徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    おかげさま。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様のおかげで過ごせていますが、今日と言う日を無事に迎えることができるのは、それは自分の力ではなく全ては周りの人のおかげであり、自分自身の力と言うのは100%の内で1~5%くらいしかありえません。

    世間的には何かあればすぐに「俺の力だ」と言う人が多いのですが、実力主義と言う名の幻想に捉われているから誹謗中傷など人の足を引っ張るとか、自分が一番で否定する奴は絶対に許せないと言う歪んだ考えになって悪口を言いまくるのです。

    なお、愚痴と悪口の違いを聞かれることも多いのですが、愚痴と言うのは「今日も残業だ~、たまには早く帰りたいな。」が愚痴で、悪口と言うのは「あいつはハゲのくせに美人の奥さんを貰いやがって」が悪口です。

    話は戻りますが、人は自分の実力を誇示したがりますが、実力主義や成果主義などを採用していけば行くほど企業は廃れていく、終身雇用と年功序列は素晴らしい制度だったのに、目先の欲で不況と格差社会を作ってしまった、それは金~金~金と言い続けてきた人たちにとっては自業自得です。

    占い師をしていてお恥ずかしい限りですが、2017年4月は未熟な私に取って転機で、視えなかったことやわかっていなかったことなど、舌足らずや言葉足らずも含まれますが説明がダメだった、そして考え方が間違いではないかもしれないけれど言うべきではないことなど、私の馬鹿さ加減が浮き彫りの月とも言えました。

    だから、4月下旬頃から鑑定へ来た常連の方は説明の仕方が、少し変わっていると感じたかもしれませんが、それは意図的に説明の仕方を変えているからで、同じことを言うのでも違う言い方を考えて説明しているからです。

    今までは時間の関係もあり説明を省いたり直球で説明したりを、遠回しに説明したり違う表現にしたり、それにより不快な表現が減ったかと思います。

    不快な表現は細かく説明しなくても分かりやすいけれど、理解する代わりに嫌な気持ちが残るようでは占い師失格、その辺がわかっていなかったからお恥ずかしい限りで、今さらながら私の未熟さに自分で呆れかえっています。

    恋愛でも結婚でも仕事でも、お互いが諍いになるのは自分の実力で何とかしてきたと思う気持ちがあるからで、夫は「俺の稼ぎで生活できている」で、妻は「私の家事育児で家の中が回っている」と、お互いがお互いに敬意が無くて当たり前になっています。

    その良い分はどちらも正しい、どっちかが悪いや間違いではなく正しい、その正しいがぶつかるから譲れなくなる、そして譲れないことが増えれば増えるほど、辛い結婚生活や離婚への序章となるだけです。

    自分が全部してきたと言いたくなる気持ちはわからないでもありませんが、それは驕りで自分中心の考え方です。

    人生と言うのは自分の実力と呼べるのは1~5%くらいでほぼ無し、自分の人生と言うのは周りの人に支えられているのが95~99%くらいで、自分の実力と言うのは無いに等しい、それを自分の実力で生きてきたと言うのは神様に唾吐く行為です。

    御飯を食べる時でも、「お金を出して買ったんだから俺の力だ!」と言うのが驕りで、いくらお金を出したと言ったところで、お米など食材を農家の人が作ってくれたおかげ、その農家だって地球と言う大地のおかげで農産物が作れる、それを輸送したり調理したりの人もいます。

    そして調理する為のガスや電気を作る人もいる、そうやって考えるとお金を出した俺の力は間違いで、色々な人のおかげで調理された料理を食べることができているだけ、それがわからないのは感謝の気持ちが無いからです。

    この話をすると感謝していると言う人が多いのですが、本当に感謝していると運が悪くなることは無いから、運が悪いと感じる時点で感謝できていないことになります。

    これは禅問答みたいになっていますが、感謝の気持ちがあれば不平不満が口から出てこなくなりますが、それは天気一つ取っても晴れだと「傘もささず太陽が見れて嬉しい!」となり、雨だと「草木が潤い大地に恵みがあり、レインファッションを楽しめる!」と受け取ることができます。

    つまり、本当に感謝の気持ちがあれば目の前の現象に対して感謝できるから、その現象に対して一々文句を言うこと自体が無くなる、感謝していると言う反論をする時点で感謝の気持ちが無いことに気付けたら、それは感謝できているとなります。

    仮に私が感謝の気持ちが無いと言われたら、「あぁ、教えて頂き、感謝します。」と答えますが、この考えに成れたのが4月頃だったと言うのが占い師としてダメだった、人は生涯勉強と言うのは本当だと心底気付けたのです。

    私は素敵なお客様方がいるから占い師ができる、占い師としての実力なんてゼロに等しいけれど、素敵なお客様のおかげで補えて、そして成り立っていることが現実で、占い師としては皆様のおかげで成り立っているだけです。

    数式で表すなら「100%=素敵なお客様の力が99%+私の実力1%」で、100%の占い師として活動できているのは素敵なお客様方の99%があるからこそ、私の実力不足を補って頂いているからこそ成り立つのが私の占い師としての人生です。

    自分の人生は、親、兄弟、教師、知人友人、上司、同僚、先輩後輩、お店の人や通りすがりの人なども含めて、そういう関わる人たち全てのおかげで、そのおかげさまと言う気持ちがあれば運が急降下することもありません。

    取りあえずは嘘でもいいから「おかげさま」と言う言葉を使うようにして、心を籠めなくてもいいから「おかげさまで~」と言う、それにより人間関係が円滑に行けばいいことですし、少なくとも嫌われることは無くなります。

    ただし、私は人のことを言えた義理でもなく自分自身が勉強中の身であり、素敵なお客様方が鑑定に来て頂けるからこそ、自分の未熟を恥じて反省できるだけで、、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたはおかげさま、その気持ちがありますか?

    (゚∇^)]モシモシ?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    家族は甘え。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は幸せな一日の始まりの筈、違うと言うなら、目が見えること、手足が動くこと、これらにケチをつけているのと同じ、お金に換算できない幸せを与えられているのに不平不満を言うのは筋違いです。

    人は当たり前に思うと不幸の第一歩で、それを解消できるかどうかは自分次第、運命と言う以前に人生は自分のモノ、それを他人がどうこうできると思う方が間違いで、知らない誰かが焼き肉を食べたらあなたが美味しいと思う、これくらいおかしな話です。

    自分の運命なのに人任せにする、人に何か方法を教えてもらい、その通りにすれば願いが叶う、ダイエットすると決めて他の誰かに運動と食事制限をして貰うと、自分があっと言う間に痩せていく、そんなことがあれば人生は簡単ですがあり得ません。

    人の弱みに付け込むと言う言葉がありますけれど、悩み苦しむ人を騙すのは簡単で引っかからないようにしないと、ネットで売られている妊娠米など最たるもの、こんなインチキに引っかかる人がいるのと思うかも知れませんが、困っているなら手を出してしまうのが人なのです。

    幸せを追い求める気持ちはわからないでもありませんが、その幸せとは目の前にあるのに探してしまう、まさに青い鳥のチルチルミチルみたいなもの、それなのに人はある筈の幸せを無いと考えて追い求める、いくら追い求めても幸せに気付けないなら、それはどんなに素晴らしい幸せでも気付けないままです。

    誰かに「この世に愛が存在するか?」と聞かれたら、私の答えは「あると言えばあるし、無いと言えばない。」で、どうしてこういう答えになるかと言えば、愛がある人もいるしない人もいるからで、この世に愛があれば犯罪のほとんどは起きないし、そもそも犯罪の入口である悪口や虐めは起こりません。

    この愛を定義付けるのは難しいけれど、愛があるから~愛が無いからと単純に決めるならば、会社内では同僚や上司などお互いに愛が無いからいざこざが起きるとも言えます。

    また、独身で彼(彼女)がいない場合、「彼(彼女)が欲しい」となるのは自然なことですが、その彼(彼女)ができたなら「もっと、○○だったら~。」と、彼(彼女)が欲しいと言う願いは叶ったのに、今度はいることによる不平不満が顔を出してきます。

    いないことが不安を巻き起こしていたにも拘らず、いることで不満を感じるのは、おかしな話となります。

    こういう一見すると些細な不満を抱えたまま結婚するとどうなるか、当たり前に感じると思いますが、付き合っている時は他人で結婚したら家族、この家族となった時から甘えが出るのが人間です。

    彼と彼女から夫と妻に変わると、お互いに優しかった筈が喧嘩ばかり、そうなるのも「家族=甘えの構図」が出来上がるからです。

    彼と彼女の時には相手に気に入られようと気を遣う、特に男の方は「やりたい!」と言う一心で親切丁寧にする、ところがやれたら終了と言うくらい豹変する、やれたら連絡しなくなるとか、仕事が忙しいと言い始めるなど終了してしまう、これが距離が近いほど贅沢になる真理の一つです。

    家族とは甘えの構図があるから喧嘩できる、旦那さんが給料を運んでくるのを当たり前、奥様がご飯を作るのを当たり前、そう考えているから感謝が無い、ところが「近所のおじさんが資金援助してくれる」となれば感謝感激、「近所のおばさんが食事の世話をしてくれる」となれば感謝感激、同じ行為なのに感謝の度合いはまるで違います。

    ここまでの話を当たり前だと思うのであれば、「お金もご飯も自動的には出てこない」と言うことに気付く、そうすれば夫も妻もお互いに感謝し合える間柄、そうなると喧嘩することは無くなるし、喧嘩が馬鹿らしくなります。

    夫婦とは元々が他人、他人の集合体が家族と言われているだけ、実際には他人の集まりなのに家族だと感謝できない、他人がしてくれると感謝できる、同じことなのに感謝が出来たり出来なかったりです。

    夫の方は「俺が食わしてやっている」で、妻の方は「家のことはしている」と、全く感謝も無く価値観の違いが喧嘩になる、男と女は違う生き物だから意識や思考の擦り合わせができないと、一緒にいる意味が無くなってしまいます。

    結婚とは魂の磨き合いで、楽をする為に結婚するのではなく、自分の甘えを捨て去る修行の為に結婚するのです。

    結婚して我儘が癒える相手(夫・妻)が出来た、そこで我儘を言わずに相手を思いやる、それが結婚生活と言うもので、結婚したから命令すれば何でも言うことを聞く、そういう奴隷扱いするのが離婚への序章です。

    家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)と言う関係の中で相手に言うことと、他人に言うことに差がある人は人間関係がうまく行く筈もなく、家族には暴言を吐くけれど他人には言わないと言う二面性の持ち主、そんな裏表のある人と仲良くしたいと思う人はいません。

    これは「家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)で喧嘩をするな」と言っている訳ではなく、「最初から喧嘩が発生しない大人になりましょう」と言っているだけ、人と人が絶対に喧嘩しなくなるなんてことを、外部からの操作でやれるのであれば、この世に犯罪が存在しなくなります。

    家族=甘えの構図を改善する、家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)こそ他人と同じ扱いにする、そうすれば言葉使いや態度などが自然と改善されて、家の中で喧嘩になること自体がありえないのです。

    最後に、私の個人的な見解ですが、身体を大切にする、精神をリラックスさせる、この体と心を休めたり大切にしようとは、どの占い師さんでもお医者さんでも誰でもかれでも言いますが、本当に大切なのは「家が安らげる場所であること」です。

    家に帰るとホッとする、家にいるだけで身体と心が休まる、そうなると外で遊ぶよりも早く家に帰りたいとなり、どこかへ旅行に行くより家でゴロゴロしていたいとなる、家養生と言うべき「居心地の良い家にする」と言うのが、体と心の為には一番大切なのです。

    あなたは家族は甘え、どう思いますか?

    ゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    出会いのチャンス。

    おはようございます。 人は何の為に生きているのかを、歳を取れば取るほど考え始めたりもしますが、それは誰にもわからないことです。 自分の使命を聞かれる方もいますが、そこで作り話をすれば満足される方は何もしていない場合がほとんど、壮大なる使命を夢見ている人は現実では何もできません。

    スピリチュアルブームの悪いところですが、自分の前世はお姫様でセレブな生活をしていたから、今世ではブランド物を身に付けてイケメンのお金持ちしか相手にしない、そんな考え方を世間に広めて植え付けたのがスピリチュアルブームで、こんなことを言っていたら結婚なんて夢のまた夢です。

    恋愛相談の基本の出会いについてよく聞かれますが、「自然な出会い~」と言い始めると「ちょっと難しいかも?」と思いますが、その理由は「この地球上において自然ではない出会い」と言うのは存在しえないからです。

    生まれた時に隣の家に住んでいる幼馴染と結婚したら、「小さい時から知っているからつまんない」と言うのは大間違い、生まれた時から既に結婚相手が隣へ住んでいた奇跡を喜ぶべきなのに、それをつまらないと言う方がどうかしています。

    実は「自然な出会い~」と言う気持ちはわからないでもなく、昔の県北時代の私なら同じことを言っていたと思います。

    何故なら、「自然な出会い~」とは、「自分が何もしなくても、向こうから声を掛けてくれて、自動的に恋愛から結婚へと進む、それもイケメンで背が高くて高収入で話が面白い人。」と、これが「自然な出会い~」の本当の意味で、何もしなくても自分の理想通りの人に出会えることを人は自然な出会いと言います。

    ここまで読んで「なるほど!」と理解できる人は大丈夫ですが、「そんなことない」と怒る人は厳しい現実が待っている未来ですが、自然な出会いとは、この世にある出会いは全て自然な出会いで、決まっていた出会いはありません。

    人が人と出会うには何か行動を起こすのが一番で、スポーツを始める、何かのサークルに入る、ボランティアに参加してみる、そういう自分が何か行動を起こすことで人は人と出会うのです。

    私は飛行機や新幹線での移動でも出会いだと思っていますが、トム・クルーズに羽田空港で出会えたのも私が東京出張をしていたからこそ、倉敷事務所だけの占い師だったら出会えることは一生なかったと思います。

    ダライ・ラマ14世に新幹線乗り場であったのも移動していたからこそ、ちなみに芸能人に会った話をしても驚かれませんけれど、ダライ・ラマ14世に会った話をすると、かなり驚かれますからプチ自慢です。

    出会いを求めるなら自分が何かをすることで、仮に温泉に無茶苦茶詳しくなれば「温泉のことなら~」と声が掛かるようになるし、料理で無茶苦茶レシピを身に付ければ「料理のことなら~」と声が掛かる、そこにあるのは人から必要とされている自分です。

    何でも良いから人に頼りにされる、人から用事を頼まれる、人から道を聞かれる、人から仕事を頼まれる、これは都合よく使われていると感じるかもしれませんが、それはレベルが下だとそう感じるだけ、徐々にレベルを上げて行けば頼りにされていると変化して、その次には人からの頼まれごとが楽しくてしょうがなくなります。

    出会いを求める人は出会いが無いからですが、どうして出会いが無いのかと言えば出会いを求めていないから、本当に出会いを求めていたら何かをする筈です。

    面倒くさい~話しかけるのが恥ずかしい~相手のことがよくわからない、こういう言い訳をしていたらいつまで経っても無理、これで出会いがあったら余程の引きの強さがあるから、その方が奇跡、自分では自分のことがわからないから、自分はちゃんと動いているのに出会いが無いと思い込みがちです。

    私は年間で2千人の鑑定をしているからこそわかるのですが、出会いが無いと言う人は出会いのチャンスを逃している人が多い、運命はちゃんとチャンスをくれているのに、それを拒否する人や見逃す人の方が圧倒的に多いのです。

    これを話すと大抵は「拒否していない・見逃していない」と答える人がほとんどですが、自分が思った通りの人との出会い、自分の理想とする人との出会い、それでなければ拒否やスルーしている筈です。

    連絡先は男から聞くもの、身長は180センチ以上、年収700万以下はあり得ない、こうやって自分の理想や条件ばかりを相手に押し付けて譲らない、これは拒否していることに他ならないので、これでは恋愛が始まるわけがありません。

    「でも、私にも好みが~」と言う気持ちはわかりますが、選ぶ権利と言うのは自分にもあるけれど相手にもある、自分が相手を値踏みしているように相手も自分を値踏みしている、それはお互い様なのに自分だけに選ぶ権利も断る権利もあると思う人が多いので、現代社会では結婚できない男女が増えているのです。

    出会いのチャンスとは一期一会であり、目の前の出会いを粗末にしている人が明日の出会いを大切にできる筈が無い、それなのに今は男女共にバッサリと縁を切る傾向が増えているように感じます。

    出会いのチャンスを貰っているのに断る、その場で決めなければ次の人へチャンスが回るのに、あとになってから「もう一度」とは失礼な話、一度断っておきながら今さらと言う部分を何とも思わない、そんな人を誰が好きになるのか、自分がされたら嫌なことを相手にもしないです。

    男女限らず厚かましい人は嫌われますが、よく考えたら自分も厚かましい人になっていないか、そこの部分を振り返って反省しないといつまで経っても同じことの繰り返しです。

    誰かに紹介や仲介をお願いして縁結びのチャンスを作って貰う場合、そこには「敬意」が必須条件で、紹介者や仲介者に敬意を払う、会う相手にも敬意を払う、それが無いと次のチャンスは絶対に貰えません。

    出会いとは縁があるかどうか、その縁とは日頃の積み重ねであり、日頃の積み重ねとは自分自身の行い、元を辿れば日常生活が良い縁と繋がるようにきちんとできているのか、そこからが縁との始まりです。

    あなたは出会いのチャンス、素直に受け入れていますか?

    σ(´ x `;*)ンート・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    何も無い。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰りましたが、元気に過ごせているのは幸運な証拠、毎日が当たり前ではなく奇跡の連続、そう思えることが何よりの幸せの原動力であり、一番良くないのは何もしないことで、何もしなければ何も始まらないので、何かをする&何かをされるのは何かの始まりです。

    さて、恋をしていると人は元気になる、その恋をしている人の数が一定の割合なら世界は平和ですが、多くの人が恋をしていると逆に取り合いや奪い合いになるので、それはそれでうまくいかずに喧嘩や諍いが起きたりします。

    本当に平和が成り立っている状態になるにはどうすればいいのかと言えば、これは女性には怒られるかも知れませんが、ベトナム戦争でアメリカが疲労している時に出た名言があり、悲惨な戦争状態であるからこそ出た本音の言葉だと思います。

    それは「男と女がSexしているなら、誰も戦争なんてする気にはならない。」で、これは言い得て妙と言うか確かに事実であり名言でもあり泥沼だったベトナム戦争終結を多くの兵士が望んでいたと思います。

    これを戦争の無い日本に当てはめると、ダメな男をしっかりした女が尻を叩いて仕事へ行かせる、その状況が一番いい状態で戦争が起こりようがありません。 そういう男ほど女に目が無い、裸を見たら興奮する、大きい胸やお尻が良い、こういうことにこそ本気になり、尻を叩かれないと仕事へ行かない男が戦争を起こす元気も気力もありません。

    しかし、現実にはダメ男の対処法に困る女性も多いようですが、その逆に真面目で何もしない男にも困っているようなので、今日は何もしない男のことを中心に書いてみたいと思います。

    まず、男性と女性の両方に考えて頂きたいのですが、「女性が横に寝ていたら男は我慢できると思うか?」で、 一緒に飲んでいたり仕事が遅くなって終電が無くなった時でもいいけれど、「仕方ないからホテルに泊る?」と言う状況があるかもしれませんが、大抵は男がソファで女がベッドは基本でも、中には「私は一緒でも平気」と言う豪傑な女性もいます。

    そうなると一緒に寝る状況が成立しますが、そんな時に男性は我慢できるはずがありませんが答え、一つのベッドで横に女性が寝ていたら我慢できる男はいない、興奮して寝付けないし、手を出さずにもいられない、襲ったりはし無いけれど手は出すもので、その気がないなら「一緒でも平気」は絶対に禁句です。

    「一緒に寝てもいい」なんて言われたら男は200%勘違いしますし、男は基本的に我慢できない生き物です。

    ただし、男性が受け入れられないほど好みではない場合は、一緒に寝ても手を出すことはありませんし、逆に男の方から一緒に寝ることは絶対にせず、仮に女性から「一緒に寝よう」と誘われても頑なに拒み続けます。

    顔の好みは人それぞれ、体型も人それぞれ、それでも総じて60~70%の男性はスリムと言われる体系を好むので、もしもの時の為に好きな男性から愛される女性になりたいのならば、いつでも脱げる体を作っておくのも一つの作戦です。

    話は戻りますが、男と女の考え方の違いもありまして、女性の場合はホテルの一室に友人男性と泊まっても、「何もないことが普通」と思っている筈です。

    しかし、男からすれば「それはあり得ません」で、ホテルに泊まろうなどと女性から言われるなら男としてはついて行くしかない思考状態、当然ですが「やれる!」と思っていますし、女性から「言っておくけど何もしないからね!」と釘を刺されてもやれると思っているのが男です。

    その一方で「やれなかった現実」があっても、そこまでガッカリしないのも男の特徴で、「女友達とホテルに泊まった・同じベッドで寝た」など、これだけでも興奮するので満足感が意外とあったりします。

    そして、更に興奮するのが「付き合っていない」と言う「やってない未体験ゾーン」と言うのが何よりも興奮する状態、今後どうなるか分かりませんがホテルに泊まったりするのは、確実に良い方向に進んでいると解釈する訳で、やりたいことが本望ですがプロセスに興奮して楽しむことも大切です。

    再度念押しすると、男は横に女性が寝ていたら我慢などできませんが、拒まれたからクヨクヨすることもありませんが、拒むにしても人格を否定したり暴言や激高など本気で拒絶は止め手上げて下さい。

    そんなことなら「何で一緒に寝てるのか意味不明」で、その気がないのに一緒の部屋に寝ているなら、優しく拒んであげることがモテる女の条件で、これからと言う時期なら男女共に楽しい時期のはずで、微妙な関係を楽しんだら次のステップに進まないと恋は完結しません。

    しかし、それより問題なのは、横に男が寝ているのに手を出されなかったこと、やらなくてもいいけれど「手すら出されない」のは、女として見ていない~女として魅力が無い、どんな理由があるにせよ「同じ部屋で寝ているのに何もされなかった」なら、その女性は彼ができないか~結婚できないかが続く可能性が大です。

    男と同じ部屋に泊まるとはそういうことで、何もされなかったなら「可能性は無い」と言う証拠、一方的な感情でいい感じだと思っていたにしても、男にも付き合う人や生涯を共にする人を選ぶ権利はあるのです。

    真面目な人ほど先を見据えて物事を考えるから、お酒を飲んでいたとしても真面目な人は理性を保とうとするからこそ、そういう人が真面目と言われる所以、もしも、何もされなかったなら、彼の気持ちを察してもいいのではと思います。

    男と女の間には色々なことがあるので、お互いが好き同士ても結ばれないことはあるし、お互い好きでも別れなければならないことはあるし、その事情を全て解決できたら世の中は幸せなカップルばかりです。

    男と女がお互い分かり合える時は永遠に来ない、その永遠に来ないことを二人で探していくのが恋愛や結婚ですから、手を出されなかったのは人としては正しいことでも、結婚へ進む道としては間違っている可能性が大です。

    最後にお知らせですが、春のパワスポ巡りは4月16日の朝8時45分に集合、集合場所は明日か明後日には発表しますので、お時間に空きがあるなど、宜しければご参加下さいませ。

    参加者全員で参拝して、集合写真を撮って終了、あとは知り合いになった人同士でお茶に行くも良し、新年会以来の旧交を温めるも良し、素敵なお客様同士の縁がどうなるかは、その人次第で切れたり繋がったりです。

    ただし、男女の連絡先交換は私の目の前でお互いの同意がある場合のみ、作り話で言うと、意気投合したからと言って終了後にホテル直行なんてマナー以前の話、こういうことがあるとイベント中止も検討せざるを得ません。

    あなたは何も無いのは、○と×のどちらですか?

    ☆ヾ(-Θ-:) オイオイ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    相性。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せになって欲しいと思いますが、その幸せとは何なのかは人により違いますが、どうこう言っても結婚に繋がるのではないかと思います。 人は一人では生きて行けないけれど、誰かと生きていることが鬱陶しいと思いつつ幸せだったりします。

    占いで一番多い恋愛相談では「相性」もよく聞かれますが、世間的な相性と霊視で見た相性では少し違うので、まずは世間的な相性の方から解説です。

    相性と言う言葉は非常によく使われて、「あの人とは相性が合わない」など、仲が悪い時には使われますし、恋愛では男女の相性は必ず出る言葉、この感覚的で数値化しにくい相性を4つにわけてみます。

    1:「匂いが平気(もしくは好み)」で、遺伝子的に言うと女性は自分が持っている遺伝子と似たような匂いの遺伝子を持つ男性を嫌い、遺伝子がかけ離れている匂いの男性を好きになると言う結果があります。

    これは匂いで遺伝子を判断して近親間の妊娠を防ぎ、より健康な子供を産む為の遺伝子の仕組みではないかと言われています。 つまり、不潔でも何でもないのに女性が「あの人、臭~い!」と言う時は、「自分と同じ匂いだから嫌い」が遺伝子的には正解です。

    だから女性が異性に感じている「クサイ」と言うのは、自分と同じ匂いであることを知っておかないと、「あの人、クサイ!」と言うのは自分が発している体臭とも言えるのです。

    2:「経済的感覚が同じ」で、人の脳には10代の頃から「親の言葉づかい・ライフスタイル・趣味・」など莫大なデータが無意識に構築されています。

    カップルや夫婦が長続きするのは経済感覚が似ている人に多く、確かに極端な節約家の人と極端な浪費家の相性が悪いことは、誰でも簡単に理解できると思います。

    3:「趣味趣向や好奇心の方向性が同じ」で、知性のレベルや好奇心の方向性が似ているカップルは長続きすると言われ、旅行好きとパチンコ好きは相性が合わないし、クラッシックと演歌では音楽と言う趣味は同じでも中身が違いすぎて合いません。

    だから同じ歌手、同じ本、同じ映画、このように知的レベルと好奇心が同じでないと、カップルも夫婦も長続きしにくいのです。

    4:「社会観が同じ」で、これは社会との関わり方や倫理観や道徳観が同じと言う意味で、道で人が倒れていたら助けるタイプの人と素通りするタイプの人では、付き合っても関係がうまくい来ません。

    当然ですが、寄付やボランティアに興味のある人とない人が付き合っても無理で、人の為にと自分だけの人が付き合っても無理、倫理観や道徳観は意外と重要なのです。

    ただし、遺伝子的な例外として女性が働き者で男性が怠け者の場合は、女性の母性本能が働いて余程の酷い状況にならない限り、見切りをつけることはありません。 「どうして、こんな目に?」と思いつつも、男性に飯を食わせてお小遣いを与えると言う生活を続けてしまいます。

    ここまでの1~4が似ている、もしくはあまり相違が無いと言うカップルや夫婦は、余程の緊急事態が無い限り別れない、もしくは別れるところへ行くまでに回避されるので、結果として長続きしてしまうのです。

    ここまでが世間で言うところの相性で、結局は人としてのレベルが同じが似ていれば生活環境も同じになり、趣味嗜好が同じか似てくると言う話です。

    そして霊視的に言う相性とは何なのか、それは「お互いが笑顔で暮らしているかどうか?」で、そこには学歴や収入や身長や顔などは一切関係なく、未来において二人が幸せに暮らせているかどうかが全てです。

    奇跡のA夫妻を例に取ると、奥様に叱咤激励を受けて頑張りつつも、その奥様に癒されていると言う部分もある、奥様が主体で旦那様が従うと言う流れができていれば幸せな未来、そんな感じで過ごせているから「相性が良い」と判断します。

    しかし、たとえ医者と結婚しようが、官僚と結婚しようが、それは今を切り取ると幸せかもしれませんが、10年後に「浮気、DV、離婚」などの未来が待っていたら、今は幸せでも未来では幸せじゃない、そんな風に判断せざるを得ません。

    そして肝心なことは「相性は数値が高い方が良いわけではない」で、相性100%は理想ではあるけれど、私の話を聞いていないと悲惨なことになるのが相性100%の怖さです。 相性が良い方が良いと言う占い師は半人前で、相性が良ければ良いほど苦しみを生むことになります。

    何故なら、相性100%でスタートしたカップルは、相手のことは何でもすぐにわかってしまうし、相手の思いがすぐに理解できてしまうし、初めて会った筈なのに昔から知っているかのような不思議な感覚に陥ります。

    この相性100%は極たまにいるのですが、私自身の経験でもほとんどいないレベルです。

    この相性100%には落とし穴がありまして、それは「付き合えば付き合うほど、相手のことを嫌いになっていく。」で、相性100%は頂点からスタートするので「会う度に相手の欠点が見えてくる」から、最初は会う回数や電話やメールの回数や時間を制御しないと、あっと言う間に相手のことが嫌になって終了を迎えてしまいます。

    この組み合わせの時は細心の注意を払わないとダメで、その対象者にきつい言葉であろうとキチンと言うべきことは言う、それが出来ないと終焉を迎えてしまうことが多いと学ばせて頂きました。

    それさえできれば相性100%は素晴らしいと思いますが、私は相性100%の組み合わせは推奨できないと思っております。

    私が鑑定していて思ったのは、相性は40~50%でスタートしてから、お互いが相手のことを徐々に理解してすり合わせて、それでお付き合いを始めて結婚へと流れる、それが一番いいのではないかと思いました。

    最初から手に取るようにわかってしまう相手ではなく、相手に訪ねて答える会話のキャッチボール、それがあった方が良い関係が築けると思うのです。 そして最初は40%の相性をすり合わせることにより、50%→60%→70%と上げて行けば良いと思うのです。

    あなたは相性を、どう思いますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    思った程じゃない。

    おはようございます。 人は生きていると色々なことがあり、それは自分が思う想定内のこともあれば、予想もしない程の出来事もあります。 ただ、それが自分に降りかかってこないなら、余り関心が無いと言うか、対岸の火事と言うか、人は誰しもお尻に火が付かない限りは焦らないものです。

    例えば、仮にトラブル発生だったとしても思った程じゃないと人は安心するもので、私も色々な男女間のトラブルはお伺いしますが、何度も何度も聞いているとレベルが上がると言うか、前回より大したことは無いなと思うようになったりもします。

    ここから全て作り話ですが、ケース1として某夫婦の家に夫の浮気相手が乗り込んできて、目の前でリストカット、凄く血が吹き出して「死ぬかも?」と言う状態でしたが、肝心の夫はボ~と眺めてるだけ、家は血だらけになりましたが命に別状はなく思った程じゃありませんでした。

    ケース2:彼の家に朝起こしに行ったら玄関に裸で出て来た彼、ピンと来た女性がすぐに部屋へ上がるとベッドには見知らぬ女、「何やってんの!」と修羅場になりましたが、話し合いの末に普通にお別れしただけでした。

    ケース3:高校生の時に彼を家に連れてきて母親に会わせると、それから3ヶ月程経った時に、家へ帰ると彼が母親とベッドの中、母親に彼を寝取られた事例ですが、彼と母親の姿を見た瞬間に頭が真っ白になって家を飛び出して親子断絶、それでも今は母親になって思った程の悲惨な人生ではありません。

    ケース4:彼が浮気して浮気相手との間に子どもができたので、相手を連れて来いと言ったら親友A子でした。 「あんた、できちゃった結婚するって、こういうことだったの!」と怒り心頭、それでも今は別な男性と結婚して幸せになっているので思った程の不幸ではありません。

    ケース5:切迫流産で絶対安静中で入院したのに、夫が浮気して家に相手を連れ込んだのが判明、ところが相手は男で夫はゲイだったことも判明、相手が女じゃないなら浮気じゃないと許して、今でも仲良く夫婦で幸せに暮らしているので思った程の不幸ではありません。

    ケース6:ある男性の浮気がばれ、彼女とは部屋で話し合いをして彼女も納得して、交際は続行と言うことになりましたが、この男性は懲りずに浮気をして浮気が女性にばれ、その時も話し合いをして落ち着いて、それで元の鞘へ納まり交際は続行となりました。

    しかし、男性は三度目の浮気をしてばれましたが、それでも話し合いの末に交際は続行となりました。

    男性は「ちょろいもんだ」と調子に乗っていましたが、ある日のこと、いきなり会社へ女性が来て奇声を上げて机に飛び乗り、「この男は~!」と彼の悪行を皆の前で暴露、慌てた彼は「やめろ~!」と近付いたら、その女性は机の上を走って、そのまま勢いをつけて窓から外へ飛び降りました。 (注:オフイスは確か8階)

    その場にいた皆は慌てて窓の外を見ると、女性は街路樹に引っかかって、枝が折れたりしながら少しずつ下へ落ちていき、そして歩道の上に落ちたそうです。 そして皆が見守る中、その女性はむくりと起き上がり再びオフィスまで登ってきて、皆の前で「あんたなんか別れてやる!」と叫んだそうです。

    この男性曰く、「もう、死んだかと思った。 でも、会社も首にならなかったし、居心地は悪いけれど人の噂も75日と言うし、思った程じゃなかった。」と全く反省してないので、社内恋愛も取引先恋愛も結婚まで行かないなら女性が損するシステムです。

    ケース7:ある男性が浮気をしていたことがばれて、彼女は怒り心頭で彼の部屋に突入しました。 その彼女は頭に来ていたので灯油を部屋に持ち込み、部屋に灯油を撒き散らして、残りは自分の頭から被り、「この部屋に火をつけて、あんたを殺して私も死ぬ!」と激高しました。

    その剣幕に驚いた彼が謝罪して何とか落ち着かせようと懸命に努力、そしてようやく落ち着いた彼女が一息入れる為に煙草を加えて、その煙草に火をつけた瞬間、身体に被っていた灯油(気化した分も含め)に火がついて火だるまになり、そして部屋に蒔いた灯油にも燃え移りました。

    その男性曰く、「あの時は焦ったけれど、今から思えは、思った程じゃなかった。 結果的に、別れられたし。」と、ここまでポジティブだと凄いとしか言いようがありません。

    ここまで読んで異性間トラブルの多くは「男の浮気」と言うのが、よくわかったと思いますが、男は浮気する生き物なので許すか許さないか、それにより浮気を知って良いかどうかが決まります。

    霊視で視ると浮気の有無なんて楽勝ですが、それを知ってしまうと「許すか? 許さないか?」と言う別な問題が発生するので、その辺も含めて浮気の相談には決断する為の覚悟も必要です。

    こういう色々なお話を聞いていると、私の占い師としての悩みなんか小さなもので思った程じゃなく、誤解を解けば済む話なので少し説明をしたいと思います。

    私は予約なんか全く入らない無名の占い師と公言していますが、それをネタと思われているのが辛くて、「どうして予約が入っていないことを信じて貰えないのか?」と悩んでいます。

    倉敷の土日に少し予約が入っているのも、東京へ行っているから土日が取りにくいだけ、東京も常駐ではないから予約が先延ばしになっているだけ、おまけに東京は無断キャンセルが多く一日9人の無断キャンセルの日もあります。

    つまり、倉敷はガラガラ、東京も無断キャンセルが多くガラガラ、私は予約が埋まっているように見えるだけで、素敵なお客様からの予約が頼りで暇で暇で仕方が無い状態です。

    これを言うと「ネタでしょ?」と思われているのが辛くて、私は占い師として「思った程じゃない」のが現実、以上はネタではなく本当のことです。

    私は未熟者なので、今度も努力と精進を怠りなくやって参ります。 m(__)m

    あなたは思った程じゃない、そういうことありますか?

    ♪(o ̄∇ ̄)/アリガトウ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    医師との結婚。

    おはようございます。 素敵なお客様が活き活きとしているだけで周りの人を幸せにする、それは周りへの好影響として巡り巡っていつの間にか自分へ返ってくる、それは全ての人に言えることで、何も考えずに笑顔でいるだけでも一つの徳を積んでいることになります。

    活き活きするなら良いことがあって身体も心も軽くなるのが一番ですが、その為には恋をするのが一番かもしれませんので、今日は職業を絞り込んで恋のお話をしてみたいと思います。

    イオンや天満屋などデパートにおける社員同士の恋愛のお話も面白いかと思いましたが、それよりは世間的に興味があるであろう「医師と看護師」など病院の恋愛事情を、関係者の証言を基に解説してみたいと思います。

    医師と結婚したら収入は多いし潰れないし一生モノ、そう思って医師との結婚を狙っている人は多いと感じるのが占い師としての実感ですが、医師の身近にいる看護師や助手や技師や医療事務など関係者は、意外と医師との結婚はあり得ないと感じている人が多く、実際に医師は病院外から奥様を迎えることも多いです。

    それには功罪あるのですが、病院関係じゃないから気が休まる場合と、病院関係以外だから余計なことをして医療に集中できなくなる場合です。

    ある男性医師は某女性芸能人と結婚してからと言うモノ、年収1000万以上あるにも関わらず、土日は当直のアルバイトに精を出していますが、その理由は奥様が「移動は全てタクシー・食事は外食か取り寄せ・海外旅行は年に2~3回・クレジットカードは制限なし」と、これを満たす為には稼ぐしかない、妻が芸能人と言う見栄を続けるには大変です。

    なお、お付き合い期間1年半のデート代が1500万、結婚式費用が1500万、合計3000万使った上でのことで、余計なお世話ですけど芸能人と結婚したらお金が大変だなと思います。

    では、医師の院内恋愛事情についてですが、1日の80%近くを院内で過ごすことが多く、外来診療や手術などに加えて当直もあり昼食を取る暇もない激務で、朝夕には入院患者への回診もあったり、花形職業と思われがちですが、外から見るほど優雅でもなければ遊んでいる訳でもありません。 (注:跡継ぎのバカ息子を除く)

    そんな身を粉にして働いている医師達の恋愛はどうなのか、それを知る為にも総合病院に勤務している外科医を例に見ますと、病院は24時間体制で患者や急患に対応している高度救命医療に従事、それにより医師も交代で夜勤に当たっている病院と仮定します。

    こういう忙しい医師の場合は恋愛経験が少なく一度付き合えば長い傾向、学生時代は寝る間を惜しんでの勉強に没頭、恋愛や遊びに没頭していては試験をパス出来ない環境だからで、しかも不真面目で努力が嫌いな人は少数派で、多くは真面目で勉強家だけに恋愛経験も少なく、お付き合いは真剣な交際を重ねて結婚へ進む可能性が大です。

    では、どういう形での出会いがあるのかと言えば、職場内で出会い→恋愛→結婚に至る流れを解説です。

    Aさんは研修医1年目、Bさんは看護師4年目、このAさんとBさんは仕事でコンビを組んでいる内にサポートして貰う度に惹かれ始め、病棟での飲み会を機に意気投合して恋愛へと発展、そして交際1年でのスピード婚によりBさんは結婚を機に病院を退職しました。

    これは医師と看護師が結婚と言うノーマルなケースで、このケースはめでたく結婚まで辿り着きましたが、途中で別れてしまうと職場恋愛だっただけに気まずい思いをします。 更に別れた後で医師が別の看護師と付き合い始めたりしたら悲惨、醜悪なトラブルに発展することも多いです。

    狭い病院内でのお付き合いは色々と息が詰まるものがありますが、この組み合わせの良いところは仕事に対する理解ですが、それ以外はこれと言ってプラス要因は見当たりません。

    Cさんは医師6年目、Dさんは医療事務、仕事上のやり取りを交わす内に意気投合しましたが、彼女のことを真剣に想っていたCさんは同僚や看護師に気付かれぬよう交際を開始、デートも病院から離れたエリアへドライブ、3年のお付き合いを経て結婚しました。

    この医療事務と結婚するのは珍しく、医療事務と医師が会話をするのはレセプトのやり取りをする時くらいで、それだけに波長が合ったと感じたなら医師からアプローチをすることが多いようです。

    余り会話をすることの無い医療事務ですが、医師からすれば独立開業の時にサポートしてくれる心強い存在と考え、恋愛に発展することが多いようです。

    Eさんは医師9年目、Fさんは救急搬送されてきた会社員、当直で執刀したことで退院までを担当している内にFさんからアプローチ、Eさんの優しい物腰や人柄に恋したようですが、Fさんが退院したのを待ってEさんから交際を申し込み、1年半の交際を経て二人は結婚しました。

    医師と患者の組み合わせは余り多くはありませんが、この交際に至ったケースの多くは「患者さんから医師に好意を持つ」がスタート、医師も自分の受け持つ患者さんは情が入りやすいもので、病気や入院の程度にもよります、医師と患者の期間が長いと恋愛に発展するケースもあります。

    ただし、例外を一つ言うと長期の入院であろうと、1回の通院であろうと、「女性芸能人(女優やモデルなど)」の場合、その医師がカルテなどから勝手に携帯番号などを入手して、「具合の方はいかがですか?」など、いかにも親切に心配しているように見せかけて口説くケースもあります。

    なお、女優のSさんの結婚で本当にあった実話ですが、医師が患者さんへ個人的に具合を聞くなんてやってはならない、この時は病院も個人情報の漏えいなどコンプライアンスに抵触と、裏では大騒ぎになっていたそうです。

    この女優Sさんとの結婚はうまく結婚したから美談になっていますが、結婚へ至らなかったら単なるストーカーで、個人情報の漏えいで病院側が訴えられても仕方が無いケースです。

    しかし、男性医師が女優を口説くと言うのは昔の話、今は女医さんが男性芸能人を口説くケースが増加傾向、だから女医さんと結婚する俳優が増えているのです。

    医師と結婚したら未来はバラ色と言う気持ちはわかりますが、お金が目当て手で結婚しているなら、その医師が何をしようとも放置できる精神力は必要です。 余程のアホな医師でない限りは仕事が忙しくて家族に構っている暇はないから、サザエさん一家みたいに夕食時には食卓を囲むなんてのも無理です。

    あなたは医師と結婚、してみたいですか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    合コン。

    おはようございます。 雨が降ろうと槍が降ろうと人は未来へ向かって進んで行くことに変わりは無く、困難や障害があっても次々と乗り越えていくから人生は素晴らしい、そして人と人との出会いが人生を大きく変えるので、人との縁を大切にしていれば自然と運は良くなります。

    運の良し悪しは人間関係が全てと言っても過言ではなく、人間関係は最悪だけれど凄く運が良い、そういうことはありえないので、単なる自分の思い込みかもしれません。

    実は割と多い相談が、「全てがうまく行っているけれど、どうしてこんなにうまく行くのかを知りたい。」で、「そんなこと、聞く人いるの?」との感覚は正解です。 こんなことを聞く人は不思議と離婚経験者で裕福には見えないし友人もいるように見えないし、更に離婚後はシングルで相手がいないままがほとんどです。

    全てうまく行くと言う割りに愚痴や不満が多い人生を送っているので、こうならない為にも人との縁は大切にしておかないと、運とは今が良くてもいつ駄目になるか分かりません。

    例えば、芸能人も人気があるうちが花で人気集落だと目も当てられないし、漫画家も生活保護を貰いながら漫画を描いている先生もいたり、そういう人たちと関われば少なくとも運が良くなることはありません。

    このような悲惨な人生を送る羽目にならない為にも、人との繋がりや縁を自分から断ち切るような真似をしてはならないし、人と仲良くしているのは少なくとも敵を作らないと言う意味で正解です。

    さて、前ふりが長くなりましたが今日は合コンに付いてで、合コンの歴史は古く明治時代から始まり、当時の学生が既に合コンをしていました。 明治時代に学生が合コンを行っていた理由は学生同士で親睦を深める為で、当時は勉学的な交流と言う意味での合コンでした。

    現代では彼や彼女を作る為と目的も変わってきましたが、明治時代の合コンはお酒を飲まずにパンや焼き芋などを食べながら、学生同士が知識や造詣を深める為に話をすることが目的で、お持ち帰りや集団暴行などの下劣なことを平気でする、現代の大学生とは天と地の差があります。

    話は合コンに戻りますが、男女の出会いの歴史とはいかなるものなのか、そして人類に発情期がないのは何故なのか、そして人類は左右一対の乳腺のみが発達したのは何故なのか、この辺を追及すると動物と人との違いが見えてくる生物学的進化論的研究にもなります。

    旧来の社会、大まかに言うと武家の価値観が広く世に広がった明治期以降から昭和戦後中期までは、男女の出会いの場はほとんど存在せず、相手を見出すのは、いわゆる「お見合い」が中心でした。

    親が「良い!」と考える相手と結婚することが良いと言う価値観で、すなわち親の価値観を踏襲することが美徳とされてきた時代、更には「お見合い」すらなく結婚式(祝言)当日が初対面も地方(田舎)では当たり前、別におかしなことでもありません。 (県北では結婚式当日が初対面も多少は残っています)

    しかし、戦後の変遷と共に価値観も多様化して旧来の価値観ではない、新しい価値観を若者は模索を始めました。

    また、フランスにおける第四共和政の破壊、1960年代後半から起こるベトナム反戦運動、アメリカ西海岸で起こるヒッピー・ムーヴメト、ここから派生するフリー・セックスの流れ、1970年代に起きた世界的に若者が起こした社会反抗や、旧来の価値観の創造的破壊活動が日本の若者にも影響を与えました。

    日本においては全共闘運動を頂点とする学生運動がこれで、現在の合コン形(原点)はこの辺りではないかと言われます。

    では、そもそも合コンとは何なのかで、合同コンパが語源ですが「コンパ」とは「カンパニー(仲間)」が変成し簡略化されたものと考えられ、合コンを定義するなら男女それぞれのグループの交流会が古典的な解釈と考えられます。

    1970年代までさかのぼると、「合ハイ(合同ハイキング)」や「合ドラ(合同ドライブ)」があり、これらの発展型として登場したのが現代行われている「合コン」です。

    ここで面白いのがハイキングからドライブへの進化は、高度経済成長と共に進んだモータリゼーションと無関係ではなく、若者でも自動車を保有できる時代になったことと、自動車を保有していることがステイタスであった時代とも言えます。

    そして今は昔ほど厳しくないけれど潜在的な障害として存在するのが「門限」で、一世代前の女性は門限が6時など普通でしたし、特に女子寮に在籍する女学生は門限が厳しく、合ハイや合ドラのみで留まるしか仕方がなかったのです。

    従って合同コンパへのステップアップしたのは主に経済的事由が原因で、「女の子がいつまでもほっつき歩くのははしたない」との価値観から、「女であっても自由に行動」と意識の変化、これは女性が働くことが普通で経済的に強くなったことが流れを変えました。

    以上で、合コンの簡単な歴史は終了、今は合コンへ行ったことのある人は多いと思いますが、私は今まで一度も合コンへ参加したことはないし今後もありませんが、県北の車椅子を突き倒して顔を踏ん付ける女性たちと合コンは無理です。

    今は男性鑑定も増えてきて、せっかく結婚したい女性と男性が私を介して存在しているのに、これを活かさないのは勿体ないと思いつつ、鑑定に支障が出るようでは本末転倒、ルール順守ができるなら合コンの開催を検討致しますね。

    なお、いよいよ明日、某選手が岡山入りですが、4日(土)の「新年会の皆で行く応援企画」へ参加希望の方は、3日(金)の午後8時以降に集合時間をお電話します。 参加を御希望の方は遠慮なくお気軽に、お電話(留守電OK)を下さいね。

    私は東京鑑定中なので参加できませんが、新年会の時のスタッフの方が当日は現地へ居るので、その方の案内(誘導)に従って下さいね。 そして競技終了後はお茶するなり何なり、交流を深めるも良し、さっさと帰るも良し、ご自由にお過ごし下さいませ。 m(__)m

    あなたは合コンへ、参加してみたいですか?

    ゚+◎b`ゝ∀・)φ…よろしく

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    初デート。

    おはようございます。 今日も元気で健康で素晴らしい一日の始まりですが、それが当たり前なのか~それとも感謝するべきことなのか、その考え方次第でも未来は変わるので、好かれなくてもいいから嫌われないと言うのは大切です。

    今日はかなり厳しい内容になるので、男女同権絶対主義や私には権利があると主張するタイプの女性は読まない方が良く、肩肘張らずに自然体で過ごせるパートナーを見つけたい人が、ちゃんと理解して頂ければと思います。

    この内容は決して女性や男性を馬鹿にしたものではなく、初デートで失敗しない一連の流れやモノの見方、段々と彼から連絡が無くなるとか、一度会ったら次に会おうと言って貰えないなど、自分の何かが悪いけれど、その何かが分からないなど、自分を見つめ直したい人には必見かも知れません。

    ただ、今日の内容を読んで「そんなの当たり前・普通じゃん・そんなことで」と、このような感想を持つのは早計で、いくら知識として知っていたところで実行できていなければ知らないのと同じ、できていると言う人ほどできていない、そういう部分も含めて厳しい内容になります。

    では、最近の女性の考え方として少し大げさに書いてみますが、合コンなどで男性が「俺さあ、料理を取り分けねぇ女、初めて見たよ。」と言えば、女性の方も「あぁん? いつもはママが、取り分けてくれるの?」とおちょくる、これでは最初からうまくいく訳がありません。

    食事が運ばれてきたら女性が取り分けるべきと言っている訳ではなく、目の前にあってできる人がすればいいことですが、初デートだったりお付き合いするかどうかと言う時には、嘘でも料理が運ばれてきたら取り分けると言うテクニックを使う方が潤滑に進みます。

    料理を取り分けるのは男女限らず性格と習慣によるので、誰しもやったりやらなかったりで、そこを女性だからしなければいけないと言う男性も間違い、男女平等なんだから女性がする仕事じゃないと意地を張るのも間違い、そのようにお互いが自己主張すると雰囲気がぎすぎすします。

    これはどちらがすると言うことではなく、お互いの気持から出るもので空気を読むと言うのが本筋、やらない方が良いと思う時は取り分けたりしないし、やった方が方が良いと言う時はやる、そんなに難しく考えずに思いやりで良いと思うのです。

    外食している男女の組み合わせをみると、女性が取り分けていることが多いのですが、これは家でも取り分けている人が自然にできるのではないかと思いますが、家でしていると自然に外でもできるようになる、ひいては自然に家庭的と言う部分も垣間見えます。

    それに1回目は取り分けても、余程アホな男性ではない限り2回目は自分が欲しいだけ自分で取るでしょうし、もう欲しくないと思えば取らないと言うだけの話です。

    それを「何で、女ばっかりが、そんなことしなくちゃいけないの? おかしいじゃない、男女同権よ!」と、矢継ぎ早に口角泡飛ばして主張されると男性側としては、興醒めするし次は無いなと思ってしまうものなのです。

    好き嫌いもあるから取り分けて貰うのが嫌な男性は自分で取り分けると言うし、1度はして貰っても次は自分がすると言う風に気を遣う筈ですから、取り分けるかどうかを男女で見るのではなく思いやりと空気で見るのも大切です。

    それにチャーハンを取り分ける、カレーを取り分ける、それくらいなら誰がしても技術的には同じ、それすらしようとしないなら初デートで終了しても当たり前です。 女がしなくちゃいけない訳じゃない、その気持ちは充分に理解できますが、だからと言って目の前にあるのにしないのも変です。

    前述した「料理を取り分けねぇ女~」に対して「いつもはママが~」とやり返す、これも気持ち的には理解できますが、そもそも、そんな男と合コンしているのは誰なのかを理解していない、そんなことを言う男と釣り合っている=すなわち同じレベルである、だからその場にいる男を馬鹿にするのは自分を馬鹿にするのと同じです。

    これは取り分けを例に取りましたが、単品の時でもして良いことと悪いことがあります。

    例えば、とんかつ定食とハンバーグ定食を頼んだ時に、女性の方が先に運ばれて来たとします。 その場合には「先に食べて下さい」と言われない限り、箸を付けるのは待った方が素敵に感じます。

    色々な考え方があると思いますから、「何で、待たなきゃいけないの?」と思う気持ちも分かりますが、初デートだったりお付き合いするかどうかと言う時にすることではありません。 大人のマナーとして相手の品が運ばれてくるまで食べずに待つ、それくらいはしてもお腹が減りすぎて死ぬ訳ではありません。

    そして先に食べたとしても相手が食べ終わるまで待つのは礼儀、自分が食べ終わったからと言って「早く食べて」と急かすのはどうかと思うし、待つ間もイライラした素振りでいると次のお誘いはありません。

    食事代は男が出すのですから奢って貰う方の礼儀としての立ち振る舞い、そういうことを考えて行動しないと次の誘いはありません。 (食事代も出さない男は論外、最初からアウト。)

    ここで必ず「奢って貰うのは嫌・奢って貰う理由が無い」と反論する人は、間違いなく現時点で彼がいないか~痛い彼がいるか~ろくでなしと結婚しているか、どれにしてもまともな恋はできていません。

    特に山崎基準の男性と食事へ行く(デートなど)なら、ほぼ間違いなく食事代は男が出すので、そこで「取り分けない~先に食べる~待たない」とやるのは、さすがにどうかと思いますけれど、「それは女性蔑視(女性軽視)」と言うなら考え方の相違ですから仕方がありません。

    私は年間2千人を鑑定してきて結婚できない女性(男性)を見ている為、気持ちも分かりますが今の自分はどうなのか、そこを考えないと試合に勝って勝負に負けたとなります。

    あなたは初デートで、失敗していませんか?

    (≡ε≡;A)…

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    冷たい。

    おはようございます。 今日も一日の始まりは素敵、何事もなく過ごせるのは天国ですから、その日常を幸せと気付くことが全ての幸せの始まりです。 今日も変わらない日常をつまらないではなく、良かったと思える&幸せと感じることができたら、今日よりも明日が幸せになっています。

    さて、人は人と関係しなければ生きて行くことができない、たった一人では何もできないのが人間ですが、電気や水道にしても誰かが生み出してくれた恩恵、何も関わりを持たずに人は生きて行けません。

    それなのに人は人間関係で悩むことが多く、一度も人間関係で悩んだことが無い人を見たことがありません。 お金持ちであろうと高学歴であろうと有名人であろうと、どのような立場の人でも必ず一度や二度は人間関係で悩んでいます。

    傍から見ると「あの人は、うまくやれていいな?」と思うかも知れませんが、人間関係で悩む率(%)は誰しも変わらない、うまくやっているように見えても気を使っているだけとか、嫌なのに我慢しているのを見せないようにしているだけなど、それなりに苦労の跡が垣間見えるのです。

    占い師になって思うのは、人は良い人と関わって生きていけたら良いけれど、悪い人やろくでなしと関わったら、その先に待つのは苦労や破滅でしかありえません。

    私自身がそうですから実体験としてお話しできるのですが、県北と県南では出会う人が全く違うから、そうなると運勢的にも変わってきますし、その積み重ねが続くと人生に与える影響は少なくありません。

    だからこそ、同じ人生を歩んで行くのであれば、良い人と巡り会って縁を繋げて行く方が素晴らしい未来になりますが、それは自分が「どう決断するか?」であり、縁を繋げるも切るも自分次第なのです。

    実は、縁を繋いでいくのは人と関わると言うことで中々に難しいところがあり、恋人同士でも夫婦でも同じことですが、相手の為に時間を割くのができなくなると人は冷たいと感じ始めます。

    分かりやすく説明すると、AさんとBさんがイベントやサークルで知り合いました。 そこで仲良くなったAさんとBさんはお友達になって、いつも一緒に行動するようになりました。

    ここまでは普通に良いことだと思う筈ですが、この時点で既に落とし穴にはまっている状態で、余りにも仲良くべったりになると、AさんもBさんも「他の人と知り合う機会が無くなる」のが問題です。

    AさんもBさんもお互いが他に縁を繋げようとしないから、固定化された日常と言うか関係で終わり、いつも一緒にいると他に縁を繋げられないから、そこで人間的成長や新たな縁は始まる前に終わってしまうのです。

    その関係にも変化が起こるのはAさんか~Bさんか、どちらかが新たな友人ができた時で、仮にAさんにCさんと言う友人ができたとして、その場合は今までAさんが毎週土日にBさんと一緒に過ごしていても、今度は土曜にBさんで日曜にCさんとなります。

    するとBさんからすると「Aさん、最近、冷たい・・・?」となりますが、人の身体は一つしかないので当たり前のこと、今までBさんに注げていた時間をCさんに注ぐようになったのですから、単純計算で半分(2分の1)になってしまいます。

    そしてAさんが更に縁を繋げて色々な人との出会いを望んだ場合、DさんやEさんと知り合いになって、そこで関係を築こうとしたら、土曜の午前がBさんで午後がCさん、日曜の午前がDさんで午後がEさんとなります。

    そうなるとBさんと会う時間は以前の4分の1になってしまうので、Bさんからするとますます「何で、私と会う時間が少ないの? 最近、Aさん、凄く私に冷たいなぁ・・・。」と思うから、そうなるとAさんとBさんの心の距離が離れるから自然と二人は会わなくなります。

    これは仲が悪くなったわけではないけれど、お互いの運勢レベルと言うか生き方が変わってきたので、今さら元へ戻ることはできません。

    BさんからするとAさんは冷たくなったと感じるかもしれませんが、AさんからするとBさんを大切にしているつもり、わざわざ時間を作って友情を大切にしているつもり、それなのに冷たいと言われたら「Bさん、酷い!」と感じることになります。

    これが仲が良い二人が仲たがいしていく過程ですが、どちらも相手のことを嫌いになったわけでもないし、相手に嫌がらせや何かをしたわけでもありません。

    ただ、相手に割く時間配分が変わってきただけで、自分の時間を均等に使うことはできないのでメリハリを付け始めただけ、悪気も無ければ悪意も無いのに二人の関係だけが変化していく、そこにあるのはお互いの価値観の変化で元へ戻ることはあり得ないのです。

    私に置き換えても同じことですが、占い師になったばかりは暇で暇で予約ゼロの為、30分と言いつつ延長する、昔は30分の筈が最高で4時間鑑定した時代もありますし、暇な時代は30分と言いつつ40~50分鑑定するのも当たり前でした。

    それが予約が入り始めると徐々に延長もできなくなり、今では30分と言っても33~35分くらいのサービスがせいぜいで、後ろに次の方がいるので時間が取れなくなりました。

    そうなると「昔は延長してくれたのに最近は時間通り?」となり、以前なら無断キャンセルされても暇だから受け入れましたが、今は無断キャンセルした方は予約もイベントも御遠慮頂くようになりました。

    それにより、「以前は無断キャンセルしても予約が取れたのに、最近は偉そう!」と、今度は逆に無断キャンセルした方より怒られることも増えました。

    これが相手が冷たくなったと感じる心理と行動で、お互いの運勢レベルの変化や人間関係の広がりで起こる必然で、それは釣り合うまでは元へ戻れないのです。

    なお、新年会の御案内(場所など)が手元へ届いてない方がおられましたら、大至急御連絡をお願い申し上げます。 ほぼ、お渡し出来ている筈ですが、連絡ミスや連絡忘れなど、私の不手際により案内が手元へ届いていない方は、大至急ご連絡をお願い申し上げます。 m(__)m

    また、お店の人数確認は今日が最終確認なので申し訳ございませんが、さすがに追加も今日以後は受付ができません。 m(__)m

    あなたは冷たい、そう感じますか?

    m(。≧Д≦。)mスマーン!!

    お知らせ:業務多忙と東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop