徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~28。

    おはようございます。 素敵なお客様方の歩んで行く道とは自分で決められる、その代わりに決めたことの責任は自分で取る、それだけのことを難しく考えていると、素敵な人との結婚は逆に難しくなりますから、あなたが抱きしめたい人は、あなたを抱きしめたいと思ってくれる人、それが理想ではあります。

    さて、今日も男心の活用法ですが、結婚するしない以前に好きかどうかや愛があるかどうかなど、それにしつこく拘る人はそれで構いませんが、拘って独身のままなら受け入れるしかない、自分が独身なのを誰かにぶつけるのはお門違い、極論で言うと結婚とはできる人はできるし、できない人はできないのです。

    昔と今は時代が違う、それをスマホなど家電ではわかっているのに、恋愛となれば時代は関係ないと思い込む、それがそもそもの間違いです。

    今の時代は終身雇用も無ければ年功序列も無い、そして男も女も結婚できない割合だけは増えていく、今の時代に結婚して良い見極めポイントは何と言っても「仕事」で、男は働いてなんぼ、稼いできて家族を養う、それに家族が感謝して男はやる気が出る、この繰り返しが理想です。

    世間でマスコミが訳の分からないことを言っていますが、横並びで男も家事育児を手伝えとか、イクメンと言う仕事を休んで育児を手伝宇野が当たり前など、これを声高に言う人々にお伺いしたいのですが、「どんなレベルの旦那様と結婚されていますか?」と、これに答えて欲しいのです。

    例えば、年収1000万で朝から晩まで働き詰めで休日出勤は当たり前、奥様は専業主婦、この夫婦の場合は家事育児を手伝えと言う方が無理です。

    しかし、男の方が無職で一日中家にいるとか、アルバイト生活で奥様より早く家にいるなど、男の方は稼ぎが無くて奥様より早く家にいることが多い、これなら家事育児を手伝うのは当たり前、この二つのケースをひとまとめにしているのが間違いです。

    こんなことは旦那様を尊敬していたら最初から言う必要が無いし、尊敬される旦那様なら稼いでくるか、最初から手伝うか、どちらにせよ、「女の幸せは男によって決まる」と言う部分を理解できていない女性が、男も家事育児を手伝えと言っているだけです。

    結婚の時に贅沢な条件ではダメですが、ある程度の経済力は条件に必ず入れておかないと、愛だの好きだのと惚れた腫れたで結婚はできない、夫婦間の揉め事はお金の比率が年々高くなってくるから、新婚の時は愛さえあれば貧困も耐えられると思っている女性が、年々亭主の稼ぎが少ない~亭主がお金を使い借金だらけ、こういうのに嫌気がさしてくること間違いなしです。

    もしも、定年後に働かずお金を使うだけの旦那がいたら、それを養う立場の奥様はげんなりする筈、独身の時にはわからないことですし、ろくでなし系の旦那を捕まえている人にもわかりませんが、男は働いてなんぼです。

    TVドラマなどで「愛はお金じゃない」と言うのは、終身雇用や年功序列があった時代の話です。

    その当時は我慢して勤めていれば給料も人並みに上がり、車も家も持てた時代ですから良いけれど、今はそれなりに稼ぎがあることが幸せの前提、欲しい時に欲しいモノと言う贅沢ではなく、必要な時に必要なものが買える経済力は必要です。

    今の日本でお金とは頑張ればある程度は稼げるもので、長く働く方法もあれば、特殊技術や資格により稼ぐ方法もあるので、どれが良いかは個人別ですが、本人の努力次第でどうにでもなるもので、贅沢を言わなければ夫婦仲良くは無理な話ではありません。

    しかし、貧困が前提の結婚(恋愛)は難しい、それなのに愛だの好きだの言っていると、気付いた時には手遅れと言う場合も多く、もっと言うなら貧困な恋人や夫婦のほとんどが手遅れです。

    結婚前に貧困と言うことは、結婚後に生活の面倒をあなたが見る覚悟が必要で、今お金が無くて貧困なのに、どうして結婚後にお金が湧いて出て来ると言うのか、今貧困な彼は結婚後も貧困です。

    ただし、彼が寄付をしてお金が無いなど、ちゃんと働いているのにお金が無い理由があるなら別ですが、その理由も大抵は恋をしている当事者以外はバカバカしいレベルがほとんどで、キャバクラやギャンブルでお金がないと言うのが大半です。

    自然の中で自給自足生活や、節約生活でメイクも服も野生のままでいい、そういうことであれば貧困生活も大丈夫ですが、愛だの好きだの言っても蛇も虫もおかずにするのは厳しいと思いますし、すぐに日本人としての平均的な生活が懐かしくなると思います。

    非情に思うかも知れませんが、心の中で計算しながら付き合うのも言あmの時代はあり、年收が350万だから東京では生活費がなどの計算ができて、それで二人で仲良く食べているるなら万々歳で言うことなし、共働きでも仲良くやれる為にも稼ぎが悪いなら、労働時間が短いなら、家事育児を手伝うことで更に仲良くできます。

