徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    いづな使い。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様にお会いできて本当に幸せで、このような日々が送れるなんて昔と比べて天国、これも一重に素敵なお客様のおかげで本当にありがとうございます。

    占い師になってから早10年以上がたちますが、今頃になって新たな勉強をしないといけないことや、学ばないとダメな知識や技術なども出てきて、本当に人生とは何歳になっても勉強の連続だと思います。

    それを怠けていると運命からお尻を叩かれることになる、それを実感したのが昨年の11月でした。 11月17日にお越しの素敵なお客様からの叱責、11月26日にポストへ入っていた二通の手紙、これらは私の占い師人生に喝を入れると言うか、怠けていた所に冷水を頭から浴びせられた、そんな感じがして自分を情けないと思いました。

    昨年、ある素敵なお客様が困っていたのに助けられなかった、やがては道が分かれていくのも止められなかった、そういう事例も全ては私の未熟さ故に起きたことでした。

    その当時が知識はあっても技術が無い、技術があっても錆び付いていて見よう見まねの素人レベル、更には霊視においても初めてのことで見抜けなかった、それら色々な要因が重なって占い師としてのミスと言うか未熟さを感じた一年で、それを恥じながら反省の弁も含めて今日のブログです。

    今なら分かるけれど昨年は分からなかった、それがツイートでも呟いた「いづな」のことで、これを説明する為に少し長くなりますが、昔なら日本には色々な式神と言う訳ではないけれど呪術の子分みたいな存在がいます。

    それが「狐・イヅナ・オサキ・狸・蛇・犬神」などですが、このような憑き物と言える狐の類を視るのは特殊能力が必要になるか、もしくは呪いをかけられている人になら視えると思います。

    この視えると視えないの違いは何かと言えば、呪術師に操られている場合は視えない様に体内へ忍び込ませるし、そうではない場合だと妖怪や精霊のようにひょこっと姿を現して視える場合もありますし、後は元々見える人だったと言うこともあります。

    しかし、憑いているか否かは本人の精神力にもよるので、憑いているがそんなに単純なものでもありません。 自然発生的な憑き物もあれば、意図して子分として操られているモノもありますし、霊能者の前では隠れて姿を見せないのもいて手強いです。

    中国・四国・九州の方の田舎で憑き物と言えば犬神、犬神には人の身体に突然憑く場合もあるし、代々家系に憑く犬神持ちと言う家がありまして、ここなら狐憑きとほぼ同じような症状と言うか特徴があります。

    この犬神持ちが嫌がられるのは犬神持ちの人が相手を憎いと思うと、速攻で犬神が出かけて行って相手に憑りついて、その相手を苦しめたりするから困ります。 (犬神については後日ブログにて説明します。)

    では、ここから本題の飯綱使い(いづなつかい)についてで、これは管狐を使役する妖術使いを言います。 この管狐の使い方も様々で、占術や予言や福を齎すとも言えますが、その多くは憎むべき相手に管狐を取り憑かせて操るが主体ですから、それをどう使うかは術者の良心に掛かっています。

    戦国時代には祈祷師や呪術師として重要な役割でしたし、陣を構える場所の選定もあれば引き払う時には必ず祈祷をしたなどもあります。

    この飯綱使い元々は信州や東北の筈なんですが、どうも九州の佐賀県の方とも関わりがあるようなので、その辺は長くなるので省きますが九州の北部と無関係ではありません。

    そして先ほどから出てくる飯綱(いづな)とは簡単に言うとイタチのようなもの、名前は管狐(くだきつね)と言いまして日本の伝承上における憑き物の一種です。 長野県、東海地方、関東地方南部、東北地方などの一部にも伝承があり、名前の通りに竹筒の中に入ってしまう大きさです。

    霊能者や信州の飯綱使いなどが操ることができて、依頼者の憎むべき人間に飯綱を飛ばして病気にさせたり、精神をおかしくさせるなど人として破壊することもでき、人間関係の破壊から入り孤立させていき、一年~二年と進めば進むほど一人となって、やがては発狂してしまうとも言われているので怖いです。

    以上がいづなについての説明ですが、このようにいづなに憑かれて悪いことをしたなら許すべき、いくら悪いことでも元々は良い人なんですから元へ戻れば大丈夫、祓ってしまえば元通りの素敵な人になります。

    昨年は霊視占い師として学んだのが、この管狐が増殖すると言う部分です。 つまり、娘Aに憑りついたら、母Bにも増殖して憑りついて、更には孫Cにも憑りつくと言う増殖があり、その憑りつかれた人の知人Dや会社の同僚Eなど周りに増殖して、一説によると75匹にまで増殖可能との話です。 (←もしかして、私も憑かれていたと思う節があります。)

    昨年、私はこれに気付かず単なる気の迷いと思っていましたが、そうではなく管狐が憑いていたから話がややこしくなり、その当人にありもしない雲や風景を見せたり感じさせたりと色々な悪さをしていました。 本人には悪気もないし自分では普通にしているつもりだったのに、貰って帰ってきたのを見抜けなかったのが私の甘かった部分です。

    今は悩み改善もできるし祓えるしで今ならどうにでもできるから余裕ですけれど、昨年の12月20日まではそうではなかった、いづなが憑いているなら元へ戻してあげたいなどと思えるのも、運命から学びなさいとの暗示があったからです。

    霊能者の前では隠れる、霊能者がいなくなれば現れて悪さをする、いづな(管狐)は本当に怖いと思いましたが今なら分かるので御安心下さいませ。 隠れたとしても見つけ出して祓うし、仮に私のいない所で憑こうとしても今なら防げるので大丈夫です。

    あなたはいづな使い、ご存知でしたか?

    w(☆o◎)wガーン

    東京鑑定:現在は3月の予約を受付中で、いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    禍転じて。

    おはようございます。 素敵なお客様にお会いできることが楽しくて楽しくて、今年は最初から絶好調とまでは言いませんが、昨年末の凹んでいる時よりも遥かに素晴らしい時間が送れています。

    昨年の10月辺りから12月19日にかけて凹んでおりましたが、それは今から思うと私がだらしないから運命がお仕置きをしたと思います。 もっとできることがあるだろう、それなのにお前は何をしているんだと叱咤激励していたと思います。

    私もいつかは占い師を引退するでしょうが、占い師が辞める時は悲惨な最期が多いのが現実で、闘病生活~金銭的破産~孤独死など寂しい終わり方が多いし行方不明だって多いから、有名な占い師さんでも最後は割りと悲惨な最期です。

    私はどうせなら横たわるベッドの周りで多くの人が泣いてくれていて、そして愛する人の手を握ったまま旅立つ、そういう最後が良いと思いますから、最後に向けて今から土台作りをしておかないと無理です。

    これは私も感じてはいますが素敵なお客様方から、山崎さんの鑑定にくるようになってから運命(時間)の動き(流れ)が早くなった、こう言われることが多いです。

    例えば、3か月前と今では全然違うし動けば動くほど思いもよらぬ人生になった、それは私も同じで良し悪しは別にして、昨年の今頃と今日では余りにも違いすぎてと時間の流れを感じてしまいます。

    禍を転じて福と成す(わざわいをてんじてふくとなす)と言う諺がありまして、禍を転じて福と為すの意味とは、自分の身にふりかかった災難や失敗を上手く利用して、逆に自分の有利になるよう工夫することを言います。

    呑気に占い師をしていて最近は怠けていたんじゃないのかと反省で、もっと勉強しなければならなかったのではと、今はそれを痛いほど感じています。 もっと早く悩み事の改善を始めていれば、もっと多くの人を助けられていた筈なのに、運命は私の怠け心に鞭を入れる為に昨年10~12月に試練を与えてくれたと思います。

    ここ最近、鑑定に来た素敵なお客様は少し今までと違う感じがするかもしれませんが、軽微な悩み事の改善以外にも相当な勉強になりました。

    なんで、もっと早く勉強しておかなかったのかと思いますが、それでも今はより色々なことができるので早く鑑定したいと毎日が楽しいで、仕事でも今まで出来なかったことができるようになると早く試してみたくなると思います。

    今の私はその心境で不妊(子授け)や乳がんやいじめの相談はもちろんですが、早く勉強したことで多くの人を助けたい、お手伝いスタッフの方だけに試しているのが勿体ないですが、今は実験中なのでほぼ常連様やお手伝いスタッフに試しています。

    人には天命なのか啓示なのか分かりませんが、行くべき道を示してくれる何かがあったなら、それを受け入れるか否かで道が分かると思います。

    今の私で言うと11/26にポストへ入っていたお手紙こそが幸運の手紙、あれがなければ悩み改善に進む気はなかったし、あのお二人には感謝の念に堪えません。 このきっかけにより悩み改善がどんどんと精度や効果が上がれば、今よりも更に多くの人たちを助けることも可能だから夢は広がります。

    今はお手紙を頂いたお二人に病気など何かあったなら、すぐに助けることができるよう、更に能力を磨いて力を付けていきたいし、そうならなければお手紙を頂いたことへのお礼にすらなりません。

    人には隠れた能力もあるし、磨いたら開花する場合もあるし、何が花開くかはやってみないと分かりません。 私の場合は自分の行いを反省して、11月26日から勉強開始して12月23日辺りから実践、そして今は精度と効果を上げたいところですが、このきっかけを作ってくれたお二人には本当に感謝です

    今、勉強中の軽微な悩み改善ですが、お正月には嬉しいお知らせがありまして、目の見えない方より少し光を感じることができるようになったとのお話に元気が出ました。 この病気は現代医学ではどうしようもないので、医師だからどうにかできる訳でもない病気です。

    まだまだ勉強中なので全ての悩みにと言う訳には行きませんが、今後は不妊(子授け)と乳がんといじめ、これだけは解決できるようになりたいですし、難病と言われるものにも改善できることがあれば嬉しいです。

    こうやって痛い目に遭わないと勉強しないのが怠け者の証拠、私は本当にダメダメな占い師ですが、それ以前に人としてもダメなんじゃないのかと落ち込みます。

    鑑定をしていると人が生きている意味をよく聞かれますが、それに対する答えは二つ、何故二つかと言えばその人の考え方によるからです。

    一つ目は誰かを笑顔にする為で、二つ目は自分が幸せになる為で、本来は一つの筈ですが自分の幸せを欲で考える人がいるので二つになります。 理想を言えば人を助けることが自分の幸せになると、誰かを笑顔にすることが人生の全てになるから意味は一つで事足ります。

    今やっていることは2月に入ればブログでも公にしたいと思いますが、今はまだ勉強中なので常連の方だけに試している最中、もっとうまくできるようになればきちんと依頼を受けるようにしたいと思います。

    Twitterの方に目の御不自由な方からのメールを御紹介していますが、少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

    あなたは禍転じて福となる、どう思いますか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    当たるだけ。

    おはようございます。 今日も良いことあるかなと思ってTVの朝の占いを見て良いことが出ていると気分が良い、悪いことが出ていると何となく嫌、朝のTVの占いですら人の心を左右する一因にもなります。

    今日は占い師から見た、占いの当たる当たらないは余り関係ないと言う部分を説明してみたいのですが、占いは当たるから良くて外れるから悪いとは限りません。 私が占いへ行くとしてお店選びをするなら、的中率50%の占い師さんと的中率10%の占い師さんがいたなら、間違いなく的中率10%の占い師さんを選びます。

    何故なら、的中率が10%なら外れる確率が90%なので、出た答えに対して逆になる可能性が90%なら凄い的中率だから、あなたは受験失敗ですと出たら的中率10%なら合格する確率が90%なんて最高です。

    このように占いと言っても利用する方法論は人により違うと思いますが、私が霊視カウンセリングとしているのも細木数子先生のように断言するタイプではないし、昔みたいに当てることが重要とも思っていないからでもあります。

    占いは当たるから良かったではなく、お帰りの時に笑顔になって頂けるのが良かっただと思いますが、昔は当たることが占い師の使命と勘違いをしていて、今よりも相当伝え方がまずかったと反省しております。

    どうして占いへ人は行くのか、それは人により占いの良さを感じているからで、占いが嫌いな人からすれば占いへ行く意味がわからないとか、占いなんて当たらないだろと言う人も多いと思います。

    占いの好き嫌いは個人の自由なので占いを嫌いなのはいいんですが、占いを好きな人に向かって占いを悪く言う、それはやってはならないことだと思います。

    占いが嫌いならそれは自分が思っていればいいだけで、何も人に強要する必要はないのに占いを悪く言う人がいて、そういう人に聞きたいのがリーマン・ブラザースを信じて株式市場から何から経済が大変なことになりましたが、占いを信じないけれどリーマンを信じた人が多いからこそ起きたことで、占いを信じていた人は損をしなかった人もいるから逆転現象が起きています。

    占いなんか当たらないと言う前に占いは当たる当たらないではなくて、私も占い師になったばかりの時は当たるかどうかが全て、それで予約が増えると勘違いしておりましたが、それよりも大事なことがあることに途中から気付きました。 占いが大好きな人でもハマっている人でも、当てて欲しいから鑑定と言う人は半分もいないと思います。

    例えば、「あなたは子どもが成人になる前の中学くらいの時に亡くなりますから、それまで親子の時間を楽しんでいて下さいね。」と言えば、当たっていても不快になると思います。

    逆に同じ内容でも亡くなることは言わずに「親子仲良くして下さいね、いつかは子どもも親元を離れますから、それまでは子どもを大切に。」と言えば、占い師側からすると同じ内容ですけれど受け手側からすると感じ方が違うと思います。

    占いはストレス発散の場でもあるしお守りみたいなよりどころでもあるし、絶対ではないけれど何かの安心の為と言ってもいいかもしれません。 仮に何か不安なことがあったとしても占いでは心配ないと言ってくれたと思えば安心、逆に悪いことがあれば占い師が外したからで自分のせいじゃないと思えます。

    例えば、結婚前に鑑定と言うのはよくありますが、その時に占い師が「その男の人はダメだから痛い目に遭いますよ」と言ったら、よほどひどい鑑定でもない限り外すことはないと思いますが、それを素直に聞く人と反発する人に分かれるのは人として当たり前です。

    多くの場合は見たこともないくせにと頭に来るようですが、大抵は好きと言う感情の方は優先されて絶対結婚すると言う方向へ行きます。 占いでダメと言われても好きで自分の意志が勝つならそのまま、反発により結婚するなら違う意味で占いで結婚したようにもなります。

    また、四柱推命など何かを基準にする占いの場合は日時を割り出しやすいのですが、仮に27歳で結婚するを27歳の誕生日と思う人は多く、もう3か月で27歳になるから今の彼氏と結婚になると思い込む、それも占いの利用方法としてはありです。

    何故なら、彼との結婚へ踏ん切りをつける、それで背中を押してもらいたい、自分の気持ちに加えて占い師も大丈夫って言ってたし、自分が思うことへの共感を得ることで安心感が増える、それも鑑定と言う下地があっての共感だから女子トークとは少しだけ違う、そこが占い師の補える部分かもしれません。

    あくまでも占いだから何かを基準にして占う、それは価値観や想像で話すことではなく占い師としての鑑定内容を話すわけなので、占い師が信じる何かを基準にして鑑定結果を話すわけですから、それは単なる人生相談じゃなくて目に見えない何かによるものだから、安心感と言う部分で普通よりは各段に上でないといけないと思うのです。

    占いの活用法として背中を押すと頑張れる源と言うのもありまして、姓名判断や四柱推命みたいな数値的に表せるものだと、30歳までに結婚しないと次は40歳と言う感じになります。 それは運気の流れ的に婚期があるなら、それまでに自分が頑張らないとダメ、こういう風に自分へ鞭を入れるきっかけにもなります。

    占いなんて誰にでも当てはまるようなことと言う人もいますが、誰にでも当てはまるようなことすらできていない自分、それを分かる人と分からないままの人、それこそが運命は変わっていく人と変わらないままの人の差だと思います。

    なお、嘘みたいな本当の話ですけれど、四柱推命が好きな人は四柱推命が当たる、姓名判断が好きな人は姓名判断が当たる、霊視が好きな人は霊視が当たる、だから自分が好きな占いへ行くと当たる可能性が高くなります。

    あなたは当たるだけ、それでいいですか?

    (・o・) エートォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    霊能者。

    おはようございます。 素敵なお客様のおかげでいつも幸せですが、その幸せとは県北から県南へ出てきて占い師になる、それで人生が変わったのは間違いないから素敵なお客様方に足を向けて寝られないです。

    珍しく昨日と今日と占い関係のブログですが、占い師なんて言うのは鑑定に来て頂ける素敵なお客様がいてこその話で、鑑定に来てくれる方がいなければ単なる無職かニートで先生なんて言われるレベルじゃない、それなのに偉そうにするもんじゃないと思います。

    TVに出ている占い師さんもそうですが、有名になってくると図に乗ると言うか態度がデカくなりますが、ハイヤーに高級焼き肉に高額ギャラとなったら人としてどうかですから、占い師は人の為に生きるが使命ではないかと思います。

    ただし、私は霊視カウンセラーと山崎かずみでは大きく違うのですが、以前に西島秀俊さんがインタビューにて役の僕とプライベートの僕では全く違うと言ってましたが、その言葉は私にも当てはまります。

    プライベートの山崎かずみの時の私は面倒な人間で細かいしうるさい、更に怠け者で縦のモノを横にもしたくない、できればぐうたらして暮らしていきたいと思います。 夜の御飯もインスタントラーメンで済ませたいとか、お菓子だけ食べて寝てしまいたいなど、手抜きが出来て楽したいよなぁと思います。

    これが本音なんですけれど、これで終わったら霊視カウンセラーの私が存在できません。

    やはり、霊視カウンセラーとしての私を考えると体調管理の為には肉魚野菜をバランスよく食べる、そして睡眠や休養をしっかり取って体調を万全にしておく、ワイシャツも洗ってアイロンがけしておかないと失礼だし、そうやって自分で自分に鞭打ってやっています。

    私も人間だから怠けたい気持ちはあるけれど、素敵なお客様方の前に出る時は霊視カウンセラーだから、怠けたい山崎かずみと怠けたくない霊視カウンセラー、その相反する自分の葛藤をクリアして鑑定に挑みます。

    私は普通の生活はできないだろうと思うのは、世間一般では家族や恋人と旅行へ行ったり、知人友人や会社の人と夜を通して飲んだり遊んだり、そういうことは日常茶飯事であると思いますが、私には永久にないだろうと言う事柄ばかりです。

    私は山崎かずみであると同時に霊視カウンセラーなので、生きている人生の大部分は素敵なお客様方の為にある、他の部分は困っている人の為に寄付をするなど人助け、その残りが自分の為なのかなと思います。

    比率で言うと素敵なお客様の為が70%で寄付が20%で残り10%が自分のこと、そんな感じで生きていくのだろうと思います。

    こうなると家族を持つのは厳しいと思うのですが、家族サービスなどできないし子どもにも会えない時間が多いし、人の為にと動けば動くほど身近な人に寂しい思いをさせてしまう、そう考えたら一生独身がいいのかなと思ってしまいます。

    山崎かずみでいる時間は霊視カウンセラーでいる為の時間に使うので、そうなると24時間霊視カウンセラーでいることにもなってしまう、それでは周りに迷惑をかけてしまうだろうと思います。

    だからと言って今から霊視カウンセラーをやめられるのかと言う部分がありまして、2014年7月までの私ならやめても大したことはなかったと思えますが、倉敷の誘拐事件を霊視してからの私は少し違ってきたのかなとも思えます。

    私が占い師をやめると言うことはブログやツイッターはやめる、新年会などイベントもやめる、今現在で私のところへ来ている方々の繋がりは消える、そういうことを考えたらやめられる時期は過ぎてしまったのかなと思います。

    誰か1人の為に霊視カウンセリングをやめるとしたら、それでいいのだろうかとも思いますし、その1人を諦めても生きていけますが霊視カウンセリングを諦めたら生きていけません。

    それから霊能者とお付き合いするとか結婚する、もしくは知人友人になる、それは覚悟がいることだと知らない人が多いです。

    これは自称霊感があると言う人ではなく本物、プロとしてやっている人との付き合いに関するレベルの話ですが、よく霊感があるとか何とか言う人が身近にいてと言う話を聞きますが、本当に霊感があったらプロになっていると言う事実を認識したら、そういう人の言葉を余り信じなくて済むようになります。

    例えば、霊能者の恋人や伴侶になったらどうなるか、それは霊界と言うか霊から「あぁ、この人は我々の世界の人なんだな?」と思われます。
    つまり、最大公約数みたいなもので、人間界の丸と霊界の丸があって、その二つの丸が重なる部分にいるのが霊能者、その霊能者の恋人や伴侶となれば、人間界から見たら人間ですし、霊界から見たら霊界に立ち入っている人間となります。

    だから霊能者と付き合った経験のある人は注意しないと、24時間霊から監視される世界に足を踏み入れたことになり人の気を受けやすくなる、勘が鋭くなり人の思いが伝わる、見えないものが見える、そういうことが起き始めます。

    知りたくないのに相手のことがわかる、それが毎日毎日続き始めると少しのことで不機嫌になる、それを周りが理解してくれない、自分でもどうしていいかわからない、それを制御できないと精神崩壊と言ったら大袈裟ですが、かなりメンタル的に辛くなります。

    もし、本物の霊能者と付き合うならば、自分を守る術を身に付ける覚悟がないなら、迂闊に付き合ってはならないのに、安易に考える人が多いような気がします。

    あなたは霊能者、どう思いますか?

    ☆ヾ(-Θ-:) オイオイ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    周りとの違い。

    おはようございます。 素敵なお客様方にお会いできること、それはいつでも本当に幸せなことです。 今は会えることが当たり前でも、それが何かの事情で会えなくなったら、どれだけ後悔することになるかは会えるうちは分かりません。

    毎日、色々な方々の御相談をお受けしていると、どうして今が幸せなことに気付けないのかな?と思いますが、私も人のことは言えない部分がありまして、それにより図に乗ったり気付かなかったり、更には思いやりが足りなかったりと、誰かに悲しい想いや寂しい思いをさせていたかもしれません。

    今の私は霊視占い師と言うカテゴリーで生きていますが、昔は視えていることや感じることが当たり前に思っていました。

    ところが、そういうことが小さい時から出来ていたにも拘らずいじめられていた、いじめっ子がいるから違う道を行こうと言うことには能力を使っていたのに、今から思うとどうして人間関係に使わなかったのかなと思いました。

    素敵なお客様方と話をすることは学びになる、色々なことを教えて頂ける、それは嘘でも何でもなく本当のことです。 特に鑑定時間が余った時には雑談になりますが、その雑談の中に大きな気付きがあったりします。

    先週書いたブログの中にある呪いの話、あれもある男性のお客様が雑談に出さなかったら分からなかった、それにより気付いて次々と氷解していった、そういうこともありますから素敵なお客様には本当に学ばせて頂いております。

    そして気付いたことがあったのですが、「それって言わないと、皆は分かりませんよ?」と指摘があり、私に取っては当たり前でみんなもできる筈と言う先入観があった、それにより誤解を招くことが多々あったと今更ながら気付きました。

    まず、私は常に霊視をしている訳ではなく、歩いている時や電車に乗っている時、車を運転する時、食事をしている時、お風呂に入っている時、こういう日常では霊視などほとんどしていません。

    それに予約電話を受けている時も霊視などする筈もなく、普通の状態で素敵なお客様方と何ら変わりはありません。

    あくまでも霊視を事務所でする時にこそ霊視カウンセラーであって、それ以外では霊視じゃない部分が多いです。

    ただし、だからと言って何もわからないかと言えばそうではなくて、単なる直感が普通の人より鋭いから感じる部分が全然違うとも言えますし、そこを素敵なお客様に指摘されて今までの自分がいじめられてきた原因が分かったような気がします。

    例えば、クラスに表向きは人気者のA君がいて、私はみんなと違ってA君の裏の顔を感じ取って毛嫌いする、すると山崎はあんなに素敵なA君を毛嫌いするなんて変わり者だとなり、それが嫌われる要因だったと始めて気が付きました。

    今頃気付くなんて遅いと言われたらそうですが、私は同じことを皆も感じていると思い込んでおりました。

    だから素敵なお客様ですら、何か質問した時に上から目線や馬鹿にしたように聞こえてしまうこともあった筈ですが、それについては理解できておらず本当に申し訳ありません。 私が感じることなどみんなもできているから、それに答えるなんておこがましい、簡単なことなのに申し訳なくて恥ずかしいと言う気持ちがありました。

    しかし、鑑定の余り時間にてある素敵なお客様との雑談の中で、「私は霊視じゃなくても波長や念を感じて人の良し悪しが分かるから、食事会などにて同じ空間に居ても人を馬鹿にしたり調子に乗ったり、不快な波長や念を出している人は許せない。」と言う話をした時のことです。

    素敵なお客様曰く、「そんなこと、普通の人にできるわけないじゃないですか? 山崎さんだからできるだけで。 それは皆さんに言わないと誤解されますよ? もしかして、人を上げたり下げたりは、そこから来ているんですか?」と言われて、初めて私は自分がストレスを感じている要因に気付けました。

    Aさんが不快な波長や念を出していることにより私がダメージを受けている、それをBさんもCさんもDさんも分かっている筈、だから私がAさんに注意してもその注意している理由をみんなも分かっている筈、そう思い込んでいたら全然違っていました。

    周りから見ている視点では「山崎は何で不機嫌なの、さっきまで褒めていたのに、なんで下げるの?」と見えている、そう教えて頂いてから目から鱗で自分の至らない点に気付きました。 「気付くのが遅い!!!」と言われたら、確かにそうだと反省しています。

    「そんなことしていたら周りは戸惑うし、どうしていいか分からなくなる。」と言われ、私はなんてあほなことをしていたんだと気付いて、昔いじめられたのもこれか!と一気に理解が出来て今後は注意しようと思いました。

    人は人から出る波長や念を感じてどういう思いでいるかをわからないから占いへ来る、それに気付かされて今までの私は本当に周りに迷惑をかけていたことに気付き、なんてあほなことをしていたのかと反省するしかありません。

    穴があったら入りたいほど恥ずかしい、素敵なお客様方に迷惑をどれだけかけていたのか、そういう部分でも本当に自分が嫌になりましたが改善していくしかないし、素敵なお客様方からの信用を取り戻すしかない、そう学べたのが最近では一番大きかったです。

    私は皆様も分かっている筈だと言う思いでいて、本当に嫌な思いをさせたことがあったかと思えば自分が情けなくなり、今後は更なる精進をして行くしかないと思いました。

    あなたは周りとの違い、感じたことがありますか?

    (*_ _)人ゴメンナサイ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    呪い。

    おはようございます。 今日も活き活きして朝から元気で健康、それは素晴らしい奇跡ですが、人は失ってから大切なものが分かるのも事実です。 それなのについやってしまうミス、それがどうしてなのかが誰にもわかりませんが運命の流れなのかもしれません。

    このミスが起きることについて最近勉強させられましたが、私自身にミスが起きるとはありえないと図に乗っていたこともあります。 でも、10月に入ってから私が暗示があったのに無視していたら大変な目に遭いました。

    月曜日の深夜にトイレに起きた時、鈴の音がチリンチリンと鳴って、それはどんどんと大きくなっていき、シャンシャンと鳴り始めてやばいと思い真言を唱えたら収まりました。 次に火曜日の早朝に右足を叩かれて目が覚めましたが、これも占い的意味としては誰かが敵意を向けている暗示です。

    そして水曜日のお昼休みにスマホのトイストーリードロップをしていて、途中でふと眠たくなったので椅子にもたれ掛かりスマホを抱えたまま目を閉じました。 そして記憶が飛んでしまって気が付いたらメールを送信していたようで、あれっ?と思いつつも送信したメールを見たら、もの凄い罵詈雑言を書き連ねたメールを相手に送信していました。

    慌てて謝罪のメールをしましたが当然ですが相手の方は怒ってまして、凄く性格の良い方なので説明したらわかってくれる筈と思いました。 しかし、今日現在も許されてないので縁が切れたのも自分のせいだから仕方がないと思いつつも、どういう事なのかと本当に悔やんでおりました。

    その謎が解けずに悩んでいたところ、ある男性の素敵なお客様と話していたらヒントが出現して、そのヒントにより念と言うか呪いのパワーと言うのがあると現実に思いました。 今まで呪いに関することを知識としては持っていたけれど、そういうことの御相談がほとんどないので忘れていました。

    しかし、こういう暗示があるのは学びなさいとか、これをやらなければならないと言う暗示ですから、それを無視したら余計に酷くなりますから放置です。

    結局、私の記憶が飛んだこと、その記憶が飛んでいる間に誤爆メールが相手に送られたこと、これって誰かからの念や呪いを受けたと言うことです。 今までの私は呪いや念は通用しないと自信過剰、最近は浄化も何もしなかったりしてストレスが溜まったりもありました。

    誰しも同じですが自分を憎む相手によって自分が呪われてしまったら、果たしてどうなるかと心配かと思いますが、呪いを掛けられたら~念を送られたらどのような現象や症状が起きるのかを説明します。

    呪いとは何かと言えばとどのつまりは相手の強い憎しみや怒りや嫉妬心、そういう負のエネルギーが念の塊となって、あなたの元へ届いたら色々な形で災難となってふりかかります。

    呪いの中には念を込めた人形を相手の身代わりとして傷つけ、相手に苦痛を与える方法がが存在します。 よく知られているのが呪いの藁人形や丑の刻参り、海外ですけれどブードゥー人形などが有名です。

    この呪いをかけられたら呪われた人は体調が悪くなり、やがて病気になってと呪いが強力な場合は死に至ることもあります。 何もしていないのに息苦しい、今まで健康だったのに急に不調を訴える、こういう場合だと注意が必要かもしれません。

    藁人形などを使って腕や足など体の一部分が呪いにかけられる場合もあり、急に腕がしびれる、足が重い、胸が痛いなどの症状が表れたら呪われていることがあるかもしれません。

    映画のインディ・ジョーンズにて人形を刺したらインディが痛がる、そういうシーンがありましたがまさにそれです。

    誰かの念(恨みなど)が飛んできた時は次のような症状で、頭痛や肩こりや腰痛など石が乗っいるように重い、それらが慢性的な痛みになって悩まされる、我慢できない頭痛が変則的に起こる、虫歯になっていないのに歯が痛む、不眠症になりめまいや立ちくらみが度々起こる、体力が極端に落ちるです。

    これらは疲労や風邪に思いがちですが、念や呪いによって起こる症状はいつまでたっても改善しない、病院で診察しても原因がわからない、通常なら効果のある治療法が全く効かない、このように通常の体調不良や病気とは違った特徴があります。

    呪われた人は精神にもダメージがあり、代表的な症状として挙げられるのが、何をしてもやる気が起きない、常にマイナス思考になり、神経が過敏、小さなことでも不安になるとかうつ病のようになります。

    他にも常にイライラ、攻撃的、暴力をふるう、感情のコントロールができない、精神が不安定、こうした呪いによる変化のせいで周りから孤立、それで精神が病んでしまう人もいるのです。

    最近、なんだか私は変と感じるなら呪いにかかっているせいかもで、呪いは悪夢で現れることもあります。 寝ている時に人は体だけでなく魂も無防備になり、憎しみなどの負の念を最も受けやすい状態になります。

    毎晩のように怖い夢を見る人は注意が必要で、呪いを掛けられると運気が下がります。

    恋人から別れを告げられる、縁談が破談、家族間で諍いが多くなった、離婚によって家庭が破綻、今までしなかったミスを連発、希望しない部署に飛ばされた、このように呪いで身の回りに起こる変化は自分自身に直接ふりかかります。

    最後に呪われているのか?のチェックで、よく金縛りにあう→背中や肩に重さを感じる→体調不良になりやすい→何かをやろうとすると邪魔が入る→途中まで上手くいっているのに最後で失敗→マイナス思考になりやすい→イライラしやすい→人間関係がうまくいかない→不吉な夢を見ることが多い→誰かの視線を感じる、この10個のうち半分当てはまるようだとやばいかもしれません。

    あなたは呪い、信じますか?

    ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    因果応報。

    おはようございます。 今日も素晴らしいお客様方には良いことが降り注ぐ筈で、何を持って良いことかと言えば一番は健康、自由に動けるのは凄く幸せです。 それに感謝して良い方へ自分を置く、過去の自分はダメだったとしても未来の自分はよくできる、そう考えて下さいね。

    因果応報とはカルマと言う人もいますが自分がしたことが自分へ返る、これはその時には気付かないけれど後になってから気付いて反省、反省できるならまだいいけれど無視していたら、更に大きなお釣りがくるかもしれません。

    例を出すと日本でラグビーW杯が開催されてからと言うモノ、サッカーファンがイライラしていますが、それはラグビーとサッカーが比べられるからです。

    ラグビーはにわかファンを大切にするので素人も優しく受け入れますが、サッカーはにわかだと激しく攻撃するので、それで嫌な思いをした人たちが結構います。 そのいじめられた人たちがラグビーは素晴らしいと言い始めたからサッカーファンは気分が悪い、それこそ自分がしたことが自分へ返って来ているだけです。

    これが因果応報やカルマと言われ、人生には色々な楽しみや苦しみが起きてきますが、その楽しいことや苦しいことはどうして起きるのかを考える、その幸せな部分や不幸せな部分を生みだしている法則が、仏教に説かれている因果応報やカルマです。

    これはどんな意味なのかと説明する前に、因果応報の恋愛での恐ろしい話がありまして、それを紹介してみたいと思います。

    ある日本人の女性が夫の留守中に外国人と不倫をしまして、その後に女性は妊娠してしまいました。 彼女は夫にバレないかとヒヤヒヤしていましたが無事に女の子を産みまして、その子どもは日本人の子どもだったので彼女は安心していました。

    ところが娘が20才を過ぎて結婚しましたが、それから産まれてきた孫は金色の髪に青い目に白い肌、どう見ても西洋人だからDNA鑑定しなくても20年間黙り込んでいた行いがあばかれ、結局は本性が曝露されたとも言えます。

    このように自ら蒔いた種は必ず芽が出てくる、これを因果応報と言います。

    1000年前からある因果応報の詩がありまして、中国の有名な詩人の白楽天が詩にしています。 その白楽天の残した燕の詩は非常に人の心を揺さぶる詩で、雄と雌の燕が軒下に泥で巣を作り四羽の雛を産みました。

    日に日に育っていく雛たちはエサを求めてピーチクパーチク鳴いていますが、青虫を取ってくるのも簡単ではなく、親鳥はくちばしや爪が折れそうになっても一心にエサを取ってきます。 子ども達がお腹をすかせているので30日の間に1000回も往来すると、母親は痩せて子どもたちは太っていきます。

    親は子どもに言葉を教えて毛づくろいをして、羽ができたので庭の枝の上に連れて行くと子どもたちは風に乗って、振り返ることなく四方へ飛び立っていきました。 驚いた両親は空に向かって鳴きながら声をからして呼びますが子どもたちは帰らず、親鳥は空の巣に帰り夜通し嘆き悲しみました。

    燕よ燕、悲しむことなかれ、自分自身を思い返してみなさい。 自分が雛だった時、同じように高く飛び立って母に背いたのではありませんか。 その時の父母の思いを今日まさに知るのです。

    これが燕の詩ですが、これを日本では五・七・五で、「親捨てた 報いで子にも 捨てられる」と言います。 自分が親を捨てた報いで自分も子どもに捨てられると言う話で、これは因果応報の分かりやすい一例です。

    この因果応報は仏教では約2600年前にブッダが説かれたことで、因に応じて果が報うと言うことですから、因果応報とは種蒔きに応じた運命がやってくる因果の道理のことです。

    仏教を木に例えると因果の道理は根っこから幹で、木には枝が出て葉が茂り花が咲いて実がなりますが、その元には根っこがあり幹があるからで、根っこや幹がなければ木は枯れてしまいます。

    枝葉が無ければ光合成もできないから枝葉もいる、根っこや幹だけではだめだし枝葉だけでもだめだし、お互いに必要性があってどちらが無くてもだめと言う関係が因果応報でもあります。

    運命の原因と結果には関係がありまして、運命をつむぎ出す原因と結果の法則が、善因善果~悪因悪果~自因自果と言うブッダのお言葉です。 これは善なる種は善い運命を呼び込むし、悪い種は悪い運命を引き起こすし、どちらであろうとも自分の蒔いた種は自分が刈り取らなければなりません。

    植物で言いますとメロンの種を蒔くとメロンが出てくるし、柿の種を蒔けば柿が出てきますから、メロンの種を蒔いて柿が出てきたり、柿の種を蒔いてメロンが出てくることは絶対にありません。

    この種が行いとなりますので善なる行いは幸せを招くけれど、悪い行いは不幸せと言う運命を呼び込みますから、自分の運命は自分の行いが生み出すと理解しないと、人のせいに限らず何かのせいにしてしまいがちです。

    因果応報は幸せがやってきたならすぐに理解できますが、大学に合格したのは勉強したから、こうやって難しい局面を乗り越えたのは自分が動いたからと思います。 ところが因果応報が分からないのは不幸が訪れた時で、受験失敗は自分の勉強不足とは思えず頑張って勉強したのにどうしてと思います。

    しかし、自分の都合の良い時だけ自分が頑張ったから因果応報は当然だと思って、自分に都合の悪い時は「因果応報とは思えないとなるのは一貫してないから、不幸が来た時こそ自分を振り返ってみなければなりません。

    例えば、部下が言うことを聞かないで困っているなら、自分も上司の言うことを聞いていないかもしれません。 こうやって考えると因果応報を理解して行くと、自分に起きたことを流せたり許せたり出来ます。

    あなたは因果応報、感じますか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop