徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    タカラジェンヌ。

    人が成功するには誰かを幸せにすることで、その幸せがこぼれる時に自分の方へこぼれてくれると言うのが、幸せになる方法の一番良い表現方法だと思います。

    それがどうなるのかは運命だけが知っているのだけれど、運命が応援してくれるような生き方は人間関係を作る上でも大切な部分が重なるのです。 幸せになる為の参考に取り上げたいのが、3月30日に合格発表のあった宝塚歌劇団です。

    少し説明ですが宝塚歌劇団とは未婚女性のみで構成される日本の歌劇団です。 舞台に出演するのは宝塚音楽学校の生徒と卒業生で、退団後の再入団は認められておらず外部の俳優が本公演に出演することもありません。

    女性だけの劇団なので男性役も女性が演じ、女性の役を「娘役」~男性の役を「男役」と言います。 入学時にどちらかを希望することになっているが厳密ではなく、創設初期は「娘役」に人気が集まったのですが現在は「男役」の方が人気が高いです。

    一般では宝塚歌劇を「タカラヅカ(ヅカ)」、宝塚歌劇の団員を「タカラジェンヌ(パリジェンヌのもじり)」と呼ばれ、彼女等のプロフィールに誕生日は公開されますが生年は公開されません。

    宝塚音楽学校と一体だった名残りで、団員は「生徒」~稽古場は「教室」~演出家は「先生」と呼ばれるようです。 なお、宝塚音楽学校の倍率ですが、昔は4倍前後でしたが「ベルばら」以降は20倍前後~現在では28倍前後となっています。

    また、劇団員の芸名は百人一首にちなんでつけられていたのですがネタが尽きたので、現在では劇団員が自分で自由につけています。 (ただし、過去にタカラヅカにあった芸名と被らないのが、暗黙のルールとなっています。)

    説明が長くなりましたが本題で、この宝塚歌劇団でタカラジェンヌとして活躍した人の中で初対面の印象が悪い女性はいません。 月組の天海祐希さんや星組の大夏しづきさんと対面で30分間を過ごしたら、物腰や感じの良さ~人間的魅力一杯でファンになる人は多いと思います。

    90%のタカラジェンヌが好印象と言っても過言ではありませんが、その秘密は日頃の積み重ねとしか言えません。 その基盤となる教訓らしきモノがタカラヅカにはあり、控え室と言うのか~楽屋と言うのか~ある場所に「○○の25箇条」と言う張り紙があります。 私自身も出来ていないので耳が痛い内容ですが、ここに紹介したいと思います。

    「○○の25箇条」
    1,笑顔がない。 2,お礼を言わない。
    3,おいしいと言わない。 4,目が輝いていない。
    5,精気がない。 6,いつも口がへの字の形をしている。
    7,自信がない。 8,希望や信念がない。
    9,自分が○○であることを知らない。
    10,声が小さくてイジケている。
    11,自分が最も正しいと信じ込んでいる。
    12,グチをこぼす。 13,他人を恨む。
    14,責任転嫁がうまい。 15,いつも周囲が悪いと思っている。
    16,他人に嫉妬する。 17,他人に尽くさない。
    18,他人を信じない。 19,謙虚さがなく傲慢である。
    20,人のアドバイスや忠告を受け入れない。
    21,なんでもないことにキズつく。
    22,悲観的に物事を考える。 23,問題意識を持っていない。
    24,存在自体が周囲を暗くする。
    25,人生においても仕事においても意欲がない。

    この25箇条はタカラジェンヌたちが実践している内容で、これが出来れば人生において幸運を招くのは簡単だと思える内容です。 私も「○○の25箇条」が出来てはいないけれど、全部が出来るように努力したいと思います。

    気遣いと言う点でひとつの例ですが、宝塚音楽学校時代の予科生(1年生)は特殊な歩き方を義務付けられます。 しかし、それは入団後に役立つ非常に合理的な歩き方で、意識せずに出来るくらいにしておけば他人に迷惑を掛けないことになるのです。

    宝塚の学校内で予科生は歩く時に階段など全て、外側をチョコチョコと歩かないといけないのです。 角を曲がる場合は常に直角で、本科生(2年生)は内側を悠々と歩けます。 これが入団して何の役立つかと言えば、楽屋や舞台袖でものすごく合理的なんです。

    実はスターになればなるほど豪華で外側に張り出す部分の多い衣装を身に着けるので、大きな羽根など派手目のものを付けることもあります。 舞台袖や楽屋など人が行きかうところで銘々がテンでバラバラに動いていたら衝突は免れません。 だから下級生は端っこをサササっと歩き、常に道をあけるようにしておけば邪魔にならないのです。

    これはその場しのぎではなく、1年間徹底的に叩き込まれた歩き方だから自然と反応できるのです。

    あなたは幸運への鍵を、難しいと思いますか?

    ( ̄ー ̄)v ブイ!

    PageTop

    誤解。

    人は別れにより傷付いてしまうのですが、別れの真実を知る方がもっと傷付いてしまうことがあります。 私は色々な方の思いを受け止めないといけないのが分かってはいるのですが、それに情を挟みそうになるのは霊視カウンセラー失格なのかもしれません。

    ツイ余計なことを言ってしまったり~おせっかいなことを、言ってしまいそうになることもしばしばあります。 お客様の心に元気や勇気を持っていただくのが本当ですが、恋の真実により変わる何かをお伝えするのは、良い時も悪い時もあるのです。

    人は愛する心を忘れそうになるからこそ、好きな人のことを思い出そうとするのです。

    ある女性(Tさん)が恋の御相談に来られたのですが、付き合うのはいいけれど結婚まで行けないと言うお悩みでした。 その原因もはっきりとしていて、Tさんは男性を全く信用できなかったのです。

    信用できない以上は結婚までいくはずもなく、付き合うのはいいけれど結婚は嫌と言う状態が続いていたのです。 その状態が長く続いたおかげで男性だけではなく、自分以外は信用できないと言う人間不信にまで陥っていたのです。

    どうして「恋はしたいけど、結婚は嫌!」と言う気持ちになるのかと言えば、婚約者に裏切られた過去がそうさせていたのです。 Tさんは4年ほど前に婚約していたのですが、元婚約者が急に約束を破ることが増えてきたり~誕生日を忘れたりボーッとすることが増えました。

    そしていきなり彼から「お前の顔なんか見たくないし、他に好きな人が出来た。 子供なんか欲しくないし、キミとはやっていけないから別れてくれ。」 何がなんだか分からないうちに、婚約破棄されてTさんは絶望へと突き落とされたのです。

    それからのTさんは仕事一筋で、付き合いはするけれど心の内側は見せないと言う、鉄の塊のような想いを持ち続けたのです。

    Tさんはプランナーと言うお仕事の関係もあり、お店のオーナーと話をすることが多い女性です。 そして打ち合わせをすることも多いし、お店の完成後もちょくちょく見に行くこともあります。 そんな日々が続いていた時に、Sさんと言う男性より結婚を申し込まれました。

    SさんはTさんがインテリアを担当したカフェのオーナーですが、以前からTさんのことをずっと好きだったからこそ結婚を申し込んだそうです。 Tさんも仕事上の付き合いもあるしSさんの人間性も素敵に感じていたので、月に2~3回は会って食事に行ったりしましたが彼と言うほどの認識はありませんでした。

    Tさんは「Sさんは良い人だけど、また裏切られるんじゃないかと心配で…。」と、Sさんのことを信用できないから結婚できないと思い込んでいるのです。

    私はTさんに「元婚約者の人は裏切ったわけじゃないと思いますから、彼のところにもう一度行って真実を確かめたらイイと思います。 心にケジメを付けない限りは、いつまで経っても結婚はできないと思います。 何度も言うようですが、彼は裏切っていないと思います。」とお伝えしました。

    ところがTさんは「何を根拠に言うんですか、私はあの時に心がズタズタになりました。 いい加減なことを言わないでください!」と怒らせてしまいました。 私も未熟者で説明が足りないと反省したのですが、Tさんは元婚約者だった彼のことを誤解しているように視えたのです。

    それからしばらく音沙汰がなかったのですが、Tさんが1年ぶりに東京会場へ予約を入れられました。 そしてひとりではなくSさんを伴ってお越しになったのですが、Sさんと結婚されたとの御報告でした。

    Tさんはあの時に「2度と山崎には行かない!」と怒り心頭だったそうですが、アレからすぐに元婚約者の母親より手紙が来たそうです。 その手紙には「息子が入院していて長くないから、最後に見舞いに来てもらえないだろうか?」と言うような内容だったそうです。 そしてTさんは手紙を読むうちに元婚約者が、「若年性アルツハイマー」だったことが分かりました。

    若年性アルツハイマーとは記憶が維持できなくなる健忘症や人格変化などがあり、彼があの時に約束を度々破っていたのはワザとではありませんでした。 Tさんは手紙を貰ってからすぐに病院へ行くと、既に何もわからなくなっている元婚約者がベッドに横たわっていたそうです。

    Tさんは母親からメモやノートや紙片など、元婚約者の彼が書いていたものを渡されたそうです。 そのメモには忘れないように必死で予定を書いていた様子がありありと分かり、Tさんは自分が誤解していたことに気付いたのです。

    メモにはデートの場所と時間やプレゼントの内容など、細かく書いてありました。 そして最後の方にはTさんの名前なども書いてあったので、別れる前には既に名前さえ判別できなくなっていたのかもしれません。

    元婚約者は程なく永眠して、Tさんはお別れの前に誤解を解くことができたのです。 その後にTさんはSさんと一緒に元婚約者のお墓参りに行って、今までの想い出に終止符を打ったのです。

    恋に誤解は付き物ですが、誤解したまま終えると次の恋ができなくなります。

    あなたは誤解した想い出が、解けないまま心に残っていませんか?

    (ノ_・。)クスン

    PageTop

    夢のような話。

    おはようございます。 今日は日曜日ですが、素敵な時間を過ごして素晴らしい一日になるようにお祈りいたしております。 毎日が夢のように充実しているなら、人は人生が楽しくなります。 夢のような毎日は想像するのも大切なことで、夢のようなと言わずにワクワクしながら思い描くのも必要です。

    私は現在のところ倉敷市の川西町に事務所を構えておりますが、ココは3年契約なので更新しない時は移転しないといけません。 その為、契約満了の2010年には契約更新するか~もしくは移転する必要に迫られます。

    しかし、私自身も迷いがあると言えば変ですが、必要とされる場所へ事務所を構えたいと思います。 以前の私であれば移転するのが怖くてしょうがないでしょうけれど、最近は「必要とされる場所へ行こう」と風の吹くまま臨機応変に考えています。

    ただし、私は商店街に事務所を出すことは絶対に無いし、商業ビルも全く入るつもりはありません。

    普通の場所で普通に営業したいと考えているので、どこかのビルの一室とか~どこかの路面店であれば充分だと思います。 人通りがないと営業できないなんて言わないので、自分の身の丈にあった事務所で細々やって行きたいと考えております。

    もしも移転するならどこへ行くのか、一人で暇な時などは想像したり霊視したりすることもあります。

    仮の話になりますが、もしも私が名古屋へ事務所を出すのであれば、栄か大須がイイなぁと考えております。 これだとヒマな時には商店街やデパートを見て歩けるし、更に暇な時にはアルバイトして事務所経費の補填をするかも…?

    そして万が一の話ですが、もしも東京へ事務所を構えるとしたら候補として、新宿区~目黒区~品川区~港区~中央区がいいかなぁと思います。

    まず新宿区ですが都庁所在地に加えて、歴史的にも3つの区が寄り合い所帯となって誕生した経緯があるので個性に富んだ地域が点在します。 新宿駅は鉄道各路線のターミナルで利便性も良く南部は新宿御苑や明治神宮外苑があるので緑が豊富です。 ここはまさに商業地と住宅地と歴史ある地名に加えて、再開発地域&多国籍と言う大都市の縮図です。

    次に目黒区ですが、世田谷~渋谷~品川~大田の4区に隣接していて、交通の利便性が高く都心に近い良好な住宅地として発展してきました。

    また、文教施設も多くて文化的な地域性が培われているのに加えて、自由が丘や中目黒と言うおしゃれで個性的なショッピング&グルメゾーンもあります。 ココは落語で言う「目黒のさんま」の舞台で、目黒に鷹狩りに来た殿様が農家でひと休みして、そこで生まれて初めて食べた焼サンマのおいしさにびっくりしました。 この味が忘れられない殿様は、後日お城でサンマを所望しました。

    家来は気を利かせて骨を取り除いて~蒸して脂を抜いたサンマを差し出したら、余りのまずさに殿様はひと口食べて首をかしげました。 「このサンマはどこから取り寄せたのじゃ。」と家来に聞くと「日本橋の魚河岸でございます。」と答えました。 すると殿様はすかさず「それでまずいのじゃ。 やはり、サンマは目黒に限る。」と言うお話です。

    そして品川区ですが、江戸から出る諸街道のうち最も重要視された東海道の1番目の宿が、品川と言われております。

    目黒川を挟んだ南~北品川宿と享保期にできた歩行新宿とで構成されており、宿内の家々は1600軒~住む人は7千人と言う活気ある土地でした。 また、北の吉原に対して南は品川とも言われており、遊興の場所としても有名です。 そして、今でも江戸時代と同じ道幅でひっそりと宿場町は活きています

    駆け足で港区ですが、ここは日本国内において企業が本社を最も多く構える区の一つで、いわゆる日本のビジネスの中心とも言えます。

    特に虎ノ門~新橋~芝を初めとするビジネス街では、経済活動が非常に活発です。 その他にも区内には、青山~赤坂などの商業エリアや六本木などの歓楽街、さらには麻布~白金台などの高級住宅街もある上に、東宮御所や迎賓館~芝公園や白金台自然教育園など、緑地帯が豊富で自然環境にも恵まれています。

    息切れしながら中央区ですが、東京の都心を形成する区のひとつで東京23区のほぼ中央に位置します。

    区内には、銀座~日本橋~築地と言う街があり大商業地域を複数抱えるので、昼間人口は65万人に膨れ上がります。 また、商業地域としての特徴が強く建物はビルが目立ち、住宅はマンションや団地などの集合住宅が大半を占め、低層住宅の戸建住宅やアパートなどは極端に少ない街です。

    西側は江戸時代には日本橋や京橋など下町として栄えた地域で、東側は江戸時代からの埋め立てによって出来た地域です。 この地区は碁盤の目のように道路が走るので、比較的交通の便に加えて地理も頭に入りやすい構造になっています。

    以上の話は、いずれも夢みたいな話であり~地方の単なる霊視カウンセラーである私では、果たしてどこへ向かうのかヒヤヒヤドキドキしています。

    あなたは自分の夢を、夢みたいと言わずにキチンと表現できていますか?

    イラッシャ~イ┗|⌒O⌒|┛イッテキマ~ス

    PageTop

    一流とは。

    おはようございます。 ここのところ寒の戻りか、寒さが厳しい時があるので体調管理にはお気を付けくださいね。 今日もイイ天気なので、素敵なあなたの未来を祝福しているようです。 あなたの未来には一流の輝きがあるのだから、一流にふさわしい日々を過ごしていただければワクワクドキドキが待っています。

    一流とは辞書で引くと、その分野での第一等の地位と書いてあります。 私はこの言葉自体には何も思うことはありませんが、この言葉を引用して他人をバカにしたり蔑んだりするのはよくないと思うのです。

    一流と言う言葉は何の世界や状態でも、自分が表現された場合は嬉しいものですし、価値を確かめる表現としても一般的には褒め言葉になります。 誰でも一流だと言われれば嬉しいし、三流だと言われたらムッとくると思います。

    ただし、一流と言っても人により価値が違うので、ナンデモカンデモ自分だけの世界における一流を他人に押し付けてはいけないのです。 自称一流と言うだけなら良いけれど、自称一流を人に押し付けて相手をバカにするのはよくないと思います。

    自己満足と目標は違うのですが、自己満足の世界で生きていると楽を覚えてしまいます。 自分は一流だと自己満足している間はいいのですが、実力がないのに本物だと過信するようではどうにもならないのです。

    一流と言うのはいい響きですが、何を持って一流と言うのかは人それぞれです。

    しかし、心に訴えかける一流と言うのは万国共通の感動として、いつまでも心に残るものだと思うのです。 一流と言えば聞こえはいいけれど、それに見合う自分なのかどうかと言う磨き上げる部分を大事にして置かないと、いつまで経っても本当はどうしたいのかがよくわからなくなります。

    もしも自分が何をしたらいいのかわからない時には、とりあえずでも何でもいいから目標や夢を持つことをお勧めします。 (コレはできる⇔できないではなく、思う⇔思わないの差の話です。)

    ゴールが決まらないから走り出せないのと同じことで、叶える為に行動しようとしても何をしたらイイのかがわからない時には行動できないのです。 自分が一歩踏み出そうとしても、何故か勇気が出ずに控えてしまうのは本当にやりたいかどうかを再確認していないからです。

    先ほどの話に戻りますが、自分が一流と言うのはいいけれど実力の裏付けが無く言っていると単なる自慢です。 それも周りが認めてくれない裸の王様状態での自慢であり、そんなことを続けていくと仕事における取引先だけではなく友人や知人など大切な何かを徐々に失っていくのです。 こうなると害悪と言うべき状態になって、有形無形の損失や迷惑が発生して他人に被害を与えてしまうのです。

    私利私欲に走っている人がモノやカネなど、物質的なことを基準にして自分は一流と言う強烈な自己満足とも言うべきプライドを持つと最悪です。 とにかく自分の価値観だけが正しくて、人の価値観は全て間違いと言い始めるなら話すらできなくなります。

    例えば、「私の腕時計はBだから一流だけど、Hなんて聞いたことがないから三流だわ。]と言う経営者がいたとして、これはBを「知っている&持っている」けれど~Hを「知らない&持っていない」だけと言うのなら、それは一流の本質とはかけ離れた意見となってしまいます。

    実際には好き嫌いと言う好みの差があるので、一流かどうかを勝手に決め付けてはいけないと思うのです。 誰だって自分の持ち物を貶されたら嫌な気分になるでしょうし、褒められたら嬉しいと思います。

    自己満足と言うのは自分だけなら他人に迷惑を掛けないのですが、「自分は一流だから認めなさい」と強制し始めるから大いに迷惑となります。

    楽しい道を歩むと言うのは自分が必要とされているのが一番ですが、それは自分だけが一流と言う自己満足で言うのではなく、自然と周りから人に押し上げられる状態が本物なのです。 一流と言うのは見せかけの一流ではなく、心における一流と言うのが一番人生を豊かにしてくれると思うのです。

    マザーテレサさんは結婚もしていない~更に子供もいないけれど、マザーテレサさんの人生を不幸だったと言う人は余りいないと思います。 価値観の違いではあるけれど、それでもマザーテレサさんを慕っている人は多いし~死後何年経っても偉業は称えられることになる、コレこそが一流の本質だと思います。

    そう言えばマザーテレサさんで思いだしましたが、以前「寄付なんかいくらでもしてあげるけど、マザーテレサが直筆で手紙をくれるなら寄付する。」 こう言う経営者がいましたが、こんな悲しい考え方では成金やお金命と言うだけで寂しい人生かもしれません。

    あなたは一流と言う言葉を聞いて、何を心に思い浮かべますか?

    ( ̄― ̄)(_―_)( ̄― ̄)(_―_)ゴロンゴロン

    PageTop

    信じる。

    人を信じるとは大切なことですが、相手のことを信じられないのは自分の心も信じられない時かもしれません。

    恋愛でも仕事でも相手を信じられないと、物事は前に進みません。 裏切られそうとか~本当かなぁと思う気持ちが強ければ、残念ながら人間関係を構築するのは止めておいた方がイイ相手と言う答えが出ています。

    好き嫌いは第一印象で決まってしまうと言われますが、コレには二つの意味があります。

    まずは本当に第一印象で相手の好き嫌いを決めてしまう場合ですが、これは嫌いとなれば嫌い~好きとなれば好きで、もう変わることは無い可能性が大です。 ところが最初は嫌いだけどアトで好きになったと言うのは、最初の印象が自分の中の理想と一致しているかどうかの確認作業中と言う意味での第一印象もあるのです。

    この後者の場合の第一印象ならば、いくらでも挽回できるのです。

    信用を得るというのは大変な時間と労力が必要ですが、人の心は機械ではないので急には変われません。 どうして好きになってしまったのか~どうして嫌われてしまったのか、こうやって人は人間関係や恋に悩んでいきます。

    しかし、人間関係や恋における好き嫌いは不変ではなく常に変わり続けるので、昔は好きだったけど今は無理と言う感じで、人間関係や恋に終焉を迎えることもあります。 そして新たな出会いやトキメキを感じるまでに時間が掛かるか、それとも立ち直りが早いかは人それぞれの環境にもよるのです。

    「一歩踏み出す勇気」

    コレはヒトコトで言えば簡単ですが、実際に行うのはナカナカ難しいと思うのです。 何故難しいかと言えば、やらなくても困らないけれどやれば良いことが待っているかもしれない、このように困らないと言うのが一番の原因です。

    今の日本は世界的に見ると恵まれている部分が多く、その恩恵にありがたみを感じにくくなっています。 水が飲めるとか空気がきれいなど、当たり前のことが当たり前にできると、如何に幸せなことかが理解しにくくなっています。

    人間関係も同じことで、築くのは難しいと頭では理解できていても出来ない部分、ツイ言い返してしまうとか~相手の言うことを素直に聞けないなど、信用できない部分にばかり目が行ってしまうのです。

    気持ちを楽に持ちたいのであれば、相手の言うことを受け入れるか~流すか、どちらにせよ相手にするから生まれてくる誤解やイライラもあります。

    会社勤めをしていると人間関係で悩んでいる人もいると思いますが、会社努めはチームプレーが基本です。 納得いかない命令や業務を押し付けられたり、仕事量の差が目に付いて自分ばかりが仕事をする羽目になったり、会社内のルールで動いている以上は仕方が無いのです。

    会社内で仕事に行き詰ったなら信用すると言うのを一番に掲げて、難しく考えなくても取り敢えず相手が言う通りにしておいて、問題が起きてから話し合うのもルールです。 ただし、こちらのルールは穏やかな気持ちで受け流さないと「だから言ったのに!」と、新たな火種を生みかねないので注意です。

    会社内だと上司と部下~経営者と従業員など、上下関係は切っても切れません。

    叱られたり注意されたりするのは日常茶飯事ですが、それは自分の未来で役に立つことが多いです。 そう考えるには考え方を変えるだけでOKですが、自分が納得できる注意は教師として受け取り、納得できないことは反面教師として受け取る。 コレだけで人生は辛いことが今までよりホンの少し減り始め、それを続けていくと嫌な人に会う確率が更に減ってきます。

    人は年を重ねるうちに謝罪がしにくい環境や立場になってくるのですが、トラブル発生時には何をさておいても謝罪するのが解決の一番の妙手です。

    いくらどう言ったところで、トラブルが発生した事実は変えようがありません。 変えられない事実についてアレコレ言うよりも、さっさと謝っておいてから解決方法を探る方が問題が大きくならずに済みます。

    謝ることができないと言うのは歳を取った証拠で、素直に謝る人を目の前にして更に怒れる人は余程捻くれた人か~心が狭いのか、どちらにせよ問題解決の後は関わる必要の無い人です。

    信用を気付くのは人間関係を構築するのと同じであり、信用第一に行動すれば少なくとも運が悪くなることはありません。 私は少なくとも素敵なお客様に信用される霊視カウンセラー、そうでありたいと常に精進していく毎日です。

    あなたは信用のことを、どれだけ重視していますか?

    (_´ω`) アイーン

    PageTop

    お散歩コース。

    おはようございます。 無事に帰ることが出来て、倉敷事務所にて霊視を再開しております。 今日も素敵なお客様と素晴らしい出会いが待っているかと思えば、ワクワクドキドキしてきます。 このワクワク感は素敵なあなたがいるからこそ、起こりうる素敵な魔法のような奇跡です。

    さて、私は東京出張の時に1~2時間の空きがある時には、会場近辺を散歩しています。 会場の周りはナカナカ面白い場所なのですが、戦後の復興のイメージがあるので東京の人は「あんなところ?」と驚く人もいます。 しかし、それは駅を挟んで西と東では町並みが全然違うから仕方がないのですが、特に駅の西側の川を渡った周辺からは戦後のイメージが残っています。

    散歩とは気分転換や健康の為に、目的地を設けずに歩く行為で散策とも言います。 散歩と言う活動は身体面や精神面で一定の好作用が見られますし、ストレスの発散や肥満の防止で歩く人も多いようです。

    散歩の語源ですが中国の三国時代に何晏が流行らせた五石散、今で言うドラッグがありました。 これは服用後に汗をかかなければ死ぬと言う副作用があり、汗をかく為に歩くこと「五石散後に歩く」から「散歩」と言うようになりました。

    私の散歩コースは駅の東側にある小高い丘と言うか山と言うか、閑静な住宅街を約1時間ほど歩いています。

    このルートは江戸時代に岡山城主の池田公の下屋敷があった場所で、廃藩置県以降も池田公の屋敷として使われていた所です。 最初は単なる山としての扱いでしたが、宅地化されるにしたがい高級住宅地として分譲され、現在では山手線有数の高級住宅地として知られるようになった場所です。

    また、藩主の下屋敷があるくらいですから庭園もすごく、その名残として公園がきちんと整備されています。 元々は藩主の奥庭の部分などですが、それらを残して住宅地にしてあるので池や自然が残っているのです。 戦後に土地を買った人も自然を残す形で家を建てているので、私利私欲でどんな家を建てようと構わないだろうと言うような人は、ここには住めないのです。

    行政の方も付近一帯にあるせっかくの庭園を保存すべく土地を取得して、きちんと公園として整備した上で1985年に区立公園として開園されました。 今でも江戸時代の回遊式庭園が良好に整備&保存されていて、一般に公開されて誰でも無料で入ることができます。

    この地は知っている人も多いと思いますが、皇后美智子様の生家として知られる日清製粉社長の正田家の邸宅があった住宅街なのです。

    この正田邸は昭和初期に建築された趣きある建物でしたが、1999年に死去した故正田英三郎氏の相続税の一部として2001年に国に物納されました。 (この付近は1坪=800万円なので、とても相続税は払えないと思います。)

    その当時に建物の保存運動もありましたが建物の老朽化が激しかったので、建物は2002年に解体されました。 その後は区が国から公園用地として跡地を取得して整備され、2004年8月26日に「ねむの木の庭」として開園しました。

    公園名の由来は皇后美智子様が高校時代に御自身で作った詩の、「ねむの木の子守歌」に因んでいると公園に書かれています。 公園は邸宅の跡地なので広くはありませんが、様々な樹木や草花で彩られています。 入園無料で自由に立ち入ることでき、公園内には皇后美智子様に因んで、バラの「プリンセスミチコ」も植えられています。

    参考までに私の散歩コースは、ホテルを出て遊歩道を登り「ねむの木の庭」に行き公園内を散策した後は、高級住宅街巡りです。 まずは公園を出て左へ進むと右手にセイコーの服部会長の邸宅があり、その真向かいには元ソニーCEOの出井氏の豪邸があり、その先を左折すると美智子様のお兄様が住んでいる邸宅があります。

    なお、美智子様のお兄様はしょっちゅう住宅街を散歩しているので、私も散歩していると出会うことが多いです。 (ただし、話をしたことは無くすれ違うだけです。)

    さて、話は戻り公園周辺を一回りして、今度は公園出入り口をまっすぐに進むと左手に巨大なお城のような建物が見えてきますが、これは某国の大使館で敷地がすごく広いです。 そして右手に見えるのはオリックス会長の宮内氏の邸宅で、更には元横綱貴乃花氏の邸宅があります。 (相撲部屋は中野区ですが奥様の河野景子さんやお子さんなど、生活はこちらでしているのです。)

    有名人のお宅紹介はこの辺にして、更に進むと下屋敷の奥庭を利用した公園と池が残っていて、池には鯉も泳いでいるしナカナカ良い雰囲気で鋭気が養えます。

    以上のようなコースを歩くと約1時間くらい掛かるので、良い運動になるのと高級住宅街の運気を吸収できるので、ここを歩いた後は不思議と良いことが起こるような気がします。 私は最初に散歩した時は町並みが面白くて歩きすぎ山の向こう側へ下りてしまい、鑑定時間に間に合わなくなりそうになってタクシーで会場まで戻ったことがあります。

    ここまで読んで「なんで、そんなに詳しいの?」と、不思議に思う人もいると思います。

    その理由ですが「ねむの木の庭」には管理人さん~警視庁のお巡りさん~近所の方などがいることが多いので、「すみません。 私は岡山から来たのですが、この辺は良いところですね~。」と片っ端から話しかけているのです。

    そうすると大抵の人は気持ち良く応対してくれるので、それで色々と内輪話が聞けるのです。 美智子様のお兄様も通りかかった時に教えていただいたし、年に1~2回15分程度ですが美智子様も内々にお越しになる話も聞きました。 (さすがに住所までは書けないので、場所はボカしていますがご了承くださいね。)

    あなたは気分転換に、お散歩してみたいと思いますか?

    。。。。。。 ((( ・o・) テクテク

    PageTop

    桜。

    おはようございます。 今日から連休に突入ですが、お休みの人もお仕事の人も素敵な連休になるようにお祈りしています。 さて、3月は去ると言われるように早くも4月が目の前に見えてきていますが、桜が咲き誇って空へ舞い上がる季節は別れの季節でもあり、その先には新たなる出会いも待っています。

    この春にはどんな人と出会うことで人生のスパイスになるのか、それとも終の棲家まで過ごしていけるようなパートナーとドキドキするような恋が始まるのか、あなたの未来がドンドン変化していくことが実感できる楽しみな季節でもあります。

    人は恋心があるから毎日が楽しくてウキウキすることが多く、仕事を耐えられないほど辛く感じていても恋した瞬間から耐えることが出来たりもします。 相手を好きと言う気持ちはとてつもないパワーを生み出して、今まで灰色に見えていた空が青く見えるようなことさえあるのです。

    あなたの胸の中にある恋心は自らを奮い立たせるほどの力になって、会えなくなるかもしれない寂しさを一緒にいたいと言う行動へ駆り立てることにもなるのです。 その行動から素敵な未来へ羽ばたく人もいれば、悲しい結末になる人もいます。

    それでも、あなたが頑張っている姿は、とても素晴らしいです。

    思い切って告白しても「ごめん…。」 このヒトコトで頭が真っ白になり、もう無理と言うダメ押しをされてしまい、それにより悲しさで胸が一杯になることもあります。 好きでいられた時にはいつもの通勤している道が輝いて見えたけれど、ダメになった瞬間から同じことの繰り返しに見えてくる。

    告白すると言うのは、成就すればいいけれどダメな時には会えなくなる、そんなリスクを背負ってするモノです。 勇気を持つことは大事だけれど、ホンの少しの勇気を出したばかりに結末を迎えてしまうこともあります。

    桜の花びらが風に舞い上がることが多いのは、花びらの数だけ色々な人の思いを乗せて舞い上がっているからかもしれません。

    彼に会うことができなくて、辛くて泣いている人の想い。
    彼に会うことが出来て、嬉しくて泣いている想い。
    彼に二度と会うことが出来ないと、結末が見えてしまった想い。

    人には出会いの数だけ別れの数もあり、その出会いはあなたに幸せをもたらすかもしれないのです。 別れると言うことは出会いのチャンスが広がると言うことで、決して悲しいだけの出来事じゃないのです。

    桜の花びらが舞い上がる時には、必ず風が吹いています。 その風はあなたを優しく包み込む為に吹いているのですが、あなたの辛い想いを吹き飛ばす為にも吹いてくれているのです。

    桜の花びらが舞う中にいると癒されるのは、あなたの心にある笑顔や優しさが刺激されて悲しみが消えるようにしてくれているのです。 喜びがいつまでも輝くように願い~悲しみは早く忘れるようにと、桜の花びらはあなたを見守ってくれているのです。

    桜の花びらは天高く舞い上がりながら、あなたの「ものすごい悲しみ」を理解しようとしています。 そして、その次に必ず来るであろう「とっておきの喜び」で、あなたが笑顔になるのを優しく見守ってくれているのです。

    あなたの恋心には出会いと別れが繰り返されるのですが、それが永久に続くわけではありません。

    今まで会えた人と会えなくなるのは寂しいと思いますが、涙が頬を伝わるうちに悲しみが消えていくようにと、桜の木もあなたの悲しみを見つめていてくれます。 桜の木は何も言わないけれど、あなたが辛い時にそっと寄り添う温もりがあります。

    別れを受け止めないといけない時には、何もする気が起きないし何を見ても面白くないかもしれません。 どうするればいいかも分からないまま、自分の見えない未来を不安に思うのが別れの辛さを経験している最中だと言うことです。

    しかし、永遠に続くわけではない辛さに少しでも光りが見え始めたら、今度はしっかりと自分の足で歩き始めないといけない時期が来たのです。

    あなたが優しい気持ちを持っているのは素晴らしいことですが、その優しい気持ちをホンの少しだけ強い気持ちに振り替えたなら、明るい明日が見えてくると思います。

    想い出を閉じ込めたままにしておいて色褪せていくよりも、その想い出を外へ解き放って次の想い出が入ってくるようにしておくのも、新しい恋の予感が始まると思うのです。

    あなたは桜の花びらを見ると、どんな想い出が舞い上がりますか?

    (T.T )( T.T) ウルウル…。



    お知らせ:出張の為、ブログの更新は26日(木)より再開します。 いつもブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    気に留める。

    「気に留める」と言う言葉は辞書で引くと、心に留める~留意する~そして忘れないでいると言う意味になります。 相手のことを気に留めるのは日常の生活で何らかの利害関係がある以上に、好きとか嫌いなど感情の部分が大きく左右すると思います。

    仕方の無いことですが人である以上は好き嫌いの感情は拭えないので、どれだけ公平に物事を見ようとしても差は出てきます。

    その差を埋める作業が出来る人は、人気があると言えばいいのか~モテルと表現すればいいのか、どちらにせよ人当たりが良くて人に囲まれる人生になると思います。 人は誰でも自分のことを好きになってくれる人のことを、無茶苦茶嫌いになるのは難しいです。

    そして相手のことを気に留めると言うのは、人としてのレベルが上がれば上がるほど全方位に向けられます。 つまり、誰かれなく色々な人に対して優しくなれて、相手のことを気に留めた上での気配りが出来るようになります。 その気配りについては気が利くと言うよりも、相手のことを思いやれる信頼の部分かもしれません。

    人には感情があるので自分が好きな人のことは良いように思いたいし、嫌いな人のことはどうなっても気にならないと思います。

    実は好きとか嫌いとかの感情が強烈に起こるのは相手のことが気になるからで、仮に嫌われたとしても嫌われるだけマシなのかもしれません。 嫌われると言うのは相手の意識の中に強烈に入り込んだ証拠で、嫌いと言う感情がすぐに沸き起こるのは相手のことを覚えているからです。

    例を出すと、好きなタレントと嫌いなタレントは、どちらも上位に出てくる人は順位が似ていると思います。 好きな方でベストテンに入っていれば~嫌いな方でもベストテンと言う感じで、好きと嫌いはどちらも強烈に意識の中に残るからです。

    マザーテレサさんの言葉の中に、「愛の反対は憎しみではなく無関心です。」と言うものがあります。

    これこそがひとつの指針だと思うのですが、誰にも関心を持たれないでいると言うのは辛いことなんです。 だからこそ寂しい気持ちが恋の行方や人間関係を、思わぬ方向へ狂わせて行くのかもしれません。

    心が寂しいと思う時は、自分が誰にも相手にされていないと感じた時が一番大きいのではないかと思います。 私はいじめに遭ったからこそ分かるのですが、同じ空間にいるのに誰に話しかけられないし~話しかけても無視される辛さ、これはものすごく辛さが共感できるのです。

    人はひとりでは生きていけないのですが、それは話しかける相手もいない状態ではお金やモノがあっても心が満たされないからです。 心が満たされると言うのは輝く時間が増えていくのと比例して、自分が期待されていたり気に掛けてもらっているからこそ更に充実して行きます。

    日本には四季があるので季節の移り変わりが心に哀愁を誘うことも多いのですが、迷っている時に自分のことを気に留めてくれている人がいれば、それは心の充足感を得ることが出来るはずです。

    そして頭では分かっているのだけれど心では納得できない、この矛盾が解決された時には寂しい気持ちが本当に和らいでくるのではないかと思います。

    私は一度お越しになったお客様のことは、100%の絶対と言うわけではありませんがホボ覚えております。 お越しになったお客様が「前に来たことを、覚えているんですか?」と驚かれることもありますが、事務所でも出張でもお越しになったお客様のことは忘れておりません。

    今の私があるのは今までお越しになってくださった、全ての素敵なお客様がいるからこそなんです。 その素敵なお客様のことを忘れるなんてありえないですし、お越しになったお客様のことは「どうされているのかなぁ?」と気になることも度々です。

    占い師やスピリチュアルカウンセラーやヒーラーなど先生方にも色々なタイプの方がおられるのですが、私の場合はお越しになったお客様が鑑定後にどうなっているのか気になる方のタイプです。

    仕事として考えるのならば、鑑定後はお客様のことを忘れる方がプロなのかもしれません。

    しかし、私は悩んでお越しになったお客様が未来でどうなるのか、もしも「私の判断や霊視が間違っていたら、御迷惑をお掛けするのではないのか?」 このようにお帰りになったアトもお客様のことは、いつも気に留めて忘れることはありません。

    私は過去も現在も未来もお客様のことを気に留めない日はありませんし、自分の未熟な面や至らない点を反省する毎日が続いていくと思います。

    プロとしては失格かもしれませんが、お客様のことを忘れずにどうしているのかと気に留めている占い師が、ひとりくらいは居てもいいんじゃないかと思うのです。

    あなたの未来を気に留めている、そんな人が居ることに気が付いていますか?

    \(∇⌒\)☆アリガトウ☆(/⌒∇)/

    PageTop

    ダイエット方法。

    おはようございます。 いつも元気で過ごすには衣食住のバランスが取れていることも大切ですが、その上に肉体的な部分での食事バランスは大事です。 仕事のストレスで精神がやられて過食や拒食などに陥ると体力の低下やホルモンバランスが崩れて、やる気のなさや体調不良が次々と起こり始めます。

    何故こんな話になるかと言えば、暖かくなるに連れてダイエットの質問が多くなってきたので、無理なダイエットで身体を壊しては元も子もないからです。

    元々のダイエットとは健康や美容などを目的として、食事の質や量をコントロールすることを意味します。 現代社会で言われるダイエットとは、痩せる為に行う運動や生活習慣の改善など痩身を意味するのとはちょっと違っていたのです。

    ダイエットの定義と語源はギリシア語の「dieta(生活様式、生き方)」からと言う説と、英語の「die(死ぬ)+eat(食べる)」からなる造語と言う説の二通りあります。 英語辞書ではdietの定義を「食物~食事~餌」としていますが、食餌療法の為の規定食と言う意味もあります。

    日本では元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたのですが、一般には「減量の為の食餌制限」として限定的に使用されることが多いです。 更に「痩せる」と言う部分のみに注目されて変質した、「ダイエット=減量・摂生」が一般的になっています。

    さて、ダイエットする為には食事制限と運動ですが、コレは言うに易しく行うに難しになります。 まずは総摂取カロリーをコントロールするのが一番ですが、コレもナカナカ出来ない相談です。

    摂取カロリーを減少させると生活習慣病の予防や痩身、それに伴う関節などへの負担を減少させて各症状や病気を防ぐので、食事の総カロリー量に一定の上限を設定するのは良いことです。 基本的に「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことで、体重が自然と減少するのが望ましいです。

    ただし、スポーツ選手などは逆に摂取カロリーを増加させる必要がありますし、虚弱体質の人も体重を増加させることで体質改善にもなります。 この場合は「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を保つことで、体重の増加を期待できます。

    なお、「摂取成分」のコントロールはダイエットと言うよりも、高血圧における塩分制限や糖尿病における砂糖の制限、高脂血症における油分の制限など該当疾病の病状増悪防止や予防と治療効率の向上を目的として行うので、少し意味合いが違います。

    また、今は色々なサプリメントが出ているのですが、本来は日常の食事で補うべきものです。

    ダイエットからは少し外れるのですが、ジュース類など砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇して身体が適応体制に入って膵臓より大量のインスリンが分泌されます。 そして血糖を抑える働きで急降下するので、血糖値の急激な変動が起こります。 この極端な変動は肥満に結びつきやすい以外に心理面に多大な影響がでて、いわゆる「キレやすい」状態をひきおこしてしまうのです。

    さて、ダイエットの説明はコレくらいにして、私なりのダイエット方法です。 昨今でブームとなったダイエット法には、朝バナナダイエット~ゆで卵ダイエット~炭水化物ダイエット~豆腐ダイエット~レコーディングダイエットと様々あります。

    しかし、どれも効果がある人にはあるという程度で、やはり向き不向きがあると思います。 もしも完璧なダイエット方法があれば、それはノーベル賞モノだと言われています。

    私も色々なダイエット方法を知ってはいますが、それはお客様により効果は様々です。 効果がある人もいれば無い人もいるので、背中のツボダイエットやプロテインダイエットなど、現れては消え行く陽炎のようです。

    さて、今回はHPにアクセスして頂いている人必見と言うほどでもないのですが、効果があればお役に立てるダイエット方法です。 ここは岡山県なので取り敢えず、名付けて「桃ダイエット?」とします。

    では、その方法ですが期間は「1週間限定」で、それ以上は体力的な問題や身体的なダメージからもお勧めできません。 月曜日の朝から始めるのであれば翌週の月曜日の朝まで、水曜日から始めるのであれば翌週の水曜日の朝までと、必ず自分で期限を決めてから行ってください。 逆に言うと1週間だけなので、1週間と決めれば出来ないダイエット法ではないと思います。

    やり方は非常に簡単で、まずは1週間分の桃の缶詰とミネラルウォーターを買ってきてください。 後は1日の食事代わりにして桃とミネラルウォーター以外は口にせず、1週間だけ過ごします。 缶詰の内容液は捨てて、桃は水で軽く洗って糖分を落としてから食べてください。 ただし、洗いすぎると味が薄くなりすぎて味気ないので気力が続かなくなり、返って精神力が弱くなるので洗いすぎには注意です。

    くれぐれも無理はしないように、1週間だけで止めるようにしてくださいね。 急激な痩せ方は急激なリバウンドを招くので、無理はしないようにお願い申し上げます。

    あなたはダイエットを、してみたいと思いますか?

    o( _ _ )o~† グゥ~…。

    PageTop

    怠け心。

    理由はないけれど、仕事でも趣味でも何をしていてもやる気の出ない時があります。 そして、そういう時に限って仕事でも何でも急にチャンスがきたりします。

    しかし、モチベーションの低い状態では良いパフォーマンスはできないので、おのずと内容に関してはレベルが低いことしかできないかもしれません。 いつも満点の状態で~いつもベストな状態で、それが理想ではありますがナカナカそうも行きません。

    ところが、それをいとも簡単にベストパフォーマンスにする方法があります。

    もしもあなたがシェフであるなら、父母や彼や子供など自分が大切に思う人に食べさせると思って仕事をすれば、それは自然と良い仕上がりになります。 人の想いの力は実力を上げるには素晴らしい力があり、その想いの力ですることは抜群の内容になります。

    人はつい手抜きをしてしまいがちですが、それは自分のものではないと言う他人事の心理状態が、あなたの心の隙間に入り込んで起きるのです。

    気付かないうちに怠ける気持ちが心に沸きあがるのは、人としては自然現象で仕方がないと思います。 今日は見たいTVがあるから帰ろうとか~今日はデートだからコレでいいやなど、色々と自分が優先したいことが思い浮かんで心がそちらへ傾いてしまいます。 仕事をするよりも優先したいこと、それは自分中心で考えると確かにそうです。

    しかし、あなたが手抜きしたことで、その仕事を受け取る人の気持ちを考えたなら、手抜きなんかしてはいけないと言う気持ちが勝つはずです。

    あなたがお医者さんなら、大切な人の病気はなんとしても治そうと思います。
    あなたが看護師さんなら、大切な人の看護は丁寧にしようと思います。
    大切な人の為には何でもしてあげよう、そういう気持ちになると思います。

    自分中心で考えると、いくらでも手抜きが出来ます。 だけど、人の為になると言うのは誰かの気持ちを受け取ると言うことであり、気持ちを受け取ると言うのは目には見えないけれど、相手の思いを責任と共に叶えてあげると言うことです。

    怠ける心はいくらでも湧き出てくるけれど、好きな人や愛する人など大切な人のことを思う気持ちだって、いくらでも沸いてくると思います。 同じ沸いてくるのであれば、怠け心と大切にする心、どちらがいいかは自分の心が決めることです。

    例えば、接客業をしている人は「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございます」など、相手に対して言葉を発することが多いです。

    この言葉をかけるのでも同じことで、自分が「いらっしゃいませ」と言うのは100回目かもしれませんが、お客様が聞くのは1回目です。 何度も言っているからとか~また同じことを言わなくちゃいけないなど、相手ではなく自分を中心に考えると怠け心は途端に顔を出してきます。

    妥協との戦いは葛藤が起こるかもしれませんが、「大切な人」と言う気持ちさえあれば怠け心は消えていくはずです。

    怠け心を退治するには「心を磨く」しかないのですが、心を磨こうと思えば何度も何度も繰り返さなければ磨けません。 心が光り輝くのは「磨いた分だけ」であり、磨けば磨くほど光り輝くけれど磨かずにほっておくと、いつの間にか錆び付いてしまうのです。

    心が錆び付くと言うのは妥協に負けたと言うことであり、妥協に負けると言うのは善悪の判断が付かなくなったと言うことです。 笑顔を守る為なら正義を貫けるはずなのに、周りが闇だらけだと自分も迎合してしまいます。 本当はこんなはずじゃなかったのにと思うかもしれませんが、心を守りきれなくなってしまうのです。

    錆び付く前は光り輝く手前まで行くのだけれど、錆び付いてから錆びを落とすのは大変です。

    あなたがいるから、あなたがいてくれるから、この世には色々なことが起きています。 あきらめるとか絶望など、後ろ向きになると言うのは心に錆びが溜まってきている証拠であり、笑顔が似合う人に涙は似合わないのです。

    夢を辿ってきていた自分を忘れて、周りの人に合わせることしか考えなくなる、こんな生き方をしたいわけじゃないと思うのなら、そう思える今が飛躍のチャンスです。 今のあなたに出来ないことはないはずだけど、あなたがいるから幸せになれるあなた自身の温もりを大切にできたら、その力はちゃんと沸き出てきます。

    「あなたが、いてくれる。」 このヒトコトが持つ安心感が、周りの人を幸せにしていくのです。

    あなたの笑顔とやる気が、怠け心を退治してくれることに気付いていますか?

    (/ω\) ハジカシー

    PageTop

    これから始まる。

    淡い恋の物語は夜空に星が輝いている数だけあり、人の心には悲しい想いや嬉しい想いが刻み込まれて行きます。 その想いに縛られて新しい恋に踏み出せないのは、未来の可能性を否定してしまうことです。 しかし、人は機械ではないから昔の恋を忘れられないのは、仕方が無いことなのかもしれません。

    激しい雨が降り注ぐ中、事務所にお越しになったEさんのお話です。 EさんはYさんと言う男性が気になっているのですが相手の気持ちが分からず、どうしていいのか分からないと言う御相談でした。

    溢れそうな想いを今すぐに伝えたいけど伝えられない、好きだからつなぎたい手のひらには幸せが一杯詰まっているはずなのに、その手をつなぐことすら出来ないでEさんは悩んでいるのです。

    Eさんはアラサー世代ですが、今のところは結婚の予定も無く仕事に打ち込んでいました。 男性不信気味なせいで男性と会っても恋心も起きないし、友達や同僚といる時間が楽しい毎日を過ごしていました。 そんなEさんが友人であるDさんの結婚式に出た時、隣に座ったYさんと言う男性がヒトコトも口を利かずに静かにしていました。

    そんなYさんを見てEさんは「感じ悪いなぁ~。」と思い、余り見ないようにしていました。 しかし、席が隣同士なので話しかけないのも変だと思い自己紹介をしたのですが、Yさんは自己紹介だけで再び口を閉じてしまいました。

    Eさんは挨拶に来たDさんに「Yさんて、静かな人ね?」と聞いたら、「アハッ、あなたとお似合いかと思って、席を隣にしてみたの。」 Eさんは「どうしてそんなことするの、こっちは気まずくてしょうがないじゃない。」 EさんはDさんに軽く文句を言いました。

    Dさん曰く、「実はね、Yさんは女性嫌いと言うか、女性と付き合えない人なの。 以前付き合っていた女性に原因があるらしいんだけど、詳しいことは誰も知らないの。 あなたなら、Yさんの心を溶かせるかと思って…。」

    Eさんはそう言われて、自分のことを言われているようでした。 Eさんは昔付き合っていた男性が浮気者で、「結婚してやるから浮気を認めろ」と言うような彼と付き合っていたのです。 当時は若かったからと記憶を封印していたのですが、その話を聞いて昔の想い出がよみがえり男性不信の自分とダブって見えたのです。

    その話を聞いてからEさんはYさんのことが気になり始めて、二次会では自分から隣の席に座ったそうです。

    Yさんは「僕の隣にいてもつまんないだろ、他の人と話すればいいのに?」 Eさんはすかさず、「あぁ~、初めて自分からしゃべってくれましたね~。」と話しながらYさんを見つめました。 Yさんは「女性と話すのは久しぶりで、なんか恥ずかしいな。」と照れながら笑顔になりました。

    Eさんは「Yさん、笑えるんですね。 笑顔でいた方が素敵ですよ。」 そう言ってお互いが改めて自己紹介してからは、何故か二人の会話が弾み始めました。 そして連絡先を交換したのですが、Eさんは会う度にYさんを好きになっていくけれど、彼がどう思っているかが全然わからないから恋なのかどうか不安だったのです。

    私はEさんに、「彼には好きな人がいるようなので、ハッキリと聞いた方がイイと思います。 その女性と付き合っているわけじゃないけれど、聞かないと長い春になるかもしれません。 彼はあなたのことが好きだけど、不安な部分が視え隠れします。 ただし、理由を聞けたアトは、きっと一生のパートナーになれるはず。」

    私がこう話した理由はEさんだけでなくYさんの心も、真実に向き合っていないように視えたからです。 Eさんは明るい女性ですが本当はナイーブで、自分の気持ちを隠してしまうタイプです。 Yさんに好きな女性がいることを確認するのは勇気が要ることですが、Eさんは思いきって彼に聞くことができたのです。

    Yさんが女性に心を閉じていた、本当の理由とは…?

    YさんにはRさんと言う結婚を誓い合った女性がいたのですが、Yさんは時間をきっちりと守るタイプ~Rさんは適当でいいと言うタイプ、まったく違う二人でしたが凸凹コンビで凄く仲が良かったそうです。

    今から3年前の春にYさんはRさんと、二人で住む予定の新居を探しに行く予定でした。 YさんはRさんが今日くらいは時間を守るだろうと思って携帯を車に置いて、不動産屋さんで待っていたそうです。 しかし、時間が過ぎても来ないのですがRさんは遅刻の常習者なので、Yさんはいつものことだと気にも留めなかったそうです。

    ところが1時間を過ぎた頃、さすがに遅すぎると思って車へ携帯を取りにいくと着信ランプが光っています。

    Yさんは「あぁ、連絡くれたんだな。」と思って留守電を聞くと、「もしもし~、ごめ~ん。 今そっちへ向かっているから、もう少し待ってて~。 ドン!」 Yさんは留守電の最後に変な音が入っているような気がしましたが、取り敢えず不動産屋さんへ向かっていると見慣れない番号から電話が掛かりました。

    「ん?」と思いながら出てみると、それは警察からで「Rさんが、お亡くなりになりました。」と言う電話でした。 Yさんは直ぐに病院へ行きましたが、Rさんは信号無視の車と衝突して即死だったそうで、留守電に残っている声は彼女の最後の肉声だったのです。

    Yさんは「もしもあの時、僕が彼女を迎えに行っていたら…。 それに留守電、最後の声だったのに消しちゃったんだ…。」

    この一件が彼自身を縛り付けて、女性と付き合えない状態になっていたのです。 Yさんは真面目できちんとしている分だけ責任感が強く、Rさんが亡くなったのは自分のせいだと思い込んでいたのです。

    Yさんが女性に心を閉じていた理由を聞いたアト、EさんはYさんの心の傷を一緒に癒して行こうと決められたそうです。 この二人の恋物語はこれから始まるのですが、離れることなく一生寄り添っていく素敵な人生になると思います。

    あなたは相手の心の傷を癒す、そういう想いがありますか?

    (*_*) ソウカァ…。

    PageTop

    平等とは

    日本には色々な業種や職種のお店や会社があり、どのお店や会社の経営者も一生懸命に毎日営業しています。 そしてもちろんのことですが、働いている方々も一生懸命に毎日を生きています。 その労働に対してたくさん働いた人の給料が多くて、怠けている人の給料が少ない場合には余り文句を言う人がいません。

    それは何故かと言えば、ちゃんと労働対価の原則を誰もが自動的に認識しているからです。

    基本的に国などの行政が一部の会社だけを助けるのは問題があるのですが、それは誰もが同じ国民として義務を果たしているのに「誰かさんは特別だけど~誰かさんはどうでもいい」と言うような状態を作り出すことは問題になってくるかもしれません。

    私はお越しくださる素敵なお客様の日々の努力に、ものすごく感銘を受けています。 何があろうともあきらめずに日夜努力して、会社やお店を維持している姿は素晴らしいと思います。 また、毎日お勤めして一生懸命に働いている姿にも、心が感動で震えるような輝きがあります。

    バブルの時にしっかりと儲けた銀行や証券会社の人たちが、バブル崩壊後に資金繰りの悪化により公的資金注入により助けてもらいました。

    この時に日本には困っている企業が一杯あるのに、何で銀行だけ助けるんだと言う意見の人が大半を占めました。 真面目に働いている人からすれば、それは至極当たり前のことだと思います。

    国などの行政は公平であるべきで、一部の企業だけを助けるなんてどうなのかと思います。 もしも経営難に陥ったなら、それは経営者の責任です。 それを行政が税金投入により無条件で助けると言うのであれば、その地域における企業や会社やお店などの全てを助けないと不公平です。

    何故なら助けてもらう必要がある企業と言うのは、努力せずに今の生活を維持したいと言う企業に他ならないからです。

    日夜努力している企業と言うのは、今現在上手く行っているから助けてもらう必要がないのです。 努力しない方が助けてもらっているのに、努力している方が助けてもらえないなんて不公平極まりないと思います。

    例えるならば、岡山県内だけを見ても色々な部品製造の工場、トヨタ~日産~本田など自動車関連だけでも下請工場が一杯あります。 それなのに特定のメーカーだけ助けるのは、他のメーカーの下請工場は潰れてもいいのかと不公平感を感じている人は大勢います。 下請工場は無理なコストダウンをすでに昨年から強いられているのだから、メーカーよりも下請けなどの中小企業を助ける方が重要です。

    更には自動車産業だけ助けて、他の産業は見捨てるのかと言う意見だってあります。

    過去の歴史においては色々な産業が危機にさらされているのに、行政が知らん顔をした例は数多くあるのです。 海外の安い労働力に押されている縫製業などは、潰れてしまったところが一杯あるのに行政は助けませんでした。 真面目に頑張っていたけれど助けてもらえなかったのに、自動車産業だけ助ける現状を助けてもらえなかった人たちはどう見ているのかと思います。

    確かに今は不況と言われていますが、努力や創意工夫をしているお店や会社はちゃんと結果を出しています。 私の周りでもN市のIさんや寄付の神様は言うに及ばず、それ以外の定期的にお越しくださる色々な業種の経営者は、誰ひとり行政に助けてもらっていないのに忙しい毎日を過ごしています。

    努力していない企業を助けて、努力している企業は助けない。

    コレは平等と言う名の下にある不平等だと、運命が思うのではないかと思います。 一時しのぎで助けてもらったところで、根本的なところが改善されていない以上は同じことになります。 そうなると再び税金を使って助けるの繰り返しで、努力していないところほど手厚い恩恵を受けることになるのです。

    バブル以後の失われた10年で、銀行は税金で助けてもらって非難されました。 しかし、いま税金で直接&間接を問わずに助けてもらっている業種や会社は、同じことをしてもらっているのだから銀行を非難する立場にはありません。

    この苦しい時を自力で乗り越えた企業は、未来で胸を張って発言や行動が出来ます。 自力で助かる道がないと言うのは言い訳で、自力で助かる道がないほど悲惨な状況に陥るようなことをしたのは誰かと言うのを忘れているのです。

    本当は自力での再建策が一番で、助けてもらう道を模索するのは最後の手段だと思います。

    あなたは特定の企業だけ助かればいい、この考えをどのように思いますか?

    ブンブン ヾヾ(^-^) ありがとぉ♪

    PageTop

    しきたり。

    おはようございます。 今日は土曜日ですが、この週末はどんな素敵な出来事があるのかワクワクして、素敵なあなたの頭上に降り注ぐ幸せを感じていただけたら幸いです。

    ココのところ都会から田舎へ結婚などで移住される方が続いたので、少し田舎生活における「しきたり」について書いてみたいと思います。 (しきたりとは、昔からの習慣~ならわし~慣例などを言います。)

    倉敷市や岡山市でも駅周辺や賑やかな場所から離れると田舎に思うかもしれませんが、私が生まれ育った地域に比べると田舎とは言えません。 (私が生まれ育って思い浮かべる田舎とは、屋久島の千年杉周辺が懐かしく感じられるレベルです。)

    では、田舎におけるしきたり(ルール)みたいなものをご紹介していきたいと思いますが、県南や都会の人が最初に驚くのはTVがそのままでは見られないことです。 田舎では当たり前ですが、TVは山頂に共同アンテナを建てて線を引いてきて分配器で分けて視聴するのです。 (ある意味、ケーブルTVです。)

    当然ですが加入料と月々の使用料とNHKの受信料が必要で、管理運営は地元の電気店や組合がするのです。 それでも全チャンネルが映るわけではなく、私が小学生の時には山陽放送とNHKしか移りませんでした。 BSやCSだけではなく、普通にTVを見るのにもお金は必要です。

    次に田舎で買い物するのなら町にあるスーパーまで出ることが多いのですが、地元のお店で買うのなら品物数が無いのと高いことは普通です。 車で1時間も走ればスーパーくらいはあるので、週末に安い物を大量に買い込む習慣ができます。 ただし、寄り合いなどで顔を合わせる機会が多いので、地元商店と言うのは時々でも使わないと気まずくなります。

    生活費だけを考えると損ですが、お店を利用するコトで地域の情報を聞けたりします。 移住してからの自分の情報を発信する媒体にもなりますから、接し方次第で自分に都合の良い情報も悪い情報も瞬く間に広がります。 (例えば、美容院にしても技術に関係なく、地元のお店に行く方が有利です。)

    そして田舎では付き合いに予想以上のお金がかかるのですが、地区の「年会費~組合費~お祭り~敬老会活動費~外灯電気代~etc」など普通なら自治体が出すお金も自己負担で、場所によっては電気を引く為に自費で電柱を建てないと電気が使えません。

    それ以外にも消防団への寄付~任意なのに入らされる火災共済や交通災害共済に加えて、当然のごとく徴収される社会福祉協議会費など数え上げればキリがありません。 どれも任意なのですが、近所付き合いを考えると強制です。

    しかし、付き合いと言えば冠婚葬祭もキツイです。 何故なら結婚式はそうでもないのですが、葬式についてはトコトン付き合いが回ってきます。 組合や地区内でお葬式があるならお通夜とお葬式のお手伝いはモチロンのこと、当然香典も出さなければなりません。

    この「トコトン付き合う」と言う意味の怖さが、都会の人には判らないと思います。 少し説明させていただくと、葬式に関しては地区や組合の世話係が必ず香典を集めに家まで来るのですが、誰が亡くなったかと言う説明を聞くと意味がよくわかります。

    例えば、「山崎さん、○□さんトコの奥さんのお姉さんのご主人の従兄弟の奥さんのお婆さんの妹さんがお嫁さんに行った先のお母さんが亡くなったから香典を…。」と言う感じで集めに来るので、1回に付き2~3千円でも多い時には1ヶ月に6~7回くらい集めに来ます。

    また、田舎には消防団が付き物で、男なら参加するのが当たり前と言われます。 一度入ると退団することは難しいのですが、それは人口が少ないから仕方のない面もあります。 ただし、この消防団と言うのが曲者で、地元の付き合いだからとか色々な理由をつけてこれが派閥を形成しているのです。

    都会の人は消防団の活動を知らないと思いますが、田舎には消防署が無いことが多いので消防署の代わりに山火事や家火事の消火活動~行方不明者の捜索~水難事故の救助&捜索などをするのです。 仕事を持っていながらの活動ですから参加者は大変ですが、参加したら活動費がちゃんと支給されます。

    消防団の参加手当ては1回に付き1万5千円~2万円くらいなので、仕事よりも消防団を優先する人が圧倒的に多いです。

    私は絶対に入団しませんが、もしも田舎に住んでみたいのなら入団した方が有利です。 何故なら消防団に入れば、かなり強いコネになるからです。 消防団には役所~農協~森林組合~商工会など主だった人がほとんど入っているので、大抵のことには融通を効かしてくれます。

    消防団に入っていれば就職も有利~町営住宅も優先的に借りられる、それに家を建てる許認可だって無理難題がすぐに通ります。 普段は家を建てられない土地でも消防団のコネを使えば、あっという間に許可が下りたなんて珍しくありません。

    「しきたり」を書いていればキリがないのですが、結婚の時は勿論のこと~実家に同居する場合は何十軒あろうとも、居住地区の全戸を回って挨拶するなど数々のしきたりがあります。

    あなたは田舎にある無限のしきたりを、どれくらい知っていますか?

    ヽ(゜ロ゜;)ノ タイヘンダァ~!

    PageTop

    出会いの素晴らしさ。

    私はお客様の御相談を伺うのが基本ですが、逆に質問されることもあります。 お客様より聞かれる質問のひとつに、「どうして私(お客様)と会うくらいのことで、素敵な出会いだと言えるんですか?」と言う感じのことを聞かれます。

    これは感覚の差もあるのですが、健康で五体満足な人が普通の日常生活を送れているのは当たり前と思いこんでいるように、意外と恵まれている人は恵まれていることに気が付けないのです。

    健康な人が足を捻挫して歩きにくい場合に「あぁ、怪我をしていなければ…?」と、初めて普通に歩けていた状態を幸せに感じると思います。 コレは手でも足でも同じことですし、内臓や心肺機能に異常がある場合でも普通を幸せに感じることができます。

    親子喧嘩が出来るのは親が要るからだし、親の介護の心配が出来るのは親が愛情を持って育ててくれたからなど、このように色々な見方が物事には出来るのです。

    朝、目が覚めて起き上がることが出来る確率は、ものすごい確率なのですが当たり前だと思っていると感謝できません。 夜、眠りについて次の日の朝に目覚めないとか~夜中に病気になったなど、次の日の朝に自然と目が覚めて起き上がることが出来るのは奇跡に近い確率です。

    大切なことは気付かない中にあり、気付いた時には失っているものなんです。

    私は霊視カウンセリングを通してお金儲けをしたいのではなく、自分の考えにより心が救われる人がいたなら幸せです。 生きている意味や人生を歩んでいる幸せ、これらに気付いて心に充実感が溢れてきたなら、私はお客様の笑顔を視ることになります。 お客様の素敵な笑顔を視ることになるのは、私の心も救っていただいたのと同じことになります。

    それは、あなたの笑顔が私の心に元気を与えてくださるからです。

    私はお越しくださるお客様の心が寒い時には、暖かな太陽となって暖めたいと思います。 悩みが発生する時と言うのは心が寒いとか寂しいと感じる時であり、あなたが迷っている時に優しく包み込むことができて、それにより本来の自分を取り戻すことが出来たなら私はとても嬉しいです。

    当たり前のことが当たり前にできるのは幸せで、それを理解できたら不平不満の数は減ってきます。 不平不満が減るということは、減った分だけ運命が幸せの分量を増やしてくれることにもなるのです。

    空を見上げた時のすがすがしい青さ、道に咲いている花の美しさ、それらを感じることができるあなたの感性、コレは愛があなたの中にあるから分かることなんです。 愛が心の中に無いのなら、自分が生きている幸せすら気付かないまま人生を終えることになるのです。

    私はお客様が悲しい時に最後の砦となれるような、悩んだ末の最後に思い出していただけるような、そういう霊視カウンセラーになりたいと思います。

    あなたの未来に広がる時間は無限にありますが、それを使いこなせるのは一部だけで有限なんです。 その生きている有限の時間を無駄にしない為にも、あなたが光り輝くお手伝いをできたらと思うのです。

    嫌な人と会うのは自分が嫌なオーラや嫌な自分だから、そういう相手を引き寄せているのかもしれません。

    昔の私は嫌な人にばかり会うと思い込んでいましたが、今は素敵な人にしか出会わないと信じています。 私は素敵なお客様にしか会わないと、確定した未来だと言い切るほどの確信があります。

    人生は生きている以上は全てが経験なのですが、それは過去の経験を活かすことで財産とすることができるからです。

    私は工場時代や建設現場時代も含めて過去に嫌な人とばかり会っていたのは、嫌な自分に気が付かず反省も感謝も無かったからです。 「ありがとう!」と言う気持ちが足りない上に文句ばかり言っていたのですから、どうしようもない人間だったと思います。

    しかし、嫌がらせをされてもする方じゃない自分がいるから、運命は一筋の光を残してくれていたのだと思います。 同級生や先生~上司や同僚や先輩方などと同じことをしていたら、いじめられた上に運命が私にお仕置きをしていたかもしれないのです。

    そうなると素敵なあなたにお会いできる素晴らしい機会は、永遠にやってこなかったと思うのです。

    私は毎日素敵なお客様にお会いできる幸せ、コレはナニモノにも変えがたいことだと思います。

    あなたは出会いの素晴らしさ、それをどう受け止めていますか?

    ☆⌒(*^-°)v ドモ~!

    PageTop

    反対意見。

    反対意見が出るのは楽しいことなのですが、通常はそう考えられないので辛く思えてしまいます。 反対意見を出すのはあなたのことを気に入らないから言うだけで、そのプランやアイディア自体は気に入られているかもしれません。

    面白いことに反対する人に限って対抗案を持っていないのですが、そんな反対するだけの人の意見なんか聞く必要はありません。

    世の中は多数決が正しいわけではなく、そう思う人が多いと言う程度のことをうるさく言うだけなんです。 多数決が間違っていたとか~昔は認められなかったなど、周りの人が言うことが絶対正しいことなんてありません。

    歴史を紐解いてみても有名なガリレオ裁判でも明らかで、昔は地球が中心で全ては地球の周りを回っているという「天動説」が絶対でした。 コレに反論したら死刑になったりするほど迫害されていたので、ガリレオが「地動説」を発表したら裁判に掛けられてしまいました。

    なお、「地動説」とは太陽が中心となって周りを地球などが回っているという説で、現代では当たり前でも当時はとんでもない説とされていました。

    ガリレオは木星の衛星を発見したり~金星の満ち欠けも観測したり、太陽の黒点すらも観測していたので太陽の自転も知っていたのです。 (ただし、周りの意見として地動説には反対が100%でした。)

    世間一般で言う反対意見の多くは、単に「オマエのことが嫌いだから」と言う理由がほとんどです。

    しかし、もうひとつの隠れた理由として、「素晴らしさが理解できないから」と言うのもあります。 いくら良いものを考案したり、いくら素晴らしいことを考えたとしても、相手が理解できないのであれば何の意味もありません。

    その昔にソニーのウォークマンを盛田氏が考案した時に、社内の人は「こんなの売れませんよ。」と反対しました。 しかし、結果はどうだったかと言えば、世界的大ヒットになってソニーの収益を助けたのですから、人が反対することと言うのは誠に根拠の無いことです。

    iPodも先見の明があったわけではなく、iPodより先に同じようなものを開発したメーカーの重役達が「こんなもの売れるか!」と言ってお蔵入りさせたから、アップルがさっさと商品化して出しただけです。 (ちなみに、このメーカーはiPodの成功を見て後追いしたのですが、いつの間にか消えています。)

    反対意見を気にしていては、自分の夢が叶うわけがありません。

    反対意見と言っても自分がやりたい夢であり、他人に迷惑を掛けるわけじゃないのであればやるしかないのです。 反対していた人だって、成功してしまえば手のひらを返して近寄ってくるのですから気にする方が時間の無駄です。

    ただし、どうしても反対意見を説得してから出ないと前に進めないという人は、反対意見を封じ込めるだけのことをしなければなりません。

    どうやるかと言えば、一番簡単なのは試作品を作ることです。 製造系の品物でない場合は成功のモデルケースを見せることで、口で説明して分からない人には目の前でやってみせると言う作業が必要です。 いくら反対したところで、目の前で見せられればむやみな反論もしにくくなります。

    何故なら10人に見せた場合満場一致で反対と言うことはないので、ひとりでも賛成に回ってくれたら大きな一歩です。

    大きなダムでもアリの一穴から崩れると言う言葉通り、ひとりでも賛成してくれたら無茶苦茶な反対は少し減ります。 そして、その賛成してくれた人が上司などの権限を持つ人であれば、その他大勢の人よりも大きな一票を獲得したことになります。

    発想が貧困な人ほど相手を認めることができませんが、反対意見を面白いと思える人ならきっと困難を乗り越えていけると思います。

    反対されるのは相手があなたのことを脅威に感じている証拠で、どうでもいいと思う内容であれば反対されるはずがありません。 反対する相手も内心では「しまった、やられた。」と思うからこそ、自分のメンツを守る為に潰そうとするのです。

    あなたは反対意見を出された時に、面白いと感じることができますか?

    °゜°゜°。。ヘ(;^^)ノ すたこらさっさ

    PageTop

    欠点とは自信。

    欠点と聞いて何を思うかは人それぞれですが、見方を変えれば欠点とは自分だけが思うことかもしれません。 女性で身長が高いとコンプレックスと言う人がいますが、周りから見ると長身で素敵と思われている場合が多いです。 自分で神経質な面が嫌になっている人でも、周りから見れば几帳面で素晴らしいと思われています。

    明らかに誰かに迷惑をかけ続けた場合には欠点として考えないといけませんが、そうでなければ欠点とは個性にもなるのです。 私はイジメにあったけれどイジメに遭わなければ人の心を考えない人間になっていたかもしれないし、親が借金しなければ金銭面にルーズで寄付なんて及びも付かなかったかもしれません。

    小~中学校時代を振り返ってもそうですが、もしも教師と言う存在が尊敬できるなら今の私は無いと思います。 「マザーテレサって誰? そんなの尊敬するお前は馬鹿だ!」と言うような教師ばかりだったから、自分で勉強しようと言う気持ちにもなるし、人を見かけで判断しない人間になれたと思うのです。

    自分の欠点と思う部分をさらけ出すことで、自分の弱点を克服した方が何事もスムーズに行くと思います。 なんでもハンディがある方が伸びていくのですが、それはハンディを克服しようと人は色々と創意工夫をするから、更に上に昇っていけるのです。 いくらどうこう言っても、人は人であり~自分は自分なんです。

    あのメジャーリーガーのイチロー選手でさえ、プロ野球に入る時のドラフトでは下位指名であり、希望する中日球団からは相手にもしてもらえませんでした。 おまけにオリックスに入ったはいいけれど、今度はフォームがおかしいと土井監督や小川コーチにイチャモンを付けられて2軍生活でした。

    しかし、何を言われても頑として自分の個性を変えなかったイチロー選手は、名将仰木監督に見出されて今やメジャーリーガーです。 こうなるには才能が無いと無理だと言う人もいるでしょうが、必要なのは才能ではなく信念と行動なんです。 自分はこれでやるんだと言う強い意志と自分はこれでいいんだと言う自信が、あなたの未来を良い方へ導いてくれるのです。

    その為にもやりたくないことをはっきりさせないと、いつまで経っても迷路のまま抜け出せなくなります。 やりたいことと言うのは楽しいから誰でも考えるのですが、やりたくないことを明確にしてしまうと自己責任が発生してしまうのです。 やりたくないと言うことは、そうならない為の努力をしないといけなくなります。

    日本だけでも1億3千万人の人がいるように、人には個性があって当たり前なんです。 自分がやりたいことと人がやりたいことは違うし、歩んできた人生もこれからの未来も誰ひとりとして同じことはありません。 だからこそ、自分のことは自分で探し出さないと、未来が見えないと言う言葉で締めくくるようになってしまいます。

    人の脳の仕組みとして、自分がしたくないことは余り思わないようになっています。 自分がしたいと思うことは才能があるから思うだけであり、本当に才能が無ければ途中で止めてしまいます。 TVで100Mスプリントを見ても凄いとは思うけれど、100Mの金メダリストになれないことを死ぬほど悔しいと思う人は余りいません。

    その100Mスプリントに挑戦しようとは思わないこと、つまり~興味の無いことには才能が無い、興味があることには才能があると言う裏返しなんです。

    自分の未来に迷ったら楽しいかどうかで物事を決めても、あながち間違いではありません。 楽しいからするけれど~楽しくないからしない、色々なことに挑戦しても楽しくなければ長続きはしないのです。 続かないと言うことは止めて正解と言うことであり、今度は別なことに挑戦できる手はずが整ったと言うことなんです。

    人は働かなければ食べていけませんが、必要以上のお金の為に自分の生き方を曲げてしまうと悲しい事態を引き起こします。

    人は一日のうちの半分近くを仕事に費やしているのですが、この仕事が楽しくないと未来は始まらないのです。 結婚していたり~家庭の事情がある場合は仕方ありませんが、そうでないなら自分の才能を使う分野で働かないと息苦しくなってしまいます。

    仕事を義務化してやらなければと思うのなら、未来は苦しくなります。
    仕事を楽しんで楽園状態にしてしまうと、未来は楽しくなります。

    再び脳の話になりますが、固定概念が有るから幸せになれないというのも自分が作り出しているんです。 「お茶は女性が入れるもの」とか「いまどき携帯電話くらい持っているもの」など、これらは固定概念で当たり前と思うようでは柔軟性を失っています。

    そうではなく臨機応変に物事に対処できるようになれば、それは自分で自分の未来を作るスタートラインに立つことができた証拠です。

    あなたは欠点ではなく個性だと、自信を持って言えますか?

    ケッテン~ \_(-_- Ξ -_-)_/~ジシン

    PageTop

    ワークシェアリング。

    製造業は自動車産業の不況が波及して、勤務時間の短縮や休日を増やすことで対応を開始しています。 そして収入は減ってもワークシェアリングなどを開始して、少しでも雇用を守ろうとしています。 ワークシェアリングとは勤労者同士で雇用を分け合うことで、各自の労働時間を短くすることで仕事内容を分け合うことです。

    その形態としては6つに分類されて、単純に労働時間を短縮して雇用創出、仕事自体の分割であるジョブシェアリング、早期退職を促してのパートタイム化、そして自発的パートタイム化、更には有給を消化させることで代替要員の確保、最後に定期採用ではなく退職による自然減少に伴う採用などです。

    ただし、世界ではここまで分類せず単に雇用維持型として、労働時間を減らすことによって企業全体での雇用を維持するのと、雇用創出型として業務ごとに労働を組み合わせて雇用機会を増やすタイプがあります。

    教育機関でもワークシェアリングはあり、大学院を出ても研究職につけない研究者の為に、年配の大学教授や准教授に早期退職を促すことや、給与引き下げにより雇用機会を増やす試みがあります。

    肝心の政府機関や役所でのワークシェアリングですが、コレは掛け声だけで進まないので除外します。

    ワークシェアリングの効果ですが、導入することによって雇用は増加する傾向があると一応は言われています。 ただし、ワークシェアリングを行うような状況では、他の政策等の効果もあると考えられるので、一概にワークシェアリングのみで効果がでるかどうかは特定できません。

    企業の経済活性化と言うのはワークシェアリングだけでなく、資源配分の改善や生産性の向上も必要なのです。

    なお、イギリスでは元々、フルタイム労働を分割してパートタイムを増加させることを目的とする作業分割制度が導入されています。 オランダの場合は雇用創出型が基本で、労働者側は賃上げの抑制~経営者側は雇用の維持と時短~政府は減税と社会保障負担の削減と財政支出の抑制と、役割分担が決まっています。

    また、ドイツではワークシェアリングを産業別&業種別に自主的に行いましたが、その背景には企業業績悪化による失業者の発生を抑制する目的がありました。

    最後に日本ですが、日本においても平成不況のおりに政府が解雇を避ける目的で推奨したことがありますが、政府の基準レベルで実施されたのはゼロ件でした。 日本におけるワークシェアリング導入には、サービス残業の抑制による労働時間の明確化、フルタイムとパートタイムの差別の禁止、業務領域の明確化が課題となっていた為です。

    今年初めのニュースでは大量の派遣切りが雇用問題として連日取り上げられていたのですが、ある企業の会長は「ワークシェアリングも雇用維持には一つの選択肢、そういう企業があってもいい。」と発言しています。 しかし、日本企業は今までしっかりと儲けているんだから、この不況時にこそ社員の為に行動するのが経営者たる者のするべきことだと思うのです。

    大手企業がアルバイトを認めるなんて、今まで副業禁止と言っていたのは何だったのか、コレは経営者として二枚舌で恥ずかしいと思います。 副業禁止と言っていたのだから、今こそ自社内で仕事を生み出す工夫が必要なんですが、それを思いつかないのがぬるま湯経営していた証拠なんです。

    もしも私が経営者ならば、どうするのかと問われたら…。 埋もれている人材の掘り起こしをして、社員の待遇改善に努めることで雇用の維持をすると思います。

    例えば、トヨタ車体なら11474名~トヨタ自動車だけだと65798名~更にはトヨタ全体で言うと285977名もいるのです。 その人材の雇用を維持するとか収入源を補填するには、出費を抑えるのと労働を生み出せばいいと思うのです。

    まずは社員の方々に得意な分野を提出してもらい、その得意な分野で活躍してもらうのです。 ただし、コレは工場内だけではなく、社員の家や知人などにも及ぶ範囲で行うのです。 つまり、社員の家でリフォームを計画していたら、自社内で大工仕事を得意な人を無料で派遣してリフォームを行うのです。

    また、社員の家で子供の家庭教師を募集していたら、勉強を教えるのが得意な人を無料で社員の家に派遣するのです。

    こうやって次々と需要と供給を繰り返していけば収入が減ったとしても、家庭における経費が削減できるので生活に余裕が生まれるし、社員の人も副業なんかしなくても仕事があって給料がもらえるのですから需要と供給のどちらにも良いことです。

    そして、コレに掛かる経費はバブルの時に儲けて、ちゃんと保存している埋蔵金から出せばいいんです。

    頭は使いようなので、経営者はコレくらいの発想は必要です。

    あなたはワークシェアリングのやり方を、どういう風に思いますか?

    どうもです (' - ' *)ゞカキカキ

    PageTop

    院内学級。

    おはようございます。 今日は月曜日なので仕事の人も多いと思いますが、元気で出勤できると言うのはひとつの幸せです。

    健康と言うのは当たり前に思っている時にはありがたみを感じないのですが、イザと言う時に自分に降りかかってきたならすごくありがたいと感じるようになります。 小さい時から病気がちで学校へ通えない子供だっているのに、健康に対して不平不満を言うのは悲しいことです。

    命と言うのはひとりにひとつで、誰も二つや三つの命を持っているわけではありません。

    無くしたら換えればイイと言うわけではないので、だからこそ大切な命だと思うのです。 命のありがたみや大切さを見失うと、それを気付かせるような出来事が次々と降りかかってくるのは反省と感謝で防ぐしか手だては無いのです。

    世の中には生まれてから外へ一歩も出たことが無い子供や、太陽に当たることが出来ない子供、ラーメン屋さんに行くこともできないし~海を一度も見たことがない子供もいます。 日本に住んでいるのに四季を感じることもできないで、そのまま旅立ってしまう子供だっているんです。

    生まれてから病院を一歩も出れない子供や病気で学校へ通えない子供たち、そんな子供たちの為に院内学級と言うのがあるのですが、院内学級とは学校教育法で障害児のカテゴリーの中の病弱児に当たる子どもたちが入院中に、教育を受ける機会を提供される教室のことを言います。

    慢性の心臓~肺~腎臓などの疾患で6ヵ月以上の入院、もしくは生活規制が必要な子どもや病弱児が主な対象となっております。 その疾患としては、心臓疾患~小児結核~腎炎などが挙げられます。

    こうした病弱な子供達の為に専門の特別支援学校が都道府県に各1校程度、一般には国立子ども病院などに隣接して設けられています。 それ以外だと、その地方別の基幹病院に入院中の子どもたちの為に、その特別支援学校から教師が派遣されて教育的な支援に当たっていることもあります。 そういう活動をしている教師が担当するのが、院内学級と言われる学校です。

    ただし、院内学級には法的な規定が存在しません。 広義としては病院内に設置された学級であり、設置の形態としては特別支援学校の分教室や小中学校の特別支援学級があるということです。

    また特別支援学校の病院等への訪問教育を行なっている場合に、指導の為の場所が確保されている時も院内学級と呼ばれます。 狭義としては病院内に設置された、小中学校の特別支援学級も入ります。

    大人でも仕事から離れて長期入院する時や自宅療養した後では、復帰するのに不安が拭えないと思います。 それが子供となればなおさらで、病気で長期の入院中の子供達は勉強することができない為、学習の空白期間や入院による精神的不安感が心の中に潜んでいるのです。

    また、仕方が無いことですが健常者との学力差が出来てくる為に、その学力補償と言う観点からも学習を受ける場所と時間の確保が求められて、その為に学習する場が院内学級なんです。

    しかし、残念ながら院内学級の数は全然足りていません。

    ホンの少しの歩みですが厚生労働省を中心とした運動のひとつ「健やか親子21」は、小児科等のある全ての病院に院内学級を設置することを目標にしてはいるのですが、中間報告を見る限りでは、その目標達成は難しい状況にあると言わざるを得ません。

    多くの病気の子供達の未来へ希望を持たせるには、院内学級を少しでも増やしてあげることなんですが、その設置には都道府県教育委員会や市町村教育委員会~及び学校の理解と行動が必要です。

    しかし、学校側としては面倒くさいことはしたくないし、教師の側も冷暖房完備のきれいな教室はいいけれど、病院へ行ってまで教えたくない言う教師の方々が多い為、実現させるのには人数が圧倒的に足りない状況です。

    また、病院経営を儲けとして考えている場合は、教室用のスペースを取るよりも入院患者の為のベッドを設置して少しでも儲けを多くしたいのが本音なので、院内学級を作るのは精神的に成熟した病院でないと難しいのです。

    私は命がある上に健康だというのは、神に感謝するくらい奇跡だと思います。

    お越しくださる素敵なお客様のひとりに、身長が110センチくらいの方がいます。 彼女はいつも明るく前向きで、鑑定にお越しになるのも特に相談があるわけではなく、日常の生活や仕事を頑張っている報告がほとんどです。 彼女は病気で身長が伸びないのですが、そのせいで昔は相当いじめられて辛かったそうです。 しかし、彼女はいじめる相手すら許す心を持ち、今の自分を作り上げています。

    今も病気と闘う日々なのですが、それでも不平不満を言わずに毎日を過ごしています。 先日もお越しいただいたのですが、お昼前だからとお弁当を買ってきてくださり「鑑定後に食べてくださいね」というような心遣いの出来る優しい女性です。

    その彼女が、ふと何気無しに洩らした言葉が私の胸に突き刺さりました。

    「せんせい、わたしはいつまで生きられるのかなぁ…?」

    私は返事が出来ませんでしたし、胸が詰まって涙がこぼれそうになりました。

    あなたは命の大切さを、どれだけ噛み締めていますか?

    (;_;) シクシク

    PageTop

    発言内容。

    考え方と言うのは保守が悪いわけではありませんし、革新が必ず素晴らしいわけでもありません。 しかし、柔軟さと言うのは必要ですし、いざと言う時の決断はもっと必要です。 ようは状況判断において自分の責任をはっきりと自覚できるかどうかなのですが、日本には玉虫色と言う言葉があるようにどちらとも取れる発言が多いです。

    どこの会社でも同じでよくあることだと思いますが、私がお勤めしている時に工場や建設現場時代で、「悪い、後で埋め合わせするから。」と上司や社長や現場監督などから言われることが多かったのですが、埋め合わせされたことは一度もありません。

    本人は軽い気持ちで言ったのでしょうが、男が一度言った以上は守るのが筋です。 自分が同じことをされたらどう思うのかと言えば、そういうことをする人に限って自分がされたら大激怒と言うのが大部分です。

    言うだけで実行しないと言うのを何度も何度もしていると信用を失うのですが、上司や先輩など上の立場の人は言うワリによく忘れてしまうのです。 もう少し立場をわきまえないといけないのですが、仮に社長が何かを実現させると一度でも発言したなら「責任を持て」と言うのが私の言い分です。

    歳を取れば取るほど自分の都合のいいように解釈してしまうのですが、自分の言ったことを忘れて守れないようでは周りの人から信頼を得るのは無理です。 自分に甘く人に厳しいではなく、自分に厳しく人には優しくと言うのが本当です。 そういう思いやりを持ちつつ状況判断ができる人は、必ず成功への道を歩くと思います。

    決断する時と言うのは確かに難しいのですが、人の弱みに付け込むようなやり口では後からお釣りが来るのは避けられません。

    日本の企業が年々苦戦することが増えてきたのは、考え方が古いとか~新しいとか言うわけではなく「今までのやり方が汚いから苦戦している」と言うのが本当です。 相手の弱みに付け込んで自分に有利なように運んでいくと言うのは、戦略としては正しいと思いますが人としては間違っています。

    私はスマートなことができない男性は出世しないと思っていますが、例えるならば成金趣味の2代目やボンボンではダメなんです。 親の力で商売して~金の力で言うことを聞かせて、上手く行ったら自分のせいで失敗したら人のせい、コレが日本企業のやり方として定着しているから年々苦戦し始めているのです。

    海外の企業が特許や使用権利を持っている技術は、実は日本人が開発して海外の企業が持っていることが多いです。 何故?そういう逆転現象が起きるのかと言えば、いくら良い物を開発しても日本では認めない人が多いからです。

    ひとつ実例を挙げると、世の中のPC業界ではマイクロソフトが席巻していて、通常の業務や使用に関してはアップルを使っていない人の方が多いです。 ところがシェアに関して言うなら大正解ですが、遊びで使う部分や所有の満足感で言うと途端にアップルが出てきます。

    このアップルに関してですが、アップルのDVD編集機能はとても使いやすいと思います。 他のPCではできないことでも簡単にできてしまうほど使いやすいのですが、それは日本人が開発したのだから当たり前で、日本人が開発したのをスティーブ・ジョブスCEOが会社ごと権利を買って搭載しているのです。

    元々のDVD編集技術はSさんと言う日本人が起業した会社が開発したのですが、アメリカで訴訟を起こされたので売却先を探していたのです。

    その当時、買収先としてマ○クロソフトやア○ビシステムズやキ○ノンや東○など、色々なところへ話が行きました。 しかし、ほとんどの企業は買収するのに安く買い叩こうとして、訴訟の件も値引き材料に使ったのです。

    ウチは欲しいわけじゃありませんよ~あなたが買ってくれと言うから話を聞いてやっているんですよ~おまけに訴訟を起こされているんだからその分は値引きしなさいよ、こうやって次々とSさんを責めたのです。 こんな話ばかりされたらSさんとしても気が滅入るし、おまけに日本企業は検討後に返事をするのは一年後なんて話でした。

    そこへ登場したのがアップルのスティーブ・ジョブスCEOで、Sさんと会ったジョブスCEOは「Sさん、会社はあなたの言う金額で買いましょう。」と訴訟をネタに買い叩くこともせずに即断即決で返事をしたのです。

    さらに「訴訟は心配しなくてもいい、売られた喧嘩は俺が買ってやる。 大丈夫!」と言った為、Sさんは感激して1時間後には交渉成立していたのです。 これによりDVD編集ソフトはアップルに搭載されることとなったのです。

    注:スティーブ・ジョブスCEOの人間性については別なので、それについては別な時に書きたいと思います。

    上司や社長と呼ばれる立場の人が「アトで埋め合わせをするから」と言うようでは、自分のことしか考えていない証拠です。 こんな上司や社長の下で働くのは時間の無駄なので、さっさと辞めて環境を変えないと人生の無駄になってしまいます。

    あなたは発言内容の信頼性を、キチンと築いていますか?

    (-_-;)ムゥ・・・



    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は9日(月)より再開します。 いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    勇気ある道。

    「卑怯」と言う言葉がありますが、ずっと昔は「比興」と言うのが正式な字でした。

    しかし、歴史の中でドコをどう変化したのか「卑怯」と言う字に変わりました。 それと共に元々の意味からは移り変わり、勇気がなく物事に正面から取り組もうとしないこと~正々堂々としていないことなど、悪い方の意味に使われることとなりました。

    私は自分を卑怯だと思ったことは何度もあるのですが、自分だけが助かればイイと言う考えの下に恥ずかしい行いが多かったです。 工場勤務時代には身体障害者の人をいじめている上司や先輩を止める勇気がなかったから、自分も同じようにされたくないので見て見ぬフリをしていたこともあります。

    それ以外にも工場の忘年会に参加させられた時の話ですが、その年は何故か工場の忘年会を地元でやらずに岡山市の大きなところまでバスで行ってやりました。

    その時に隣の忘年会場に目の見えない人がいたのですが、その人が歩く時に必要な白い杖を隠した先輩がいました。 白い杖を隠した先輩や周りの上司や同僚たちは、目の見えない人が杖を探して困っているのを見て笑っていたのです。

    しかし、私は自分がやられるのが怖くて、そんな工場の先輩や上司に注意できなかったことが思い返す度に恥ずかしいです。

    私に注意する勇気がない&いじめられるのが怖くて、正しいことを正しいと言えなかったのです。 以上のことは私が霊視カウンセラーになる前の環境における嘘偽りのない事実ですが、こう言う事実を止めることができなかった私の情けなさも事実なんです。

    今から思い返してみても、私は本当に卑怯な人間だったと思います。

    自分がいじめられるのが嫌で見て見ぬフリをしていたのは、人間として間違っていたと思います。 勇気を出して戦えばよかったのですが、その勇気がないのだから話にならない卑怯者だったと思います。 ただし、コレは過ぎてしまった過去なので、懺悔はできますが元へは戻らない思い出です。

    注:少しだけ言い訳をさせてもらえば、建設現場より以前の私は体重が48~50キロほどのヒョロヒョロの体格でした。 当時は殴られたり蹴られたりするばかりで、一方的にやられっぱなしだったのです。

    勇気と言うのは信頼を生むのですが、社長や上司が矢面に立って守ってくれたなら、どれだけ心強いか分かりません。 ホンの少しの勇気があれば、解消できることや解決できることは多いのです。

    仮にいくらひどいことを言われていても、イザと言う時に守ってくれる上司なら信頼を得ることができます。

    しかし、この矢面に立つということは吹雪や嵐を真正面から受け止めるのだから、矢面に立つ人は相当な勇気が必要になります。 その勇気を振り絞り立つことができたら、いつの間にか知らないうちに周りの人たちが信頼してくれるようになります。

    人生は逃げてばかりいると変わらないのですが、2つの道があった時に困難な方ばかり選んでいると自然と実力が付きます。 実力が付くと自然と自信も付くので、イザと言う時の勇気も自然と沸き起こるのです。

    もしも自分の生き方に疑問を持ったのであれば、自分の心に「あなたは、このままでいいのか?」と問いかけてください。 このままでいいのであれば現状維持で仕方がないと言うあきらめの道ですし、このままではいけないと言う気持ちになればまだやれるという余力があることになります。

    更に問いかける気持ちになったのであれば、「こんなことをする為に生きているのか?」と自分の心に問いかけてみてください。

    何故なら、人は生きている間に失敗では迷いません。 成功した時や平穏無事な時にこそ、このままでいいのかと悩む方が多いのです。 失敗した時は目標が達成されていないので、意外と迷わずに行くか戻るかを決めてしまうのです。

    自分に対する問いかけと言うのは、自分を納得させる為にはとても重要なことです。 自分に嘘を吐いて生きていると、とても勇気なんか持てないし~最初から自信なんか持てないのです。

    「誰がどう思うか?」ではなく、「自分がどう思うか?」 コレを考えて生きていないから、自分の行動に嘘を付いてしまうのです。 行動に嘘がある以上は、心に嘘があっても当たり前です。

    自分の心に嘘を付いているのに、人生が豊かで勇気ある人生になるわけがありません。

    あなたは自分の人生を、勇気ある道として歩いていますか?

    ^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ

    PageTop

    キリ番。

    昔の私は私利私欲の塊と言っても良かったのですが、それは自分でも過去を省みた時に恥ずかしさで一杯になります。 自分のことだけ考えて相手の気持ちになっていなかったのではないのかと言う反省が、いつも心に燻っていたり~思い出したりして恥ずかしいと言う気持ちがいつまでも消えません。

    自分が得たモノを自分だけの為に使うなんて恥ずかしいことなのですが、今はそれを言うことができるので昔より良い生活だと確信できます。 ただし、私にとって良い生活と言うのは、お金や車や家~更には役職や地位ではありません。

    私の言葉に耳を傾けてくださる全てのお客様、私のところへお越し下さる全てのお客様、私と関わりを持つ全てのお客様の未来は明るいし素晴らしい、そう感じることができるのは何よりの幸せなのです。

    素敵なお客様が存在するからこそ、私は生きている充実感を頂戴しています。 あなたの言葉や行動は素晴らしい感動を巻き起こすことができるのだから、後ろ向きになって過去へ進もうとするのはもったいないと思います。

    自分が思う通りのことができないとか~自分が目指している方向へ進めないと言うのは、確定しているのだけれどやらない自分がいるだけなのかもしれません。

    私はセコイ考えには懲りているのですが、それは先生や上司や社長と呼ばれる方々に充分見せていただいているからです。 私個人の考えとしてセコイことは嫌いなので、占い師として商売を考えるのではなく利益還元と言うことを広い視野で見たいと思っているのです。

    その為、代理祈願や忘年会やストラップ&本のプレゼントなどをしていますが、そのひとつとしてキリ番プレゼントがあります。

    いつもアクセスしてくださるお客様のおかげで、もうすぐ25万カウンターです。 コレを区切りに今後のキリ番プレゼントは、他の占い師の先生方が余りしないであろうことを企画してみたいと思います。

    大げさに言うほどではありませんが、桁が少ない時にはすぐに何かのキリ番になっていたのですが、最近は桁も増えてきたのでキリの良い番号と言ってもなかなか来なくなりました。

    今後は基本的にある程度の間隔があいたらプレゼントできるようにしたいと思いますので、何かの数字をキリ番に設定したいと思います。 「333333~444444~555555」などはもちろんのこと、それ以外も設定を考えます。

    そしてプレゼントですが、今後のキリ番プレゼントはパワーストーンのブレスレットにします。 (ひょっとして作るのに飽きたら、別なものにするかもしれません。)

    ストラップの時に御応募いただいた方は御存知だと思いますが、ブレスレットを組み上げるくらいは楽勝です。 また、私は霊視カウンセリングが基本だから、コレは売り物ではなく非売品です。

    残念ながら世の中には霊感商法と言って、「コレをしなければ不幸になる!」と言って色々なモノを売りつけるような怪しげなことがまかり通っています。 占い業界に関わっている者として恥ずかしいとは思いますが、同じように見られたくないのでパワーストーンはプレゼントするのが当たり前と言う考えにしたいと思います。

    では、キリ番プレゼントについての説明です。 (特に説明がない時は、コレが規準になります。)

    キリ番をゲットした方は、まずゲットした画面をプリントしてください。 そしてプリントアウトした画面と一緒に以下の内容を同封の上、倉敷事務所までお送りくださいね。

    ①、叶えたい願い。(お願いを元に、ブレスレットを組み上げます。)
    ②、手首の大きさ。(キチンと、手首周囲のセンチを測ってくださいね。)
    ③、返信用の封筒。(定形用封筒に、返送先を書いてくださいね。)
    ④、ブログの感想。(書くかどうかは、お客様の意思にお任せします。)

    では、もうじき25万カウンターとなりますが、「250000」カウンターをゲットした方でプレゼント希望の方は以上の要項を満たした上で事務所までお送りくださいね。

    お客様が喜んでくださる企画は今後もドンドンしていきたいと思いますので、「○○して欲しい」と言うようなご要望があれば一緒にお書き添え下さい。

    では、今後もよろしくお願い申し上げます。 m(__)m

    ☆⌒(*^-°)v ありがとう~!

    PageTop

    ツキ。

    おはようございます。 無事に倉敷へ帰ってきて、いつものように鑑定を再開しています。 今日から通常のブログに戻りますが、よろしくお願い申し上げます。 次回の東京出張は3月20~23日(金土日月)なので、素敵なお客様の御予約をお待ちいたしております。

    私は素敵なお客様にお会いできることを、とてもツイていると運命に感謝しています。 目には見えないけれど、ツキと言うのはとても大事だと思います。 ただし、信じるかどうかは意見の分かれるところですが、私はツキがあると信じています。

    ツキと言うのは目には見えないけれど大切なもので、流れが自分に無い時には何をしても上手く行きません。 しかし、運が向いてくると何をしても上手く行き始めて、自分が思わぬ良い方向へ進むのです。

    そもそもツキとはなんぞやと言われたら、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせとしか説明できません。 口で理解しやすく説明できるのであれば、それはツキではなく科学です。

    ツキがあるとは到底実現しそうもないことであっても、偶然でもなんでも実現させてしまうことなどを言います。 その逆に運が悪いとは楽しみにしていたコンサート当日に寝込むとか、自分の行動をさえぎる現象を言います。 (ちなみに占いや神社のおみくじは、この運を予言することを言います。)

    ツキの考え方には歴史上においてもいくつかの種類があって、因果的決定論に立てば実は幸運や不運の意味は元から無くて、過去や未来は最初から全て決定されていると言う考え方になります。

    外国で言う悪魔に代表される存在によって、結果は全部見通された上で行われていると言うことになります。 わかりやすく簡単に言うとスピリチュアルなどは、この決定論により作られた後天的な理論のひとつに過ぎません。

    もうひとつの考え方として、ツキと言うのは決定していなくて自分の意思で変えられると言うのもあり、私はこちらの考え方になるからスピリチュアルカウンセラーではなく、霊視カウンセラーの部類に入るのです。

    つまり、生まれることも自分が選んできて未来は変えられないと言うのがスピリチュアルで、未来は努力次第で変えられるからこそ希望があると言うのが霊視とも言えます。

    話は戻りますがツキと言うのは意志の力や祈りで、変更できるとの主張が過去の歴史上も多いです。 歴史上では数多くの実験が繰り返されていますし、カジノなどでは常に情報を集計して胴元が負けないようにしています。

    ただし、残念なことに意志の力や祈りなどでツキを変えられると言う科学的証拠が無い為に、多くの人がツキは良くできると思ってはいるのですが科学的には証明できません。 小説や漫画などの世界ではツキが証明されているのですが、それは事前に予知することも絡めて書いてあります。

    人は生まれた時からツキに支配されていると言われているのですが、生年月日~出生地~性別~血液型などが占いに使われることからも、本当に曖昧さがつきまとうのは仕方がありません。

    実際のところは人間の一生の運勢が決まってから生まれるのか、それとも生まれてから運勢が決まっていて細部で運勢が変動するのか、コレは誰にも解明できないのです。

    また、ツキには流れがあるのですが、運が良くなると良い傾向が続いていき、運が悪くなると悪い傾向が続くのは誰でも経験があると思います。

    ただし、科学者に言わせるとツキなんて錯覚の一種だと発言する人もいます。 それと言うのも人間は考えることができる為にランダムな現象からも一定の法則を見いだして、それに基づいた考え方をしてしまうからです。

    このツキの流れを事前に知ることができると言う説は人々を惹きつけるのですが、このようなツキを証明する術が無い以上は可能であるとする確証も存在しないのです。

    ここで良く誤解されるのは運の偏りで、完全にランダムな現象でも一定の傾向を見いだすことが科学的には出来るのです。 よくあるのですが、コインを投げて裏と表のどちらが出るかを見る場合でも裏と表が均等に現れることは少なくて、どちらか一方に偏りが起きることがほとんどです。

    このランダムな「ゆらぎ現象」に規則性を見いだしてしまうのですが、これはコンピューターで計算(乱数)しても偏りが発生するので、多くの人にとって偏っていると感じられることになるのです。 これは錯覚の一種「クラスター錯覚」と言う現象で、科学的に解明されているのです。

    それでも、私はツキの有る無しが人生において、多大な影響があると信じていたいのです。

    もしも生まれてきてから一生が決まっているのであれば、その人は努力することが無駄になってしまうし、「努力することもプログラムだ」なんて言われたらやるせなくなります。

    仮に私がお客様より「ツイているか?」と問われれば、「ツイています!としか言えません。 ツキと言うのは目には見えないけれど、ツキが無いのであれば占い師をしてはいけないのです。 なによりも「毎日素敵なお客様にお会いできる」 そんな私がツイてないなんてありえないのです。

    素敵なあなたにお会いできるのは、私がとてもラッキーな証拠です。

    私はとてもツイているし、お越しくださるお客様は私と縁がある以上は「強運の証拠」だと言い切ります。

    あなたは自分のツキを、どのように考えていますか?

    あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)

    PageTop