徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    好きと言う言葉。

    恋をするのは楽しいけれど、楽しいと言う反面~悲しい時も訪れます。 悲しい瞬間と言うのは人それぞれですが、心に想いが残ったままでいるのは一番後悔することになります。 告白するのは勇気がいるけれど、その勇気を振り絞って告白した瞬間から運命はあなたに色々な道を示してくれます。

    「好きです。」「あなたのことが好き。」「好きで忘れられないの。」

    どういう形にせよ、好きと言う言葉を言わなければ、見つめるだけで始まる恋は余りないんです。 「好き」って言う言葉は本当に好きな瞬間に言うからこそ意味があり、過ぎてしまった時の流れの中で想い出しながら言うのは後悔だけが残ります。

    「もしも、あの時に言えていたら…。」 こう思いながら付き合えなかった彼との想い出を胸に秘めているのは、想い出の量だけ後ろ髪を引くことになります。

    ヒトコト、たったヒトコトでいいから言えていたら変わっていたかもしれない、そんな響きを持つ「好き」と言う言葉を想い出の中で眠らせたままでは、ドコにあるのが本当の自分なのかをいつまで経ってもごまかし続けることになります。

    そんな状態のままでいたならば、もしも好きだった彼と再会したら何を言うかは決まってしまいます。 彼に「今、どうしてるの?」と聞かれたら、「幸せよ。」と、嘘をつくことになるかもしれないのです。 好きな彼と一緒にいられない現状が幸せであるわけはないのですが、彼の顔を見ながら話していると自分が幸せと言う以外の言葉を言えないのに気付くと思います。

    たったヒトコトの「好き」 これが言えないばかりに運命は別々の道へ二人をいざなうかもしれないのです。 あなたのメロディーを奏でることができるのは彼だけなのに、他の誰でもない彼しかあなたのメロディーを理解できないのに、宙ぶらりんのままでいるのは苦しいと思うのです。

    「彼のことを忘れたい。」 そう思っていも脳裏に焼きつく想い出は、儚いままなのにいつまで経っても消去でいません。

    彼のことを忘れる為に他の人と付き合ったり、彼のことを振り切る為に他の人と結婚したり、彼のことを記憶から消す為に好きでもない人の子供を産んでみたり、忘れる為に色々な手段を講じても、恋の始まりの部分で後悔を残していると無理なんです。

    恋の痛手を振り切る為に強い女になろうとしても、心の寂しさまではごまかせません。 いくら強い気持ちを持とうとしても、肩と肩が触れ合うとか~頬と頬を寄せ合うとか~夜になると朝まで誰かといたい気持ち、そういうものが思い出されてしまうのです。

    そういう時に素直になれない、そういう時ほど強気な言葉を言ってしまう、そういう時ほどひとりでいる自分を作り上げてしまう、そうしてしまう気持ちは痛いほどわかるのですが、それではハッピーな日がいつまで経ってもやってこないのです。

    流した涙の分だけ素直になれて、素直になれた分だけ出会いが増えて、出会いが増えた分だけハッピーになれる、そう言う素敵なあなたでいて欲しいと思うのです。

    好きな人がいた場所や好きな人が聞いていた曲、色々な好きが出てくる時に後悔しない為に、あなたがするべきことは気持ちを伝えること。 伝えたアトのことは相手の気持ちであり、あなたがどうこうできるわけではありません。

    好きと言うタイミングは早すぎても遅すぎても、どちらでも成就しないのです。 後悔と言うのはアトでもサキでも同じであり、後悔自体をしてはいけないのです。 あの時に言っていればと悔やみながら思い返すよりも、あの時に言ったけれどダメだったと笑いながら話せる方が素敵だと思うのです。

    「会いたいから会う」 そう言う気持ちがあるのならば、「好きだから伝える。」 これもあなたの心のメモに残しておいて欲しい言葉です。

    ゆっくりでもいいから一緒に歩きたいと思っていても、成長の度合いや環境の変化により相手との歩幅が違ってきているかもしれない、その違いに気付けないままでいると恋は後ずさりして、終わりを告げてしまうかもしれないのです。

    いつか時を越えて出会ったとしても愛している、そういう気持ちは素敵ですが「始まらない恋」は発展しないから愛に変わることもありません。

    好きな人に何年か経って再開した時、「オマエのこと、好きだったんだ。」 こう言われたらとしたら、あなたは「何で今頃言うの?」と思うかもしれません。 それと同じように伝えない気持ちが起こす不幸とは、あなただけが不幸になるのではなく相手も不幸にしてしまう、そのことに気付いてくださいね。

    あなたは好きと言うべき瞬間に、キチンと好きと言えていますか?

    (*ω*? ウ~ン、イエルカナァ?

    PageTop

    笑顔。

    物事は回りまわっていつかは返ってくると言うのが真理なんですが、いつ返ってくるのかわからないから反省も精進も続けにくいのです。 仕事なら月末に給料と言う形で返ってくるように需要と供給の関係ができやすいのですが、運と言うのは目に見えないので何時どうなるか分からないから、正しい行いや寄付&ボランティアが理解されにくいのです。

    見返りを求めてするのはよくないのですが、自然な見返りがあると言うのは期待しつつ忘れるのが一番いいんです。 助けてもらった恩義は一生忘れないけれど、助けたことはすぐに忘れなさいと言う言葉があります。 これこそが+と-の真理を表している言葉で、自分が助けた人の数だけ助けてくれる人がいるのと同じです。

    この+と-の作用~反作用は科学実験では無いけれど、自分がしたことが自分に返ってくると言うことの本質です。

    いつもイライラしている人の回りには、いつもイライラした空気が流れて、いつも気まずい雰囲気で一杯になります。 しかし、本人が気付かないのなら、周りの誰が言っても聞かないので、ますますイライラした状態が続きます。

    ところが運命はそれを見逃さないのですが、イライラした空気を作る人がそのまま進めばどうなるかと言えば、最後にはひとりぼっちで寂しい人生を送り、最後の最後まで不平不満を言い続けて人生を終えることになります。

    自分がしたことがいくつも積み重なって現在の自分のいる場所、ひいては未来の自分がどうなっているのかを作り出してしまうからこそ、過去の反省と現在の積み重ねはどちらも大切なのです。 ココで言う過去の反省とは、良い思いや自慢話は一切しないし忘れると言う前提であり、いつまでも昔の栄光を懐かしむのなら成功はありえません。

    成功している人の多くは人の心の傷みがわかる人であり、自分がされたら嫌なことは人にもしないと言う人が多いです。 何故そういう気持ちになれるかと言えば、自分が過去に苦労した経験が心に蓄積されて良い方へ作用した人がほとんどだからです。

    運が良いと言うのは日頃の積み重ねと、回りまわって自分のしたことが自分に返ってくると言うのを理解していれば、自分がどうするべきかは自然と分かるはずです。 自分がすることで相手が幸せになるなら、それはためらわず直ぐにやりなさいと言うことです。

    私が東京出張の時に利用するホテルは、ネットで事前予約をしていれば、一泊に付き1000円~2000円くらい宿泊料金が安くなります。 これはホテルのサービスの一環でもあるので、顧客獲得作戦としてするのは間違いでも何でもありません。 しかし、これを利用されたらホテルで働く人としては、単価が安くなるのにいつもと同じ通常業務を要求されるのです。

    ここで自分が同じ立場だと考えてみると、「仕事内容は同じだけれど、給料(時給)は下げる。」と言われたら働く意欲は当然下がると思います。 この働く意欲を世の中の経営者は無視しがちですが、賃金を上げるのは嫌だけれど売り上げは伸ばしたいと言うのは矛盾しているのです。

    売り上げを伸ばしたいなら、何よりも従業員の人を大切にしないと無理なんです。 お金が無くても会社は潰れませんが、人材がいなければ会社はすぐに潰れます。

    私は自分だけが得をしようと言う考えは無いので、寄付をするのは当たり前だと思っています。 HPを御覧のお客様にストラップや本のプレゼントをした時も、見ていただいているのだから当たり前としか思っていません。 忘年会を開催するのもお越しいただくお客様に、少しでも喜んでいただけるのであれば損得は関係ありません。

    自分は生かされているだけであり、それは運命が私に人の役に立ちなさいと言っているのだから当たり前、人が喜ぶことをするのが自然としか思えないのです。 (占いやスピリチュアルと私が一線を引いているのは、やっている内容が別物だからです。)

    先ほど書いたように私が利用しているホテルは、ネットで事前予約をするなら宿泊代が割引となります。 だから1泊の時は1500円程度~2泊なら3000円程度~3泊なら5000円程度、そういう感じでホテルのスタッフにお土産を買っていきます。

    ただし、これは安くなった分をお土産の費用に当てているだけで、自分が持ち出しているわけではありません。 正規の料金なら元々掛かる費用からの差額を使って、その割引になったお金でホテルのスタッフの皆さんにお土産を買っていくだけです。

    それじゃ差し引きゼロだから意味が無いと思うかもしれませんが、使う金額は一緒でもホテルのスタッフの方々の心に嫌な思いは残らないと思います。 最近は会場の準備も後片付けもスタッフの方がしてくださるのですが、これは会場使用料金の中には含まれていません。 しかし、自然とスタッフの方が気を使ってくれるようになりました。

    「自分が得したら、その分を吐き出して誰かに喜んでもらう。」

    これを繰り返していれば、自分が運命に見放されることなんてありえません。 割引してくれたのなら、その割引を相手の為に使う。 そんな簡単なこともできないのに人の運命を鑑定するようでは、口だけ立派なことを言って私利私欲にひた走る方と同じになってしまいます。

    私は占いやスピリチュアルに関わっているのではなく、「お客様の素敵な想いに関わっている。」 そう心に刻み込んで、霊視カウンセリングをしています。

    お金でも何でも自分だけのモノだと溜め込まず分配して喜んでいただけたら、その笑顔が心を癒してくれるのだから、生きていくのに充分な意味があると思います。

    あなたは目先の損得ではなく、相手の笑顔を見ることで喜べますか?

    ヽ(;^o^ヽ))) (((/^o^;)/ アリガトー!

    PageTop

    納得してもらう。

    夢を叶えたいと言う人は大いに想像していただきたいのですが、お金のことはさておき夢が叶うと言うのは自由を手に入れるのと同じことかもしれません。 ただし、その夢とは責任の上に成り立つものであり、責任も何も無いのに夢は叶いません。

    例えば、商売を始めること自体はすぐにできるし誰でも可能なことですが、商売を「続けることと儲けること」は難しいのです。 この続けることと儲けることは車で言う両輪なので、どちらが欠けても走ることはできません。 両方がキチンと揃っているからこそ、長く続けたり大きく成長させたりできるのです。

    ここでひとつの例として取り上げてみたいのが、不動産&建設業界です。 最近は名古屋出張に行くので特に感じるのですが、名古屋のビルやマンションの空室率は20%を超えているんじゃないかと思えるほど元気がないです。

    ブログによく出てくるN市のIさんは建築のプロなので素人の私が言うのは憚られるのですが、今の建設業界で仕事が無いと言うのは過去の仕事が「ダメだった」と言うことです。 ダメと言うのは技術や価格を言っているのではなく、仕事をする上で「続ける+儲ける」と言う両輪の上に「喜ばれる」と言う価値を乗せてないから、いつのまにか走れなくなっているのです。

    不動産&建築業界は自分の都合の良いような家ばかり建てて、お客様の為になることをしていないからイザと言う時にお客様の心を刺激できないのです。

    不景気と言う前に考えていただきたいのですが、住宅展示場やマンションのモデルルームは休日ともなれば必ず賑わっているし、家のリフォームだって検討している人は大勢います。 お風呂を快適にしたいとか広いリビングでくつろぎたいなど、家のリフォームは至る所で両手を広げて待っています。 それなのに「仕事が無い」と言う言葉を言うのは、過去に喜ばれる仕事をしていない証拠です。

    こういう話をすると「お客様の為に!」と言う言葉を金科玉条のように言いますが、仕事と言うのはそれだけでは意味がありません。 仕事と言うのはひとりではできないので会社の従業員や外注&下請けの人など、色々な人が関わっています。

    お客様を喜ばせると言うのは良い仕事をすると言うことですが、良い仕事をしようと思えば従業員や下請けの方が気持ちの良い仕事をできなければ良い家にはなりません。 従業員の給料はいつまで経っても安いままだし、下請けへの支払いは手形で端数をカットして半年先に渋々払う、こんなことをしておきながらお客様の為と言うのは勘違いもはなはだしいのです。

    おまけに家を商品化すると言うのは、建築業界側の手間を省いて「これはこうなります」とか「これは追加を貰わないとできません」など、自分が楽な仕事ばかりしておいて受注が減ったと嘆いているだけです。 家と言うのは高い買い物だからお客様が納得ずくの上で、しかも気持ちの良い家を建ててあげなければダメなんです。

    建築士さんを例にとっても大きな勘違いをしているのが、自分が設計する家は全て正しいと思いがちの部分です。 TVや雑誌に出ているような有名な建築士さんに仕事を依頼しても意外と出来が悪い時がありますが、それは仕事を頼む側にも原因があります。 その一番大きな理由は、建築士さんが「家を建てる場所を理解していない」からです。

    例えば、田舎の方で家を建てる場合に、名古屋の有名な建築士さんを頼んだとします。 雑誌やTVにも出ているから安心だとばかりに、全部任せると大変な家になってしまいます。 有名な建築師さんになると先生と呼ばれる為、自分が設計する家は良いと言う固定観念から「自分が住んでみたい家とか自分が手馴れたような家」を設計するからです。

    都会の方は土地が少ないし核家族が多い為、どうしても敷地に対する建蔽率の関係もあるので上に~上に伸ばす設計になります。 そうなると階段が多くなり、しかも生活スペース確保の為に狭い階段で家の外周を回るような作りになります。 その感覚で田舎の方に家を建てるとなれば、おじいちゃんやおばあちゃんがいるのに狭い曲がった階段を上らせることになります。

    土地の風土や環境に合わせた設計が必要なのに、見栄えはいいけれど生活しにくい家を建てたとすれば、次から仕事が無いのは当たり前なのです。

    お医者様は患者様に「症状は?~熱は?~いつから?」など、次々と問題点となる病状を判明させてキチンと対処しないといけません。 それなのに建築士(医者)がお客様(患者様)に、自分の都合を押し付けているから次の仕事が無いんです。 喜ばれない(治癒しない)以上は、ダメ建築士(ヤブ医者)と思われても仕方がありません。

    夢の話から商売の話~そして建設業界の話になりましたが、建設業界は宝の山が埋まっているのに掘り出せない人が多い、そして掘り出せないのはセンサーが働いていないからと、とても分かりやすい業界と事例なので例え話として取り上げました。 (しかし、これはどの業界にでも当てはまる話です。)

    私は建設業界の素人ですが、プロよりも私の説明の方がお客様に分かりやすいかもしれません。 お客様とお話をするのに必要なのは知識ではなく納得で、納得してもらうには知識よりも信頼なんです。 しかし、信頼とは日頃の積み重ねであり、すぐに身に付くものではありません。

    あなたは相手が求める説明をして、それに納得してもらっていますか?

    \(*T▽T*)/ワーイ

    PageTop

    出会いの秘訣。

    おはようございます。 昨日の午前中に帰ってきて、午後より鑑定を再開しております。 素晴らしい方々との出会いは勉強になり、私は今後も努力して行こうと決意を新たにできました。 (次回の名古屋は11月30日で、予約は現在受付中です。)

    この誰かと出会うと言うのは運命を変えるには充分なのですが、中でも恋愛は人生に大いなる影響を与えると思います。

    恋愛と人の心は切っても切れない関係で、男性が女性を~女性が男性を求めるのは自然の摂理なので、恋をするのは人として磨きを掛けているのと同じことなのです。 生命の進化とは恋愛と共にあると言っても過言ではなく、遺伝子の継続と進化があるからこそ「言葉」や「態度」により求愛行動が発展してきた歴史もあります。

    生命体の中でも言葉を持つことで発展したのが人間の恋愛であり、基本的に「恋愛は本能」でするものであり、「結婚は意志」でするものと言う定義が出来なくもありません。

    結婚は意思でするものと言うのは共通する点も多いのですが、恋愛の場合は色々とあります。 本能でしか始まらない~強い意思で出会う~テクニックで確実になど、恋に関しては人それぞれです。 ただし、私達は野生動物では無いので本能のおもむくままに生きているわけではありません。

    「今夜は焼肉!」と頭で考えても収入や健康など、理性でしっかりとコントロールできるのが人間です。 頭の中に肉を思い浮かべたら、すぐに実行して食べていたら社会生活は送れません。 通常の社会生活では本能を抑えることが当たり前なので、それ自体は悪いことではありません。

    しかし、恋をしたいという気持ちまで理性~理性と言って抑えていたら、どんなに素敵な人との出会いがあったとしても、感性がピンとくる出会いは無いと思います。 それを防ぐ為にも、まず始めることは自分の理想の恋愛を強く意識してみることです。

    人間以外を見ても、孔雀のオスは鮮やかな羽でメスを誘う求愛行動をします。 まずは、強い遺伝子を残せる「強さ+美しさ」をメスに示しますが、これはまず「自分の行動ありき」なのです。 人間と孔雀は違うから一緒にするなと言われるかもしれないけれど、気になる異性には自分の魅力をちゃんと伝えるのは大事なことです。

    ちゃんと理解してもらうからこそ惹かれ合うのは、人以外の生命体でも全て同じです。 野生ならば派手な求愛行動は敵に見つかりやすく命がけですが、人と人との出会いは命がけと言うほどでも無いので、一期一会は大切にしないといけないのです。

    誰しも出会いはあるけれど、出会いを無にしている人も多いのが現状です。 それではどうすれば解消できるのかと言えば、一番目は「相手の長所や魅力を見つけようとする」のがポイントです。 次に「相手への興味を示し、相手の話を聞く」ことです。 最後に「言葉遣いやマナー」が大切です。

    これは社会生活にも通じるかもしれませんが「恋愛対象」として意識されるには、女性は女性らしく~男性は男性らしくが基本です。 人には得手不得手があるので、「いかにも女らしく」と言うのは苦手な人もいますし、男性側から見ても女性らしさを感じるツボは違います。

    「自分を好きになれる」 自分が自分を好きじゃないのに、相手に自分を好きになってもらうのは難しいです。 ファッションやメイク~仕草や話し方を研究して、客観的に似合う似合わないを意識するのも大事です。 自分の中の女性としての魅力に気づいて、そこをアピールすることが理想の相手を惹きつけることに繋がっていくのです。

    そうしないと、お互いに「また会いたい」と思えなかったら恋はそこで終わってしまい、次のステップには進めないのです。 いくら積極的に出会いを探しても「ピンとくる相手に出会えない」と思うのなら、それは出会いを探すことが義務や責任としての感覚になっているのかもしれませんようです。

    恋は義務や責任でするものではなく、自然に恋のチャンスを引き寄せるのが理想です。 そうなりたければ、男性と話すことが楽しくて仕方がない状態を自然だと思う工夫も必要です。 あなたの周りにいる恋愛上手な人を見ると、その手法を自分の中に取り入れることが出来ると思います。

    しかし、周りにそういう人がいないなら、楽しい自分を思い浮かべれば大丈夫です。 自分が楽しくないと相手にも伝わるし、気が重い状態では相手の見極めなんて無理です。 これは男性だけではなく、同性にも好かれることも含めて第一印象で決まるのです。 では、男性目線で「素敵!」と思いたくなる、そんなしぐさをいくつか御紹介します。

    1に定番の「笑顔」ですが、「見ているとこっちまで楽しくなる」「上品な微笑み」「親しみやすい雰囲気の優しい笑顔」などです。

    2に「視線(目力)」ですが、「真剣に話す目」「キリッとした眉と涼しげな目」「大きな目でじっと見つめられる」などです。

    3に「相づち」で、これは話の聞き方です。 「聞き上手で、リアクションがかわいい」「ちゃんと人の話を聞いてくれる」「会話を楽しめる人だと思える時」などです。

    4に「唇(口もと)」で、「笑うと口角が上がる」「品がある唇」「よく笑ったり、しゃべったりする時に口を隠さない」などです。

    5に「その他」として、「豊かな表情」「しっかりうなずく」などがあります。

    人は誰でも最初は相手の見かけで判断しようと考えるのは男女共に一緒で、笑顔や話し方に加えて、仕草や雰囲気などは重要なポイントです。 初対面で「素敵だな」と思わせる人は、男女に関わらず自然体で力が入っていない人が多いです。

    一期一会の精神でいれば、出会いを無駄にせず最高の笑顔が出せますし、逆に魅力的な表情を見せる人に悪い印象を持てるはずが無いのです。

    あなたは心に余裕を持って、出会いを大切に出来ますか?

    ( ̄▽ ̄)”\(^-^ )イイコイイコ

    PageTop

    特得徳。

    スーパーのチラシやショップなどで大売出しの時に特売日と言う言葉が良く使われていますが、これは何の気なしに見ているけれど「特売」の意味を考えたことは余り無いと思います。 「特売」とは辞書で引くと、期間を限って特別に安い値段で品物を売ることとなっています。

    お店を経営していると、ついお客様が来ない日が続いたら「定価を下げて集客」というパターンに陥ってしまいます。 しかし、お店を経営する以上は仕入れ~店舗の維持費~人件費など、さまざまな元手が掛かります。 それを無視してまで売り上げにこだわっても仕方が無いのに、どうしても純利益より売り上げに走ってしまいます。

    しかし、安売りを仕掛けて一時期は隆盛を誇ったダイエーがどうなったか、その現状を見れば安売りは長続きしないのです。

    「とく」と言う漢字は「特」だけではなく「得や徳」もあるのですが、人は何故か「特や得」の2つには反応するのに「徳」には余り反応できません。 特を優先しているとお金にばかり目が行ってしまいますし、得を優先していると自分が得ると言う事象ばかりに目が行ってしまいます。

    商売をしていると大手が来れば意識が負けてしまいがちですが、小さなお店でも大きなお店を相手にやりぬくことは充分にできます。 どんなお店や会社でも最初はひとりから始めるのですから、いざと言う時に「また、ひとりから始めよう。」 こう思えるだけで生き残り確率は上がるのです。

    「特」を前面に出すのは価値を金額に見出しているだけで、安く売ると言うだけの意味しかありません。 安くするだけなら利益を減らせば誰にでもできるので、これは創意工夫を何もしていないのです。 仕入先の安いところを探す~人件費を抑えて安くする、これらは誰かを泣かせて犠牲の上に成り立っているだけで、喜ぶ人が少ないやり方です。

    それに本当に買う気で来ている人は、その商品が目当てできているので価格には関係なく手にします。 その商品が欲しいと言うのは付加価値があるからで、購入するお客様が得したと思えば「特」でなくても買ってしまうものです。 商売でも何でも取引すると言うのは、あくまで「売るのはお店の都合」であり「買うのはお客様の都合」だというのを忘れてはいけないのです。

    「特」を優先する安売り合戦に参加してしまうと、とにかく回転しないと資金がショートしてしまうので、売り上げ至上主義でとにかく現金を入れるようになります。 それでも足りない時は銀行に借り入れをするのですが、借金する時点で商売は終わりなんです。 利益を充分に確保できていないし固定のお客様もいない、とにかく目先の回転率だけと言う状態では借金ができるのは当たり前で、お金を借りると言う時点で負けなんです。

    商売と言うのは売る気で接客するのではなく、買っていただく気持ちで接客するものです。

    お金を出すのは誰かと言われたら、それは自分ではなくお客様なんです。 お客様がお金を出してくださる以上は、お客様が喜んでもらえなくては何の価値も無いのです。 「どうしたらお客様に来てもらえるか?」 そんな小手先のことを考える暇があるなら、来ていただいたお客様に「どうしたら喜んでもらえるか?」を考える方が先です。

    人がお店に行く最大の理由は、そのお店に行きたいからです。 高い安いと言うのはお客様の気持ちが決めることであり、お店側が安いと思ってもお客様から見て魅力がなければ高いと思われるのです。 単価に見合う演出がなければ、それはいくら口で言っても相手の心を動かすことはできません。

    これを自分に当てはめて、「どうして自分は、そのお店に行きたいのか?」と言う部分に気付けば、会社やお店は自然と流行る状態にできるはずです。 それでも分からなければ、流行っているお店に言って自分の目で確かめる。 それくらいの行動力も無いのに、お店や会社を流行らせるのは無理なんです。

    売り込む(営業)のは二流であり、買っていただける(口コミ)というのが一流です。

    理想は何もしなくともお客様が来てくれることですが、何もしないと言うのはするべきことをした上で後は天に任せると言う意味です。 お店の掃除はきちんとする~制服はいつも清潔にする~言葉使いはキチンとする、こういう基本的な積み重ねをおろそかにせずキチンとすると言うことです。

    白鳥は優雅に見えるけれど、水面下では一生懸命に足を動かしているのと同じです。

    また、好調な時に陥りやすい落とし穴があるのですが、来ていただけるお客様は誰であろうと差別せずにお客様をバカにしないお店や会社で無いと、取引額が大きい人だけ優先するようでは情け無い人間性が露呈してしまいます。 こう言う考えでいる人は商品説明でもプロの説明をしておきながら、分からないのは理解しないオマエが悪いと言う裸の王様になるのです。

    人に話をする時には、プロの説明は必要なく「素人にも理解できる説明」が必要なんです。

    「特」は一時的には威力がありますし「得」も相手に利益を与えている間は大丈夫ですが、「特と得」は損得勘定や私利私欲が優先の為に長続きはしないのです。

    最後には「徳」を持って行動している、そういう人が一番強いのです。

    あなたはとくと言う字を、どの字に当てはめますか?

    (*_*、)ヾ(-ω- ) ヨシヨシ


    お知らせ:出張の為、ブログの更新はお休みいたします。 ブログの更新は28日(火)より~鑑定は27日(月)午後より再開となります。 お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 いつも御利用いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    携帯で。

    おはようございます。 今日も素敵なあなたの一日は素晴らしいと思いますが、明日からの週末に向けて色々な計画を立ててみるのもいいかもしれません。 あなたがするべきこととしなければならないこと、それがなんなのかを決めるのは心にある夢なんです。 そして、その夢をひとりではなくパートナーとともに見ることができたら、もっともっと素敵になると思います。

    さて、そのパートナーの浮気って言うのは気になると思いますが、女性のカンが「ピンッ!」と働いたら、それは相手が浮気をしていると断定してもいいくらいの正確さです。 人類発祥より女性のカンは男性より鋭いのですが、それは自分の身を守ると言う原始時代からの流れです。 それが証拠に占い師と言っても、占い(スピリチュアル含む)全体の80%が女性占い師さんであり男性は少数派です。

    そんな潜在能力を使わないのはもったいないし、素敵な恋や幸せな結婚をしたいのなら「浮気を見抜く」ことに使ってもいいと思うのです。 しかし、「う~ん、そういうの苦手なのよね~?」と言うお客様もいると思いますので、現代社会で必須アイテムのケータイによる浮気判別を少し書いてみたいと思います。

    私は霊視で視れば浮気なんかは楽勝で見抜けますが、それを紙にプリントアウトできないので言葉でしか説明できません。 浮気の確信と言うか証拠を見つけたいなら一番手っ取り早いのが携帯電話で、この携帯電話の使い方を見ていると男性の浮気なんかは楽勝で見抜けます。

    男性はきちんとしているように見えても、女性と付き合う上ではどこか間の抜けた部分があります。 男性が浮気相手と連絡を取るのに面倒なことはしたくないので、最も便利な携帯を使います。 ココが肝心なところですが、男性が浮気をしていると明らかに携帯の使い方が違ってきます。

    チェックポイントとして、まずは「携帯を手放さない」 これが一番分かりやすいです。 それ以外には「着信音が鳴ると、場所を変えて受ける」とか「外出中は電源を切っているか~留守電にしている」など、連絡を受けても確認してからでないと出ないようになります。 また、メールの使用が増えた~トイレにこもってメールを打つ~ロック機能を使うなどは、もう馬鹿馬鹿しいくらいのわかりやすさです。

    この他の怪しいポイントを全部取り上げるとものすごく多いので、アトは箇条書きにしたいと思います。 例:得意先だと言いつつ「後で折り返します」と返答する~仕事用の携帯を持つ~着信や発信などの履歴をいちいち消去する~男性の名前やイニシャル等が増えるなどです。

    男性は目の前のことに集中するのは上手なんですが、自分の行動を周りに気を配りながらすると言うのは苦手です。 どうしても「俺様」と言うのが抜けないので、自分が何をしていても見られている感覚が薄いのです。

    その為、怪しまれるとは思わずに「一旦帰宅したのにコンビニに行く」とか「タバコ吸うから散歩してくる」など、ワケの分からない説明で相手が納得したと思い込んでいるので
    す。 基本的に一度帰宅した男性が携帯を持って外出するのは、浮気相手と通話したりメールをする為であり、帰宅後に仕事の為に携帯を肌身離さずと言うのはありえません。

    特にこれまで携帯に無頓着でどこでも置きっぱなしにしていた男性が、肌身離さずなんてケースは浮気確定で間違いありません。

    私は浮気を発見するのが良いとは思っていないのですが、それは知らない方が幸せだったと言うこともあるからです。 もしも、霊視で相手の浮気が分かったなら、そのアトどうしたいのかと言うことを考えてから出ないと、霊視で浮気を発見するのはお勧めできません。

    ただし、確信できたとしても浮気していることを追及するのは、余りお勧めできません。 怒る気持ちは良くわかるのですが、これを実行するのは早計です。 それは浮気と言うのは「こそこそ浮気をしている」場合は、あなたと別れる気は無いと言う裏返しでもあるからです。

    それなのに追求してしまうと、いきなり「あなたか⇔浮気相手」のどちらかを選択しなければならなくなります。 この時にタイミングとして浮気相手との恋が盛り上がっていたら、男性は浮気相手を選んでしまいます。

    あなたが「どうしたいか?」の為にする行動は、パートナーを失いたくないのか~別れたいのか、自分の気持ちを確認する必要があるのです。 浮気の証拠とは、集めれば集めるほど傷つき許せない気持ちも強くなります。 離婚をしたくないなら、パートナーが戻ってくれる努力をしてみる方が無難です。

    どんなご夫婦でも片方だけが悪いなんてことはなく、自分では気がつかない~あるいは気づいてはいるけど直せない、そういう至らない点はお互い何かしらあると思います。 そこを謙虚に見直していくことで居心地を良くすれば、パートナーは戻ってくる可能性が出来てきます。

    浮気を発見するのは簡単でも、そのアトでどうするのかは運命の別れ道となるのです。

    あなたは浮気を知りたいですか、それとも知りたくないですか?

    ( ̄□ ̄;)ガーン

    PageTop

    同調。

    「夢は叶う」とはよく言われるのですが、何もせずに叶うわけではなく自分が目指すからこそ叶うと思うのです。 精一杯の笑顔で運命に努力をアピールしているからこそ叶うだけで、何もせずに不運なことを考えていたら夢が叶うはずがありません。

    私が基本的に良いことしか言わないのは、余計な思いが波長となり叶わない未来と同調する危険性があるからです。 「もしも、悪いことになったら…。」 こう考えること自体が不運を招く原因のひとつであり、「こうなったら嬉しいから、頑張ろう!」 こう考えるのとは実現度が雲泥の差となって現れるのです。

    もしも悪い考えを波長として出している時に、相手も悪い波長を出しているなら「悪いと悪い」が同調して悪い思いの方を実現させてしまうのです。

    商売でも勉強でも必殺技のようなものはなく、コツコツと積み上げて行くことで創めて実績や成果となります。 何もせずに寝ているだけの人と、いつもアンテナを張って敏感に嗅ぎ取ろうとする人では、発想と言うかアイディアと言うかモノの見方が違ってきます。

    数字は1~2~3~4~5~6~7と順番に増えていきますが、数を数えるのでさえひとつづつから増えていきます。

    それを1~3~5~7~9と進んだらおかしいはずなのに、自分の進み方を数える時には1~2~3では遅く感じてしまいます。 しかし、給料を支払ってもらうのに1枚2枚と順番に数えたら納得できるけれど、枚数は1枚づつなのに1~3~5と数えられたら100人中100人がズルイと感じます。

    成功への近道は無いのに、つい近道を探してしまうのが人間心理として未完成な部分です。 1~2~3~4~5~6と進んでいくのは遅く感じるかもしれませんが、1~3~5~7~9と飛ばしたら早いのは「その時だけ」で、飛ばした分だけのお釣りは後で必ず来ます。

    もしも二つの道を選ばなければならない時がきたなら、それは困難な方の道を選んでください。

    最初は苦労の連続で「どうして?」と思うかもしれませんが、涙が溢れた分だけあなたの思いを運命は受け止めてくれます。 涙が溢れてくると言うのは希望があるから溢れるだけであり、本当に絶望していたら泣くことすらできません。

    10月の東京出張には5人の岡山県在住→東京都在住となったお客様がお越しくださったのですが、この5人はそれぞれが成功への道をひたすら歩いています。 しかし、何もせずに東京へ出れたわけではなく、5人とも自分がこうなりたいと言う思いを秘めて東京へ出たのです。

    ある素敵な女性は8月まで岡山にいたのにトントン拍子で物事が進んで、10月の時点では自分が希望した職種と職場になり、おまけに銀座に住むことになりました。 (散歩するのは銀座の並木通りで、自転車で足を伸ばせば東京駅周辺がサイクリングコースです。)

    これはひたすら「こうありたい!」と言う強い気持ちと、「誰かの役に立ちたい!」と言う自愛の精神を持っていたから運命が応援してくれたのだと思います。

    夢が実現する時と言うのはトントン拍子になることが多く、「こうなりたい!」と言う良い波長と職場となる場所の良い波長が同調して招き入れるのだと思います。 しかし、運命はタダでそうしてくれたわけではなく、「あなたはもっと活躍できるのだから、多くの人を助けてください」と言うメッセージも含まれていると思います。

    これは不思議なのですが「倉敷事務所に来たことがある人」と言う条件を付けた場合、何故か銀座在住になる人が多いです。 実は現時点で3人が銀座在住ですが、3人とも職場は別ですが職種が同じなので同じ場所に住むことも自然な流れかもしれません。 そして3人共に東京会場へ来てくれて、それが3人とも10月の東京出張だったと言うのも不思議な縁です。

    運命は優しい時もあれば厳しい時もありますが、いつもあなたの味方でいてくれて邪魔することなんてありません。 あなたが自分の進むべき道をちゃんと歩んでいれば、迷わないように時々ヒントをくれながら、あなたの未来が明るくなるようにしてくれるのです。

    もしもやりたい夢があるなら、それは今すぐ取り掛かるべきです。 いつしたらいいのかと考える前に、してから考えると言うすばやい行動も必要です。 グズグズしていたらチャンスはいつの間にか通り過ぎてしまい、いつの間にか時間だけが経っていたと言う状況になりかねません。

    今のあなたが30歳だとしたら「20歳の時にあぁしていたら…。」と思うかもしれませんが、今行動しておかないと40歳の時に「30歳の時にあぁしていたら…。」と思う未来を呼び込んでしまうことになるのです。

    あなたの未来は明るいからこそ、今のうちに光を受け止めるようにしておかないと、いざ光が灯ってきた時に「日焼けする」とか「紫外線がある」など、やらない理由を見つけてしまうのです。

    あなたは良い波長がきた時に、ちゃんと同調できるように準備できていますか?

    ( ̄~ ̄) モグモグ おいしい…!

    PageTop

    未来、明るいよね。

    おはようございます。 先日の午前中に帰ってきて、午後より鑑定を再開しています。 出張期間中はPCが使えない為、久しぶりにブログを更新する感じですが今回の東京出張も有意義で素晴らしい時間でした。 素敵なお客様にお会いできると、私自身も活力をいただけるので更なる努力を心がけたいと思います。

    次回の東京出張は11月22~23~24日の3日間で、予約の受付は今週24日(金)の夜8時より開始です。 素敵なお客様の御予約を、ドキドキしながらお待ちいたしております。

    今回は3日間とは言え初日はいつものように午前中は倉敷での鑑定、その後移動して夕方より東京での鑑定となったので、終了したら御飯食べて寝るだけでした。 2日目の朝は直線距離が750メートルある長い商店街として有名な武蔵小山商店街パルムを歩いてみたのですが、入り口にすごい長い行列ができていたので「おぉ、さすが東京!」と思っていたら、パチンコ屋の台取りで並んでいただけでした。

    朝早い時間なので閉まっているお店も多く見て歩くだけですが、倉敷とは全然違うので勉強になりました。 こう言う場所を歩いていると商売や経済のヒントが色々隠れているのですが、それを読み取れるかどうかと活かせるかどうかが財産となりうるかどうかの境目だと思うのです。 東京出張の時に鑑定時間以外をのんびりと過ごすのは勿体ないので、今後もできるだけ色々な場所を見て歩こうと思います。

    その後は道を挟んで向かいにある戸越銀座商店街へ行き、その中を通過して電車に乗って自由が丘へ行きました。

    ここは前回きた時に少ししかいられなかったのですが、今度は少し見て歩くことができました。 駅の近くにあるマリクレール通りは、木やベンチの風景がヨーロッパにいる感じと行ったら大げさですが、なんとなく心地良い風景でした。 ベンチに座って恋を語らうカップルや本を読んでいる女性、ワンちゃんと散歩するマダムや仲の良い御年配の御夫婦など、感じの良い時間が流れているようでした。

    そして自由が丘散策を終えて電車に乗って会場の少し手前で降りて、卸販売をしている場所があるので、そこを少し見てから食事をして会場へ戻り鑑定となりました。

    鑑定を終えてから銀座の並木通りに行って、再びお店ウォッチングです。 男性はお店を見て回るのが苦手な人が多いのですが、私は色々見て回るのが好きなので有楽町から新橋までの間を片っ端から見て歩きました。 私はこう言う機会でも無いと見て歩くことは無く、普段は事務所と家の往復なのでウキウキしてきます。

    ちょうどソニービルの壁面に車を固定して、その周りを人が歩くと言うパフォーマンスをしていました。 ワイヤーで人を吊るして壁を垂直に歩いているように見せかけるのですが、こう言うこともなかなか倉敷では見かけることもありません。 しばし観賞の後は、引き続き並木通りへ戻りお店を見て回りました。

    その後は地下鉄に乗り大門駅で乗り換えて、一路六本木へ行きました。 前回きた時はミッドタウン散策でしたが、今回はヒルズの展望台へ行ってみたかったのです。 ココは何度来ても良い景色だと思うのですが、東京タワーを上から見下ろすことは余り無いですし、これだけ高い場所はナカナカないので夜景を満喫です。

    一般の人はヒルズの外と言うか端にあるEVにて52階へ行くのですが、少しわかりにくい場所にあるので慣れない人は聞きながら行った方がいいと思います。

    セキュリティゾーンに入れる人は中央など色々な場所のEVが使えるのですが、それは居住区かオフィスがある人~もしくは知人などがいないと入れません。 基本的に森ビルは一般の人は外側を回りながら、セキュリティゾーン利用可の人は放射線状にと言う感じです。

    今回は諸事情があり銀座とヒルズは2回づつ行くことになったのですが、長くなるのでこの話はまた後日書けたら書こうと思います。 また、ちょうど第21回 東京国際映画祭 in 六本木ヒルズをしていたので人が多くにぎやかで、芸能人が通る場所はレッドカーペットならぬグリーンカーペットでした。

    そして3日目は日本橋に行き日本の道の始まりと言われる場所へ行って散策して、その後は日本橋三越へ行ってみました。 ここは入り口にライオンがいるのですが、戦時中に鉄の回収の為に行方不明になっていたのですが、溶解されずに奇跡的に発見されて元の場所へ戻れたと言う強運のライオンちゃんです。 ただし、このライオンちゃんはある伝説を実行する人がいるので、警備の人が見回り強化かも?

    そして会場へ戻り鑑定して、その後は明治神宮へお参りに行きました。 お参りしたアトは竹下通りへ行ってみたのですが、余りの人の多さに驚きです。 平日の夕方なのに人~人~人で人の波に酔うくらいの多さでしたが、よく見ると半袖の人も多いしアイスを食べている人も多く、気温が高いのも関係していたと思います。

    3日間にあったことを全部書いていると長くなりすぎるので抜粋して書いたのですが、出張は楽しい気分転換になると同時に勉強も大切だと痛感させられます。 私は今後もお客様の為に何が出来るのかを自問自答しながら、素敵な霊視カウンセラーを目指して努力を続けて行きたいと思います。 いつも御利用いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたには明るい未来があり「未来、明るいよね!」と、いつも言えるだけの運命が待っています。 素敵なあなたには素敵な出会いと運命があり、それを手にするのはもう目の前です。 ホンの少しの勇気があれば、あなたは手に入れることが出来るものはたくさんあります。

    素敵なあなたの未来は、どれだけ明るいと思いますか?

    アリガトー!\(=^O^=)/'`*:;。・★'`*:;。・☆

    PageTop

    チャンスを掴む。

    おはようございます。 今日も素敵な青空が広がっていますが、この週末はどんな素敵なことがあるのかワクワクできたらと思います。 良いことを考えて~その良いことが実現する、この好循環を作り上げてしまえば運命はあなたの味方です。 そうなれば休みが終わったら仕事に行きたいとウズウズするかもしれないし、何かを始めたくてウキウキするかもしれません。

    その為にも変化を求めるなら、すばやい行動があなたの素敵な未来を作り上げると思うのです。 仮に仕事を辞めたいと思ったなら、さっさと辞めた方が次の未来へ進む為にもいいんです。 生活が掛かっている場合はそうでもありませんが、取り敢えず生活が送れるなら可能性に掛ける方が、チャレンジとして楽しい人生になるからです。

    漫画家になりたいと思うのなら、漫画家になった方がいいと思います。
    お店を出したいと思ったなら、お店を出した方がいいと思います。
    今の自分を変えたいと思うのなら、変えた方が幸せだと思います。

    人には無限の可能性が備わっているのですが、その可能性を自分で否定してしまうと前には進めません。 現実的には無理だとか自分には出来ないなど、何かにトライする前の否定的意見は時間の無駄と考えてください。 過去は変えようが無いけれど未来はいくらでも変えられるのだから、自分で自分の可能性を閉じてしまうようなことはしてはいけないのです。

    まず、自分には出来ると言う単純な思い込みから始まり、それに追随して夢を語れば後戻りは出来ません。 後戻りできないなら前に進むしかないから、色々な体験をしなければならない状態になり、それが自分の才能を振り分けてくれるのです。

    人は何かをしてみないと、甘いか辛いかは分かりません。 辛いものを食べるからこそ甘い物の評価が出来るように、自分に合わないことの発見こそが得意な分野ややりたいことを見つける手掛かりになります。

    いくらAV技術が向上しようとも、ライブにおける臨場感には適いません。 実際に目の前で見るライブに勝るものはなく、それを体験したら病み付きになったり~もういいやと思ったりして結論が出ます。

    人には4つの領域があり、その4つをどう取り扱うかで自分の可能性を決めてしまうのです。 それは「開かれた領域~秘密の領域~盲点の領域~未知の領域」とありますが、これはジョハリの窓とも通じるモノです。

    開かれた領域とは、誰もが知っていても自分も納得済みの部分です。 自分はせっかちと言う部分を持っていて、自他共に認めるならこれが開かれた領域になります。 そして秘密の領域と言うのは、自分のことを誰も理解してくれないと思う部分です。 自分はクヨクヨするタイプなのに、周りからは無神経と言われるなどがこれに当てはまります。

    その逆になるのが盲点の領域であり、自分では出来ると持っているのに回りからは無理だと言われてしまう可能性の否定部分です。 これは普段は出ないけれど仕事ではよく出るので、これが上下関係に絡まるならば仕事がとても辛くなります。 何をしても否定され続けるので、自分は役に立たないとか自分は必要とされていないなどの、ネガティブ思考しか生まなくなります。

    しかし、最後に残る未知の領域が、一発逆転を可能にしています。 これは周りも自分も気が付かない才能と呼ぶべきモノで、自分でも出来るとは思わなかったのにしているうちに出来るようになったと言う、自分も周りも凌駕する隠れた才能のことです。

    実はこれこそが可能性を広げるのですが、私自身が良い例です。 私は学生時代を通じても知恵遅れとかバカ&アホなど、何も出来ない代名詞のように言われていました。 言われ続けるうちに自分でも「私は役立たずで生きていても仕方が無い」と思うようになり、中学生の時は自殺したいとすら思っていました。

    それが今のようになっているのですから、生きていることの大切さと勉強を続けることの大事さは、過去も現在も未来も活かしていくと思います。 もしも、私が自殺していたらブログを書くこともなかったし、霊視カウンセリングをすることもなかったと思います。 生きていて本当に良かったと思うのは、何をさておいても「素敵なお客様に会えたこと」です。 ありがとうございます。 m(__)m

    物事は必然ではなく偶然の産物が重なり色々な反応を起して生み出すモノが、人類の歴史を作り上げてきたのです。 この世に起きることが全て必然であるならば、それは可能性と努力が無いと言う虚無の世界で荒廃の未来しかないとなってしまいます。 この世に起こることは全て偶然と必然が絡み合って起こるものであり、全て必然と言える人は苦労や悲しみを知らないから言えるだけなのです。

    運勢的に見て可能性やチャンスとは、タクシーのようなものだと思うのです。 目の前をいくらでも走っているわけでもないのですが、繁華街周辺や駅や主要道路などのいるべき場所へ行けばたくさんいます。 これが俗に言う運を掴む環境であり、山道や生活道路などではタクシーを掴まえられません。

    そして、然るべき場所へ行ったなら「手を上げる」 つまり、乗る意思表示が必要になるのです。 チャンスや可能性はいくらでもあるけれど、見ているだけでは通り過ぎてしまうのです。 しかも、タクシーなら一目でわかる表示があるけれど、チャンスは見ただけでは分からないという違いがあります。

    だからこそ、自分の可能性に賭けると言うのは自分の行動が大きく作用してしまうのです。

    あなたはチャンスを掴む為に、どのような行動をしていますか?

    o(^^o)(o^^o)(o^^)o


    お知らせ:出張の為、ブログの更新はお休みいたします。 ブログの更新は22日(水)より~鑑定は21日(火)午後より再開となります。 お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 素敵なあなたにお会いできる感動を、私はいつも心に刻み込んでいます。 本当にありがとうございます。 m(__)m

    PageTop

    正義感。

    正義と言う言葉がありますが、それを守るのは若い人の方が守れる立場だったりもします。 何故なら、人は歳を取れば取るほど自分の生活を維持したり守ろうとするので、正しい行い~いわゆる正義感が無くなっていくのです。

    正義とは元々「ユスティティア (Justitia)」と言う、ローマ神話に登場する正義の女神より名付けられたもので、この名前はラテン語で「正義」を意味しています。 また、英語形では「ジャスティス (Lady Justice)」となることでも知られています。

    なお、ユスティティアは正義の女神であることから、ギリシャ神話のホーライの一人であるディケや、その母で掟の女神であるテミスと同一視されています。 また、アストライアとも同一視されて、おとめ座の女神となっています。

    人は生まれた時は純真無垢で、誰しも悪いことをしようと思って生まれてきたのではありません。 基本的に人の心には善なる想いがあり、それに反する行動にはブレーキが掛かるようになっています。 それが歳を取るほどに経験と言う名の磨耗により、ブレーキが磨り減ってくるのです。

    人は若いうちに正義を身につけておかなければいけないのですが、若い時に正義を守ろうとするのは意外と大変です。 本当は誰しも正しい行いをしたいのですが、それをしたが為にイジメや嫌がらせを受ける羽目になるのです。 人間社会は多数決と言うのがひとつの判断基準であり、少数派の方は何かずば抜けた実績などがない限り立場が弱いのです。

    入社したばかりで上司や先輩に逆らうのはとても勇気が必要ですし、実績がないのに提案をするのもナカナカ出来ません。

    会社に入社した時に歓迎会があったら、未成年のはずなのに上司が酒を進めるなんてよくあることですが、これこそが歳を取ると正義が守れない象徴です。 社会生活において正しい判断をしなければいけない上司たる者が、未成年に酒を勧めて「ワシの酒が飲めんのか!」なんて言うこと自体が話になりません。

    しかし、ココで断れる人はほとんどいません。 もしも断ったら生意気と言うレッテルを貼られて、いじめられるのは目に見えているからです。

    私は工場に入社した時に「未成年なのでお断りします。」と入社式後の歓迎会で飲酒を断ったのですが、それからしばらく生意気で口だけは達者といじめられましたが、正義に反することをしたくない気持ちを持ち続けていたからできただけです。

    私は常々思うのですが、「正しいことがしたければ偉くなれ」と言うのは、ある意味真実だと思うのです。 いくら正しいことでも縦社会では、上が駄目だと言えば駄目なのです。 こんなことをしていたら堕落してしまうと思いながらも、収入確保の為には迎合していると心が辛くなってきます。

    ただし、それを潔しとしない世代がドンドンと頭角を現してきているのは、これからの日本がまだまだ捨てたもんじゃないし、再生の可能性はいくらでもある証拠なのです。 最近ニュースを騒がせていた教員の採用試験が良い例で、日本では暗黙の了解としてどこでもされていた裏取引が表に出て、今後は甘えが許されなくなってくるのです。

    教育の仕事をしている人が、生徒さんの立場になる。
    看護の仕事をしている人が、患者さんの思いに答える。
    TVの仕事をしている人が、正義の下に報道をする。

    誰の心にも小さな正義感の目はあるのですが、自分が楽な立場にいるとそれを維持したくなります。 例えるなら、フカフカのソファに座っていると、それを他人に譲りたくないのと同じです。

    よくある話ですが、TV局関係者は飲食店などに行ってお金を支払う段階になって、「実は我々は○○TVの者だけど、何かの時にはこのお店のことをしゃべっても良いかなぁ~と思っているんだけど…。」 こう言ってタダで飲み食いしている輩がいます。

    一生懸命に汗水たらして働いているお店の人の気持ちを逆手にとり、「宣伝してやるぞ!」とばかりにタカル体質を情けないと思う人は、早々にTV局を退社してフリーになったりして「正義の道」を歩き始めるのです。 (実はフリーアナウンサーの人は、この正義感が強いからフリーになって正しい道を歩きたがる人が意外と多いです。)

    カゴの中の鳥でいるならば、自由には飛べないけれど生活は安定しています。 しかし、その生活の為には嘘も吐くし~悪いこともすると言うのでは、人として生きている意味が無くなってしまうと思うのです。

    あなたは正義を貫ける人だからこそ、「これくらい…。」と言って迎合する前にブレーキを働かせないとズルズルと流されてしまうのです。

    あなたは自分の正義感を、活かすことができていますか?

    ホロホロo(+_+。)(。+_+)oハラハラ

    PageTop

    妊娠について。

    おはようございます。 最近お客様より妊娠の報告が連続していて多い為、少し妊娠について書いてみたいと思います。 なお、私は子供が出来るかどうかの霊視は得意な方ですが、親として責任を果たせないような人の場合は言葉を濁します。

    例えるなら、妊娠中にも関わらずタバコや酒を止めないなんて、お腹にいる子供のことを考えたら言語道断です。 それに加えて、妊娠することと出産後の「親の責任」と言うのは別物であり、きちんと親になれない人には妊娠の有無を言っても悲しい言葉しか返ってきません。

    霊視に来られた時にお腹に子供が視える人が結構いるので、「タバコを止めてくださいね。」とお話して「嫌です。」と言われたら、それ以上は何を言っても無駄なのでお腹に子供がいることは言えないのです。

    そもそも妊娠とは哺乳類など胎生の動物が雌の胎内において、受精卵の着床から出産するまでを言います。 ココでは哺乳類全般ではなく、人間を対象とした妊娠についてお話したいと思います。

    人間の妊娠とは受精後平均して266日程度で、胎児が約3,000g内外にまで育ったところで出産に至ることが多いです。 妊娠中の女性は「妊婦(にんぷ)」と言い、分娩直前の女性は「産婦(さんぷ)」と言い、分娩後は「褥婦(じょくふ)」と呼び方が変わります。 女性の胎内にいる子どもは「胎児」で、生後4週間までの子どもは「新生児」と呼ばれます。

    まず、妊娠の経過についてですが、受精卵は妊娠7週の6日目までは「胎芽」~8週以降は「胎児」と呼ばれます。 胎児の諸器官の原型は妊娠初期にほとんど形成され、諸器官は妊娠中期に著しく成長して、22週頃には早産してもNICU(新生児集中治療室)の保育器内で生存できる場合があるほど成長しています。

    36週以前~もしくは2,500g以下で生まれた場合は低出生体重児と言い、未熟児とは言いません。 1,500g以下の場合は超未熟児で、1,000g以下の場合は極小未熟児となります。 いずれの場合も正常妊娠検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図があります。 胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になり、これを基線細変動と言います。

    妊娠初期とは15週までで、母体の外観は妊娠前とほとんど変わりませんが、妊娠に伴いホルモン分泌が変わる為、体調に色々な変化が起こり始めます。 肉体的に言うと「つわり~嗜好の変化~眠気~頻尿~便秘」などで、精神的には「不安定になる~周りに当り散らす~落ち込む」などがあります。

    また、素敵な霊視カウンセラーを目指す私からのお願いですが、妊娠したなら身体に悪影響をおよぼすものは止めてくださいね。 特に「喫煙~飲酒~ストレス~特定の薬~風疹などのウイルス~髪を染める」などが胎児の諸器官形成に悪影響を及ぼし、奇形または自然流産の原因となることがあるからです。

    妊娠中期とは16~27週を言いますが、胎動が感じられるようになります。 古来より日本では妊娠5ヶ月目の戌の日に「腹帯」を締めるのが習わしで。 普通ならつわりもほぼ収まり安定期のはずです。 ただし、胎児が子宮外に出てしまうと生存はほとんど困難で、これを流産と言いますが、22週以降は生存の可能性がでてくるので早産となります。

    この時期に胎児はどんどん発育していくので、子宮が大きくなり妊婦の腹部が膨らんでいきます。 そして腹部の重みを支える為、背骨に負担がかかるようになり、腰痛や肩こりなども同時期に発生します。

    妊娠後期とは28週からで、胎児がどんどん大きくなり子宮も更に大きくなり、それに伴い母体への負担が増えていきます。 この時期は貧血になる妊婦も少なくないし、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)が起こりやすいので、御主人は奥様への気遣いが必要です。

    そして出産直前は子宮口が柔らかくなってきて、通常は陣痛が起こる前から開きはじめてきます。 陣痛が起こると胎児心拍数陣痛図では陣痛と一致して、胎児の心拍数が低下するのですが、これを早発一過性徐脈と言います。

    なお、異常妊娠とは胎児心拍数陣痛図では基線細変動が見られなくなることで、これを基線細変動消失と言います。 また、陣痛に同期しているけれど、やや遅れて胎児の心拍数が低下するのを遅発性一過性徐脈と言います。 基線細変動消失や遅発性一過性徐脈が見られた場合は胎児仮死と思われるので、胎児仮死の場合は急いで分娩を行う必要があります。

    産後の産褥期についてですが、子宮が元の大きさに戻るまでには4~6週間かかり、産後の出血(悪露)が消失するまで約4週間かかります。 ただし、特に合併症などがない限りは絶対安静でもなく、無理を強いない程度に通常の生活を送れます。 労働基準法で産後の休養期間を、6週間~8週間以上与えるよう要求しているのもこの為です。

    また、マタニティ・ブルーと言って妊娠初期同様に出産後はホルモン分泌の急激な変化が起こり、体内の女性ホルモンが急に減少するので精神的に不安定になりやすく周囲の人間の配慮と援助が求められます。

    私は妊娠や出産は神秘の世界であり、それは奇跡の連続だと分かっています。 しかし、近年は医学技術の進歩により出産できるのが当たり前と言う風潮になっていますが、本来の出産と言うのは命がけと言うことを忘れてはいけないのです。

    妊娠して出産すると言うのは自分の命を引き換えにと言う、強い気持ちが必要な凄いものだと気付いていただきたいと思うのです。

    あなたは生命の神秘を、どのように受け止めていますか?

    (」゜ロ゜)」 ナント

    PageTop

    携帯マニアック。

    おはようございます。 今日も素敵な青空が広がっていて素敵なあなたの未来を祝福しているようで、この青空を見ているとあなたが幸せな毎日を送れるようになると信じています。 あなたは未来で待っている人がいる大切な人だから、運命があなたを見捨てるワケがありません。

    さて、今日は凄くマニアックな内容なので、興味の無い人には全然面白く無いかもしれません。

    携帯電話は現代社会では誰もが目にするし~持っている人も多いのですが、その内情については意外と知らない人が多いと思います。 少しマニアックな内容になるかもしれませんが、携帯電話事情~通信各社(携帯キャリア)についてのことも絡めて行きたいと思います。

    まず、携帯電話については賛否両論あるかもしれませんが、ソフトバンクが参入するまではほとんど値引きなどが無い世界で通信各社(携帯キャリア)は寝ていても儲かる仕組みでした。 ソフトバンクが出てきてから仕方なくNTTやKDDI(au)も値下げに踏み切りましたが、もしもソフトバンクが参入しなければ原油高騰を理由に値上げしていたかもしれないほど独占事業度が高い業界です。

    世間一般のイメージとしては激しいCM合戦や値下げ合戦で、携帯キャリア(NTTやauなど)は苦しい状態を演じてはいますが、寝言は寝てから言いましょうと言うくらいとんでもない話です。

    正直言って今一番苦しいのは端末機メーカーであり、端末機在庫は4~6月期だけでもNTTとauを合わせて約800万台が倉庫に眠っています。 メーカー側も従業員雇用の為に工場を止めるわけにいかないから作り続けるのですが、販売方式を携帯キャリアが変更した為に端末を長く使う人が増えて在庫がダブついているのです。

    今年の春頃までは端末機メーカーが日本だけでも12社あったのに、次々と事業からの撤退や事業を他メーカーに譲渡するなど、端末メーカーは悲鳴を上げています。 販売方式の変更だけならまだ持ちこたえていられたかもしれないのですが、その時に販売奨励金と言って携帯キャリアが販売店に出していたボーナス的なモノも止めたので、販売店の方も値引きして売ると言うことができなくなりつつあります。

    つまり、ココまでの部分に書いた端末価格の高騰による買い控えは、消費者の財布を直撃しているし~端末メーカーは作っても売れない~販売店は在庫を抱えて利益減少と、三者とも痛みを伴っているのです。

    しかし、通信各社(携帯キャリア)だけは、全然痛みを感じていないのです。

    例えば、ドコモの4~6月期の連結営業利益は前年同月比で46%UPの2964億円も儲けているのです。 これは販売奨励金を取りやめたので、その分の利益がすぐに出たのです。 これはauも同じであり、販売方式の変更と奨励金廃止は、携帯キャリア(NTTやauなど)が丸儲けの実態を作っているのです。

    携帯キャリア側は元々販売奨励金を止めたかったのですが、携帯が出始めの頃から売ってくれていた販売店に対して自分から止めるとは言いづらかったのです。 ところが総務省より「販売奨励金は問題だ!」と通達があったので、携帯キャリアは渋々従うフリをして~内心は小躍りしながら販売奨励金を止めたのです。

    これにより得をしたのは携帯キャリア(通信各社)のみで、端末メーカー~販売店~消費者と誰も得をしていないのです。

    それに携帯電話事業と言うのは、事実上競争がほとんど無い世界なのです。 MNPが導入されてから自由自在に移動できるようになった為に競争が激化するように見えるかもしれませんが、MNP導入当初のドコモシェアは53%で2年経った現在では49%と微減であり、ほとんど影響が無いと言うのがその証拠です。

    本当に公平な競争原理が働く状態であれば、ここまでドコモがひとり勝ちの状態が維持できるわけが無いのです。

    2006年にソフトバンクがボーダフォンを買収して携帯電話事業に参入してくれなければ、ほぼカルテル状態が続いていたはずです。 携帯電話事業と言うのは利用者の数が桁違いの為に、何かをホンの少し動かすだけで1000億円くらいの利益がはじき出せるのです。 販売奨励金の撤廃がイイ例で、打ち出の小槌状態なのです。

    もしも今後ソフトバンクが息切れした場合は、ドコモもauもすぐに新料金プランを出してきて事実上の値上げに踏み切ると思うので「ソフトバンク頑張って欲しい~!」と言う感じです。 (苦笑)

    残念ながらソフトバンクは企業として携帯だけに専念するわけにいかないので、これ以上の急激な仕掛けは財政状況から見ても出来ないのですが、ドコモやauはまだまだ余裕があるので、携帯電話料金はまだ高いくらいです。 実は基本料金100円+通話無料でも携帯電話と言うのは信じられないくらいの利益が出るのですが、さすがにそこまでは踏み切らないと思います。

    携帯電話事業の次の転機と言うのは成長が止まった時で、そうなると今度はキャリアが端末メーカーをどう扱うようになるのか、端末メーカーは戦々恐々です。

    今日はマニアックな内容でしたが、携帯電話事業の流れを知っていただければ幸いです。

    あなたは携帯電話が、もっと利用できればと思いませんか?

    ゜(-m-) パンッ!

    PageTop

    振られる。

    恋愛で「振られる」方は心に大きなダメージを負ってしまいますが、実は「振る」方だってつらい場合があります。 恋愛と言う道に足を踏み入れるのなら、振るとか振られるなどは付き物で、それが嫌なら恋に手を出してはいけないのです。

    恋愛をする時には当然ですが別れは付き物で、好き嫌いの感情があっても実るかどうかは別物です。 恋である以上は「振る&振られる」が出てくるのは自然ですが、女性が幸せになれるのは圧倒的に「振る側」になった方が幸せになれます。

    なんで女性は「振る」方が幸せになるのかと言えば、男性とは違う女性心理が眠っているからです。 簡単に言うと、女性が相手を好きなままの状態で振られると言うのは、そのことが心に残りなかなか次の恋愛に進めない状態になるからです。 これは致し方が無いのですが、振られて未練を残した状態では新たな恋が始まらず、いつまで経っても忘れられないままになってしまいます。

    ここで男性心理&霊視により解説させていただくと、男性が女性を好きじゃなくなって振る場合とは大きく分けて2つしかありません。

    まず一番大きな理由は、「A,他に好きな女性ができた」ことにより、もう付き合う意味が無いから別れる為に振ると言うのがあります。 次に大きい理由が「B,喧嘩が多くなることにより疲れる」ですが、この要因として彼女の言動に失望したも含まれて喧嘩になり、これ以上付き合えないから振るのが多いです。

    基本的にモテル男性と付き合うならばAの理由は日常茶飯事で、モテる男性を彼にする宿命と言ってもいいので、他の女性に取られてしまう危険性は常にあります。 ただし、ココで言うモテる男性とは、女性関係にだらしがなくて積極にナンパする男性のことを言います。

    特に追いかける恋愛の場合は、どうしてもAのリスクが付き物です。 あなたが彼に対して好きと言うオーラを出せば出すほど男性は安心してしまい、じゃあとばかりに他の女性へ目が向く習性があるからです。 振られると言うことがある時に、この状態が女性にとっては一番ダメージが残ると思います。

    もうひとつの理由としてBがありますが、付き合うことでの束縛や小言が多くなってくると、男性としては愛が冷えてきてしまうのです。

    例えば、仕事が忙しい時期に会えないことを追求されるとか、仕事の都合でデートがドタキャンされるなど、生きて行く上で仕方が無い社会的事情を責められると喧嘩が増えてきます。 せっかく付き合っているのにケンカが多くては、一緒にいてつまらないとか辛いなどと言う状況からますます女性と会うのを避けるようになります。

    こうなると最早手遅れであり、別れる以外の選択肢は選べなくなります。

    ただし、男性は女性を振るのならよく考えていただきたいのですが、一般的に女性は振られても立ち直りが早いと言われていますが、それは立ち直ったアトの話であり~立ち直るまでは時間がかかるのです。 失恋後は前向きに気持ちを切り替えるのが上手な人と、しばらくの間は男性不振になってしまい心の傷が癒えない人と2つのタイプに分かれるからです。

    気持ちを切り替えられる女性は心配ありませんが、引きずってしまう女性は新しい恋を警戒したり、前の彼と比べることで「やっぱり、あの人でないと…。」と落ち込んでしまうことを繰り返してしまうのです。 過去の恋愛で一番良かった思い出のまま、過去の思い出に縛られて思考が止まっているのかも知れません。

    それに引き換え女性が男性を振る場合は全然心配がないので、大いに遠慮なくスパッと振ってしまえばいいんです。

    何故かと言えば、女性が男性を振る場合には「振るまでの間に男性側へ何度もサインを送っている」ことがほとんどだからです。 その空気を男性が感じとっていれば、2人の関係は修復されて強固な絆が新たに出来る場合すらあります。 振られるまで気付かないのは、男性に感性と器量が無いと言う自分の責任なので遠慮なく振りましょう。

    女性が振ることにはもうひとつメリットがあり、その彼の器量がわかる~つまり元彼の男としての価値が良くわかると言う点です。

    振られても現実を受け入れて彼女の幸せを願えるだけの器量の男性なら、きっとすぐに新しい女性との出会いが現れるので心配は無用です。 もしも可能であれば、そんな元彼となら信頼おける相談相手としていい距離感を持ってもいいくらいです。

    また、振ったことで彼が目覚めて、寄りを戻そうとする熱意が2人の絆を強めるケースだってあるんです。 (ただし、それだけの男性であるなら元から振られないと思います。)

    恋愛で別れると言うのは、自分が幸せになる為の通過点です。 自分から振ることで決断を下すことになり、1つの恋愛に対して区切りをつけてあげることも大切です。

    あなたは振る方なのか~振られる方なのか、どちらですか?

    ( ̄~ ̄;)??

    PageTop

    世界遺産。

    おはようございます。 今日は三連休の最後ですがお仕事の方もお休みの方も素敵な一日になり、素晴らしい週の始まりとなって今週も元気で過ごせると思います。 あなたの未来は素晴らしいのですから、素敵な笑顔のあなたでいてくださいね。

    さて、秋になると色々な名目で観光客を集めようとする団体や媒体、果ては行政までが地元にお金を落としてもらう為に血眼になっています。 出来れば簡単に目玉が欲しいと思うのはどこも同じですが、安易な考えに走りやすいのが「世界遺産登録」を目指すことです。

    世界遺産とは1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産と自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)」に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観や自然などを言います。 世界遺産のキッカケになったのは1960年代にエジプトのナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムを建設する計画が持ち上がり、このダムが完成した場合はヌビア遺跡が水の底に沈んでしまうことを防ぐことから始まりました。

    主に世界遺産は三つに分類されていて「文化遺産~自然遺産~複合遺産」 それに加えて内容上の分類はないけれど、後世に残すことが難しくなっている~もしくは強い懸念が存在する場合は、危機にさらされている世界遺産リスト(危機遺産リスト)に加えられます。

    日本は先進国の中では最後の1992年に世界遺産条約を批准して、同年の9月に125番目の加盟国となりました。 しかし、その1992年当時は約130ヶ国程度の条約締約国数だったのに、125番目と言うことは如何に文化などに目を向けずにお金に走っていたかの証明です。

    さて、世界遺産になる為にはどうすればいいのか?

    まずは、登録を求める地域の政府や国が候補地を推薦として提出する必要があるので、世界遺産にふさわしいと国や政府に働きかけるのが最初の手続きになります。 そして推薦を受けるとユネスコ世界遺産が評価依頼をします。 ここではさまざまな調査が行われるようですが、実際の詳細は不明です。 その結果を元にユネスコ世界遺産が登録推薦を判定して、その結果を元に今度は世界遺産委員会で最終審議が行われます。

    なお、正式登録される為には、「顕著な普遍的価値」を持つことが前提です。 日本の場合は文化遺産候補は文化庁~自然遺産候補は環境省、総括としては林野庁が主に担当するのですが、これに文部科学省~国土交通省などで構成される世界遺産条約関係省庁連絡会議で推薦物件が決定されるので、推薦を受けるだけでもどれだけ陳情が必要なのかを考えると大変です。

    何故こうなるかと言えば、世界遺産リストへの推薦は各国の関係機関しか行うことは出来ないからです。 ただし、建前として危機遺産リストへの登録は、きちんとした根拠が示されたなら個人や団体からの申請でも受理されることがあります。 (あくまで建前であり、実際は不可能で認められません。)

    その他にも暫定リストと言うのがあり、世界遺産登録に先立ち各国がユネスコ世界遺産センターに提出するリストのことです。 原則として文化遺産は暫定リストに掲載されていないと、世界遺産委員会に登録推薦することは認められていません。 ただし、不測の事態により緊急登録の必要性が認められた時には、暫定リスト登録を飛び越えて正式登録が認められる場合もあります。

    この暫定リストは、あくまでも各国が1年~10年以内をめどに世界遺産委員会への登録申請を目指すもののリストであり、世界遺産委員会が「顕著な普遍的価値」を認めたというものではありません。

    世界遺産委員会は推薦された物件について審査を行い、「登録」「情報照会」「登録延期」「不登録」のいずれかの決議を、必ず採択しなくてはなりません。 各項目を説明すると「情報照会」は、期日までに追加書類の提出を行えば翌年の世界遺産委員会で再審査を受けられます。

    「登録延期」は必要な書類の再提出を行った上で、諮問機関の再調査を受ける必要があるので、世界遺産委員会での再審査は早くて3~4年後になります。 最後の「不登録」ですが、この決議になったら原則として再度推薦することはできません。

    世界遺産になると保全状況を6年ごとに報告する義務が出来て、世界遺産委員会での再審査を受ける必要がでてきます。 この時に「顕著な普遍的価値」が失われたと判断された場合や、条件付で登録された物件なのに登録後の条件が満たされなかった場合など、世界遺産の登録を削除されることがあります。

    世界遺産には負の部分も登録されていて、戦争や人種差別など人類の犯した罪を証明するような物件もあります。 これらは別名「負の世界遺産」と呼ばれ、アウシュヴィッツ(ビルケナウ強制収容所)や、原爆ドーム~奴隷貿易の拠点であったゴレ島~マンデラ大統領が幽閉されたロベン島などがあります。

    ただし、世界遺産と言っても実際は大きな偏りがあります。 2008年の時点で世界遺産は878件登録されていますが、文化遺産679件~自然遺産174件~複合遺産25件です。 一見して分かるように、文化遺産登録数が圧倒的に多く、地域的にはヨーロッパの登録数が突出しています。

    また、イタリア(43件)~スペイン(40件)~中国(37件)~ドイツ&フランス(各33件)と非常に多くの物件が登録されている国があるのに、世界遺産条約締約185か国中で1件も登録物件を持たない国が40ヶ国もあります。

    安易な考えでは何事も駄目になるのですが、世界遺産に登録されたら地域観光に多大な影響がでてきます。 白川郷では登録後に観光客数が激増したのですが、白川郷の場合は登録前には年間60万人前後だったのに登録後は150万人前後になりました。 最近で言うと石見銀山がありますが、ここでも登録前の30倍という驚異的な観光客の増加にともなう摩擦が起きています。

    つまり、世界遺産に登録されることで観光客を呼び込もうとするだけで、本当に世界遺産としての扱いをしたいわけじゃないのです。 これでは世界遺産登録がお金儲けに使われているだけであり、世界遺産としての説明が出来ない自治体すらあるのが現状です。

    あなたは世界遺産について、その実情を知っていましたか?

    アリガト ウフッ♪(*~ё~)ノ ⌒☆

    PageTop

    ボランティアの形。

    おはようございます。 今日は良い天気なので事務所内は光りのシャワーのごとく、一筋の光の道が出来てキレイです。 朝から気持ちが良い状態だと、その日は一日良いことがありそうで清清しいです。 こう言う日はちょっとしたボランティアをしても、気持ち良く行えるのではないかと思います。

    愛には色々な形があると思いますが、恋愛感情だけが愛じゃないんです。 人類愛とも言うべき思いやりの部分も、ひとつの愛の形だと考えてみてもいいと思うのです。 人が人に親切にする、これは自分が自分の為にやるものであり損得考えてするわけではありません。

    ボランティアと言うのは奉仕の心でするものであり、見返りや金銭などを期待して行うものではありません。

    寄付やボランティアをしている人の中には、善行をすればするほど見返りがあるのに気付いていても、それは前面に出さずに自分に恥じない気持ちでしている人が大半です。 見返りを求めたりしていると期待感以上のものが無いと心に不満が渦巻いてくるので、永続的と言うか~末永い支援なんかはとても出来ないのです。

    やる以上は細く長くでいいから、止めずに続けて行くことの方が大切だと思うのです。

    周りがするからとか~TVに出れるからなど一時的にする人は大勢居ますが、その瞬間だけで終わってしまい後は知らん顔をするようでは意味がありません。 何も大袈裟なことや大金でなくてもいいから、優しい気持ちを持ち続けることで助かる人の数は飛躍的に違ってくると思うのです。

    誰でも最初はボランティアや寄付をする時には躊躇するのが当たり前で、「恥ずかしい…。」とか「周りからどう見られるか?」などは当然だと思います。 私も最初に寄付する時は躊躇しましたし、電車で席を譲るとか目の見えない人の手を引いてあげたり~位置を教えてあげるのは勇気が要りました。

    「私の目の前で、困っている人が居る。」

    私はこれだけの理由があれば、勇気を出すのには充分だと思っているのです。 やって恥ずかしいと思うよりも~やらずに恥ずかしいと思う後悔の方が、私の精神や羞恥心を揺さぶることに気が付いているからです。

    東京出張に行っていると目の見えない方が電車など日常で生活している姿を良く見かけますが、手助けする人が多いのには驚いています。 田舎の方では手助けしている人をほとんど見かけないのですが、東京や名古屋では代わりに切符を買ってあげたり、エスカレーターに手を引いてあげて一緒に乗ってあげたり、ホンの少しの親切が気持ちの良い風景を作り出しているのです。

    そういう微笑ましい風景を見ると、私も心にさわやかな気持ちが残り元気が出てくるのです。 ボランティアと言うのはホンの少しの気持ちでするものであり、感謝の気持ちがある人ならば自然と出来る行いなんです。

    私は人を差別してはいけないと思っているのですが、世間の風はそうではありません。

    最近、あるお弁当屋さんと言うか~総菜屋さんと言うか、某お店は良いことをしています。 それは少し障害のある人を雇用していることなんですが、普通のお店では敬遠されてナカナカ雇用できないと思います。 しかし、このお店はレジなどの接客を任せているので素晴らしいと思います。 (仮にAさんとします。)

    ただし、このお店はお肉が中心と言う男性向けの為、女性は余り来ないのが今回の話の肝心な部分です。 以前は並ばないと買えないことも多かったのですが、最近はお店に行っても並ばず買えることが多くなりました。 誰がどう言おうと明らかに来る男性の数が減っているのですが、好みが変わったとか~味に飽きたなどと言う問題ではありません。

    その一番の原因と言うのは、Aさんがレジなどの店番をしていると男性は買わずに通り過ぎることが増えたのです。 私は男性陣に聞きたいのですが、カワイイ子やキレイな子がレジをしている時には遠くからでも~わざと用事を作ってでも買いにくるのに、何故このAさんがレジをしていると通り過ぎるのか…?

    私はAさんが店番の時に売り上げが落ちると、もしかして辞めさせられるかもしれないと思って、Aさんがレジなど店番をしている時間に合わせて買うようにしています。 それと言うのも店長かオーナーか知りませんが、やはり売り上げ低下に気が付いているようです。 Aさんは最初の頃は11~13時頃に店番をしていたのですが、最近は14~16時頃に店番をしていることが多くなりました。

    さすがに14時過ぎにお弁当を買いに行くのも毎回はできないので、今後は帰りに惣菜を買って帰ろうかと考えています。 私は料理が得意なので自分で作った方が美味しいのですが、Aさんが店番をしている時にはできるだけ利用したいと考えています。 微々たるものかもしれませんが、Aさんが店番をしている時の売り上げに貢献できたら嬉しいと思います。

    ボランティアとは大袈裟なことではなく、ホンの少しの考え方や思いやりで始めることだって出来るのです。 優しいあなたの気持ちがあるなら、ボランティアとは色々な形で行うことができると思うのです。

    あなたのホンの少しの勇気が、ものすごい効果を生むことに気づいていますか?

    ♪♪♪ d(⌒O⌒)b♪♪♪ アリガトー!


    お知らせ:明日の午前中は出張の為、ブログの更新はお休みします。 ブログの更新は13日(月)より~鑑定は12日(日)の午後より再開となります。 お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 m(__)m

    PageTop

    転職について。

    おはようございます。 今日も素敵な青空が広がっているのですが、これはまるであなたの素敵な未来を祝福しているかのようです。 あなたの未来は明るいのだから、チャンスが来たらチャレンジするというのは大切なことです。 その為にも生活に必要不可欠な仕事について、「ココだ!」と言う時期には勇気を出して前に進む必要があるのです。

    就職や転職について悩む人は多いと思いますが、自分の可能性について考えるのは良いことであり、ぬるま湯状態では駄目だと感じ取れるカンを大切にして欲しいと思います。 あなたの人生の物語はこれからであり、たとえ何歳であろうとも充実した生活とはかけがえのないモノです。

    生まれ変わりたいと思うくらい悩む人もいれば、そこそこ楽が出来ればイイヤと思う人もいますが、個人個人の考え方を除けば苦しい道を行った方が後で充実度が違ってくると思います。 走り出す時は風を感じるけれど、ぼんやり歩いていると情熱があったことすら、彼方へと忘れてしまうかもしれません。

    転職は悪いことではなくキャリアアップの為には必要なことであると言う考えを持ち、自分が進みたい方向や進むべき道を模索するのは、去って行った青春を取り戻すのと同じくらい価値があるのです。

    今の日本は終身雇用なんて夢物語で、いつ潰れるか誰もわからない状態でいるのです。 大手企業に入社して、これで大丈夫と思っていたら片道切符だったと言うのが現実です。 転職の現状を認識する為にも、少し過去の日本をおさらいをしてみたいと思います。

    日本は終身雇用とばかり思われていますが、明治時代までは引き抜き等により職人の転職が活発でしたから、終身雇用と言うのは大正時代に入ってからです。 それがしばらく続いたのですが、あのバブル崩壊以降は労働者全体に占める割合は少ないけれど、転職は年々増加傾向にあります。

    しかし、転職をキャリアアップのチャンスと考えてもらえるアメリカに比べると、日本の労働移動率は依然として低いです。 雇用が流動化してきていると言われているものの、長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国に近い状態が一般的です。 転職希望率及び実際の転職率については、職種毎に大きな差があります。

    例えば、システムの企画&開発や運用&保守に携わるようなITプロフェッショナルに限れば、転職希望者は2人に1人という非常に高い水準にあります。 その第一の理由は「給与に対する不満」であり、全体の33%が「より将来性のある組織で働きたい」と答えているのは、会社に守ってもらいたくない意識の現われでもあります。

    なお、中途採用者の給与水準について平均的な水準としては、継続して勤続していた正社員の約7割となる起業が多いです。 産業別にみると、卸売~小売業~金融~保険業では約8割となる一方で、運輸~通信業~電気~ガス~水道業などでは約6割と低賃金化している傾向があります。 この転職による賃金の変化については若年層の転職ほど転職後の給与が高くなりやすく、年齢が進むにつれて給与水準が伸び悩む傾向がでています。

    また、過去と比較すると1995年においては転職後は給与が高くなる人の割合が多かったのですが、2005年においては転職後は給与が低くなる人の方が多くなってきています。

    日本で転職先を探す手段として、知人の紹介~勧誘~引き抜き(スカウト)~自分で探す~転職情報専門の雑誌~転職情報サイト~企業のホームページ等で公開されている求人情報~ハローワーク~人材紹介サービスとなっています。

    また、中小の自営業では求人情報を公にしていないところも多く、知人の紹介や勧誘による転職が比較的多いようです。 高度に専門的なスキルを持っている人材に対しては、引き抜きが行われることがありますが、引き抜き対象の調査や調整負担が大きいので専門の業者が仲介することも多いです。

    自分の転職をリセットとして考えていると思わぬ落とし穴に嵌ってしまうのですが、転職とはあくまで人生の微調整なのです。 何故?微調整かと言えば、自分が今までしてきたことを全部捨てられる人はほとんどいないからです。 どうしても過去にしてきたことや経験を活かそうとしてしまい、一から出直すと言うことが難しいからこそ転職は難しく感じるのです。

    どんな人や場所でも100点満点の職場はありえないので、自分のストレスをどれだけ軽減できるかが決め手になり、その為には自分はこれだけは譲れないと言うのを持っておく必要があります。 給料~やりがい~労働時間~休日などの、どの部分に重きを置くかで就職先の絞込みが出来てきます。

    転職の相場とはあくまで自分の必要性であり、どこそこの企業に居たからとか~取引先が一流だからなど、「虎の威を狩る狐」状態では良い転職は夢と終わるのです。 自分探しの転職とは「会社が自分を輝かせる」のではなく「自分が入ることで会社を輝かせる」と言う気概が必要です。

    今はどこの企業も迷ったら雇用しないと言う、誠に消極的な道しか選んでいません。これは企業の人事部に人を見る目が無いのが一番の理由ですが、人を見る目がないから雇用した後で責任逃れが出来ないようなことはしたくないのです。

    素敵な霊視カウンセラーを目指している私が人事部にアドバイスするとしたら、転職の決め手は人柄であり~人間性が良ければ仕事の内容はついてくると思います。 恐れずに人柄で決めてみると、意外と上手くいくはずです。 企業の人事部は履歴書などの書類でしか見ることができないのですから、紙で選ぶくらいなら職場の人に選ばせるようにしても良いと思います。

    あなたの未来に待っている素敵なワクワクやドキドキ、これを求める為の転職はとても素晴らしいと思います。

    あなたは転職したいと思った時に、どうやって次を決めていますか?

    (°m°;) アレマッ!

    PageTop

    才能。

    あなたがするべきことの正体は夢と呼ばれるモノですが、その夢とはあなたの目の前にあるドアをノックして開けること、それ以外に方法は無いのに立ち止まっているのは時間の無駄だと思うのです。

    どうしよう~どうしようと迷っているうちに後ろから来た人が先に入ってしまったなら、そのドアはもう鍵を掛けられてしまったままになるかもしれません。 仮に入れたとしても、先を行く人を追い抜くことは出来ません。 迷ったらノックして、その後は考えないと言う人が成功へ突き進むことが出来るのです。

    この世に生まれると言うのはひとつのチャンスであり、日本に生まれると言うのはものすごいチャンスの中で過ごしていることに気付いてくださいね。

    あなたがしようと思えばできることが一杯あるのですが、それは日本だからできることがほとんどです。 海外では今日の御飯をどうやって手に入れればいいのか、水をどうやって手に入れればいいのか、生きることに必死だから他まで気を回す余裕はありません。 しかし、日本ならば自由自在に行動できるのに、それでも無理だと思うのなら夢は最初から夢ではなかっただけなんです。

    誰しも生まれてきた以上は才能がありますが、それは勉強とか偏差値を示すだけが才能ではありません。

    絵を描くのが得意とかピアノを弾くのが得意など、誰かに強制されたわけでも無いのにやりたくて仕方が無いこと。 そんなことなかったと言う人でも、誰にも習わないのに自然と出来るようになっていたこと。 それを才能と言うのですが、才能とは個人だけのものであり誰かの人生をトレースしたものではありません。

    他の人から見たら凄いけれど、自分からするとたいしたことではないと感じるのは、出来ても当たり前であり~普通のことだと自分が思い込んでいるだけなんです。 それを周りがすごいと言ってくれる様になってから、「あぁ、これって普通じゃなかったんだ?」と言うのが本当の才能なんです。

    強制されたことは才能では無いのですが、えてして人は強制されたことでも長くしていることを才能と勘違いしてしまいます。

    小さい時から親にピアノを習わされたけれど本当は絵を描きたかったとか、サッカーをしたかったのに親が野球をしろと言うから渋々野球をしていたなど、したくないことを強制により得意と勘違いさせられていたことが多いと、一度の挫折でくじけてしまい立ち直れなくなるのです。 小さい時からピアノコンクールで優勝を繰り返していた人が、大学の時に1回優勝できないだけでピアノを止めてしまうなんて言うのは、やらされていた典型的な例です。

    才能とはあふれ出すものであり、搾り出すものではありません。

    自分は難なく出来るから見逃してしまうけれど、人がすごいと言うことで発見できた。 これは自分の才能ではあるけれど、人が発見してくれたおかげで発揮できるようになった。 つまり、才能とは人とのかかわりの中でしか、見つけられないものなんです。

    努力~努力と言うけれど、嫌いなことに対する努力は嫌々するだけであり、好きなことに対する努力は「努力と感じない」のが才能と言うことなんです。 好きなことならいくらでも出来るのは、周りから見れば努力に見えても本人は好きでやっているだけで、楽しくて楽しくて仕方が無いんです。

    私は毎日素敵なお客様にお会いできて感動を頂いているから、もったいなくて休んでなんかいられません。 お客様が笑顔でお帰りいただけることが私の喜びであり、「よかった!」という想いが力になってくれるのです。 私の才能とはたいしたものではありませんが、素敵なお客様により支えられているだけです。 だからこそ、こうすればいいと言う発想の転換がいつでも湧き出してくると思うのです。

    発想の転換についてですが、倉敷駅を南に進むと笹沖と言う地名があり、笹沖交差点にはジャスコ倉敷店やデオデオ倉敷店やイズミなどがあります。 そこから岡山バイパスを東(岡山方面)へ少し行くと上り坂になり、右手に三田屋と言うステーキ店があります。 (ローカルネタで、申し訳ありません。)

    三田屋周辺は地盤が他より少し高くなっているのですが、この辺に10階建てのビルを建てると10階の位置からちょうど南に瀬戸大橋や海が常時見えます。 瀬戸大橋までの距離はものすごい離れているのですが障害物も無いので、この景色が可能になっているのです。 しかし、このことに気付いている人は岡山県内にも余りいないと思います。 瀬戸大橋が出来て20年も経つのに、誰もココにホテルやマンションを建てようとしないのが気付いていない証拠です。 

    この話をすると頭の固い人は大抵「嘘つくな!」と言いますが、これは実際にヘリコプターで笹沖上空にホバーリングすれば嘘かどうか議論するまでもありません。 また、時間がある人はグーグルマップ(もしくはアース)で位置確認してくださると、それでも大体の位置関係は分かると思います。 (笑)

    こういう発想の話を「面白い!」と言う人と「アホか?」と言う人、色々な意見があって然るべきだと思います。 人にはそれぞれの考え方があるので一概にどうこうは言えませんが、「才能」とは周りの人に発見されると同時に「理解できる人」がいるかどうかも重要なんです。

    あなたの周りに、あなたの才能を理解してくれる人はどれだけいますか?

    ワーイ ( ^_^)o-o<※ ☆ パンッ

    PageTop

    結婚後に守ること。

    恋愛から結婚へと続く道は果てしなく続くように思えても、いつどこでどうなるかわからないのが不確定なところです。 しかも、結婚はお互いの未来を作り上げることにもなるので、今までと同じ状態では相手に迷惑をかけることだってあります。

    恋愛から結婚へと進む中で今までと急に変われるわけではありませんが、男性が結婚後にしてはいけないことがいくつかあります。 それについて書いてみたいのですが、いの一番にあがるのが「束縛」についてです。

    恋人の時にヤキモチがあるのは仕方が無いとしても、結婚をしたのにうるさく言うのは問題です。 束縛が激しいのは信頼関係が存在していない、そう取られてもしかたありません。 そんなことでは奥様からの尊敬もなくなり、さらに束縛したがる悪循環にもなります。 基本的に束縛するのは自信がない証拠で、そんな狭い心では関係が危うくなっても文句は言えません。

    そうなるのを防ぎたいなら、まずは結婚前に仕事でも何でもいいから、小さな成功をたくさん積み上げて自信をつけるのが一番です。

    そして、一緒に暮らす上で避けられないのが「食事時のマナー」ですが、箸の持ち方に始まり~蕎麦の食べ方で婚約破棄になった人もいるくらいです。 しかし、たかが食事と言うなかれ、食事のマナーが悪いのは結婚でも恋愛でも仕事でも駄目だと思います。 これは日頃の習慣によるものが大きいので、矯正できるのかどうかは心がけ次第です。

    次は「趣味に没頭&お金をかける」ですが、結婚の意味とは「時間やお金」の共有もあります。 生活を共にしていない恋愛の時はまだしも、結婚してから自分の趣味に投資しすぎるのは駄目で、さらに没頭しすぎるのも駄目なのでさじ加減が必要なのです。

    また、どの夫婦も一度は通るのが「浮気」ですが、「彼は恋愛中も結婚後も浮気はない。」と言う方は、それだけ彼のことを信じているので素晴らしいと思います。 ただし、男性の浮気率はかなり高いので、どれだけ目を瞑れるかと言うのは必須事項なので余りイライラしないようにしてくださいね。

    特に連絡がつかない状態、電話をしても折り返しがないとかメールをしても返事無しなど、時にはあると思います。 ほとんどは仕事で忙しいとか会議中などが多いですが、待たされる方は心配で余計なフラストレーションを溜めてしまいます。 男性陣は余計なことを疑われなくなければ一行でいいからメールを入れると、彼女や奥様との関係がスムーズになります。

    それ以外でも「親の言うことばかり聞く」と言うのは頼りない&マザコンなど、母子の関係も程々にしないと問題になります。 親の意見を聞くのは悪いことではありませんが、奥様や彼女の意思を確認せず親の意見を鵜呑みにすると、悩み多き結婚生活になることを覚悟しないといけません。 これの見抜き方は彼が実家でどういう態度でいるかを、結婚前に自分の感覚を信じて判断してくださいね。

    そして話にならないのは「仕事をしない」で、結婚する前からきちんと仕事をしていると安心してはいけません。 いつ何時辞めてしまうかわからないので、男性は結婚の有無に関わらず仕事をしない人はしないのです。 「仕事をしない=安定的な収入源がない」ことになるので、貯金があって利息生活が出来るのでなければ働くのは当然です。

    「価値観の違い」は意見の分かれるところですが、これは相手にやめて欲しいことではありません。 自分も相手にとって嫌なことをしているかも分からず、奥様に自分の考えを押し付けるのは本当によくありません。 自分の意見から発生する不毛な喧嘩や言い争い、これは男性人のワガママから発生しているのです。 奥様にあれこれ言う暇があるなら相手を変える発想ではなく、自分が変わりお互いが歩み寄る柔軟性や話し合う姿勢を持つ、これが一番大事なんです。

    生活していく上で大切なことですが、「無駄遣いと衝動買い」も、結婚してからはしてはいけないことの大きな部分です。 奥様がスーパーの特売日を狙い10円単位の割引に苦労して貯蓄を増やしているかもしれないのに、夫が使い放題使っているようでは苦労も水の泡と化してしまいます。 夫の言い分として「自分が稼いでいる」と主張するかもしれませんが、とんでもないトンチンカンな意見で言い掛かりに近いです。

    二人で生活して家族を作ると言うことは、自分の使えるお金が減る分~愛情が増えると言う幸せを噛み締めないといけないのです。 バカな言い掛かりをつける前に奥様に「ありがとう!」の一言を言ってから、自分のお小遣いの増減を考えればいいんです。

    最後に絶対してはいけないのが「無断外泊」で、連絡のない外泊は連絡がつかない故にあることないこと想像が膨らみます。 物的証拠のない時間の説明など出来ませんし、後ろめたくないのなら行き先など連絡はキチンと言うべきです。

    ただし、奥様や彼女は要注意なんですが「本当に秘密の外泊」は、それらしい理由を事前に告知して予防線をはることがほとんどです。 これは、視線~匂い~態度~ケイタイなど、女性の第6感を働かせて察知してくださいね。

    今日の内容は男性に読ませるべき内容ですが、結婚生活のヒントになるなら嬉しいです。 二人で末永く幸せに過ごせるように、私はいつもお祈りいたしております。

    あなたは結婚後に起こる出来事を、ともに解決していっていますか?

    (^◇^ ;) ほぇ~

    PageTop

    他人事。

    人は現状が上手くいかない時に悩むものですが、それを相談する相手により答えが全然違ってきたりすることで、更に悩んだり~目の前が開けたりと様々に変わり始めます。 私は御相談を受ける時にお客様の立場になってと言いつつ、なれていない時もあるかもしれないのが悩みです。

    これは感情移入してはいけない部分と感情移入しても良い部分とのハザマで揺れ動く、占い師やカウンセラー特有の部分です。 ただし、私はいつも思っていることがあるのですが、「他人事だと思って気軽に言う&自分が偉いかのように上からモノを言う」 これだけはしてはいけないと、いつも思っているのです。

    例えば、親を大切にすると言うのは道徳的には正しいことですが、それは親にもよると言うのが現実の世界です。

    誰もが小学校の授業で習う道徳とは親が果たすべき責任を果たしているからこそ、その親を大切にしようと言う部分が出てくるのを省略して、ナンデモカンデモ親を大切にしようと言うから、虐待や借金などを繰り返す親でも「親は親」みたいに言い始める輩が出てくるのです。

    言う前に良く考えなければならないのが、その人の気持ち(立場)になったらそんなに気軽に言えるのかと言う点です。 あくまで他人事だから気軽に言うけれど、実際に自分がその立場になったらキレイごとでは済まされないかもしれないのです。

    教師~政治家~経営コンサルタント~コーチングなど、世の中には口の上手い職業の人が大勢います。 雄弁であるとか自分の意見がはっきりと言えるなど、それ自体は意思の疎通と言う点で良いことだと思います。

    しかし、一番の問題は何かと言えば耳障りの良いことばかり言って、言った後に一切結果を出さずに知らぬ存ぜぬで責任を取らずに逃げてしまうところが大きな問題点です。

    これは企業の中でもキレイごとだけで言ったことが守れないのが日常茶飯事なのですが、「笑顔でいよう」とか「明るい声で話そう」など掛け声だけであり、成績(売り上げ)が悪いようでは言ったことなどすっかり忘れてしまい、「何でも良いから、結果を出してくれ!」 経営者やトップは必ずこう言いはじめます。

    言って結果を出すことを有限実行と言いますが、それが出来たら一人前です。

    社長と名の付く人でさえできないのですから、誰もが簡単にできることではないのです。 私はお勤め時代に「山崎。 今度埋め合わせをするから、今回は我慢してくれ。」 上司に何度こう言われたかわかりませんし、建設現場時代も現場監督に同じようなことを言われました。 しかし、埋め合わせをしてくれた人などひとりもいませんし、自分で言ったことを忘れてしまっているのだから始末が悪いとはこのことです。

    私はこのような人達と同じレベルでいたくないから、仕事をする上で常に考えていたのが「口先だけ良いこと言うよりも、現実で成果を出す。」 この方がよっぽどイイと考えていたのです。 口が上手いと言うのは一時的には得をしますが、長くなれば長くなるほど実行できていない部分の方がクローズアップされてくるのです。

    中身はどうであれ、結果を出すと言うのは大切なことです。 どんなに小さなことでも結果が出てしまえば、それは自信と財産になりうるのです。 口先だけでいいことを言う人を相手にするのは程ほどにしておいて、今を力いっぱい生きている人の結果に目を向ける方が気持ちや考え方が豊かになれると思うのです。

    ただし、注意しないといけないのは結果が全てと言うわけでもないところで、営業のおかげで仕事が入る⇔事務のおかげで事務処理が上手くいく、このようなお互いがお互いを思いやるのは、結果だけでは推し量れないので片側だけから見てはいけないのです。

    口先だけの人はきれいごとを言って、なおかつ言ったことを忘れてしまうのが残念な部分です。 このような人は一見耳障りのいいことを言うので、「そうかぁ~!」と思ってしまうのは危険です。 他人事だと思って気軽にアドバイスする人のことを真面目に聞き入れると、最後に馬鹿を見るのは自分自身なのです。 

    人の言うことに聞く耳は必要だけれど、ナンデモカンデモ全部聞き入れてしまうと、どれが正しいのかすらわからなくなります。 聞いた内容を自分なりに整理整頓して聞き分ける能力を磨いておかないと、いつまで経っても情報の有効活用は出来なくなるのです。

    あなたの未来は素晴らしい可能性があり、その可能性をモノにする為にも認識しておくべきなのは「他人事には程々」 これに尽きるのです。 親身になって言ってくれているつもりでも、相手は興味本位や適当に言っているだけなのかもしれないので、自分のカンが嫌だと思うことを無理に聞く必要はないのです。

    あなたは自分の未来を、他人事にかけるのは危険だと思いませんか?

    (*。*) オヨ?

    PageTop

    ポストカード。

    おはようございます。 今日は月曜日なので仕事始めの人も多いと思いますが、人は与えられた運命はしっかりと生き抜く義務があります。 途中で投げ出すことはしてはいけないし、与えられた運命を向上させていくことも充分可能なんです。

    人の命は儚いものであり、生きようとしても~生きられない不治の病の人もいます。 自分の命の炎を最後まで燃やし尽くして、悔いなく生きようとする人の姿には何も言えない迫力があります。

    人には寿命があるのですが、それがどのように最後を迎えるのかは誰にわかりません。 その最後を迎える時に苦しみながら迎える場合は、闘う気持ちがなければ心も身体も負けてしまいます。 心が折れなければ美しく最後を迎えることが出来ますが、それは周りがとやかく言うことではなく本人が心の中に何を思うかで決まるのです。

    痛みや苦しみは本人以外は誰も理解できないから軽々しく口には出来ないし、気休めの軽い言葉なんかは弾き飛ばされてしまうかもしれないのです。 相手の涙が流れている時に何も言えないのは、相手の苦しみを理解しようとしている人だからこそ何も言えないと思うのです。

    難病や不治の病にかかっている人の気持ちは、理解しようという努力は出来るけれど理解は出来ないから、「その人の為に何が出来るのか?」はラビリンスを意味するようなものだと思えてくることがあります。

    私のところへは日本中から来てくださいますが、私よりも立派で強い生き方をしている人が大勢います。 それは尊敬の念で迎えなければ失礼に当たるほど、鬼気迫る思いで生きている人もいます。

    ある女性は不治の病で生まれてから運動は出来ないし、学校にも入院の為に通えたり~通えなかったりの繰り返しでした。 それでも彼女は精一杯生きようと努力して、治らないけれど進行を遅らせる治療をしていました。

    その女性は絵を描いたり~文を書いたりするのが大好きで、病室でもすぐに誰とでも友達になれるような気さくな人柄でした。 一人でいたくない気持ちがそうさせるのか、入院の時には個室ではなく大部屋を希望して、彼女はいつも人といる状態を望んでいました。 いつでも目の前にいる人はお友達で、生きている以上は知り合いを大勢作りたいと言う考えで、大切な命を精一杯燃やしていました。

    大人にはなれたけれど、いつ寿命が終わるかもわからない時に、その女性は私のことを知って霊視カウンセリングに訪れました。 それ以後、何かの節目~節目には私のところに訪れていたのですが、今回は入院が決まったので入院前にお越しくださいました。

    彼女より「これが最後の入院になるかもしれません。」 こう言われた時に言葉の意味がわかる私は何も言えなかったし、何も言えない自分を情けないと思ったのですが、ある1冊の本を彼女にプレゼントしました。

    その本はページが全部ポストカードになっていて、読んだらハガキとして出せるようになっていました。 その本はあるお客様より偶然頂いたものですがデザインといい~内容といい、まさに彼女へ渡す為にあるような本だと運命の不思議さを感じてしまいました。

    彼女はその本を見てとても喜び、入院してから毎日その本を1ページづつ読んで、そのポストカードに自分の思いを書いて出しました。 毎日~毎日、両親や友達などに日々の思いを書いて送り続けました。

    しかし、容体は日に日に悪くなっていくので力も入らず書くこともままならず、毎日出すことができなくなってきました。 彼女はそんな自分を情けないと責める日々が続きましたが、周りの人の励ましや思いに答える為にも気丈に書き続けました。

    「泣いたりせずに、強く生きる。」

    これは大事なことかもしれないけれど、悲しい時や辛い時には泣いてもいいと思うのです。 彼女は小さい時から泣かないように我慢して生きてきましたが、今回の入院では自分の未来を悟っていたのか泣くことが多くなっていました。 そして、少しづつ本のポストカードが減っていったのですが、残りが4分の1ほどになったところでポストカードは減らなくなりました。

    彼女の枕元にあった本、その最後のポストカードには「ありがとう」の文字だけがあり、それ以外は空白のままでした。 彼女が今、どのような気持ちでいるのかをここに書くことは出来ませんが、これを読んでいる素敵なあなたならわかると信じています。

    人が生きると言うことは、時間の経過だけでは駄目だと思うのです。 自分がこの世に生まれてきた意味を探す暇があるならば、自分が「何を成し遂げられるのか?」を考えて生きていかなければ、ただ時間と共に生きているだけになってしまうかもしれません。

    やれることは、生きているうちにやる。
    できることは、できる時にやる。
    するべきことは、逃げてはいけない。

    あなたは自分の命、その重さを感じながら生きていますか?

    (ノ_<。)うっうっうっ

    PageTop

    運命の暗示。

    今日は日曜日ですが、楽しい週末をお過ごしかと思います。 この10月5日は私にとって、ある意味記念日なのですが、運命の暗示に気が付かないと大変なことになると反省する日でもあります。

    毎回言うことですが、人生は自分がしたことが自分に跳ね返るだけであり、しないことが返ってくるなんてありえません。 しかし、それは実感しにくいのが難点で、今日したことが明日返ってくるならすぐに態度を改めることができます。 ところが返ってくるのは半年後か~一年後か~はたまた5年後なのか、決まっていないからこそ実体験として待ち続けるのは大変です。

    私は自分の体験としても~お客様や世間の人を見ていても、悪いことや悪い面と言うのは自分が一番ダメージがある時に返ってくるように思えます。 悪口に始まり嫌がらせとかイジメなど、してはいけないことを平然としてしまうとお釣りは必ず来ます。 そのお釣りがくるのは一番ダメージがある時で、反省や感謝の念を思い出させるようにすることが多いです。

    元気な時は悪いことが少々あってもへこたれずに跳ね返せてしまい、本人が反省も感謝も何も無しの状態で過ごしてしまうから、そういう時は何も起こりません。 ところが、元気がない時や弱っている時に次々と不幸や災難が襲い掛かってくるのは、誰しも長い人生で一度や二度は経験していると思います。 昔のことわざにも「弱り目に祟り目」とか「泣きっ面に蜂」など、非常に的を得たような言葉があります。

    では、それが本当に不幸かと言えばそうでもなく、反省や感謝を思い出して次なるステップとしたなら、運命はあなたの味方となって良い経験としてくれるのです。 前世の反省をする暇があるならば、過去の反省をしないと意味がありません。

    運命はあなたの未来を明るくしようとしているだけで、暗くしようとか不幸にしてやろうなんて思うはずがありません。 ただ、人間の方が運命を裏切ったり~間違った方向へ行くだけなんです。

    私自身を例に取ると、人に嫌がられる人生だったのは~自分が人に嫌なことをしていただけです。 それに気付かない以上、運命は私に気付かせるような出来事しか起さないのです。 嫌われたくなければ人に喜ばれることをしなさい、運命はこう暗示していたのに気付かない私がダメ人間だったんです。

    この「運命の暗示」と言うのは日常でも度々あることで、必要な時に必要なことがよくあります。

    例えば、子供が欲しい人が私のところへ相談に来たら3ヶ月もしないうちに子供が出来たとか、私と縁ができて事務所へ来るようになったら次々と取引先や予約が増えていったなど、こういうことはよくあります。 しかし、それは元々そういう事象が起こる予定の人が私のところへ来ることでスイッチが入り、元々の運が良い状態を思い出して夢が現実化してくる力を発揮し始めると言うことなんです。

    本当に運命の暗示はバカにできないのですが、私に起きた過去の出来事は運命の暗示を無視していたからだと反省しています。 私が最近で一番キツイと感じた運命の暗示は、2007年10月2日14時12分からの7分間です。

    この7分間で事務所移転と旧HPの閉鎖が決まりましたが、この出来事を視ていたはずなのに~以前のブログにこうなることを書いていたのに、肝心の私自身が油断してすっかり忘れていました。

    あの時は事務所経費の残りを9月30日に全部寄付して貯蓄ゼロ、そして10月2日の時点では全財産が2万円でした。 さらに10月5日にもダメ押しがあって、それを境にお客様の予約がゼロに近い状態になって~収入もほぼゼロに近い状態が約2ヶ月続きました。

    今では笑って話せますが、あの時は本当に廃業の危機でした。 10月5日以降は毎日毎日お客様ゼロが続き~寄付もほとんどできず、移転費用やHP製作の代金も捻出できず辛くて苦しくて、どうして私はこんな目に遭うんだろうと思いました。 まさに、この時は「一番弱っている時に、一番ダメージがある」ことが起こったのです。

    私が何故この状況から復活できたのかと言えば、それはお越し下さる素敵なお客様のおかげです。 見捨てずに温かい目で見守ってくださった、全ての素敵なお客様がいるからこそ何とか立ち直れたのだと思います。

    私は今後どんな立場になろうとも、お客様の御恩を忘れることは一生ありません。 大切なお時間をお使いいただき、わざわざ足を運んで御来店くださる素敵なお客様には、宇宙より広い感謝を表していきたいと思います。 大袈裟ではなく本当にそれくらいでないと、お客様への感謝の気持ちは表せないと感じているのです。

    いつも御利用いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    運命の暗示は無視していると次々に気付かせる暗示を起こしてきて、それでも気付かないと一番弱っている時に一番キツイダメージがやってきます。

    あなたは運命の暗示に、ちゃんと気付いていますか?

    Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks

    PageTop

    サブプライム。

    最近世界経済についてのニュースが増えてきていますが、それがイチ個人に与える影響はほとんどありません。 確かに大きなお金が動いたりしていますが、サブプライムなどで大きな損失を出しているのは一握りの人達だと言うのをよく見る必要があります。

    今起きている世界経済についてに意見を求めたなら、社長の器が良くわかります。 社長とは孤独な仕事であり決断を求められることも多いのですが、ココで駄目な社長と素敵な社長の簡単な見極め方法があります。 素敵な社長は色々なタイプがいるので判別は難しいですが、駄目な社長はすぐに分かる共通点があります。

    駄目な社長は「流れが半年早かった」とか「予想より半年早かった」など、世界経済などの流れについて必ずコメントします。 世界経済の流れを読みきれる人なんて、この世には存在しないのに必ず薀蓄を言います。 そんなことを言う暇があるなら自社製品の改良や営業活動など、自分ができること&やらなければならないことをしなければ発展はありません。

    経済の流れが半年早かったなどと言うのは、「自分の責任じゃなく世界の流れのせいで上手く行かなかった。」 こういう言い訳を自分や周りにしているのと同じであり、世界経済の流れがイチ個人に与える影響なんてほとんどありません。 それなのに、「う~ん、サブプライム問題がなければなぁ~。」 なんて言うのは経営者失格であり、未来のことを何も予測できていない社長でしかありません。

    能力の無い社長ほど、サブプライム問題がなければ取引が増えるとか、銀行が融資してくれれば会社を大きくできるなど能力が無いことを後回しにします。 残念ながら、こんなことを言う社長がいる会社の業績は、サブプライム問題がなくても変わり無いのが現実です。 私はサブプライム問題について説明しろと言われればいくらでも出来ますが、サブプライム問題が日本に住んでいるイチ個人の生活に直接影響することはありません。

    サブプライム問題が影響すると言うのなら、どうしてそれが影響してくるのかの説明ができないのならマスコミに乗せられているだけに過ぎないのです。 コンピューターの2000年問題で大騒ぎしておきながら、実際はどうだったのかが良い例です。 どんなに不景気な時でも「忙しくて仕方がない」と言える会社やお店がある以上は、サブプライムや世界経済なんて言い訳に過ぎないのです。

    サブプライム問題とは、まず信用がありお金をきちんと返済できる人を「プライム」と言います。 次に信用度がなくて本来ならお金を借りることができない人にお金を貸す、それを「サブプライム」と言います。

    アメリカでは総世帯の約4割が年収2万5千ドル以下でサブプライムの対象になる為、何とか貸し出す方法を考えてお金を動かそうと言う発想が根本にあります。 そして家ならば貸したお金で買った家自体が担保になるので、返済できなくても最終的には家を売ればお金は回収できると考えたのです。

    ところが融資を受けたのは良いけれどお金を家以外に使う人も多く、サブプライムローンの返済ができなくなるサブプライム層が大量出現して、回収の為に担保として取り上げた住宅を市場へ一気に流出させたのです。 そのことにより住宅供給過多となって住宅の価格が下がり、住宅を売っても儲からずローンの回収も出来なくなくなったのです。

    そうなるとサブプライムローンに出資してファンド運用していたヘッジファンドが破綻して、そこへ投資視していた銀行や投資家があわてて資金回収し始めたのです。 ヘッジファンドの方は穴埋めの為に他の方法で利益を上げようと必死になのですが、どうやっても穴埋めできないヘッジファンドは崩壊~清算~廃業となっていきました。

    ところが問題はそれだけに留まらず、サブプライムローン債権を含んでいるかもしれないファンド運用に対しても信頼性が急速に悪化して、お金の動きが低下してしまい全世界に波及していると言うのがサブプライムローン問題なんです。

    「流れが半年早かった」と言っている社長の中で、こうやって分かりやすく説明できる人はまずいません。 それはマスコミが言う尻馬に乗って言っているだけなので、中身が無いから説明できないのです。 本当に経済に目が向いている社長なら、もっと深刻な状態に気が付いているはずです。

    実は日本にとってサブプライムローン問題より深刻なのが「トヨタ~ホンダ~日産」がアメリカで工場進出計画失敗?している方で、自動車関連会社の社長がサブプライム問題なんかに目を向けているようでは生き残れません。 ただし、この中でもホンダだけは車種における共有部品と共有ラインの多さが業績低下を最小限に食い止めていますから、何とかアラバマ工場やカナダ工場のラインを止めずに済んでいます。

    ところがトヨタと日産は事情が違い、アメリカにおいて少々マズイことになっています。 まずはトヨタ自動車ですが、今まで手をつけなかった大型車に舵取りを切り替えて、大型車専用工場をミシシッピに建設中なのです。 2003年ごろからトヨタは大型車へ狙いをつけていたのですが、このところの原油高やエコブームで大型車市場が急激に冷え込んできているのです。

    仕方が無いのでミシシッピ工場はプリウスの生産工場に変えるようですが、プリウスの工場は既にあるのでそんなに稼働率を上げるわけにいかないのです。 この余波を受けて変速機メーカーのアイシン・エイ・ダブリュのノースカロライナ工場は、部品生産が激減してリストラ目前です。

    では、日産はどうなのかと言えばゴーン会長は躊躇なく計画を取りやめるので、テネシー州にあるスマーナ工場は交代制を止めて昼勤のみ+リストラでの人員削減としているので、実害はほとんどありません。 しかし、それにより発生するのは、今まで研究開発してきたブランドや工場の士気低下によるやる気のなさを、どうクリアするかと言う問題です。

    日本は自動車産業が経済の原動力なので、車関係が不景気なら個人の生活に与える影響は大なのです。 このように物事は色々な方面から見て始めて真実が分かるのであり、マスコミの言うことに耳を傾けているようでは生き残っていけないのです。

    あなたは自分と周りの流れについて、どう考えていましたか?

    <( " O " )> ナントー!

    PageTop

    男性の手口。

    私は恋愛経験ゼロなのに、お客様より「恋愛経験が豊富なんですね?」と言われることがあります。 ブログに書いてある内容や霊視カウンセリングの言葉などから、そう言われるのでしょうが彼女いない歴30年と言う恋愛未経験者です。 (知恵遅れと言われていた自閉症の私に、彼女が出来るはずがありません。)

    では、何故恋愛について語れるのかと言えば、毎日お客様の恋愛体験を霊視で視ているからです。 好きな気持ちや苦しい気持ち、女性が体験している数々の恋愛を疑似体験(バーチャル)により自分の体験として会得しているから、毎日毎日~色々な恋愛をしているのと同じになります。

    あなたが恋している姿は、とても素敵で美しいと思います。 その素敵な恋の結末はハッピーエンドであって欲しいと、素敵な霊視カウンセラーを目指す私は切に願うのです。

    私は男性の気持ちや行動の意味はすぐに分かるのですが言えないことも多いので、男性心理について書く時はよく読んで参考にしていただきたいと思います。 ここに書く男性の心理や行動内容は、男性が読んだら「ドキッ!」とか「やばい&まずい」などと思うはずです。

    さて、男性は女性に対して色々な手口や駆け引きを使うのですが、基本的に電話を掛けてこない男性は「ウソをつく&隠しごとがある」と思ってください。 彼が忙しくてナカナカ会えないけれど、会えたら楽しくて嬉しくて~おまけに彼の優しさで会えない時の寂しさを忘れてしまう人もいると思います。

    しかし、問題なのは会えないことではなく「忙しいことを理由に電話できない。」 この電話を掛けない恋と言うのは、とても危険な恋の始まりとなってしまうのです。

    危険だと言う意味は、男性が電話を掛けない女性とは「その女性が本命ではない」と言っているようなモノだからです。 男性心理として本命の彼女であるならば、どんなに忙しくても~例え1分でもいいから声を聞きたくなってくるのです。 恋愛結婚をした御夫婦に聞いてみると良くわかるのですが、本当に結婚を意識した女性には多忙であってもほぼ毎日電話しているはずです。

    残業の途中~出張~飲んで泥酔している時、いつでも必ず連絡を取ろうとするし、そうでなくても「短い電話やメールを打つ」とか、着信履歴を残して相手に自分を意識させようとするのです。 この着信を残すと言うのは「相手にして欲しい&あなたに甘えたい」と言う気持ちがそうさせるのです。

    結婚を意識して付き合っている男性なら、本命の女性は太陽であり~自分は周りを回っている衛星のように本命女性を中心とした考え方になります。 これは恋愛結婚など最終的にゴールインした、幸せな生活を送っているカップルに聞いてみると間違いなく当てはまると思います。

    総理大臣のように分刻みのスケジュールならともかく、どんなに忙しくとも1分あれば電話やメールができます。 男性は「他の男にとられたくない」気持ちと「話をすることで安心したい」気持ちが絡み合っているので、本命女性には必ずこまめに連絡をする努力をします。 (ただし、この2つの気持ちがない場合は、連絡を怠ります。)

    今は携帯など通信手段が発達しているのでガラパゴスやヒマラヤなど秘境にいない限りは、相手にメッセージを送ることができるので、1日に1回くらいは連絡がとれて当たり前です。 もしも、「忙しいんだから仕方ないだろう」と説き伏せて4日も5日も連絡をとらないならば、それは危険な恋をしているのかもしれません。

    また、遠距離恋愛で危険なのが、実家だからとか色々な理由を付けて「女性の方へ泊まりにくる男性」は怪しいと思ってください。 特に要注意なのが「今週末に出張でそっちにいくよ。 仕事が終わったら時間がとれそうだから。」と言ってタダで泊まりにくる男性はものすごく危険です。 こう言う場合はキチンと相手が既婚者でないかどうか、それを確かめてから付き合う必要があります。

    では、その見抜き方ですが、本命の彼女や奥様がいる可能性がある男性とは…?

    一番わかりやすいのが「どんなに遅くなっても自宅に帰る男性」ですが、こう言う男性に多い言い訳が「仕事が忙しくて基本的に夜が遅いんだ、それに実家(自宅)だからね~。」と聞いてもいないのに自分からアピールしてきます。 (また、週末やクリスマスや正月など、記念行事的な日に会えないと言い張るのも危険です。)

    次に怪しいのが「なんとなくゆとりがあって、寂しがらない男性」で、忙しいと言っている割には「スーツ&シャツがビシッとアイロンがかかっている」なら、これは彼女や奥様がいる危険信号です。 こう言う男性にはワイシャツを5~6枚プレゼントして、いつも着ているように指示すると焦りはじめます。 (アンダーシャツやトランクスのプレゼントも効き目あり。)

    最後に「毎日電話が掛かってくる」場合でも、「一緒に住みましょう」という言葉で怯むようであれば、その原因を徹底的に追求して見てください。

    彼女や奥様がいる男性は立場が弱いところがあり、もしも女性を騙していたことが「会社や家族」にバレてしまうと社会的立場が破壊されてしまうことが多いです。 男性と付き合うと決めたなら「騙したら怖いわよ…。」と笑顔で軽くジャブを打っておく、これは決して無駄なことではありません。

    私は男性の浮気に関する行動や手口と言うのは、朝飯前と言うか~寝ていても楽勝でわかります。 見抜けない浮気は存在しないし~男性の行動パターンなんかはリアルタイムでお伝えできますが、良いことを中心にお伝えしたいので悪いことを言いたくないんです。 (今後の課題としては、お客様への伝え方の配慮だと考えています。)

    今日の内容が、あなたにとって男性の手口や行動を知るヒントになれば幸いです。

    あなたは男性の手口を、どのように考えていましたか?

    ( ̄。 ̄) ホォ~?

    PageTop

    プライド。

    プライドが高いだけなら周りの人との関係を壊してしまい、いつの間にか誰もいなくなったと言う裸の王様状態になります。 しかし、信念と言う意味でのプライドは大切にする必要があります。 それを守る為には孤立したり馬鹿にされたり、色々な苦難もあると思います。

    人は誰しも「理解してもらえない…。」 この部分に悲しみや苦しみを味わってしまいますが、あなたが自分のプライドを大切にすることで同じ苦しみの人を救うことにもなります。 人はひとりで生きているのではなく、誰かと誰かの関わりにより作り上げられているのが人生です。

    時には「生きていても意味が無い」とか「生きていても仕方が無い」など、人生に投げやりになるかもしれません。

    酒の席で自分の自慢話しか出来ない上司を見て、「あぁはなりたくない。」 こう思っていたはずなのに、いつの間にか自分もそうなりつつある不安を感じたら、それはまだ間に合うから「磨り減るだけの人生」から脱却しなければならないシグナルなんです。

    人生とは苦痛と喜びの繰り返しであり、その時に起こる順番や中身でネガティブとポジティブの差が出てきてしまうのです。

    苦痛が99%で喜びが1%なら、人生は苦痛だと感じます。
    喜びが99%で苦痛が1%なら、人生を楽しいと感じます。

    残念ながら、人生とは思い通りにいきません。 しかし、思い通りに行かないからこそ、見果てぬ想い出をいつまでも追いかけたり、変わらない自分に誇りを持てたりするのです。 生きていれば自分のことを卑下したりして、消えてしまいたいとか駄目なんだと思いたくなる時もあります。

    そんな時には、思い出してもらいたいことがあります。

    それはあなたが素晴らしい未来へ向かって進んでいる途中であり、今は寄り道しているかもしれないけれど、あなたが進むべき道は「光りに満ちている」と言うことです。 人は心の中にある「恥ずかしい」と思う羞恥心がなければ、「何をしてもいい」と言う自分勝手な行動に走ります。

    あなたの良心が傷付いて「何でこんな目に遭うのかな?」と思うのは、心が健康な証拠です。 コンビニのレジで前の人がグズグズしているとイライラするとか、自分が席に座る為には並んでいる列に割り込んでもいいなど、それを恥じる心がある人はストレスを感じます。

    「あんなことをしてはいけない」と思う、正しい心があればストレスが発生します。
    「みんながしているんだから自分も」と思う、ズルイ心ならばストレスは溜まりません。

    誰もが心にある羞恥心を失くしてしまうことこそが、社会生活をだめにしていく原因だと思うのです。 しかし、あなたの中にある羞恥心は無くなっていないからこそ、ストレスを感じてしまうのです。 あなたがストレスを感じているうちは、自分の心が健康であり正しいことが出来ていると言う証明になります。

    人の心には色々な煩悩があるのですが、それを全部失くすことなんて出来ません。 もしも出来たら仏陀かキリストの領域なのですが、自分で気付いて自分で煩悩を減らしていくと言うルールは、誰にでも作ることができるのです。 ただし、作ることはできても守ることが出来るかどうかが、その人の未来で運命の分かれ道になるのです。

    誰かが成功したり出世したりとなれば、そこで嫉妬心が沸いてくるかもしれないし、誰かが幸せなら自分と比較して落ち込んでしまうかもしれません。

    その気持ちの浮き沈みこそが正の原動力になるのか~それとも負の原動力になるのか、その境目だと思うのです。 嫉妬や妬みを持ち続ければ相手を落としいれたり非難したくなりますが、自分もあぁなりたいと素直になれば、それは目標(尊敬)に名を変えるのです。

    そうは言っても何から始めればイイのかが分からないと言うのであれば、何でもいいから3つの目標を決めてしまうのです。

    例えば、挨拶~笑顔~親切と言う具合にです。 朝誰かと会ったなら知っていても知らなくても挨拶をしてみようから始まり、いつでもどこでも笑顔でいて決して不機嫌にならない日常を作り、一日のうちにひとつは人に親切にしようと言う感じで決めてしまうのです。

    あなたが挨拶してくれたら活き活き出来る~あなたが笑顔でいたら嬉しくなる~あなたが親切にしてくれたら生きがいになる。 それぐらいあなたの内なるパワーは、素晴らしいモノがあるのです。

    あなたは自分の信念と言うべきプライドを、大切に出来ていますか?

    (*°ρ°) ン~?

    PageTop

    夢を与える。

    人に夢を与えることが出来たなら、それは感動の種を相手の心に植え込むことになります。 さらには、それが発芽して大きく花開いたらどれだけ心に響くことになるのか、そう考えたら夢を与えるとか夢を売ると言うのは、とても素晴らしいことなんです。 エンターテイメントは、どんな職業でも立場でも素敵に行えば、素敵な感動が広がると思うのです。

    あるところにLeixe(以下Lとします)と言う、貧困な状態から上昇して夢を与える立場になったグループがあったと仮定します。

    仮にリーダーをIさんとしますが、このIさんは元々ダンスや歌に関わることが大好きで、15歳よりディスコで踊ったりして感性を磨き、高校卒業後にはダンスコンテストで準優勝するくらいの実力を身につけていました。 しかし、Iさんはここでスカウトをされて順風満帆だったのが災いしたのか、その後はいくつものグループを結成しては解散と言うのを繰り返していました。

    そうこうするうちにA社のMさんより、Jと言う名前のグループでの再デビュー&A社の新人教育係(ダンスレッスンなど)の話が舞い込んできたのです。 何故Iさんにこんなチャンスがきたのかと言えば、Iさんが高校生の時に通っていた貸しレコード屋の店長がMさんだったのです。 このMさんは貸しレコード屋の店長から成り上がり、今はA社の社長としてミュージックシーンに関わっているのです。

    さて、IさんはグループJを作った時に、みんなの前で「武道館へ行くぞ!」と宣言しています。 それと言うのも過去のIさんはチャンスは多いのに活かすことができないと言う、自分の姿を情けなく感じて過去を繰り返したくないと思っていたからです。

    その気持ちをメンバーに伝えて努力しつつ、恩人であるMさんにも話しました。 するとMさんは「オマエ、会社作れ。」と言って、Iさんを強制的に責任ある立場にして夢を叶える下地作りを進言したのです。 恩義あるMさんに言われたらIさんも断れず、やるしかないとメンバーで会社(E)を立ち上げたのです。

    Iさんは自分が経営者になると「休んでなんかいられない!」と言う気持ちが沸いてきて、デビューしてから現在まで休日はゼロに近い状態です。

    そしてA社のダンスレッスンを引き受けて会社の運営資金をひねり出しながら、自分達のグループJの活動も続けると言う日々を過ごしていると、ある時TVの挿入歌を歌わないかと言う話がIさんの元へ来ました。 Iさんは直感で「やります!」と引き受けたのですが、基本的にJはダンスグループでありボーカルがいません。

    しかし、Iさんは以前から目を付けていた新人のKさんとSさんに連絡して、急遽ダンス&ボーカルとしてレコーディングしたのです。 急であろうと~何であろうと、「来たチャンスは逃さない!」と言うIさんの気迫勝ちです。 ただし、ラッキーだったのはIさんがA社の新人教育係をしていたので、数多くの新人と顔見知りだったのでボーカルも決めやすかったのです。

    Iさんはこのチャンスを逃がしたくないと死に物狂いでやったのですが、このチャンスは活かすことが出来ました。 なんと急ごしらえのデビュー曲が、オリコン4位になったのです。 その後も順風満帆に思えたのですが、人気が出て収入が上がるとトラブルは付き物で、なんとボーカルのKさんが辞めると言い出したのです。

    Kさんは元々建設現場出身なのですが、気が強くて天狗になりやすくメンバーとも度々衝突していました。 IさんはトラブルメーカーのKさんに頭を痛めていたのですが、ある事件によりKさんをかばえなくなりMさんとも協議の結果脱退となったのです。

    これによりしばらくライブも新曲も出せず、社員も増えて大きくなっていた会社Eは毎月の経費を捻出するのに四苦八苦で倒産の危機となり、それを回避する為にも早く新曲を出してツアーを再開しないといけなかったのです。 しかし、ココで問題なのは新ボーカルを加入させる時にファンが起こす拒否反応や、加入時にどれだけインパクトを与えられるかなどです。

    新ボーカルはメンバーと旧知の中であるTさんを加入させると決まっていたのですが、世間にTさんを認めさせる為にはどうすればいいか?

    IさんとMさんは、日本中からLのメンバーを募集して「オーディションを開いた上で決める」と言う戦略を考えたのです。 なお、Tさんは色々なオーデションにも合格していて、もうじきソロデビューする予定だったのでLのメンバーとも旧知の仲です。 冷静に考えて○○師だった人が、いきなりLのメンバーと息がピッタリでダンスや歌がプロ級なんてありえません。

    これなら普通の青年が成り上がっていくと言う感動ストーリーとなって、自分で努力して勝ち上がっていったと言うイメージも付きます。 おまけに連日「Lのオーディション!」と言うことでTVや新聞などマスコミが食いついてきて、ライブも新曲も無いのにLの名前がメディアに出まくっていたのです。

    さらにはLのオーディションと言うことで当然ですがLの歌を歌う人が続出して、過去に発売しているCDの人気が再燃して、LのCD売り上げが元へ戻ってきたのです。 これにより毎月の赤字は減って会社Eは存続の危機を脱出して、さらに新ボーカルTをファンに認知させると言う大逆転が起こったのです。

    これは夢を与えると言うエンターテイメント、つまり誰かの心を幸せにすると言うことをIさんが忠実にしてきたからこそなのです。 (以上の話は、あくまで架空の話です。)

    これはTVの中だけの出来事では無いし、他人事でもありません。 あなたの未来に起こるべきことでもあり、あなたの未来で待っていることでもあるのです。 素敵なあなたの行いにより、素晴らしい出来事で感動する人が大勢いると言う事実が、あなたの未来を大きく創造していくのです。

    あなたの夢は、どれだけ周りの人を喜ばせますか?

    ☆⌒(*^-°)v Thanks!!

    PageTop