    しかし、霊視カウンセリング山崎へ鑑定に来ている男性陣のように、朝から晩まで仕事をして~休日も仕事に出ていき~年収1000万~専業主婦など、こういう状態で家事育児を手伝えは無し、そういう要求をすること自体が考え違いも甚だしいとなります。

    男性の中身を見るとは現実を見ることでもあり、できる時にできる方ができることをすると言うのは幻想、できるの意味は広いし、できる時の意味も広い、それをお互いが言い始めると喧嘩の元、それよりも男は働いてなんぼ、家族の為に頑張るのが一番楽なのです。

    奥様が旦那様のことを尊敬するしかない、そういう人間性と稼ぎがあるならイクメンなどと言う言葉が生まれる筈が無い、奥様の稼ぎに頼ろうとするから、こういう言葉が生まれるのですが、そういう男性が良いと言い始めた女性にも少しは責任があります。

    あなたは男心の活用法~28、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京出張:現在は4月の予約を受付中で、7~3月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    男心の活用法~27。

    おはようございます。 うきうきわくわく、そうなるだけで運気は好転、笑うからこそ福が来る、福が来るから笑うのではありません。 先に笑っているからこそ、運も近寄って来てくれるだけ、暗い顔しているのに運が近寄る筈も無く、何をしても運が悪いと言うなら笑顔になるだけでも違います。

    ただし、幸せの意味を勘違いしていると、目の前の幸せに気付かず通り過ぎるだけ、そして幸せだったのが幸せじゃなくなってから初めて、「あれって、幸せだったんだ。」と気付くものなのです。

    目が見える、耳が聞こえる、手足が自由に動く、これらはお金には代えられないほどの価値がある、仮に目をくれたら2億円あげると言われて「それは無理」と断るなら、あなたの目の価値は「2億円以上ある」と言う結論を自分で出しています。

    幸せの本質は何も起こらないこと、何かがあるから不幸と感じる、不幸と感じるから幸せの意味に気付ける、その繰り返しの中で何も起こっていない今が幸せ、それに気付けたら不幸に針が振れない限りは全てが幸せ、それが分かって来る筈です。

    人は贅沢にはすぐ慣れるモノですが、苦労にはなかなか慣れない、だったら苦労する道ではなく楽な方へ行きたい、その為にも今が幸せなことに気付く、病気になれば健康が有り難く感じる、その単純なことに気付けば健康で何も無いことが幸せだと気付けます。

    さて、今日も男心の活用法ですが、お付き合いはするけれど結婚はしないと言う男性が増えていることを、多くの女性は気付いていると思いますが、それが格差社会と言うべきなのか、男女同権を唱えすぎて自分の首を絞めたのか、どちらかは別として結婚しない男性&できない男性が増えたのは事実です。

    最初は仲良くお付き合いしているのに結婚のけの字が出てきたら大変、彼は顔が暗くなったり塞ぎ込んだり、彼女の「今後の私たち、どうなるのかな?」と言ったが最後、その言葉が重すぎて彼の身体と心は折れてしまいます。

    そうなると人によりますが沈黙の期間が数日から数ヶ月まで様々ですが、その後はお別れのメールが届くことになります。

    女性からすると「何で? メールで別れ?」と思うでしょうが、男からするとメールで別れは気を使ったつもり、自分が気まずいのを避けるつもり、簡単で手軽で今後付き合うつもりが無いから平気、そういう様々な思いでメールで別れが最適なのです。
    そのメールも「会えば別れが辛くなる・会えば気持ちが動くかも」など、女性からすると訳の分からない別れがほとんど、ところが男からすると凄く誠実に傷付けないように別れを切り出しているのです。

    仲良く付き合っているのに結婚の話が出たとたんに気まずくなる~距離を置く、そういうことになる最大の原因は「好きじゃなくなった」ではなく、「結婚してもやって行けるかどうか不安」が真の理由、つまるところお金の問題が割と大きいのです。

    占い師をしていると手に取るようにわかるのですが、寂しいから女性と付き合うけれど責任は取りたくない、食事や夜の相手など自分が寂しい時には会いたいけれど、そうじゃない時には会えなくても構わない、お互い大人なんだから「会える時に会うだけで満足でしょ?」が本音です。

    男はやりたいが故に落とす時は何でもありの口説きをしますが、それは口説きたい一心でやるだけであり、結婚したいと口説き文句は言えても、結婚すると言う行動には出ないモノなのです。

    女性は彼の発する言葉に酔いしれてお付き合いを開始しますが、それは6~8ヶ月ほどしたら終了、餌を与えたら終わりの恋に真実は無い、騙す方も騙される方も大人の恋として割り切るしかない、手の平を返したように冷たくなったとしても選んだ女性にも責任の半分はあります。

    恋愛はするけれど結婚はしない、そういう男が増えた一因に男女の公平性を突き詰めすぎた結果、そして年功序列と終身雇用をやめて実力主義にした結果、仕事のできない男を締め上げるのは構いませんが、あなたの彼が仕事ができないなら締め上げられる方になります。 (←これがかなり多い)

    すると、彼は仕事で自信を失い、給料も上がらないままで、とてもじゃないけどあなたにプロポーズなんて無理、結局は巡り巡って自分の彼や旦那が痛め付けられることにもなりかねません。

    女性からすると愛があれば何とかなると思いがちですが、男の気持ちとしては無理なのです。

    それはプライドもあるでしょうけれど、自分一人がやっとなのに二人で食べて行ける自信が無い、そういう考えの元に生きているのが男なので、結婚したがらないのは未来における不安と収入が未定と言う部分も大なのです。

    恋愛から結婚へと進む道をロマンと考えていればいい時代は終わり、今はロマンと現実を見て行かないといけないのですが、生きるとは食べていけると言うことなので、食べていけない結婚をしても苦労するだけです。

    彼からプロポーズと言うのは夢ではないけれど、その為にも生活の不安を取り除く為には何をすればいいのか、彼が不安に思っていることを解消する為には何をすればいいのか、その辺りを考えてみるとプロポーズされやすいのです。

    全てをブログで説明はできませんけれど、彼の為にと思い込んで彼の嫌がることをしない、この微妙なさじ加減も大切です。

    あなたは男心の活用法~27、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~26。

    おはようございます。 今日も素敵な一日の始まりですが、人には色々と思うことがあるので、起こること全てが全て幸せなこととは思えないかもしれませんが、それでも元気で健康でありがとうと思うのは大切です。

    さて、男心の活用法も復縁が終了して、「プロポーズされるには?」と言う部分に突入していますが、長い春と言う言葉があるように付き合うだけで結婚する方向へ進まないのは問題で、お付き合いするなら結婚へ進むのが自然な流れではあります。

    ただし、お互いの事情と言うのが誰しもありまして、お互いが好きでも結婚できない事情と言うのがあるなら、それはそれで仕方が無いのかもしれません。

    占い師として視た場合、好きでも結婚できないケースで多いのがシングルマザーで、お子様がいる場合は再婚は余りお勧めできない、その理由は「どんなに良い子であろうとも新しいお父さんはいらない」が本音で、その男性が「どんなに素晴らしいお父さんでもいらない」が結論、お母さんと二人の生活に異分子(バイキンマン?)はいらないのです。

    そのいらない率は99%くらいで、子どもが再婚を祝福するとか、新しいお父さんを気にいっているなどはシングルマザーの幻想、私が過去に2万人を鑑定した経験から言うと、お母さんを悲しませたくないから、お母さんが好きな人に反対はしないと言うだけ、子どもの本音は「絶対イヤ!」です。

    お母さんの立場であっても一人の時間には女に戻ると言われますが、その女に戻った時に「相談できる人がいればなぁ~」と感じてしまう、それは彼が欲しいと言う気持ちに他ならないけれど、それを「子どもには父親が必要なの」なんてごまかしに使わないことです。

    唯一の可能性がある1%は何なのかと言えば、嵐の櫻井翔さんがお父さんとか、斎藤工さんが家に帰るといたなど、子どもが好き嫌いを超越した相手ならば別、そうでない限りは「新しいお父さんはいらない」が、2万人を視てきた中で不変の法則です。

    しかし、普通は好きでお付き合いを始めて、そして結婚へと進むものでも、子どもの意思を無視してしまうと母親失格、母親の前に女なんて言う言葉は独りよがりの勝手な言い分、子どもは母親しか頼れないのですから、それを無視してしまうのは人の道に外れる行いです。

    辛いかもしれないけれど、シングルマザーの恋は子どもの気持ちを優先、それしか答えはありません。

    では、プロポーズされるまでの恋のプロセスについてですが、今までは1人の男性とお付き合いして、その男性からプロポーズされるのを待つ、それが一般的でしたが、今は時代がそれを許さなくなってきています。

    昔なら男が2~3人の女性と付き合って、その中から一番自分と合う人と結婚すると言う、男が複数と交際しているパターンが多かったのですが、今の時代は女性も複数の人と縁だけは結んでおく必要のある時代、友人のような恋人のような、そういう微妙な関係を複数持つことが必要です。

    そして複数とお付き合い未満を維持しながら進めていき、その中で自分に最も合う人と結婚すると言うのも大事です。

    例えば、お付き合いを始めて連絡が途絶えたり減ったりがくると、女性は「どうして?」と怒りを思えたり、不安になったりしますが、今の時代の女性は慌てる必要はないと言うか、男が連絡してこない時と言うのは「本当に好きじゃない」と言う結論をわかっている、それも今の時代の女性の身を守る方法の一つです。

    連絡もしてこない男は女を舐めていると言う原理原則を知り、そしてBさんへ乗り換えてお付き合い未満を続ける、そしてBさんが連絡してこなくなるころにはAさんが再び連絡をしてくる、そういうシーソーゲームみたいなことで、自分に保険を掛けておくのが今の時代の恋愛→結婚へ結び付く一つでもあります。

    今の時代は女性だってどちらと結婚しようかなで良い時代、男だけがどっちにしようかではありません。

    友人からの紹介を受けてお友達から始めた男性がはっきりしないなら、親からのお見合いを受けて何度かデートをする、更に会社の上司から男性を紹介されたら会ってみる、その中から自分と合う人を探す為に並行してお付き合い、そういう時代の変化に気付けないなら言葉は悪いけれど負け組です。

    この複数交際は絞り込む為にするものであり、全員と関係を持てと言う訳ではありせん。

    あくまでも何度もデートを重ねて相手の真意と言うか心を見つける旅路、これを面倒くさいとか、そんなに器用じゃないと言うなら、その考えで良いと思います。 これをしなさいと言う訳ではなく、こういう方法もありますよと、時代に即したやり方を参考意見としてお話しているだけ、誰もやりなさいと命令している訳ではありません。

    運命と言うのは自分で切り開くものであり、誰かが何とかしてくれる訳ではありませんから、その方法を提示された時にする人としない人では未来が違う、したら結婚できるけれどしなかったら独身のまま、その単純明快な道は自分で選ぶしかありません。

    分かりやすく言うなら複数の交際とは双子を育てるのと同じ、双子でも性格が違うから合うように育てるのと同じ、そして育てていく内に要領が分かり、自分と合うのはこちらだと気付く、それでいい時代でもあるのです。

    女性を大切にしない一人の男性に振り回されて悩むくらいなら、複数の中から大切にしてくれる男性を選ぶと言うのも、自分の未来を大切にすると言うことからも重傷なポイントです。

    身体の関係を片っ端から結ぶと言うのは問題ですが、何度かデートするくらいなら複数交際は時代に即したやり方で、実は男と言うのは複数交際の中から一人の女性に絞り込むと言うのを、無意識にやってしまうモノなので、これは男性的な方法とも言えるのです。

    最後に補足ですが、新しいお父さんはいらないけれど、新しいお母さんは必要、これも深いところでは意味があります。

    あなたは男心の活用法~26、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    男心の活用法~25。

    おはようございます。 幸せとは目の前にあるモノであり、探し求めるモノでもなく、追いかけるモノでもなく、今この瞬間に目の前にあるモノ、それに気付けないならいつまでも幸せを追いかける、そして気付けないまま不満を言うだけになります。

    最近、つくづく思うのですが、幸運になる人と不幸になる人は決まっている、それは抗えない神の領域で、それに逆らっても無理、それに従うか、改善のお願いをするか、そうでもしない限り幸せと不幸の取り決めは変えられないのかと、つくづく思います。

    パーセンテージの法則に気付いてから、それを病気や事故や出世など色々なケースに当てはめて確認していくと、その法則からは誰も逃れられないことに気付き、だったら悪い方ではなく良い方の輪に入れるようになろう、そう思わざるを得ないほどの怖さがあります

    鑑定の時にパーセンテージの法則を話すと、最初は面白いと笑い話ですが、その本当の意味に気付いたら恐ろしい、ほとんどの方が考えさせられると言いますが、人の力なんて微力であり、縁がある人~繋がっている人、その僅かしか助けることはできません

    仮に運命上、10人中結婚できるのが5名と決まっているなら、4人まで決まったら残りは1人、どう足掻いても6人の中から1人しか結婚できないことになります。

    だからこそ、良い人と出会い時間を無駄にしない、素敵な人と関わることで自分を高める、そして自分も多くの人を引き上げる力添えをして、自分が受けた幸運を他の人にもお裾分けです。

    さて、今日も男心の活用法ですが、今日からは男がプロポーズしたくなる女性についての話をして行ければと思いますが、彼ができても付き合うだけで結婚の話が出ない、そうなると不安だけれど別れる勇気も無い、そしてズルズルと付き合って彼が浮気して他の女性に走り、気が付いたら彼は宜しくやって自分は一人ぼっちとなりかねません。

    付き合うだけで先が見えない状態が続くのも25~29歳くらいまでは我慢できるけれど、30歳を過ぎても何の進展も無い、35歳を過ぎても結婚の気配すら見えない、そして気付けば40歳を超えて独身だった、そうなりたくなければ結婚する為に必要なことに目を向けるべきです。

    昔と違って今は多方面に目を向ける方が結婚できる可能性があり、合コンも紹介もお見合いも全てOK、それくらいの出会いのチャンスは全て会うの考えでないと、結婚前提のお付き合いでもないのに彼を信じるなんて言っていたら、梯子を外されて自分が一人ぼっちと言うこともあります。

    今は昔と違って一人の男性だけを信じているのは間違い、何故なら、結婚したがらない、結婚に対して煮え切らない、自分だけ良ければいい、そういう男が増えている以上は自衛策として、お付き合いもしながらお見合いもする、復縁も視野に入れながら今の彼ともお付き合いをする、そういう強かさも無いと良い結婚はできない時代なのです。

    結婚前提のお付き合いの筈なのに、それを翻して結婚は待ってくれとか、10月にプロポーズするから一緒にホテルへ行ってくれと言いながら反故にするなど、今の男は自分さえ良ければ後は知らねぇよが多いから、一人の男を絶対的に愛するなんて時代ではありません。

    特に恋愛がうまく行っていない女性や幸せな結婚がほど遠い女性にこそ、肝に銘じて頂きたいのは複数の恋の可能性を残しておくことで、これは恋多き女になって二股掛けろと言うことではありません。

    例えば、一人の男性と結婚前提としての付き合いから婚約などと流れるならいいけれど、不確定でふわふわして男が気持ちを言わないなど、それなら真面目に考えず他にも目を向けましょうと言うことです。

    今、お付き合いしている男性が誠実で、あなたのことや将来のことも考えて、そして結婚のこともきちんと話をしてくれて、それで信頼し合えるなら他へ目を向けてはいけませんが、そういう男性でない限り他にも保険を掛けるのは今の時代はありなのです。

    あなたを大切にしてくれる男がいるのに他に目を向けるのはダメですが、本当に結婚したいなら本気の男を見つける、それもあなたが結婚したい男ではなくあなたと結婚したい男を探すべきです。

    恋愛は色々な状況や変化もある筈ですが、女性が幸せになれるのは「追いかけるよりも追いかけて貰う恋」で、男が追いかけてくれる恋愛なら好きかどうかなんてどうでもいいこと、好きなんて気持ちは2年もしない間に無くなっていくからです。

    日本人とは信頼や思いやりが世界一ある民族なのに、それが自分の恋や結婚となれば相手に対する要求が増える、あれしてくれないこれしてくれないと、要求ばかりで思いやりが無くなっていきます。

    結婚するかどうかわからないような彼と真剣にお付き合いしても先は無いけれど、だからと言って浮気して良い訳ではなく、結婚が確定する相手と巡り会ったら他の関係は全て清算する、それはしなければならないことなのです。

    プロポーズは彼からして貰う、そして自分も相手を尊敬できて素直に受け入れられる、そういう素晴らしい相手と巡り会い、そして末永く幸せな結婚生活を続ける、そういう理想的な状態になって頂きたいのです。

    今の日本は三組に一組が離婚している現状ですが、それでも温かい家庭や幸せな家庭が多く存在するので、あなたが幸せな家庭に入る確率も夢ではないから、きちんとした相手を見つけてちゃんとした結婚をして、そして幸せになって頂きたいのです。

    恋愛は好きや愛しているが通じるし、追いかける恋も通じますが、それは夢の世界だからこそ通じるモノ、夢が覚めてしまえば現実があり、それを後になって気付くと痛い目に遭った結婚生活になる、結婚生活とは現実、結婚するなら堅実で真面目で性格が良い、そういう当たり前こそが正解です。

    あなたは男心の活用法~25、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~24。

    おはようございます。 結婚はするべき時にはしておく、そうしないとしなかったことの後悔はあるけれど、したことの後悔は少ない場合が多いから、結婚は一度はしておくのが良いかと思いますが、それも人により幸せの形は様々なので、必ずした方がいいとまでは言えません。

    では、今日も男心の活用法ですが、当たり前すぎるほど当たり前のことから始めると男と女は違う生き物、それが判り合うなんてことは無く永久に分かり合えない、それをわかり合うのではなく許し合うことはできるので、分かり合うではなく許し合うが正解です。

    恋人でも夫婦でも好き同士で付き合ったり、結婚したりする筈なのに、それが喧嘩すると言う時点でおかしな話、好きだから、愛しているから、それなのに喧嘩と言う意思の疎通ができていない状態では、好きも愛も存在しないことになります。

    愛していると言うだけなら言えますが、愛とは与えるものであり見返りは求めない、見返りを求めた時点で愛とは言えなくなりますが、喧嘩と言うのは自分が思う通りにしてくれない、それはすなわち見返りを求めるからこそです。

    見返りを求めるから、恋人でも夫婦でも「あれしてくれない・こうしてくれない」と、相手が自分のもう通りにしていないことに目が向きますが、それはお互い様であることに気付いていない、もっと相手が自分の為にではなく自分が相手の為にと思いを変えてみるのもありです。

    好き同士手で結婚すると言うのは好きじゃなくなったらこんなもの、好きでは無く尊敬で結婚したら相手に対して一呼吸おいてモノ言うこともできますが、好きなんて1~2年もしたら消え去るから好きで結婚したら痛い目に遭う、好きよりも経緯がある相手と結婚するのが正解です。

    さて、好きな彼と別れてあきらめきれずに恋を取り戻したいと頑張っている女性へ向けて、復縁のことを書いて参りましたが復縁したいなら早く新しい恋をすること、その恋をすることで複縁が早まるのですからどんどんと恋をして下さい。

    これは運命的な部分での意味と現実的な部分と両方からで、復縁の流れと言うのは運命的に言うとAを押すとBが押されてCになり、それが元へ戻ってAが押されると言う感じで目には見えない不思議な巡り合わせがあります。

    次に現実的な面で言うと、別れて次の恋へ進んだ女性を男から見ると、彼ができていないと「別れて良かった」と思い、彼ができると「あれっ? 別れたの、マズかった?」と思うモノなのです。

    別れた彼に執着することなく新しい彼に向って進まないと、別れた彼と新しい彼を比べたら間違いなく元カレと言う思い出が勝つ、思い出に勝てる人など誰もいないのですが、それを比べると次へ進むのが困難になります。

    時は待ってくれないから10年後に独身でいたくなければ、今から前を向いて進むしかない、そして前に進んで行けば行くほど壁にぶち当たる時もありますが、それでも元彼より素敵な人は必ずいて、そして必ずあなたと付き合って結婚と言うことも可能です。

    年齢で割り切れる訳ではないので一つの考え方ですが、30歳を過ぎてお付き合いしていた彼と別れるようなことがあれば、次に付き合う相手とは結婚する相手であり、そこから再び結婚するかどうかわからないような相手と付き合っても意味がありません。

    30歳を過ぎて彼と別れた場合、復縁とか恋愛とか生温いことを言わず、成就する恋愛=結婚する恋愛へ進むべき、別れたら終わりの恋愛に終止符を打つべきです。

    相手を見つけるまでは苦しい道のりが続くかもしれませんが、それであきらめていると元彼が幸せなのを横目で見て悲しくなるだけ、新しい人でがっかりや苦しいでもあきらめない、それこそが復縁する為にはしなければならないことです。

    あなたの次の彼がどうでもいいような男ならばダメですが、本物と付き合っていると元彼も「くそ、あんな奴と…。」とあなたに意識を向けますが、それはあくまでもあなたが本物と付き合っているからです。

    そして本物と言うキーワードはがもう一つ、あなたが素敵な彼と付き合っていて、元彼がクソッと思って、それで復縁できるかと言えば違い、復縁する為には二人の愛が本物だったと言うのが重要です。

    すんなりと気持ち良く別れて、新しい彼を見つけて、楽しそうに輝いていても、あなたと元彼の愛が本物でないなら復縁は無理、元彼だけではなくあなたの方も愛がニセモノなら、いくら復縁のチャンスが来ても新しい彼の方が良くなって復縁を考えなくなる筈です。

    男って言うのはライバルがいると自分の物にしたくなる、逆に言うとライバルがいてこそ彼の本当の気持ちがわかるとも言えるのですが、最初に付き合うまでの彼からのアプローチは大抵が凄くて情熱的、付き合う前や付き合い始めの頃の情熱や勢いを取り戻すくらいであるなら、元彼の思いと言うか愛情は本物です。

    そして新しい彼が「今更、そんなの許さない。」と、元彼と新しい彼との間であなたを取り合うバトルが始まれば、後はあなたが選択権を持ってどちらを選ぶかになります。

    ここまで読んで復縁したければ早く次の彼を作る、その意味が分かれば元彼なんか忘れて次の相手を見つけることに全力投球です。

    復縁する場合に絶対的な条件として、「彼の方から言いだす」と言うのは譲れない、復縁と言うのは男の方からでないとアウト、あなたから復縁を持ち掛けなくても、今のあなたには新しい彼がいるから、無理に元カレと復縁する必要が無いと言うことにも気付いて下さいね。

    男を本気にさせないと、どう転んでもうまく行く筈が無く、恋愛でも結婚でも男を本気にさせる、それができないと遊ばれる恋で終わるのです。

    あなたは男心の活用法~24、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~23。

    おはようございます。 闇を光が照らすと一瞬で明るくなる、影と光が50:50なんてことは無く、光が無ければ闇が広がるだけ、光があれば闇が無くなるだけ、光と闇は共存は無くどちらかしかありえない、ならば光となって闇を無くす道の方が人として気持ち良いと思います。

    人の悪口を言いたくなる時と言うのは、自分が怒り心頭と言うだけではなく周りの人に同調して貰いたい、自分が嫌いな人間をあなたも嫌いになれ、自分が嫌いな人間を好きになるなんて許せない、そういう思いが支配している人間と付き合っても嫌な気持ちになるだけです。

    悪口を言い続ける人間と一緒に居ると、どうして嫌になって来るのかと言えば、一つには人間の脳は主語が理解できない仕組み、人の悪口を言うと自分の脳が自分の悪口を言っていると勘違いして、脳へ悪口を蓄積していきますから自己嫌悪が起きたりします。

    同じように悪口を言う人と付き合ったり、悪口を言う人が周りにいると、それも同じく人ではなく自分のことと脳が勘違い、だから悪口を言う人と一緒に居ると気分が悪くなるのは、他の人の悪口でも自分へ向けられているとして脳が蓄積するからです。

    そういう自分で自分の運を悪くするのを防ぐ為にも、悪口だけは絶対に言ってはならないのです。 (運命的にも解説できますが、今日の本題とは違うので省きます。)

    それが理解出来たら「嫉妬」もダメなのがわかると思いますが、今日の男心の活用法は嫉妬に関してで、別れた彼に新しい彼女が出来たら嫉妬の感情が沸き上がるのも、人として仕方が無いことだとは思いますが、嫉妬しても復縁できる訳ではありません。

    もしも、「彼と復縁したい」と願うのであれば、せっかく綺麗に別れているのを汚さないこと、嫉妬と言うのは善意を汚す行為であり、せっかく彼と言い関係になりつつある流れを嫉妬によりぶつ切り、嫉妬により未来を汚してしまい、彼との未来もダメにしてしまう例は数多くあります。

    例えば、会社の同僚に素敵な彼ができて、そして結婚の話が出ていることを知った時に、「何で、あんな子に!?」と言う気持ちが嫉妬、相手が自分に無いモノを手に入れたと言う現象に対して、素直におめでとうと言えばいいのに言えない、それこそが紛れもなく嫉妬です。

    自分は嫉妬していないつもりでも、嫉妬していることに気付かない状態に人はなりやすい、その良い例が人に分け与える時で、人に何かを分け与える時には「勿体ない」と言う感情が沸き起こりますが、その勿体ないが自分中心の考えによる嫉妬です。

    例えば、マッチ売りの少女のような状態があった時、その少女へケーキを分け与えることができるかどうか、大抵は「汚いなぁ、あっちへ行け。」と言う場合が多い筈ですが、これでは嫉妬で善意を汚しているのと同じです。

    もしも、少女が自分たちに食事とケーキがあるのを覗き込んでいたら、一緒に食べようとまでは言わなくていいけれど、少し分けてあげると言う精神こそが善意、それがあることにより善意を汚さなくて済むのではないかと思うのです。

    これはアリとキリギリスでアリが食料を分け与えなかったのとは訳が違い、キリギリスは大人なのに怠けていただけで生活保護を貰いながら文句を言う人と同じ、少女はろくでなしの親に働かされていた、これを一括りにはできません。

    嫉妬で善意を汚さないと言うことが理解出来たら、いよいよ本題ですが、復縁したいと思うなら嫉妬の気持ちは捨て去らないと、いくら相手のことを恋い焦がれても無理、別れた彼と復縁したければ大袈裟に言うなら相手の祝福を願うことです。

    例えば、別れた彼が新しい彼女を作ったとすれば、それに対して嫉妬してはいけない、別れた以上はお互いに新しいパートナーができるのは当たり前、それを「どうして!」ではなく「おめでとう!」に変えるのです。

    なかなか難しいことかも知れませんが、彼が新しい彼女を作ったのは人助け、もしかして困っている一人の女性を助けただけ、そういう風に考えると嫉妬で善意を汚すことにはなりません。

    先程のケーキや食事を分け与えたことについてに文句を言うのは子どもなら許される、新しい彼女に嫉妬するのは子どもと言う証拠、そこを余裕で許せるのが大人の女性で、復縁できなくとも自分にも良い彼が見つかる、そういう運命からの御褒美が貰えるだけの人生になります。

    だから大人の女性としてやるべきことは、新しい彼女ができた彼のことを祝福すること、祝福することで新しい未来が開けるし、その未来を言うのも明るい方向へ進めるのです。

    嫉妬したい気持ちはわかるし、彼だけが幸せになっていくような気持ちもわかりますが、彼があなたを取り残して行ったのではなく、自分が過去へ向かって彼は未来へ向かっていく、その違いが新しい彼女と言うことではないかと思います。

    ネガティブな考えは暗いことを引き込む、未来を明るくしたければ相手のことをいつまでも思わず、さっさと次の恋へ自分も進む、本当に縁があるなら再び巡り合う筈、その縁と言うモノの本質を見抜ければ、相手のしあw背を祈ることで自分も幸せになれると思えてきます。

    嫉妬は善意を汚す、その言葉を胸に、悪口は言わない、祝福することを言う、そして自分位幸運を引き寄せる、これがベストだと思います。

    あなたは男心の活用法~23、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    男心の活用法~22。

    おはようございます。 人は何の為に生きるのかと言えば誰かの役に立つ為で、自分だけが儲かれば良い、自分が一番で他の奴らは馬鹿、自分を認めない人間はクズ、俺様が一番偉い、俺のことを否定する奴はネットから匿名で一生攻撃してやる、そういう人間に成り下がると終わりです。

    何が終わりかと言えば、人間としての尊厳を失っていること、動物や昆虫と同じく単なる弱肉強食、自然界では間違いではなく当たり前の弱肉強食ですが、それを人間がやってしまうと終わり、自分のことだけと言うなら人間である必要はない、地球上で人間だけが「相手を喜ばせることで自分も喜べる」と言う生き物です。

    相手が喜ぶことで自分も喜べる心を神様から与えられているのは人間だけ、「俺だけ・私だけ」と言うのは生物的には正解ですが、人間としては正解ではない、この単純明快なことすら分からないから、お金を儲けても心が満たされず一人ぼっちなのです。

    それが悪い訳ではなく金~金~金で稼いでいる人がいるのも事実、それで自分が偉くなったつもりで他の人を批判しまくる、それで自分が一番だと人を馬鹿にしまくる、そういう精神性になるのも自分だけが儲かればいいの典型的な特徴です。

    こういう考えの男と結婚するのも間違いではないけれど、結婚してから苦労することは明白、それは「自分だけ儲かればいい」と言う考えの人は、結局は奥様だろうと子どもだろうと味方の時は大切でも、自分が気に入らなくなれば冷たくなる、それも嫌がらせは当たり前で暴力や暴言やお金を出さないなど、奥様や子どもを虐めまくることは確定です。

    自分がしたことは自分に返ると言うけれど、彼が他人にしている日頃の行いは、やがては彼女や奥様や子どもにも降りかかること、他人に優しくない人は身内にも優しくない、メリットがあるうちは優しいけれど、そうでなければ優しくないと言う証明を自らしているのに気付くべきです。

    ネットで他人の誹謗中傷をしまくる男とは、別れたら彼女や奥様の誹謗中傷をネット上でしまくる男、その簡単なことすら分からず結婚相手を選ぶのならば、それで痛い目に遭っても自業自得の自己責任です。

    ネットに籠る男性は自分が一番だけれど、証明できる状態での一番ではなく自分が思い込んでいる一番ですから、それを証明しなければならない状態にはしたくない、証明できない状態で一番だと吠えているのが自分のプライドを守る為には重要なのです。

    証明できない状態でなら、どれだけ吠えても証明できないことは推定無罪で誰も嘘とは言えないし、面と向かっていない限り怖くもなんともない、いざとなれば逃げればいいと言う匿名男は、彼女が妊娠したら逃げる男、彼女から結婚を迫られたら逃げる男、そういう逃げる男であることを気付いて下さいね。

    だから別れたと言っても後悔も反省もいらない、こういう男性ならば別れても当たり前、今は苦しくて悲しいかもしれないけれど、別れて正解だったと思える日が必ず来るし、別れてもっと良い人と巡り会えたら最高の人生になったりするので、別れるのは必ずしも悪いことばかりとは言えません。

    今日は始まりがいつもと違う感じの男心の活用法ですが、前回は複縁に向けての心構えと言うか、復縁する為に別れ方の大切さについてでしたが、ここからは復縁する可能性が少しでも上がる方法と言うか、少しでも自分の運勢を悪くしない為の方法を一つご紹介します。

    あなたが彼と別れて1ヶ月~2ヶ月~3ヶ月と過ごしてきて、綺麗に別れたは良いけれど心に残っていると言う場合、彼に手紙を書いて送ると言う方法があり、どういう理由で別れたかはどうでもいいこと、彼に対して感謝の気持ちを書き連ねて感謝の手紙を出します。

    メールの時代だから「メールじゃダメなの?」と言う人もいるでしょうが、メールで手軽に済ませる考えなら、今後も手軽な恋愛から手軽な結婚へと進み、手軽な離婚をして手軽な再婚や手軽な男と手軽で痛い結婚を続けることになります。

    手紙と言うのはきちんと書けばかなりの効果があるモノ、手書きならば気持ちが伝わる、パワーストーンのブレスレットをするよりも、きちんとした手紙をしたためる方が余程恋愛運上昇の基本です。

    例えば、例文として一つ書いてみますが、「○○さんへ。 新しい彼女を選んだ、その選択は正しかったと思います。 私よりも素晴らしい彼女を、大切に、幸せにしてあげて下さい。 私は泣かしてもいいけれど、彼女を泣かすなんてダメ。 私のことは心配しなくても大丈夫、○○さんのおかげで成長できたし、これから新しい未来へ進んで行けます。 ○○さんとの思い出には本当に感謝、ありがとうございました。 お二人の未来に祝福があることを信じています。 □□より」と、こんな感じで感謝や前向きや明るい内容に終始します。

    この手紙を受け取った彼は取っておく可能性が大、そして今の新しい彼女と喧嘩したり別れたりしたら、ふと思い出して読み返す可能性も大、その時に「□□は、なんて、良い女なんだ・・・。」と、シミジミと感慨深くなるのです。

    どうして感慨深くなるのか、それは気持ち良くスパッと別れてくれて、そして気持ちの良い手紙をくれた女性は、あなたしかいないと言うことに気付くからです。

    これは彼に出すと同時に自分の未来への手紙でもあり、もしかして複縁と言う可能性を上昇させる手紙でもあり、人は感情の生き物だから心に感動があると動き始める、それは何物にも代えがたい感情で、嫌な時に良い思い出があると人はそちらへ動きます。

    そうなると彼はあなたのことを思い出す、そして次には連絡を取ってみたくなる、そういう可能性が少しでもできてきます。

    最後に募集のお知らせですが、6月15日(木・午後4時~)に岡山でイベント開催、3月と同じく「○○選手応援企画」です。 過去に一度でも来た方は参加OK、御希望の方は電話でも手紙でも鑑定でも、お好きな方法で参加希望とお申し付け下さい。

    デジカメの小部屋に3月の「○○選手応援企画」の画像がありますので、それを見た上で参加してみたいと思うなら、遠慮なくお気軽に御連絡頂ければ楽しんで頂けるかと思います。 (参加された方々は一様に、楽しかったと言われていました。)

    その応援企画は皆様は手ぶらでお越し頂ければ大丈夫ですが、こちらは色々と準備する物があるので、大まかな人数を知っておきたいので、一応の〆切として5月31日までに、ご連絡の方をお願い申し上げます。

    あなたは男心の活用法~22、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop