徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    歳の取り方。

    おはようございます。 今日も素敵な一日の始まりですが、それは自分が今幸せだと気付くことからスタート、それに気付けないなら幸せに気付けないと同義語、本当の幸せとは何も無い日常生活、事故や病気になれば今の幸せに気付けます。

    つまらない日常だと思う今日かもしれませんが、戦争が始まった瞬間に昨日までの日常が恋しくなる、何も起こらないのは幸せな証拠、自分が35年ローンで買った家が一瞬にして破壊されたら、それはとんでもない衝撃ですが、誰にも言って行く所が無いのが戦争です。

    戦争とは一部の人の凝り固まった考えで起こるもの、その一部とは大抵が50代以上の年配の方々、若い人の考えではなくお年寄りの方々の考えで起こる戦争なのに、戦地へ赴くのは若い人とは矛盾しています。

    長生きと人格は比例しないのが残念な所で、昔なら早く亡くなっていたのが今は医学や食べ物などで長生きできる、それによる弊害も出てきていますが、それは御年配の方々のマナーの悪さが目立っています。

    本来なら50代以上の方々が若い人たちの傍若無人な行いを諫める、そして自分たちがお手本となって品行方正を教える、それ普通で昔から「今の若いもんは~」と言う言葉に象徴されるように、若い人の暴走を年配の人が止めたものです。

    若いうちはキャリアが無くて考えが至らないのは仕方が無い、それを知識も経験もある御年配の方が諫めることで脈々とマナーや品行方正が伝わる、それが普通だった筈です。

    しかし、今の時代は我儘なお年寄り(暴走老人)が増えて、自分の思い通りにならなかったら怒る、自分の言うことが絶対、自分こそ神、そういう考えの御年配の方々が若い人たちに迷惑を掛けているのは本当に浅ましい姿で、若い人たちに恥ずかしいと思わなければなりません。

    人間は誰でも歳を取る、歳を取るごとに人生経験が積み重なるのですから、本来ならば若い人たちに教える立場、人との関わりや立ち振る舞いなど人生の先輩として、色々なことを伝えていくのが50歳を過ぎたら必ず必要になってきます。

    20歳では分からなくても30歳では分かる、25歳の時はできなくても35歳の時はできる、そうやって経験を積んで知識や技術などを身に付けて行き、50歳を過ぎたら下の年代へ自分の知識や経験を伝えていく、それが生ける者の本来の順番です。

    それが今では若い人の方がマナー良く立ち振る舞いをする、ボランティアでも50代以上がしないのに20代の人がしていたり、30代が寄付をどんどんしているのに60代が金の亡者で浅ましい、この姿を見て若い人たちはお年寄りを敬遠したり尊敬できません。

    その好例が最近あり、私は東京~岡山間の移動は95%以上が飛行機移動で、台風など仕方が無い場合のみ新幹線を使いますが、その理由は席に座るのが飛行機なら1時間ちょい、新幹線なら3時間半だからで、変な人がいても短時間な飛行機を好みます。

    飛行機は嫌な人がいても1時間ちょいの我慢ですが、新幹線は3時間半の長丁場、前後左右に変な人+自由に移動できるから色々な人が移動する、更にはビールで酔っぱらうなど、変な人に遭遇している時間が長いから新幹線は極力使いません。

    飛行機も新幹線も周りに迷惑を掛けるのは、どちらかと言えば御年配の方々がほとんど、20代でおかしなことをしているのを見た記憶が余り無く、電車など公共機関でマナー違反は30<40<50<60<70と年ごとに多くなります。

    30歳くらいからマナーの悪さが始まる気もしますが、50代以降になると異常に増えると思います。 8月に台風で飛行機が飛ばないから新幹線にした時に、車内で品川から名古屋まで携帯通話しているおじさん(55歳くらい)がいました。

    髪型は角刈りで目が細くて睨み付ける感じで体格もデカく太っていて、まさに土建屋のオヤジ風でゴリラみたいでした。 その人が8列目くらいに座っていて、トンネルなどで通話が途切れたら掛け直す、そして延々と通話をしていました。

    更に通話の合間に大きなオナラもして音が響き、そのオナラの度に臭いが車内へ充満すると言うおまけ付きでした。 (声と臭いで、周りは大迷惑でした。)

    そして幸か不幸か車掌さんが来た時だけ通話が切れていたので、誰に注意されることも無く通話をしていました。 ただ、通話が絶対ダメな訳ではなく緊急事態もありますし、デッキへ移動しての通話も可能な筈なのに、そのおじさんは延々と席に座ったまま通話をしていました。

    そして静岡の辺りから一段と声が大きくなり、名古屋駅の辺りで「新幹線に一人だと退屈じゃけぇ、電話したったんや!」と大声で言った瞬間、そのおじさんの後ろにいた男性(35歳くらい)が、いきなりおじさんの座席の後頭部に蹴りを入れました。

    そのゴリラみたいなおじさん(55歳くらい)は威勢よく立ち上がって、振り向きざまに「おんどりゃ!」と怒鳴りかけて急に無言、その後ろに座っていた男性(35歳くらい)は短髪に細い眼鏡にネクタイ無しのワイシャツ、どう見ても本物の筋のお方が般若のような顔で睨み付けました。

    おじさんは携帯を持ったまま固まり、「すんません、外で、かけます。」と言ってデッキへ移動しようとしたら、その男性が「おい、文句があるなら、いつでも事務所へ来い!」とドスの効いた声で一喝しました。

    しばらくして、おじさんが帰ってきたら車内販売がおじさんの席の横辺りへ居て、おじさんは席に戻れず男性の横でストップ、その男性に「いい歳して、マナーも守れんのか!」と、55歳が35歳に延々と説教を食らっていました。

    おじさんは説教されている間中、「先程は、えらい、すんませんでした。」と謝罪を続け、ついには居たたまれなくなったのか、車内販売の横をすり抜け席へ座ると、あれだけ倒していた背もたれを直しました。

    そしておじさんは電話の内容から岡山で降りる筈なのに、荷物を纏めてどこかへ移動しました。 (指定席の車両でした)

    この土建屋風のおじさん、女性や普通の男性が注意していたら逆に恫喝していたと思いますが、相手が本職だからすんなり引き下がった、こういうところが年配の方々のいやらしい程の卑怯で狡い所です。

    自分が勝てそうなら上から目線で偉そうに行く、自分が負けそうだとヘコヘコして愛想笑いでごまかす、こういう歳の取り方の男を見ると情けない、こんな男が存在すること自体、未来ある若い方々に申し訳ない、歳を取るだけで偉いと勘違いしているのは迷惑です。

    歳を取れば取るほど下の人から尊敬される、それができないなら人として生きている意味が無い、それくらいの気持ちで日々精進するのが漢としての生き方です。

    あなたは歳の取り方、どう考えますか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    ぼったくり。

    おはようございます。 今日も元気で健康で自由自在に動けるのは素晴らしいこと、その奇跡に感謝して大いなる未来に感謝して、その感謝することが自分の未来を更なる充実した状態へ持っていきます。

    さて、私は五反田時代は借りていた場所の関係で午後からのみ鑑定だったので、午前中は新大久保から新宿駅までを神社などに参拝しながら歩いて散歩、そうすると必然的に歌舞伎町を歩くことになりますが、私は客引きに声を掛けられたことがありません。

    実は言わないだけで「ぼったくり」の被害に遭い、1時間で25万円とかビール3本で15万円など、あっと言う間に高額を取られた苦い経験の男性は意外と多いのですが、日頃からヤンチャしているとか武闘派などと言っている手前、そういう被害を言えなかったりもします。

    この「ぼったくり」とは店側のお客様への不正行為の一つで、相場を大幅に上回る価格で提供してお客様を欺くこと、この語源は米騒動の際の暴利取締令にて「暴利」を活用させたもので、それを短縮して「ぼったく」から動詞としての「ぼったくる・ぼられる・ぼる」と表現されました。 (なお、韓国などではバガジとも言われます。)

    飲食店においてのぼったくりだと、店外に料金表示を行わないか~意図的に誤解を招く表示をして会計時に法外な料金を請求、飲食費以外に法外なサービス料を請求する場合もあります。

    このぼったくりの店舗はスナックやキャバクラなどに多いけれど、最近では居酒屋やガールズバーでもぼったくりが増えてきていて、事実と違う情報を伝えたり必要な情報を伝えなかったりあの手この手ですが、追加料金を割り増しする手口も増えていて少額のプチぼったくりもあります。

    繁華街を歩けば至る場所で「60分5000円で飲み放題」などのキャッチが行われていて、その甘い言葉につられて付いていくと会計時に高額な料金を請求されることが多く、そのような場合も決まって「5000円は入場料で女の子のドリンクや指名料は別」などの説明、それに従わないなら奥から男性スタッフ(用心棒)が出てきて囲まれ怖い思いをします。

    なお、最近はボッタクリ居酒屋が増えているようで、その時は「タケノコ剥ぎ」と言う手法が使われ、料金を後出しで細かく請求します。 新宿の居酒屋などは「プチぼったくり」が主流できちんと営業許可も得ており、HPもあるし食べログなどグルメサイトにも掲載されて、ボッタクリ以外は普通の飲食店に見えます。

    こういうお店は水面下で客引き(キャッチ)と契約していて、大手チェーンや人気店とグループ~もしくは系列店に見せかけたり、「今ならドリンク半額(元の値段が高額)」と手練手管で財布を狙いますが、客引きについていき缶コーヒー1本で5万円取られたなど、客引きを使うお店を甘く見てはいけません。

    歌舞伎町で客引きのいる某居酒屋を例に取ると、歌舞伎町で居酒屋の呼び込みが「飲み放題2000円!」と言うのに付いてったら、軽食を1人1品頼むシステムと言われて仕方なく頼み、30分で出ようとしたら1人=1万6000円の請求で5人で8万円と言うケースもあります。

    客引きの取り分は「時給・人数・総額の3~6割バック」で、他にも1時まで6割~0時までは5割~それ以降4割など細かく決まっていて、稼ぐ客引きは月200万以上の稼ぎになります。

    このぼったくり店の見分け方ですが、まず基本中の基本ですが「客引きの案内する店に優良店はない」で、客引きがいる時点で危険なお店と思った方が良く、客引きがいないお店を選ぶのが安全、他にも呼び込みがいるお店は呼び込まないと人が来ないと言う印、店員が怪しいシステムを悟られまいと早口だったり不明瞭だったりなども危険です。

    そして万が一にもぼったくり被害に遭ったなら、料金明示義務があるので請求されている料金の明細を出させて、掲示されている料金と照らし合わせて不当な請求なら支払いを拒絶します。

    そうなると当然ですが相手は凄みを効かせたり無銭飲食などと騒ぎますから、そこで「それなら警察に」と言って携帯で110番、その際に警察へは「脅迫されています・監禁されています」と事件性を持たせます。

    間違えても料金でトラブルなどと言ってはならず、その理由は料金トラブルは純然たる民事なので対応できないと言うのが落ち、警察が来たら料金で脅されたと言い、連絡先を教えるのに帰らせない監禁だと主張、とにかくその場を脱することに集中します。

    心配しなくてもその場を逃げ切れれば、後はお店に内容証明で支払拒絶の通知をすればほとんど請求はなし、仮に裁判を起こされても敗訴の可能性はほとんどありません。

    ただし、一度支払ったものを取り返すの難しく、例え裁判で勝っても執行は期待できませんし、元を辿ると元締めが吸い上げているから名義人等に財産はありません。

    ある男性は千葉から歌舞伎町へ来て気が大きくなり入店、そのお店では40分で25万円の請求、お店の説明によると女性のドリンク代は別でお客様は飲み放題で1万円、残りの24万円は女の子のドリンク代と言う明細でした。

    他にも、フライドポテトが10万円、スルメやピーナッツなど乾き物が15万円、ワインが100万、ぼったくり店に取っては原価はどうでも良く、名目さえあれば品数として取れるだけ取ります。

    正直言うと、客引きに声を掛けられる男は舐められているからで、「こいつは、ぼったくれる!」と踏んだからこそ声を掛けるだけ、歌舞伎町を歩いていて客引きにあうのはカモと見られている証拠、彼や旦那を1人で歩かせて声を掛けられるようだとカモ確定です。

    私は夜は出歩かないので客引きに会わないし、仮に会っても見てくれが貧相でしょぼいから声を掛けられたことはありませんが、自らお店に入ってプチぼったくりは一度経験があります。

    それは2013年3月3日のブログにも書いていますが、TVで紹介された有名韓国焼肉店での出来事で、ビールなど8千円以上を上乗せして請求されましたが、皆様は御存じの通り私は一滴もお酒は飲みませんので、どうにかこうにか取り返しました。

    ただ、原則的にTVに出ているお店に行った私がバカタレ、TVに出るのは繁盛していないからであり、本当に繁盛しているならTVで宣伝する必要がありませんから、そんなお店に入った私がアホで間抜けだったと言うことです。

    あなたはぼったくりのこと、色々とご存知でしたか?

    (o´艸`o)ァハ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    予約の信頼性。

    おはようございます。 今回も無事に帰って来ることができましたが、これも一重に素敵なお客様のおかげで本当にありがとうございます。 いよいよ今年も終わりに近付きましたが、予約が入らずお客様が少ないことに悩みつつも何とか一年を過ごせそうですが、本当にありがとうございます。

    朝起きてご飯が食べられる、それだけでも本当は幸せですし、自分でトイレに行けるのがどれだけありがたいことか、人の手を煩わせずに動けるのは本当に感謝するべきこと、本来なら感謝するべきことでも慣れてくると当たり前になる、そうなると感謝が無くなり開運どころではなくなります。

    私も人のことを言っている場合ではなく自分の傲慢さや心の狭さに、自分を戒めなければと思いつつも感情の起伏があったり、自分の至らなさや未熟さに常に自問自答している毎日です。

    「どうして、こんなにダメなんだろう?」と、自分の実力不足を棚に上げて人のせいにしてみたり、人を羨んでみたり妬んでみたりと心の美しさを失っているバカタレが私で、そんな自分に嫌気が差して気持ちがブルーになることもしばしばです。

    目の前で起こることは全て自分のせい、これは物事の道理で必然とも言えるのですが、勉強すれば成績が上がる→成績が上がれば受験合格、これと同じくらい当たり前のことですが、過去に怠けてきたり人を虐めてきたら報いはあるのが当然、それなのに人は自分の行いを正当化してしまいがちです。

    私も過去を振り返ると今の自分に起きていることは当たり前、自分に降りかかる火の粉は自分が蒔いた種によるもの、それなのに辛い時や苦しい時には自分を正当化してしまがちですが、残念なことに私は人様に誇れる生き方はできておりません。

    いくら理屈を捏ねて自分を正当化しようとしても原因と結果は切り離せないから、目の前で起きていることは自分が過去に蒔いた種、それを刈り取って始末を付けない限り次へは進めません。

    私も人のことは言えませんが怠け心が出てしまうこともあるし、やりたくない~面倒くさい~後回しなど、自堕落的なことを繰り返して自分を堕落させてしまい、それで起きたことに文句を言うなど言語道断、私自身がダメだと思いつつも反省できていない自分が情けないです。

    今年は2月から無断キャンセルによるモチベーション低下との戦いで、寄付の神様に診察して貰うと「バーンアウト症候群」との診断で、それから睡眠などに気を付けて整体などリラクゼーションへ行ったり、色々としましたが改善の兆しもありませんでした。

    「バーンアウト症候群」とは、今まで熱心に仕事などに打ち込んでいた人が突然ガス欠(無気力状態)になることで、「燃え尽き症候群(無気力症候群)」とも言います。

    元々は看護職や福祉職や教師などの対人援助職、俗に言う接客業(ヒューマン・サービス職)に多く見られましたが、現在では対人援助職以外の事務でも製造でもあらゆる職業に同様の症状が見受けられます。

    この燃え尽き症候群は一連の心身の兆候が組み合わさって出現する症候群で、今までエネルギーに満ち溢れて仕事に没頭していた姿とは、全く対照的な状態になってしまう病気です。

    症状としては自分よりも他人を責める傾向があり、周囲の人たちに対して怒り・敵意・不信感・攻撃性が向けられる点で鬱病とは異なりますが、燃え尽き症候群から鬱病へと発展する例も多いです。

    話は戻りますが、色々とやっても治らないのでとうとう寄付の神様より、「東京の予約は取らない、もしくは東京の鑑定を辞める。 そうしないと無断キャンセルのことばかり気にして治らない。」と宣告されました。

    今年も560件以上の無断キャンセルがあり、それを「人は信用できない」と思うこと自体が症状の一つである「人のせいにして責める」で、私自身の実力不足のせいで無断キャンセルされるだけなのに、それを人のせいにしたくなる私は未熟なバカタレです。

    なお、トリビアとして人気の無い占い師さんほど複数の予約受付があり、電話とメールの両方(他にも手紙や勧誘など多数)など、少しでも予約を逃がさないように受付して、更に電話占い会社に登録するなど少しでも空き時間を埋めようとします。

    話は戻りますが、今年の2月から事前に電話して確認作業をしている為、キャンセルを早期発見して穴埋めしている分だけ遊ぶ時間は減りましたが、更に問題なのは確認の電話をした時に「行くと言いながら無断キャンセルする」で、結局はイタチごっこで無断キャンセル自体は無くなりません。

    これも全ては私が魅力ある占い師ではないと言うのが一番の要因で、反省すべきは私自身の行いで誰のせいでもありません。 日頃から「予約が入らない」~「暇で暇で困っている」と、自分のことを言うのも東京の無断キャンセルが多い為です。

    東京事務所へ鑑定に来た方はご存知の通り、鑑定終了後にドアを開けて外へ出た時に誰もいなかったら、「無断キャンセルされたな?」と思って頂いても間違いではありません。 (注:昼休みと休憩を除く)

    年末と言うのに愚痴ブログになってしまい、本当にお見苦しい限りで申し訳ございません。

    では、2017年1月1日のお昼12時より無料のお守りプレゼントを開催、年初めのゲン担ぎにお越し頂ければ幸いですが、鑑定へ来た方々は皆様お誘いあわせの上で、倉敷事務所へお越し頂ければ嬉しい限りです。

    そして1月8日(日)の午後6時から東京にて新年会を開催、素敵なお客様が大勢参加して下さることを、ワクワクドキドキしながらお待ち致しております。 (現在、席は選べませんけれど、新年会の受付はしております。)

    あなたは予約の信頼性、どう思いますか?

    (≡ε≡;A)…

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    運命の暗示。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことがある筈ですが、それも日頃の行いと言うか、素直に受け止めると言うか、捻くれた見方や考え方は決してプラスにはならない、そこのところを自分なりにどう解釈するかです。

    さて、運命の暗示とは、受け取った時には気付かない人もいれば不満を言う人もいれば感謝する人もいますが、それは受け取った人の受け止め方により不平不満にも感謝にも変わってしまうものです。

    最近で運命の暗示は凄いなぁと感心したのは、12日(土)に同じ時間に全く違う場所に予定の入った私が、次々と問題がクリアできて両方とも自分の意思ではない何かにより解決したことがありました。

    ここから先は運命の暗示を作り話で解説してみますが、11月7日(月)に急遽ですが東京鑑定で舞台(12日・土)を見に行くことになりましたが、今の東京鑑定は私自身でも時間の配分がコントロールできない状態で、私個人の一存で予約をずらす(空きを作る)なんてことは絶対にできません。

    今までの暇で暇でしょうがない状態なら、どこでも空いているのでどうにでもできましたが、今は朝10時から夕方6時頃までびっしりなので予約に空き自体がありません。

    つまり、見に行く舞台の開始時間が午後6時で鑑定終了が午後6時だと、赤坂の事務所から劇場まで徒歩→電車→徒歩だと約30~40分、タクシーを飛ばしても約15~20分(すぐに乗れた&渋滞が無いと仮定)です。

    これだと公演が開始されて最低でも20~30分は遅刻、クロークでのチケットの受け取りに手間取ると、更に5~10分は遅くなります。

    しかも、この日は終演後に楽屋挨拶へ行くことになっていたのに手ぶらで行くわけにもいかず、ところが鑑定がびっしりでお店に行って何かをチョイスする時間も無い、この時点で「手土産が無い」と「開演して30分は遅刻する」と、二つの問題が発生していました。

    私は運命に任せようと泰然自若でしたが、事務所の掃除は昼休みにして帰り支度もして、鑑定終了後に飛び出せるよう準備はしていました。

    そして予約をみると当日の午前中に常連の方がおられたので、ダメ元で手土産の準備をお願いしたところ快諾、それにより楽屋挨拶の手土産は準備完了、これで一つ目の問題は解決しました。

    次に午後6時に鑑定終了~午後6時に開演の問題は、瞬間移動でもしない限り解決は無理ですし、鑑定は30分のタイマーが鳴ってすぐに終了でもないから、どうやっても時間は捻出できない状態です。

    しかし、運命の暗示に任せていたら自分に取って本当に良い方向へ進むので、自分であれこれ考えるよりも運命に任せて自分は自分にできることをするだけで、ここからが運命の暗示ですが最後の二枠(17:00と17:30)は友人同士なので、1人1枠の2人2枠での予約でした。

    当然ですが16:30~17:00までの30分の方が終了後に、ドアの外へ二人が待っておられて、この時点でどう考えても開演に間に合わないことは100%確定の筈でした。

    それなのに鑑定を開始しても質問も無いしやる気が感じられないので「あれっ?」となり、少し視てみると「付き添いで来ただけなのに嫌だな~」と考えておられるので、「あの、付き添いできただけなら、キャンセルされても結構です。 お友達と交替して下さいね。」と鑑定は中止、この時点で20分ほど短縮となりました。

    そして、もう一人の方をお待ちしていると来ないので電話すると、「友人が鑑定しないなら私もやめます」と、二人とも事務所まで来ていたにも拘らずキャンセルになりました。 (注:この二人から鑑定料もキャンセル料も、一切頂いておりません。)

    この時点で約45分ほど短縮された状態で、帰り支度も手土産も準備できていたので事務所を閉めてビルを出ると、偶然にもタクシーが来たので乗車して劇場へ向かうと開園15分前に到着、クロークへ行ってチケットを受け取り劇場内のロッカーへ荷物を入れて着席(8列目の真ん中辺り)すると、ちょうど開演7分前で何とか間に合いました。

    ここまで読んで「そんなことあるの?」と思うかもしれませんが、結果として運命は間に合わせてくれた事実があります。 私から予約変更を頼んだわけでもなく自ら予約を辞退、それも事務所まで来ているのに二人とも辞退すると言う結果になりました。

    奇跡のキャンセルとも言えますが、相手が嫌がっているのに無理に鑑定したところで相手も私も嫌な思いをするだけですし、友人が鑑定しないなら帰るのは単なる興味本位で切実な思いがあるわけではありません。

    私は予約が無くなって開演に間に合った、素敵なお客様は嫌な鑑定は無くなりお金も払わず済んだ、お互いの思惑が一致してWIN-WINの関係です。 (注:事前に視ていたから、会心の流れでした。)

    まさに奇跡のキャンセルと言えますが、通常ならキャンセルが出ると嫌なのが今回はキャンセルにありがとうございますで、キャンセルが出ることで新たな人との縁ができました。

    例えるなら、自己都合でキャンセルして帰る人と俳優の市村正親さんと、「どちらと縁を結びたいか?」の選択肢で、アホな私の予想では自己都合でキャンセルして帰る人と縁を結びたい、そんな人が圧倒的に多いと思います。 (←ネタです)

    以上で作り話は終わますが、運命の暗示に素直に従うだけで焦らなくとも最適な状態へ導いてくれる、それを人が勝手に自分で思いを巡らせて横道へ逸れているだけです。

    なお、楽屋挨拶は実際は楽屋前の通路に色々な人が出ている状態で、普段会えない人が目の前にズラリといるのは色々な意味で緊張、チケット代以外に手土産代なども必要ですが良い経験にはなります。

    また、圧倒的存在感のある複数の人と一度に会うと気押されする現実を味わい、自分の現状(立ち位置)がわかったことで、「私って、口だけのヘタレだな~。」と情けなかったです。 (名前は出せませんけど、そりゃ、大御所も含めて、全員が迫力ありました。)

    例え話で来年の目標を言うならば、あり得ないけれど5月の男子会に、市村正親(全員敬称略)~西島秀俊~斎藤工~城田優が来たとしても、一緒にいて引けを取るようでは男として情けない、向こうから話しかけられる人間になろうと反省しました。

    最後に、今の流れですと140万カウンターの食事会、年末の忙しい時に開催となりそうですが、それでも参加をお待ち致しております。 m(__)m

    あなたは運命の暗示、受け止めていますか?

    (≡ε≡;A)…

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は週明けの予定で、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    豊洲市場。

    おはようございます。 今日も元気で健康でおいしいものを食べられる、それは日本に生まれたが故で、衛生面では日本は本当に安全な方でした。 でしたと言うのは、このところ食品偽装があったことに加えて、猛毒の発生したところに市場を作って、そこが食材を取り扱う根源になるので、もう東京の魚も野菜も果物も怖くて食べられません。

    ニュースでもご存知の通り、豊洲市場の地下水からヒ素が検出されましたが、議員も都庁もマスコミも、ミネラル水レベルで問題無いと言い張りますが、それなら自分たちで地下水を毎日飲んで下さい。

    それで異常がなけれぱ信用しても良いけれど、私は建設現場で働いていたので、飲めるわけがないと思います。 仮に一回だけなら大丈夫でも、何回も飲んだら体内に蓄積など、何らかの異常は起きても不思議はありません。

    私なら豊洲市場の魚も野菜も果物も、最初から手を出さないし、福島のことをあれこれ言うなら、こちらの方が危険です。

    就任1ヶ月の新米知事ですら見抜くのに、何年もやっている大の大人たちが見抜けないなんてアホそのもの、歴代の都知事も都議も都庁職員も単なるアホなのか、それとも利権ありきの欲ボケなのか、豊洲市場の魚も野菜も果物も危なくて信用できませんが、それでも大丈夫と言うなら言う人が食べれば良いだけです。

    このままなら年明けには軌道修正して、なあなあで豊洲市場に移転決定が落としどころ、食の安全どころか危険な結果でも東京都民が都知事も都議も選んだので、自己責任で仕方がありません。 私は豊洲市場の物は、食べる気がしませんけど、都庁の食堂で責任持って消費、更に官公庁や国会議事堂など議員や公務員で消費して下さい。

    物を知らない人の発言には困りものですが、地下水はエコの観点から色々な面で利用されることが多く、冷暖房に使ったり、トイレに使ったり、清掃に使ったり、多様な再利用が見込まれています。

    その証拠に「この水は飲めません」や「飲料水ではありません」と、色々な場所で書いてあるのを見たことがあると思います。 (ホテル・デパート・公共施設など)

    仮に都や関係者が言うようにヒ素の量がミネラル水のレベルだったとして、その水で洗った魚や野菜を食べることができるのか、それは理論上は問題ないと言うかもしれないけれど、心理的に食べることはできないし、豊洲市場の品物は買うこと自体ありません。

    これらについて芸能人や政治家は、間抜けなことを言うのが仕事(お約束)かもしれませんが、ベンゼンが基準値以下などと言ったところで揮発性だから空中にまん延する可能性があり、おまけにベンゼンとは発がん性物質で特に白血病など血液系に異常が出ます。

    この問題について関係も無いのに元大阪市長が素人意見丸出しですが、食を扱うところに有害物質がある点と隠蔽体質がダメだと言う2点が問題なのに、その論点をずらして他へ持っていこうと言う意図が見え見えです。

    こういう発言をする裏に小池都知事を攻撃すれば自民党に恩を売れるなど、何らかの打算しか視えませんけど、論点のすり替えで自分のペースに持っていくのが得意だから騙される人が多いです。

    自民党都連の利益の為の豊洲市場にしか思えませんが、ここで見切りをつけないと困ったことがあり、それは海外へ日本の食の信頼を失うことで、福島の風評が収まりつつあるのに、ここで再び豊洲市場問題により日本は信用できないと永久に言われることになります。

    ただし、豊洲(築地)ブランド崩壊より公平な見方ができるようになるのは良いことで、東京には良い市場があるのに日の目を見なかっただけ、「足立市場-水産物専門・北足立市場-青果と花き・大田市場-魚など全て・淀橋市場-青果専門」と、東京は築地だけじゃないのにマスコミが取り上げすぎで、実力以上の評価がなされていた結果です。

    品物は負けてないのに築地ばかり取り上げられて、他の市場関係者は忸怩たる思いだったのが、豊洲へ移転したら逆転できるから他の市場関係者が喜びます。 実際のところ足立市場の魚は、築地より安くて良い品が多いと言われていたので、実力者が日の目を見るのは良いことです。

    私のブログやツイッターに築地が登場しなくなり、ほとんど行かなくなったのがわかると思いますが、東京へ行き始めた時は築地を凄いと思いましたが、知れば知るほど築地=№1じゃないことがわかってきて、築地市場の寿司はボッタクリにしか思えなくなりました。

    銀座の暴利を貪る寿司屋しか知らないマスコミやグルメ評論家やグルメブロガーは、これからも豊洲市場の魚を美味しいと言い続ける筈ですが、こういうたちの悪いのを馬鹿舌と言います。 (←金を貰って記事を書くなど)

    しかし、心配しなくても見分ける簡単な方法があり、お寿司屋さんに限らず飲食店へ予約する時、「仕入れは豊洲ですか?」と聞けばいいだけです。 「違います」だけではなく、「足立から」や「大田です」など、明確に答えられないなら豊洲の可能性大です。

    築地ブランドに胡坐をかいて食の追及をしなかったお釣りが来ただけ、築地だからと言って良い品があるわけじゃない、その事実を世の中に知らしめる良い機会です。 私も築地最高と言っていたアホですが、築地市場の海鮮丼(2000円)より清澄白河の海鮮丼(540円)の方が、美味しかったのは衝撃でした。

    私は他の市場関係者の気持ちがよくわかりますが、決して品物や価格で負けてないのに「築地が№1だ!」とマスコミがもてはやす、これはマスコミが取り上げる占い師や霊能者が、真剣勝負もできないのに「私以外はニセモノ」と、他の占い師や霊能者を貶すのと同じことで、ニセモノが本物と言われるのは本当に忸怩たる思いです。

    それに建設現場で働いていた私からすると、地下水に有毒物質がある=地下には何らかの有毒ガスの可能性もあるで、有毒ガスは気体なので目に見えない亀裂など、あらゆるところから侵入するからマスクをして作業することが多く、こんなところで食材を扱うことを東京都民はどう思うのか、都知事や都議を選んだんですから意見を聞きたいです。

    保育所であれだけ騒いだのに、どうして食の安全では騒がないのか、そこに意図的な矛盾を感じます。 ベンゼンやヒ素が入った水で洗った魚の刺身を食べられるのか、私には無理なので食べられる人は食べたらいいと思います。 (特に移転を決めた都知事や都庁職員や都議)

    あなたは豊洲市場、利用したいですか?

    (o’ω’o)ノオツカレ~☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    修行僧。

    おはようございます。 昨日も無事に東京へ帰って参りましたが、これもひとえに素敵なお客様のご支援とご愛顧のおかげで、本当にありがとうございます。 そしていきなりお知らせですがパソコンが壊れたので、今週の運勢はしばらく更新できません。 H社長が岡山へ週末に帰ってきて、その進捗状況により決定するので、とりあえず1週は更新できません。 (ブログは何とか、更新できるかも?)
     
    さて、飛行機へ乗ると、「上級会員の方は~」とのアナウンスを耳にすることがあると思いますが、これは何回も乗る&長距離を乗ると言う人の為にサービスを良くする、その為の会員証みたいなものです。

    JALで言うと「ダイヤモンド・サファイヤ・クリスタル」の3つがあり、私は海外へ行かないのでサファイヤが多いです。 そしてクレジットカードの年会費を払うことでなれる、JGC会員もありますが私はカードが作れないので、条件は満たしていてもJGC会員にはなれません。

    羽田で芸能人に会うことが多いのは一般とは違う保安検査場を通っているからで、羽田にドア付きの中が見えない黒っぽいデザインの場所があり、中は上級会員専用の保安検査場です。 芸能人はここを通るので一般の目に触れないだけ、ナオト・インティライミや宮川大輔に遭遇したのもここです。

    この上級会員になると普通より快適に飛行機を利用できますが、9月の北海道出張の時に帰りの新千歳空港で、寄付の神様が荷物を預けると言うからカウンターへ行くと中国人の団体客がいて、150人以上並ぶ大混雑だから荷物を預けるだけで30~40分待ちでした。

    そこで私が寄付の神様の荷物を私の名前で受付して、さっさとカウンターで荷物を預けたら寄付の神様が、「えっ? 何それ。 そんなことできるの?」と、150人をごぼう抜きにして手続きを済ませたのに驚いていました。

    この上級会員になるには原則として「とにかく飛行機に乗りまくる」で、ANAは回数ではなく正規運賃と航続距離が重要ですが、JALは回数を乗ることでクリアできます。 昔はANAも回数でしたが近距離路線が多く上級会員が増えすぎたので、正規運賃と航続距離を重視に変更しました。

    この上級会員を目指すことを飛行機マニアの間では「修行僧」と呼びますが、この「マイル修行」とは、航空会社がよく乗るお客様に提供される特典を目的とした、有償航空券による旅行の俗称です。

    この旅行者は短期間に多数の飛行機に乗り続ける上に、体力と時間とお金を消耗するなど心身の苦痛も伴うので、僧侶の修行に例えられてマイル修行僧(単に修行僧)と呼ばれ、英語では「マイレージ・ラン」と呼ばれているようです。

    これは1990年代中頃に当時の円高を反映して航空券が割安になり、気軽に海外旅行に行く人が増えてきたことを背景に、米国の航空会社が日本語でサービス情報を提供するようになりました。

    それを真似て1997年にJALやANAがそれまでのポイントプログラムを改良、マイレージサービスを始めると日本国内線でも同様の行為が見られ、ネット上には「修行僧」が情報交換する掲示板が幾つもあります。

    ちなみに修行僧の目的は無料航空券や上級座席へのアップグレード権利や、年間飛行距離や年間飛行回数に応じて設定される上級会員資格(JGC、SFCなど)の取得ですから、乗ることが目的で上級資格維持の為にも乗りまくります。

    遠距離の往復だと東京⇔ワシントンを折り返し便で往復や、経由地点を増やして搭乗回数を増やすのも、大阪→札幌だと「大阪→仙台、仙台→札幌」としたり、搭乗時間が短い路線を往復して搭乗回数を増やしたり、後は周遊飛行として札幌→函館→釧路→札幌などをします。

    これら修行僧を航空会社はどう見ているかですが、当初は航空会社がマイル修行を認識していなかったので、予約時に「折り返し便でいいのですか」と聞いてきたり、予約センターが「間違いではありませんか」と問い合わせをすることが多発しました。

    そして2006年にJALは公式声明として、「どのような形であれ搭乗はありがたく、条件を満たせば特典は差し上げる。」と発表、修行僧の存在を歓迎する意向を明らかにしています。

    逆にANAは2008年に搭乗回数によるステータスアップを廃止、短距離飛行で搭乗回数を稼ぐ修行僧対策と言われています。

    ただし、年々上級会員への道は厳しくなってきていて、今はJALもANAも他社運行便利用による資格獲得の条件が厳しくなり、少なくとも半分を自社グループ便利用でないとステータスアップできません。

    また、両社共に2014年以降は特に低価格な運賃における積算率の引き下げ、ボーナスマイルの積算率の改定など、本当に高額な運賃(正規運賃等)で搭乗しなければマイル獲得が余りできなくなりました。

    上級会員になると不遜な態度をとるバカタレが増えるので、そういう輩を排除する為にステータス獲得がどんどんと厳しくなり、真面目に利用している人に多大な迷惑が出ています。

    JALは稲盛会長が社内改革をしたので少しましになりましたが、ANAは年々態度がでかくなってきて、パイロット~CA~GHなどの早割り利用者へ対する評価は低く、岡山空港で「あの飛行機は飛ばない」と正確なことを言ったにも関わらず警備員が来たこともあります。

    ただし、JALも経費削減で正社員を減らしたので下請けが増え、クラスJと一般席の違いも分からない、業務内容事態が理解できない、そんなGHが増えています。 (GH=グランドホステス=地上勤務のこと)

    芸能人で言うと私より上のダイヤモンドは3名(宮川大輔・出川哲郎・イモトアヤコ)で、海外への渡航が多いから最高の扱いを受けています。 (航空会社としては海外利用客が美味しいメイン、国内利用客は隠語でカスやゴミと呼ばれています。)

    なお、JAL岡山便だとクラスJの1列目と一般席の15列目、ANA岡山便だとプレミアムの1列目と一般席の6列目まで、こういう席に座る男は不遜~横暴~陰険~貧相など人に嫌がらせばかりする人生、その顔をよく見て覚えておくとろくでなしの見分け方の参考になります。 (この席は政治家や社長や役員など、人の気持ちが分からない人たちの専用席。)

    あなたは修行僧、やってみたいですか?

    (〃艸〃)ムフッ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    夏の体験。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って来ることができましたが、これも素敵なお客様のご支援とご愛顧の賜物で、今後も努力と精進を続けて参りたいと思います。 私の人生は素敵なお客様方に救って頂いた、だからこそ今があることに感謝しています。

    猛暑の8月も終わりに近付いていますが、夏と言えば色々と事件や事故が増える時で、暑さでイライラしたり判断力の低下により事故や体調不良など、本当は怖いことが一杯なのかもしれません。

    自分がきちんとしていても他人のせいで巻き添えなどもありますから、他人に迷惑を掛けないようにしていても防げないのであれば、他人に迷惑を掛けている人なんて日頃から不運なことがあっても仕方がありません。

    さて、今回は東京出張で夏の体験談のご紹介は移動のお話からで、岡山⇔羽田空港の便はマナーの悪い路線ベスト5などに輝き、人に迷惑を掛けていることにすら気付けないのは悲しいことです。 (残りは伊丹・関空・福岡・那覇など?)

    例えば、夏になると機内で裸足になる男性が多く、隣の足の臭いが来るのは意外と迷惑でマスク着用は必須条件、夏は機内を裸足で歩く親子も多く飛行機に乗って気分が高揚するのかもしれません。

    また、シートベルトをしない人も多く先週は3~4歳の男の子が、着陸の時にシートベルトを外して歩き回りCAさんが注意しても無視、着陸の衝撃は割りとあるので幼い子どもには危険、危うく着陸をやり直すところでしたが当の母親は知らん顔、その子を捕まえて席へ戻すと「うちの子に何すんのよ!」と、母親がCAさんに罵声を浴びせていました。

    そして帰りには羽田空港の保安検査場で男性が検査員の方々を怒鳴り続けて、保安検査をストップさせていたので凄く長い行列になっていて、私は飛行機の時間があるので気が気じゃありませんでした。

    検査員の方々も男性を列から外してなだめていましたが、大声で荷物の取り扱いが悪いと難癖をつけていました。 ちょうど私の保安検査の前で再び男性が通れないようにしたので注意すると、怒り心頭のオジサンが睨んでくるのでビビリでヘタレの私は怖々です。

    そして搭乗時刻になったので飛行機に乗り席に座っていると、なんとそのオジサンが乗ってきて通路を挟んだ隣に座るから岡山へ付くまで気まずい雰囲気、あの広い羽田空港で怒鳴りまくっている情けないアホタレが、よりによって岡山便とはアホタレ=岡山の男なのかも・・・。 (苦笑)

    また、10月から東京便は6往復から5往復に減便されますが、岡山県庁は沖縄便の増加に力を入れるより東京便を減便されない方が先、経済効果も含めて沖縄より東京や北海道へ力を入れないと岡山は衰退する一方です。

    そして東京出張と言えば宿泊も避けては通れないのですが、年間で100泊以上しているので毎回ホテルを変えていると、かなりの種類のホテルへ泊まることになります。

    たまに開運の宿へも泊まることもありますが、最近は鑑定時間が長いので泊まりに行く暇が無く、利便性を優先して事務所から近いところへ泊まることがほとんどで、事務所の近くへ最近できたホテルへも早速泊まりましたが、ここでの出来事をご紹介します。

    その時は一度チェックインして部屋へ荷物を置いてから整体へ行き、本屋へよってから食事をしてホテルへ返り部屋へ入ると違和感があり、シーツを見ると長~い髪の毛が一本ありましたが当然私の髪の毛ではなく、嫌な感じは強くなりましたが疲れていたので部屋を変えてもらうのも面倒でした。

    そしてお風呂に湯を溜めて一杯になったから止めて、部屋で服を脱いで浴室へ向かうと何故か湯船は空っぽ、浴室から出て服を脱いで再び戻る間に湯船が空になるなんて、この時は背筋がぞっとしてお湯に浸かるどころかシャワーだけで済ませました。

    このホテルは出来たばかりで割引キャンペーン中だから泊まれましたが、今は通常料金(一泊1万2千円~)だから二度と泊まれませんが、あの値段で幽霊付きじゃなかなか寝付けないからお勧めできません。

    更に、つい先週泊まったばかりのホテルでの出来事ですが、ここでの体験は私が霊視カウンセリングを始めて以来の初体験で、あるホテルに泊まって寝ていたところ夜中の2時頃にトイレに行きたくなり、ベッドから起きてトイレに行きました。

    そしてドアを開けて中へ入り便器に向かって用を足していると、右足のふくらはぎの内側を「つんつん」と何かが触るので、「虫? 寝巻きのすそ?」と思いながら右足を少し動かしたりしながら用を足していました。 (注:男は便器に向かい、立って用を足します。)

    寝起きなので寝ぼけたままで用を足し終わり「足に触るのは何?」と下を見たら、両足の間に3歳くらいの男の子がうつ伏せで右手を伸ばした状態(クロールみたい?)で、私の右足のふくらはぎの内側を「つんつん」と触っていたのです。

    それを視た瞬間に「うわっ!」と足を引いて男の子の右側に立つと、その男の子がゆっくりと右回転で顔を上に向けた時、坊ちゃん刈りで真っ白な顔に黒い瞳と言う顔で「ニヤッ!」としたので、慌ててトイレから飛び出しました。

    これは先週泊まったばかりのホテルでのことだから体験したてのほやほや、この時はさすがに寝られず翌日の鑑定では休憩時間に寝てばかりでした。

    もしも、素敵なお客様が同じ体験をしたとしたら便座に座っているからまさにトイレ版貞子で、用を足している時に男の子がうつ伏せのままずるずると近寄ってくるのを見る、これはかなりの恐怖ではないかと思いますが、頭を撫で撫ですれば大丈夫などと言える人は勇気があります。

    この話の何が初体験なのかと言えば「幽霊に触られた時に感触がある」で、幽霊を視たと言う人は多いけれど触るなどの体験は少なく、二次元と三次元の違いやパラレルワールドと現実世界の違いなどと同じく、お互いが交わるものではない筈でしたが今回は感触が残っているので驚きました。

    なお、7月30日のブログに書いているよう23日に100万カウンター記念の食事会を開催、次は110万カウンターになったら開催&募集します。 募集が4人の理由は4人+ゲスト+私=6人とする為で、毎回テーマを決めてゲストを招き楽しんで頂けるように続けたいと思います。 (デジカメの小部屋に画像あり)

    あなたは夏の体験、何がありますか?

    (´-ω-`;)ゞポリポリ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop