徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    選ぶべき男性。

    おはようございます。 素敵なお客様方は幸せになることが確定済み、それは日頃の行いはもちろんのこと、あなたが生きていることで未来における役割があるからです。 あなたの未来における役割、それは多くの人を笑顔にすること、誰かの役に立つ人生は素晴らしいと思います。

    その為には自分が誰と付き合うかも大切で、下品な人と付き合っていると次第に下品になっていくし、上品な人と付き合っていると次第に上品になっていきます。

    これは例えなので絶対とは言いませんが、私が県北時代に関わりのあった工場や建設現場の人たちに、品格や礼儀があったかと言われたら難しいです。 それは工場や建設現場での立ち振る舞いを見ているし、更には私だって同じ場所へいた以上は同類でしたから、人のことをあれこれ言える訳がありません。

    私は県南へ出てきて占い師になってから皆様に助けられた、それは間違いない事実でどうしようとも変えることのできないことです。

    そして今では色々な方々を鑑定させて頂ける、それは全てが素敵なお客様方のおかげで自分の力など1%も無いと思います。 占い師とはお客様がいなければ単なるプータロ―かニート、無職と言っても過言ではありません。

    そんな私を救って頂いたのは素敵なお客様方、私はその恩に報いる為にも年中無休で鑑定し続けていかなければならない、私に休息など必要ないと言うか、休む暇があれば鑑定をすると言うスタンスですから、私個人は恋愛や結婚とは無縁になると思います。

    私が恋をすると言うことはあり得ないと言うか、考えられないのが今で、私が人を好きになるのかな?とも思えます。

    それは生い立ちに関係があるのかないのかわかりませんが、私は小学一年生くらいから家で一人で留守番と言うことに慣れていたので、家に人がいない状態をおかしいとも冷たいとも思いません。

    だからなのか、家に人がいると言うのに逆に慣れていないとも言えます。 サザエさん一家のように常に家に誰かいると言うのはほのぼのしますが、だからと言って自分が家族で和気あいあいの場であるサザエさん一家、あそこにいる姿を想像できるかと言えば難しいかもしれません。

    それに自分のことよりも人のこと、私個人の幸せなどどうでも良くて、素敵なお客様方が幸せならそれでいい、私が思う幸せとは皆様が笑顔でいることが私の幸せ、私が家族を作るとか家が欲しいとか車が欲しいなどは一切ありません。

    立って半畳寝て一畳、それだけのスペースがあれば人は生きていけるし、贅沢しなければどこでも生活はできると思います。

    私が住んでいるのは4畳半にキッチンがついた築40年以上のアパートですけれど、寝るだけだから全く問題がありませんし、最寄り駅まで歩いて電車で事務所へ通うから自転車も車も必要ありません。

    お金は寄付や災害支援に回す、その生き方を変えたら霊視できなくなると思いますし、贅沢するような人生を運命は許さないと思います。

    しかし、そうなると困ったことが一つあり、私は家族を持つことは不可能に近くなります。 私は贅沢しなくてもいいけれど家族はそうはいかないと思うので、家族を持つことを運命は勧めていないと思います。

    私の先祖は日本人なら割りと知っている知名度ですが、その先祖との因縁と言うか関わりが山崎家に降りかかっているとも言えるのですが、その先祖のことを理解してくれる人もそうそうはいない、占い好きなら理解してくれるかもと言うレベルです。

    以上は私の場合だから特殊な例ですが、恋愛相談を受けていると本当に良い男を見逃して、痛い男と恋愛してうまく行かないと悩む人を数多く視ます。

    例えば、相手のことを考えて月に2~3回電話する男性と、相手の都合など考えずに毎日電話する男性では、どう考えても相手の都合を考えて電話を控える男性の方が良い男です。 それなのに相手の都合も考えずに電話しまくる男性の方を好きになる女性が圧倒的に多い、こんなに電話してくれるなんて本当に私のことを好きなんだ、そう勘違いしてしまうのはちょっと待ったです。

    結婚生活と言うのは恋愛と違って継続、24時間365日を一緒に過ごすのは気遣いができる男性の方が圧倒的にいい筈なのに、恋愛として攻めてくる男性を良いと思ってしまう、この辺が男を視る目が無いと言う部分になってしまいます。

    本当に好きなら相手の都合を考える、自分の欲望だけなら都合を考えない、それをどうして気付かないのと思うけれど、恋とは盲目でそういうモノなんです。

    女性はよく考えないといけないのが、その男性は愛しているから口説いてくるのか、それとも執着で口説いてくるのか、その辺の見極めが出来ていないから後で泣くことになります。

    私からすると一目瞭然なんですが、男が別れたくないと言うのは「自分がフラれるのはプライドが許さない、だから自分が飽きてフルまでは自分のモノにしたい。」と、この考え方に気付けないと痛い目に遭っても仕方がありません。

    本当に好きなら大切にする、身体もむやみやたらに求めない、食事でも何でも女性にお金を使わせない、人から尊敬されることをしている、多くの人が彼の周りには集まる、これくらいのことは見極めないとダメ、その男性の価値とは周りにどういう人が集まるかで決まるものなのです。

    あなたが選ぶべき男性、どんな人がいいですか?

    (p_;)\(^^ )

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    恋愛事情。

    おはようございます。 空を見上げると澄み渡っていたら気持ちがいい、それと同じく心が澄み渡っていると気持ちがいい、辛い時や悲しい時もあるけれど、それでも心が澄み渡っているようにしておくと運も良くなります。

    さて、そんな時に一番の特効薬とは恋をすること、誰かを好きになるって素晴らしいことですが、その人の為にと思えばウキウキできる、だから恋愛は一度でいいから経験しておくと人生に深みが出ます。

    今は恋愛をしない人が増えている感じもありまして、特に20代の恋愛離れもあるようですから残念です。 大いに恋愛をして幸せになって欲しいし、仮に失恋しても心の傷が癒える頃には次の素敵な相手が出現していると思います。

    今は11月ですからそろそろクリスマスが見えて来るし、その次は年末年始のイベントが目白押し、更にはバレンタインデーまでも入ってくる時期となりましたが、今の時代は淡泊なのかどうか知りませんが、仕事や趣味に夢中で恋愛に消極的な若者が増えているとも言われます。

    例えば、今の20代の男性の中で分類しても3人に1人が交際経験なしと言われていますし、今まで何人の方とお付き合いしたことがあるのかと聞かれても、正直言って男性より女性の方が今までお付き合いした経験が多いとも言えます。

    20代男性は今まで交際経験がないと答える人が30%くらいいて、草食系男子など恋愛に消極的な男性を指す言葉が次々と生まれてきたように、奥手の男性が増えていることが色々なアンケートなどにより現れています。

    また、仕事や趣味など自分の為に時間を使っていると、どうしても恋愛が面倒で後回しになってしまうなんてこともあるかもしれず、男性なら仕事をしてなんぼだから悪いとも言えません。

    今までの交際期間に関するアンケートを見ても、今まで一番長い交際期間=一か月未満と答える人がいるので、これは交際したうちに入らないのではと思ってしまいます。 だから結婚願望も女性はあると答えるのに男性はわからないと答えたり、何となくぼかして決めない人生を歩んでいたりします。

    50歳までに一度も結婚をしたことがない生涯未婚率が年々増加傾向ですが、将来的にはいつかは誰かと結婚したいと言う結婚に前向きな20代もいるにはいますが、今の生活に不自由ないから別にどちらでもいい、そんな感じで進んでいるから結婚しないとは思えませんが、結婚しない確率が上がっているとも言えます。

    ただ、恋愛とはいきなり始まるものですから、狙ってはうまく行きません。

    その先にある偶然により出会って結婚と言う運命がどうにかするのを待つのも手ですし、自分から出会いを求めて努力するのもありですし、結婚とは偶然でも努力でもどちらでもあるにはあります。

    しかし、恋愛事情とは様々な状態で起こりうるので一概にどうこうは言えませんが、占い師として視ていると一つとして同じ恋愛事情はなく、悲喜こもごもで度の恋愛事情も感動あり涙ありで、その人にとっては美しい思い出なのかもしれません。

    そして職業的にも恋愛事情は様々で、芸能人が一般人と付き合う時は秘密、この秘密と言う言葉でしか表せません。

    俳優でも歌手でもいいんですが、お付き合いしていることは絶対に秘密で行かないとだめですが、西島秀俊さんの奥様はお付き合いしている時に絶対ばれないようにと、厳しいルールがあったそうですから守り切れて結婚なんて凄いと思います。

    そういう特殊な職業でなくとも、世間一般でもそれなりに秘密でないといけない職業はありまして、キャバ嬢やホストの方々はパートナーがいることがほとんどですが、それをお客様に話すことは絶対にありません。

    必ずお客様の前では独身や独り身を強調しておきますが、それはお越し頂けるお客様へ対しての礼儀、疑似恋愛を楽しむ場で色恋をさらけ出すのはプロ失格です。

    その他にも意外に思うかもしれませんが美容師さんは、自分に恋人がいるかどうかわからないようにしている筈で、特に指名制のお店で働いている男性美容師さんは、女性に気に入られるのが給料にも繋がるので表に出さないことがほとんどです。

    後は表に出さないと言うか出す状況でもないのが医師で、患者さんとして行った先の医師を好きになった、そういうケースもありますが有名なのは鈴木杏樹さんが治療へ行った先の医師に交際を申し込まれて結婚したのがあります。

    ただ、あれは個人情報を知りうる立場で勝手に個人へ電話した、そこは少し問題になったそうですが結婚したので問題無しとされたようです。

    なお、占い師さんも他の占い師さんへ自分の恋愛を聞きに行きますが、占い師としての経験を積めば積むほど第三者として鑑定する時はいいアドバイスができるけれど、自分のこととなれば冷静な判断が出来なくなるし、嬉しいや辛いが入ると余計に視れなくなります。

    それに占い師さんはパートナーが出来ても公にすることができませんが、それは占い師が恨みを買いやすいから家族に危害を加えられることがあるからです。

    以前、東京で女性占い師さんが暴行を受けて全治6か月のけがを負いましたが、占い師は知らない人と密室で二人きりになるから何をされるかわからない、最近は男性鑑定お断りや女性同伴なら可能が多いのはその為です。

    それに普通のごく一般的な占い師さんと結婚するのは男性でも女性でも構いませんが、霊能者系の占い師さんと結婚するのは結構大変です。

    何故なら、霊能者系と付き合ったら霊が憑依しやすいとか良い気も悪い気も受けやすいなど、視えない世界からも霊能者のパートナーとして神羅万象から視られるので、自分の身を守る術を身に着けて貰わないといけない、それができないと周りの影響を受けやすくなりそううつ状態をコントロールできなくなります。

    あなたは恋愛事情、どう思いますか?

    ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    忙しい男~後編。

    おはようございます。 早速ですが、昨日の続きから入りたいと思います。

    付き合いが長くなってくると忙しいから会えないと男性は言い始めますが、それは時間を作るのが面倒なだけ、付き合い始めた頃なら頑張って飛んでいくけれど、それなりに付き合ったら面倒だから行かないとなります。

    だから男としては忙しくて会えないとは言わずに、「会えないほど忙しいと言うべきです。

    意味は同じでも、ちょっとしたニュアンスの違いで会えないほど忙しいの方が大変さが伝わり、それなら許しちゃおうかなと言う気にもなります。

    忙しいから会えないだと突き放したように感じますが、本当に忙しい男性は心に余裕が無いからいつ会えるのと聞かれるだけで嫌になります。 手を繋ぐや腕を組むも疲れている時にやられると嫌になりますが、仕事のできる男ほど人前ではべたべたしません。 (外国人は別、しないと訴えられますから。)

    ほとんどの女性が彼の忙しいを疑いつつも信じてしまう、実際に男性としては都合が悪い時は仕事を言い訳にするを基本の男性もいるのは事実です。

    特に会社員で役員とかでもないのに忙しさだけを理由に会えないと言う男性は、真剣ではないと思われても仕方のないことですが、その根底にあるのは彼のあなたに対する情熱の差でもあります。

    なお、あなたが彼の予定を把握できる状態なら忙しいは事実、冒頭にて書いた芸能人や有名人や社長など特殊な職業は、忙しいが事実ですから疑ってはいけません。

    そして彼と会えない時のやってはいけないも説明してみますが、彼と会えない時が長くなると気持ちは辛くなりますが、人間は感情があるので気持ちが辛くなると衝動的に自分でも予想外の行動を取ります。

    まだ、彼にあなたへの想いが残っているなら、後になって取り返しのつかないことをしたと後悔する事になるかも知れません。

    彼との関係がぎくしゃくして来るとやってしまうのが二つ、一つ目は元カレの存在で別れ際に修羅場にでもなっていない限り、元カレと思い出を辿るうちに連絡を取ってしまうのは絶対にNGです。

    男性は彼女がいても元カノから連絡があれば無視する可能性は少ない、お互いに思い出を共有するから久しぶりに話しがはずんで今度会おうかとなります。 そうなると2人の男性の間で苦しむか、それとも2人の男性を苦しめるか、どちらかになって今よりも辛い状況になります。

    そして二つ目は身近な人に行くことで、会社関係や近所の同級生など自分を知っていてくれる人に行く、そしてずるずるの関係になって今の彼を苦しめることになります。

    そしてストレス解消にと合コンに参加するのもNGで、合コンはノリで連絡先を交換して何とも思っていない男性から何度も連絡が来るなど、彼との関係がはっきりしない時に他の男性との連絡や接触は人としてどうかと思います。

    そして会えないからとイライラを直接ぶつけてしまうこともNG、何度も電話やメールは嫌がらせになります。

    男性は会えない時が長く続くと会いたい気持ちが出ますが、彼女から必要以上にコミュニケーションを要求されると恋愛感情が冷めます。 会えないから会いたい気持ちが芽生えているのに、その芽をあなたから摘んでしまわないのも大切です。

    忙しい時の彼を彼だと思ってはいけないが結論で、これは恋愛じゃないと思ってしまうかも知れませんが、仕事が忙しいことを理解しているけど会えない現実に感情が複雑が本音です。 こういう相反する感情で悩むと気力も消耗して感情も乱れてしまい、感情が乱れると人はネガティブな方向に向きます。

    彼の仕事が忙しく会えない時に友人からデートの話を聞かされたりすると、自分と比較して気持ちが落ち込んだりしますが、人は自分が幸せな時は他の人と比較する事はありません。 人との比較は破局への入口になりかねない危険性を含んでいますが、あくまで自分たちの問題を人と重ね合わせないことです。

    忙しい彼についやってしまうのが、暇になったら連絡をとプレッシャーをかけるで、男性は忙しい時に仕事と恋愛を同じに考えることは無理、そこにメールが来るとプレッシャーに感じることがあります。

    どうしてもメールが送りたいならプレッシャーと思われないメールにするで、例えば「毎日、頑張っている姿は嬉しいです。 また、いつでも連絡して下さい。 でも、忙しかったら返事しなくていいです。」と、これなら彼の心理的負担はかなり軽減され、無理して返事しなくていいの一言で男性は気を使ってくれていると思います。

    彼が忙しくて会えないなら寂しさや不安がつのり私は大切にされてないと思い始めて、耐えられないとなって彼に別れを切り出そうとしますが、次にいつ会えるんだろうとなれば出口のない迷路に入り込んでしまったようなもの、そんな時に心はパニック状態になっていますがパニックだと人は冷静な判断を下せなくなります。

    よく考えないといけないのは一時的な感情で彼を失ってもいいのかで、後ろ向きに進んでいるなら後悔と言うゴールが待つし、そのゴールは楽しいことではなく辛い毎日が待ち受けています。

    彼と会えない辛さについてよく考えてみると、自分だけが我慢したり寂しい訳ではなく、彼の方も会えない寂しさや辛さがあると言うこと、それを乗り越えないと何も解決しないのが忙しい彼と付き合うと言うことです。

    2人で距離を埋める努力は必要ですが、男性は仕事があれば寂しさを埋めることもできるので女性の辛さが分からないから、男性は女性の辛さを分かる努力や勉強は必要だと思います。

    いくら会えなくてもツーショットくらいは会う度に撮る、それくらいはしておかないと愛想を尽かされても仕方がないと思います。

    あなたは忙しい男と、付き合いたいですか?

    w(゚o゚)w オオー!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    忙しい男~前編。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方には良いことがたくさんあって、それにより更に周りの人を喜ばせるなど、多くの笑顔の輪が広がることを祈ります。 私は皆様方の真摯な態度に尊敬の念を抱き、自分の未熟な点を改善しようと思います。

    さて、今日は特殊な恋愛事情も含めまして、恋愛相談で多い部類の彼と連絡が取れないや会えないについて解説してみたいと思います。 ただし、今日は女性向けではなく男性向け、彼女に寂しい思いをさせていると別れる羽目になりますよと言う、男であれば反省するべき内容ですが私も人のことは言えません。

    まず、忙しくて時間が取れない男性、特に芸能人やスポーツ選手や社長など何らかの有名人、学者や職人や美容師や占い師などの専門分野で生きていてある程度知られている人、そういう人と付き合うにはどうすればいいかを今日は解説してみます。 (注:無職やニートなどの男性は除外した内容です)

    一般的に言いますと女性よりも男性の方が熱しやすく冷めやすいと言われていますが、それは男女間における恋愛感情の違いにも表れています。

    女性の場合、これは徐々に上昇して行くのに対して、男性の場合は付き合ってすぐに最高潮に達しますが、それは男性の方が女性よりも視覚から感じる情報に対して、敏感に反応するからだと言われています。

    つまり、目の前にいる彼女が好みのタイプであればあるほど、一気に感情がピークに達するから口説きたくなるし、付き合いたくなるし、一気に関係を深めたいとなります。

    ただし、それに女性がまともに付き合うとどうなるかと言えば、毎日毎週と二人でデートを重ねているから、あれほど情熱的にピークに達した感情が付き合う度に薄れて行くことになり、あの情熱が落ち着いてきて好きが低下して距離を開けたくなるのが男です。

    ところが、それにより会えない時間が長く続くとピークの恋愛感情が戻って来るのが男性で、女性が会えない時間が長く続くと会いたい気持ちが薄れて行くのに対して、逆に会いたい気持ちが募るのが男性とも言えます。

    基本的に男性は不器用と思って頂きたいのですが、仕事のできる男性が恋愛でもできるとは限らない、実際には経験を積めば恋愛における気遣いもできるようになるのですが、遊ぶ暇など無く仕事一筋だから恋愛のテクニックを磨く暇がありません。

    仕事一筋の男性は嗅覚や学習などに優れていて、そんな男性が好きなTVを見ている時に話しかけたら急に機嫌が悪くなる、そんな経験をお持ちの女性もいると思います。

    これが男性の本質を表していますが、仕事のできる男性は一つの事に集中すると他の事が見えなくなり、そんな時に話し掛けられたりすると邪魔とか鬱陶しいと感じます。 特に仕事においてはその傾向が更に強くなり、仕事と恋愛を同時に考えられない時間が仕事一筋の男性には存在します。

    鑑定でも話すように男性は働いてなんぼ、仕事の評価=男性の社会的評価とも言えるので、仕事が忙しいと恋愛を頭の隅に追いやってしまいます。 どんなに忙しくても、どんなに遅くなっても、少しの時間でもいいから会いたいと言うのは圧倒的に女性に多く、男性は仕事に集中している間は頭の中の大部分を仕事が占めています。

    だから、仕事が終わっても翌日の段取りや一週間や一カ月単位での仕事が頭にあり、翌日の段取りが済んだら1週間先の仕事に興味が移る、そこに彼女の存在など無い、翌日も仕事なら早く寝て体調を整える、電話なんかする暇はないとなるから女性はそこに寂しさを感じます。

    私はLINEをしませんが昔ならメールで今ならLINE、仕事中に彼女からメールが来てもすぐに返事を返せない、それが重要な仕事なら余計に返せません。 そして仕事が終わった時には彼女からメールが来ていた事も忘れて、スマホを見たら彼女から何通ものメールが届いているケースもよくあります。

    正直に仕事だったから返事できなかったとLINEやメールをしても、そんな理由で彼女が納得してくれるのか男性は確信が持てない、そこに彼女に対する申し訳ない気持ちがあっても連絡しにくいです。

    電話→いきなり責められる、メール→納得してくれない、LINE→次々責められる、そんな想像をしたら返信の手も止まります。 それが自分のせいだと分かっていても怒られるのが嫌で怖くなる、女性には理解出来ないと思いますが恋愛観の相違、男性は用事がなければ連絡しないが基本です。

    男性は熱しやすいので付き合ったばかりの頃は頻繁に連絡を取りたいけれど、付き合いが長くなって来ると連絡の頻度が確実に下がるのが男性、女性からすると身勝手な話しでしょうが、これは仕事と恋愛を同時に考えられない男性の本質と関係があります。

    ようは彼女と頻繁に連絡を取ることは不要と思っている訳ではなく、よほど重要でない限り連絡を取らなくてもいいと考えてしまいます。 仮に彼女から毎日最低でも5回は連絡してと言われたら負担に感じるので、その負担も最初は気にならないけれどしばらくすると負担から破綻となります。

    占い師から言わせて貰うと返事を待つ女性の1週間とは、男に取っての1時間にしかなりません。 男性より女性の方が現実的とはよく言われますが、この現実的とは男女の時間間隔の違いにも表れています。

    女性は具体的な短期間で時間や期日を決めたがる傾向があり、男性は長いスパンで物事を決定する傾向があります。

    例えば、半年先や10年先と考える時に女性は男性よりも長く感じます。 男性が悠長に考えている3年後は女性に取っての15年後くらいで、とてつもなく長い年月に感じるとなります。

    つまり、1日メールの返事が来なかったなら男性に取っては1日と言う時間の事実しか感じませんが、女性からすると返事を待つ時間は1日ではなく10日くらいに感じると言うことです。

    男性の方々、これをよく読んでおかないと彼女が爆発して別れを告げられるから、本当に大切な彼女ならばマメに連絡して下さいね。

    長くなるので、明日へ続きます。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    暗示。

    おはようございます。 素敵なお客様方にお会いできることが本当に幸せ、それを私は大袈裟どころか本当に思っています。 素晴らしい皆様方との出会い、それにより色々な思い出が作られていく、それを思い返すと涙が出るほど感動しますが、人と人が出会うことは素晴らしい可能性や感動を生み出します

    人が人と出会うことで化学反応が現れてきて、それにより更なる成長が見込まれることがほとんどです。

    良いことがあれば学びとして素直に受け止めることで成長できるし、悪いことが起きれば反面教師として次に生かすことで成長できるし、人が人と出会うことで何かの学びになるのは善悪どちらでも可能です。

    私は占い師をしていることで初めて素敵なお客様方に出会えた、それをどう解釈したらいいのか、それくらい素晴らしい人にお会いできるから自分で自分のレベルの低さに悩むこともあるし、皆様方のレベルの高さに自分も頑張らないとダメだと凹みつつ精進の元となったり、人との出会いは本当に人を変える原動力です。

    例えば、恋愛についての占いでよく運命の人と言いますが、運命的な解釈で言うと人間には生まれる前から運命の人が存在する、そう言われていますが何もせずに運命の人に出会えるほど楽はできません。

    しかし、実際に運命の人を目の前にしても残念ながらスルーしてしまう人がほとんど、せっかく運命の人が近くにいたのにスルーしてしまうなんて悲しいです。

    そこで考えたのが運命の人とそうではない人の見分け方や、そろそろ出会うかなと言う前兆みたいなものがあるのかないのか、それを解説してみたいと思います。 それに気付くかどうかは別ですけれど、その起きるべき現象を知識として頭に入れておけば、その時に気付けるチャンスも少しは増えるのではないかと思います。

    では、ここから解説ですが「大きな事故や病気があった時」には運命の相手と出会いやすいです。 自分の運命は自ら切り開いていけるようになっていますが、どんな時でも前向きに生活していけば運気も上昇で、暗いことばかり言っているとダメかと思います。

    今の時代は災害も含めて離婚やリストラと言う災いが突如としてあり、離婚するにしても夫婦間での喧嘩やトラブルは多いし、それにより責められると人間不信に陥ってしまうかもしれません。

    不運な人は不幸に目が行って結び付けやすいのですが、離婚したら社会との関わり方が変わるのでトラブルが起こりやすく感じますが、そのような苦難があることで辛い時間に視えますが実は運命の人が現れる前兆です。

    そして「もう、無理! この世の終わりや!」と自分が死んでしまう程の危機的状況や病気、これもかなりのチャンスの時なんですが、一度死んでしまったレベルだと死後の世界を見てしまい、以前とは全然違うと言う異なった人格となり生還する話もあります。

    これは単純にこの世とあの世を行き来しただけではなく、自分が一度生を失うと言うお別れを経験することで、厳正にやり残したことや未練を全身で感じ取ることになるので、ある意味生まれ変わったとも言えます。

    一度死んだような経験があれば確実にモノの見方や考え方が変わるので、死を直感した経験そのものは運命の人との出会いの可能性を示唆しているとも言えます。

    例えば、癌など死に至る大病で手術した時に前と変わらず付き合ってくれる、そういう人は実はあなたに取って運命の人、病気や何かで態度を変えるのはニセモノです。 生まれ変わったあなたにとって大切な人、それは今までなら絶対に巡り合わない運命の人と既に出会っているかもしれません。

    「大幅な環境の変化」なども運命の人に出会う前兆かもしれませんが、人生においては通学や就職により転校や転勤と言う何らかのきっかけで、大幅な環境の変化が訪れることもあります。 環境の変化は生活にあらゆる作用を齎す大きな影響力を持っていますが、自分の意思が及ばない部分で変化があった場合、運命の人が現れる前兆かもしれません。

    今まで仲の良かった親友と些細なことから口論となり絶縁して別な人と友人になる、転勤をきっかけに一人暮らしを余儀なくされてから出会う人たち、こういう環境が大きく変わる状態になると、それは運命の人と始める新しい生活に必要な環境を整える意味となり、強制的に生活が変わってしまうのも成長に必要だからかもしれません。

    後は何と言っても「人間関係が大きく変わる」で、運命の人との出会いは人間関係によって左右され、人は同じ考えやオーラを持つ人同士で引き寄せあいますが、結婚するほど惹かれあう相手でも引き寄せあったのに離婚、それは途中でどちらか~もしくは両方の考え方やオーラが変わってしまったと考えられます。

    出会った頃は同じ考えでも結婚生活を通し歪みが出ると別れの選択肢しかない、人間関係をコントロールする何か目には見えない世界があるからです。

    自分の意思には関係なく別れが次々と起こってしまう時もチャンス、別れは悲しみしか残りませんが広い視野で考えたら、必要な運命の人との出会いへの道を進んでいることが感じるもしれません。

    最後になりますが「あなたに人生最大の試練が連続して起こる」なら、運命の人との出会いはすぐ近くまで来ています。 この酷い状況を乗り切れるのかと試されているようなものです。

    運命の人の特徴としては一概にこれとは言えませんが「一緒にいて落ち着く人」で、ドキドキよりも安心感です。 黙っていても苦痛に感じないし懐かしさを感じる感覚になる、頭で理解するよりも心が無意識のうちに反応します。

    あなたは運命の暗示を、受け取っていますか?

    (・ω・)bグッ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    未婚の時。

    おはようございます。 今日も朝起きて青空が広がるのですから平和なのは良いこと、もっと良いことが起きるのを自然に感じて頂ければ風が吹いても幸せを感じられる、幸せとは何かが起こるのではなく何も起こらないこと、事故も病気も無ければそれで全てはOKです。

    さて、その基本的な幸せは勿論ですが、若いうちはいいけれど歳を取れば取る程に気になってくるのが孤独感、歳を取ると一人なのかなと急に不安になってきたりもしますが、そういう時の為にも結婚をしておくのが良いかもしれません。

    ただし、個人の考え方もあるので必ずしも孤独感を感じない場合もありますが、ソクラテスいわく「ともかく結婚せよ。 もし君が良い妻を持てば、幸福になるだろう。 もし君が悪い妻を持てば、哲学者になるだろう。」と言った程です。

    結婚は魂の磨き合いとも言えるのですが、お互いの足りない部分を補ったり間違った部分を修正したり、そういうお互いの成長の為とも言えます。

    人生において間違っているのは恥ずかしくも何とも無く、知らないことだってあると思います。 その知らないことや間違っているのを謝らずに意地を張ってそのままにしておく、それが人間関係を壊す元となるので素直になってこだわりを捨てる、そういう修練の場となるのも結婚生活です。

    ただ、その結婚生活も一歩間違えたら残酷になってしまうのですが、それは後述するとして結婚についてのあれこれです。

    現在、アラフォーの3人に1人が未婚と言われますが、どうして結婚しない人が増えたのか、もしくは結婚したいのにできない人が増えたのか、そこも重要な部分ではあると思います。

    例えば、忙しくもないのにクリスマスの日に休めなかったり残業を入れたり、職場も少し融通を聞かせたら良かったのにと思う程ですが、上司が不幸な人なら部下に嫌がらせをすると思います。

    例えば、アラフォー世代では通常なら大半の人が結婚して家庭を築いていますが、それでも未婚で恋人がいない人もたくさんいます。 2015年の国勢調査のデータでは35~44歳男性の未婚率は32.3%ですから単純計算では、アラフォー世代における3人に1人が未婚と言う結果です。

    ちなみに戦後の1950年の頃は未婚率が2.6%ですから、半世紀以上も建つと様変わりと言うか、昔はお見合い結婚にて周囲の取り決めなどもあって半強制的に結婚、そういうこともありましたが今は違います。

    自由恋愛の扉が開かれたのはいいけれど、そこから生き残りと言うか苦悩の時代になった筈です。

    年収が低い男性は未婚率が高いの現実、年収200万未満では未婚率は約60%程度、当然ですが収入が上がるにつれて未婚率は下がり、年収800~1000万にもなれば未婚率も10%程度です。

    はっきりとした現実ですが男性は一家を養う経済力が求められますが、女性の約70%が年収400万以上の男性を望むのも仕方がありません。 子どもを育てるなど家族を維持するにはお金が掛かる、だからと言って希望年収の男性は全体の中で約30%、年収200~300万の男性が多い時代ですから、それでも結婚OKとなれば良いけれど無理です。

    男性が結婚できるかどうかは年収と未婚率が割りと関係していて、こようなミスマッチを摺り合わせることが今の結婚相談所の腕の見せ所です。

    女性が高望みしてけしからんとの意見もあるかも知れませんが、男性は結婚したら収入が上がることが多いのですが、女性は結婚したら収入が下がることが多いので仕方がない、求める条件が厳しいのではなく家族の維持には必然とも言えます。

    正直、未婚だと男女において収入の差はありませんが、既婚者になると結婚が与える影響は男女で大きいから、女性が男性に年収を期待するのは仕方がありません。

    女性が働いたら男女の賃金が平等して女性が結婚をためらう、これは逆で結婚したら女性のチャンスが制約されるので、女性は仕方なしに結婚相手に高い年収を期待する、そういう男性がいないなら結婚しないが答えです。

    今は共働きの過程が増えているので仕方が無いのですが、夫だけで普通に食べていけると言う時代ではないからこそ、お互いが歩み寄りを見せないと難しいのかもしれません。

    ここまで結婚が遅々として進まない理由を解説してみましたが、男性もしっかりしないといけないし、女性もある程度は譲らないといけない、そういうお互い様の部分がどうなのかなと、そこまで考える余裕が無い時代なのかもしれません。

    ただし、結婚して相手をボロカスに言うのは夫でも妻でもあってはならない、その理由は自分で選んだからで誰かに命令された訳ではないからです。 好きで結婚したいと言ったのは自分、周りが止めたのに突き進んだのは自分、それを人のせいにしているのは人として間違っています。

    Twitterは不平不満掃き出し装置と化していて、TLにはここまで言うかと呆れる程に不平不満や愚痴や悪口が流れてきますが、どういう人と結婚して文句を言っているのかなと思います。

    聖人君子と結婚して相手が豹変したと言うならわかりますが、家事育児を手伝わないと言うならそういう人と結婚しただけ、する人ではなくしない人と結婚してしないと言うのは間違っています。

    未婚の時に既婚ではどうなるを見ずに突き進んだなら、それは自分の責任で誰のせいでもありません。

    あなたは未婚の時、どう思いましたか?

    (・ω・)bグッ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    リンク。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、それを感じられる人と感じられない人がいて、それは不平不満を言っているかどうかの差もありますが、モノの見方や捉え方の差でもあります。

    例えば、たまたま時計を見たら時間(数字)が並びだった、隣の奥さんと常に休みが一緒、これらは本来は意味がない筈なのに偶然の一致が何かの意味があるのではと捉える人もいる、それが味方や捉え方とも言えます。

    これと言う答えではありませんが、リンク=つながるですから何かとリンクしていると思えば楽しい、彼と彼女がリンクしたとは他人同士の彼と彼女が接続(付き合う・結婚)とも言えます。

    スピリチュアルでは何かと言えば必然ですと言いますが、正直言って出会いとは偶然が重なって出会うので意図的には無理、出会いに偶然はないと言ったところで誰かと出会うのは突然です。

    自分で出会う人をコントロールしている訳ではないし、たまたまの出会いから何かが始まることがほとんどです。

    ただし、出会いに偶然は無いと言うのも一理あるにはありまして、過去から現在に至るまでに出会った人たち、仲が良いとか悪いとかも含めて出会ったのも偶然では無い部分、それは日頃の行いによって出会いの道は分かれるからです。

    出会ったこと自体はたまたまの出会いですが、その場所へいるには何かの意図があるからこそで、コンサートで出会ったなら同じ歌手を好きだった、そして同じ日の同じ場所へ行った、そしてたまたま隣り合わせた、このように自分が動いたからこその出会いですから、出会う為の努力はしたことになります。

    つまり、そこへ至るまでは自分の意志で行ったことばかり、相手の心を操ったりは出来ないので全く知らない人を引き寄せてきたのではなく、それぞれが偶然の出会いに向かって同じような行動をしたことにより出会ったと言うことです。

    また、出会うまでは行動と偶然によりかなりの違いも出ますが、出会った後に相手に気に入られるかどうかは別、自分も相手を気にいるかどうかは別、偶然に出会ったとしてもその後のことはお互いの意志により左右されます。

    自分では運命の出会いだったと思っても相手からすると興味が無いとリンクできない、自分も相手に~相手も自分にとお互い興味が出て、そこからは偶然ではなくお互いが望んだからこそ続いているとなります。

    ようは出会いは偶然でも付き合いの度合いは意志によるもの、仲良くなるとはまた会いたいですから自分が好きな人、ここまでで纏めると出会いは偶然でも付き合いは必然となります。

    また、違うレベルの人同士は付き合えないので、類は友を呼ぶから出会いまでは偶然でも付き合いは必然ですから、その先に起こることは自己責任で誰のせいでもないのに、どうしてこんな人と結婚したのかは後悔しても仕方がないことです。

    全ての出会いは偶然でも付き合いは自分の意志によって起こるモノ、自分が望んでいるから付き合いが続いているのであり、誰かと出会っても嫌な人なら自分とは合わないからと遠ざける(スルー)筈です。

    あくまでも出会いとは偶然でも付き合いはお互いの意思によるもの、自分が好きでも相手が嫌いなら関係は続かないのです。

    出会いは偶然が運んでくれても付き合いは自分の実力がモノを言う、これを理解していないと会いたい会いたいで会ったら失敗になり、せっかくの出会いを運命が演出してくれても徒労に終わります。

    偶然の出会いも仲良くなって再び会えるのは必然、いくら出会った所で相手に気に入られなければ縁は終わってしまいます。

    良く引き寄せの法則などと言いますが人との出会いは無理、どんなに恋人が欲しいと願っても恋人ができない人が多い、それこそ引き寄せの法則など無いことの証明です。 自分自身が行動をしなければ無理なのに、頭の中で願うだけで引き寄せられるなんてオカルトの世界です。

    部屋にいるだけで誰かと出会う可能性はゼロなのに引き寄せ引き寄せと言っても無駄、今まで恋人がいないなら今までの行動が間違っていた、思い通りの彼氏が現れないか~現れたとして興味のない人か、自分のアンテナが正常じゃないから仕方ないことです。

    それをどうやって打破するかと言えば、自分の好きな所へ行ってみるのもありで、仮に好きな歌手のコンサートへ行くと趣味の合う男の人に取りあえずは出会えます。

    類は友を呼びますから自分と同じ感覚の人と仲良くなるので、自分が好きな場所や好きな人がいる空間へ行くのは大切なこと、自分と合わない人たちがいる所へ出向いても無駄、自分の思う人と出会いたいなら少なくとも嫌いな人がいる場所へは行ってはいけません。

    引き寄せの法則は無いとは言いませんが、それを本気にしていても出会いは無い、それよりは街へ出て誰かと出会えるチャンスへ自分から飛び込む、それこそがリンクする相手と出会えるコツでもあります。

    あなたはリンクすること、よくありますか?

    v(*'-^*)-☆ ok!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週からの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop