徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    視え方。

    おはようございます。 開運の新年会の申し込みは明日の消印有効ですから、御希望の方は遠慮なくお気軽にお申し込み下さいね。 毎年、〆切後の申し込みが多いのですが、〆切後は二次会への参加は不可、新年会のみなら〆切を過ぎても受付はしております。

    素敵なお客様は毎日が楽しい、そうなっているのも日頃の行いがモノを言います。 歳を取る上で知識や経験など行いを積み重ねないと、歳を取ると言うのは肉体的に進んで行くだけになるので、それでは意味がないかと思います。

    さて、今日からシリーズ化するかもしれないし~しないかもしれない、そんな内容ですが霊視の視え方についての解説で、これは自分では当たり前に思っていることが普通ではない、その部分を素敵なお客様から指摘されて気付いたことです。

    私の悪い所なんですが素敵なお客様方への回答として馬鹿にしたような口調や言葉、それをするのは自分なりに理由がありまして、それは「素敵なお客様方は分かっているのになんで聞くの?」と思い込んでいたからです。

    例えば、彼の性格を聞かれた時に「○○で、□□で~」と答えた後で、更に彼の好きなことを聞かれたら、「そんなの彼女だから分かっているでしょう?」と言うような言い方、これは私に取っては「そんなの分かるでしょ?」の気持ちがあるから、イチイチ聞かなくてもいいんじゃないのと思い込んでいました。

    しかし、そうではなく分からないから聞いている、そこが私には分かっておりませんでした。

    私からするとみんなにも見えている部分があって、その見えている部分があるならイチイチ聞かなくても、そう思い込んでいたから答えるのがバカバカしい、もしくは試されているの?と思い、そんなの答えるまでもないになっていました。

    素敵なお客様が「1+1=2」を大人から聞かれたら、「そんなの分かるでしょ?」と思うのと同じ、あの感覚が私の中に芽生えて失礼な態度や言動を取っていた、その点は本当に私が馬鹿で皆様方に申し訳ないと言うか、謝っても謝り切れない程です。

    それに視ていてあほらしいと思う時がありまして、例えば、営業の仕事がしたいと言いつつ人と会うのが苦手、こう聞かれたらテンションが下がると言うか集中力が切れる、だからやる気が無くなる、そういう部分があります。

    霊視カウンセリングはその日時に向けて集中しているので、約束の時間がずれると少しテンションが下がる、大幅にずれると集中力を維持できずにやる気が無くなる、そういう感じで霊視の精度にも差が出てくるので遅刻する人は結局は損、そして私も精度が低い霊視で評判が下がり損をするから、お互いが損をすることになります。

    今でこそ遅刻しても受け入れますが昔は遅刻したら鑑定しなかった、精度が低い鑑定をするよりもましと思っていました。 ところが鑑定にお越しになられる方からすると、なんで5分の遅刻でと思った筈ですが、5分のずれが相当違ってくると言うことを説明していない私のミスです。

    霊視ってすぐにできる、簡単にできる、そう思い込んでいる人が多いのですが、そういう訳ではなく集中してやらないとずれやミスが連発します。

    これは先生によって視方もやり方も違うので一概には言えないし、私がやっているのはこういう感じと言うだけ、鑑定場所に入ってきてからすぐに視始めますが、それは集中力が途切れてないからできるだけ、特に東京のように休みなしで連続の場合は逆に途切れる方が精度が落ちます。

    倉敷はのんびりやる方がいいし、東京は連続で忙しい方がいいし、地域により特製の差も出ています。

    倉敷で視る時は少し視ては休み、少し視ては休み、それで行く方が調子が良いですから、朝9時から開始と営業時間が長いのも倉敷ならではです。 東京の方だと10時から始めて一気に終了まで突っ走る方が調子良くて、逆に途中で無断キャンセルや遅刻があると集中力が途切れる、そうなると精度が落ちたりするので申し訳ない気持ちです。

    時間は有限であると考えているので、時間を無駄にする人にはどうしてと言う気持ちがありまして、時間を守れない人に開運はないとも考えれますし、そうなると残念な気持ちから精度が落ちてしまうのも悪循環です。

    ここまで読んだら分かるように私の場合は気持ちを落とさないようにする、それが霊視の精度を上げる秘訣でもあるので、できることなら時間を守って頂ければと思いますが、プロだから時間のずれにあわせろと言われたらごもっとも、それも私の課題の一つだと思います。

    ただ、時間を守るとは早く来て頂くのも困りもので、13時の人が12時過ぎに来たりすると対応する為に慌てるし、その先にあるのは精度が落ちた霊視で機嫌悪くされてしまう未来、これは本意ではないのにやらざるをえないからやって怒られる、これは割に合わないけれど私の技術不足と言うか鍛錬不足と言うか、自分のミスだから仕方がないと思います。

    今日は霊視についての説明を少しだけしましたが、視ていく上での注意点はまだまだありますし、その先にあるのは知らない霊視の世界ですから、今後は少しだけでも解説していきたいと思います。

    あなたは視え方、どう思いますか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop