値が生まれてきます。

    この世には役に立たない人間なんていないし、必要とされないのに生まれてきた人もいません。 素敵なあなたがいるからこそ、「よし、頑張ろう!」と思える人は大勢います。 私は素敵なお客様にお会いできることが幸せ、素敵なお客様がいるからこそ生きている実感が湧きます。

    それは誰にも相手にされない人生で棺桶か刑務所と言う人生だったのが、微々たるモノですが誰かに喜んで頂ける人生へ変わり、それが本当に嬉しくて嬉しくて今までとは違う人生を歩めるようにして頂いた、全ての素敵なお客様に感謝しています。

    このように人は自分に無いモノを求める為、気が弱い人は気が強い人に憧れる、そんな感じで自分が体験したことが無いモノや自分が持っていないモノを、欲しい&良いと思うこともしばしばあります。

    その良い例が「都会育ちの田舎暮らし」で、東京など都会に住んでいる人が田舎暮らしにあこがれて、定年後や早期退職を期に田舎で生活を始めると言うのが大流行りです。

    都会で育った人が思う田舎暮らしとは空想や夢想に近い感じで、自然の中でのんびり暮らす、田舎の純朴な人と和気あいあいと生活できる、田舎は都会と違い人間味あふれる理想の生活ができる、そんな幻想に騙されて地獄のような絶望へ落ちて行く人が多いことを書きたいと思います。

    まず、住む場所からして耐えられる訳が無いのですが、コンビニもスーパーも車で30分以上かかる一軒家で、風呂は釜炊き~トイレは汲み取りと言うだけでも想像できないはずです。 北の国からを見て「五右衛門風呂も良いよ」と思う人は甘いのですが、風呂を焚くのがどれだけ大変なのか、蛇口を捻ればお湯が出る生活の方が良いに決まっています。

    トイレだって田舎の汲み取りは家の端にあるのはまだマシな方で、一度家の外へ出てトイレだけの建物へ行くのが主流ですから、夜トイレに行く時は懐中電灯がいる生活、そして汲み取り便所に夜行くと便器の中から何か出てきそうな恐怖、絶対に都会の人では耐えられません。 私の通った小学校のトイレに入れる女性は、県南には存在しないと言い切れます。

    そして村社会に慣れるのも大変ですが、田舎ゆえに慣れたらと親しくなれると思うのは早計で、不在でも勝手に家に上がり込んでいることは日常茶飯事、毎日夕食を一緒に食べるようなこともしばしば、プライベートなんかありません。

    朝起きてから夜寝るまで監視されているのと同じこと、「昨日はカーテンが開くのが遅かったけれど、どうしたの?」とか、「この前は誰か来ていたようだけど、何の話だったの?」など、完全に行動を監視されます。

    それに田舎はすることが無いから人の噂話が格好の楽しみで、仮に「昨日は東京で友達と会ってきました」なんて言ったが最後、「ねぇねぇ、ちょっと聞いた! ○○さんは昨日、東京で男と会って来たらしいわよ。 まだ、男と切れてないから知らぬは御主人だけね。」と言う話に100%変換された上に、間違いなく100%真実として御主人へ伝えられます。

    そして田舎で畑と言うのもかなり制約が多く出荷する為の農作物は非常に難しい、その理由は地域で同じモノを作ってはいけない~競合するモノを作ってはいけない、その掟を破ると村八分どころか脅迫や嫌がらせは必ずあり、役場からして誘致するくせに都会の人を毛嫌いします。

    そして自分たちが食べるだけならいいだろうと言うのも大間違いで、もしも雑草が生えたり虫が湧いたりして近所の畑に迷惑を掛けようものなら、出荷予定分をダメにしたと言うことで、一部だったとしても畑全体の損害賠償請求をされます。

    素人に農業は無理なのですが、その理由は自分の畑の周りと同じ農法が大原則だからで、同じ農法をしないと畑をコントロールするのが難しい、そうなると農家の人と同じレベルで無いと無理だから、都会の人に農作業は出来ないのです。

    また、地域の付き合いで冠婚葬祭は延々と集めに来ますが、「Aさんところのお姑さんの御主人の親戚の妹の旦那さんのお婆さんの姉が亡くなったから香典を!」など、「どれだけ集めに来るねん?」と言うくらいお金を集めに来ますが、その取り立ては闇金の取り立ての方がマシと言うくらい厳しいレベルです。

    それに田舎暮らしを始めた都会の男性が必ずハマることがあるのですが、一つ目はギャンブルでパチンコに凝る人がかなり多いのです。 何故なら田舎暮らしのストレスから、ついつい興味がないはずなのに~時間潰しに少ししただけなのに、いつの間にかアリ地獄のようにパチンコにハマります。

    そして二つ目は不倫や浮気で田舎の関係は密接になりやすいから、隣同士で奥さんを共有なんて当たり前の話、私が勤めていた工場はW不倫なんて日常の風景で不倫のどこが悪い、女性は村の男の共有物だからみんなで○○○、こういう考えは絶対に無くなりません。 TVや雑誌などはいい加減だから「田舎暮らし最高」と言いますが、「じゃあ、あんたらが住んでみれば?」と言いたいです。

    最後に30%と70%と言う数字をあげておきますが、最初の30%と言う数字は「田舎暮らしを始めて3年以内に都会へ戻る人の割合」で、100人中30人は3年以内に都会へ戻っている現実があります。

    そして70%の方はもっと悲惨ですが、田舎暮らしを始めた人の中で「都会暮らしに戻りたいけれど戻れない人の割合」です。 これは戻りたくても家を処分して仕事も辞めてしまって、いまさら戻れないから田舎で生きていくしかない、そういう潜在的に田舎暮らしを後悔している人の割合です。

    あなたは田舎暮らし、本当に良いと思いますか?

    /(・。・) 了解!

    PageTop

    諺の意味。

    おはようございます。 今日は日曜日ですが仕事でも休日でも素敵なお客様には、いつでも幸せが山のように降り注ぐと信じています。 人は今が幸せと言うことに意外と気付かないのですが、病気になって死と向き合ったり不自由を強いられたら、そこで始めて健康に気が付くといった具合です。

    そうならない為にも常日頃から注意しなければならないのですが、平穏無事な時には不平不満が溜まりやすいのも事実です。 日本には昔から諺と言って観察と経験と知識の共有により長い時間をかけて形成されたモノがあり、その多くは簡潔で覚えやすく言い得て妙で、ある一面の真実を鋭く言い当てています。

    日本の言葉には言い得て妙が多く「はなむけ」と言う言葉は、昔は馬に乗って旅に出ることも多く、これから向かう方向に馬の鼻をむけて送る人達が道中の無事を祈ったことが始まりです。 馬の鼻を進行方向へ向けることが「はなむけ」で、それから「餞別・贈り物」の意味に用いられるようになりました。

    諺も同じく詳細な説明の代わりとして、もしくは説明や主張に説得力を持たせる効果的手段として用いられる表現方法の一つです。

    例えば、「馬鹿とはさみは使いよう」と言う諺は「おろかな者でも、使い方がよければ役に立つと言うこと」で、言うなれば今の政治家と官僚にピッタリです。 円高を招いて企業が倒産寸前、領土問題で反日デモが拡大して日本人が襲われ続けても知らん顔、まさに「馬鹿」の部分ですが政治家や官僚の中にも「はさみ」となるべき人材はいるはずです。

    ただし、残念ながら正しいことをしようとした場合に見栄やメンツやプライドから、正しいことをしようとする人を寄ってたかって潰してしまう、そんな人だらけなのが日本社会の問題です。

    ここのところ尖閣諸島や竹島など領土問題が騒がれていますが、解決は簡単なことなのに「善意の遠慮」が逆に日本の立場を窮地へ追い込んでいます。 尖閣諸島への中国や台湾の船を何故取り締まれないのか、それは国連海洋法条約で「領海内で活動をする公船に、退去要求以外は何もできない」と定められていて、日本は規則をきちんと守っているからです。

    だから日本も中国や韓国の領海内へ公船で行けば何もできない、そう思うのは早計で実際にそんなことをしたら中国も韓国もすぐに銃撃や砲撃をしてきます。 世界中で規則をきちんと守るのは日本と言う国民性が温和で優しいからで、他の国はすぐに銃撃か砲撃と言う野蛮さと攻撃性があるので話になりません。

    では、どうして尖閣諸島で揉めるかと言えば、1968年の海底調査で海底資源が埋蔵されていることが判明したからで、それまで中国も台湾も尖閣諸島は日本の領土として何も言わなかったのに、調査結果が出た瞬間に中国も台湾も領有権を主張しはじめたのだから、「海底資源は俺たちのもんじゃあ~!」と言うことです。

    仮に「尖閣諸島は日本の領土と認めたら、海底資源は中国へ譲渡します」と言ったら、中国がどういう態度に出るかが見物ですが、自国の利益になるなら何でもありが世界の常識で、日本人の優しさである「善意の遠慮」は世界では通じません。

    日本は国連による国連憲章第6章による「紛争の平和的解決」を求めていて、軍事的手段による解決を否定しています。 そして安全保障理事会は、武力による紛争解決を図った国に対する軍事制裁など、国連憲章第7章に基づく行動を決めることができます。

    だから中国の威嚇や恫喝は国連的には問題で、中国は常任理事国だから拒否権を持っていますが、第27条3項により「但し、第6章及び第52条3に基く決定については、紛争当事国は投票を棄権しなければならない」とあり、中国が武力による尖閣諸島問題の解決を図った場合には賛否すら表明できなくなります。

    小泉内閣の時に民主党は「尖閣諸島にヘリポートを作れ」と言っていたのに、今では真逆のことをしているから政治家は掌返しが得意技で、自民も海上保安庁が尖閣諸島へ作った仮設ヘリポートを撤去させたのだから同類です。

    こんな状態だから次の選挙では日本維新の会(大阪維新の会が母体)が、橋下党首を中心として台風の目になりそうですが、ここも寄せ集めでかなり抜けている面があり、肝心の維新と言う政党名を9月まで登録していないなど穴が目立ちます。

    日本では所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を、5人以上有するものが政党を名乗れるのですが、政党名は早い者順だから私が国会議員なら先に維新を登録して、「維新の名前が使いたいなら交渉次第ですね」と大阪維新の会へ付きつけ、交渉のカードとして有利に運びます。

    つまり、政党名の登録のことすら頭から抜け落ちている人たちと、そこを攻めることすら頭にない人たちが議席を争うのですから、民間が自力で立ち直らないと日本の未来に明るさは見えません。

    なお、似たような諺として「阿呆とかみそりは使いようで切れる」があり、「人は使いようで役に立つもので、人使いの上手い下手の差は大きいものである」と言うのは、今度の選挙で日本国民が誰を選ぶか~どの政党を選ぶのか、それに当てはまる諺ではないかと思います。

    今回の尖閣諸島に限らず竹島の時もそうですが、中国や韓国は必ず反日デモを行い日本製品の不買運動~破壊~暴行を必ず行い、現地にいる日本人に必ず危害を加えて日本人をものすごく攻撃しますが、日本では不買運動が起こることも無く逆に中国や韓国の人が困っていたら助ける、ここに国民性と人間性の差が表れています。

    最近は海外旅行の相談を受けた時に危険な国へ旅行するなら、どんな目に会っても自己責任ですよとお答えしていますが、この状況で行こうと思う方がどうかしています。 目先の損得ばかり考えずに大局的に見ないと、日本の子どもたちに明るい未来は無い、それを親の立場にある人ならば理解するべきです。

    あなたは諺の意味を、面白いと思いますか?

    ヽ(´~`; ォィォィ

    PageTop

    筋を通す。

    おはようございます。 13日のブログでSMAPへ行くと書いたら、「私も行きます」と言う声がちらほらあり、SMAPのファンも多いなぁと思いました。 実はSMAPに関しては1日だけにしようか~2日とも行こうか、それについて悩んでいるのは嬉しい悩みです。

    さて、今日は女性の方には全く関係の無い男性向けで、それも男性についての独り言だから女性の方は読まずにスル―して欲しい内容で、もしも読むのであればさらっと軽く読み流して下さいね。

    素敵なお客様には運命の御加護がある、そう言い切れるのは根拠がないようであるのですが、それは運命が味方しているからです。 生きるとは誰かの役に立つことで、誰かの邪魔や嫌がらせをする為に生きていると運が良くなるはずがありません。

    平成の今では時代遅れと言われそうですが「筋を通す」と言う言葉が意外と重要で、多くの日本人は理解が難しい&聞いたことがないと言う言葉かもしれませんが、ここで示される筋とは筋道のことであり~筋道とは道理のことで、早い話が「筋道を通す=道理を通す」となります。

    これは普通の感覚(常識やマナー)を持っていれば分かることですが、誰かに迷惑を掛けたら謝る~誰かに助けて貰ったらお礼をする、この様に物事の正しい筋道の事を「道理」と言います。

    筋を通すとは物事の道理やルールに沿って行動する、もしくは結果を出すとの意味になるかもしれませんが、この説明では言葉の使い回し的にちょっと難しいかもしれません。

    物事の道理やルールとは、「失敗や過ちを犯した時は、何かしらの形で罪を償わなければならない」や、「誰かに世話になったら、それなりの対価を払わなければならない」など、人間関係において基本的な法則のことだから、筋を通すとは人として決められた気持ちの良い法則に従うことかもしれません。

    ただし、タチが悪い相手で失敗や過ちを犯した時に言う「筋を通せ」とは、「金品をよこせ・体罰を受けろ」などの遠まわしな表現で、こういう時は「そんなに筋通したいんやったら、出るとこ出ようやないかぁ!」と言って下さい。 (出るとことは、司法・警察を意味します。)

    まぁ、普通の世界で生きていると遠まわしに言わざるを得ない、そんなダーティな要求や行動をすることは無いはずで、クリーンな場では「出るとこ出よか!」なんて余り使う機会の無い言葉です。

    この筋を通すとは心理的に大変な場合が多いのですが、それを乗り越えるのが大人として~人として大切なこと、その苦しみを乗り越えたなら運命は御褒美を与えてくれるのですが、そうでない場合は痛い思いをすることになるかもしれません。

    例えば、あるカップルが二人で鑑定に来られたのですが、その彼は占いに興味は無いし霊視も信じていない、それでも彼女が言うのだからと付いてきて~色々と父親攻略法を聞いて、帰る時も彼女が言うのだからとお願いトトロにお願いする、男としては恥ずかしい気持ちがあったはずですが、彼女の為にと言う心意気はまさに粋な男です。

    そして結婚の挨拶へ行った後も結果報告をしてきたのですが、結婚の挨拶前に作戦を聞きに来て~挨拶終了後はお礼を言いに来る、こういう細かなことがきちんとできる男性は結婚しても平穏な生活ができます。

    こういう筋を通すことが日常でちゃんとできたら100点満点とは言いませんが、間違いは少なく万が一に過ちを犯したとしても謝罪をすぐにできるし、同じ間違いはしないようにできるだけの配慮もあります。

    筋を通すことができずに問題が表面化、それにより物事が複雑に絡みまくってしまう、最初に筋を通して話しておけば問題が無いのに、最初に謝罪しておけば軽くて済むのに、面倒だから~嫌だから~苦手だからと後回しにすると、相手が怒り心頭になったり見放されたりします。

    私もダメダメ君だから人のことは言えないのですが、筋を通さない人間になったら誰にも相手にされなくなります。 自分が未来でツケを払うだけで誰にも迷惑をかけないと言うかもしれないけれど、信用を失ってしまったら歳を重ねるほどに後悔は痛みと共に続きます。

    N市のIさん、寄付の神様、H社長などは、男として筋を通す~弱気を助け強きを挫く~義を見てせざるは勇無きなり、この言葉を実践できるだけの人間性と人格を持っているから、筋を通すことがきちんとできて誰に対しても恥ずかしくない生き方ができます。

    男性鑑定をしていると不思議な共通点があり、その一つが最初はあれこれと一生懸命でも途中から急に音信不通、何故かと言えば「裏で悪いこと、心に疾しいこと」など筋の通らない状態の時には音信不通、早い話が悪いことをしていると顔を見せなくなるから本当に分かりやすいです。

    最後になりますが、明日も何とかブログを更新しますので、よろしければご覧くださいね。 m(__)m

    あなたは筋を通す、それがちゃんとできていますか?

    \(*^▽^*)ノ ハーーイ

    PageTop

    自分の可能性。

    おはようございます。 今月は北海道や東京などで倉敷へ居る時間が少ない為、ブログの更新は極力します。 先日もブログの更新が少ないのは寂しいとのお手紙もあり、9月はできる限り更新する気なので、明日もブログは更新するので宜しくお願い申し上げます。 m(__)m

    さて、奇跡と言うのは誰かが起こすモノではなく自分が起こすモノ、その奇跡とは日頃の積み重ねによりタイミングなどが合った瞬間に突然起こるモノ、何もしていないのではなく何かしているからこそ起こる、それこそが奇跡だと思うのです。

    素敵なお客様には明るい未来があるから、諦めること無く突き進んで頂きたいと思うのですが、それは念ずれば宝くじが当たるとかネズミ講で大儲けすると言うデタラメではなく、日頃から努力していることが花開くと言う意味です。

    私は素敵なお客様の夢はきっと花開くと信じているのですが、それは無茶苦茶に盲信している訳ではありません。 私は素敵なお客様の未来を信じるだけの確信があるのですが、それは根拠がある訳ではないけれど確実に近いモノです。

    昔のTV番組で王様のレストランと言うのがありまして、その第4話の後半にてシェフ(山口智子)とギャルソン(松本幸四郎)の会話が、まさに素敵なお客様の未来を予感させる、その通りの言葉だとしみじみ感じてしまう言葉です。

    そのシーンで二人が言い合いになった時、シェフ(山口智子)がギャルソン(松本幸四郎)に、「言っときますけどね、私はただの三流のコックですからね。」と言うと、ギャルソンは「そうです。 しかし、あなたには可能性がある。」と言います。

    そのあとシェフはすかさず「ない!」「ある!」と言い合いが続き、業を煮やしたシェフが「悪いけど、私は自分のことをよ~く知っているんです。」と、ギャルソンに近付きながら言います。

    するとギャルソンは「あなたは自分のことしか知らない、私は100人のシェフを知っている。」と言い、シェフはその言葉を聞いて黙ってしまいます。

    このシーンを思い出す度に痛切に感じるのですが、人は自分のことを知っていると言うのは本当かも知れないけれど、自分が知っている自分だけのことであり、本当の才能や実力に気付いていないだけではないのかと思えるのです。

    自分が自分のことを知っていると言うのは誰も反論できない事実かもしれないけれど、それは自分が知っている範囲のことであり、周りから見てどのように思われているのか、周りから見てどのような才能や実力が見えているのか、そこにあるのは自画自賛では無く真の実力や才能があるのです。

    だからこそ素敵なお客様にはもっともっと自分の秘めている可能性を、磨き上げるも良し~開花させるも良し、人生は一度切りなんだからすることはして~やれることはやって、その後に起こる自分の変化に驚いて欲しい、自分の秘めたる可能性が成し遂げることに感動して欲しいと思うのです。

    人は自分にできることをできないと思い込む癖があり、それは自分の中にあるモノ(才能や実力など)に対して嘘を吐くこと、できるのにできないと言い訳を作り失敗した時のことを考えて、失敗しないように生きていることになるのかもしれません。

    私は県北でいじめられて自殺まで考え、おまけに田舎だから仕事も無く建設現場で働くしかない、棺桶か刑務所が行きつく先の人生だったのに、県南へ出てきて多くの素敵なお客様に救って頂いた、何も無いはずの人生に光を灯してくださった、そのことは一生忘れることの無い感謝の思いで一杯です。

    いくら霊視とは言え目の前にいる相手のことが100%分かる訳ではないし、100%のあなたを理解できる訳でもありません。 しかし、素敵なお客様のことを100%理解しようと努力することはできるし、素敵なお客様が気付いていない自分の可能性を開花させるお手伝いはできます。

    御相談をお伺いしている時に気になること、それは「素敵なお客様には可能性がある」と言うこと、そして可能性があることに気付かずあきらめていると言うこと、それは生まれてきた以上は勿体ない話で、夢があるのに諦めるのは人生において大いなる損失だと思うのです。

    先ほどの王様のレストランの言葉を借りるのであれば、「私のことは私が一番よく知っている」と素敵なお客様より言われたなら、同じく「あなたは自分のことしか知らない。 しかし、私は1万2千人以上の女性を鑑定してきました」と言い切れます。

    これだけの人数の女性とお会いして視て来た私が、「素敵なあなたには素晴らしい未来がある」と言うのですから、騙されたと思って少しは信じて努力しても間違いではないと思うし、動くことにより変わる未来へワクワクしても罰は当たらないと思うのです。

    人生は自分が動いて叶わない夢は意外と少なく、大きい小さいを別にすれば多くの夢が叶っているはずです。 それなのに人は叶った夢には感謝が無く~叶わない夢には不平不満がある、それでは応援しているはずの運命もガッカリしてしまうはずです。

    よく考えれば分かることですが、HPにアクセスして~このブログを読んで~鑑定へ行こうと思う、そういう女性は運命が後押ししたい未来があるからこそ、輝く可能性を秘めているからこそ、鑑定へ行こうと思えて一歩踏み出せるのです。

    未来で夢が叶わない人や人生が輝かない人になりたければ、その一番簡単な方法は何もしないこと、何もしなければ失敗も無い代わりに成功もない、動かなければ何も考える必要は無いから、毎日を何も考えずに過ごして行けるはずです。

    ただし、その先にあるのは何もせずに動かないままで不平不満を言って、あごの筋肉を動かして鍛えているうだつの上がらないオヤジたちと同じで、あごの筋肉だけ発達して愚痴と不平不満を言い続けるだけの人生で終わります。

    あなたは自分の可能性に、どこまで気付いていますか?

    (≧ω≦)b OK!!

    PageTop

    ジャニーズ。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、かなり過ごしやすい気候の気配もでてきたので、これから東京の街を歩くのが楽になりそうだから、デジカメが活躍できそうです。

    さて、今回の東京出張では、タッキー&翼の10周年記念(東京ドーム)へ行って参りましたが、どうこう言われていてもジャニーズの集客力は掛け値なしの本物で、入場も東京ドームの階段幅と同じだけの行列だから嘘みたいな人でした。 グッズを買うのも最大7時間待ちで水道橋から飯田橋まで行列、例えるなら岡山駅⇒柳川交差点や倉敷駅⇒大原邸と言う距離です。

    このタッキー&翼とは「滝沢秀明、今井翼」の2人で構成する男性アイドルデュオで略称は「タキツバ、滝翼」です。 ジャニーズ事務所の社長は当初、タッキーのソロデビューを計画、ところがタッキーが今井と2人での活動を希望した為、「タッキー&翼」を結成⇒CDデビューとなりました。

    しかし、交流を持つようになったのはデビューする3年前からで、ジャニーズJrの頃は「お互い喋らず、避けていたところがあった」らしく、この件はCDデビューを記念した東京ドームのコンサートで開演直後にVTRにて公表されました。

    この辺はファンの方の方が詳しいはずですが、二人ともJr.後期ではものすごく仲が悪かったけれど、滝沢から「二人でやっていこう」と持ちかけられ和解⇒デビューとなりました。 以上のような経緯から、どうしてもタッキー(滝沢秀明)の方が主導権を握ることになりますが、基本は二人同格と言う位置づけらしいです。

    なお、ジャニーズ事務所とは日本の大手芸能プロの名前で、名称の由来は喜多川擴( ジャニー喜多川)のアメリカ国籍でのニックネーム「ジャニー」から採った「ジャニーズ」に落ち着いたと言う話です。

    そしてジャニーズのチケットは取りにくいことでも有名で、ジャニーズは分社化したコンサート事務局が、所属タレントのコンサートや舞台等の主催~企画~チケット販売などを行い、所属タレントのコンサートは「ジャニーズチケット販売約款」との独自な規約があり、チケットの販売方法は通常とはかなり異なります。

    コンサートチケットはファンクラブ会員に最優先で販売され、一般プレイガイド発売も行われないことが多く、SMAPや嵐はファンクラブでも取るのは至難の技で、アリーナAなど前の席は関係者か本人と知り合いでない限りほぼ不可能です。

    ジャニーズのチケットを手に入れるのが難しい理由は「人気がある」のも事実ですが、ファンクラブに入らないと入手できないようにしていることや、チケット転売に厳しい対応を取っていることもあります。

    そしてファンの大部分が納得いかないであろう厳しい処置、それは何らかの事情(天候や震災や病気など)により公演ができず振り返られた時、そして追加公演が発表された時に追加や振替で当選した場合、その振替や当選チケットの購入を拒否した場合は、「当選したチケットの購入を個人の意向でキャンセルした」とみなされます。

    それ以後は一切のチケット購入&チケット抽選の対象外となりますが、ジャニーズ事務所やタレント本人の事情で公演振替の場合でも、大震災で家が無くなったり肉親が死亡した場合でも、「購入できないのは全てファン自身の責任である」との定義が、厳し過ぎると言う声が多いのも事実です。

    また、ジャニーズが珍しいのは基本的にタレント自身が構成を考える点で、コンサートに関して構成作家は存在せず、タレントによっては衣装~セットデザイン~踊りの振り付けなど、全てを自身でするこだわりがあります。

    ただし、1995~1999年頃は複数のグループが、同じセットで公演を行いましたが、それは複数のグループが年3回のコンサートツアーを行っていたので、グループごとに変更するのは限られた日程や経費では不可能であったこと、当時は中高生のファンが多く「お小遣いでチケットを」と、比較的安価に設定されていたので経費を掛けられませんでした。

    2012年現在では、どのグループもコンサートツアーは年1〜2回しか行わない為、このようなことは起きません。 今は同じ会場で別グループが公演を行ってもセット変更していますが、例外的にジャニーズカウントダウンライブは、年末年始のKinKi Kidsの公演を挟んで開催の為、セットチェンジが不可能と言う理由でセット併用するのは仕方がありません。

    そしてタッキー&翼の東京ドームの感想ですが本当に超満員で、何と言ってもゲストが多く一枚のチケットでたくさん見られたのはお得で、キスマイ~ABC-Z~山Pなど後輩たちも含めて200人以上が出てきて、誰が誰だか判別できません。

    それにファンの熱狂度もハンパじゃなくて、アリーナ最前列の50~60代のオバサマグループも、「タッキー! ツバサく~ん!」と声を張り上げていたので、老若男女に愛される人気の高さを見習いたいと思いました。 (後ろから見ていて呆気に取られるくらい、オバサマ方は弾けていました。)

    次はSMAPなので今からワクワクしていますが、更に凄いステージで~どれだけの異次元空間なのかを楽しみたいと思います。 男性も食わず嫌いをせずにジャニーズのコンサートへ行ってみると、学ぶべきことはたくさんあるし~活かせることもたくさんあると思います。

    あなたはジャニーズのコンサートへ、行ってみたいですか?

    ( ̄ー ̄)ゞ-☆イエッサー

    PageTop

    野生。

    おはようございます。 本来は東京より帰ってからと思いましたが、北海道で気持ちの良いことがあったのでお裾分けできたらと思い、急いで作業したので何とかブログとデジカメの小部屋の更新ができそうです。 今回の北海道は色々ありすぎたので、もう一つの話は東京より帰ってから更新します。 (デジカメの小部屋は、午後3時頃までにはUPします。)

    さて、今回のデジカメの小部屋の画像は洞爺湖が中心ですが、この洞爺湖(とうやこ)は北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖で、支笏洞爺国立公園に含まれ~2008年の日本百景に登録されています。 洞爺カルデラ内にできた湖で面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖~支笏湖に次いで3番目の大きさです。

    東西約11km~南北約9kmのほぼ円形の湖で、中央に浮かぶ中島(面積4.85km²)の最高点トーノシケヌプリ(標高455m)を中心として、東北東~南東~南南西にかけての領域が壮瞥町で他は洞爺湖町の区域で、中島には昭和35年頃までは2世帯6人の家族がいたようです。

    この「とうや」とはアイヌ語で湖の岸を意味する言葉「トヤ(ト・ヤ)」に由来、湖の北岸を指す地名だったことから和人はその北岸を向洞爺と呼び、洞爺を湖の名にしてアイヌの人々は洞爺湖のことを「キムント(キム・ウン・ト)」(山の湖)と呼んでいました。

    洞爺カルデラは約10万年前の最終間氷期に数回の噴火を経て形成、最後の大規模な噴火による降下火山灰は北海道から東北にかけての広い範囲の地層に見られ、カルデラ壁周辺には火砕流堆積物による台地も形成されているので、大地のパワーと言う点ではまさにパワースポットです。

    元々の洞爺湖は極貧栄養湖で透明度は高かったけれど、閉山した鉱山廃水の他にも南岸の洞爺湖温泉街をはじめとして排水の流入が増えたので透明度の低下が著しいです。

    ここは漁業もあり、在来種はアメマス、ウグイ、ヨシノボリ、ハナカジカ等で、現在までにワカサギ、ヒメマス、ニジマス、サクラマス、コイ、ブラウントラウト等が漁業および遊漁を目的として人為的に放流されています。

    このヒメマスは阿寒湖から1893年に最初の放流が行われ、1908年には支笏湖からの放流もありました。 そしてワカサギは1912年に霞ヶ浦から移植、ニジマスは1926年に~サクラマスは1928年に千歳孵化場から移植さました。

    デジカメの小部屋にもある中島のエゾシカについてですが、現在中島にはエゾシカが多数生息しているけれど、最初から中島に生息している訳では無いようです。 中島にエゾシカが生息するようになったのは、日高地方から1957年にオス1頭+1958年にメス1頭、そして1965年に妊娠したメス1頭の計3頭が島に導入されたからです。

    後に個体数が増えて最大400頭超となりましたが、島内の食料となる植物が減少したので個体数の増減を繰り返しています。 そして外来種であるエゾシカを導入したから、中島に生息していた在来生物が消滅&絶滅している可能性も指摘されています。

    ここはフェリーで渡ることができるのですが、甲板へいたら鳥が飛んできたりして気持ちが良いです。 この甲板で写した写真の中に偶然に撮れたベストショットの一枚があり、これはもう一度撮れと言われても無理で、個人的には結構良いなと思う一枚です。

    船から降りてついでだからと「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」へ行きましたが、ここは2008年夏に開催の第34回主要国首脳会議(サミット)において、首脳会議開催会場に利用されたことで一気に知名度が上がって利用者が増加しました。

    話のネタにサミットで各国首脳が並んだ場所へ行ってみましたが、別に何の変哲もないキャビンで特に変わった場所ではありません。 別に政治家に会ったところで嬉しい訳でもないし、仮に政治家に会ったところで感動できる訳でもないので、ここは単なる客寄せでわざわざ行くほどでもないと思いました。

    しかし、ウィンザーホテルやサミットキャビンに意味は無くても、行ったことに意味があったと思える出来事があり、それはウィンザーの屋外駐車場で野生のキタキツネに出会えたからです。 TVで見たことはあるけれど実物は初めてで、この姿を取る為に何ヶ月も撮影する時もあるのに、野生のキタキツネの方から近寄ってくるとは非常にラッキーです。

    このキタキツネ(北狐)は北半球に広く分布するアカギツネの亜種で、日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息します。 名称「北狐」(きたきつね)は1924年(大正13年)に、岸田久吉が樺太に生息する本種に対して命名したのですが、その後に北海道と千島列島南部に生息する本種も「北狐」と呼称されるようになりました。

    なお、キタキツネはアイヌ語で、「チロンヌプ(cironnup)、スマリ(sumari)、キモッペ(kimotpe)、フレプ(hurep)」など、多様な呼び名があります。

    1978年(昭和53年)公開のドキュメンタリー映画「キタキツネ物語」で、よく知られるようになったのですが、本州・四国・九州に生息するホンドギツネよりも全体的にやや大きく、耳の裏と四肢の足首の部分が黒いです。 (画像を見ると足首が黒いのは、キタキツネの証拠です。)

    北海道の平地から高山帯まで広く生息していて、ネズミやエゾユキウサギ~鳥類や昆虫などを主に食べますが、秋になると果実や木の実も食べるようです。

    その生態は土手などに穴を掘り巣穴として、春先に子どもを産み~秋にかけて雌が育て、雄は単独で行動して子育てはしません。 近年では青森県でも目撃されるようになりましたが、それは青函トンネル内の監視カメラなどに映っていることから、55km以上もあるトンネル(内部は通年気温20℃、湿度95%)を通っていると思われます。

    車から降りた時に視線を感じて、ふと目を向けるとキタキツネがお座りしていて、私と目が合うと近寄ってきて写したのがデジカメの小部屋の画像ですが、この時に「おぉ、カワイイ!」と思いましたが、それと同時に「触ってはいけない+触れてもいけない」と緊張しました。

    もしもキタキツネの頭や身体を撫でたりしたら、もしもキタキツネが甘えてきてズボンや服に身体を擦りつけたら、私は病院へ直行して検査を受けなければならないし、服は捨てるしかなくなります。

    何故なら、キタキツネはエキノコックス(寄生虫)の最終宿主だからです。 キタキツネの糞便と共に排泄されたエキノコックス(虫卵)が人へ入ると、体内へ寄生してエキノコックス症を引き起こします。 早期に発見なら治療は可能ですが、発見の遅れや手術の難しい部位への寄生だと、最悪の場合は死に至る可能性も大いにあります。

    感染と言うのはどこでどうなるかは分からないので、特に動植物の場合は必ず感染すると思っていた方が安全で、仮に頭や身体を撫でようとした時に豹変して噛みつかれたら、間違いなくエキノコックスは体内へ入ると考えてくださいね。

    長くなるので一区切りとしますが、北海道では初日にもう一つの出来事がありましたので、そちらは東京より帰ってからにしたいと思います。

    あなたは野生のキタキツネに、出会ってみたいですか?

    V(○⌒∇⌒○) ルンルン



    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は9月13日(木)から再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    男の考え方。

    おはようございます。 昨日は半日掛けて移動~北海道(苫小牧出張)より帰ってきましたが、早くも金曜日から東京出張なので北海道での出来事やデジカメの小部屋にある画像については、東京より帰ってから更新(解説)となりますが色々と大変な出張でした。

    今回の3日間は危険な予感があったので初日の予約は2名のみで、その2名の素敵なお客様のどちらの方にも感動を頂く出来事があり、今後は北海道へ定期的に行かねばならないと決心するほどでした。 この件については後日詳しく書きますが、素晴らしい方々とお会いできた感動の初日でした。

    そして9月頃になると2013年の新年会の会場探しを始め、一度はお店へ行って最寄り駅からの道程や二次会の会場までの歩行距離など、色々なことを考えながら決めるのは楽しいです。 (9~10~11月で7店舗くらいを検証して、12月に発表と言う流れです。)

    そして当然ですがお守りプレゼントも「どこの御守りにしようかな?」と考え始め、2013年1月1日と言う年の初めに素敵なお客様が喜んで頂ける、それを考えると責任重大と言えば大げさかもしれませんが、素敵なお客様の笑顔が私にとっての人生の喜びです。

    素敵なお客様に喜んで頂ける、素敵なお客様がハッピーな気持ちになれる、素敵なお客様が未来で必要とされる自分を実感できる、そのお手伝いができるのはものすごく嬉しいことで、素敵なお客様がいるからこそ私は生きていられると思っています。

    今年のお守りプレゼントの効果は過去最高だったのか、「2012年1月1日に御守りを受け取った時には彼がいなかった」と言う条件で、2012年8月31日までに「結婚が決まりました(婚約しました)」との報告は5人です。

    これを「たった5人…。」と思うのか、「5人もいるの~!」と思うのか、それは人それぞれに色々な考え方があるのでしょうが、御守りを受け取っても効果がある人と無い人の違いは何なのか、それに付いて考えて見ると彼ができない理由が判明するかもしれません。

    正確に言うと「彼ができない理由」とは「恋が始まらない」が正しいのですが、自分で自分のことは見えづらいけれど人から見ると自分のことは丸分かり、自分で自分のことは意外と分かりづらいと言うのも真実の一つです。

    先ほどの御守りプレゼントで効果が出ない人に共通することは無いに等しく、どうして効果が無いかは人それぞれですが、強いて言うなら御守りの効果が無いとわざわざ電話を入れてくる人はアウトかもしれません。 (←ネタです。)

    冗談はさておき、いくらお守りの効果が+100ポイントであっても自分の行いがー100ポイントだと、差引ゼロだから効果が無いに等しくなります。 だからこそ日頃の行いが大切になるのですが、自分で自分のことは見えにくいのが難点です。

    年間で2000人くらい鑑定していると視えてくる「彼氏ができない理由」とは、そんなに難しく考えなくても、「自分が良いと思うことを相手に押し付けない」も理由の一つです。

    素敵なお客様には良いことだけお話ししたいのですが、それでも時には耳に痛いことを言わないといけないかもしれない、そうなると話をボカしたり~逸らしたりしないといけない、それにより遠回しにやんわりとお話しすることになるのですが、そうなると気が付かない場合もあるのでさじ加減が難しくなります。

    この辺の説明を分かりやすくしたいのですが、どうしても注意するような場面になると、否定言葉などが発生するので優しい説明になりづらいのが難しいところです。

    例えば、新幹線や飛行機に乗る人に対して大きな花束をプレゼントすると、移動の時に「どれだけ迷惑になるか?」を考えないとダメで、そういう時は箱入りのお菓子など荷物にならない小さなモノをお土産にするのが正解です。

    他にもよくあるのが、忘年会などの集まりで主催者がお手伝いなど係を決めているのに、「人手は多い方が良いでしょ!」と頼まれないのに勝手にお手伝いを始めるのはアウト、それをやる女性で良い恋をしている人は少ないはずで、どちらかと言えば辛い恋をしている方が多いはずです。

    では、お手伝いをするのは良いことなのにどうしてダメなのか、それは余計なお手伝いをすることで本来の係である人の邪魔をしていることや、頼まれている人の仕事を奪っていると言う非礼に気付かない、そういう非礼をしていることにすら気付かないから良い恋が遠のきます。

    会社のお花見やBBQ大会などで「あの人は何も手伝わないのに良い顔ばかり」と、手伝わない女性が人気になっているのを不快に思うかもしれませんが、男から見れば係じゃない人は手伝わないのが正解だから、手伝って欲しいと言うシグナルが出ている時以外は手伝わない、その方が男から見れば普通のことに見えるのです。

    男は一度に色々な考えができないし気が回らないので、「最初に決めた段取り」を守りたいので、その流れからズレルと嫌な感じを抱いたり~余計なことをすると思うから、「彼ができない=気付かない面を改める」と言うことになります。

    このような場合にお手伝いをしたいのなら事前に申し入れる、そうでないなら自分の手持ち無沙汰を誤魔化す為のお手伝いはしないこと、心から手伝うのと暇だから手伝うのでは意味が違います。

    今日の内容はあくまでも普通の男の考え方を書いたものであり、女性と接することが多い男性には当てはまらないけれど、大部分の男はこのように考えるモノだと言うことに気付いて頂ければと思います。

    あなたは男の考え方を、理解できていますか?

    ヽ(~~~ )ノ ハテ?

    PageTop

    感謝。

    おはようございます。 日本に生きていられることは凄く幸せで、個人個人では色々と悩みはあるかもしれないけれど、朝起きてから夜寝るまでの間に死ぬかも知れないと言う恐怖感の中で外へ出るのも心配、そんなことが日本においては少ないことに感謝です。

    占いと言えば開運や幸せと言う言葉は切っても切り離せないのですが、この開運や幸せと言うのは何を持って開運や幸せと言うのかでも変わりますし、人の欲求の度合いによっても変化してきます。

    車が欲しい、家が欲しい、彼が欲しい、結婚したい、子どもが欲しい、こうやって人は色々な欲求を持って生きているのですが、この欲求が無いと言うのが実は幸せに繋がることが多いです。

    一時期ですがブ-タンは幸せな国と言うのをマスコミがもてはやしていましたが、それはきちんと教育して知性を身に付けているから求め過ぎないと言う面があり、生きていることを実感できるだけで幸せと言う考えが、親から子へ受け継がれていると言う部分を忘れてはいけないのです。

    日本は政情不安で円高や失業や増税など先が見えないけれど、それでも贅沢を言わなければ働く場所はあるし、生活保護を狙いあの手この手でお金を手に入れる人たちも多いのは平和な証拠、それに治安の良さは国民性と相まって世界最高レベルだから、どうこう言っても良い国で海外からの帰化を希望する人が世界№1なのも頷ける話です。

    「嘘言うな、アメリカのグリーンカードの方が多いじゃないか!」と言う人もいますが、帰化の申請と帰化を希望では意味が違い申請と希望の差が人気の深層を表します。 (長くなるので帰化については別の機会に。)

    お越し頂いた素敵なお客様は分かると思いますが、開運や幸せの秘訣を聞かれた時に拍子抜けするくらいに当たり前のことしか言いません。

    挨拶をしよう、人の喜ぶことをする、いただきますとごちそうさまが言える、ありがとうとごめんなさいがすぐに言える、時間を守る、行列でも何でも順番を守る、今度と言わずに今すぐに動く、これらのことが開運と幸せの第一歩です。

    特に男性は全くできていないので何度でも読み返して身に付けるべきですが、この内容をお話しすると「そんなこと当たり前」とか、「そんな分かり切ったことをして何の意味がある」など、大抵は芳しくない反応で馬鹿にした反応が帰ってきます。

    周りの大人をよく見て頂きたいのですが、挨拶出来ない人は多い、人の嫌がることをする人は多い、いただきますとごちそうさま&ありがとうとごめんなさいが言えない人が多い、時間を守れない人や順番を守れない人は多い、こう書き直すと「あぁ、そうだね。」と思い当たる人が多いはずです。

    英語の勉強をする前にキチンと挨拶ができる方が先、ロジカルシンキングを勉強する前に口約束を反故にせず守る方が先、クダラナイ日経を読んで世界経済を熱く語る前に目の前の人を喜ばせる方が先、そういうことができない大人が何で社会の役に立つのか、マナーの悪い大人が必要とされるなんてあり得ないのです。

    今後も同じことを聞かれたら同じ答えを言い続けるから、聞き飽きたと思うかもしれませんが、人に迷惑を掛けず自分のことだけ考えるのではなく相手を喜ばす、それを繰り返して相手を気持ち良くさせることが開運と幸せの第一歩です。

    何も大袈裟で難しいことをするのではなく、美味しいお店を発見して友人と食べに行く、面白い話を学んで相手を笑わせる、マナー良く行動して不快な思いを相手や周りにさせない、そういう当たり前のことが当たり前にできるのが大人であり、その当たり前ができるようになったら、素敵なあなたは必ず開運と幸せを感じているはずです。

    そういう私も人のことは言えないのですが、当たり前のことが当たり前にできないことに気付くことすらできていない、後になってから「あぁ、失敗した。」と反省はするけれど、「時すでに遅し」と言うこともよくあるのです。

    どうして当たり前のことができなくなっているのかと言えば、それは一言で言うなら「感謝が無くなっているから」で、感謝の気持ちが本当に心の中に残っているなら当たり前なんて感じることはありません。

    電気が使えるのは発電所や送電所~他にも現場で作業している人、更には原油を海外から輸入してくれた商社、運んでくれた海運業、そういうところまで考えると電気が使えるのは当たり前では無く幸せなことと気付けるはずです。

    感謝の気持ちを忘れずにいること、今の日本は目の前で自由自在に使える全てのモノが幸せなこと、そういうことに気付けたら不平不満よりも「うれしい、ありがとう、しあわせ」などの言葉が出てくるはずです。

    仕事があるから仕事で悩める、彼がいるから恋愛で悩める、結婚しているから夫婦の結婚生活で悩める、子どもがいるから子どものことで悩める、このことに気付けたら悩みは幸せを継続する為に必要なモノ、それを解決して行くことで幸せがより強固なモノになって行くと思える、そういうことが感謝の気持ちになると思います。

    私はお越し頂いた全ての素敵なお客様がいるからこそ、どうにかこうにか生きていくことができます。 素敵なあなたがいることで人生が180度変わり、今までの絶望から希望へ変われたのは本当に奇跡で、その奇跡は素敵なお客様のおかげで起きたことです。

    常に感謝の気持ちを忘れないように、今後も精進して参りたいと思います。 いつも御愛顧と御支援を頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたは感謝すると言う気持ち、持ち続けていますか?

    o( ̄◇ ̄ゞラジャ



    お知らせ:北海道出張の為、ブログの更新は9月5日(水)から再開いたします。 いつもご予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop