徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ネットと現実。

    おはようございます。 素敵なお客様にお会いする度に考えさせられるのが本当の自分で、今の自分は偽りで本当はダメな自分でどうしようもない、それを恥ずかしく思ってしまうのですが、少なくとも強い立場の人の前では大人しくなって弱い立場の人の前では強気、そういうクソみたいな生き方だけはしないようにと思います。

    ただ、私は県北時代はそういう生き方そのものなので、人のことは言えないし反省しなければならないし、そういう部分でも自分を戒める意味でも今日の内容は架空の自分と現実の自分みたいな内容で、自分への戒めみたいな内容です。

    私も県北では強い人には大人しく弱い人には強気、そんなクソみたいな生き方で恥ずかしいです。 もっとまともな生き方をしていればと思い返しても時間は戻らないから、今後の生き方で恥ずかしい部分をどうにかするしかありません。

    私自身が卑怯者でしたからよくわかるのですが、自分が知らない相手に対しては不安や恐れを感じます。

    そうなると「あいつは○○だ」などと自分が思うレッテルを貼り、それで自分の心の平穏を得ようとします。 あいつは昔寝小便を垂れたと出世した人を貶したりが好例で、子どもの時なら誰だってするのに大人になって負けている自分を認めたくないから貶す、そういう卑怯なことを私もしてので恥ずかしくなります。

    そうやって相手を貶すことに根拠など必要なく、相手を悪く言う為なら単なる噂で充分です。 その噂を流すだけで尾ひれがつくのが県北でしたから、後は段々と話が大きくなって行くだけですが、今から思うとよくこんな卑怯なことをしていたなと思います。

    今ならネットで匿名が攻撃し放題で自分がしていたからこそわかるのは、自分が安全な場所から相手を攻撃すると、自分が痛みを感じないからどんどんと攻撃が激しくなり、自分では大したことはしていないつもりが、周りが引いてしまうくらい攻撃しているのに気付かない、後で訴えられたり逮捕されるまで気付けないのです。

    江戸時代など昔の話や落語によくあるように、柳の下に幽霊がいると思っていたら実は単なる人や物だったと言う落ち、あれと同じで実態が無いのは蓋を開けてみると大したことが無かった、ネットの匿名も逮捕されたら大抵は無職など大したことが無い人がほとんどです。

    匿名で騒いでいる人は匿名だから声を張り上げるけれど、目の前にいる人に直接文句を言うのは無理、実名や対面だとビビって何も言えない、そういうアホなことをしていたのが昔の私ですから、陰でコソコソの気持ちがよくわかります。

    今の私が昔の私に会えたなら、可哀想で涙が出るから大人しく県南へ行って働け、そういうニュアンスの内容を言うと思います。

    また、多くの人が思い違いをしていることの一つに、「あの人はお酒さえ飲まなきゃいい人なんだけど?」と言う人が、「お酒を飲まない日など無い」と言う現実です。 ネットで匿名で攻撃している人を擁護する人たちが必ず言うこと、それはネットではこうでも現実ではちゃんとしていると言うニュアンスの言葉です。

    ネットで言っていることは直接言えないだけで本質は変わらない、その人たちは自分が思っていることをネットにぶつけているだけで絶対に考え自体は変わらない、ネット=現実で中身は何も変わりません。

    ネットで上戸彩が好きと書き込む人が現実では上戸彩は嫌いとなる筈もなく、直接言える勇気はないけれど心に上戸彩が好きと言う気持ちは持ち続けるので、直接言えるか~陰でコソコソかの違いがあるだけで本質は変わりません。

    時代は進んでいるのでネット=現実で直接言えるか陰でコソコソかの差だけ、今まで言える勇気の無かった人がネットなら匿名で言えるようになった、ネットは言葉使いなど品位が無い人が多いと感じるなら、現実でもそういう人が言える場を持ったと言うだけです。

    以前、Twitterに「ネット上のお前ら~現実社会のお前ら」と言うサイトをアップしましたが、ネットでは人格や言葉使いが変わるかと言われたら変わるが答え、車を運転したら人が変わるのと同じです。

    ネット上ではもの凄く雄弁に感じる人だって実際に会ったら凄く無口かもしれない、誰だって上司に頭に来ても言葉を控えるように会社では理性が働きますが、ネットは利害関係も何も無い上に匿名だから遠慮が入らないから子猫も虎に変身できます。

    普段は社交的で冗談ばかりがネット上ではまじめで堅い発言ばかりなど逆になる、中身は同じ筈なのにネットと現実では声の大きさや勇気の差が出やすいと言えます。

    思っているけれど言えなかったことを言っているだけで意見が変わったわけではなく、現実では言えないけれどネットでは言えるのは勇気と実力の差が浮き彫りとも言えますが、私自身が卑怯者だった過去から自分に取って耳が痛いです。

    卑怯者だからこそわかるのは、いくら自分を強く大きく見せようとしてもキャラを作るのが自分だから、知識も教養も品格も経験も全ては自分の中にあるものです。

    中身は素の自分だから自分ではカッコ良くても周りから見るとダサい、そういう自己矛盾の中では余計に強がるだけの人生となり、いくら架空の自分を大きく見せても素の自分が小さいから虎ではなく猫、ネットでは攻撃しているつもりが多くの人から見下されている怖さがあります。

    以上、昔の私そのもので県北時代は酷かったと回顧しながらの内容ですが、よく県北時代はあんな卑怯で愚かなことを平気でやれていたと恥ずかしくなります。

    あなたはネットと現実、どちらが本当ですか?

    (@ ̄_ ̄) ・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    天罰。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことがたくさん起きる、それも飛び切り素晴らしいことが起きる、それは目が見えて身体が自由に動いて水も食料も何不自由なくありスマホを操作できる、電気も水道も全て揃っているなんて素晴らしい奇跡です。

    昨年の西日本豪雨により被害に遭われた方には本当に早く元の生活へ戻ることを祈りますが、その起こった水害で物が流されたり水に浸かって使えなくなったり、これは単に物と言う訳ではなく思い出を失うに等しい出来事だったと思います。

    このようなことが起こると人は不自由であることにより自由に感謝できるようになる、何も起きていない今が本当は幸せであることに気付けずに、あれが欲しいこれが無いと不平不満を言うとは贅沢なことでもあり、今の何不自由ない生活が本当は幸せであると気付けたらもっと幸せに気付けます。

    今日は天罰のお話ですが天罰とは天から下される罰のことと辞書にありますが、悪事に対する報いとして起こる事が多いが、神などの怒りに触れて起こるのは全て天罰とも書いてあります。

    この天罰とは自分に対して何かされると、あいつに天罰が下ればいいのにとなりますが、天罰とは神様の気分次第で起きるのではなく因果応報のように原因があって結果がある、何か悪いことをしているのが巡り巡って悪いことをしている人へ返ってくることを言います。

    この天罰を信じる人は信じるし、信じない人は信じない、占いを嫌いな人なら天罰なんて信じないし、占いを信じる人なら天罰はあると思うし、どれが正解かは自分自身の中にあるとしか言えませんが、私は占い師としては数々の実例を視ていると恐ろしくて天罰はあるとしか言えません。

    もし、天罰が無いなら悪いことをする人は悪いことばかり続ける筈で、人は罰が無いならどんな酷いことでも平気でやれます。

    例えば、県北の工場時代に社内結婚する二人がいて、その旦那様は結婚して1週間後に工場内で首吊り自殺、奥様は工場を辞めてどこかへ引っ越しましたが、これについて鑑定で話すと大抵の方はドン引きですが、人はどこまでも残酷になれる生き物なのです。

    今日のブログの内容が天罰についてなのは、ここ最近はしみじみと感じることがありまして、その現状を見ていると人に悪いことをしておきながら何も無く済ませるなんてありえない、自分がしたことに対して謝罪や反省をしない限り行いへの利子がついて、自分の所へ帰ってくる時には恐ろしいまでに膨れ上がる、それを占い師として痛感しています。

    県北時代は天罰など無いと馬鹿にしていましたが、占い師として天罰はあると確信できた事例をよく見るので、逆に言うと私も悪いことをしたら天罰を受けなければならないと言う事実でもあり、悪いことをしてはいけないとつくづく反省する毎日です。

    いじめた方は「昔のことをいつまで言ってんだよ!」と言いますが、それはいじめられた側が許すと言うまでに決まっていて、いじめた加害者が被害者を罵倒すること自体が二次被害~三次被害で、天罰が怒る為の罪の上塗りです。

    例えば、20年以上の前のことでも返ってきたりするので人に嫌がらせをしてはいけない、私も知らない所で人に嫌がらせをしているかもしれない、そう思うと本当に怖くなってしまいます。

    私の工場時代はH班長シリーズにて読めますが、働き始めてからのいじめは大人になってからなので今さら人生が変わらない人たちの話で、40~50~60歳と言う年齢でいじめをやめたからと言って天罰は間違いなく来ます。

    しかし、その前の年代(小学生や中学生)のいじめは反省すれば間に合いますが、10代でのいじめは反省していじめた人に謝罪して、その罪滅ぼしをすれば痛い目に遭わずに済むけれど、そもそもいじめる人が反省するわけがないので天罰の執行は確定とも言えます。

    私が中学生の時に2階の窓から投げ落とされた話はご存知の通りですが、悪口を言われるとか殴る蹴るは日常茶飯事、今から思うとやり返す勇気の無かった私が悪かっただけですが、そこまですることは無いだろうと言う気持ちもありました。

    当時、私をいじめていた同級生や先輩や後輩も年齢を重ねて成人して、働き場所を求めて県南へ出た人もいるし地元へ住んでいる人もいるし様々ですが、卒業して働き始めて結婚して子どもができて家を建てる、その世間一般の歩みを歩んでいるのは事実です。

    いじめていた方は昔いじめていたことなどすっかり忘れて、今では奥様や子どもと幸せに暮らしている筈ですが、私をいじめた人たちが住んでいるのは新見~高梁~総社~真備町~矢掛町に多いです。

    私は県南へ出てきて素敵なお客様方より、思いやりとか人情を教えて頂き~学ばせて頂いておりますが、自分をいじめた相手に優しく出来るかを考えると今ならできます。

    それは素敵なお客様方のおかげで色々な温かさ(人情・社会貢献)に触れることができ、昔はいじめた人など困っていても知らないでしたが、今なら私をいじめた人たちが困っていたら必ず助けるを実行できる、それも全ては素敵なお客様方のおかげです。

    いじめっ子が困っているなら手を差し伸べる、それができてこそ人間的な成長ができると素敵なお客様方より学べました。 それにいじめた相手に助けて貰うなんて、いじめっ子からするとプライドがズタズタの筈ですが、実際には困っていたら平気で嘘の謝罪をして助けて貰ったら知らん顔もいじめっ子の本質です。 (苦笑)

    私は西日本豪雨の被害には寄付と支援物資をほんの少しだけしましたが、被害に遭った地域の方々が少しでも早く立ち直れて笑顔になれる、その為にはもっと支援を続けていきたいと思います。

    私自身が天罰に遭うようなことばかりしてきた過去があるので、今後も罪滅ぼしを続けて行かないと酷い天罰があるぞと恐ろしい限り、本当に今後の人生も注意して歩んで行きたいと思います。

    人に悪口を言っておいてタダで済む筈がない、人をいじめたり攻撃しておいて苦難が来ない筈がない、10年かかるか20年かかるか分かりませんけれど、必ず天罰があると今は理解できているので私も毎日罪滅ぼしをしないと恐ろしいです。

    あなたは天罰、信じますか?

    d(@^∇゚)/ファイトッ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    妬み。

    おはようございます。 今日も淡々とした一日が始まり、朝起きてから仕事へ行って帰ったら寝ると言う繰り返し、それがつまらないと思う気持ちも分かりますが、それにより誰かの役に立っていることにもなり、そして何より普通に過ごせるのは幸せなことです。

    元気で健康で過ごせるのは本当は素晴らしい生活なのに、いつの間にか当たり前になって感謝の気持ちが無くなる、そして病気や怪我により不都合な状態になるとなんでだと怒り始める、今まで感謝していなかったのに怒り始めるのは矛盾です。

    人は自分に無い物を人が持っていたら羨ましい、そして自分が敵わないとなると今度は攻撃し始める、相手の方が格上にも拘らず格下の自分が攻撃する、それは非常に矛盾しているのに当たり前のようにしてしまいます。 (以下、私自身への反省も込めての解説です。)

    例えば、プロ野球を見に行って投手のことを「なんで、あんな球、投げるんだよ。 もっと内角低めに投げておけば打たれないのに。」とか、「あいつも、なんで、あんなボールに手を出すんだよ。 見逃せばボールだったのに馬鹿だなあ。」など、こうやって観客席からプレイヤーを馬鹿にしたり見下したりしています。

    ライブで見に行かなくてもスポーツ新聞やTVでの放送を見て、「あいつも、さっぱりやな。 もう、引退した方がええんとちゃうか?」とか、「あいつも昔は泣かされていて、俺の方が小学校の時は上手かったのに、あんな下手くそがプロになるとは。」などと言います。

    しかし、冷静に考えなくても分かることですが、これらはプロになれなかった素人が言っていることで、素人がプロに技術指導なんてバカバカしい話です。

    もしも、あなたの会社の新入社員が、いきなり10年先輩に向かって「そこは、もっとこうした方がいい」などと言い始めたら、新人のくせに何を生意気なことを言ってるのとなる筈で、しかも自分をターゲットにされたら新入社員を注意(もしくは怒る)すると思います。

    自分に当てはめると無茶苦茶だと分かる筈ですが、技術的にも能力的にも遥かにプロ野球選手に及ばない自分、そんな人たちが色々なことを言うのはお門違いも甚だしい、自分にできないことを相手にはしろと言うのは凄く変だと気付いていません。

    それにプロ野球選手ともなれば年収が1億円とかなのに、自分の年収はいくらなのと聞かれたらどうするのか、平社員が社長に色々と注文を付けたら首ですけれど、それを日常的にやってしまっている自分がいることに気付けないと開運など無理です。

    他にもZOZOの前澤社長が豪勢な生活を見せびらかしていると批判する人もいますが、嫌なら見なければいいのに、わざわざ嫌いな人のTwitterやインスタグラムを見に行って批判する、その矛盾した行動に気付いていません。

    会社で嫌いな人がいたら相手にしたくない筈ですが、それを一々相手にしに行くと同じこと、違いと言えば会社などでは直接相手と会えるから対面になる、ところがネットとなれば匿名でどこの誰だか分からないまま攻撃できる、その違いから自分の憂さ晴らしに匿名で攻撃しているのが本音です。

    前澤社長が女優の剛力彩芽さんと付き合っているのも、人の恋愛事情など普通なら気にしなくていいのに癪に障る、プラーベートジェットでサッカーW杯を女優さんとに見に行ける男、その輝きが眩しくて自分が惨めになるから攻撃しているとも言えます。

    そんなことはないと否定する人もいると思いますし気持ちも分かりますが、それを言う人は前澤社長から誘われて同じ体験を1日でいいからしたら、間違いなく前澤社長のファンになって今度は自分もその時の写真をネット上に上げることになります。

    自分が持たざる者の時は批判するのに、持つ側になったら批判が影を潜めるどころか、人のことをあれこれ言うなんて卑怯だとかセコイなどと言い始めます。

    これを広義的に妬みと言いますが、人を妬む立場の時はあれこれと理屈をつけて自分の憂さ晴らしの正当化を推し進めるのに、自分が実行や成就できる立場になったら掌返しで批判する人たちを批判する、人は喉元過ぎれば熱さを忘れてしまいます。

    特に妬んで攻撃は男性に多く、女性の方々が一生懸命に働いでたまの休みに息抜きや自分への御褒美として、ホテルのランチを食べに行ってインスタに上げたとします。

    すると、たちまち妬む人からのコメントが付いたりしますが、ホテルでのランチに嫌味や悪口を言うのは自分ができないことだから、もしくは自分が同じことをしても注目されないから、そのどちらかで攻撃しない時が済まないのが妬む人たちです。

    私は2018年10月頃までサッカーに興味が無くてルールも知らないど素人、三浦知良選手は知名度抜群で生き方が素晴らしいので知っていましたが、他のことはさっぱりわからずサッカーW杯も日本の0勝3敗と言っていた程です。

    それが素敵なお客様からの御縁により、その旦那様経由でサッカー選手を次々と鑑定する機会を与えて頂き、その時に病気の子どもたちへも気持ちよくサインをして頂き、ついでにツーショットもお願いしました。

    サッカーファンではない私は普通にその選手と話せますが、男性ファンからするとその選手は神だから、「山崎、お前はなんて失礼な態度を!」となる気持ちも分かります。

    ただ、それが自分だったらどうしているかと言えば、サインやツーショットを顔出しでインスタやTwitterなどSNSに上げて自慢するかもしれない、そうなると今度は批判していた自分が批判される側になってしまいます。

    結局は同じ立場になると批判する人たちを批判するようになる、その根底にあるのは妬みや手に入らない物への眩しさと羨ましさです。 私も妬みまくりで恥ずかしい県北時代があるので人のことは言えないし、反省し続けていつまで経っても勉強する毎日です。

    私は素敵なお客様方のご指摘で反省できたり気付けたり、未熟な私を学ばせて下さる素敵なお客様方のおかげで本当に幸せです。

    最後にお知らせですが、2019年1月1日のお昼12時より倉敷事務所にてお守りプレゼントを開催しますので、遠慮なくお気軽にお越し下さいませ。

    続いて2019年1月13日に開運の新年会を開催しますので、検討中や保留中の方は遠慮なくお気軽にお申し込み下さいませ。

    あなたは妬む、その気持ちが分かりますか?

    o(〃^▽^〃)oうふっ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    根に持つ~後編。

    おはようございます。 今日も元気で健康でいることに感謝、仕事など生活の中では嫌なことがあるかもしれませんが、健康な今日に感謝~ご飯が食べられて感謝、そうやって感謝感謝で過ごして行くなら運命は味方してくれます。

    さて、昨日からの続きですが昔の私はろくでなしと思い出しながらのブログですが、県北を例に出すと根に持つ人がどういう人なのかを少しは理解して頂けたかと思いますが、サイコパスやパラノイアのいしつこさ、き○○いに刃物と言う言葉があるように、どうこう言っても根に持つ人は一生根に持つ人です。

    基本的に根に持つ人はマイナス思考で何を想像するにもネガティブ、何故か悪い方へ悪い方へ流れて行くと言うか考えると言うか、少しでも何か言えば被害者として大袈裟に言い始めたりしますから、周りからすると余り関わらない方がいいとなります。

    私もそうでしたけれど根に持つのは常に不安だからで、将来の安心があれば大丈夫なのかも知れませんけれど、お金の次は仕事など次から次へと将来が不安になり、結局は不安の解消ができないから人のことが妬ましくて根に持つとも言えます。

    それに劣等感が強いのも根に持つ人の特徴で、自分ができないとの不安からできないと馬鹿にされると思い込みます。 劣等感が強いと少しの失敗で評価が下がると思い込み、自分のせいではない誰かのせいと思い込んでいます。

    そして意外なことに根の持つ人は悪い意味で頭が良い場合が多く、しつこく覚えておいて忘れることができないから許すこともできない、寝たら嫌なことを忘れるなんて人は根に持つことは無いからいいけれど、根に持つ人は何をどうしても忘れません。

    そして根に持つ人の特徴として大きいのがナイーブと言うか神経質と言うか、傷付きやすいからすぐに被害者になることです。

    普通なら聞き流すような一言でも大激怒しないといけない、冗談など通用する筈もなくしつこく言い続けて自分がやられたことばかり、人のことには無神経なのに自分のことにはデリケートです。

    デリケートを裏返すと自信が無いとも言え、自信に満ち溢れている人は余り怒りません。 怒る(根に持つ)とは自分に自信がないからこそで、負けたらどうしようなど不安だからこそ芽生える感情です。

    結婚生活でも見捨てられたらどうしようとの不安から、俺のことを馬鹿にするなと自分を守ろうとして奥様へ怒りがわいてきます。

    ここまで書いてきて、本当に昔の私そのもので恥ずかしくなってきますが、こんなことを人にしていたのかと穴があったら入りたいくらいで、私は人に嫌がらせをしていたんだと反省や後悔をするくらい本当にダメでした。

    そして根に持つ人を相手にどうするかと言えば、一番いい対策は相手にしないに尽きると思いますが、根に持つタイプは俺様こそ一番と言う自分を認めてほしいがありますし、そうやって目立って気持ちの良い所に反発されたら嫌と言う不安もあります。

    つまり、根に持つ人は認める=褒め捲りで行く、認めてくれる人には好意を抱いて味方と思うから褒め捲るが必要です。 自分が納得できないと怒るのに自分が失敗しても知らん顔、だから全て任せて自分勝手にさせるのが最良、とにかく相手にするだけ時間の無駄、それどころか逆恨みされる危険性もあります。

    その為、やれることと言えば距離を置く位で、社内など相手にせざるを得ない場合でも距離を置くのはできます。 取りあえず物理的な距離を離すことで効果があり、根に持つ人と距離を置くだけで精神的にも助かります。 関わりを避ける為には距離を置く、それも目に入らないようにしておくのがポイント、視界に入らないと話しかけにくいからです。

    会社などでは根に持つ人と完全に無縁になるのは不可能、だから次の手としてはゴマスリです。

    とにかくおだてることで気分良くさせる、敵ではないと意志表示をして私はあなたより格下ですよと自分を下げる、そうすると根に持つ人の自尊心が満足するので、その自尊心を満たしてあげることで攻撃は減る筈です。

    後は強いて言うならプレゼント作戦で、根に持つ人が欲しがりそうなものをリサーチして送る、もしくはちょこちょこお土産などを買ってきて渡して嫌味を言われるを繰り返しておくと、腹は立つけれど嫌味一つで終わるようになります。

    嫌かもしれませんが少しのプライドを気にして嫌な思いが続くよりも、さっさと片付けて次へ進んだ方がましで、根に持つ人はどうこう言ってもしつこいから相手にするだけ時間の無駄、重要だから重ねて書きますけれど時間の無駄です。

    本当は関わらなくても済むなら関わらないのが正解ですが、生きているとそういう訳にもいかなくて仕事などで関わってきます。 謝っても謝っても根に持つ人は許さない、謝ることで謝り方が気に食わないなど次を見つけるので、怒りをぶつけたいだけの考え方だから相手にする方が時間の無駄、たまたまあなたが攻撃する対象として最適と言うだけ、そんな相手とは関わらない方が素晴らしい人生になります。

    根に持つことで良いことなど一つもなく、逆に悪いことだらけなのに昔は気付かず今頃気付いて反省中ですが、いじめられたことをネタにして人を笑わせることができるのも、忘れられないならネタにして周りを楽しませる方が良いと気付いたからです。

    県北でいじめられたネタを鑑定の余り時間に聞いた人ならわかると思いますが、本来ならいじめられた話だから暗くなる筈が笑えて来る、そういう逆転の発想でいるからすべらない話がいくらでも出てきます。

    根に持つと人間関係は減るし、自分の価値が下がるし、こんなことばかりしてと不安になるし、人間的には全く成長できないし、そうなると今度はストレスがたまるだけ、こうやって自分の過去を振り返るとダメダメでろくでなしだと恥ずかしくなります。

    人を楽しませる、それができると人に好かれますが、根に持つと人に嫌われるだけなので根に持たない方が良いけれど、そんなにすぐされたことを忘れるのも無理だから自虐ネタも笑えるようにすると、逆に人との関係が増えていくと思います。

    最後にお知らせですが、2019年1月1日お昼12時より無料のお守りプレゼントを倉敷事務所にて開催するので、皆様お誘いあわせの上でお越し下さいませ。

    新年会の方も〆切ったので二次会の方は会場の都合で無理ですが、新年会のみなら今も受け付けておりますので、参加したい方は遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

    あなたは根に持つ人、どう思いますか?

    (=゚-゚)ノニャーン♪

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    根に持つ~前編。

    おはようございます。 いよいよ12月も下旬に入りますから今年も残り10日ほど、今年一年を振り返ってみても良いことも悪いこともあったかも知れませんが、来年は素晴らしい幕開けとなる、そう考えないと新年早々から落ち込みかねないので、嫌なことは綺麗さっぱりと忘れるのも大切です。

    ただし、私自身は根に持つと言うか忘れないから苦しんで来たのもありますが、記憶力とは必要以上に無い方が幸せで、私は昔いじめられたことが尾を引いているから忘れられないことで人を斜めに見る、人を疑ってしまうなどロクなことになりません。

    占い師になってからは忘れることはできない分、それをすべらない話として笑いへ変えることでいじめをネタにして平気になりましたが、そうできないならしつこくねちねちと考えるばかりで、今頃はネットに悪口ばかり書いているネット弁慶として人の悪口を上から目線で書く、そんなつまらない最低の卑怯な人間になっていたと思います。

    そんなことをしても相手が不幸になる訳でもなく自分が不幸になるだけなのに、相手の不幸が自分の幸せと言う最低な生き方、それを良しとする人生で一生過ごしていたと思いますが、素敵なお客様方のおかげで抜け出せたので本当にありがとうございます。

    私は県北でいじめられているからこそわかりますが、いじめている方はいつまで言ってんだよと言うくせに、自分がされたら絶対に許さないと言うのですから、いじめをする卑怯者はしつこくていつまでも根に持つことは間違いありません。

    特に県北ではしつこくて永久に根に持つ人が多く、県南から県南へ出てくると忘れてくれる爽やかな人が多いから心が洗われますが、以前にされたことを忘れずにいつまでも根に持って会う度に怒りだしたり、いつまでも根に持つタイプを相手にすると凄く疲れるので関わると時間の無駄です。

    そういう根に持つタイプの解説をしながら根に持つタイプへの対策と思いましたが、実際にはサイコパスだから解説は教科書通りのことしかできないし、対策と言っても相手にしないと言うのが一番正解で、相手にして貰う(反応して貰う)ことが喜びとなって更に攻撃するのがサイコパスやパラノイアです。

    この根に持つサイコパスやパラノイアは自意識過剰の人が基本で、俺はこんなに凄い人間なのにどうして認めないとか、俺みたいな凄い男に対して無礼な奴だなど、とにかく自分は天上天下唯我独尊であると自他ともに認めろと言う精神で生きています。

    しかし、本人には自覚が無い自意識過剰であるから、少しでも自分を否定されたらあらゆる方法で相手に仕返しを始めます。 今の時代で言うとネットに書きこみ、Twitterやブログでアカウントを作り、延々と相手のことを書き込んで攻撃します。

    しかも自分は匿名で相手に知られないように延々とやり続けますが、サイコパスやパラノイアの恐ろしい所はこれを正義だと思い込んでいることで、警察に通報されたり弁護士から連絡が来て犯罪だと知らされても、どこが悪いと居直り本当に正しいことをしていると思い込みます。

    そのきっかけも実際には無関係なのに被害妄想が広がって自分のことと思い、相手に非が無いのに全ては相手に非があると思い込んでいるのがサイコパスやパラノイアです。

    なお、サイコパスもパラノイアも似たようなものですが、サイコパスは性格自体がおかしく社会を困らせる良心の欠如、罪悪感がゼロで凶悪犯罪も平気でやれますがパラノイアとは、被害妄想が強く挫折や侮辱などへの過剰反応や強い猜疑心の塊です。

    こういうサイコパスやパラノイアの特徴は、一番わかりやすいのが相手によって態度を変えるです。 強い人や好きな人には丁寧な態度や言葉、弱い人や嫌いな人には乱暴で横柄な態度や言葉、これはサイコパスやパラノイアになる犯罪者予備軍です。

    人の嫌がることをする人は他人に嫌なことを言って嫌われていますが、その嫌なことを言う人はあなただけを傷つける訳ではなく、自分以外に対して平等に嫌がらせをします。

    そして自己肯定感が低いこともサイコパスやパラノイアの特徴で、自分は誰にも必要とされない人間だとか、何もできない人間だと自信の裏返しでびくびくします。 日頃は自信満々なのに裏では自分なんてと過小評価したり否定したり、自己肯定感が低い分だけ他人の評価の低さに激高します。

    当然ですがサイコパスやパラノイアは例外なくプライドが高く、自己肯定感が低い=プライドが高いとなります。

    自己肯定感が低いから誰にも必要とされていないことに気付いているからこそ、自分のことを認めない人たちへの怒りで内面がパンパンに膨れ上がり、自己肯定感が低いことが被害妄想にも繋がり、いつの間にか自分が被害者として仕返しをしてもいいとの哀れな妄想に結びつきます。

    根に持つ人は自分のミスにも人のミスにも敏感で、たった一度のミスを100回ほどミスしたように言います。 人はミスから学ぶのにミスが許せず過剰反応するので、相手がしたことは永久に覚えてミスを責め続けるからこそのサイコパスやパラノイアです。

    そして残念なことに根に持つ人は広い交友関係を嫌い狭い交友関係を好みますが、それはいつまでもしつこく根に持つから信頼できる人がいない、複数の人たちが集まるのを嫌って1~3人の少数で集まるのが好きです。

    何故なら、多くの人と話したり会ったりをすると心がパンクする可能性があり、いくら根に持つのが好きでも一度にたくさんの人に対して根に持つのは無理です。 それに人が多いと好意的な人がいるかもしれず攻撃ができない苦しさ、攻撃できないとイライラしてストレスが溜まる、多くの人と仲良くするより狭い人間関係の中で攻撃したいのです。

    これらは県北時代の私そのものですから、根に持つサイコパスやパラノイアの考え方や心境や行動は手に取るようにわかります。 とにかく相手が幸せなのが許せない、自分がこんなに不幸なのにお前はどうして幸せなんだと歪んた思想、余りにも可哀想な考え方が頭の中を支配しています。

    長くなりそうなので、明日へ続くです。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    過去からのお釣り。

    おはようございます。 1月13日(日)に開催する開運の新年会は本日の消印有効、今年こそは参加したいと思う方は遠慮なくお気軽にお申し込み下さい。 〆切後のお申し込みは公平性を保つ為に新年会のみ、それで宜しければ1月8日頃までは受付可能です。

    さて、今日も青空が広がっている中で気持ち良く過ごしていける、お天道様は悪いことをしたら天罰を与えてくれるし、良いことをしたら良いことが起きる様にしてくれるし、運命は長い目で見るいかなる場合も公平なのかなと思う今日この頃です。

    私は県北出身なので昔は酷い考え方や生き方をしていたと恥ずかしくなりますが、それも過去だから消えてなくなる訳でもないしやってしまったことは消えないから、もっと多くの善行を積んで過去の悪行を相殺していくしかないけれど、それができたかどうかは自分では判断できません。

    あくまでも運命と言うか神様と言うか自然の流れと言うか、目に見えない何かが許してくれるまではどうにもなりません。

    自分でこれだけしたからもう充分だろうとは強者の論理で、いじめた方が「いつまで言ってんだよ、もう、終わったことだろ、しつこいなぁ!」と、これはよく言われることですけれどいじめた方の言い分です。

    いじめられた方は一生忘れることは無い、いじめた方は忘れるけれどやられた方は一生忘れない、いじめられた方がもういいよと言うまで謝るのが筋で、いじめた方が「もう、いいだろ!」と言うのは間違い、相手が許してくれるまで謝るのが筋です。

    しかし、実際には学校でも社会でもいじめは2年3年と続くのに、いじめた方が謝るのは一言で時間にして20~30秒ほどです。

    それを大人になってから同窓会などで会う度に言われたからと言って、それをしつこいと言うのは筋が通らない、いじめられた方の負の思い出と言うのは消せないしいじめられた時間は二度と取り戻せないのに、それを「いつまで言ってんだよ!」といじめた方が取り消すのは極悪そのものです。

    いじめられた経験者と言うだけではなく、辛い思いを御相談としてお伺いする占い師としても感じるのは、いじめた方に反省など全く無いことといじめられた方の心の傷は一生癒えない、この二つはベクトルが違うから相反するもので話し合っても無駄、いじめる方は心も身体も生き方も悪魔ですから天使にはなれないのです。

    鬼子母神が子どもを食う鬼だったのが、今では改心して子授けや安産の仏になったのとは訳が違い、人間が神や仏になれることは無いけれど鬼や悪魔にはなれると言うのが残念なところです。

    きちんと生きる、過去に万引きや強盗や傷害や殺人や放火をしていない、いじめや嫌がらせをしていない、働いてお金を得て家族を養う、そういう普通に生きていると過去が今の自分に復讐をすることは無いし未来にも陰りはありません。

    しかし、過去に復讐されるケースは意外とあるのですが、ある優秀な子どもが警察を受けても落ちるからおかしいと思ったら、父親が過去に犯罪を犯していたから不合格でした。

    これは本人の責任ではないのに親がしたことで落ちる、父親が過去にしたことで父は子の可能性や未来を摘み取ってしまった、それを一生後悔し続けることになるし、子は父を許せなかったら絶縁になる、父は過去にしたことで今の自分に復讐されたことになります。

    他にも結婚と離婚を繰り返していると残念ながら信用が無くなる、男でも女でも同じことですが好きになった人と結婚の話が出た時、自分が過去にしたことで結婚への道が閉ざされた時、それは過去にしたことで今の自分が復讐されたことになります。

    また、学生の時にいじめた相手が自分より出世していて、取引先の重役だったり~技術を持っていたりなどの重要性や必要性があるのに、過去にしたことが今の自分に降りかかって取引中止で左遷されるなど未来を台無しにされる、それも過去に復讐されたことになります。

    後は気付かないけれどよくあるのが病気や事故などで、運命の糸を辿って行くと自分がしたことが自分に返ってきているだけです。

    例えば、Aさんの悪口を言いまくっていたら自分が病気になったけれど悪口を言ったAさんはピンピンしている、そこで更にAさんの悪口を言うと更にAさんは健康で元気になって自分は余計に体調が悪くなる、これは日常的にあるけれど最初は気付かないからどんどんと悪くなって行き、気付いた時には治らない病気や不慮の事故に巻き込まれたりします。

    今から思い返すと工場でも建設現場でも怪我に遭ったけれど、大事に至らず済んだのは「この程度で済んだんだから反省しろ」と言われていただけ、それに気付かずに何度も何度も同じ愚行を繰り返していたからダメだった、気付くまでは何度でも運命が教えてくれたのに気付かなかった私がアホでした。

    結局、そのスタートと言うか気付きの点と言うか、このままではいけないと思ったのが目の見えない人のお世話をするアルバイト、あれは精神的に辛かったと言うか、目の見えない方に色々とお話をお伺いするうちに自分が情けなくなりました。

    当時は父親の借金でお金が喉から手が出るほど欲しかったのに、目の見えない人がアルバイト代以外に二千円を握らせてくれた時、自分がこんなものを受け取らないと行けないほど困窮して落ちぶれている、目が見えて手足も動く恵まれた自分が自堕落的なのが情けなくて涙が出ました。

    過去に復讐される自分を思い返すといくらでも暗示があったのに動かなかった、そして今では過去に復讐されつつ反省しながら生きて行くしかない、寄付やボランティアをしているのは自分の罪滅ぼしで決して良いことをしているつもりではなく、自分の恥を感じながら修正したり反省したりの繰り返しです。

    昔の自分を思い出すと情けなくて涙が出ますが、それも自分が動かずに怠けていたせいで誰のせいでもなく、バカな自分の行いに後悔しているから本当に恥ずかしい話です。

    あなたは過去からの復讐、清算できていますか?

    グッ!! ( ̄ε ̄〃)b

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    体験と学び。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方のおかげで元気で健康で素晴らしい一日となることは確定、誰かの為に生きるのは幸せですし~誰かの喜ぶ顔を見るのも幸せですし、人が嬉しそうにする笑顔を見るのは人として極上の幸せです。

    県北で自堕落的な生き方をしていたので本当に情けなかった、その過去をどうすれば払拭できるのかと言えば残念ながら運命が許してくれるのを待つしかなく、いつになるのかはわかりませんけれど、罪滅ぼしは喜ぶ笑顔をたくさん生み出せるように生きて行くしかありません。

    ただし、それは私個人の考え方だから少数派で、世の中を見渡しても「寄付していない人たち>寄付している人たち」と、寄付やボランティアをしている方が少数派なのが現実、そこにはどうやっても相いれない考え方の違いがあるので、それを無理にすり合わせても仕方がありません。

    ところが残念な人たちとは残念な行動をするもので、寄付やボランティアをしている人たちが嫌いなら関わらなければいいのに、寄付していない人ほど寄付している人をボロカスに攻撃するのが世の中の不条理なところです。

    私もツイッターでよく攻撃されますが、Twitterは匿名でいくらでもアカウントが作れるからブロックしても何度でも攻撃してきます。 寄付した領収書を見せなかったら、「寄付しているなんて嘘だろ、領収書を見せてみろ!」と攻撃してきます。

    そこで7月から西日本豪雨や北海道地震への寄付は領収書を公開したところ、今度は「領収書を見せるなんてかっこ悪い、自慢か!」と、暇な人たちは何とでも言います。

    残念な人たちは一生涯残念な行動や生き方しかできないので、何をどう説明しても無駄で改心する未来も無くお互い関わり合いにならないのが一番なんですが、こちらは関わりたくないのに向こうは相手にして欲しいから攻撃して来ます。

    結局は寂しいから相手にして欲しいが本音ですが、わざわざ嫌いな人のTwitterやブログを見て攻撃~嫌いなら見なければいいのに見て攻撃するの繰り返し、これは中国や韓国が日本を攻撃するのに日本へ就職や移住を希望するのと同じ、好きだからいじめる子どもと同じです。

    ただ、どんな人からも学ぶことはできるので学びの精神は必要で、この前も横浜で通り魔事件があった時に世間話として犯人が無職の若者だったら情けないとツイートしたら、いつもの残念な人たちが攻撃してきた内容が新鮮な学びでした。

    本来は無視して相手にしないのが一番なのに月曜の夜は予約を取らないから暇だったので、つい相手をしてみようかと思ったのが私のミス、延々と攻撃してくるので○○を相手にする時は下手に出る作戦を実践して褒め殺しで行くと、今度は図に乗って上から目線で攻撃です。

    これは私が一番のバカだったので自己責任ですが、残念な人たちは相手にして欲しくて仕方がないのに相手にした私が一番のバカです。 それでも目から鱗だったのは、「通り魔が出たから怖くて会社へ行きたくない、お前の適当なツイートでどれだけ怖かったか!~(略)」と言う話でした。

    私の周りの男性で通り魔のニュースを見て怖くて会社を休むなんて一人もいないし、逆に通り魔を捕まえてやろうと思う男性や女性と子どもを身を挺してでも守る男性ばかりです。

    また、「俺は相手を見て言葉使いを変えるから、尊敬できる人には言葉使いを変えている。 お前なんか~(略)」と、嫌いな人には乱暴な言葉使いで好きな人には丁寧な言葉使いと言う考えです。

    強い奴や好きな人には良い言葉使いや丁寧な態度、弱い人や嫌いな奴には乱暴な言葉使いや横柄な態度、これをまともだと信じているのは新鮮でした。 途中で面倒だから電話番号をリプしても電話代が勿体ない→ワンギリでこちらからかけますとリプしても無視、結局は直接や対面は嫌で安全な場所から匿名がネットの縮図です。

    この一連のやり取りで「良い男がいない!」と言うのも少しは理解できましたが、私は周りにいる素晴らしい男性たちを基準にしすぎと反省しました。

    そうこうしていると11月19日午前3時10分頃、札幌市中央区南4条西6丁目の立体駐車場で女性が襲われているのを助けたプロレスラーの長与千草さんが怪我との報道、どういう事かと言えば女性が馬乗りになってぼこぼこにされているところ、仲間と通り掛かった長与さんが悲鳴を聞いて駆け付けて助けました。

    それまでにも悲鳴が聞こえていた筈なのに通りがかった男性がいたなら、悲鳴を聞いているのに助けなかったから長与さんが助けたとなります。 男なら女性が襲われているなら助けるのが当たり前と思っていましたが、今の時代はそうではないとの考え方も増えつつあると感じました。

    匿名でネット上で嫌がらせをして楽しむ、通り魔が出たとのニュースを聞いたら怖くて会社を休む、女性の悲鳴を聞いても知らん顔、これらは私の中ではあり得ないことばかりですが男としての生き方も随分変わってきたと、私の考え方の時代遅れを反省と同時に学べました。

    こういう日本人男性が増えるなら韓流スターが日本で人気なのも頷けると思い始めましたが、匿名で嫌がらせする男性を彼氏や旦那様にしたいと思う女性は少ない気がします。

    この現実を見ると日本人は素晴らしいと言い続けてきた信念も少しぐらついているので、本当は素晴らしい男性が日本人には多いと胸を張って言えるようにと願います。

    あなたは体験と学び、どう活かしていますか?

    (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop