徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    心霊体験。

    おはようございます。 今日は8月最後の日と言うことは、夏休み終了の日もであります。 学生時代は明日から学校と思う日で、宿題ができていないと大慌てでやる日でもあり、明日から9月だなとしみじみ感じ入ります。

    8月最後と言うことでTVのやらせとは一味違うガチンコな話ですが、その前にT○○の心霊番組が心霊写真をねつ造して、その元画像の持ち主がやらせと暴露されていました。 その写真を見た霊能者が事故死した女性の例と言ってましたが、その例の写真に使われた女性も「私、生きてますけど?」と反論する事態でした。

    TV番組はやらせで当たり前、あれは面白おかしく楽しませる為にあるので、それを一々本物かどうかの検証は野暮と言うモノですが、他人の画像を勝手に合成したのはまずかったかなと思いますが、一言断ってから合成していれば持ち主も納得していたと思います。

    さて、ここからはTVとは違うガチな話ですが、ここ最近で一番不思議だったのは予約確認の電話、どういうことかと言えば東京は無断キャンセルが年間で500人以上と多い為、事前に確認の電話をしています。

    某月某日に、Xさんへ予約の確認の為の電話を掛けますと電話にXさんが出まして、「占いの予約? そんなのした覚えがない。」とのお返事、それは別に構わないので予約を取り消して、その枠へキャンセル待ちの方の予約を入れました。

    そして時は流れて某月某日の一週間前にXさんより、「予約確認の電話が無いけれど、どうなっているんですか?」との電話がありました。

    私はXさんに確認の電話を掛けた日と内容をお話すると、Xさんは「それは私じゃない」と言われますが、現に電話してご本人が出て予約してないと言うので取り消したのです。 ただ、電話した時に電話口へ出た方の声が低くて、Xさんにしてはおかしいなと思いつつも、自身の携帯へ他人が出る訳がありません。

    そしてXさんも私も「?マーク状態」でしたが、Xさんは予約を取り直して鑑定へ来られたのですが、その鑑定内容こそが不思議な電話があった原因でした。

    Xさんの家は購入後からポルターガイスト現象が起きていまして、家の中で人影は勿論のことラップ音や声などが聞こえる家でして、画像を見るだけでも凄い家でTVのやらせ番組とは全く違う本物でした。

    つまり、Xさんを私の所へ鑑定に行かせたくない何かが邪魔をした、その存在にXさんも薄々気付いていたのですが、私も画像を見て驚きでしたが、こういう不思議なことは占い師をしていると何度もあります。

    Xさんは素敵な方なので幽霊に好かれたのかもしれませんが、できれば幽霊よりは生きた人の方が大部分の人は良いと思う筈です。 携帯に自分が知らないうちに誰かが出た、それもこの世のモノではないかもしれない、そういうのはリアルにあると普通は驚きます。

    では、他の話ですが、よくある話が中古車屋さんでも異常に安い高級中古車、これらは誰がどう考えてもおかしいと思わないと事故車の可能性が高い、レクサスの2年落ちが80万円とかありえないのに、そういうのに飛びつくと自業自得です。

    そして幽霊と勘違いするのは何故かの説明も少々、よく霊感があるから霊の存在を感じると言う人が会社などにいて、一々うるさく言うようでしたら教えてあげて頂きたいのですが、幽霊を感じるのは脳の誤差の察知によるものが多いのです。

    人は何かの反応が自分の考えている速度と違う場合、それに違和感を抱きますが、目に見えるモノならずれを修正できるけれど、背後や夜など目に見えない状態では誤差を埋められないから、そこで正体不明の何かがいると勘違いするのが霊の大部分の正体です。

    つまり、背後から話しかけられて方を叩かれる、背後から話しかけられて振り向くと相手の顔、このように自分の想像する範囲のことが自分の想定内の速度であれば違和感は起きない、ところが後ろから呼ばれて姿が見えないとドキッとして、相手が遅れて現れると安心するとなります。

    霊がいると感じる正体は脳の誤差による勘違い、その誤差とは0.5秒ですから、0.5秒の誤差を自分で分かってから、もう一度、その例の部分を確認してみると、意外に霊などいないと言うのが分かります。

    それからお通夜や葬式では必ず一人や二人は霊感が強いと言う親族や友人知人が現れて、あそこにいるとか何とか言って注目を集めようとされますが、そういうことを言っていると自分へ返ってきても仕方がありません。

    実はお通夜の時は大抵、頭の方へいることが多いのですが、悪口などは全て聞こえているので、お通夜や葬式の時には故人を偲ぶだけで悪口などは厳禁です。

    これは故人によるので一概には言えませんが、ある方の祖父が心臓発作で無くなった時のこと、通夜や葬式を滞りなく終えてからのことですが、その息子や娘や奥様や孫などが夜中に胸が苦しくなって、その後に胸が痛くなって七転八倒と言う有様、それがほぼ同じ時期に起きたのです。

    その後で家族が同じ体験をしていることが分かると、「どのような死人方をしたのかを教えてくれたんだ」と、ご家族はしみじみと語りました。 ただ、その後、一々教えてくれなくても良いからと、仏壇とお墓にてお断りしたのは言うまでもありません。

    このように怪談話や不可解な話がゴロゴロあるのですが、それをTVが視聴率の為にやらせばかりするから誰も信じなくなっている、だから更に過激に視聴率と言う悪循環です。

    私の撮るオーブなどはマジな本物ばかりですが、TVは何らかの作為的なことがあると思って見ないと、視聴率の為には何をするやらわかりません。 本当に霊視云々を言うなら、行方不明や誘拐犯などの居場所を当てないと、普段言っていることと矛盾しています。

    あなたは心霊現象、体験したことがありますか?

    =①。①= ふにゃ?

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    占い師。

    おはようございます。 素敵なお客様とお会いできることで一日が始まり一日が終わる、そういう生活に突入して早くも10年以上が過ぎましたが、あの当時は占い師を10年以上もするとはとても想像していませんでしたし、続けるかどうかなんてことすら考えてもいませんでした。

    今日は真面目なお話なのでネタは封印ですが、私が占い師になった時は暇で暇で仕方が無い状態からのスタート、しかも当時は手相占いと言うことで商店街やフリマでしていたのが始まり、その当時のことを知っている方はほとんどいないと思います。

    しかし、今から思い返せば今に繋がる出来事も多々ありまして、その時のことを頭に入れておけば今が楽だったのになど、昔のことを今の参考にできる筈が忘れ去っている、そんな間抜けな占い師ではありますが、素敵なお客様のおかげでどうにかこうにか続けられています。

    当時は商店街で細々とやっていましたが、商店街だけあって人通りはあり、一日に1~3人くらいは鑑定に来て頂けたのも事実、人通りのある場所でやっている占い師さんは集客には苦労しない、それも一つの真実だと当時は分かっていました。

    ただし、何故、今のように人通りのいない場所に拘るようになったのかと言えば、商店街でやっている時には誹謗中傷があり、どういうことかと言えば、「胡散臭い・怪しい・インチキ」などのイメージと、お客さんが来ていると言うのが当時の商店街会長の逆鱗に触れ、お決まりの虐めがありました。

    商店街のしきたりが面倒になった私は次に駅前のデパートに出店しましたが、上の階(当時の私は1階)に地元の大御所の占い師さんがいた為、看板を隠すとか、デパートの管理の方から出て行けなどの圧力が掛かり、ここでもボロカスに叩かれて、結局は保証無しに追い出されました。

    そこで今度は人通りが無い場所へ移転しましたが、今度は大家さんからクレームが出て、それで今の場所へ来たのですが、人通りは余り無く孤立した建物なので気を使う必要もないし、現大家さんはとても良い方なので本当に満足しました。

    しかし、人通りが無い=口コミしか当てにできない、それは鑑定に満足して頂けないと次は無い、そういう薄氷の中でやるしかなかったのですが、その当時は月曜日の朝から翌週の火曜日の午前10時まで一人も来ない、そんな状態で暇で暇で仕方がありませんでした。

    だから東京出張も暇だからやり始めた側面もありまして、倉敷が暇だから東京と言う安易な考えでしたが、東京へ行ったところで順調と言うわけではありませんでした。

    ただ、倉敷でも東京でも同じことですが、赤字にならなければ続けることはできる、そういう思いでやってきましたが、あの当時は資金繰りが大変で大変で、家賃が払えない危機は何度もありました。

    実際に東京では赤字が続いて、赤坂に事務所を出した年だけは黒字でしたが、以後3年半は赤字と言うより大赤字、倉敷で利益が出ても東京の損失で飛んでいく、それにより倉敷も赤字になる状態で、貧すれば鈍するで色々と重なり、ついには2014年7月には占い師廃業まで決めていました。

    それが一発逆転になったのは倉敷の誘拐事件の時からで、あれがあったから今がある、あの事件で居場所を当ててから3週間ほどして潮目が変わり、急に予約が入り始めたので廃業せずに息を吹き返せました。

    東京が半年待ちなんて今だけのこと、昔は前日に翌日が取れていた、あの時期があるからこそ今は雲の上を歩いているだけで、いつ、どこに、落とし穴があるかわからない、その怖さがあるから予約なんて入っていないと言い続けていますが、私は常に不安定です。

    また、占い師さんへ鑑定に行って占い師さんのことをあれこれ言いたくなる気持ちはわかりますが、今になって思うのは「大部分の占い師さんは根が真面目で、お客様の幸せを願っている。」と思えてきて、悪い占い師さんなんて、そんなにいないのではないかと言う気もします。

    例えば、霊視にしても私より凄い占い師さんは星の数ほどいるし、私は実力で言うと下の下と言う所、他の先生方の方が実力は上だと痛感しております。

    人には得意不得意があるから、恋愛運が得意とか、仕事運が得意など、得手不得手があるだけのことで、霊視と看板を出しているなら、ほとんどの先生は何かしら視えているのではないかと思います。 (←絶対と言うことではありません)

    それにインチキとか視えていないと言う訳ではなく、答えられないと言うケースも多いと思います。

    どういうことかと言えば、無茶苦茶な相談だとあり得ないから答えられない、希望通りの未来にはとてもなりそうにないから暈す、そういうケースが大半だと思いますが、それだと視えていないと言われるのは多くの先生方も心外だと思います。

    私のようにはっきり言えない気弱なタイプではなく、中にはバシッと言う先生方もおられますが、そうなると今度はきついことばかり言うと思われたりするので、そうなると暈すタイプが良いのか、それともはっきり言うタイプが良いのか、好みにもよると思います。

    占い師になる人の運命を視ると苦労している人が多い、それも借金などとてつもなく不遇な時期を経験している人が多く、そうなると人の心の痛みが分かる人が多いから、余程の捻くれた人でない限り親身になって相手のことを考える占い師さんになると思います。

    だから、そんなに酷い占い師さんは余りいないと思うのですが、そこから先の感じ方は人それぞれなので、思いに関してまでは誰も入り込めない領域ですから、後は個人個人の選択としか言えません。

    ただし、TVや雑誌に出て有名になってから天狗になっているとか、何らかの霊感商法を行っているなど、そういう明らかに酷い場合は擁護できないと言われても仕方が無く、あくまでも普通の占い師さんについてです。

    私は廃業していたのを救われた、その想いがあるから自分に予約が入っているなんて思えない、予約がスカスカで、いつどうなるか分からない、そういうレベルの占い師で、今後も努力と反省が必要だと骨身に染みています。

    あなたは占い師さん、どう見ていますか?

    (..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    不運。

    おはようございます。 今日も活き活きと動けている幸せを噛みしめながら、運が良くなる、良いことがたくさんある、そうやって人は自分の人生の責任を取りながら進んでいくしかありません。

    今から思うと運の良し悪しは自分の行いが全て、何もしなければ何も起こらないし、何かをすれば何かが起こる、その何かは自分が良いことをすれば良いことが返るし、悪いことをすれば悪いことが返ってくる、その単純なことが理解できていなかったと反省しています。

    私は自分の過去を振り返って恥ずかしくなることが多く、県北時代は自堕落的でろくでなしの生き方をしていましたし、県南で占い師を始めてからも初期の頃はろくなアドバイスができていなかったので、当然ですが予約なんて入らずいつでも鑑定の暇な状態でした。

    ただ、その当時は商店街の嫌がらせにより倉敷駅前の三越に移転したり、その三越の閉店で天満屋が入居するからと、毎日毎日テナントの人々へ出て行けと追い出しもあり、私は何の保証も無しに放り出されていく当てもありませんでした。

    おまけに駅ビルや天満屋へ入居をお願いに行くと、「あんたみたいな人間は、いつ、おらんようになるかわからん。」とけんもほろろで追い返され本当に惨めでしたが、今の駅ビルや天満屋の状態では入居しなくてラッキー、あの惨状では入居しなくて正解です。

    しかし、今から思えば私が初期の頃は良い鑑定をしていなかった、そういうことへの戒めだったと思いますから、全ては私の歩み方が間違っていたからこその注意だったと思います。

    そして東京鑑定を始めてからも初期の頃は東京のレベルに追いついていなかった、だから東京の先生方に全てにおいて負けていた、そうなると予約も入らず暇な状態は必然で、ここでも図に乗っていたり調子に乗っていたところへガツンとお仕置きを受けました。

    そして最大の危機は2014年1~7月頃で、この時は廃業を考えて8月で予約を中止して9月でHPと事務所閉鎖、こんなことを具体的に行動に移すところまで追い込まれていました。

    今だから笑い話ですが、あの当時の東京では私のところへ来ていた男性の嫌がらせなどもあり、一日の鑑定人数が3人以下など大赤字の状態で、「もう、ダメだ・・・。」と何をやっても駄目だと凹み、本当に廃業を考えていました。

    ここからは何度も言ったり書いているので聞き飽きた&読み飽きたと思いますが、その時(7月)に倉敷で誘拐事件が起こり、犯人の逃走経路や居場所をブログに書いて犯人が逮捕されてから、その正確さが証明されて急に予約が激増して息を吹き返しました。 (←まさに奇跡でした)

    今の私しか知らない人は嘘みたいでしょうが、2014年7月までの東京の予約は前日に翌日の予約が余裕で取れる状態でしたが、ここから盛り返せたのは本当に奇跡、素敵なお客様方(全ての皆様方)のおかげで、本当にありがとうございます。 m(__)m

    運が悪い、ついてない、ダメなことばかり、このように人は不運な時には全てを投げ捨ててしまいたくなる程、本当に嫌になるものですが、生き方を改善すれば運命は見捨てず、どうにかこうにか生きる術や道筋を教えてくれます。

    不遇な県北時代から私は素敵なお客様方に助けて頂いて人生が変わった、そのように何かを変えることで自分の何かが変わる、それを経験しているからこそ素敵なお客様方には幸せな道を歩いて頂きたいのです。

    その為にも人の悪口は言わない、人の嫌がることはしない、人が不快になることはしない、これらはいずれも自分ではなく相手が主役となることばかりで、人が運を良くするには相手を気持ち良くさせる、それに尽きるのではないかと思います。

    そして残念ながら人は自分と同じレベルとしか付き合えない、その原則は神様以外には代えられないので、付き合う人により運が変わるのも事実、運の悪い人とばかり付き合っていたら、自分の運が悪くなるのも仕方がありません。

    以前にも書きましたが、剛力彩芽さんは収録の合間や休憩中にネットで自分の悪口の書き込みを見て、「受ける~!」や「面白い~!」と自分の悪口を見て笑い飛ばせる精神力ですが、悪口を書き込む人たちが剛力彩さんと食事に行ったり、会って話をしたりなどは一生ありません。

    また、誰しも自分が好きな人の悪口を言われたら、自分のことじゃなくても言った人のことを嫌いになるか、もしくは距離を置くなど心理的に嫌の感情が芽生えてしまいます。

    つまり、人の悪口を言うと「自分が好きな人からも嫌われる覚悟が必要」で、直接的でなくとも間接的に相手に嫌われる、間違っても好かれることは無く、人生における縁の繋がりを自分で断ち切って、更に不運な方へと進めてしまうのです。

    例えば、私のところへ、仮に芸能人のmiwaさんや斎藤工さんが来ていたとします。 (←あくまでも作り話、例え話です。)

    それは、すなわち、私のところへ来ているmiwaさんや斎藤工さんが、私の悪口を言う人たちを好きにはならないし相手にもしません。 私の悪口を言う人たちがmiwaさんや斎藤工さんのファンだとしても、miwaさんや斎藤工さんが私の悪口を言う人たちを相手にする可能性はゼロに等しいです。

    また、私の悪口を言う人たちは元々私のことが嫌いなので、そんな人たちに好かれたり認められたりする努力は不要で、そんな人たちに好かれたり認められたりするよりも、miwaさんや斎藤工さんと食事会をする方が100万倍ほど楽しいです。

    この考えができてくると悪口を言う人たちは気の毒に思えてきますが、格下に相手にされるより格上に相手にされる方が良い、そして自分は格上の人たちと縁ができている自信が、更に自分の未来を良くしてくれます。

    誰とでも公平に付き合うのは道徳的には正しくても、実際には運の良い人や人間性が良い人と付き合うようにしないと、逆に自分の運を悪くするだけで綺麗事では済みません。

    不運とは自分が引き寄せているだけで改善はできる、その為にも人との縁を繋げることが先決、人には好き嫌いがあるから嫌いな人と付きう必要はないけれど、良い人との縁を繋げる工夫や努力はしないと新たな付き合が始まらない、その辺をどう考えるかです。

    素敵なお客様方は、不遇な時はあるかもしれないけれど不幸ではない、悪口を言う人たちは不遇ではないけれど不幸である、その違いは未来において如実に表れてきます。

    あなたは不運の原因、気付いていますか?

    ('-'*)アリガト♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    千葉の事件。

    おはようございます。 GWの真っ最中ですが、仕事の方も、お休みの方も、今日も一日元気で健康で、朝出勤出来たら夜は無事に家に帰る、これは当たり前ではなく奇跡、この奇跡に感謝していれば未来は明るいです。

    千葉県我孫子市で3月26日に9歳の女の子が遺体で発見された事件、これは親からすれば「嘘だろう!」と言いたいくらい酷い事件で、こういう時こそ霊感があると言うなら犯人を視るくらい当たり前、私が報道より先にツイートしていたのは皆様も見ておられたと思います。

    こういう事件の霊視は犯人逮捕や発見と言う答え合わせがあるので、占い師はなかなか手を出しませんが、私も3月28日からツイートした内容が外れていたらボロカス、逆に当たっていたらスルーがネットの常識、だから占い師さんも黙ることが多いです。

    正義感とは厄介なもので正義故に絶対と思い込む、倉敷の誘拐事件~北海道の行方不明事件~カナダの邦人殺人事件と、何か事件があった時に私が発信している内容が、当たっているかどうかは見ている人が一番わかります。

    見ていた人は「犯人が早く捕まることを~」と普通は思いますが、なまじ正義感がある人は、「山崎の野郎、事件を霊視して集客に使いやがって、許せない!」となり、事件を霊視=集客に利用=商売=許せないと歪んだ考え方になります。

    しかし、事件を霊視して集客に使うのは当たっていないと無理、事件の霊視は逮捕や発見と言う答え合わせがあるので外れていたら叩かれるから、集客に利用と批判するなら的中させる能力を認めることになります。

    私が3月28日にツイートしたのは、「千葉県の女児殺害の件ですが、正面から馬乗りになってひもで首を絞めて絞殺、それは百均やホームセンターで売っているナイロンなど荷括りヒモだから、この犯人は極刑に値すると思いますが、こういうツイートをすると、犯人を庇う内容が届くのが不思議です。」と、ツイートしています。

    そして犯人逮捕後に明らかになったのが、「捜査関係者によると、女児の首に残された痕は1~2センチほどの幅があり、紐は荷物梱包(荷括り紐)などに使われているものの可能性。」との報道でした。

    そしてなかなか進展しないので、犯人像をツイートしましたが、「もう、ほんとに、身長166~171cm、普通体系~ふっくら(痩せていない)、眼鏡を掛けている、髪型はショートからエアリーヘアの間くらい、一見するとまともそう、こんな男は犯人じゃないと思いますが、早く逮捕されることを祈ります。」とツイートしています。

    今回は犯行状況はほぼ特定できていたので、視えていないのではなく判断に迷っていただけで、その理由は「本当に、この人がするかな?」と迷っていたからです。 実は今年初めの監禁事件の捜索の依頼があった時、ものの見事に監禁場所を丸っきり違う場所を視て外しているので、その後悔もあり断言できるほど確信が持てないのでヒントをだすのが精々でした。

    この事件で私が迷っていたのは、やったのは「通学路に立っている人(関係者)」だからで、「警察、教師、保護者(父兄)」の誰かと視ていましたが、制服ではなく私服の男性だったので、そうなれば「父兄>教師>警察(私服刑事)」ですが、さすがに「そりゃないだろう(視間違いだろう)」と迷って、確信的なツイートは出来ませんでした。

    事件の内容を霊視したことが当たっているかどうか、詳しくは3月28日からのツイートを読み返して頂き、後は読んだ人が判断することなので、事件の内容と照らし合わせながらツイートを見ると、どうなのかがわかると思います。 m(__)m

    なお、TVで評論家などが「こういう男性を産み出した社会の仕組み(歪み)を〜」など、わけのわからないことを言っていますが、何故ロリコン男性が増えたかは明確な理由があります。

    こういう事件があると、すぐにアニメが悪いと言うのは早計で、ロリコン男性の増加とネットで匿名なら強気の男性の増加、これが正比例している方が注目すべき点で、その人の心にある魔を見抜くべきです。

    ロリコン男と匿名男のリンクした点とは、「反撃や拒否など、自分が優位に立てないのが怖い。」で、相手に「拒否されたり反撃されたりが怖い」が女児に行く理由、大袈裟に言うとネットの匿名男はロリコン犯罪予備軍とも言えます。

    アニメ好きを責めるよりも、ネットの匿名男の方が余程危険、裏でこそこそ動き回り、実際に対面したら何も言えない、その方が危険だと言うことを認識しないと、匿名男は対面だと卑屈で腰が低いから表面の人の良さに騙されます。

    また、ネット上の匿名は平気で酷いことを書き込みますが、今回の事件も酷い書き込みが多いのは嘆かわしいことです。

    ネット上では、リンちゃん殺害事件の犯人像は父親が怪しいとか家族が怪しいなど、そういうことを平気で書き込んでありましたが、犯人が逮捕されたからと言って、「疑ってごめんなさい」と言う人はいない、こういうのって、人としてどうかと思います。

    私は占い師なので事件の霊視をして、外れていたらボロカス、当たっていたらスルー、もしくは当たったことを皮肉る、そういうネットの人間性(習性)も受け流せますが、レェ・ティ・ニャット・リンちゃんの父親は一般の方ですし、我が子を亡くした悲しみの中で疑われることすら失礼な話、人として言っていいことと悪いことがあると思うのです。

    匿名で良いから、「リンちゃんのお父さんや家族を疑ってごめんなさい」と、そういう書き込みがあっても良いと思うのですが、事件が解決したら興味が無くなり次の誹謗中傷できる獲物を探す、こういう匿名の書き込みは女児殺害犯と人間性に何ら変わりはありません。

    それから逮捕された千葉の女児殺害事件の犯人は、虐められたから人間不信と言っているようですが、虐められても真っ当に生きている人は大勢います。 犯人には同級生の子どもがいるから、そうなると子どもは虐めの的、親がしたことなのに一生心に傷を負わされた、これはリンちゃんの親も犯人の子どもも皆が不幸な事件です。

    あり得ない話ですが、仮に小学校から通学路の精査依頼があれば、ここが危険とか、あれは危険など危険場所の指摘をしますが、そういう依頼がないのが残念で、一般の人では見落とす部分を視ることで少しは参考になるかもしれません。

    それに選んだ方々には申し訳ありませんが、あのような男性を保護者会会長に選ぶこと自体が間違い、もしも、選ぶ時に依頼があれば間違いなく防げていたから、人を判断するのは遊びじゃありません。

    最後に「ツイートなんかするよりも、どうして警察へ言わない!」と、こういう的外れな指摘をする人が今回もいましたが、これが実社会を生きている人とネットだけの人との違いで、体験した人と体験していない人の明確な違いです。

    倉敷の誘拐事件の時に私のブログの内容を警察へ情報提供した方が10人以上いましたが、その時に「警察に全く相手にされなかった事実」を、情報提供した方々は経験しておられます。

    こういう現実を知らない人ほど「警察へ言え」と言いますが、何もせず言うだけの人には絶対にわからない現実です。

    あなたは千葉の事件について、どう思いますか?

    m(_ _"m)ペコリ

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    占い師。

    おはようございます。 今回も無事に帰って参りましたが、無事に移動できて素敵なお客様にお会いできることは本当に幸せです。 未来のことを考える時に暗くなることを考えるよりも、明るくなることを考える方が楽しい、その為にも運を運んできてくれるのは神様ではなく人、だからこそ人との関係が良くない人は運が悪い、運の良い人の周りには多くの人が集まります。

    昔と違って自営業は会社勤めができない人がするものではなく、会社内でも出世する人が自分の力を更に発揮する為に独立する、時代は変わって独立して成功する人とは会社内でも出世する人なのです。

    少なくとも会社勤めが嫌だから占い師になって楽して金儲け、そんな考えの男は結婚どころか彼女すらできないと思いますが、ここのところ男性から「占い師になりたい!」と甘い考えの相談が多く、山崎基準外の男はろくなことを考えないと思います。

    占い師になるには大きくわけて三つの方法があり、ハードルが低いから誰でもなれる代わりに、楽して儲かるとか、年収が高くてセレブ生活など、そんなのは一部の悪徳占い師だけで貧乏する覚悟が必要な職業です。

    占い師になりたいんですがと言う相談を受けることが増えましたが、私は弟子なんか取らないし、本当に占い師になりたかったら占いの館などへ行けば、マニュアルがあるので今日から占い師になれますが、お客様が来てくれるかどうかは本人次第です。

    占い師になりたいと言う人の大部分が頓珍漢な認識をされていますが、占い師は稼げないから食っていけないし、人から逆恨みされたり妬まれたりしますから、どうして占い師になりたいのかさっぱりわかりません。

    私が岡山県北の地獄のような生活において生まれ育っていなかったら、県南で生まれ育っていたら間違いなく大学へ行って医師を目指したかもしれないし、資格を27個持っているので建設会社へ就職していたかもしれませんが、県南で生まれ育っていたら間違いなく占い師はしていません。

    さて、占い師になるルートは三つ、A=「占い師に弟子入りしてデビューまで指導、そしてデビュー先の斡旋もして貰う。」と言う師弟制度や、B=「占い学校や占い教室に入学し、デビューまで指導、そしてデビュー先の斡旋も受ける。」と言うねずみ講タイプ、C=「独学で学び、デビュー先も自分で探す。」と言う本格派タイプなど色々です。

    占いの館も求人を出しているところが常時あるし、電話占いやチャット占いなど素人同然のハードルの低さ、後は度胸さえあれば道でいきなり占いをするなど占い師になるだけなら簡単です。

    ただし、占い師には簡単になれますが「長続きするかどうかは別」で、岡山県内でも鑑定だけでやれるのは私だけでほとんどの先生は物品売買や祈祷や占い学校など、何らかの副収入を得る仕組み作りをしていますし、旦那様の収入があるから占い師を名乗れると言うケースがほとんどです。

    占い師はデビューが簡単な分だけ「新陳代謝が激しい→長続きする人が少ない」で、バリバリ稼いでいる先生でも「同じ占いの館に勤めるのは長くても3~5年」くらいで、余程の実力が無ければ消えていくか行き詰まってワーキングプアになるので、だからTVに出て顔と名前を売らなければやれない、やらせに手を染めて平気で他の先生をニセモノと言い始めます。

    いきなり占い師を始めて事務所を構えて予約待ち、こういう占い師さんは日本全国で100人くらいいると思いますから、そういう先生へ行くと少なくとも外れの可能性は低いです。 私はさっぱりダメダメな占い師なので、他の高名な先生方の足元にも及ばないヘタレ占い師です。

    なお、お金が苦しい占い師さんほど「電話占い(メール鑑定)」に手を出しますが、鑑定の空き時間を減らす為や、どうせ暇なら待機時間に電話占いをしようと考え色々な電話占いの会社へ登録します。

    つまり、日常の鑑定以外に電話占いに手を出している占い師さんは、「お客様がいなくてヒマ」か「お金に困っている」かのどちらかで、本当にきちんとした占い師さんは電話占い(メール鑑定)は余りしません。

    では、占い師になりたい人に疑問解消Q&Aですが、多くの人が気になる「占い師に資格はあるの?」ですが、結論から言うと占い師に資格は必要ありません。 占い師資格や占い師認定証を出している団体もありますが、あれは民間団体の出している民間資格で何の役にも立ちません。

    日本は占いに関する公的な資格はないので、このような認定証や免状をHPや鑑定室へ掲示している占い師さんは、自分に自信が無いか詐欺師かのどちらかで、とりあえず「資格」を前面に出している占い師や霊能者はヤバイと考えればOKです。

    繰り返しますが、日本に占い師に関する公的な資格は無いから、「社団法人占い師○○会」や「NPO法人占い師養成□□学園」が出している資格だから公的、そんなことは一切ありません。 (資格をHPや事務所に飾る占い師や霊能者は、ニセモノか詐欺師なので注意!)

    そして「占い師の年収はどれくらい?」は気になる人が多いと思いますが、正直言ってピンキリで東京に限定すれば平均して年収200~300万円くらいで、都内の大手占い館で上位5名に入れれば、色々な手当(イベントや販売など)を入れて年収500万円くらいだと思います。

    これが岡山県で言うと平均すると100~200万円くらいですが、特殊な例として某先生はタウン情報へ広告を打ち~物品売買をして~電話占いから占い学校まで、「儲かるなら何でもやりまっせ!」と丸儲けして噂では7千万円くらい稼いだようですが、これはタウン情報などの広告媒体を利用したイメージ戦略の勝利でもあります。 (メディアが詐欺の片棒を担いだとも言えます)

    大阪や兵庫で生活保護の不正受給が発覚しましたが、それが占い師だった事件もありました。 地方だと生活保護を貰いながら占い師をしている先生が多く、そんな先生に鑑定して貰って運が良くなると思う方が間違っています。

    先日、会社勤めが嫌だから占い師になって大儲けして女にモテたいと言う男性が来ましたが、何をどう話しても占い師になりたい→私には霊能力がある→金持ちになれると、こんな話しかしないので話が噛み合わず、最後には怒って帰りましたが50歳(独身)を過ぎた男の言うことではありません。

    あなたは占い師に、なりたいですか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    悪いお店。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には良いことが起きる、その良いこととは目には見えないけれど幸せなこと、不平不満は意識しなくてもいくらでも出るけれど、真の幸せとは意識しないとわからないままで、贅沢を言い続けて幸運を逃して不運を招き入れるだけになります。

    人は幸せを追い求めるのは不思議でも何でもありませんが、その幸せとは何なのかは周りから見るとわかるけれど当事者はわからない、隣の芝生は青く見えると同じく今が幸せなのに幸せじゃないと言っていると、運命は一つや二つランクを落として、「あの時は良かった」と反省させるようにします。

    愚痴や不平不満はいくらでも出るけれど感謝はなかなか出ない、文句を言うのは簡単ですけれど感謝を述べるのは難しい、そういうことの繰り返しで運が悪くなるのは自業自得です。

    恋愛や結婚の相談を伺っていても「どうして?」と思うことがあり、それは何の為に結婚するのかと聞かれたら自分が幸せになる為と答える人は、間違いなく離婚するか~もしくは不満を抱えたままの結婚生活になります。

    本来の結婚とは相手を幸せにする為のモノであり、修行が入っているのに何もしなくても楽でいいと言うのは間違い、相手と自分の考え方の相違により魂を磨く、共感を得ることで共同作業の楽しさを学ぶ、目の前で相手の行動を見ることで尊敬の念が浮かんで自分の学びになる、そういういくつもの修業の場を設けてくれているのに途中投げすると、その後の人生で色々と困難が降りかかります。

    だからこそ、修行する相手に良い人を選ばないと、途中投げすることになります。

    人は生まれてきた以上は全てチャンスであり、不平不満を言うのは間違いです。 この世に生まれてきたこと自体がチャンスなのに、あれも無いこれも無い~あれはできないこれもできない~あれはやりたくないこれもやりたくない、このように自分に足りているモノに満足せず、自分がやれていないことに不平不満を言うのは幸せの放棄に等しいです。

    今は楽できる時代で昔に比べて余裕でできることが増えていますが、それを不平不満に感じるかチャンスに感じるかは自分次第、運が良い人と悪い人の差は紙一重で余り違いはありません。

    仮に同じことが起きたとしても、運の良い人は良い方へ考えるし、運の悪い人は悪い方へ考える、その積み重ねが100回~200回と積み重なっていくと埋められないほどの差になるだけです。

    私は運が良いと自分で思っていますが、それは県北で生活していたのに犯罪者にならず、まともに生きて行くことができているからです。

    他にも本来ならば出会えるはずのない、多くの素敵なお客様方にお会いできていること自体が素晴らしい幸運ですし、私のような未熟な占い師に予約が入るなんて奇跡としか思えません。

    飛行機での移動もほぼ何事も無く無事に移動できていますし、仮に飛行機が飛ばなくても新幹線に切り替えて移動できているし、素敵なお客様に御迷惑をお掛けせずに済んでいるのは本当にラッキーです。

    私は未熟者ゆえに色々な方々に御迷惑をお掛けしながら生きてきましたが、これも突き詰めると人に迷惑を掛けずに生きて行ける人なんてありえないのです。 だからこそ、人に対して思いやりを持つと言うのは自分の為でもあり、人に施すと言うのは自分の未来へ施すのと同じこと、思いやりと言うのは回り回って自分へ返ってくるのです。

    ただ、そうは言ってもいつもいつも運が良いなんてありえないので悪い時だってありますが、運が悪い時に繁盛しているお店に行くとか、運が良いパワースポットへ行くとか、もしくは運が良い人に会って運のお裾分けを貰うなど、これも開運の一つではあります。

    そうして良い運気を吸収して自分が立ち直れば良いことで、立ち直った暁には今度は人を助ける方へ進む、そうすれば運気の低下が最小で抑えられるから、もっともっと多くの人の役に立てるようになるかもしれません。

    いかし、更に上を行く開運法としては「運の悪いお店(繁盛していないお店)に行く」で、これは一歩間違えれば悪い運気を貰うだけになるかもしれないので諸刃の剣ですが、やる価値はあると言えばあります。

    例えば、私は東京出張で散髪することがほとんどでしたが、東京だと日にちを開けて予約を取って、そして岡山より遥かに高い金額を払って、鑑定の予約が詰まっている合間を狙っていかなければなりません。

    そして東京の床屋&美容院などは社員旅行もハワイへ1週間など豪勢で、儲けもかなりあるのでオーナーがフェラーリに乗ってタワーマンションなども当たり前、これは運が良い繁盛しているお店ではあるけれど、わざわざ出張期間中の大切な時間を削ってまで行くお店ではないと気付きました。

    ここからが開運の為の本題ですが、今はどうしているかと言えば倉敷事務所から徒歩1分程の場所にあり、旧道(昔の細い道)にある寂れた床屋さんへ行っています。

    このお店には7月から毎月行っていますが、建物は古く内装も昔のままで20~30年前なら繁盛していたのでしょうが、いつ行っても予約無しですぐに切って貰えます。 念の為に予約はしますが、私以外にお客様を見たことが無いし、いつもヒマそうにしていて気の毒なくらいのお店です。

    しかし、10月頃から好転し始めて、10月19日に行った時など私を切っている時に予約無しのオジサンが一人、そして予約無しのオバサマが一人、更に私を切っている間に予約の電話が2件、今まではオジサンが一人でも暇で暇で仕方が無いお店が、私が通い始めて4ヶ月で朝から奥さんと二人で大忙し、そんな状況になったので良かったと思いました。

    わざと運の悪いお店(繁盛していないお店)に行って、そのお店が繁盛するようにする、それは開運法の上級編です。 普通なら良いお店に行くところを悪いお店に行って、自分の運気をお店にお裾分けして繁盛させることで人助け、これがわざと悪いお店に行って開運する方法です。

    私の短い髪形は月に1~2回は行くので今まで6~7回は行きましたが、良い運気のお裾分けで繁盛し始めたなら嬉しい限りです。

    なお、東京で床屋へ行くと男の場合、カット・シャンプー・髭剃りで1回6000円以上は掛かりますが、この近所の床屋さんはカット・シャンプー・髭剃りで1回3000円ですから、月に2回行っても東京より安いのです。

    あなたは悪いお店に行く、やってみたいですか?

    d(⌒ー⌒) グッ!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は週明けの予定で、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    当たると繁盛。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日と言う思いが幸運を引き寄せますが、それは素敵なあなたの未来が輝いているからこそ、何ごとも平平凡凡で行くのが本当は幸せなのに、人は幸せの形を求めすぎて逆に悪い方へ進む負のスパイラルへよく入ります。

    負のスパイラルは誰しも入りたくないものですが自ら入る人が意外と多く、占い師としては止めたいけれど止めたら怒られる、そのジレンマはある程度のキャリアを積んでいる真面目な占い師さんならあると思います。

    「お客様の為に」の思想を最初はどの先生方もお持ちですが、占い師さんにも色々な考え方があるのでお金儲けに走る先生が多いのも仕方がありません。

    いやらしい話ですが人間はお金が無いと生きて行けない、そして占い師さんの90%は鑑定だけでは食べていけない、基本的に占い師さんは会社に所属して、鑑定場所の確保や予約受付や宣伝などは会社に任せて、そこで徐々に経験を積んでいくのが大体の流れです。

    いきなり事務所を開設して自分で始める歴戦の兵もいますが、いきなり事務所を構えて10年以上やれるのは別格、そんな占い師さんは日本全国探しても100人以下で、5年前にいた占い師さんが今はいないと言うのはよくある話です。

    そして経験を積んでいく過程でも先輩たちとお客様の奪い合いから始まり、虐めや嫌がらせを乗り越えて徐々に一人前になります。 こういう占いの館などでの占い師同士の人間関係は最悪、売り上げに直結するお客様の奪い合いと言う切実な問題があるからです。

    また、肝心のお給料ですが、占いの館など会社に所属の時は完全歩合制「6(会社):4(自分)」で、仮に鑑定料が4000円の場合は「2400円(会社):1600円(自分)」と言う取り分です。 (電話鑑定の占い師もほぼ同じ)

    原宿や新宿や銀座などに占いの館もたくさんありますが、そこで働いている先生方が相談に来る時の悩みは、ほぼ「人間関係・お金」の二つに集中します。

    人間関係が最悪な占い師がお客様の人間関係の相談に乗る矛盾、お客様が来ないと言う相談を私にしてくる占い師さんがお客様の商売繁盛の相談に乗る矛盾、こういうカオスな現場が占いの館など多くの会社所属の占い師さんの現実です。

    だからこそ、そこを乗り越えて早く自分の事務所を持とうとする気力と根性が大切で、会社に所属している占い師さんは一人前とは言えません。

    良い占い師さんに巡り合いたければ、まずは会社に所属せずいきなり自分で始めた先生を探すこと、次に会社所属期間が短い先生とも言えますが、問題を起こして首になった先生もいるので一概には言えません。

    さて、前振りが長くなってしまいましたが、一般的に占いについて勘違いされていること、それは「当たる占い師さんと繁盛している占い師さんは違う」で、繁盛している=当たるとは限らないし、当たる=繁盛しているとは限らない、その難しさは鑑定経験が長くなればなるほど身に染みてきます。

    何故なら、真面目な占い師さんは長くやっていると当てるだけならできますが、それをうまく伝える技術が備わっていないと、間違いなくお客様を怒らせてリピーターになって頂けません。

    例えば、未来を視た時に結婚できない未来だからと言って、「一生独身で、一人寂しく死んでいきます。 あなたの攻撃的な態度と口が悪いから、男性は近寄ってきません。」と、鑑定結果に出たからと言ってそのまま伝えたらトラブル発生です。

    そこを「将来は結婚できそうですが、もう少し一人で自由な時間を楽しむと出ています。 お客様は話しかけることが得意なので、多くの人と出会って活躍される未来があるかもしれないので、どんどんと出かけて行きましょう。」と、このように言い換える技術も必要になってきます。

    私も常連の方ならば本当のことを言う場合もありますが、馬鹿正直に視えたことをつらつらと並べ立てたら今ごろ私は廃業しています。 だから今は行方不明や事件解決の依頼が一番楽、視えたことを正直に言えばいいだけで余計な気遣いは不要です。

    注:TVに出ている占い師たちは番組内で「自分以外の占い師はニセモノ」と馬鹿にしますが、だったら真剣勝負(未解決事件や行方不明など)で受けて立ちますが、番組内だと威勢が良いのに台本が無いと何もできません。 (これについては後日、ブログかTwitterに書きます。)

    話は戻りますが、占いは当たれば良いわけではないのがここで、繁盛している占い師さんは当たるわけではなく「納得させる占い」で、予約待ちになって大繁盛している占い師さんほど、「当たり外れは重要ではない」と言うのはここの部分です。

    当たらなくてもお客様が納得して頂ければ、それは当たっているのと同じこと、的中率と繁盛することとは無関係です。

    2000年以降にスピリチュアルが流行った真の理由は、前世の自分はお姫様や王女様など凄かった満足感を得られる、うまく行かないのは自分のせいではなくシナリオがあるから仕方が無い、今の自分が不運なのはソウルメイトに出会えていないから、このように「他人のせい(不可抗力のせい)」にできて、自分は悪くないと言う部分を刺激したからです。

    占い師としてご飯を食べていきたければお客様を満足させること、その為にはありもしない現実を空想させるのが一番、前世やソウルメイトや妖精さんは確かめようがない、だから嘘とばれることなく良心さえ痛まなければいくらでもやれます。

    しかし、世の中は悪人ばかりではなく良心を痛める占い師さんもいて、占い館などへ所属している先生方の中には、「オーナーに言われて嘘を吐いているけれど、実は私、視えない。 どうしたらいいですか?」と、こういう相談もあります。

    ちなみに、この正直な某先生はタロットや四柱推命など占いをきちんとすれば相当な腕前、オーナーが「霊視やスピリチュアルの方が客が入る」と言う方針で、全員を霊視やスピリチュアルで宣伝していますが、この某先生の腕前なら正直にタロットでもかなり繁盛します。

    最後に、占いへ行って文句を言うのも少し違うと思いますが、人は自分に応じた占い師さんに出会うものです。 (飲食店をマズイと貶すのは、そんなお店を選んだ自分を貶すのと同じ。)

    それなのに鑑定後に占い師さんのことを悪く言うのは自分を悪く言うのと同じ、その占い師さんへ行くと決めた自分の決断、その占い師さんを選んだ自分の考え方、それこそが自分の今の現状を表しているのですから、それを改善する努力や行いこそが開運の秘訣です。

    あなたは当たると繁盛、どちらがいいですか?

    (*´pq`*)ムフッ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop