徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    親子関係。

    おはようございます。 今日も生きていると言うことは死んでいないと言うこと、この世に生を受けているからこそ生きていると言うだけ、それを使命がどうのこうのと言うのはいいけれど、そのたいそうなことを振りかざす前に親を大切にした方が開運に繋がると思います。

    幸せになりたいと言うのは多くの人が望むことですが、幸せと言うのを望む前に自分が今幸せであることに気付く、幸せと言うのは今どこかに幸せと言う形があるわけではない、それに幸せと言うのは100人いれば100通りで、完全に100人が幸せとはこれだと納得できる形はありません。

    幸せに気付かない人は日本に日本人として生まれただけで、もの凄いアドバンテージを持っている、それも地球上の頂点にいるに等しいことに気付いていない、「そんなわけない!」と言うなら、中国~韓国~北朝鮮のどこでもお好きな国へ、該当国に該当国籍で生まれてみれば分かります。

    アジア系以外で言うならウクライナでもシリアでもイラクでも、アフリカのどこかでもいいけれど、日本以外で良いと思う国と国籍があるなら、「来世での生まれ変わりは日本以外で!」と願ってみればいいと思います。

    私は来世も日本人でお願いしたいので、海外に憧れる人が増えれば日本人に生まれ変わりたい倍率が下がるので競争相手が減って助かりますが、現時点での魂の順番待ちで言うとぶっちぎりで日本に日本人で生まれたいがトップ、日本に不満を言う方々は遠慮なくブラジルでもロシアでもインドでも、日本以外へ生まれ変われば違う意味で功徳になります。

    そんな奇跡の国の日本に生まれたのは感謝するべきことなのに、規制が厳しいとか、医療制度に問題ありとか、ブラック企業がどうのとか、よくもまあ、これだけ文句が言えるもんだと感心しますが、そんなに日本が嫌いなら出て行くのが一番、お好きな国へどうぞと思います。

    さて、そんな日本に生まれても当たり前と言う気持ちから感謝が出来なくなることは多いのですが、日本に生まれて小中高と通わせてくれる親は素晴らしい親、自分の子どもと言うだけでお金を掛けてくれる、それも見返り無しにしてくれている、それなのに親に文句を言うのは筋違いです。

    まず、勘違いしてはならないのが親子と言うのは二通りの意味があり、親から生まれたと言う親子関係、これはどのような親であろうと感謝するべきことで不変、そして育てられると言う親子関係、こちらはどんな親でもと言う訳には行かず、親が間違っていたら離れる選択ができるのが本当の人格者で、親が犯罪を犯しているのに~親が他人に迷惑を掛けているのに、それでも親だからと言って庇うのは歪んだ親子関係です。

    親と言うのは、この世に命を与えてくれた一番目の人、その親の面倒を誰が見るかで揉める家族が多いけれど、難しく考えなくてもできる人がやればいいで、お金がある人は資金提供、時間がある人はお世話をする、そういう役割分担は自動的に決まるモノです。

    何故なら、その子どもを育てたのは親で、親が教育した通りの子どもになっているのですから、面倒を見ない子どもと愚痴を言うなら、そのように教育した自分の馬鹿さ加減を世間に宣伝していることになります。

    介護を誰がするかで揉めるのも、遺産相続で揉めるのも、全ては親の教育通りになったのですから、親は「私の教育した通りに介護で揉めて、相続で揉めて、本当に素晴らしい。」と、自画自賛できないなら自分の教育は間違っていたと言うことになります。

    それから親孝行をして親を喜ばせたいと言う御相談は、素晴らしい想いではあるけれど考えすぎ、この世で一番楽な仕事は親孝行だから何でも良いが答えだからです。

    親はどんなつまらないことでも喜んでくれる、他人ならあっさり流すところが親なら感激して喜んでくれる、極端に言うならどんなに捻くれた親でもお金を上げると言えば手の平返しで良い子と言います。 (←ネタです)

    冗談は横へ置いといて、ちゃんとした親がいると言うのは、それだけで奇跡的な幸せで、親子喧嘩と言うのは仲が良いからできるモノ、親の有難味は後で気付くからできるうちに喧嘩しておいたらいいと思います。

    世間で言う親子の仲が悪いと言うのは我慢できる範囲が大半、本当に仲が悪ければ一緒に暮らせないのに、一緒に暮らしておきながら仲が悪いと言うのはコントかギャグか分かりませんが、仲が悪いのに一緒に暮らすのはネタとしか思えません。

    そして本当に仲が悪いと言うのは、ニュースを賑わす殺人事件が答え、本当に仲が悪ければ悪口→憎しみ→殺人と、相手を殺すところまで行くモノなのです。

    また、真の親孝行をしたいのならば、親より高いレベルの知識や教養を身に付けて、高いレベルの道徳観や倫理観を学び、それらを実践した上で親に善なる生き方を説く、それが本当の親孝行、徳を一杯積める生き方を提案→実践できて来世も幸せになれる、それで喜ばない親がいたら餓鬼です。

    世間で親子関係が希薄で間違ってしまう根本は、親の言うことを聞く子どもが「良い子ども」ではなく、親の間違いを正せる子どもが「良い子ども」だと忘れているからで、親が間違っていることに気付き、それを正せる方法を説ける子どもは、間違いなく人から好かれたり尊敬されたりする子どもになります。

    そして逆に親不孝とは何のかと言えば、占い的には逆縁と言って親より早く亡くなることを言いますが、「子どもが親の葬式をするよりも親が子どもの葬式をする方が心を込めて大切に執り行うので、親より早く死んだ方が良い葬式になります。」と言うのはネタですが、それくらい親が子どもを思う気持ちは凄いのです。

    だから、親不孝と言うのは「親が自慢できない子どもになること」で、これは「親を悲しませる」と言うことに繋がります。 親を悲しませないような生き方ができるならば、それだけで親孝行の一つとも言えるのです。

    自分に恥ずかしい生き方はしない、周りに恥ずかしい生き方はしない、地球に恥ずかしい生き方はしない、この3つを守るだけで~自分に課すだけで、親孝行な生き方は間違いなくできます。

    あなたは親子関係、どう考えていますか?

    (o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    子どもの気持ち。

    おはようございます。 今日も生きているだけで奇跡、本当はトイレに一人で行けるのも、お風呂に一人で入れるのも、全ては奇跡の出来事なのに、人はついついお金や物に幸せの基準を持っていき、それが叶わないからと不平不満を言いまくります。

    今日は捻くれている人や妬み嫉みで生きている人や、自分だけ助かれば良いと言う自己中な人が読むと、間違いなく揚げ足取りをして批判するであろう内容ですが、まともな人なら自分に置き換えて魂の向上が望めるとまでの大袈裟なことは言いませんが、きちんと受け止めて成長の糧にできるかもと思います。

    さて、子育てで悩む方は多いのですが、この子育てを勘違いしている人は悩みが増える、子育てとは「子どもに育てて貰う」が正解で、自分が子どもを育てていると考える親は悩みが尽きないし、子どもが歪んで育って犯罪や引き籠りなど何らかのことで親を悩まします。

    子どもは親を成長させる為に生まれてくるのであって、親の言いなりになる為でもなく、親の願い事を代わりに叶える為でもなく、ましてや周りに自慢する為に生まれてくるわけでもありません。

    不妊で悩んでいる人に意外と多いのが、自分に子どもができると嬉しくて周りに自慢する人、それも不妊で悩んでいる人に向かって「まだ、できないの?」と、平気で口舌の刃を向けて切りまくります。

    そういう人は大抵が子育てにて悩むようになっているのですが、人の気持ちを考えられない親に育てられるのですから、親の気持ちが分からない子どもになるのは当たり前で、自分が周りの人を泣かせた分だけ自分も泣かされることになります。

    自分が不妊で悩んでいる時にはお互いを励まし合う仲間意識たっぷりなのに、自分に子どもが出来たらこれ見よがしに写メや年賀状に子どもの顔をデカデカとして、相手が嫌がる、相手が傷付く、そういうことへの配慮すら忘れてしまう親になります。

    子どもが欲しいと言う人に「何故、子どもが欲しいですか?」と問えば、ほとんどが「周りに子どもがいるから」が本音、不妊の相談の時に「私たち夫婦の魂を育てて貰う為」と答えた方は1人もいません。

    この問いに対する答えは意外と深いのですが、「産んでやる」とか「作ってやる」と言う思いがある親は、間違いなく子どもで苦労するようになっていますが、それは子どもに育てて貰い、教えて貰い、親が成長させて頂くと言う流れになっています。

    子どもが引き籠りと言う御相談についても、私自身が虐められていたし、知恵遅れとか自閉症とか馬鹿にされていたし、親にも教師にも同級生にも馬鹿にされていたから、引き籠りの子どもの気持ちがよく分かる、だから解決方法は簡単なことですが、それを伝えても肝心の親が「できない」としか言いません。

    私は引き籠りをやめて欲しいと言う相談に対して、こうすれば引き籠りは治まりますと伝えているだけ、「風邪を引いたなら薬を飲んでください→嫌です→では、治りませんね。」と、文章にすると無茶苦茶を言っているのは親の方だと分かる筈ですが、こういう親が引き籠りを助長したり増加させています。

    風邪を引いたら薬を飲む、こう伝えてもできないと言う親の心は、「自分が何もしなくとも、自分の思うような子ども、しかも、自慢できる子どもに成れ。」と、こんなことを思っている親は第三者の目で見ると無茶苦茶だと分かるのに、自分のこととなれば見えなくなるのです。

    親へ「どうして、長い人生の中で、少々の休みがダメなんですか?」と質問した時に、引き籠りの子どもを持つ親は100%答えられないのですが、どうして学校を休んではだめなんですか、厳しく言うならこの質問にきちんと答えられない親には親の資格が無いとも言えます。

    どうして学校へ行かなきゃいけないの、どうして勉強しなきゃいけないの、どうしてゲームばかりしちゃいけないの、このどうしてに答える義務が親にはあります。

    何故なら、子どもは親を選べない、気が付いたら親がいたと言う人が大半で、親を選べない以上は「親が好きで作って産んだだけ」と言う事実を歪めないこと、子どもが産んでくれと頼んだわけじゃありません。

    子が親を選んだと言う説はメルヘンに思わないと矛盾が発生するのと、生まれる前の記憶があると言いはる人も脳が根底から覆される発言ですし、TVなどで芸能人が言えば真似する人が増える、そんなことはあり得ないのに広がってしまう怖さがこれです。

    話が横道に逸れたので戻しますと、自分が子どもの時に親に言われて辛かったことや悲しかったことを、当の本人が子どもに対して言ったりしたりと言う矛盾、そして親に褒めて欲しかった子どもの時の心を忘れて、怒るだけで褒めない、その矛盾に向き合わないのは残念です。

    子育てには母親はいるけれど父親はいらない、そこを勘違いしている人はイクメンなど子育てを父親に手伝えと言いますが、子どもに曲がって育ってほしければ「友達親子」か「母親の育児放棄」をすれば、ほぼ社会に迷惑を掛けたり人に嫌がらせをする子に育ちます。

    私は今まで2万人以上鑑定してきて、亡くなる瞬間を視た時に「お母さん・ママ・母」と言う人はいても、「お父さん・パパ・父」と言う人はいません。

    子育てに多大なる影響を与えるのは母性であり、母親の育て方で子供の性格など色々な面が形成されていく、それを否定するのは構いませんが、否定して曲がるのと肯定して真っすぐになるのと、どちらが良いかは自分次第です。

    男は働いてなんぼ、この言葉の真意をわからない人は、子育てで苦労するのは当たり前、男が育児を手伝わなければならない状態になるのが、どういうケースかを考えたら、育児を手伝えと言わなければならない旦那を捕まえた自分の責任、天に唾吐く行為を自分がしているだけなのです。

    あなたは子どもの気持ち、どう考えていますか?

    (゚∇^d) グッ!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    見極め。

    おはようございます。 人生は結婚が全てじゃないし、独身を謳歌している人もいるので、どちらが正解と言う問題ではなく、その人の生き方によるもので未来は違うし、幸福度も違うと思います。

    ただし、結婚したいのなら遊ばれる相手とは付き合わないこと、男が女性とやりたいと言う時は下心と本気のどとらかで、下心の時は無視しても邪険にしても相手にしなくてもいいけれど、本気の時は何らかの意味があるからこその求め、それを見分けられないと都合の良い女と呼ばれるので、見極めは非常に大切です。

    その見極めも難しく考えず、男でも女でもどんな人に惹かれるかをよく見ると、結局は余裕のある人に惹き付けられる、せこい、ずるい、卑怯、悪口、陰口、嫌がらせ、こういうことをする人に余裕があるとは誰も思わないし、生きていくのは大変なことも多いけれど、余裕を生み出せる人は魅力的です。

    また、女性は優しい男を勘違いしすぎで、優しいを何でも一括りにしがちですが、男には二通りの優しい男がいて、自分の親・自分の兄弟・自分の友人・自分の彼女、こういう自分にメリットのある人間にだけ優しい男Aと、誰であろうと万人に優しくできる男X、女性は往々にして男Aに惹かれるモノです。

    Aを評する時に、「彼って、親にプレゼントしたり気に掛けたり、凄く優しいの!」と言う気持ちも分かりますが、そういう男は「自分の親にだけ優しい」のであり、「結婚相手の親に優しい訳ではない」と言う現実を見抜けないなら、それは見る目が無いと言わざるを得ないから、必然的に男を見る目が無いとなります。

    そういう見せかけの優しい男に惹かれる女性は多いのですが、周りを見渡せば本当に優しい男がいる、雑用を文句も言わずに率先してやる男、人が嫌がる仕事を黙々とする男、汚れ仕事をきちんとできる男、一見するとカッコよく見えないけれど、実はカッコいい男が狙い目です。

    洒落の分からない男、ネタを提供できない男、イチイチ細かいところをしつこく言ってくる男、こういう男が自分の考えだけが絶対と思い込んで、昨年5月に女性芸能人のストーカーをして滅多刺しにした男と類似、世間から見放されたのではなく、自分から見放されるような生き方をした結果です。

    本当にかっこいい男とは損得勘定ではなく、人情など心意気で行動する時がありますが、これは男も女も関係なく誰かの為に行動するのは、カッコ悪く見えても実はカッコいい、誰かの役に立つ人生とは自分の行動により誰かの心に愛が増えることでもあります。

    人は事故や病気や寿命など必ず死にますが、その死を迎えるのが怖いと言う人は生きていることが怖いからで、やるべきことをやっていれば死は怖くない、死は誰にでも平等に訪れるからこそ、生きている間に誰かの役に立つ人生を送ってもいいかもしれません。

    人は年々、会いたくても会えない人が増えるから、意地を張らずに会いたい人には会うようにすると後悔が少し減り、歳を取れば過去の後悔も積みあがるから、好きな人には好きと伝える、結果云々より後悔を減らすことが人生を楽しく生きるコツです。

    夫婦、恋人、親子、姉妹、この関係ですら嫌いなところが必ずあるから、いちいち目くじら立てなくとも好きなところ探しをしたら、いくらでもあると思えることが愛情、愛情が相互通行なら諍いはないと思います。

    家族でも喧嘩は必ずある、それが取り返しのつかない状態にならない内に火消しが大事、過去のことを持ち出すと際限なやり合うことになるから、喧嘩は落としどころを決めてしないと仲直りできません。

    結婚相手を間違える最大の原因は、目の前の人と結婚すると言う気持ちが強すぎるからで、出会った頃の情熱は冷めて行くもの、一緒にいて飽きない→平穏無事→嫌いじゃない→この人を失いたくないが理想、相手を尊敬しているなら覚めないものです。

    努力とは方向性を間違えないようにしないと、今が最高と思っていても、時が経てば最高は変わる、努力をするとしないでは未来が変わる、今は今で未来は未来、後になって悔やむよりも今が努力のしどころ、努力は未来の為にするものです。

    相手が気遣ってくれていることに甘えると、相手だっていつまでも良い顔はしてくれない、段々と相手の厚かましさが見えてくると避ける様になるので、相手との関係を失う羽目になりますが、自分が与えられた分だけ相手に恩返しをしなければ、親しさではなく図々しいだけになってしまいます。

    人生には今なら引き返せるデッドラインが何回もあり、その線を無視すると地獄粋かもしれない、暗示や忠告などがいくらでもあるのに、進むだけだと道も無くなり自分のいる場所を見失う、意地を張らずに引き返すことが自分を守るコツです。

    彼や旦那と別れるタイミングをグズグズして見失った時、いつ別れるべきかの判断はどうすればいいのか、それは空気が冷たくなった時で、彼女や奥様と言う自分に対して丁寧でもなく雑に扱うようになったら終わり、相手に礼儀の無い所作は人として無理です。

    彼女ができない、結婚できない、そういう男には理由があり、その解消もせずに彼女ができる筈もなく、まずは自分が持つ将来への不安や人の悪口を語らない、人には誰だって不安があるのに悪口三昧の男と結婚なんかしたくない、男なら生き方を見せることで惚れられるが基本です。

    人生を豊かにしたいなら、心を復活させたいなら、やる気を出したいなら、その一番の解決方法は誰かに会うことで、面白い人、博識な人、カッコいい人、ストイックな人など、誰かと会うことで自分のやる気が出るから、人と会うことは元気のサプリメントです。

    今日の内容を当てはめると結婚するべき相手が見えて来る筈ですが、結婚相手とは今を見てするのではなく10年先を見てするモノ、今を見て結婚するから痛い目に遭うだけ、目の前の彼が10年後も素敵かどうか、それを見極めるのが霊視と言うモノです。

    あなたは見極め、できていますか?

    σ(´ x `;*)ンート・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    楽して儲ける。

    おはようございます。 今日から6月、梅雨など体調管理が難しい季節に突入ですが、それでも人は働かないと生きて行けません。 同じ働くなら楽をしたい気持ちは、県北時代の私ならよく理解できますし、楽してお金儲けを求めていた時代ですから、人のことを言っている場合じゃないから、本当に恥ずかしい黒歴史です。

    何の業種でも構いませんが、「お店を出したい(独立開業)」の御相談は非常に多く、鑑定にお越しになられて椅子に座って1分以内に成功できるかどうか、繁盛するかどうかは決まっていて、立場の逆転現象と言う商売の基本すらわかっていないなら、お店を出すのは可能でも繁盛させるのは不可能に近いからです。

    商売をしたいなら普通に社会生活ができることが前提、世の中には知らないことやわからないことがたくさんあることに気付き、ネットがあるから人に聞かなくても知ったフリができるから、自分一人で良いなんて考えると考え方が狭くなる、素直になると視界が広がり縁も増えます。

    ネットで情報収集も今の時代では正解、その集めた情報をどのように分析するか、根拠もない出鱈目や他人の誹謗中傷などは論外、食べ物でも暴飲暴食で体を壊すのと同じく、情報の暴飲暴食も自分の考えを歪めるので、正しい判断ができるように保つのが正解です。

    お店を出したいなら自分を丁寧に扱うこと、心が折れるようなことを最初からしない、お店をするのは自分がすることで変わりはいないから、自分を大事にしないとお店がうまく行かないだけではなく自分を傷付けるだけ、自分を大事にできる人は他人にも優しくできるから、お店を出しても良い接客ができます。

    いらいらしている時にこそ実力が試されますが、相手を貶すことは誰でもできるけれど、相手を褒めるには余裕が必要になります。 貶すしたり批評したりと心に余裕のない人も増えてきましたが、相手を貶したり批評したりすれば自分の品が落ちる、するとお店はどんどんと流行らなくなります。

    お店が繁盛しなくなると怪しい投資話に乗っかり大損などよくある話、ギャンブルでもそうですが、「あれさえなければ・・・。」など、○○があったから失敗したと思いがちですが、パチンコが無ければ競馬に行く、FXが無ければ他の投資話に行く、そういう風に誘惑とは自分の心が起こすもの、他人の誘惑に負けた訳ではありません。

    善悪を決め付け過ぎると見えないモノが増えますが、金髪や入れ墨は個人の主義主張で構いませんが、そこに描かれたデザインや文字は個人の趣味嗜好で、それを見せられる側からするとに立ち寄ったり、お客様から見た流行らないお店も同じことです。

    プロは不調(心が折れたなど)な時の仕事ぶりで決まり、辛い時や悲しい時にこそお客様には関係ないと考える、そうやって一定のレベルを下回らないのがプロ、自分に何があってもお客様には関係ないこと、自分の気分次第で変わる人は自営業には向きません。

    危機を回避できない未来は意外と多く、ネットビジネスで月収300万やFX投資で年収1000万など、楽して稼ぎたい御相談は話になりませんが、こういう男性を否定などしたら大激怒の怒り心頭、しつこく粘着してネットに悪口を毎日永遠に書き続けるから、鑑定と言うより褒めておくしかありません。 (←こういう男と結婚したら地獄ですよ)

    大きなことを成し遂げるには小さな積み重ねが大切で、小さなことをおろそかにするとロクなことになりませんが、月収300万もいらないから彼女に家賃を払う&食費を出す、彼女に世話になりっぱなしでは行動が伴っていません。

    世の中には美味しい話が一杯転がっているけれど、騙す方に取って獲物が多くて嬉しい世界、ねずみ講~マルチ商法~ネットワークビジネス~アフィリエイト~せどり~FX~投資、これらの美味しい話を持ってくる人は、本当に儲かるなら人に教えなくても自分がすればいいのに、「どうして人に教えるの?」と思います。

    仮に儲け話を持ってくる人が、「彼氏・友人・知人・同僚・先輩」など断り切れない立場の人で、断りにくいのを断る時は、「判りました、お金を借りて用意するので、保証人になって下さい。」と、こう言えばやんわりとお断りできます。 (本当に儲かるなら、保証人になれます。)

    夢を叶えるには知識と経験と技術などに加えて言葉も必要、思いでは負けないと言ったところで自分の夢を説明できないのは叶わないと同義語、自分の夢を説明できないなら理解されない、理解されない夢は叶いません。

    人生には限りがあり、その限りとは時間、時間とは命そのもの、その大切な命を嫌いな仕事で埋め尽くすよりも、好きな仕事のことで埋め尽くす方が幸せ、自分の未来を夢や希望で埋め尽くすのは良いけれど、わざわざ辛い仕事を我慢しなくてもいいんです。

    日本は自由で豊かで美しい国で公平そのもの、今の日本では欲しいモノは努力すれば手に入ることが多い、そういう面で公平ですが自動的に手に入る訳ではなく、車が欲しいならお金を稼いで車屋さんへ行く、そういう自分から努力したら手に入る、それら全ては自分の行動に伴う結果です。

    人は自分の心の中にあるものにしか反応できないから、自分への投資を怠ると自分の知識や教養が狭くなり、今を全てと思い込んで自分を認めないなら馬鹿だと貶すだけ、そして類は友を呼ぶから同類ばかりで傷を舐め合い何も残らない人生、自分への投資とは素晴らしい人と会うのが一番です。

    人と会うことで心が癒されて、やる気が出たりする、面白い人やストイックな人に会いに行くと、それだけで自分も元気になれたりするから、自分のスイッチを入れるのは人かもしれません。

    尊い仕事と言うのは職種で決まるモノではない、IT企業や銀行が偉い訳ではないし、風俗や占い師が低俗な訳でもない、尊い仕事かどうかを決めるのは、「私が仕事をしないことで困る人がいる、私が仕事をすることで助かる人がいる。」と、この二つがあれば尊い仕事です。

    例えば、結婚詐欺、芸能人詐欺、アフィリエイト、ネットワークビジネス、こういう仕事が無くなって困る人とは、それで楽して儲けている人以外にはいない、逆に被害に遭って苦しんでいる人の方が明らかに多い、それに気付かないから人の悪口を言って虚勢を張るだけの生き方で、誰にも尊敬されないし、誰にも相手にされないまま、見栄と虚勢で死んでいくだけの人生です。

    あなたは楽して儲ける、そうなりたいですか?

    (o’ω’o)ノオツカレサマ~☆

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    おかげさま。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様のおかげで過ごせていますが、今日と言う日を無事に迎えることができるのは、それは自分の力ではなく全ては周りの人のおかげであり、自分自身の力と言うのは100%の内で1~5%くらいしかありえません。

    世間的には何かあればすぐに「俺の力だ」と言う人が多いのですが、実力主義と言う名の幻想に捉われているから誹謗中傷など人の足を引っ張るとか、自分が一番で否定する奴は絶対に許せないと言う歪んだ考えになって悪口を言いまくるのです。

    なお、愚痴と悪口の違いを聞かれることも多いのですが、愚痴と言うのは「今日も残業だ~、たまには早く帰りたいな。」が愚痴で、悪口と言うのは「あいつはハゲのくせに美人の奥さんを貰いやがって」が悪口です。

    話は戻りますが、人は自分の実力を誇示したがりますが、実力主義や成果主義などを採用していけば行くほど企業は廃れていく、終身雇用と年功序列は素晴らしい制度だったのに、目先の欲で不況と格差社会を作ってしまった、それは金~金~金と言い続けてきた人たちにとっては自業自得です。

    占い師をしていてお恥ずかしい限りですが、2017年4月は未熟な私に取って転機で、視えなかったことやわかっていなかったことなど、舌足らずや言葉足らずも含まれますが説明がダメだった、そして考え方が間違いではないかもしれないけれど言うべきではないことなど、私の馬鹿さ加減が浮き彫りの月とも言えました。

    だから、4月下旬頃から鑑定へ来た常連の方は説明の仕方が、少し変わっていると感じたかもしれませんが、それは意図的に説明の仕方を変えているからで、同じことを言うのでも違う言い方を考えて説明しているからです。

    今までは時間の関係もあり説明を省いたり直球で説明したりを、遠回しに説明したり違う表現にしたり、それにより不快な表現が減ったかと思います。

    不快な表現は細かく説明しなくても分かりやすいけれど、理解する代わりに嫌な気持ちが残るようでは占い師失格、その辺がわかっていなかったからお恥ずかしい限りで、今さらながら私の未熟さに自分で呆れかえっています。

    恋愛でも結婚でも仕事でも、お互いが諍いになるのは自分の実力で何とかしてきたと思う気持ちがあるからで、夫は「俺の稼ぎで生活できている」で、妻は「私の家事育児で家の中が回っている」と、お互いがお互いに敬意が無くて当たり前になっています。

    その良い分はどちらも正しい、どっちかが悪いや間違いではなく正しい、その正しいがぶつかるから譲れなくなる、そして譲れないことが増えれば増えるほど、辛い結婚生活や離婚への序章となるだけです。

    自分が全部してきたと言いたくなる気持ちはわからないでもありませんが、それは驕りで自分中心の考え方です。

    人生と言うのは自分の実力と呼べるのは1~5%くらいでほぼ無し、自分の人生と言うのは周りの人に支えられているのが95~99%くらいで、自分の実力と言うのは無いに等しい、それを自分の実力で生きてきたと言うのは神様に唾吐く行為です。

    御飯を食べる時でも、「お金を出して買ったんだから俺の力だ!」と言うのが驕りで、いくらお金を出したと言ったところで、お米など食材を農家の人が作ってくれたおかげ、その農家だって地球と言う大地のおかげで農産物が作れる、それを輸送したり調理したりの人もいます。

    そして調理する為のガスや電気を作る人もいる、そうやって考えるとお金を出した俺の力は間違いで、色々な人のおかげで調理された料理を食べることができているだけ、それがわからないのは感謝の気持ちが無いからです。

    この話をすると感謝していると言う人が多いのですが、本当に感謝していると運が悪くなることは無いから、運が悪いと感じる時点で感謝できていないことになります。

    これは禅問答みたいになっていますが、感謝の気持ちがあれば不平不満が口から出てこなくなりますが、それは天気一つ取っても晴れだと「傘もささず太陽が見れて嬉しい!」となり、雨だと「草木が潤い大地に恵みがあり、レインファッションを楽しめる!」と受け取ることができます。

    つまり、本当に感謝の気持ちがあれば目の前の現象に対して感謝できるから、その現象に対して一々文句を言うこと自体が無くなる、感謝していると言う反論をする時点で感謝の気持ちが無いことに気付けたら、それは感謝できているとなります。

    仮に私が感謝の気持ちが無いと言われたら、「あぁ、教えて頂き、感謝します。」と答えますが、この考えに成れたのが4月頃だったと言うのが占い師としてダメだった、人は生涯勉強と言うのは本当だと心底気付けたのです。

    私は素敵なお客様方がいるから占い師ができる、占い師としての実力なんてゼロに等しいけれど、素敵なお客様のおかげで補えて、そして成り立っていることが現実で、占い師としては皆様のおかげで成り立っているだけです。

    数式で表すなら「100%=素敵なお客様の力が99%+私の実力1%」で、100%の占い師として活動できているのは素敵なお客様方の99%があるからこそ、私の実力不足を補って頂いているからこそ成り立つのが私の占い師としての人生です。

    自分の人生は、親、兄弟、教師、知人友人、上司、同僚、先輩後輩、お店の人や通りすがりの人なども含めて、そういう関わる人たち全てのおかげで、そのおかげさまと言う気持ちがあれば運が急降下することもありません。

    取りあえずは嘘でもいいから「おかげさま」と言う言葉を使うようにして、心を籠めなくてもいいから「おかげさまで~」と言う、それにより人間関係が円滑に行けばいいことですし、少なくとも嫌われることは無くなります。

    ただし、私は人のことを言えた義理でもなく自分自身が勉強中の身であり、素敵なお客様方が鑑定に来て頂けるからこそ、自分の未熟を恥じて反省できるだけで、、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたはおかげさま、その気持ちがありますか?

    (゚∇^)]モシモシ?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    家族は甘え。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は幸せな一日の始まりの筈、違うと言うなら、目が見えること、手足が動くこと、これらにケチをつけているのと同じ、お金に換算できない幸せを与えられているのに不平不満を言うのは筋違いです。

    人は当たり前に思うと不幸の第一歩で、それを解消できるかどうかは自分次第、運命と言う以前に人生は自分のモノ、それを他人がどうこうできると思う方が間違いで、知らない誰かが焼き肉を食べたらあなたが美味しいと思う、これくらいおかしな話です。

    自分の運命なのに人任せにする、人に何か方法を教えてもらい、その通りにすれば願いが叶う、ダイエットすると決めて他の誰かに運動と食事制限をして貰うと、自分があっと言う間に痩せていく、そんなことがあれば人生は簡単ですがあり得ません。

    人の弱みに付け込むと言う言葉がありますけれど、悩み苦しむ人を騙すのは簡単で引っかからないようにしないと、ネットで売られている妊娠米など最たるもの、こんなインチキに引っかかる人がいるのと思うかも知れませんが、困っているなら手を出してしまうのが人なのです。

    幸せを追い求める気持ちはわからないでもありませんが、その幸せとは目の前にあるのに探してしまう、まさに青い鳥のチルチルミチルみたいなもの、それなのに人はある筈の幸せを無いと考えて追い求める、いくら追い求めても幸せに気付けないなら、それはどんなに素晴らしい幸せでも気付けないままです。

    誰かに「この世に愛が存在するか?」と聞かれたら、私の答えは「あると言えばあるし、無いと言えばない。」で、どうしてこういう答えになるかと言えば、愛がある人もいるしない人もいるからで、この世に愛があれば犯罪のほとんどは起きないし、そもそも犯罪の入口である悪口や虐めは起こりません。

    この愛を定義付けるのは難しいけれど、愛があるから~愛が無いからと単純に決めるならば、会社内では同僚や上司などお互いに愛が無いからいざこざが起きるとも言えます。

    また、独身で彼(彼女)がいない場合、「彼(彼女)が欲しい」となるのは自然なことですが、その彼(彼女)ができたなら「もっと、○○だったら~。」と、彼(彼女)が欲しいと言う願いは叶ったのに、今度はいることによる不平不満が顔を出してきます。

    いないことが不安を巻き起こしていたにも拘らず、いることで不満を感じるのは、おかしな話となります。

    こういう一見すると些細な不満を抱えたまま結婚するとどうなるか、当たり前に感じると思いますが、付き合っている時は他人で結婚したら家族、この家族となった時から甘えが出るのが人間です。

    彼と彼女から夫と妻に変わると、お互いに優しかった筈が喧嘩ばかり、そうなるのも「家族=甘えの構図」が出来上がるからです。

    彼と彼女の時には相手に気に入られようと気を遣う、特に男の方は「やりたい!」と言う一心で親切丁寧にする、ところがやれたら終了と言うくらい豹変する、やれたら連絡しなくなるとか、仕事が忙しいと言い始めるなど終了してしまう、これが距離が近いほど贅沢になる真理の一つです。

    家族とは甘えの構図があるから喧嘩できる、旦那さんが給料を運んでくるのを当たり前、奥様がご飯を作るのを当たり前、そう考えているから感謝が無い、ところが「近所のおじさんが資金援助してくれる」となれば感謝感激、「近所のおばさんが食事の世話をしてくれる」となれば感謝感激、同じ行為なのに感謝の度合いはまるで違います。

    ここまでの話を当たり前だと思うのであれば、「お金もご飯も自動的には出てこない」と言うことに気付く、そうすれば夫も妻もお互いに感謝し合える間柄、そうなると喧嘩することは無くなるし、喧嘩が馬鹿らしくなります。

    夫婦とは元々が他人、他人の集合体が家族と言われているだけ、実際には他人の集まりなのに家族だと感謝できない、他人がしてくれると感謝できる、同じことなのに感謝が出来たり出来なかったりです。

    夫の方は「俺が食わしてやっている」で、妻の方は「家のことはしている」と、全く感謝も無く価値観の違いが喧嘩になる、男と女は違う生き物だから意識や思考の擦り合わせができないと、一緒にいる意味が無くなってしまいます。

    結婚とは魂の磨き合いで、楽をする為に結婚するのではなく、自分の甘えを捨て去る修行の為に結婚するのです。

    結婚して我儘が癒える相手(夫・妻)が出来た、そこで我儘を言わずに相手を思いやる、それが結婚生活と言うもので、結婚したから命令すれば何でも言うことを聞く、そういう奴隷扱いするのが離婚への序章です。

    家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)と言う関係の中で相手に言うことと、他人に言うことに差がある人は人間関係がうまく行く筈もなく、家族には暴言を吐くけれど他人には言わないと言う二面性の持ち主、そんな裏表のある人と仲良くしたいと思う人はいません。

    これは「家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)で喧嘩をするな」と言っている訳ではなく、「最初から喧嘩が発生しない大人になりましょう」と言っているだけ、人と人が絶対に喧嘩しなくなるなんてことを、外部からの操作でやれるのであれば、この世に犯罪が存在しなくなります。

    家族=甘えの構図を改善する、家族(親子・夫婦・兄弟・姉妹)こそ他人と同じ扱いにする、そうすれば言葉使いや態度などが自然と改善されて、家の中で喧嘩になること自体がありえないのです。

    最後に、私の個人的な見解ですが、身体を大切にする、精神をリラックスさせる、この体と心を休めたり大切にしようとは、どの占い師さんでもお医者さんでも誰でもかれでも言いますが、本当に大切なのは「家が安らげる場所であること」です。

    家に帰るとホッとする、家にいるだけで身体と心が休まる、そうなると外で遊ぶよりも早く家に帰りたいとなり、どこかへ旅行に行くより家でゴロゴロしていたいとなる、家養生と言うべき「居心地の良い家にする」と言うのが、体と心の為には一番大切なのです。

    あなたは家族は甘え、どう思いますか?

    ゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    出会いのチャンス。

    おはようございます。 人は何の為に生きているのかを、歳を取れば取るほど考え始めたりもしますが、それは誰にもわからないことです。 自分の使命を聞かれる方もいますが、そこで作り話をすれば満足される方は何もしていない場合がほとんど、壮大なる使命を夢見ている人は現実では何もできません。

    スピリチュアルブームの悪いところですが、自分の前世はお姫様でセレブな生活をしていたから、今世ではブランド物を身に付けてイケメンのお金持ちしか相手にしない、そんな考え方を世間に広めて植え付けたのがスピリチュアルブームで、こんなことを言っていたら結婚なんて夢のまた夢です。

    恋愛相談の基本の出会いについてよく聞かれますが、「自然な出会い~」と言い始めると「ちょっと難しいかも?」と思いますが、その理由は「この地球上において自然ではない出会い」と言うのは存在しえないからです。

    生まれた時に隣の家に住んでいる幼馴染と結婚したら、「小さい時から知っているからつまんない」と言うのは大間違い、生まれた時から既に結婚相手が隣へ住んでいた奇跡を喜ぶべきなのに、それをつまらないと言う方がどうかしています。

    実は「自然な出会い~」と言う気持ちはわからないでもなく、昔の県北時代の私なら同じことを言っていたと思います。

    何故なら、「自然な出会い~」とは、「自分が何もしなくても、向こうから声を掛けてくれて、自動的に恋愛から結婚へと進む、それもイケメンで背が高くて高収入で話が面白い人。」と、これが「自然な出会い~」の本当の意味で、何もしなくても自分の理想通りの人に出会えることを人は自然な出会いと言います。

    ここまで読んで「なるほど!」と理解できる人は大丈夫ですが、「そんなことない」と怒る人は厳しい現実が待っている未来ですが、自然な出会いとは、この世にある出会いは全て自然な出会いで、決まっていた出会いはありません。

    人が人と出会うには何か行動を起こすのが一番で、スポーツを始める、何かのサークルに入る、ボランティアに参加してみる、そういう自分が何か行動を起こすことで人は人と出会うのです。

    私は飛行機や新幹線での移動でも出会いだと思っていますが、トム・クルーズに羽田空港で出会えたのも私が東京出張をしていたからこそ、倉敷事務所だけの占い師だったら出会えることは一生なかったと思います。

    ダライ・ラマ14世に新幹線乗り場であったのも移動していたからこそ、ちなみに芸能人に会った話をしても驚かれませんけれど、ダライ・ラマ14世に会った話をすると、かなり驚かれますからプチ自慢です。

    出会いを求めるなら自分が何かをすることで、仮に温泉に無茶苦茶詳しくなれば「温泉のことなら~」と声が掛かるようになるし、料理で無茶苦茶レシピを身に付ければ「料理のことなら~」と声が掛かる、そこにあるのは人から必要とされている自分です。

    何でも良いから人に頼りにされる、人から用事を頼まれる、人から道を聞かれる、人から仕事を頼まれる、これは都合よく使われていると感じるかもしれませんが、それはレベルが下だとそう感じるだけ、徐々にレベルを上げて行けば頼りにされていると変化して、その次には人からの頼まれごとが楽しくてしょうがなくなります。

    出会いを求める人は出会いが無いからですが、どうして出会いが無いのかと言えば出会いを求めていないから、本当に出会いを求めていたら何かをする筈です。

    面倒くさい~話しかけるのが恥ずかしい~相手のことがよくわからない、こういう言い訳をしていたらいつまで経っても無理、これで出会いがあったら余程の引きの強さがあるから、その方が奇跡、自分では自分のことがわからないから、自分はちゃんと動いているのに出会いが無いと思い込みがちです。

    私は年間で2千人の鑑定をしているからこそわかるのですが、出会いが無いと言う人は出会いのチャンスを逃している人が多い、運命はちゃんとチャンスをくれているのに、それを拒否する人や見逃す人の方が圧倒的に多いのです。

    これを話すと大抵は「拒否していない・見逃していない」と答える人がほとんどですが、自分が思った通りの人との出会い、自分の理想とする人との出会い、それでなければ拒否やスルーしている筈です。

    連絡先は男から聞くもの、身長は180センチ以上、年収700万以下はあり得ない、こうやって自分の理想や条件ばかりを相手に押し付けて譲らない、これは拒否していることに他ならないので、これでは恋愛が始まるわけがありません。

    「でも、私にも好みが~」と言う気持ちはわかりますが、選ぶ権利と言うのは自分にもあるけれど相手にもある、自分が相手を値踏みしているように相手も自分を値踏みしている、それはお互い様なのに自分だけに選ぶ権利も断る権利もあると思う人が多いので、現代社会では結婚できない男女が増えているのです。

    出会いのチャンスとは一期一会であり、目の前の出会いを粗末にしている人が明日の出会いを大切にできる筈が無い、それなのに今は男女共にバッサリと縁を切る傾向が増えているように感じます。

    出会いのチャンスを貰っているのに断る、その場で決めなければ次の人へチャンスが回るのに、あとになってから「もう一度」とは失礼な話、一度断っておきながら今さらと言う部分を何とも思わない、そんな人を誰が好きになるのか、自分がされたら嫌なことを相手にもしないです。

    男女限らず厚かましい人は嫌われますが、よく考えたら自分も厚かましい人になっていないか、そこの部分を振り返って反省しないといつまで経っても同じことの繰り返しです。

    誰かに紹介や仲介をお願いして縁結びのチャンスを作って貰う場合、そこには「敬意」が必須条件で、紹介者や仲介者に敬意を払う、会う相手にも敬意を払う、それが無いと次のチャンスは絶対に貰えません。

    出会いとは縁があるかどうか、その縁とは日頃の積み重ねであり、日頃の積み重ねとは自分自身の行い、元を辿れば日常生活が良い縁と繋がるようにきちんとできているのか、そこからが縁との始まりです。

    あなたは出会いのチャンス、素直に受け入れていますか?

    σ(´ x `;*)ンート・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop