徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ホテル選び。

    おはようございます。 いつもいつも運が良ければ幸せですが、その幸せも常に幸せとなれば幸せだとは感じなくなり、いつの間にか不平不満の塊となって行きます。 あぁなれば~こぅなればと言い始めると、幸せに名を借りた人間の欲望は歯止めが効かなくなります。

    目の前にあることだけ見ていると真実を見失うのですが、目の前にあることだけが真実と言う訳でもなく、本当の見方は少し違う場合が多いです。

    例えば、高級ホテルが一部屋だけ格安で出しているのは本当に赤字覚悟で出して、泊まった人がクチコミしてくれることを期待しているのですが、その企業努力を無視して都市伝説がまことしやかに蔓延して、「あの部屋では殺人事件が~」など悪い話ばかり出るのはお気の毒です。

    こういう話が出ること自体が信用性をゼロにするのですが、本当に霊感がある人ならば普通の部屋の方が恐ろしいことがよく分かるはずです。

    意外と普通の料金宿泊する部屋の方が自殺や殺人に使われた部屋と言うことが多く、以前東京で利用していたホテルなどデリヘル嬢が廊下を凄くうろちょろしていたけれど、ホテルに責任は無いくて利用者が無茶することが多いのです。

    だから「廊下に、女の幽霊が~!」と言う噂が出る時はデリヘル嬢の場合が多く、ホテルに取っては幽霊と言われても困るし~デリヘル嬢と言われても困る、だから幽霊との評判が出ても「違う、あれはデリヘルじゃ~!」と、表だって文句は言えないことが多いのです。

    それに高級ホテルのスウィートルーム、一泊が20万~50万もするのに誰が使うのと不思議でしょうが、週末はカップルが記念に使うし~旅行客にはお金持ちもいるから大丈夫ですが、これが平日の夜となれば一体どうなっているのか、これはどこも同じく稼働率は30%くらいです。

    ホテルと言うのは空き部屋が出れば繰り越せないので丸々損失、そうなるとホテル側も取り返せないからあの手この手で方法を考えるのですが、よく行われている方法(部屋を埋める)はスウィートルームをAV撮影に貸し出すことです。

    スウィートルームは室内が何部屋にも分かれていて撮影には好都合で、平日の稼働率が悪い時には美味しいお客様なので、部屋で何をしようと敢えて知らん顔することも多いのです。

    ところが世の中には暇な男がいるもので、AVを見てホテルの部屋を特定⇒「AV撮影に使って良いと思っているのか!」とクレーム、そして部屋を割引させようと言うアホな輩もいます。 ホテル側も慣れたもので、そういう時には部屋の模様替えをしてすぐにHPの画像も入れ替え、痕跡を失くして知らぬ存ぜぬです。

    それにホテルで死人と言うのは結構な数があるから日常の出来事で、毎日毎日どこかのホテルで誰かが亡くなっています。 心筋梗塞の時もあるし~老衰の時もあるし、自殺の時もあれば痴情の縺れもあるので、絶対に安全なホテルなんてあり得ないのです。

    ただし、ホテル側が一番嫌うのは「血」で、心筋梗塞や首吊りや薬での自殺などは全く動じないのです。

    では、何で血に関することはダメなのかと言えば、刺し傷でも手首を切るのでも血ダマリや血シブキが部屋の壁や天井や床など、あらゆるところを汚すので元へ戻すのに相当なコストが掛かるのでホテル側は嫌がります。

    また、部屋で自殺や殺人などがあったらすぐに部屋を綺麗にするのは当たり前ですが、その次にやるのは部屋番号を変えることです。 「300・301・302・303・304」と並んでいた部屋だったのが、「300・301・303・304・305」となっていたら、302で何か遭ったから部屋番号を一つずらして、分からないようにごまかしたと言うことです。

    上記の例だと一つずれた303が何か遭った部屋で、こういう部屋に当たったら黙ってフロントへ行き「部屋を変えてください」と言えば、何も言わずに変更してくれるはずです。 (注:部屋番号の変え方はホテルにより違いますが、全部見て行くとほぼ分かります。)

    以前にもブログで書きましたが建設現場時代に、県南の某ホテルへクロスの張り替えで工事に入った時のことですが、そこは誰が泊まっても必ず女性の幽霊を見ることが出来る部屋があります。

    そこの部屋の作業をしていた時にフロントの人が暇だったのか、作業を見に来て世間話をしていたのですが、私がふと「この部屋、何か変ですよね。 幽霊が出たりして~と言うより、出るんじゃないですか?」と直に聞いたら、フロントの人が「そうなんですよ、だから泊まり(宿直)で部屋が空いてない時は、誰が泊まるかでいつも大変なんですよ。」との返事でした。

    注:このホテルの名前は内緒ですが、県南の人だと利用する可能性はゼロです。

    なお、岡山県には幽霊旅館もあるので意外と幽霊ホテルや幽霊旅館の宝庫で、ラブホテルなんか幽霊+隠しカメラ+盗聴器だから色々な意味で危険、ラブホテルの隠しカメラの位置や盗聴器のある場所を知りたい方は遠慮なくお尋ねくださいね。 (←ネタです。)

    ホテルと言えば今の場所へ移るまで東京で会議室と宿泊でお世話になっていたホテル、今は六本木の方だから行くことも無く懐かしさもあるので、8月の出張では久々に五反田へ泊まってみようかと思いますが、あのホテルも今はどうなっているのかなぁと思います。

    あなたはホテル選び、どのようにしていますか?

    ( ーノー)o/"Ω ポクポクポク…

    PageTop

    60万カウンター記念。

    おはようございます。 素敵なお客様のおかげで、このHPもどうにか60万カウンターを超えました。 今後も惑うこと無き精進と努力を胸に、更に突き進んで行きたいと思います。 いつも御愛顧と御支援を頂き、本当にありがとうございます。

    さて、60万カウンターの感謝イベントは何をしようかと思いましたが、何かをプレゼントするよりも素敵なお客様の「お願い事が叶うこと」が、良いのではないかと思いました。

    その前に少し昔話ですが、県北で私を2階の窓から投げ落としたK君は、某神主の跡取り息子で今は県北で神主をしています。 (注:K君は先生の車を天地逆にしたり、万引きや放火などイタズラ好きです。)

    また、同級生のTさんはお寺の娘で、障害者をいじめて殴る蹴るは日常茶飯事、父親は経歴と見かけ重視の僧侶で、「大卒が一番偉い、それ以外は死ね」と説法したほどで、その説法をした後にTさんは受験失敗で家を追い出されました。

    こんな神主や僧侶ばかりじゃないとは思いますが、私自身も先祖が僧侶なので人のことは言えませんが、山崎家は元々兵庫県の○○市にある□□寺の直系で、祖父が僧侶になるのを嫌がり神戸に出て祖母と出会い結婚、そして戦争が始まり祖母の実家がある県北へ疎開、その流れにより県北で父が生まれ育ち~私も県北と言うのが流れです。

    つまり、祖父が僧侶として後を継いでいたら父も当然僧侶になっていたし、私も今頃は僧侶だったかもしれません。 それ以前に岡山県へ来ることも無く、兵庫県○○市の□□寺で人生を終えています。

    今はお寺とは無関係だから無宗教で「○○だから△△」などの拘りも無く、宗教間の対立などお構い無しで神社&寺院はどこへでも自由に行きます。 ここまでの話がどうしてイベントへ繋がるかと言えば、60万カウンター記念は「護摩(祈願)」をプレゼントです。

    この「護摩」とは不動明王を御本尊として、護摩木と言う特別な薪を焚いて不動明王に祈る秘法で、護摩の火は不動明王の智慧を象徴して薪は煩悩を表わしています。 TVなどで見たことがあるかもしれませんが、四角い護摩木を井の形に組み上げて大勢の僧侶が燃え盛る火の前で御経を唱えて祈願します。

    護摩をするに当たって僧侶は数多くの苦行を経験する必要があったのですが、今の時代は縁故などで修業せずとも簡単に僧侶や神主に成れるから、能力はゼロと言う神主と僧侶が半分以上です。

    ところが東京では何ヶ所か護摩をしているので話のネタに参加すると、本当に修行している僧侶が多く驚きました。 僧侶や神主と言っても県北レベルではなく、「これは本当に凄いなぁ」と感心するお寺や神社が多いです。

    その護摩へ東京出張の度に参加したから今年は既に28回参加しましたが、持ち物の浄化も無料でしてくれるので、女性はバッグ~男性は財布を浄化してもらうことが多く、私も財布を護摩の火で浄化してもらいました。

    元々のきっかけは食事に行く途中に発見して冷やかしで参加したところ、護摩に出てきた僧侶8人が本物で驚きました。 護摩焚きには6~11人まで色々なバージョンがあり、やはり11人のフルバージョンの時が一番の迫力です。 (1・15・28日の縁日がフルバージョンで、やはりこれが迫力では一番です。)

    この護摩は「心臓の弱い人や血圧の高い人は参加不可」と医師が言うほどで、和太鼓などの迫力は物凄く床や壁に振動がビンビン伝わるし、座っているだけなのに身体へも相当な圧力が来て、最前列は和太鼓+お経+護摩の火で発汗や目眩が起きる人もいます。

    では、応募方法ですが「氏名+生まれ年(昭和57年など)+祈願内容(恋愛成就など)」を記入の上で、倉敷事務所までお送りくださいね。 60万カウンターだから60名様と言うセコイことではなく、〆切と応募内容を守ってくださる方は人数制限無しで受付します。

    〆切は「7月14日(土)消印有効」で、過去に一度でも霊視カウンセリングを受けたことがある方は、遠慮せずに応募して頂ければ少しでも恩返しになればと思います。

    この祈願内容と言うのは護摩木へ直接書く為、書き損じが許されないので内容に不備があれば無効となります。 護摩は実年齢とは違う年齢で祈願するので、生まれ年を早見表に当てはめて算出した年齢を書くので、護摩木の書き方は少しばかりややこしいです。

    今まで支えて頂いた全ての方へ恩返しをしたいので、家系における宗派などが気になる人は仕方がありませんが、そうでないなら遠慮せずに御応募して頂ければと思います。 そして過去に来たことがある素敵なお客様が対象なので、最後に来た時期を大まかで良いのでお書き添えくださいね。

    最後にお手伝いの募集で、余りにもたくさんの応募があると護摩木を提出するのが間に合わないので、応募総数によってお手伝い(1~2名)を募集する場合がありますので、手伝ってもいいと思われる方は応募される時に、「お手伝いOK」とお書き添えくださいね。 (注:お手伝いが必要なく、私だけでやれそうな時は連絡無しとなります。)

    護摩は写真撮影不可なのでどこまで撮れるか分かりませんが、護摩祈願に関することを撮れるだけ撮ろうと思います。

    あなたは60万カウンター記念で、何をお願いしますか?

    ヾ(´▽`*)ゝあーい♪

    PageTop