徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~13。

    おはようございます。 今日も一日の始まりは素晴らしい、それは何事にも代えがたい健康と言う名の奇跡があるからで、それに感謝できないようでは目の前に起こる奇跡に気付けない、そうなると幸せを幸せと感じられずに不幸な方へどんどんと下がっていきます。

    では、今日も男心の活用法ですが、今回は浮気する男心について書いてみたいと思います。 占い師から視て「男の浮気は無くならない」と断言できますが、それは何をどう言ったところで無理なモノは無理、男に浮気をするなと言うのは「心臓を動かすな・暑い時に水を飲むな・息をするな」と、これくらい自然で当たり前の感覚と言えます。

    浮気が褒められることではないけれど、浮気する男が魅力あるのも事実で、モテる男と付き合ったり結婚するなら、浮気は見逃すと言うのも潤滑剤として大切です。

    占い師として2万人を鑑定していると視えてくるものがあり、それは浮気の仕組みと言うか発生する段階的なモノ、それがどの浮気でもパターン化しているから、逆に言うとそこさえ押さえておけば浮気されない、そういうことでもあります。

    男が浮気する原因は一つしかなく、突き詰めると「欲求不満」の一言で、これ以外に浮気の原因は無いと言えますから、この欲求不満を起こらない様にしておけばいい、それさえ起こらなければ浮気されることは無い、それくらい欲求不満が原因で浮気は起こるのです。

    そして欲求不満もパートナーに対しての欲求不満と、自分自身への欲求不満との二通りがあり、どちらにしても欲求不満が解消されない限り浮気は発生するので、その欲求不満の正体を解き明かすことが浮気防止にも繋がるのです。

    欲求の一番は御存じの通り「性欲」で男ならいの一番ですが、男が女性を食事へ誘うのは「性欲の対象であるから」で、ビジネスなど社交的な意味で仕方なく誘う場合は別として、男が女性と食事へ行きたがる目的はSex以外に無い、それ以外は全て仕事など何らかの付き合い上の義理などの関係性があるだけ、プライベートではSexの対象でしかありません。

    だから、何度(1~3回)か食事へ行った後で急に縁遠くなった(誘われなくなった)場合、その真実は「やらせてくれないのに、時間を作ってまで会うのは無駄。」が本音、打っても響かないなら付き合うのも無理と判断するから、男が誘う食事の意味を勘違いしていると恋愛の敗者にしかなれません。

    そして性欲が満たされると次に来るのは「安心感」で、これは「あなたといると安心する(信頼)」と言う部分を感じると、身体ではない魅力として認識して「一緒に居たい!」となります。 この部分が無いままの身体の関係は捨てられるだけであり、都合の良い関係で終わりになってしまいます。

    ちなみに、いくら良い感じになっていても、身体の関係を求められていても、安心感が無いままだと先は視えていて、あなたが望まないであろう結末が待っているだけ、相手が安心感のある男でないなら身体を許してはいけません。

    そして女性がクリアするのが苦手(難関)である欲求、それが「社会性(仕事・友人・趣味・自分の時間)」で、女性と付き合い始めた頃は身体でも精神面でも欲求の赴くままに求めてきますが、それが一段落すると今度は自分のことに目が向き始めて、女性に対して意識が疎かになってきます。

    この時期は仕事に没頭などしながらも結婚を考えている男もいるので、ここで道を間違えると別れる未来しかなく、連絡が無いから不安になって男を問い詰めたり、話し合いをしようとして拗れたりなどは、乗り越えられない恋愛に早変わりします。

    それを乗り越えると仕事でへとへとに疲れた時、ふと思い出すのがあなたの顔、「そうだ、俺には彼女がいた!」となり、連絡をして食事へ誘うとなる、この時が4つ目の欲求である「褒めて欲しい(自我の認知)」です。

    会社で敵と戦い傷付いてあなたへ癒しを求めて会っているのに、「どうして、連絡くれないの!」と鬼のように責められると、「何故?」と彼は困惑して「それなら別れよう!」となるのが落ち、余計なことをせずに「よくやった!」~「頑張ったね、偉い!」などと褒めて欲しいのです。

    「私だって寂しい中、仕事も何もかも頑張ってきたのに、何で私が褒めなきゃいけないの!」と、その御腹立ちは御尤もでよくわかりますが、そこでぐっと我慢して男を褒める&立てるで行くと、間違いなく彼はあなたを天女や天使や女神に感じます。

    例え、どんなに自分がダメ男でも愛しいあなたにだけは褒めて欲しい、その最後の砦があなたなのに、その最終的な支えが無くなると逆に怒りたくなる、それも別れる為にブチ切れるか~ふて腐れるか、どちらにしても女神から鬼や悪魔に見える瞬間です。

    外で戦っているのに彼女にまで責められると行き場が無くなり、自分の唯一の味方と信じていたのに彼女にまで馬鹿にされると&責められると、プライドも傷付き別れると言う一択しか無くなります。

    これらの欲求を満たしていけば男の浮気は防げるのですが、知らず知らずのうちに逆をしている女性は多く、男からするとキツイ⇔女性から見ると甘えるな、この相反する二つのことをクリアして行くことが恋愛→結婚→幸せな余生、こうなって行く為には必要なことです。

    男の欲求を満たす女性とは自己実現ができる女性で、男から話をしたいと思う、男から会いたいと思う、そういう欲求を満たしている女性でないと男は浮気の魔の手から逃れられないのです。

    男が浮気するのは身勝手と言う女性の意見は御尤もですが、その御意見は重々承知の上でお願いするならば、男の浮気心は女性に甘えられない苦しさから出ることが多く、浮気したくてしている場合ではない時もあります。

    そんな時は優しく見守り、家での居心地を良くするなどすれば、男の浮気心は収まって元の鞘へ納まることも多いです。 頭に来るし腹も立つでしょうが、そこのところをぐっと堪えて納めて頂くと、元の家庭へ戻れる可能性が高まります。

    なお、お約束通りイベントの一環として、3月19日(日)午後6時より誕生日会を開催、参加を御希望の方は氏名と連絡先を明記して、倉敷事務所まで郵便にて御応募して下さいませ。 〆切は2月22日消印有効、抽選制により当選者へお電話にて御連絡致します。

    これはイベントの一環として、「素敵なお客様同士の交流が持てる場」として開催、誕生日会は皆様が集まる為の名目なのでプレゼントは絶対に持ってこないで下さい。 食事して解散と言う流れで二次会は無し、夜8~9時には終了で特別ゲストも一切無しの懇親会的になります。

    あなたは男心の活用法~13、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は10月の予約を受付中で、2~9月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    男心の活用法~12。

    おはようございます。 今日も一日は素晴らしい日となる筈で、素敵なお客様に起こることは過去の積み重ねであり、それは素敵なあなたへの御褒美ですから、遠慮なく受け取って更に幸せな気分になって欲しい、素敵なあなたの未来は明るく輝いているのですから、きっと大丈夫です。

    早くも今年3回目の男心の活用法ですが、男の立場から恋愛のあれこれをすればするほど、女性との違いが浮き彫りになっていると思いますが、男とは女性がいなければやっていけない、女性が母になり姉になり恋人になりと七変化で対応してくれるから生きていける、男とは弱い生き物であると理解して下さいね。

    どれだけ虚勢を張ったところで匿名(陰口)なら大物を言えるけれど、相手に面と向かっては何も言えないのが男、ネットでストーカー行為を繰り返して逮捕の報道は、ほとんどが男だと言う現実の前には、女性の芯の強さが男心を救うと言う事実があり、素敵なお客様は天女や女神の立場として男を救って頂きたいのです。

    そうしないと男は糸の切れた凧のようにどこへ飛んでいくかわからない、喧嘩になった時など「ほっといてくれ!」と言う割に「ホントは構って欲しい」が本音、自分では調子こいているけれど実は彼女や奥様の前でしか調子こけない、そういう男の気弱な部分を理解してあげて欲しいのです。

    特に結婚したら「うちの人、威勢のいいことばっかり言うけど、実際は気が小さくて何も言えない人。 でも、私にとっては大切な人、全てを受け入れて認めて、二人で共に歩んで行こう!」と、温かく見守ってあげればお墓まで仲良く過ごせる筈です。

    恋愛でも結婚でも10年後を基本に話をするのは、結婚して10年経っても仲良くいられるなら、10年後からお墓へ入るまで仲良くいられるからで、今が幸せを選んだら後悔すると言うのが占い師の立場ではよくわかるけれど、当事者からすると今が幸せなら永遠に幸せと思えるのも仕方がありません。

    しかし、今の日本では結婚しても5年以内に離婚する人が多いし、全体的では三組に一組が離婚している現実があり、それでは結婚しても人生の修行としての意味しかありません。

    何度も繰り返しますが、今が幸せよりも10年後が幸せを選ぶ、目先の幸せを大切に思うかもしれないけれど、本当は10年後に幸せな方が真の幸せ、もっと先を見据えて行動すれば、その時が来ても「良かった~!」と思える筈です。

    目先の損得より10年後の損得、それを頭に入れて気持ちと頭のバランスを取り、それにより幸せな未来を手に入れられたら、きっと後悔しない人生になると思います。

    ここで一つの課題(キーワード)が「10年後」で、今と10年後のどちらを幸せでいたいかが選択の別れ道、頭ではわかっているのに気持ちの方で間違った選択をする、それが10年後の幸せを選べない理由でもあります。

    さて、前振りが長くなりましたが、女性が恋愛で気になるのは「男が音信不通(連絡が取れない・返信が無い)」ですが、無言で沈黙を守り続ける男には何をやってもうんともすんとも言わない、どれだけ嘆き悲しんでも全くの無視と言う男は実際に多いです。

    こういう男と付き合ったら覚悟が必要で、残念ながら返信が無いと言うのも返事や意志の一つ、悲しい現実として男が返信しないのは「嫌い・別れたい・付き合いたくない」と、このようなどれかに当てはまっている可能性が高いです。

    男は基本的に狡いところもありまして、連絡しないと言うのは二股をかけていて、他の女性にアタックしている最中と言う場合もあり、それを秘密裏にしておいてダメだったら彼女へ戻る、うまく行ったら音信不通のまま別れる、そういう状況の場合もあります。

    鑑定していても「あっ! これは、もう、無理かも?」と言うことがあり、そんな時はやんわりお話しても「お別れ」と言う未来は変えようもなく、残念ながら傷付かないように説明していくしかないと言う場合もあります。

    これが女性と違って私には男の気持ちが手に取るようにわかるので、単に連絡が面倒だからか、それとも仕事が忙しいからなのか、もしくは浮気の真っ最中なのか、そのどれに当てはまるかにより、鑑定でお話する内容が変わってしまうのです。

    では、音信不通になってからどれくらいで本当にダメなのか、それは人によるので難しいところではありますが、私の過去の相談を受けた経験上で言うと「6ヶ月」で、これ以上音信不通の場合は本当にダメな場合が多く、稀に1年音信不通でも寄りが戻る場合もありますが、そんな奇跡みたいな可能性に掛けるのはお勧めできません。

    どう足掻いても無理なモノは無理、半年(6ヶ月)待ってダメなら気持ちを切り替えて、次の恋へ出発しないと危険、帰らぬ船をいつまでも待つようになり、やがては歳を取って誰にも相手にされなくなる、それなのに男はぬくぬくと幸せになっていて自分は悲惨では結末が悲しいモノになります。

    長く音信不通になっているのは一つの終わりと覚悟を決めて、どこかで筋を通さないとケリは尽きません。

    悲しい現実ですが恋は頑張ればうまく行くものではない、頑張れば成就するものではない、頑張れば成果が出るものではない、そういう部分を心では理解できなくても頭では理解する、そして次なる恋の旅へ出発するのも自分の人生を守る為にはするべきことです。

    好きな彼に思いが届かずあきらめるのは辛いこと、それでも一つの恋にけじめをつけて前に進むことで、あなたの人生には一つの深みが経験として刻まれ、その次の恋はより幸せになれる可能性がある、それを理解して頂ければ10年後の幸せは手に入ります。

    卒業と言うのは学校だけのことではなく、恋を卒業すると言うのも大切なこと、音信不通のままと言う男は不誠実な相手ですから、そんな男と別れられてせいせいしたと割り切り、次の恋へ進んで行くことがあなたの未来を明るくします。

    あきらめると言う卒業証書を手に入れることで、新たな恋が始まると言う事実を見ることで、その次の恋はきっと素晴らしい恋になると思います。

    あなたは男心の活用法~12、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~11。

    おはようございます。 今日と言う日に生きていること自体がチャンス、何もない人生ではなく何でもできる人生、それが持って生まれた今の自分であることを、わくわくどきどきしながら歩んで行けたら、今日と言う瞬間から人生は楽しいまま流れます。

    さて、今年2回目の男心の活用法ですが、恋愛から結婚へと進みたいのであれば、男の仕事に関する考え方にも目を向けないと、「仕事と私とどっちが大事なの!?」と言う様なことを言っていると、今の時代は「仕事」と即答されて即お別れか~二度と連絡が来ないか、どちらにしても別れるの一択しかありません。

    まず、落ち着いて考えてみて欲しいのですが「彼の仕事は何?」で、彼の仕事すら知らないようでは恋愛も結婚も無理、そして彼が忙しい時期と暇な時期、働いている環境の良し悪し、仕事の目標やストレスの有無、精神的に弱っているかどうか、こういう部分を表も裏も見てあげるのが良妻賢母と言われる女性です。

    どうしても男は恋愛よりも仕事に重きを置くのですが、恋愛どころではないほどのプレッシャーや喜怒哀楽が仕事にはある、その仕事を横へ置いてまで恋愛に意識を向けるなんてありえない話で、何をさておいても仕事で出世や成果を残すと言うのは男に取って重要です。

    男は仕事の忙しさや成果が出ていない時などは全く連絡を取らなくても当たり前、それをメールの返信が無いだけで「もう、私のこと嫌いなの?」とか、「もう、ダメなのかな?」などと、一人で勝手にお別れコースの妄想をしないことです。

    年間で2千人の恋愛相談を受けている立場からすると、女性と男性では仕事に対する考え方が違うと同時に、男の仕事に対しての思いはわき目も降らず一生懸命であり、仕事中に余計なことはできません。

    その余計なこととの一つに「彼女との連絡(メールや電話)」も入るので、「私とのメールが余計なこと!!」と目くじらを立てないで頂きたいのですが、男が仕事中にはメールをする時間が勿体ない、例え1分であろうともする気にすらならない、仕事へ集中して余計なことに気を取られたくないのです。

    女性と男性の違いでもありますが、女性は仕事中にメールして送信したら仕事へ戻れますが、男はメールしたら読んだかどうかや読んでどう思ったかや返信はどうかなど、次から次へと考えてしまうので、そうなると仕事へ集中できないからモチベーションが下がり、良い感じだったのが躓き始めてしまい「やらなきゃよかった」と後悔になり、ついには彼女のせいにしてしまう程なのです。

    仮にメールした後で仕事が躓いてライバルに出し抜かれたりしたら、「クソ! オマエがメールなんか要求するからだ!」となり、「仕事の邪魔をする女なんかいらない!」となり、別れと言う結末しか残らなくなります。

    これをバカバカしいと思う女性は多いと思いますが、脳の構造が男と女では違うので仕方が無いこと、その仕方が無いことを理解するのが仕事人間と付き合うコツでもあります。

    多くの女性が理想とする「どんなに忙しくても私には連絡してくれる」と言う男性は、いるにはいますが仕事もしていないろくでなしか、結婚詐欺か、何らかのメリットがある内は我慢するなど、結婚したら後で後悔するような男しかいない現実を見て欲しいのです。

    仕事人間は仕事が最優先、TVや映画では「あの人は仕事だけが大事で、家族のことなんか何も考えてくれない!」と言いますが、今の家や生活状態は仕事をするから維持できると言う事実、それの維持をする為に一生懸命に働いている男に向かって、「家族のことなんか~」と言う方が間違い、働かないと生活が維持できる訳がありません。

    仕事人間の男と付き合う秘訣は、「彼は恋愛を必要としない冬眠時期があり、それから目覚めるまでは小休止、起きた時には必要としてくる。」と、こんな感じで構えていないと付き合えません。

    結婚するなら経済力は必要不可欠ですが、その経済力は仕事をすることでしか得られませんから、いつでも連絡すれば返信が来て、いつでも寂しい時に傍にいてくれる、そんな男が出世も成功も無いのは誰でも分かること、最初は良いけれどお金の切れ目が縁の切れ目となります。

    お金より愛と言うのは現実を知らない女性が言うこと、結婚したらお金が重要なのは嫌でも分かるので、無職のイケメンが良いと言うのがどれくらい我慢できるか、我慢比べでしかなく極論を言えば、結婚生活の現実とは愛よりお金です。

    だからこそ、彼が仕事に頑張ってどんどんと成長しているんだから、私もどんどん成長しておかないと置いて行かれる、そういう考え方でいると彼とレベルが釣り合い、お別れにはなりません。

    それに、もう一つの考え方として、彼が仕事を頑張っているのは私たちの為、仕事を頑張っているからこそ結婚資金も新居のお金も用意できる、そんな彼のことを理解しなくちゃダメ、私のわがままで未来を壊しちゃいけない、こういう考え方もありかと思います。

    ここで纏めますと、お付き合いしている彼が仕事人間なら、彼との連絡は必要最小限にして彼に余計なことを考えさせない、仕事に打ち込めるようにしておいて、ふと思い出した時に連絡して来たら、「ありがとう、仕事、大変な中で、時間を作ってくれて。」と労う、男と言うのは信頼されると裏切れなくなるものですが、特に仕事人間ほど信頼してくれる女性は裏切らないのです。

    仕事もせずにだらだらと過ごしている、そんな男ほど裏切るので、仕事人間の方が100倍ほどマシなのに、最初は優しいろくでなし男に惹かれるのは、自分の見る目が無いことに気付かないと良い男には巡り合えません。

    今はネットの時代なのでSNSなどで他人の恋を見ると羨ましくなるかもしれませんが、それはあくまでも人の恋であると言う点、更にはネットは嘘の塊なのでどうにでも虚飾出来る世界ですから、それは事実とは証明できないのに証明できないことを本気になって張り合わないことです。

    無職のイケメンを求める人は多いけれど、イケメンじゃない年収1千万の方が、どこをどう見ても明らかに幸せな結婚生活になります。 (注:人間性が同じなら)

    あなたは男心の活用法~11、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~10。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことが起きる筈、それは生きている積み重ねがモノを言うのですが、幸せなことは幸せな人の元へ来るもの、陰からこそこそ人を誹謗中傷している人のところへは、不幸が幸せの仮面を被って近付いてきて、気が付いたら自分だけどん底と言うことがよくあります。

    では、今年1回目の男心の活用法ですが「今年こそは彼を作るぞ!」と思う方は、女性らしさと言うのを念頭に置いて考えると、新たな自分と出会えて違う人との縁が結ばれるかもしれません。

    今の自分は変えようがないと言うなら仕方がありませんけれど、変えなければ今までと同じような男との出会いしかない、変えれば違う男と会える、その単純明快なことに気付いて頂ければ恋愛→結婚の流れに乗っかれます。

    そこで女性が苦手とするであろうタイプについての話からですが、女性はメンタル面が弱いと言うか~よくわからない男は苦手な筈で、何を考えているか分からない男と付き合うと不安が増大するだけで、その先にある結婚を考えようとしても付き合い自体がわからなくなる、そこの部分を男は気付かないどころかわからないのです。

    実はメンタルが弱い男性ほどやさしくてマメに連絡をくれるなど、一見すると素晴らしい男性に思えますが、ある日突然に~何らかの会話をして別れた後に、急に連絡がパタッと止まり女性からすると思い当たる節が無い、それにより対処方法がわからず戸惑いから疎遠と言うケースもあるのです。

    ここで普通は「私、何かした?」と原因を探ろうとしますが、その原因が見つからないと女性の心が折れてしまいます。

    男の心理としては、「嫌なものは嫌」とか、「返事の仕方が気に入らないから」など、理由であって理由でないようなことでメンタルが凹んでいるので、それを一々真に受けていると心が持ちません。

    繊細な人はどこで傷付いたかを見極めるのは無理、その人なりの傷付きポイントがあるので、傷が癒えるまではこちらも無理には連絡しないのも大切、相手が落ちているなら自分は落ちずに引っ張り上げる、その考え方でないと両方落ちて仲良くなんて無理、どちらかが落ちないようにしないと二人とも奈落の底です。

    精神的に弱い男性と恋愛するなら「待つ」が基本で、「しょうがないなぁ、元気になるまで、待つか!」と言う、女性ですけど男前な考え方が必要です。

    連絡が無いと「もしかして、他に女性が?」や「もう、私たち、ダメなの?」など、ついつい、余計なことを考えがちですが、「チャンスは来る」とか「時は来る」などプラス思考、彼が必要とした時に救出できるように普段から待機しておくこと、そこで救出できたら彼はあなたしか見えなくなります。

    次に苦手とするのは「熱しやすく冷めやすい」ですが、この手の男性は間違いなく飽きるのが早い、絶対に体の関係を結んでから付き合おうなんて不可能、焦らして焦らして逃げられても仕方が無いと言うくらい焦らさないといけないタイプです。

    この手の男性は「征服できそうで征服できない山」のようにならないとダメで、このタイプは頂上へ上るまでが一生懸命に口説くで、頂上を味わうと急激に下山したくなるので、そこから先はどうでもよくなります。

    早く下山して風呂でも入って一服、その程度の思考になってしまうと、もう、熱を取り戻すのは至難の業、カレーに飽きているのに更にカレーを食えと言うのは無理な相談です。

    まず、必要なのは警戒心を解かないことで、相手は警戒心を解く為に、あの手この手で色々と口説いてきますが、その先に待つのは御褒美ではなく外れくじ、警戒心を失わない女性でいるなら、身体だけで終わりなんてことは避けられます。

    熱しやすく冷めやすいタイプは口説き魔なので、身体目的だから美辞麗句を並べてしまう、そして身体目当てで一直線だから、その熱意に我を忘れて許してしまう女性が多いのも事実、「でも、断れない・・・。」と言う方もいると思います。

    そこで作戦ですが、「シンデレラの如く、必ず終電で帰る。」で、門限があることを予め伝えておき、それを過ぎたらだめだと言う約束事を伝えておく、それは「ホテルへ行かない・彼の家に行かない・自分の部屋へ彼を入れない」と、この3つが自動的に決まってしまうのです。

    性欲で燃え盛る炎を「明日、早いので帰ります。」と消火する、引き止められても「いいえ、帰ります。」と繋いで、それでも言うなら「約束、知っているでしょ?」と窘めるか、無言でさっさと立ち去ることです。

    その気にさせておいて逃げる女性は男に取って大魚、「逃がした魚(女性)は大きい」とできるので、余計にファイトを燃やすようになる原動力、だからこそ許してはならないのです。

    また、あなた自身も熱しやすく冷めやすい状態へなることで、彼が熱い時はあなたもハイテンション、彼が覚めている時はあなたもつんけんする、そうやって彼と同じ位置にいる努力をすることで、彼はあなたを掴みどころが無いと思い始め、いいところまで行くのに手に入らない女性、そう思わせる必要があります。

    そうすると彼は疲れてきてイライラが募り、「もう、いい!」など怒ったり拗ねたりし始めますが、そこで「えっ?」と引き下がらないこと、これで甘い顔を見せると男は図に乗るので、感情的になったら相手にせず冷静になるのを待つで、相手が冷静になると「惜しいことした、もう、ちょっと我慢したらよかった。」と、こうなるのを待つのです。

    怒る、宥める、懇願する、あの手この手であなたを手に入れようとしますが、そこでも焦らず焦らすようにする、それこそが恋の勝者への早道なので、そこであきらめるようでは都合の良い女として生きることになります。

    あなたは男心の活用法~10、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~9。

    おはようございます。 どんどんと今年も残りわずかと言う状態になっていますが、年の瀬は物悲しくもなりますし、新たな希望を見い出す時でもあります。

    そして12月25日は140万カウンターの食事会もありますが、参加される方は寒くないよう体調に気を付けて、その次の新年会へもちゃんと参加できるよう風邪など引かぬようにお越し下さいませ。

    さて、男心の活用法も年内ラストですが今のところ終了ではなく続く予定でして、男と女は考え方も中身も違うので合わないのは当たり前、その先に進んで行くのは難しいけれど簡単、心を読めると余裕が出てきて許せる部分が大きくなり寛容になれます。

    私は常々、女性は追いかけるよりも追いかけられる方が幸せになれると言いますが、それは男はハンターで古来より狩りに出かける習性がDNAにはあり、追いかけている=自分が本当に愛する女性であり、追いかけないでも近寄ってくる女性に男は魅力は感じません。

    ただし、性的魅力と言う意味では追いかけてくる女性を好みますが、それは遊びでありポイ捨て要員としてであり、あくまでも本気ではないと言う意味で受け入れます。

    これが何を意味するかと言えば「恋を成就させたいなら放っておく」で、追いかけずに追いかけられるようにするのが一番で、男は自分から連絡したい時にするのでしない時は構わない気持ちが強く、それなら黙って放っておくのが一番です。

    女性からあれこれと細かく世話を焼かれたり連絡があると、男の気持ちとしては「連絡しなくても大丈夫」となり、連絡しなくても安心感があるので心配しないから余計に外へ目を向けるのです。

    そんな時こそ放置で、放置することで意識を自分へ向けさせる、久しぶりに電話してきた時に喜び爆発なんてしていると、「あ~、これは大丈夫だな?」と確信するので、ここは「冷たくあしらう」がポイント、「何か用? 今、忙しいんだけど?」とこんな感じ、それで「じゃあ、良い!」と怒って電話を切るようなら、最初から付き合う価値の無い糞男と言うことで、そんな男を追いかけるなら遊ばれても自業自得です。

    しかし、本当に好きなら必ず電話してきますが、ここで立場を逆転しておかないと男は図に乗ってしまうので、自分がされて嫌なことを相手にしている事実を突き付けて、男に女性の気持ちを教えるのです。

    「そんなことしたら、彼からは連絡が来ないから会えなくなる!」と、そういう気持ちも理解はできますが、そんな男と付き合っていく~そして結婚して~長い結婚生活を続ける、そんなことができるかと言えば無理な話で、ろくでなし男に早く気付けたと思って別れたらいいだけです。

    彼から連絡が来る、それが無いようだと最初からあなたのことを好きじゃない、身体か~お金かのどちらかであなたを利用していただけ、心は別な女性の方へ向いているだけと言うのが男の本音です。

    ここで彼から追いかけてくる(連絡がある)と言う風に逆転しておかないと、仮に結婚できたとしても常に心配しなければならなくなるし、そんな男がまともな結婚生活が送れるかと言えば無理な話、それを見極める為にも連絡が来るのを待つと言う行動ができるかどうかなのです。

    しかし、一つ問題があると言えばありますが、それは「放っておくことができない」で、彼から連絡があるまで放っておくと言うのは1週間だろうと3ヶ月であろうと1年であろうと、とにかく彼から連絡があるまで放っておくと言うことが恋愛には必要なのです。

    男は女性へ連絡しなくても平気なんですが、女性は恋する乙女状態だと待てない、1週間どころか3日も待てない筈で、彼と会いたいや話したいや連絡したいは女性なら当たり前、それに男が気付くかと言えば無理な話です。

    例えば、仮に連絡しなくなって1年が経過したとして、男からすると別れたつもりはないと言うのが意外と本音、別に喧嘩した訳じゃないし~ちょっと連絡しなかっただけ、そう考える男は多いのですが、女性からすると1年も連絡しなかったら別れたと取る筈です。

    その連絡しない1年を男はどう過ごしているかと言えば、浮気しているのもいるかも知れませんが、半分以上は自分の趣味や仕事などに没頭しているから、その答えと言うか本音は「自分の為に自分の時間を使う」です。

    だから連絡が無い=別れたと思うのは早計で、連絡が無い=好きじゃないも早計、男が連絡しないのは当たり前と言う感覚も必要で、連絡が無いのは好き嫌いの問題ではなく時間を自分の為に使いたい、意識が女性へ向いていない、そういうことなのです。

    今は時代が時代なので絶対にとは言いませんけれど、合コンのお持ち帰りで会った当日に身体の関係を結ぶ、そういうことをしたらダメだと言うのを占い師としては過去に何千回も言ってきていますが、男は体の関係を結ぶのが早ければ早いほど遊びだと思うのです。

    初めて会ってと言うよりも付き合い始めてキスまで3ヶ月、身体の関係まで6ヶ月が基本、それより短いなら遊ばれても捨てられても自業自得の自己責任、男は早く関係を結びたがるけれど、そこには矛盾した心理が働きます。

    それは「早くやれる女は、彼女(結婚相手)ではなくセフレにしよう。」で、肉の品質に例えるなら身体(A・B・C)と期間(1・2・3・4・5)ですから、A5ランクは大切にするし、C1なら遊びで終わろうと言うことで、A1~C5ランクなら彼女候補に残れるかなと言う感じです。

    極端に言うなら出会ってから7~8年ほど経って、それでもやりたいと思われるなら男から見て相当に良い女と言えますが、厳しいけれど男性心理の本音を言うなら、男は女性の身体に早ければ3ヶ月で飽きるもの、それを飽きさせないように交わすのが大人の女性、ルパンに対する峰不二子の態度が正解なのです。

    この辺は鑑定でも男の気持ちと飽きる関係について詳しく説明している筈ですが、どうしても女性は母性本能があるので彼から求められると応じてしまう、そして3~4ヶ月ほどして飽きられて連絡が無くなってから鑑定へ来られても、その時は「時、既に遅し!」で彼の気持ちは他へ向いているケースがほとんどです。

    連絡が無いと言って焦ったり嘆いたり悲しんだりするよりも、お節介焼きに徹して彼の身の回りのことを細々するとか、こちらから連絡して返信は期待しないなど、男の気持ちの片隅にいる努力さえしていれば、思い出した時には手放せない存在になっています。

    再度、念押しするならA5ランクならいいけれどC1ランクなら、遊びで捨てられる可能性が限りなく100%であることを、自分で気付かなければいつまで経っても同じことなのです。

    あなたは男心の活用法~9、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~8。

    おはようございます。 今日も元気で健康で自由に動けるのは何よりの幸せ、人は当たり前の時には感謝も無いけれど、自分が病気になったら途端に慌ててしまうもので、健康はお金では買えない素晴らしい幸せです。

    さて、この男心の活用法を活かして貰えているなら嬉しい限りですが、理解できなかったり読み流すだけだったら、それは悲しい現実を見ることになるかもしれません。 男と言うのは女性に守られると言うか、見守られて甘えさせた貰うと言う部分は無くならない、本当は女性の方が腹が座っていると言うか度胸がある、結婚している人なら男女問わずわかると思います。

    男が女性を好きになる時に、男が女性と付き合いたいと思う時に、その一番のきっかけと言うか~入口部分にある思いとは何なのか、それをズバリ直球で言うと「やりたい(性欲)」です。

    性欲と言うのは結局はやることであり、山に例えるなら「富士山に登りたい→頂上へ行って達成→後は下るだけ」と、こんな感じになるから「男は関係を持った後は冷たい」と言うのは下っている時だからです。

    つまり、頂上を征服する過程が無い山は味気ないからすぐに達成できてしまう、そうなると次はもっと征服感がある山となるので二度と登らない人が多い、それと同じですぐに体を許す女性は征服感の無い山と同じ、これは合コンのお持ち帰りやSNS(メール・LINE・ツイッターなど)で知り合って関係を持つと同じです。

    こういうネットでの繋がりは希薄なモノと良い大人ならばわかっている筈なのに、自分が当事者になると「彼だけは違う・こんなに合う人はいない」となってしまい、ネット上でのやり取りだけで相手を全てわかったように感じてしまうのは危険です。

    SNS(メール・LINE・ツイッターなど)で知り合った場合、会うまでに何度もやり取りをして関係が築けたと錯覚しているので、会ったらすぐに関係を持つと言うのが一番まずいパターンですが、SNSでのやり取りは全てバーチャルな世界の話であり現実ではありません。

    男の気持ちとしては頂上(抱く)へ行くまでに手こずる方が思いは強くなり、やっとの思いで頂上へ行けた山は思い出に残り、そう簡単に手放さないぞとなるものです。

    男からすれば簡単に頂上(抱ける)へ行ける山は征服する為の努力が無いから味気ない、「な~んだ、こんなものか?」となってしまい、頂上からすぐに降りて二度と行かないとなるだけです。

    ここが男と女の違いであり、一度関係を持つと飽きる男と感情の入る女の構図の出来上がり、関係を持ったのに連絡が無いと言う相談は星の数ほど受けているのと、何回でも同じことの繰り返しと言うのが人間として男女の性別差の基本ですから、簡単に体を許してはならないし、感情の高ぶりで許してもならないのは、言うことを聞けないかもしれないけれど聞いて欲しいのです。

    原則的に知り合ってから身体を許すまで最低でも半年は必要、これはSNSなどネット上の期間ではなくリアルに目の前で会ってからの話で、この半年を待てないような男なら偽者だから別れても無視しても良し、本当に頂上征服(抱きたい)したいなら10年でも待てる筈です。

    逆に言うと知り合って10年経つのに「やりたい」と言う男は思いが本物の可能性大、結婚できるかどうかや付き合ってうまく行くかどうかは別な話ですが、そういう男なら付き合っても損はないし、仮に抱かれたとしても運命的に悪いことが起きるどころか良いことが起きるかもです。

    では、男が音信不通にしたがる理由についてですが、一度関係を持っても優しく変わらぬ男もいますが宝くじレベルで、大抵の男は一度やったら冷たくなるのが自然な流れですから、女性に取って好きな男と連絡が取れないと言うのは不安や悲しみなど表現できない心のもやもやがあります。

    しかし、その女性のコミュニケーションが線であるのに対して、男のコミュニケーションは点ですから、話は平行線で繋がるわけがありません。

    連絡が取れない→礼儀がなっていない→私のことどう思っているの→何考えてんの、こんな感じで好きの愛情が怒りへ変わってしまう筈ですが、女性は毎日でも電話したいとい繋がりの線を愛情に感じますが、男は時々で良い→気が向いた時で良い→自分がしたい時だけ、こんな感じで点として考えます。

    言うなれば、女性は好きになればなるほど連絡したくなるし、男は好きになっても一定限度を超えると逆に連絡したくなくなります。

    結局のところ、男が電話(メール)しないのは「面倒・俺の女(手に入れた)」が一番に出て、次に「うるさい・何を話していいかわからない」がきて、最後に「結婚したくない・遊び」と言うのが本音です。

    最後の項目は可能性が無いのでやめておいた方が良いのはわかると思いますが、それでも好きなら突っ走ってしまい後で泣くのもよくある話ですが、追いかけても仕方が無い男と言うのがいるもので、恋愛で女性は追いかけるよりも追いかけて貰う方が良いのです。

    音信不通の彼はほっとく、好きなら連絡してくるし、嫌いなら自然消滅、それくらいの気持ちでいないとダメ、これを自分に言い聞かせないと待っていられません。

    ここで勘違いしないようにお浚いと言うか再考ですが、あなたが付き合っている男はどの程度の男なのか、市村正親さんのように誕生日には贈り物をして舞台終了後は励ましの言葉を掛け、目配り気配りをして周りからモテモテと言う男なのか、そんなことは無い~もしくはそこまでではないと言うなら、連絡が無いとか気が効かないのは当たり前です。

    できない人にやれと言うのは無理な話、彼に連絡をこまめにしてほしいと言うのは、今すぐに100M走でウサイン・ボルトに勝てと言うくらい無理な話、できない人にできないことを言うのは言う方が無理です。

    あなたの彼や旦那様は、そのままで良いところもたくさんある筈ですから、できないことをやれと言って怒るのは怒る方に無理があると言うことを勘違いしていたら、それは恋愛でも結婚でもうまく行くわけがないのです。

    あなたは男心の活用法~8、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~7。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には、きっと素晴らしい未来がある筈ですが、それはあなたと出会う人を幸せにする為で、素敵なあなたと出会う人は必ずあなたと出会うことで得られる幸せがあります。 人は人と出会うことで更に運命が変わる、何もなければ運命はそのままです。

    さて、素敵なあなたは素晴らしい相手と巡り会える、そういう明るい未来があるにも関わらず間違った道へ進んでしまう、そのナビは壊れているから修理しないといけないのですが、この男心の活用法が特効薬になれば恋をしてワクワクドキドキが、現実の世界として目の前に舞い降りてきます。

    では、早速ですが男が好む女性の一つに働き者であると言うのがありまして、男は元来怠け者が大半できちっとしているなんてのはほんの一部、家に帰ると服を脱ぎ散らかしてホロリと横になり、そのまま飲む食べる寝るしかしないモノです。

    だから男としては自分が何もしなくていいのを好むのですが、働き者で明るく活発であればベスト、だからこそ逆に言うと女性も「働き者の男・細々したことは自分でやる男」を見つけることができたら、好きだのへったくれだの言わずに一度はデートしてみる、働き者の女性と男性なんて理想だと思います。

    それに女性でも同じだと思いますが、男は誠実が女性は好き、人の悪口を言わない~仕事の不満を言わない~辛くても頑張っている、そういう女性を見ると胸がきゅんとするものです。

    ただし、女性には母性愛があるので「私にだけ弱みを見せてくれた」と言う部分、そこが女性と男の違いで男は受け入れられないのに女性は母性愛で包み込んでしまう、ここが良い男とダメ男を掴むかどうかの差なんですが、良い男と言うのは不平不満を言わずに自力で頑張ろうとするものなのです。

    ところがダメ男と言うのは日頃から愚痴や不平不満が多く、社会から弾き出されてしまい無職のパチンコ好きで借金だらけ、そういう状態でも女性は母性愛で包み込もうとするから良い男に巡り合えないのです。

    ここで一つ問題がありまして、ダメ男の方からすれば自分を好きになる女なんて自分と同類だから「何をしてもいい」と考え、女性からすると言うことも聞かない我儘男なのは「どうして?」となりますが、それは自分がそう仕向けている現実に気付かないと行けないのです。

    女性と男が噛み合わない理由の一つに、女性が相談を持ち掛けると男の頭の中には解決策を講じて、それを実行するだけでいいのにしないのはキミが悪い、そういう思考がほとんどで話を聞いて受け止めるだけと言うのは難しいのです。

    特に仕事のできる男にその傾向が強く、逆にダメ男ほど話を聞いてくれてウンウンとうなずいてくれる、ここから見ると「解決策を提示してやれと言う男・話を聞いてくれて優しい男」と、こんな構図になるので女性がどちらを選ぶかと言えば後者、これが良い男を除外してダメ男に行きたくなる女性心理です。

    つまり、良い男ほど建設的で前向きな相談しかしてはならないで、それを間違えるとダメ男の方が良いとしか感じられなくなります。 だから愚痴や不平不満は女友達や親や占い師に話してストレス解消、前向きで明るい話だけ彼にすると言うのが正しい相談事のやり方です。

    今は年功序列の廃止と男女平等を余りにも言いすぎたから、結婚できない女性が増えていると考えていて、冷静になればこの理論が正しいことはわかる筈ですが、目先の欲に捉われて自分だけと思っているようでは理解できないと思います。

    今の時代、メールでサヨナラ(お別れ)を告げられた女性は多いと思いますが、最後に顔も見ずに話し合いもせずに一方的に別れを告げられるのは便利、それは大切なことを省略していることに男自身も気付いていない、だからメールで終了を男の側は悪いとも変とも思っていません。

    女性が就職しにくかったり出世のポストが無かった時代は、どんなに仕事のできない男でも男と言うだけで就職やポストが用意された時代は、どうこう言っても男の方が経済的にも安定していて、女性に対して上から目線も多かったけれど自信も持てていました。

    それは少なからず責任を取ることのできる男が多かったと言う証で、今は男の方が及び腰で逃げ越しと言うケースも多い筈ですが、それは女性と話をする時に自分が負けているのを感じることが増えた為でもあります。

    ところが今の男と言うのは、とりあえず自分が生きて行くことが大切であり、自分の趣味や生活を確保する方が先であり、女性と言うのは飯を食わせてくれたり、性欲を満たしてくれたりする道具、そういう位置付けに見ている男たちが氾濫している世の中なので、だからこそ見る目が必要なのです。

    こうなると女性ができる作戦は二つ、そういう馬鹿な男でも自分が養っていく覚悟を決める、もしくは自分が大きな器を持つ女性となってハイレベルの男を見つける、どちらが良いかは人によるので強制はできませんが、占い師として未来を視て言うなら後者の方が断然いいと思います。

    器の大きな男は自分に自信がある代わりに脆いところがあり、その脆いところを受け止めてあげると「俺のこと、わかってくれるの、おまえだけだ。」となり、外へ出撃しても戻ってくるのは自分のところ、そういう関係性が築けて浮気も無くなります。

    本来の男と言うのはプレッシャーに弱く、陰で支えてくれる女性を好むもの、それはすなわち精神的にしっかりした女性と言うことになります。

    ピンチの時に動じないのは男と言うのは昔の話、今はピンチの時に動じないのは女性の方であり、そういう世の中において昔の男の姿を望んでも仕方が無いのです。 自分が動じないことで陰から支える、そして顔も立てつつ内助の功をと、こんな感じが理想です。

    最後に、昨日は南海トラフ大地震も来なかったし、死者33万人や日本壊滅も無かったので、よろしければ予約を入れて頂けると助かります。 私は暇で暇で予約が入らず困っているので、廃業寸前のダメな占い師を助けると思って、予約を入れて頂けると本当にありがたいです。

    あなたは男心の活用法~7、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~6。

    おはようございます。 今日も青空が広がっている下に生きている、戦争が起きたら青空なんて空を見上げることも無く、隠れながらびくびくと生きなければならないから、今のところは本当に平和で安全で幸せな国です。

    微々たる可能性として、2022年を過ぎたら●●で戦争が起きるかも知れませんが、トランプ新大統領は基地撤退を公言しているので、何が起きても反対派の人たちが自力で何とかしますし、そう心配しなくても本州(46都道府県)は関係ないから、国民はTVで映像を見るだけです。

    さて、暗い話題は日本国民の大部分には関係ないからさておいて、明るい話題として男心の活用法、何と言っても恋をすると気持ちがウキウキして来ますが、恋は人を綺麗にしたり元気にしたりできます。

    つまり、明るく上品でいることが女性をより美しく見せる、そこにあるのは気持ちの部分でしかなく、心配りのできない人が良い恋をするなんて言うのはどう考えても無理です。

    この心配りは女性ならではの武器でもあり、男が気付かない部分やわからない部分を支える、そういう心配りに即効性はないけれど長い目で見るとじわじわ効いてくるので、そこを手抜きせずに~面倒くさいと思わずに~女がしないといけないのと思わずに、男を側面からサポートする感じでやって頂けると光明が見えます。

    食事へ行った時におしぼりを差し出す、料理が来たら取り分ける、コーヒーを飲むなら「ミルクは? 砂糖は?」と痒い所に手が届く様にする、テーブルが汚れたらさっと拭く、そういうこと全てを男は見ているので「よく、気が付くな~!」と思うのです。

    そんな心配りのできる女性に話を聞いて貰える、そんなことがあったら男は急激に気持ちを持っていかれるので、そこで女性は優しく捕獲すればいいだけです。

    古臭いと言われるかも知れませんが、男を射止めるには三つの袋と昔から言われていて、地方によっても組み合わせが違いますが「堪忍袋・お袋(母性)・胃袋」で、順に言うと男心を理解するには我慢や忍耐が必要ですし、母親のような母性を男は誰しも求めるものですし、そうなると最後には胃袋を満たす料理が上手と言うのは決め手となります。

    ここで勘違いしている人が多いかもしれませんが、男の欲求は恋愛と結婚では違いまして、恋愛では性欲が勝ちますが結婚では食欲が勝ちます。 (←長くなればなるほど顕著に現れます)

    これは男の不思議なところで、恋愛の時は外見(顔やスタイル)や体の相性が優先なのに、結婚となれば料理が上手で優しいと言う気立てに早変わり、毎日のことなので料理がうまければ、それだけで男は「まぁ、しょうがない。」と少々の不満は抑え込むこともできるようになります。

    料理が上手とは七難隠すで、少々のことはカバーできるだけの爆発力を持っていて、一発逆転と言うのも料理上手ならではのこと、そこで負けるようだと恋の勝者になれないくらいの破壊力です。

    大袈裟に思うかもしれませんけれど、料理が上手とは男に取って仕事ができると同じ、自宅へ誰かを招いた時に恥ずかしくない料理と言うのが一つの基準、これは男の勝手な言い分と思うかもしれませんけれど、これを望んでいる男は多いのです。

    なお、私も含めて料理の得意な男も多いのですが、こういう料理の得意な男は何でも自分でしてしまうので、女性から見て「うざい!」と感じることが多いことを男性は気付くべきで、料理の得意な男は善し悪しだと覚えといて下さいね。

    他にも時代が違うと言う言葉がちらほら聞こえてくるのは、女性と食事へ行った時に男が全て支払う、これを古臭いと言う女性は良い男と結婚することは無いし、結婚してからもお金で苦労することになります。

    今の時代は割り勘や女性が支払うを当たり前にしてしまう、それが男を甘やかしていると同時に、結婚後に自立できない男を量産している現実があります。

    昔だと男が力強くて「俺に任せとけ!」となっていましたが、今は「依存するのはやめて!」と言う時代、私の周りにはそういう男は少ないけれど世の中の大部分の男がこうなった以上、依存できない=頼ることはできないので自立できる女性を目指して、そしていざと言う時には「私が守ってあげる!」と、これくらい力強くなければなりません。

    それに伴い気を付けなければならないのが「我儘はやめて遠慮しない」で、遠慮せずにビシバシ言う女性の方が今の時代は男も楽、男は自分で物事を決められない時代なので、何でもかんでも女性が決めてくれる方が良い、そして準備も何もかも全てやってくれる、それこそが男に取って一番楽なのです。

    ただし、そうしてしまったのは女性の方なので、そういう男(草食系男子ブームなど)が良いと言う風にしてしまったお釣りを、女性が自分で支払っている時代なのも因果応報、自分がしたことが自分へ返ってきているだけです。

    なお、ここで言う遠慮しないとは相手に配慮しつつ自分の伝えたいことを主張、感情的になっても落ち着いて対処して男を優しく宥める、恋人や夫婦はお互いに言いたいことを言って時には喧嘩もするけれど、それでも相手のことを認めて優しくできる、そんな風に持っていける遠慮しない女性が求められています。

    遠慮ばかりしていると男としては「何を考えているかわからない」と、付き合うこと自体が嫌になってくるのです。

    そうなると男の方も何を言えばいいのかわからず余計に遠慮してしまい、そうなるとお互いが遠慮して言いたいことや伝えたいこともわからないと言う状態、後はお決まりのストレスが溜まって別れるしかない状態になります。

    極度に批判したり感情的になったりしない限り、相手と言いたいことを言い合うのも時には必要で、気遣いしながら言いたいことを遠慮なく言える女性は、男に取って成長できる素晴らしい相手となります。

    昔とは違うと言うかも知れませんが、男は男らしく、女は女らしく、それを男女同権や不公平と言うのであれば、その考えでどういう相手に巡り合えるか、自分自身で試してみるとよくわかります。

    あなたは男心の活用法~6、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~5。

    おはようございます。 素敵なお客様が幸せになれる時と言うのは、本当は今日も幸せであるはず、自由自在に身体が動いているのは奇跡と言うくらい幸せ、それに気付けずあれやこれやと不平不満を言うならば、それはとんでもない勘違いで毎朝奇跡を目の当たりにしているのです。

    さて、今日も男心についてですが、このシリーズを始めてから女性に取って男心の勉強になっているのかならないのか、受け取り方にもよると思いますが古いと思う人には勉強にならず、やってみようと言う人には勉強になると思います。

    仕事が命なんて古臭いと思う人は、無職のイケメンと結婚して10年後に苦労すればいいと思いますが、サザエさん一家のように和気あいあいと過ごしたいなら経済力の源となる仕事は大切です。

    基本的に男と言うのは女性に「なんだかんだ言っても、男の人は仕事が一番。 お仕事頑張ってね、男は仕事が大切よ。」と、こんな感じで言って貰えたら嬉しい、そんな女性がいたら「あぁ、仕事のことを理解してくれて、私の立場も理解してくれて、ありがとう。 仕事が一段落付いたら、会いに行こう!」と思います。

    男に取って自分と会えない時間を一人で過ごしてくれる女性は宝物、それも自然体で待つではなく勝手に遊んでいると言う女性が良い、男は仕事をしていると女性の気持ちにまで気が回らないから、勝手に過ごしてくれる女性を重宝するのです。

    「それなら、言ってくれたらいいのに?」と思うなかれ、男は仕事に燃えている時や忙しい時には、それを口に出して説明すると言うことにまで気が回らないから、「言わなくても、わかるだろう?」に繋がります。

    つまり、口には出さないけれど待っていてくれる女性に、男はちゃんと感謝しているのですが、それを今度は女性の方も理解できないと言う悪循環に入るのです。

    ところが一度でも仕事の邪魔をされたら最後、「どうして、仕事の邪魔をする? そんなに信用できないのか!」となって、それで彼女と別れを決めた男は多いのです。 今まで良かった関係でも一度の追及や邪魔で終わり、そんな例は占い師をしているとゴマンと見ます。

    こうなると仕事で疲れているのにメールが来ても無視、返事が来ないから再度確認のメールが来る、それでも男が無視すると心配なのとメール、それを男はうざいと感じて余計に無視、すると彼女は更に心配になって確認のメールを何度もする、そこで男はついに爆発して「もう、別れる! おまえとはやっていけない!」と、こんな感じで終わりを告げます。

    占い師の観点から見ると女心のわからない男と男心のわからない女が、お互いに相手のことを考えず自分中心で見て、それがストレスとなって怒りがMAXになると言う最悪の状態を招きます。

    ここで女性に勘違いを説いておきたいのは、恋愛本は女性目線で書いてあるから共感できる内容になっているとは思いますが、あれは女性の言い分なので女性が女性の為に書いてある本だから、男の気持ちなんて全くわからない人が書いているから参考にはなりません。

    女性が女性占い師へ行っても共感できるだけで得るものはない、女性は男性占い師へ行って男性心理を学ぶべき、例外として何千人~何万人と鑑定している人気占い師ともなれば性差も乗り換えた回答ができますが、恋愛だけは概ね男は女性占い師~女性は男性占い師が基本です。

    私も恋愛で女性を鑑定する時は霊視+男性目線と言う部分での話を絡めますし、男性からの相談だと女性の方々の気持ちを汲んで女性目線になってからの鑑定になるので、この性差を乗り越える鑑定ができないなら残念ながら、占い師としては予約が減るか~予約が入らないか、どちらかになります。

    女性向けの恋愛本でよく書かれている「恋一筋・恋愛一直線」などは、男からするとバカバカしいレベル、男が必要とする女性とは最初の方で書いたように「自分一人で遊べる・自分一人で過ごせる」で、これは恋愛以外に楽しみや興味や目標を持っていると言うこと、恋愛だけを考えている女性に男は惹かれないのです。

    女性からすると母性本能などもあって好きになったら一直線とか、彼の為に色々なことをしてあげたいと言う尽くす生き方、それらを普通に感じるかも知れませんが男からすると余計なお世話と感じたり、これは無理だなと引いてしまうことが多いのです。

    男と言うのは仕事が命ですが、その仕事において少しでも精彩を欠いたりすると、「あいつ、最近どうしたの? 女でもできたの?」と、すぐに仕事ができない=女にうつつを抜かしている、こんな感じで結び付けられてしまうとレッテルを剥がすのに一苦労です。

    男としては恋はしたいけれど仕事の邪魔になる女性は嫌、いくら男が占いは好きじゃないと言っても、何となく仕事運が下降気味と感じたら原因を探り、それは自分でないなら彼女と言う風に結び付ける生き物です。

    そうなったら最後、「彼女とは、終わりにするしかないな?」と、こういうお決まりのコースに進むしかないのです。

    女性からすれば「言ってくれたらいいのに」や「ちゃんと説明してくれればわかる」と、そう思いたくなるかも知れませんが男心は「言わなくても、わかるだろう?」が基本、いちいち説明しなければならないなら付き合うのが面倒、そう思ってしまうものなのです。

    私が年間で2000人を鑑定しているので、大抵のことには動じないと言うか、自分の鑑定内容を急激に変化させることはありませんが、それでも今年に入って大きく変化したことがあります。

    鑑定の時に幸せな結婚は人間性が重要性だとお話することが多いのですが、今年に入ってから本人が納得しているなら、人間性除外もありかなと思い始めました。

    「イケメンで話が面白い」を余りにも言われると、「そうなのかぁ?」と納得せざるを得ないこともあり、そうなると男の方も「美人で性格が良い」を言うのは当然ですから、今は時代の流れとして仕方が無いのかなと思います。

    私の言うことは古臭い、それも感じて取り入れつつ、人間性重視の鑑定をして行きたいと思います。

    あなたは男心の活用法~5、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~4。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことが起きている、そう信じることで未来は良くなりますし、現実に起きる良いことを引き寄せることも可能となります。 たまには自分を信じ切る、卑下したり凹んだりせず、自分の未来は開かると信じるのも大切です。

    さて、今日も男心についてのあれやこれやですが、女性が本当に幸せになりたければ「追いかけるよりも追いかけて貰う方が幸せになれる」で、自分から追いかけないと恋ができないと言うなら今日は読まなくても良い内容です。

    女性は追いかけたらだめと言うのが恋の基本、昔から狩りは男がするもので女性は家で成果を待っている、これを古い考えと言うならそれでいいと思います。

    追いかけて追いかけて男を図に乗らせて、そしてお金や身体や時間や年齢を貪られて、やり直しがきかない年齢になって気が付いたら、男は他の女性に行ってあなたとは音信不通のお別れで成す術が無い、今さらお金も時間も歳も返ってこないまま後悔しているだけ、それで良ければいくらでも追いかける恋をすればいいと思います。

    幸せな結婚がしたければ「男に追いかけさせる」が基本で、こういう時に「追いかけて貰ったけれどだめな男だった」と言うのは問題外、男を見る目が無いことまで攻略できません。

    男が本気になる恋こそが、やがては幸せな結婚へと進んでいくのですが、それと同時に追いかけられる女性とは一言で言うなら「神秘的(謎めいている)」が理想」で、何でもかんでも明け透けに底が見えているよりは、「あれっ? どうなんだろう・・・。」の方が男は追いかけたくなるものです。

    ここでも古いと怒られそうですが、合コンのお持ち帰りで身体の関係を結ぶ、会社の飲み会で意気投合して身体の関係を結ぶ、こういう女性はほぼ間違いなく幸せな結婚はできません。

    男からすれば会った初日に身体を許すような女性は遊びには良いけれど、結婚相手としては底が見えて「ごめんなさい」となりますが、男と言う生き物は本当に大切な女性と思えば手を出さずに見守る習性もあり、お楽しみは結婚してからとなります。

    会った日に関係を結んで連絡が来ないと言う相談は、「はい、終了。」が本当のところですが、そんな直球を投げていたら占い師はできないので、それなりのアドバイスはしますが「終了」と言う結果に変わりはないのです。

    最初から「好きです」と言う視線や言葉を投げ続けていたら男は疲れるし、メールや電話を毎日されると間違いなく冷めていきます。

    早く彼が欲しい、早く結婚したい、早く幸せになりたい、だから「早く告白して」と言う気持ちは女性としては正解ですが、それは女性の言い分であって男性の気持ちを理解しているとは言えないのです。

    何故なら、先ほどの「神秘的な女性」からは程遠い「愛を安売りする女性」にしか見えず、今後の付き合いどころか「もしかして、地雷、踏んじゃったかな?」と、警戒して怖さが先に立つと無視など連絡しない方へ走ります。

    ここで女性に質問ですが、「男性は女性を、どれくらいの期間で良いと思う?」と、「男性は女性の良さを、どの期間に体験と記憶をするのか?」と、この二つを認識できていないとろくでなしと結婚も仕方がありません。

    まず、男性は女性と会った瞬間から3ヶ月ほどの間に「良い女かどうか?」を判別して、その期間に良い女と判別している記憶を維持させると「綺麗・可愛い」が、恋愛中も結婚してからも脳に刻み込まれているので、喧嘩しようと何をしようと「あいつも、可愛いとこ、あるんだよなぁ~。」と思い出して、奥様に謝るや許すができる旦那様となるのです。

    更に3ヶ月から6ヶ月の間に「仕草・言葉使い・態度・雰囲気・優しさ」などを感じ、それを次々と脳や体や心に記憶し始めるのです。 すると、女性の良さを記憶しているから「あいつ、本当は優しいんだよな~。」と、ここでも記憶や体験から奥様の良さを再認識して、謝るや許すができる旦那様となるのです。

    ここでおわかりのように男とは女性のことを「出会った瞬間から6ヶ月程の間」に、選別~体験~記憶と段階的に無意識のうちにしているのです。

    つまり、出会った時から3ヶ月目までは「メイク・服装」など見掛けには気の緩みは許されず、何が何でも「綺麗・可愛い」と思わせる努力は怠ってはならないのです。 見掛けに気を遣えば最初は「綺麗・可愛い」だけで、他のマイナスポイントは消去されるのです。

    そして残りの3か月間は徹底的に良い思いをさせる、それは特別なことではなく「仕草・言葉使い・態度・雰囲気・優しさ」で、この女性と一緒にいると落ち着くや癒されると言うのを徹底するのです。

    例えば、今30歳だとして70歳まで生きたら40年ですが、その40年のうち半年間だけ徹底的に死ぬほど努力する、それだけで残りの39年と半年を幸せに過ごせるなら、その半年間は短い期間ですが、「男に媚びるようなことはできない」と言う意見もごもっともです。

    それなら生涯独身を貫き歳を取ってから、「結婚しておけば・・・。」と後悔する人生も勉強ですし、「後悔しないかもしれない」と言うなら、その時が来てから反省すればいいと思います。

    ただし、この半年間は絶対に身体を許さないと言う、男に取ってのお預け期間やお待たせ期間を作ること、「そうそう簡単に許すほど安い女じゃないのよ!」と峰不二子のようになって頂きたいのです。

    男の口説きに引っかからない、男の怒りを交わしてお預け、そういうことができないなら痛い男やろくでなしに捕まっても仕方が無い、そしてさっさと捨てられても当たり前、恋の勝者になるにはのほほ~んとしていてはダメなのです。

    なお、ケースバイケースですから必ずこうではありませんが、概ね、男性の生態はこんな感じです。

    最後に、秋のパワスポ巡りの集合場所は、サンクス門前仲町店(富岡1-23-16)から木場へ約30M進むと整備された場所があり、合同参拝→集合写真→解散と所要時間は約30分です。

    あなたは男心の活用法~4、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop